プロが教えるわが家の防犯対策術!

昔はE=IRで学んだのですが、最近はV=IRと表記されているものを多く見かけます。
電圧の記号はEで、単位がVですよね?「あまりたいしたことではない」と思いたいのですが、気になっています。
事情に詳しい方の意見をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

電磁気学では、電界(※)のシンボルをEと書くので、


電圧のシンボルがEだと困ってしまいます。

(※:「電場」とも言う。単位はV/mまたはN/C)

エレクトロニクス(電子工学)の仕事の経験がありますが、私も皆も、Vって書いてました。

しかし、電子ではなく電気工学ですと、今でもEでよろしいのでは。


全然関係ないですが、
電子・電気工学では、(数学の)虚数単位iをjと書きます。
電流のシンボルがIあるいはiなので、混同を避けるためです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の知らない世界があり、おもしろい話が聞けて参考になりました。
No1~3の皆さんもありがとうございます。

お礼日時:2007/04/28 18:39

確かに混用されています。


物理学と電気工学で違う面も有ります。
電気工学では,Eは起電力、Vは電位差(電圧)を表します。
従って電池と負荷が1個ずつならE=IRですが
複雑な回路の1個の抵抗に着目するならV=IRと表記することになります。
面倒なのでV=IR一つで済ましているかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

起電力ですか・・・なるほです!ありがとうございます

お礼日時:2007/04/28 18:04

1960年の国際度量衡総会で決まったのです。


現在ではご指摘のように表記します。
他のも多くの単位が変更になっています。

この回答への補足

「その総会で、E=IRにしようと決めた」と解釈してよいのですか?

補足日時:2007/04/28 17:05
    • good
    • 0

今でも、E=IR だと思います。

まあ、どちらでもよいのでしょうが。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2007/04/28 17:04

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電流の「I」って,英語(?)で何の頭文字なのでしょうか?

 電流の「I」って,英語(?)で何の頭文字なのでしょうか?
 電圧の「V」はボルトでイイのでしょうか?
 抵抗の「R」はレジスタントでしょうか?

 どなたか教えてください。

Aベストアンサー

電流は「Intensity of Current」の略で「I」、単位はアンペア(A)。

電圧は「Energy of Potential」の略で「E」、単位はボルト(V)

抵抗は「Resistance」の略で「R」、単位はオーム「Ω」

以上です。

Q単相と3相の違い

単相交流と3相交流の違いが知りたいです。
あと3層交流をモーターにつないだとき青と赤を
入れ替えると逆回転しますがどのような理屈になるのでしょうか?
白はは真ん中と決まっているのでしょうか?

Aベストアンサー

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
つまり、単相では、どちらかの方向に“起動トルク”を与えれば、回転方向が決まります。

三相は、それぞれ120度の位相差を持った“単相”を三つ重ねたものです。
この特徴は“回転磁界”を伴う事です。最初から回転する特性を持っていますので、起動トルクを加える必要がありません。
3本の電線なら、その2本を入れ替える事で、“位相差”が逆になります。
そうなると、“回転磁界”も反転する事になります。

以上の説明は、図に描かないと非常に理解し難いものなのです。
できれば書店で電気の“交流理論”に関する参考書をお求めください。
それを学ばれてから、今一度理解できないところをお尋ねいただいた方が良いと思います。

一般の家庭などに供給されているのは“単相交流”です。
工場などで、“動力”などと呼ばれているのが“三相交流”です。
単相は電線が2本で、三相は電線が3本、または4本です。

単相電力では、プラス・マイナスの電流の方向が交互に変化します。つまり“上下運動”のように電圧が正負にめまぐるしく切り替わっています。
ですから、このままではモーターは回りません。そこで少し右に回るように手を加えてやると、右にどんどん回りだします。
左に回るように力を与えれば、これまた左にどんどん回りだします。
...続きを読む


人気Q&Aランキング