転換社債を購入するさいに考慮しなければならないメリット、デメリット
はなんなんでしょうか?
いまいち、よくわからないのでできれば初心者でもわかる説明を
希望します。お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

転換社債というのは、株券に転換することのできる社債です。



メリットですが、
・社債、つまり債券ですから、その企業が倒産しない限りは
 期日になれば約束された利率をつけて額面金額が帰ってきます。
・株券に転換することもできるので、その企業の株価がぐっと
 上昇した際には株券に転換して株として売却し、債券としての
 予定利率以上のパフォーマンスをあげることができます。
・債券として持っていれば最終的に額面で帰ってくるわけですから、
 株価が下落する局面でも転換社債の取引価格はある一定以下には
 下がりにくいという性質があります。

一方でデメリットは、
・株ほどは取引高が多くないので、売却したいときにうまく取引が
 成立しないおそれがある。
・株ほどは情報が出回っていないので、インターネット等で
 転換社債の値動きを知るのが困難。
・株券に転換するのに多少時間がかかるので(~数週間)、
 いざ株券に転換して売ろうと思ってもタイミングを逸しやすい。

といったところでしょうか。

一言で言えば、下落リスクは株よりも小さいが(でも下がる時は
下がりますよ)、株ほど機敏に売買ができないので、基本的に
中長期でポートフォリオを組む際に考える商品だということだと
思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報