在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

ALS患者でも使用可能な、ナースコールを探しています。ALS(筋萎縮性側索硬化症)は、全身の筋力が落ちると言う病気です。その為、指の筋力も落ち、ナースコールを押すのが困難になってきました。意思伝達装置(パソコンなど)と、一体型の呼び出しコールのようなものは、複数のメーカーで、販売されていますが、家が狭いので、できれば、ナースコール単体が望ましいです。ブレス(息)式もあるそうですが、いざ、体調が悪いときになると、ナースコールを押せないと言う、状況の陥ります。ALS患者向けでなくても、使えそうなナースコールの紹介や体験(家族が介護用品として作成してしまった、など)があれば、ぜひ、紹介していただきたいと思います。

gooドクター

A 回答 (2件)

日本ALS協会近畿ブロックの関係者です。



在宅患者さんですね?

ナースコールとおっしゃいますが、音が鳴る部分はそのままで、スイッチだけをその患者さんが使えるものに変えればいいわけです(線を切ってつなぐだけですから)。

肝心のどんなスイッチが良いのかですが、それは、その患者さんの体のどの部分がどれだけ動くのか、という個人ごとの、さらにそのときの状態を見ないと決められません。
市販のフットスイッチ・タッチスイッチを使う、光スイッチを自作する……。
スイッチを取る場所も、足や指先の動きや顔もあります。

一度、日本ALS協会近畿ブロックにご相談になっては?
http://www011.upp.so-net.ne.jp/alsosaka/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速、ありがとうございます。はい、在宅介護中のものです。実は、ALS協会には、入会済ですが、入会して日が浅いので、どのように協会を活用してよいのか、また、ALS協会のHPにも、介護用品等の紹介がなく、行き当たりばったりです。近畿ブロックのHPは、情報が濃く、よく参考にさせてもらっています。では、時間をみて、地域のALS協会支部に連絡してみます。ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/08 17:07

ALSの患者様向けに、友人が大学と患者様と共同開発したパソコン連動式の機器が有ります。

「らくすけくん」です。
開発者自身が障害者と接する中で、開発した物です。
各市町村に、申請することにより補助が出ますので、自己負担はわずかだと思います。
是非、下記へアクセスしてみてください。
機器説明をクリックしますと説明が出ます。

又、過去の例では、横浜市より要請があり、市内の患者様宅に設置したことも有ります。

参考URL:http://www.activepc.co.jp/HTML/kiki.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。検討してみます。

お礼日時:2007/04/30 12:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

gooドクター

人気Q&Aランキング