祖父より玉堂の雪景図という小ぶりの掛け軸をもらいました。いわく結構値打ち物という触れ込みで、もったいぶってくれたので、本物なのかなと思い一応青梅市にある玉堂美術館にみてもらったら、「真筆にまちがいないが作品リストに載せたければ、箱と装丁をやり直してから再度持ってきてほしい。」といいます。しかし話によると、その作業に30万円ほどかかるといいます。そこまでのコストをかける価値があるのでしょうか?

A 回答 (2件)

表装の料金は、その店によって異なります。


勿論、技術的な問題もありますが、
「表装」で検索するとたくさん結果が出ますから、
その中で、幾つか気になるサイトが見つかったなら問い合わせて良く考えてみてはどうでしょう。
そうこうしている内に表装の値段の適正価格やその掛け軸の価値も実感してくると思います。
わたしは、価値が解からないので具体的なアドバイスはできないですか、
早急に解決しなくてはならない問題では無いようなので、
じっくり検討しても良いのではないでしょうか?

参考URL:http://www.sawada-co.com/koubou/frq_a.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速ご紹介のH/Pに行ってまいりました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/19 00:57

 大きさとか痛み具合が分らないので、断定しかねますが、後の痛みの進行を考えますと、ちゃんとしたところで、装丁をやり直す価値はあると思います。



参考URL:http://www.tv-tokyo.co.jp/kantei/database/lists/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ホ-ムペ-ジいって参りました。すごい鑑定結果ですね。あれほど立派ではありませんが、ちゃんと修理しようという気になってきました。ありがとうございます。

お礼日時:2001/01/19 10:02

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q掛け軸の軸先をオークションで探すには?

掛け軸の軸先が片方紛失の為飾るに飾れません。
巻尺で計ると木部の両端の加工寸法は直径15ミリ長さ15ミリで中心部は30ミり位が片端まで続いています。
そもそも掛け軸は軸先に合わせて木部の端面を加工するもので後から軸先を探すのは困難なのでしょうか?
ヤフオクの画像を見ると中心の穴径がずいぶん大きく感じます。
参考までに片方の残った軸先は石材を加工しており外形30ミリ長さ40ミリ中心の穴径15ミリです。
お詳しい方ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

部品だけの販売はありません 
1、木工業の人に修理依頼 電話帳から探す 最近は殆ど見かけませんが
2、ただ同然の掛け軸を買い 軸棒だけ利用する たとえばリサイクルショップとかで購入

修理依頼 又は自分でやる場合
直径15ミリ長さ15ミリですからホームセンターで手に入ります 1m位かな 短いのあるかも
これと太いほう30ミリ両方の中心に穴をあけ細い棒で繋ぐ 接着剤で固定します

自分でやるには経験ないと綺麗に出来ませんので趣味でされている友達に依頼するのが良いでしょう

3、30ミリの丸棒 売ってますので両はじ そのままで利用する 長さは必要なだけに切る
  30ミリぴったり合うかどうか微妙ですので良く確かめる 掛け軸が多少伸び縮みできるなら可能
  感じ良くありませんが~

Q「狩野常信」の掛け軸は値打ちがあるのですか 

私の家に標記作者の掛け軸があることを知りました
親戚の人は、昔からの家宝といいます
家宝になるぐらいの作者でしょうか
値打ちも分かれば教えてください
今あるのは三幅対で鶴の絵2と福禄寿の絵です

Aベストアンサー

 狩野常信でしたら、狩野派でもかなり有名な絵師です。
 狩野派を盤石のものにした狩野探幽の弟、墨絵なら探幽を上回ると言われた狩野尚信の息子です。
 常信の家系がその後「木挽町狩野家」として狩野家の中でも特に主要な家として重用されました。先に「信幸」の御質問の時にあげた「伊川院栄信」「晴川院養信」など全て木挽町狩野家の子孫たちです。
 常信は作品数がかなり多く残っており(おそらく多作でもあった模様)また、作風が軽快、さっぱりとしたものであることから、やや軽く見られていることは確かです。
 ただ、近年では彼も又再評価されつつあり、特に晩年の「養朴」落款(署名がこの名になっている)の作品には優れたものが多い、と言われています。

 彼は福禄寿の絵を得意としていたようで、大倉集古館というところが全く同じ福禄寿・鶴の三幅対の絵を所蔵しています。また福禄寿と楼閣山水図、という組み合わせで永青文庫も所有されています。
 もしチャンスがあれば、こうしたところで御自分の作品と見比べてみるのも面白いかもしれません。
 価格については専門家ではないので、先の回答者の方々にお任せするとして、こうした狩野派直系の画家の作品などそう所有できるものではありません。画題もおめでたいものですし、しっかりと修理なさって正月に飾ってみるなど間近で楽しまれてはいかがでしょう。有名作家の作品を好きに出来るなど、望んでもなかなか出来ない恵まれた環境なのですから。

 狩野常信でしたら、狩野派でもかなり有名な絵師です。
 狩野派を盤石のものにした狩野探幽の弟、墨絵なら探幽を上回ると言われた狩野尚信の息子です。
 常信の家系がその後「木挽町狩野家」として狩野家の中でも特に主要な家として重用されました。先に「信幸」の御質問の時にあげた「伊川院栄信」「晴川院養信」など全て木挽町狩野家の子孫たちです。
 常信は作品数がかなり多く残っており(おそらく多作でもあった模様)また、作風が軽快、さっぱりとしたものであることから、やや軽く見られていること...続きを読む

Q床の間に掛け軸と壺を置く場合

皆さん、こんにちは。お世話になります。

床の間に、壺も掛け軸も飾りたい時、掛け軸が
壺に隠れてはいけないのですか?

Aベストアンサー

掛け軸が壺に隠れてはいけません

掛け軸の取り付け位置を上げるか、壺を低い物にするか

Q掛け軸

掛け軸ってどうして縦にながいんでしょうか? 仏教の精神と何か関係がありますか?

Aベストアンサー

>どうして縦にながい
掛け軸は床の間に飾ると言う事で飾った時の空間等の調和から長くなった様です。絵画そのものより装丁の都合で長くなったのでは。
>仏教の精神と何か関係
関係ないかと思います。むしろ水墨画の影響等は多分にあるでしょう。下記サイト参照すると題材の多様性が分るかと思います。お役にたてれぱ幸甚です。

参考URL:http://www.rakuten.ne.jp/gold/kakejikuya/index.html

Q違う宗派の掛け軸が飾ってあることが判明しました。

大変お恥ずかしい話なのですが、我が家の仏壇には今まで御本尊がなく、先日祖母が亡くなったのをきっかけに「ちゃんとしよう」ということになり、御本尊の仏像を買いに行くことになりました。

我が家は浄土宗なのですが、ネットで色々と調べていたところ、飾るべき御本尊と掛け軸がわかりました。

そこで父が「掛け軸なら今も高野山のものがひとつ飾ってある」と言うのでネットで調べてみたら・・・その掛け軸に描かれているのは弘法大師でつまり「真言宗のものじゃないか!」と判明しました・・・。

無知ゆえのお恥ずかしい話なのですが、その掛け軸は父の祖父の代くらいからあるらしく、誰が買ってきたのかは不明。結局今まで誰も気づかず何も気にせずに飾ってきたものだということです。

せっかくだから御本尊を買いに行ったときに、浄土宗の掛け軸も揃えようという話になっているのですが、では現在飾ってある弘法大師の掛け軸は一体どうしたらよいのでしょうか?
宗派は違えど何十年もずっと仏壇に飾っていたものですから、粗末に扱うこともできませんし、かといって浄土宗の御本尊や掛け軸と一緒に飾るのも違うのだろうなと思うのですが。

違う宗派の掛け軸、今後どのように扱うのがベストでしょうか。ご教授いただると助かります。よろしくお願いいたします。

大変お恥ずかしい話なのですが、我が家の仏壇には今まで御本尊がなく、先日祖母が亡くなったのをきっかけに「ちゃんとしよう」ということになり、御本尊の仏像を買いに行くことになりました。

我が家は浄土宗なのですが、ネットで色々と調べていたところ、飾るべき御本尊と掛け軸がわかりました。

そこで父が「掛け軸なら今も高野山のものがひとつ飾ってある」と言うのでネットで調べてみたら・・・その掛け軸に描かれているのは弘法大師でつまり「真言宗のものじゃないか!」と判明しました・・・。

無...続きを読む

Aベストアンサー

曹洞宗の僧侶です。

菩提寺のご住職に伺われるのがベストですが‥‥

これまで何十年もお家にあったものですし、ここで無くしてしまうということもないのではないでしょうか。
家の宗旨については、色々言い出すときりがありませんが、浄土宗を宗旨とするお家の家族だから、それ以外の宗派の祖師や経典に関心やシンパシーを持ってはいけない、とはいえません。
どなたが何時、何のためにお祀りされたのかわからなくても、とにかくご先祖のどなたかが、何がしかのご縁を頂いて受けてきた掛け軸ですから、無碍に処分するというのはあまりお勧めできません。

お寺の仏像のお祀りの仕方にも「客仏」というものがあります。
そのお寺の御本尊ではないが、たとえば隣にあったお寺が廃寺になってしまい残された檀家さんから依頼があった、というような縁があってお寺でお迎えすることになった仏さまを、御本尊に準じてお祀りするものです。通常は、ご本尊をお祀りする本堂中央の壇に対して、脇部屋に小さな壇を置いてお祀りしたりします。
たとえば、このように、仏壇の正面の壇には浄土宗の正式な御本尊を規則通りに安置し、現在の弘法大師の掛け軸は、仏壇の左右いずれかの側面の壁に掛けるようにする、というのはどうでしょうか。
サイズなどの関係で仏壇の中に掛けておくのが難しいようでしたら、外して丸め清潔な布なり箱なりに収めて、粗末にならない場所にしまわれても問題はないと思います。

曹洞宗の僧侶です。

菩提寺のご住職に伺われるのがベストですが‥‥

これまで何十年もお家にあったものですし、ここで無くしてしまうということもないのではないでしょうか。
家の宗旨については、色々言い出すときりがありませんが、浄土宗を宗旨とするお家の家族だから、それ以外の宗派の祖師や経典に関心やシンパシーを持ってはいけない、とはいえません。
どなたが何時、何のためにお祀りされたのかわからなくても、とにかくご先祖のどなたかが、何がしかのご縁を頂いて受けてきた掛け軸ですから、無碍...続きを読む

Q掛け軸

我家に、「狩野信筆」と書かれた、「八裂きの滝」と口伝の掛け軸があります。


30年前に鑑定士が名前のみの判断で、200万円位の価値が有ると言っていました。

ですが、保存状態も悪く、高価な物には見えません。


売る価値が有る物でしょうか???

又、「信筆」自体名前でしょうか・・・?もしかしたら、「信」が名前なのでしょうか・・・?

お願いします。

Aベストアンサー

 「則信」でしたか。
 読みは推定ながら、のりのぶでは、と思います。

 知っている絵師では無いのでネットで検索したところ、江戸後期文政(1818~30)頃の人、と出てきました。
 http://www.shibunkaku.co.jp/biography/search_biography_number.php?number=5237

 大物、というわけでは無いようですけれど、骨董店のサイトを見ると、小品でも12万円位はするようです。
 仰るように保存状態によって値段は大きく変わってしまうとは思いますけれど、悪いものでも無いようです。

参考URL:http://uchikune.com/archives/533

Q茶掛けでない色紙用掛け軸

いわゆる茶掛けでない、丈の長い色紙用掛け軸を探しています。

床の間があり、毎月掛け軸を掛け替えているのですが、6月のこの時期に掛けるちょうど良い掛け軸がなく、毎年この時期は書の軸を掛けています。
紫陽花の掛け軸などがあればいいのにな…と毎年思います。

そこで思い出したのですが、祖母が十数年前に趣味で和紙ちぎり絵をやっており、作品がたくさんあります。
ほとんどは色紙で、額縁に入れ替えて飾っております。
紫陽花や他の花の色紙もあるので、それを床の間に飾りたいのです。

ところが、色紙用の掛け軸はあるのですが、床の間ではなく別の部屋の壁に掛けるために買った茶掛で、丈が短くて床の間には合いません。
ネットで探しましたが、色紙用の掛け軸はどれも茶掛サイズの120cm~130cmのものばかりです。

いわゆる茶掛けでない、丈の長い色紙用掛け軸というものは、無いのでしょうか?
あるとすれば、大体幾らぐらいするものでしょうか?
また、掛け軸以外で床の間に色紙を飾る良い方法があれば、教えていただければ助かります。

ちなみに祖母の作品は、おおむねF6号(410×318mm)・F8号(455×380mm)・F10号(530mm×455mm)の3種類です。

いわゆる茶掛けでない、丈の長い色紙用掛け軸を探しています。

床の間があり、毎月掛け軸を掛け替えているのですが、6月のこの時期に掛けるちょうど良い掛け軸がなく、毎年この時期は書の軸を掛けています。
紫陽花の掛け軸などがあればいいのにな…と毎年思います。

そこで思い出したのですが、祖母が十数年前に趣味で和紙ちぎり絵をやっており、作品がたくさんあります。
ほとんどは色紙で、額縁に入れ替えて飾っております。
紫陽花や他の花の色紙もあるので、それを床の間に飾りたいのです。

とこ...続きを読む

Aベストアンサー

定番のサイズの茶掛以外の色紙掛けも制作していますよ(^-^)
うちでは寸法指定も出来ますし、いろいろなデザインも
出来ます。お値段の方ですが、使用する裂地の値段(ランク)
や形次第ですが、1万5千円ぐらいから承っています。
それから、掛け軸以外での飾る方法ですが、アクリルパネル額
に入れて飾るのはいかがですか?アクリルビスで留めてあるので、
簡単に作品の取替えがご自分で出来ますよ(^-^)

Q掛け軸の作者について教えてください

こんにちは
押入れの奥から掛け軸が出てきたのですが、作者の名前が読めなくて困っております
作者名の画像を添付致しますので読み方を教えてください

よろしくお願いします

Aベストアンサー

落款は芳華で間違いありません。
岩淵芳華(1901~1956)という日本画家がいましたが、
この人かどうかはわかりません。

Q掛け軸の巻き方について

掛け軸を買いました。
すご~く、くだらない質問なんですが、
掛け軸は下から巻くものですか?
上から巻くものですか?

Aベストアンサー

掛け軸はかけたまま、下から巻いていくのだと思います。

http://www2u.biglobe.ne.jp/~mameta/gendaihakubutukangaku3.html

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~mameta/gendaihakubutukangaku3.html

Q九谷焼の圓山という銘の入った湯呑み茶碗はどのくらい値打ちがあるのでしょ

九谷焼の圓山という銘の入った湯呑み茶碗はどのくらい値打ちがあるのでしょうか?

実は、オークションカテゴリーでこの質問を出したのですが、回答がゼロだったので、ここで再度質問させて頂きます。

ヤフオクで浅蔵五十吉作というのが2万円以上で出品されていて(入札はありませんが)この陶工は文化勲章なども受賞していて九谷焼の重鎮という感じなんですが、
圓山の銘の入った湯呑みなどは5個セットで急須と合わせて2~3000円の価格で出品されています。絵図も大したものに見えません(素人目で見てですが)。

圓山という名で、九谷焼を大量生産しているということでしょうか?
九谷圓山という陶工は現在も活動されている方ですか?どのくらい実力があり、社会的評価はどうなんでしょう?

検索して調べてみましたが、ほとんどヒットせず困っています。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

オークションこそが現在の市場相場であり、社会的評価そのものです。
100円とかですよね。それ以上もそれ以下の価値もありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報