人間の自由という他の方の質問に答えようと思ったんですけどうまく自分の意見がまとまらなくて逆に質問してみようと思いました。

自由という概念は人間にとって必要か?

人間の自由という他の方の質問に寄せられた回答では自由は責任を伴うという意見が主流だと読み取りました。私としては、自由は制約を受けていない状態を意味し、責任は制約を受ける(守る)ということだと思っていましたので、なんだか考えがまとまらないというよりもわけがわからなくなってこんな質問が思い浮かんでしまいました。
暇な方も暇じゃない方も暇なときに回答をくださればありがたいなあと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私はあなたのご意見に賛成です。


確かに責任のない「自由」は他人に迷惑をかけ、社会の秩序を乱す可能性はあります。だから多くの人が責任を伴わない「自由」は本当の「自由」ではないと考えているのだと思います。
その考えの裏には「自由」というのはこうあって欲しいという理想が見えます。つまり「自由」というのは理想的なものでありすばらしいものなのだと。何をやってもいいという意味じゃないんだと。しかし、そうすると「何をやってもいい状態」をどんな言葉で言い表せば良いのでしょうか。
「勝手」という言葉があります。「自由」に非常に似た言葉です。でも「勝手」には「自分の都合の良いように」という意味が含まれています。また「放縦」(ほうしょう)という言葉があり、これも「自由」に似ています。しかし「放縦」は「思うままに振舞う」という「行動」を含んでいます。私は「自由」という言葉は「何をやってもいい状態」を意味する言葉だと解釈しています。「行動」を表す言葉ではないのです。「状態」を表すのです。何者にも束縛されない、強制されない、何を行なっても、なにを言ってもいい、そういうことができる解放された状態を「自由」というべきだと思っています。もし、「自由」に責任を伴わなければならないのなら「責任のある自由」と表現すれば良いのです。「自由」という概念にある種の限定を伴わせてはいけないと思います。むしろ限定されるのは「自由」という状態に解放される前の状態でしょう。例えば、弾圧からの「自由」、親からの「自由」、学校からの「自由」といったように。
要するに「自由」「責任」「秩序」「規範」「常識」「制約」などの概念をそれぞれ独立した概念として扱い、「自由」を修飾する言葉として「責任」や「秩序」という言葉があるのだと言いたい訳です。このように考えれば「自由」に関する命題についての考察あるいは論議において混乱を避けることができます。ただ、現実社会にあっては「責任」や「秩序」の伴わない「自由」は不幸をもたらすことになるという考えが大多数の人にとって正しいことであるということです。
    • good
    • 2

人間にとって自由という概念が必要かといえば、「必要」ではないでしょう。


現実社会を見渡した時、「自由」な人間なんているのでしょうか?本当の意味で自由といえるのは悟りをひらいた人くらいでしょう。

元々人間は社会性をもった生き物ですから、集団のルールに従う不自由な状態がデフォルトだと思います。そうでなくては生存が出来なかったわけですから。
多くの人の言う自由の大切さは個人的にはその通りであると思っています。いわゆる「人間らしい」生き方にとって、自由はとても重要な要素の一つです。けどそれは現代日本人の持つ「理想」ですよね。
「マトリクス」でも、現実ではないと知りながらマトリクスの中での裕福な暮らしを選んで主人公らを裏切ったキャラ(名前はサイファだったか?)がいましたが、現実には彼のような人も多いと思いますよ(「ブランド」や「肩書き」「恋愛」に依存してしまう人たちなど)。

まるで上記の意見と逆に思われるかもしれませんが、自由と責任や秩序をワンセットにする考え方にも違和感を感じます。
まるで小学校の校長先生の訓示を聞いているかのような感覚です。

責任や秩序と自由は全く異なる概念です。ただ現代の日本のように、過密な管理社会において、それらを考慮しなくては結局自由に行動できないというだけです。

ギャンブルのトランプゲームで喩えれば、開拓時代の西部のような無法地帯なら、イカサマも日常茶飯事でしょう。ばれなきゃ良いのですから。逃げ切れれば金の持ち逃げもありでしょう。もちろんそれなりのリスクはありますが、秩序や道徳を守らなくとも自分の自由を発揮する「条件」(方法ではない)はあります。
この「リスク」を「責任」と読み替えることも出来なくはありませんが、少なくとも秩序の維持とは結びつきません。

「マトリクス」のようなバーチャルリアリティが現実味を帯びるにしたがって、自由や責任、道徳の問題は現在の常識から変容していくと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
質問のテーマが大きすぎてなかなか自分で処理できずにせっかく回答をいただいてもお礼が反論みたいになってしまったことをmasyuraさんのお礼の場を勝手に借りさせていただいて(すいません)お詫び申し上げます。
今回の質問で自由には2つ概念があることを確認できました。1つは人間の目指すべき理想としての自由。もう1つは価値の概念を排除した自由。
質問することによって私は後者の概念を支持するものであり少数派であることを認識することができました。
ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/21 04:06

自由をギャンブルのトランプゲ-ムで考えてみます。



ディーラーからカードが配られてきます。このカード1枚1枚が自分の人生の可能性です。ここで配られたカードだけでの勝負だと選択権はありませんので完全な自由ではないです。
私たちには席を選択し、カードを交換し、そもそもゲームに参加しない自由があります。しかし配られたカードは平等ではないですね。

そして場を洞察し勝負に出ます。ここで勝てばお金が儲かります。当然負ければお金がなくなります。
これが責任です。

しかし、あなたがイカサマをしたらどうなるでしょう?それがバレたら誰も勝負をしてくれないでしょう。負けると判っていて勝負をしてくれるお人好しはいないです。その場から追い出されますよ。ましてやお金を持ち逃げしたら警察に突き出されます。

これが自由における秩序、道徳、常識、礼儀に従うということでしょう。皆がルールを守ってるからこそ自分の自由(=勝てばお金が儲かる)が最大限に発揮されるのです。

秩序、道徳、常識、礼儀は自分の自由を制限するものではなく、それを皆で守ることによって他人による自分の自由への侵害から守るためのものです。

そして宗教的迫害、人種差別等はいわば「門前払い」なので自由の侵害です。これは上記と同列に扱うべきことではないと思います。

そしてイカサマをしないで門前払いもされないでゲームをしても、ゲームをする目的にはなりますね。

ここで賭けるお金もしくは担保になる物が無ければゲームに参加することも出来ません。
責任の取れない自由はある程度の制限はかかるのも仕方が無いことでしょう。
    • good
    • 0

 かなり主観的な意見で書かせて貰うと…



 (1) 積極的な意味合いで「自由」=自らに由る。
 (2) 何かに対して、「自由」=束縛されない。

↑の2つの意味合いがあると思います。
この辺の事は、他の方が細かく説明してるので、具体的な事はもうおわかりでしょう。

 では、「その概念が必要か?」
「人間にとって」とまで言えないですが、「私」にとっては必要です。

 人生での岐路に立たされた時、
自分は「自由(例え、選択肢に限りがあっても)」に、自分の「責任」で選択する。また、その結果は「自分の責任」に還ってくる。
…と思っているからです。

 この考えが無ければ、きっと私は自分にも、「言い訳」する人生になるのでは?
とも思います。
    • good
    • 0

全ての選択権を自らが持つ。

しかしその後どうなっても自分で責任を取る。(成功しようが失敗しようが)

という状態でしょうか。

下のお礼の農民の例も農民という範囲内では自由がありますが、その他の面では非常に制約を受けているので自由ではないでしょうね。
現代の場合を考えると、親の敷いたレールの上を歩いていく人生は例え優雅な暮らしでもつまらないですよね。
やはり苦しくても失敗しても自分で自分の人生を選ぶ方が満足感がありますよね。

ここで自由について回る責任とは、自分が失敗すればどん底に落ち、誰かに損害(物・精神・人全てを含む)を与えたときにきちんと後始末(=責任を取る)をしなさいということではないでしょうか。

つまり自由に伴う責任とは制約ではなく、「リスク」が伴うということでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
人生論としては大賛成です。ただ、自由が選択権+責任なら、責任の取れない選択が制限されるという不自由は、自由とは関係がないんでしょうか。

お礼日時:2001/01/19 02:39

言葉が足りない部分があったので、補足させてもらいますね。



・なにものにも支配されない、精神的自由
・なにものにも縛られない、肉体的自由

どういうことかといえば、たとえば「戦争捕虜」「人種差別」「宗教的迫害」などを考えてもらえばわかると思います。
「精神的自由」「肉体的自由」を奪われた人に、安らぎや幸福はあるでしょうか?
ですからこそ、そういう状態でない「自由」という概念は、絶対、人間には必要であり、与えられるべきであると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答+補足ありがとうございます。
自由というのはやはり何者にも縛られない支配されないということなんでしょうか。そうだとすると、秩序、道徳、常識、礼儀に従うことは自由という概念に矛盾しないんでしょうか。私の中で自由は何者からも制約を受けていない状態であるので、秩序、道徳、常識、礼儀に従わない、という態度では無く、自由が人間にとって積極的な目標となりうるかというのが疑問なんです。秩序、道徳、常識、礼儀に従い、戦争捕虜、人種差別、宗教的迫害のないそこそこ自由という状態なら、人間にとって必要である、と思います。

お礼日時:2001/01/18 21:14

すでに回答がでていますが、「自由」というのは人間になくてはならないものです。



例えば、江戸時代以前、農民の子は(原則として)農民にしかなれませんでした。
あるいは外国でも同じように、奴隷や貧民の子として生まれたら、本人の望むと望まざるとに関らず、その身分での人生を余儀なくされていました。
これに対して現代では、農民の子が商人になるもよし。父親がサラリーマンだから自分もサラリーマンということはない。望めば総理大臣にだってなれるかもしれない世の中です。
人間に必要なのは、そういう意味での「自由」なのです。

言葉の意味はたしかに「何物にも由(よ)らず、ただ自らにのみ由る」ということですが、社会生活を営むのに最低限のルールがあるのは当然です。
ということでいかがでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
どんな職業にも就ける可能性があるということは、すばらしいことですね。なるほど、職業選択の自由というやつですね。選択権があることが自由だとも思ったんですが、農民の子は農民になっていましたが、どのような農民になるか、どのように振舞うかという選択権は多少なりともあったと思います。その意味ではある程度、農民も自由だったと思ってわからなくなったんです。ある程度自由は自由じゃなくて、でも、完璧な自由はありえないとすると、自由は定義できるんでしょうか?

お礼日時:2001/01/18 19:05

まず、私が思う「自由」というのは、



・なにものにも支配されない、精神的自由
・なにものにも縛られない、肉体的自由

という意味であり、人間が生まれたときから持つ「秩序」「道徳」「常識」「礼儀」などは、やはりきちんと守るべきであり、そしておのれが属している社会で担うべき責任も果たすモノだと思っています。

そのため、coolriver さんの考える「自由」とは違うと思いますが、人間にとって「精神」と「肉体」が束縛されない状態というのは絶対に必要であると思うので、答えとしては、

「人間に『自由』という概念は必要」

だと思います。
    • good
    • 0

私は自由は、責任を守ることだと思います。


なにも制約を受けなければ、世の中秩序が守れません。極論すると、盗み、殺人なでも有りになるでしょう。
そこで、法律が有り、マナーが有り、公序良俗という言葉があるのです。
それにしても、自由をなんでも有りと誤解している人が多いのは残念なことです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
責任をとることは人間として重要なことですよね。
私が疑問なのは自由が責任を守ることならわざわざ自由という概念を必要とするか?ということなんです。あえて自由という言葉を使用するために誤解をする人が出てくると思うんです。責任をとるといえば事足りると思って質問をさせていただいてます。

お礼日時:2001/01/18 17:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qヤフーのオークションで、出品者からアクセスした人間は特定される?

回答にこちらの名前入れないでください<(__)>すみません。検索に引っかかりたくないので、、、。

◎ヤフーのオークションですが、出品者が、出品ページにアクセスした人や大体の地域を特定することは出来るのでしょうか?

ふつうのHPでしたら運営者が、アクセスした人間や大体の地域を特定できるようですが、、、。
前に、通っていたお稽古事のHPにアクセスしたら、「こないだHPに来てたね~」って言われて驚きました。

ヤフーのオークションでもそのようなことされるのでしょうか?


よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

あるホームページにアクセスした場合、管理者には以下の情報がわかります。
「確認くん」
http://www.ugtop.com/spill.shtml
これ以上でも以下でもありません。
しかしこれは管理者がわかる事で出品者にはわかりません。
   
> 通っていたお稽古事のHPにアクセスしたら、「こないだHPに来てたね~」って言われて
アクセスが少なくて、相手の使っているプロバイダがわかっていれば大体見当がつきます。
あくまでも見当であって特定は出来ません。

Aベストアンサー

#3、ぽこぺろぽです。補足要求して失礼しました。

 実は私も質問にケチをつけることがあります。それはその質問自体があまりにもひどかったり、質問にある事柄を質問者自身が好ましいと感じることが彼のためにならないと考える場合のみです。もちろんケチをつけたらポイントももらえないでしょう。私はよく質問もしますから、決して面白半分ではありません。

 私は個人的にはこのサイトで禁じられている、議論や意見表明のための質問は好ましいとすら考えています。あからさまなのはよくありませんが、要は人の意見に耳を傾ける謙虚さや、人を貶めない寛容さがあればいいのです。

 「回答専門家」には両者ともに決定的に欠けています。完全に許容限度を越えています。しかも彼らは自分で疑問を解決できるとうそぶきます。また彼らは知らない者同士が対等の立場で意見交換をする重要性も認めません。何たるゴーマン、彼らにはつけるクスリもありません。「何度も回答しているのに質問は一度もしたことがない」これほど精神の不均衡を示す明確な基準はないではありませんか。

 ただガーコン二千さんにできることは、彼らの弊害を説きながら警戒を呼び掛けることだけです。あなたを応援しています。その前に我々二人の認識を高めなければなりません。これからも意見交換を続けてまいりましょう。

#3、ぽこぺろぽです。補足要求して失礼しました。

 実は私も質問にケチをつけることがあります。それはその質問自体があまりにもひどかったり、質問にある事柄を質問者自身が好ましいと感じることが彼のためにならないと考える場合のみです。もちろんケチをつけたらポイントももらえないでしょう。私はよく質問もしますから、決して面白半分ではありません。

 私は個人的にはこのサイトで禁じられている、議論や意見表明のための質問は好ましいとすら考えています。あからさまなのはよくありませんが、要は...続きを読む

Qペニーオークションは落札さえできれば問題ないのか?

ペニーオークションが問題になっています。
私が「ペニーオークションはいろいろ疑わしいことがある」と見聞きしたのは結構前ですが、その頃はペニーオークションの問題点とは

1回の入札ごとに少額の手数料が掛かり、それが積もり積もって気が付いたときにはちっとも安い買い物ではなくなってしまっている、

という点だけでした。
まさか、競争相手の落札者は一緒に参加している人間とおもっていたらまさかプログラムによる自動入札であり、絶対に人間には落札できない仕組みだったとは・・・・・

では
「きちんと商品を用意し、落札者には必ず商品を渡す」こととし、
「プログラムによる自動入札で、絶対に一般参加者は落札できない仕組みになっている」
という部分を是正すれば、ペニーオークションは問題ないのでしょうか?

(芸能人がブログで宣伝活動云々、はこの討議から排除します。それはまた別問題)

Aベストアンサー

問題があるかないか以前に、買い物するのに手数料払えって時点でおかしいだろうが。
数万円するものが数百円で落とせるなんて時点で、出品者には何のメリットもないし、オークションの意味がないわ。

ちょっと考えれば分かるようなことを、考えもしないで騙される方が馬鹿なんだよ。

Q全てを創造した神が人間に自由意志を与えたのは、人間が神の意志どおりに動

全てを創造した神が人間に自由意志を与えたのは、人間が神の意志どおりに動くロボットなら、神にとっては面白くもなんともないからではないのでしょうか。

神が、人間に自由意志を与えた目的はなんだと思いますか。

Aベストアンサー

神が、人間に自由意志を与えた目的はなんだと思いますか。

○頓知じゃありませんが「聞いてみればわかることですね。」
私の知りうるところでは、「金太郎飴のようなものはお嫌いなようですね。」
例えば、花畑でも様々な花が咲き乱れるというのが好きということですね。様々な花ということは花に「自由意志」を持たせないと様々な花になりませんからね。
つまり、言葉で言えば、百花繚乱、百家争鳴が創造神のよしとするところじゃないかと思うのですね。
神の創った箱庭に様々な花が百花繚乱ですね。それを愛でることが神の楽しみのようですね。
箱庭が宇宙ですね。地球人にとっては地球が箱庭ですね。百花繚乱、百家争鳴ですから地球人もそうですが、宇宙にもたくさんの人類型生物がいるのでしょうね。そんなところから「自由意志」を与えた理由がわかりますね。
また、創造神は遥か昔にこういったそうですよ。「我は、水の試練も、火の試練も与えよう、しかして限りなく強くなれ、我のようになれ。」とね。百花繚乱だけじゃなく「我のようになれ。」ですから人間は神に近づく努力をしなさいということですね。それも自由意志がある大きな理由の一つでしょうね。
仏教的には、仏に向かって悟りを求めよ。ということですね。
・・・そのように思いますよ。

神が、人間に自由意志を与えた目的はなんだと思いますか。

○頓知じゃありませんが「聞いてみればわかることですね。」
私の知りうるところでは、「金太郎飴のようなものはお嫌いなようですね。」
例えば、花畑でも様々な花が咲き乱れるというのが好きということですね。様々な花ということは花に「自由意志」を持たせないと様々な花になりませんからね。
つまり、言葉で言えば、百花繚乱、百家争鳴が創造神のよしとするところじゃないかと思うのですね。
神の創った箱庭に様々な花が百花繚乱ですね。それを愛で...続きを読む

Qインターネットオークション・・・。

こんばんわ!
僕はまだ中学生なので、オークションに参加することが出来ません・・・(悲)。
先日オークションサイトをぶらぶらしていると欲しい商品があったので、
お年玉で購入したいなぁ~と思いました。
で、親(父)にオークションで品物を代わりに落札してほしいとたのんだんです。
でも・・・、
「ネット通販とかオークションは信用できんからアカン」
と言われました・・・(悲)。

そこで質問なんですが、こういう人間を説得するにはどうすればいいですか?
僕の親はそんなに頑固一徹みたいな人ではないんですけど・・・。
みなさんの説得術教えてください!!!

Aベストアンサー

オークション経験者のneterukunです。
ヤフーでですがトラぶったことは無いですね。
相手の不払いで入札取り消しにしたことはありますが。
本人確認でアラシみたいな人はかなり減ったし。
評価で注目すべきは「非常に悪い」って欄です。
どういういみでその取引が悪かったのかを見てください。
たいていは入金遅れや、クレームとかの文句で
ここにいちばん本音が出ているんじゃないでしょうか?
私も「非常に悪い」をつけたことはありますが
数えるほどで99%まともに入落札しています。
最近は「非常に悪い」が0の人ばかりですから
信用できますもし、金銭トラブルを警戒されるなら
ちょいと高くつきますが代引きにしてもらうことだってできます。
ヤマト便で送料ほかに\315ゆうパックで送料ほかに¥250です。
私も個人で出品していますし、喜んでもらえるのって
なんか嬉しいです。もちろん買ってよかった!ってのもあるし。
いちいち店まで行かなくてもいいってのも便利さの1つですよね。
お父さんも一緒に参加するとかおかあさんも買うとかすると
家族で楽しめますよ。⌒(*^∇゜)v

オークション経験者のneterukunです。
ヤフーでですがトラぶったことは無いですね。
相手の不払いで入札取り消しにしたことはありますが。
本人確認でアラシみたいな人はかなり減ったし。
評価で注目すべきは「非常に悪い」って欄です。
どういういみでその取引が悪かったのかを見てください。
たいていは入金遅れや、クレームとかの文句で
ここにいちばん本音が出ているんじゃないでしょうか?
私も「非常に悪い」をつけたことはありますが
数えるほどで99%まともに入落札しています。
最近は「非常...続きを読む

Q人間は何故本能よりも理性を尊重するのでしょうか? 

なぜ、人間は本能的行動よりも理性的行動を好ましいと感じるのでしょうか? 
場合によっては本能を優先するケースもあると思いますが、理性が重んじられるケースについて、人間はなぜそういう思考をするのかという事を考えています。

そもそも理性的行動は何なのか、本能的行動と理性的行動はどこで線を引くべきかという点についても漠然としていて、定義ができていません。

どなたか、少しでもこうではないかと思う方がいらっしゃいましたら教えて下さい。
あるいは参考になる書籍などありましたらご教授頂ければ幸いです。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 人間の動物的能力は、他のほ乳類に勝っているかというと、それほどでもありませんが、知的能力の高さは比べる相手がいません。突出しています。

 一番不思議に思うのは“意識”という能力です。
 物事や時間や、そして何よりも自分を意識できるということ。

 他の動物にはありません。いや、鏡を見て自分だとわかると云うことは、“意識”の働きによるのかもしれませんが、意識していることさえ意識できるというのは人間ならでは。

 人間は知的高性能動物、ですね。

 生命は生きようという本能があれば生きられます。
 それに感情が加わればもっと生命体らしく生きられます。
 でもその能力に限りがあるので、結果「自然」を保つことになるのでしょう。

 人間は動物としての本能に限界がなく、その代わりに高度な精神を持っています。

 その精神の能力に、理性、感情、意志があり、記憶という能力もあり、そしてそれらを意識する、出来るという不思議な能力もあります。

 人間はこれらの能力を駆使して生きています。
 人間はその中の理性をどう働かせているんでしょう。

 理性は、「感情に溺れずに、筋道を立てて物事を考え判断する能力」とありますが、 往々にして自分にとっての良し悪し、損得を判断し選択しがちです。

 でも、その理性の働きによって、自分の損得から離れて他者に向けて、社会に向けて行動させることができます。
 この事が理性的行動を重んじる、ということになるのではないでしょうか。

 ☆これは私の頭の中の出来事です。読み返してみると最後の方で、やっと本題に入り、入ったかと思うと結論を出していて、まったく幼稚な“思索作業”で恥ずかしい。もう一度トライしてみようかしら。

 
 

 人間の動物的能力は、他のほ乳類に勝っているかというと、それほどでもありませんが、知的能力の高さは比べる相手がいません。突出しています。

 一番不思議に思うのは“意識”という能力です。
 物事や時間や、そして何よりも自分を意識できるということ。

 他の動物にはありません。いや、鏡を見て自分だとわかると云うことは、“意識”の働きによるのかもしれませんが、意識していることさえ意識できるというのは人間ならでは。

 人間は知的高性能動物、ですね。

 生命は生きようという本能があれば生き...続きを読む

Qオークションサイトの作成、及び運営をしてみたいのですが・・・

はじめまして、オークションサイトに興味があり質問がいろいろあります、よろしければご教授ください。

実はちょっとアイデアがありまして、オークションサイトを運営したいと思ってます。
ですが、ホームページ作成ソフトやネットショップ作成ソフトを使ってもヤフオクのようなシステムなどは作れないということでしたので、1からオークションサイトを作るにはどうしたらいいのでしょうかか?
プロの方にサイトを作ってもらうにはどのくらい作成料がかかるのでしょうか?
ヤフオクのように不特定多数の人間が出品や落札の参加が可能になるシステムなんて出来るのでしょうか?
など、もしご存知のかたいらっしゃいましたら教えてください!よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>プロの方にサイトを作ってもらうにはどのくらい作成料がかかるのでしょうか?
もしヤフオクなみのシステムを望むなら億単位の資金が必要になります。
1日2日で作れるような小規模なシステムではないですし、なにしろ
お金がかかわるシステムなので相当数のテストを行う必要もあります。
恐らくヤフオクのような商用システムだとデータベースにOracleを
使っていると思いますが、Oracleだけでも1プロセッサに対して100万円という値段なのです。
更に開発にかかる人件費は半端ではありません。一人の人材を1ヶ月確保するのに
約100万円かかります。10人で6ヶ月ならそれだけで6000万円です。

>ヤフオクのように不特定多数の人間が出品や落札の参加が可能になるシステムなんて出来るのでしょうか?
小規模なオークションサイトなら自分で作る事もできます。
その場合ネットワークやOS(Linux等)、オークションサイトを作成するための言語(PHP等)や
データベース(MySQL等)の知識が必要になります。

Qサルトルの言葉らしいのですが「自由とは自由でありたいという精神が自由で

サルトルの言葉らしいのですが「自由とは自由でありたいという精神が自由であること」という格言の英語版をご存知の方いらっしゃらないでしょうか?
サルトルの格言を集めた英語版HPでも該当しそうなのが見当たらず困っております。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

> 「自由とは自由でありたいという精神が自由であること」

これはサルトルの言葉ではなく、サルトルが『存在と無』のなかで言った

「人間存在がまさに自己自身の無であるべきであるかぎりにおいて、人間存在は自由である」(『存在と無』第四部第一章I「行動の第一条件は、自由である」p.67 ちくま学芸文庫)

という言葉のなかの「自己自身の無」というところを、解釈して言い表した文章なのだと思います。

この「自己自身の無」というのは、

(1)人間存在は、その過去によって規定されるがままに行為をおこなうようなことはありえない
(2)意識に対して外的な何ものも意識を動機づけることができない
(3)人間存在はまずはじめに存在して、しかるのちに目的に対して関係をもつような何ものかであるのではなく、自己の目的によって自己を規定する一つの存在である

という三つを総合して言っているのですが、おそらく上記の文章を書かれた方が、この三つをまとめて「自由でありたいという精神が自由であること」というふうに解釈されたんでしょうね。

もちろんわたしがそう思うだけで、『存在と無』を全巻(なにしろ三分冊なのでね)を読み直してみたら、そんな文章があるかもしれないんですが、だけど、おそらくはないと思います。ちょっと表現がおおざっぱなので。

ですから、それに当たる原文の英訳というご質問の回答は、ありません、という以外にありません。

ところで、ちょっと思ったんですが、サルトルは「決定論」(すべてのことは必然的に起こる、自分の行動も外部の積み重ねによって、そう行為させられている)との対比で「自由」ということを論証していきます。そうして

「人間は全面的に決定されているか(それは容認されないことである。なぜなら、わけても、決定された意識、外から動機づけられた意識は、それ自身、単なる外面性となり、もはや意識であることをやめるからである)、あるいは、人間は全面的に自由であるか、そのいずれかである」(『存在と無III』p.42-43 引用同)

という。つまり、ここでは動機すらも否定されているんです。あらゆることが自己決定であり、自発性に基づくものである、と。あらゆることに自由である、ということが、意識の本質である、それゆえに、自分に関わるあらゆることは、自己決定に基づくものであるから、自分にはあらゆることに責任があるのだ、というふうに、この先つながっていきます。「或る意味で、私は、生まれたことについて選ぶ」(p.319)とまで。

そんなふうに考えていくと、「自由とは自由でありたいという精神が自由であること」というまとめはなかなか深いな、と思います。というのも、「自由でありたい」というのは、要するに外部からの束縛を逃れたい、という外的な要因から生じた意識です。けれども、人間の本来の意識、自由な意識というのは、そんな思いからも「自由であること」、つまり、三番目の「自由」というのは、要は "smoking free" の "free" と一緒で、“自由でありたい”という思いからすらも、自由であるのだ、と言っているわけですね。

さて、quotation サーチで"Sartre","freedom" で検索すると、山のようにヒットするのが
"Freedom is what you do with what's been done to you."
です。

「自由とは、あなたの身に起こったことに対してあなたのとる行動にある」ぐらいの意味でしょうか。これもおそらく直接の引用ではなく、第四部第一章IIIの「自由と責任」という箇所のまとめなのだと思います。

おそらく質問者さんはきっと、これは上記の言葉とはちがうとお考えで、この質問を立てられたのだと思うんですが、結局はおなじことを別の角度から言っているのだと思います。

だから、上記の英語をもとに、ご質問で書かれた文章を英訳してみると、
Freedom is what you are free from what you want to be free.
ということになるでしょうか。
何か、妙に格調高くないね……。いよいよサルトルから離れちゃったみたい。

以上、何らかの参考になりましたら幸いです。

> 「自由とは自由でありたいという精神が自由であること」

これはサルトルの言葉ではなく、サルトルが『存在と無』のなかで言った

「人間存在がまさに自己自身の無であるべきであるかぎりにおいて、人間存在は自由である」(『存在と無』第四部第一章I「行動の第一条件は、自由である」p.67 ちくま学芸文庫)

という言葉のなかの「自己自身の無」というところを、解釈して言い表した文章なのだと思います。

この「自己自身の無」というのは、

(1)人間存在は、その過去によって規定されるがままに行為をおこ...続きを読む

Qネットオークションでの とんでもない取引相手を教えて!

ちょっと探してみたのですが、同じ質問が無かったのでおたずねいたします。

私はネットオークション経験者で、取引回数は100回前後です。
今までは、幸いにトラブルもなく、ごく平凡に普通の取引をして来ましたが、

ネットオークション経験者の方で「とんでもない取引相手」を経験なさった方…
特に強烈な非常識人間などの体験談などを教えて下さい。(愚痴でもOKです)

今後の参考にさせて頂きますのでよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>その後どうなったか非常に興味があります
どうやって連絡先を突き止めたかには触れずに、普通に取引を進めたらどうなるか、相手の反応が見たくて面白半分で試したました。
しかし相手もさる者で、最初は多少驚いたものの連絡先の出所などには全く触れず「商品を取り寄せるまで一週間掛かります」と平然と言われました。
普通に接したため今更怒りを爆発させるわけにもいかず、穏便にキャンセルとなりました。
今思えば、最初に文句の一つも言っておけば良かったです…。
ちなみに連絡先は、出品者の評価から以前の取引相手の出品物の質問を利用し、事情を話して教えてもらいました(匿名で)。

話は変わりますが、出品者が負担する落札手数料や、何故か消費税を請求されたこともあります。
あと質問は有料ですとか…。

Q人間の自由

人間の自由とは、又、自由とは何か?

Aベストアンサー

自分の発言に誤解を招きかねない点があったので、補足します。
>つまり、責任は自由にによって得られるものではなく、負わされるものであるということです。
また、責任によって得られるものでもありません。

あと、もうひとつ。
自由とは制限のないものだともし思われているのなら、ozapanさんの言われるとおり、
>純粋に形式的な自由は成り立たない。必ず、何らかの形で統制原理を要請します。自由は制約を受けて初めて成り立つ。逆説的なものなのです。

しかし、それは人間(人の間<つまり人間関係の中にいる>)にとってとするからであり、人にとってとすれば、制限などありません。

そして、そういった制限のはずれた人は社会に適合できませんから、
犯罪者となる可能性を強くはらんでいます。

ですから、「人間の」という言葉がつくかつかないかは大きな問題ですので、
「又」などと同意のような言葉遣いをするのはどうかと思われます。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報