シャンソン “Mademoiselle de Paris”
http://www.paroles.net/chansons/17827.htm
の歌詞の上から14行目、

“Pour faire un bal a` l'Ope´ra”

で使われている“faire”を上手く訳して頂けませんでしょうか?

と言いますのも、ここに与えられている和訳が「オペラ座の舞踏会を作ることに」とありますが、これでは日本語になっていません。

プチ・ロワイヤル仏和辞典には、“faire ”に「作る」という意味が載っていますから、上記の訳そのものは文法的な誤りはないにせよ、日本語になっていない以上誤訳だと思われます。前後の文脈、彼女(Mademoiselle de Paris)の職業から判断して、ここは「オペラ座の舞踏会用の服(舞踏会で踊るMadameやMademoiselle達が着用するドレス)を作ることに」と意訳してみたのですが、これはどうでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ご提示の邦訳に、一割残して、九割賛成です



お針子さんに、逞しく生きようとの女丈夫の
一面を垣間見ることも出来ますが、やはり
まだまだお若く恋心に浮き立つ手弱女です

そのような(勝手な)解釈で、誰の舞踏服を
作ると、胸が焦がるのでしょうか。。。
服を注文で作るために採寸をしますね
その人が、青年だとしたら、如何でしょうか

Elle va coudre un coeur a son manteau
色々な解釈が可能でしょうが、ここでは
注文主(青年)の服に彼女は、自分の思いを
縫い付けると読めないでしょか
(無論、悲しくも結果は。。。)

Et file ~ des Lilas とありますが
コレは単にその通りや地下鉄の駅だけでなく
花Lilasを誰にでも連想する、させるべくこの名称
この花Lilasの花言葉にamour et amitie とあり
特にLilas pourpre(mauve)は
premier emois amoureux ですから

先般の過分なるお言葉を頂きましたお礼に
最終の連にある小さき動物(雀)への愛情 
un peu de son dejeuner aux moineaux に
関して一言です 

同じ小鳥をfauvetteでは詩情がそがれます
雀だからこそ慣用句manger comme un moineau を
思い出しまだまだ稼ぎもままならない駆け出しながらも
同じ生き物に分け与える心持(それが愛)を
上手に表現していると感じます
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ご回答を賜り、厚くお礼申し上げます。

>やはりまだまだお若く恋心に浮き立つ手弱女
>誰の舞踏服を作ると、胸が焦がるのでしょうか

>服を注文で作るために採寸をしますね
>その人が、青年だとしたら、如何

>注文主(青年)の服に彼女は、自分の思いを縫い付ける

いやあ、流石、お見事ですね。感銘を受けました。そしてこれでやっとこの詩が示唆している乙女心が浮き彫りになったような思いがします。

“porte des Lilas”, 注釈(Notes)にはこんな風に書かれています。「リラの門(porteはかつてパリの城門跡に残った地名)。パリ北東部のこの地区にはリラが繁茂していたことからの地名とされています。」

これでは何だかパリのガイドブックでも読んでいるようで味も素っ気もありませんね。Lilasにそういう花言葉があることを知らないと、きっとこういう解釈しかできないのでしょうね。

私など、Elle donne tout le talent~とあり、また、フランスと言えばやはりla modeのお国ですから、若き日のココ・シャネルのような人物の立志伝を勝手に想像してしまったのですが、まだせいぜいpetit mainなんですから、私のこの解釈には無理があります。それではNHKの朝の連ドラの世界ですね。

やはりご回答の様に解釈すると、全ての辻褄が合いますから、それが正解だと思います。

あと、un peu de son dejeuner aux moineaux 関連は私の質問ではありません。どなたか別の方の質問です。

お礼日時:2007/05/01 00:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフランス語文法について(de,des,du)

はじめまして。以下文章中のde,des,duについて
文法的解説をしていただきたくお願いいたします。

La prise de conscience des dangers du tabagisme passif
a rendu progressivement la societe moins tolerante aux fumeurs.
(lefigaro.comから抜粋,アクサン記号省略をお許しください)

(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?
(2)des dangers→de+les
(3)du tabagisme passif→de+le

新聞を読んでいると(1)の冠詞+名詞+de+名詞(冠詞なし)のパターンに
いつも戸惑うのですが、自分が使うときは La prise de la conscience
と絶対言ってしまいそうなのですが、これは連語として覚えるしか
ないのでしょうか?何かコツがありましたら教えてください。
le risque de consultation, les lieux de travailなど

以上、お手数ですが何方かご教授いただきたく宜しくお願いします。

はじめまして。以下文章中のde,des,duについて
文法的解説をしていただきたくお願いいたします。

La prise de conscience des dangers du tabagisme passif
a rendu progressivement la societe moins tolerante aux fumeurs.
(lefigaro.comから抜粋,アクサン記号省略をお許しください)

(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?
(2)des dangers→de+les
(3)du tabagisme passif→de+le

新聞を読んでいると(1)の冠詞+名詞+de+名詞(冠詞なし)のパターンに
...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。

ご質問1:
<(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?>

部分冠詞でも同格のdeでもありません。

1.このdeは動詞の直接補語を導く前置詞になります。

2.この名詞句は元々、動詞句prendre conscience de qch「~に気がつく」を名詞化したものです。この動詞句では、conscienceは動詞prendreの直接補語になっています。

3.つまり、La prise de conscienceでは、priseはprendreが名詞化したもので、conscienceはprise<prendreの直接補語(目的語)になっているのです。
例:
prendre conscience(直訳)「知覚を得る」
→La prise de conscience「知覚を得ること」→「自覚」


ご質問2:
<(2)des dangers→de+les>

その通りです。

このlesは、du tabagisme passifでdangerを特定しているために、使われてている定冠詞です。


ご質問3:
<(3)du tabagisme passif→de+le>

その通りです。

このleは、passifでtabagisme を特定しているために、使われてている定冠詞です。


ご質問4:
<自分が使うときは La prise de la conscienceと絶対言ってしまいそうなのですが、これは連語として覚えるしかないのでしょうか?何かコツがありましたら教えてください。>

1.基本的に、deの後に来る名詞が不特定の名詞、抽象名詞、総称的に使われる名詞、種類・性質・材料を表す名詞などの場合は、定冠詞を用いないのが一般です。
例:
un homme de courage「勇敢な人」
robe de soie「絹の服」

2.conscienceの場合、「知覚」「意識」は抽象名詞なので、無冠詞で使われます。
例:
avoir conscience de「~を覚える」「~を知る」

3.一方、conscienceが「良心」「本心」の意味で使われる時は、部分冠詞や定冠詞が付きます。これは、「良心」に特定性があるためです。
例:
avoir de la conscience「良心的である」
avoir la conscience large「寛大である」

上記の句を用いる場合、conscience「良心」は文脈の中の、ある特定の人に関して使われます。そのため、定冠詞や部分冠詞がついているのです。


ご質問5:
<le risque de consultation, les lieux de travailなど>

1.le risque de consultation:

このconsultationは「診察」という総称的な名詞として使われています。特定していないので、定冠詞は必要ないのです。

2.les lieux de travail:

(1)このtravailも「仕事」という総称的な名詞として使われています。特定していないので、定冠詞は必要ないのです。

(2)この句全体で一般的な「職場」というニュアンスで使われています。

(3)もし、この「仕事」に定冠詞がつき、les lieux de travailとなっていれば、前出の特定の仕事を指し、「話題に出ているその仕事の職場」という特定性が出てきます。

3.以上のように、deの後の名詞に定冠詞がつくかどうかは、その名詞の総称性、抽象性、特定性によります。総称的なニュアンスでは、定冠詞をつける必要はないのです。


1月1日から実施されたこの法律、元旦はややtorerantで監視も緩めでしたが、2日からはcontroleurも見回りして、厳重な規制が敷かれています。タバコを吸わない身としては、大歓迎の法律です(笑)。

以上ご参考までに。

はじめまして。

ご質問1:
<(1)La prise de conscience→de+du(不可算名詞につく部分冠詞?)
それとも同格のde?>

部分冠詞でも同格のdeでもありません。

1.このdeは動詞の直接補語を導く前置詞になります。

2.この名詞句は元々、動詞句prendre conscience de qch「~に気がつく」を名詞化したものです。この動詞句では、conscienceは動詞prendreの直接補語になっています。

3.つまり、La prise de conscienceでは、priseはprendreが名詞化したもので、conscienceはprise<prendreの直接...続きを読む

Qフランス語 menacer と faire du chantage

先日クラスでmenacer と faire du chantageの違いについて話し合っていましたが、私には違いがよく判りませんでした。
私の中で日本語でも多分区別がついていないんだと思います。
話し合いの中でたとえが出て、
Si tu fais ca, je mourrai. は faire du chantage だ、といってましたが、私にはmenacerのような気がします。
どうかこの違いを判りやすく説明していただけますでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

lunartemis さん こんにちは

お示しの例文ですと、menacerですね

違いは厳格に言えば、人に知られたくない事柄

暴露されるとスキャンダルになる事
名誉や威信を傷つけることになる事

その他もろもろを暴露するとmenacerして
人から、金品をせびりや便宜を図れと
することがchantageです

例えば、mettre le couteau sur la gorge
(コレもイメージ豊かな慣用句です)と
強盗が金を出せと言うのは、menacerです
一方、旧友が成功したあなたに会いにきて
共に若かりし頃の悪事を“バラス”と言って
色々な便宜(お金など)を計れとするのが
faire du chantage です

無論、このような用法・用例の違いが
薄れている(混同)しまっている現状

このような混同や混乱を避けて
本来の意味を探ろうとすれば
少し時代を遡って、19世紀後半辺りから
色々と捜してくると明確になります

それが、大変なら、menacerを自動詞として
Tiens, la pluie menace... 等の例文からも
違いが、想像できませんでしょうか

コレで、大丈夫でしょうか。。。

lunartemis さん こんにちは

お示しの例文ですと、menacerですね

違いは厳格に言えば、人に知られたくない事柄

暴露されるとスキャンダルになる事
名誉や威信を傷つけることになる事

その他もろもろを暴露するとmenacerして
人から、金品をせびりや便宜を図れと
することがchantageです

例えば、mettre le couteau sur la gorge
(コレもイメージ豊かな慣用句です)と
強盗が金を出せと言うのは、menacerです
一方、旧友が成功したあなたに会いにきて
共に若かりし頃の悪事を“バラス”と言っ...続きを読む

Qchanger en と pour の違い

changer を「交換する」という意味で使用する場合、

前置詞には pour(contre) と en のいずれかを使うようですが、

違いは何でしょうか?

お分かりになる方お教えください。

Aベストアンサー

lalala_mas さん はじめまして

お気づきのように、全く用法が異なります

pour(contre)の場合は、
changer A pour B で
Aを手放して、Bを手に入れる
changer ses voitures pour les tableaux
車を絵に換えるとは、車を売って、絵を手に入れる

enは、そのものを変化させること
changer A en B で
AをBに変える
changer sortes de métaux en or
錬金術師を思い浮かべて下さい。。。

QPrix de l'Arc de Triomphe

Prix de l'Arc de Triomphe
読み方をカタカナでお願いします。

Aベストアンサー

 プリ ドゥ ラルク ドゥ トゥリオンフ

でしょうね。

QWozu”、“Wofuer”、“Warum”の違い

“Wozu”、“Wofuer”、“Warum”の違いがいまいち良くわかりません。
違いを教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

gizzy07 さんがお答えになっている通りですが、わかりやすくするために多少つけたしを。

wozu と wofuer は、質問を目的にしぼっています。例えば Wozu ist das gut? は「何のためにこれが役に立つの?」という意味になり、それが何のために存在しているのかわからない時に使います。

warum は質問が理由にしぼられています。Warum ist das gut? だと、「どうしてそれがいいの?」となり、それが何かは知っているけれど、なぜ他人がそれを gut と評価するかが知りたいときに使います。

ですから、Wozu/wofuer bist du gekommen? 「何しに・何が目的で来たの?」Warum bist du gekommen?「どうして来たの?」とは聞けても Wozu/wofuer bist du nicht gekommen? 「何しに・何が目的で来なかったの?」とは聞けず、Warum bist du nicht gekommen?「どうしてこなかったの?」と聞くことになります。

こんにちは

gizzy07 さんがお答えになっている通りですが、わかりやすくするために多少つけたしを。

wozu と wofuer は、質問を目的にしぼっています。例えば Wozu ist das gut? は「何のためにこれが役に立つの?」という意味になり、それが何のために存在しているのかわからない時に使います。

warum は質問が理由にしぼられています。Warum ist das gut? だと、「どうしてそれがいいの?」となり、それが何かは知っているけれど、なぜ他人がそれを gut と評価するかが知りたいときに使います。

で...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報