最新閲覧日:

現在、電気モーターについて調べているのですが、
ステッピングモーターとサーボモーターの長所と短所について
教えて欲しいのですが。
また大きな違いについても教えてください。

A 回答 (3件)

ステッピングモーターとは名前のとおり機種によって固有の回転角ずつ回転するモーターです。

長所としては動作させようとする相手に位置検出用の機器を備えなくても、決められたステップ数だけ回転させることで位置決めが可能なこと、通電されていないときに現在の位置を保持する性質があるため、特にブレーキなどが必要ないことなどです。プリンタの紙送りやヘッドの駆動、フロッピーディスクなどのヘッドの駆動などにも使用されています。短所は連続回転運動ではない(ステップごとの回転停止の繰り返し)ので騒音が大きい、駆動電流が大きい、駆動トルク以上の外力が一瞬でも加わると位置制御がずれてしまう、あまり高速動作はできないなどです。

サーボモーターはモーター(DC・ACともにあり)と回転数や回転角などの検出装置や減速ギアなどで構成されています。速度制御や回転角の制御など制御する項目により多数のタイプがあります。速度制御では一般にモーターの回転軸に直結したタコジェネレータ(速度発電機)の出力と目標値を比較し、モーターの回転数が目標値になるよう駆動電流や周波数を制御します。一種のフィードバック制御です。位置制御には回転軸と同期して動くポテンションメーターやパルスジェネレーターからの出力が目標値または目標パルス数になるように制御します。長所としては回転数の自由度が高い、一般に動作が静かであるなどで、短所としては構造が複雑になる、用途によっては位置保持のための装置が必要になるなどです。
    • good
    • 0

手元にある機械関係の参考書にこう書かれています。

(長くなるので要点のみ摘まみます。)

ステッピングモータは与えられたパルスに応じて、ある角度だけ動くモータです。特長としては
1.検出器なしのオープンループで制御可
2.起動、停止、正逆転、変速が容易・応答性良
3.ステップ角の誤差が累積しない
4.低速高トルク、高い保持トルク
5.ブラシがなく、構造が簡単
短所は、脱調や共振、常に起動と停止を繰り返すので消費電力が大きいこと。

サーボモータは、ACサーボモータのことだと思いますので、モータの構造としては検出器をつけて、位置・速度を検出し、制御するモータです。目標値に対する精度も良く、速度範囲も広く、応答性も良いといいことしか書かれていませんが、短所は価格でしょう。もっと安ければ色々と使えるのですが・・・

このぐらいのことならば、モータに関する技術書に書かれているので図書館へ行けば、もっと詳しいことは分かります。
    • good
    • 0

ステッピングモーターは「ステッピングモーター」と言う種類のモーターで


すが、サーボモーターとは制御するために使われる物は何でもサーボモータ
ーです。別に誘導モーターを使おうとDCモーターであろうと、ステッピング
モーターを使っていたって何でもサーボ機構が付いていればサーボモーター
です。ステッピングモーターと言う種類に対してサーボモーターと言う使い
道といった所でしょうか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ