六法の本は色々とありますが、
どの本が一番いいのでしょうか?
判例がついているのもあれば、過去の問題もついているのもあるし。
判例がついていないものもあるのですが
そんなに判例は必要ないのでしょうか?
あと行政書士の六法以外の小六法や模範六法や判例六法など
ありますが、こちらの方は必要でしょうか?
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

東京法経学院出版の「行政書士必勝六法」がお勧めです。


ポイント解説もあり、非常に使いやすいですよ。
ちなみに、判例は非常に重要です。判例の知識無しでは合格は不可能だと思います。
憲法・行政法は条文を暗記して、他の法令は主要条項を押さえること。憲法・行政法・民法の重要な判例は、判決理由を暗記するくらいでないと厳しいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
判例はかなり重要なんですね!
判例がない六法もあるので気をつけます。
行政書士必勝六法も見てみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/05 22:30

 こんばんわ。


 「行政書士六法」という名称の本が何冊かでています。必要な法律の範囲は決まっていますので、こちらで勉強をなさっては。条文と必要な判例はセットで載っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
行政書士六法がまとまってていいのかもしれませんね。
こちらも考えてみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/05 22:23

三省堂の六法は読みやすいので使いやすいという印象です。

ですが、一般的に、司法試験を目指している人は司法試験六法を使うように本番と同じ六法もいいでしょうね。とりあえず使ってみて使いやすく質問者様に合いそうなものを選ぶのはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
三省堂の六法は良いと聞いたことがあります。
とりあえず、本屋に見に行ってみようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/05 22:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q行政書士六法?

六法なんですが、私は普通の六法しかもっていません。今使っている六法は、有斐閣のポケット六法なのですが、「行政書士六法」というものを購入したほうが、勉強に役立つでしょうか?

どう違うのか全くわかりません。
単に、行政書士試験の分野だけを収めている六法ということでしょうか?それとも、もっと有益な情報がのっているのでしょうか?解釈やその他いろいろ・・・?

Aベストアンサー

 「行政書士(試験用)六法」は、行政書士試験の学習をするのに必要な法令はもちろんですが、それに加えて、過去に出題された判例や、過去問なども収録された六法です。
 これに対して、お持ちの有斐閣『ポケット六法』は、学生・法律実務家・公務員など様々な利用者を想定し、憲法をはじめとして、民事法、刑事法、行政法、社会法、経済法などの広い範囲から、学習・実務において重要とされる法令をまんべんなく収録したものです。いわば一般向けの六法です。
 
 18年度からの行政書士試験の学習にに必要な法令は、おおむね『ポケット六法』にも収録されていると思います。条文を引くためだけに使うのならば、特に困ることはないと思います。

 「行政書士(試験用)六法」を使うメリットは、条文を引いた時に、併せて、
(1)その条文は、行政書士試験においては、どの程度重要か
(2)その条文に関する判例で、どんなものが過去に出題されたか
(3)その条文に関する知識が、過去の試験でどのような形で出題されたか
などの情報が得られることです。
 行政書士試験の講座を開いている指導校などが、それぞれ工夫をこらしていろいろなものを出していますので、見比べて、気に入ったものをお使いになるといいと思います。

 私は、行政書士試験受験生ならば「行政書士(試験用)六法」を使った方が良いが、絶対に無ければならないというわけでもない、と思います。

 「行政書士(試験用)六法」は、行政書士試験の学習をするのに必要な法令はもちろんですが、それに加えて、過去に出題された判例や、過去問なども収録された六法です。
 これに対して、お持ちの有斐閣『ポケット六法』は、学生・法律実務家・公務員など様々な利用者を想定し、憲法をはじめとして、民事法、刑事法、行政法、社会法、経済法などの広い範囲から、学習・実務において重要とされる法令をまんべんなく収録したものです。いわば一般向けの六法です。
 
 18年度からの行政書士試験の学習にに必要...続きを読む

Q行政書士独学についてお聞きします 行政書士を受けたいと思います ケータイ行政書士ミニマム六法 ケータ

行政書士独学についてお聞きします

行政書士を受けたいと思います
ケータイ行政書士ミニマム六法
ケータイ行政書士
1分マスター行政書士2冊を
買いました。

どのように勉強したらいいですか

Aベストアンサー

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニマム六法は、条文の語句の色分けをしてあるとのことですね。法律の条文は、一言一句、作る人のこだわりが込められているものです。法律の条文と最高裁の判決理由に無駄な語句はないと思います。最初の段階から、この条文はここだけ覚えればいいという習慣をつけるのは、おすすめできません。今までに試験に出てない重要なタームは完全に穴になってしまうのではないでしょうか。行政書士試験に条文の穴埋めのような問題が出るとすれば、こちらの本も直前期に見直すためにだけ使う方がいいと思います。普段の勉強は、面倒でも、普通の六法や判例六法を使った方がいいのではないかと思います。

おそらくですが一分マスターの本は、行政書士の試験範囲についてコンパクトにまとめてある本ではないかと思います。知識の確認には有用なのでしょうが、法律の理解をするための本ではないため、何と言いますか、根付いた知識を身につけるには向かないと思います。
行政書士は、確か11月ですからまだ時間はあるので、伊藤塾の入門書などで、まずは、各法律の大筋をつかんだ方がいいと思います。それから過去問を解き、その合間に、こちらの本で、知識の穴埋めをしていくというのがいいのではないでしょうか。

ミニ...続きを読む

Q司法書士受験勉強に適する六法(専門学校には通いました)

専門学校には通いましたので、詳しいテキストなどはあるのが前提での質問です。
ポケット六法はあったのですが、やはり最新のが良いと思い、手放してしまいました。
そこで、数多くある六法を調べたのですが、沢山あって分かりません。

一体全体、どれが司法書士受験に向けて適していますか?おすすめですか?教えて下さいませ。

予備校のテキストなどあるのですが、やはり六法は必要でしょうか?

ちなみに、調べたところ六法は下記のものなどがあり、
その中で迷っています。

司法書士受験六法(東京法令出版)
登記六法(東京法令出版)
模範六法
模範六法(小さいコンパクトなサイズのもの)
判例六法
判例六法(小さいコンパクトなサイズのもの)
ポケット六法

合格者の方、受験者の方、など多くの皆様方の意見をくださいませ。

Aベストアンサー

模範六法(小さいコンパクトなサイズのもの)とは三省堂がだしてるものでしょうか?
だったらこれが一番です。
登記六法は意外に見ません。
先例はテキスト、過去問で充分だと思います。
先例より判例です。

Q行政書士問題の判例集&六法

 行政書士の問題を解いていると、判例について問われるものが結構あるので、判例が出て来るたびに携帯のWikipediaで調べています。
出来れば紙面になってるものの方が見易いのですが、お勧めの行政書士の判例集はありませんか?
『伊藤塾1分マスター行政書士 重要用語・判例編』と言うのを買いましたが、載ってる判例が少な過ぎてダメでした。
あと六法のお勧めも教えて頂きたいです。 
どうぞよろしくお願いします♪

Aベストアンサー

私自身は、行政書士の勉強をするのに、判例つき六法と、詳しい判例集の両方を使いました。

判例つき六法は、有斐閣か三省堂のコンパクト版のものが良いです。

憲法・民法・行政法は、判例集で重要な判例を読みました。
伊藤塾の「判例シリーズ」は良いと思います。使っている人が多いのは、有斐閣の「判例百選」です。
判例評釈が不要な方は、有斐閣新書の憲法判例集、勁草書房の「民法判例集」がいいと思います。

Q六法

日常的に六法を使われてる方にお伺いしたいのですが、小六法などを除いて、主流だと思われるいわゆる中型六法には判例が掲載されていますよね?
条文と条文の間に判例がある分、条文を引く際、正直調べにくいなと思うのですが、皆さんは判例付きの六法を使ってますか?それとも小六法をお使いでしょうか?

Aベストアンサー

「条文だけで、判例の一切書いてない六法」と、
「判例だけで、条文の一切書いてない六法」が仮にあったとして、一冊だけ所持してもいいと言われたら、「判例だけ」のほうを選びます。
そのくらい、判例というのは大切なのです。
実際のトラブル上で六法を開く必要があったとして、
条文を参照することよりも判例を参照することのほうがはるかに多いです。

Q司法試験で必要な六法の知識と司法書士試験に必要な六法の知識

基本的に、司法試験用の勉強がきちんとできてる人は、少なくとも司法書士試験の対策にもなってますよねぇ?

同じ六法でも、司法試験と司法書士とで違うっていうことはないとは思いますが・・・

司法書士はもう少し科目数が多いということもありますが、少なくとも6法は、司法試験に合格した人なら、司法書士試験にも対応できるぐらいの知識はありますのでしょうか?

Aベストアンサー

ネットで質問しているようでは試験は無理です。

直ちにネットの接続を切ってください。

Q判例・模範六法について教えてください

法律の勉強をするにあたって判例付きの六法を購入しようとおもっているのですが、判例六法と模範六法とどのような違いがあるのでしょうか?
判例六法 判例>条文
模範六法 判例<条文
という違い??と漠然としかわからないのですが・・・教えてください。
勉強というのは司法書士試験の勉強なのですが、実際司法書士の勉強をするならどちらがいいのでしょうか?

Aベストアンサー

現在、数多くの判例付き六法が出版されていますが、定評のあるのは、次の4種類です。

(1)三 省 堂 模範六法
(2)三 省 堂 コンサイス判例六法
(3)岩波書店 判例基本六法
(4)有 斐 閣 判例六法

判例付き六法として、一番歴史のあるのは、(1)で(3)(4)は後発です。(2)は(1)のコンパクト版として登場したものです。

司法書士試験の場合、司法試験ほど判例の知識・理解は問われませんので、(2)くらいが適当であると思います。

今の時期は、書店に2006年版の判例付き六法が並びますので、実際に手にとって、一番使い易いものを選択されると良いでしょう。

Q行政書士の試験に六法のテキストは必要???

一ヶ月前から行政書士の勉強を始めました。
受かるぞ行政書士、出る順行政書士等の本を買いました。

受かるには行政書士用の口語訳六法などの本も必須でしょうか。なくても普通の行政書士テキスト、問題集、CD講座などでも受かる可能性はあるでしょうか。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろ意見は分かれるところだと思いますが・・・
私はあったほうがいいと思います。問題を解いていて関連条文があれば逐一面倒でも引くようにすれば
無理なく覚えられますし、試験に必要な範囲の判例も各法で載っています。
テキストがあれば要らないという意見もあると思いますが初心者なら尚更あったほうが無難だと思います。
行政書士の六法は手が出せないほど高額なものでもないので、負担にならないならあって邪魔にならないと思います。
もし、今年は慣らしで、来年が本番。というふうに思われているのであれば、来年度の新しい六法を購入してくださいね。
可能性は・・・あってもなくても受かる可能性はあるし、勉強が足らなければ受からないでしょう・・・あと運も必要かも。
では、お互いがんばりましょう!

Q六法ってなに?

六法ってなに?

あと、本屋で売ってる法律の本って、
なんで全部、

「なんちゃらかんちゃら六法」

って名前になってるの?

もしかして、「六法」を商標登録したら
1億円くらいもうかっちゃうの?

Aベストアンサー

#1さんの回答のとおり、「六法」は、憲法、民法、民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法、商法の主要な6つの法典を指しますが、転じて、各分野の主要法令集を指す普通名称化した意味もあります。
6つどころか数十以上の法令・政令などを収載している「六法全書」は、「法令集」の意味で「六法」という単語で呼ばれています。

あ、「○○法令集」ってタイトルの法令集もあるけど、「六法=法令集」と広く認知されているため、一般に「○○六法」というタイトルが選ばれているんでしょうね。

>もしかして、「六法」を商標登録したら
>1億円くらいもうかっちゃうの?
そもそも、「普通名詞(普通名称化した単語)は商標登録できない」し、仮に「商標登録されても効力が及ばない」と商標法に明文化されているんで、捕らぬ狸の・・・

Q行政書士 行政法勉強法…どうかお助け下さい!

行政書士を勉強していますが、いわゆる行政法で
行き詰まっています。いい勉強法や参考図書などが
ありましたら教えて下さい。

予備校に通っていますので、勉強方法は以下の
通りです。

講義を聴く→問題集、過去問を解く
→答え合わせをしながら解説と一肢一肢を
テキスト(教科書)と照らし合わせる
(正誤の理由を考えていく)
→必要な箇所は紙に書き出して覚える

これを繰り返しています。

民法、憲法はこの方法で合格基準に達していると
思います。ですが、行政法は、いくら照らし合わせても
頭に入って来ません。

例えば、条文ごとの「ねばならない」と「できる」との
違いや、「但し、~の場合を除く」が、どの条文には
あってどの条文にはないかなどが混乱してしまいます。
用語と意味もなかなか一致しません。覚えられません。

ちなみに予備知識は、憲法は小、中、高で、
民法は数年前に取得した宅建で少し勉強した
ことがあります。行政法は今回が初めてです。

どうぞよきアドバイスをお願い致します
(参考図書はこのスレッドからリンクしてあった
『はじめて学ぶプロゼミ行政法』を買ってみました。)。

行政書士を勉強していますが、いわゆる行政法で
行き詰まっています。いい勉強法や参考図書などが
ありましたら教えて下さい。

予備校に通っていますので、勉強方法は以下の
通りです。

講義を聴く→問題集、過去問を解く
→答え合わせをしながら解説と一肢一肢を
テキスト(教科書)と照らし合わせる
(正誤の理由を考えていく)
→必要な箇所は紙に書き出して覚える

これを繰り返しています。

民法、憲法はこの方法で合格基準に達していると
思います。ですが、行政法は、いくら照らし合わせて...続きを読む

Aベストアンサー

私も今年の試験に向けて猛(??)勉強中です。
同じく「始めて学ぶプロゼミ行政法」買いました。きっと行政法を始めて勉強する人の基本なんでしょうね(笑)
でも、私は正直1回パラパラと流してみて今は本棚の端のほうで眠っています・・・
私の勉強方は・・・
講義を聴く

チラシの裏などにその日の講義のノートを書き写す(講義の内容を思い出しながら)どうせ捨てるものなのでみみずのような汚い字で10分くらいです。

その日の範囲の過去問を解く

を、講義のあった日の夜にしています。
今は講義も2順目なので、私なりの「まとめノート」を講義の後に作っています。
丁寧なものではないので、多分私にしか分からないようなものですが、自分でつくれば、頭の中でノートのどの辺に書いたものかすぐ思い出せるので重宝しています。

gogo2183さんと同じで私も書いて覚える派なのでいいかと思う方法が、私もしているのですが、「間違いノート」です。
あるHPで見つけたのですが、過去問などを解いていて間違ったところをノートにまとめるんです。
丁寧なものではなく、時間をかけず簡潔に。そうすれば自分の弱点も分かりますし、次に同じ問題をして答えが分かればそのまとめたものを消していくんです。消したものが増えればちょっとは自信が出てきますよ。
今から自分なりのノートはあまりお勧めしませんが、間違ったところを自分で分かるようにすれば勉強に重点をおくべきところがはっきりしていいかもしれませんね。

条文に関して言えば、行政法で問われる条文は量自体は多いと諦めるには惜しい量なので、私は読んで頭の中で流れを作って、チラシの裏に表や絵にしてみる、というのを時々やっています。

すこしくらい時間がかかっても、ちゃら書きでも、書くということで私は覚えるようにしています。毎日チラシが足りません(笑)
最近行政法は好きになったのですが、同じ好きでも民法はなかなか覚えられず苦労しています。
それぞれ向き不向きがあるんでしょうね・・・
お互い頑張って絶対合格しましょうね!

私も今年の試験に向けて猛(??)勉強中です。
同じく「始めて学ぶプロゼミ行政法」買いました。きっと行政法を始めて勉強する人の基本なんでしょうね(笑)
でも、私は正直1回パラパラと流してみて今は本棚の端のほうで眠っています・・・
私の勉強方は・・・
講義を聴く

チラシの裏などにその日の講義のノートを書き写す(講義の内容を思い出しながら)どうせ捨てるものなのでみみずのような汚い字で10分くらいです。

その日の範囲の過去問を解く

を、講義のあった日の夜にしています。
今...続きを読む


人気Q&Aランキング