ほぼ2年前、たかのゆりの、エステのチケットを購入しました。
50万円払い、ボーナス分13万円がついて63万円相当のチケットです。
予約が取れなかったり、仕事が忙しかったりと思うように通えず、もうすぐ期限の2年になりますが、30万分くらいのチケットが残っています。
はじめから、「有効期限が二年(延長不可)」といわれていましたが、
なんだか納得できません。
お金は払っているのだから、きちんとサービスを受けられる権利があるような気がするのですが・・・。

法的にどうなのでしょう?
延長を求めることは可能でしょうか。
あるいは解約した場合、どれくらい戻ってきますでしょうか。
(もちろん向こうの言い分だと、戻らないらしいですが、最近のNOVA の判決などから、法的には中途解約も可能だとは思うのですが、実際弁護士を立てるほどの金額ではありませんし…)

この「有効期限2年」の根拠とは何でしょう?
たとえば「2年以内に施術を終わらせなければ効果が出ない」というような明確な根拠はないはずですが・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

エステ、英会話は、特定商取引法に該当しますので、


Novaの最高裁判決が参考になりますね。

エステだとこちらの質問も参考になるでしょう。http://oshiete1.goo.ne.jp/qa264031.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
NOVAの判決が、今の段階でどの程度影響あるのかは心配なところではありますが・・

お礼日時:2007/05/24 15:36

消費者センターに相談です


http://www.kokusen.go.jp/map/index.html

やり方は教えてもらえるはず 国の機関なので無料です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。よく考えてみて、行動するときはやはりそういうところのアドバイスなどをいただいたほうがよいのですね。

お礼日時:2007/05/24 15:38

まず、民事の基本は何事も「交渉次第」です。


法律が自分にとって不利でも、交渉次第でサービスしてもらえれば乗ればいいことです。また逆もしかり。

次、返品とは、「両者の合意のみ」です。
店側が、法律に定められた以上の返品をするのは単なるサービスです。
100均が返品不可だったりバーゲン品が断られるのは合法です。

金券の有効期限を制限する法律は一切ありません。でなければ、電車の乗車切符の有効期限が当日限りであるはずがありません。2日後でもいいじゃないかと言われます。

規約にあり、説明責任を果たしてもらい、納得した上で権利を放棄したのは消費者の自由です。

NOVAの件と全く同じではありません。

という基本的なことを頭に入れておいてから、まずは交渉を。お願いできますか?くらいのつもりで。

そこで相手がごねるようであれば、付け焼刃の法律知識で対抗するよりも第3者(消費者センターなどの専門窓口など)を巻き込んでください。
あなたの言うことよりも、専門家の言うことの方が、相手側に与えられる圧力が全然違います。
良くないところなら、ごねるだけごねて2年過ぎてしまいます。
どのように出てくるかだけ見極めてあとは専門家に丸投げするのが得策かと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やはり本格的に考えるなら専門家に相談がよいのでしょうね。

お礼日時:2007/05/24 15:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチケットを売る。

チケットを売るさいに、
高額で取引されるのって、
公演日何日前がいいのでしょう?

余ったチケットを売って、
他の公演を買いたいのですが。

Aベストアンサー

早いほうが良いですよ。
買うほうも都合がつけられ易いので。売れずに残ってしまったり
差し迫りすぎて買い叩かれる(値が上がらない)こともあります。
買うほうにしてみたら、売れ残りそうな時期に安く買おうという人も
いるでしょうが、良い席ならほって置いても高値になりますし。輸送トラブル等も考慮しても
少なくとも、1週間前には手許に欲しいでしょう。
逆算すれば、2週間前には出品されていることが必要かと。他の公演分を買いたいのであれば
なおさら早めに出品なさるほうが良いかと思いますが、2ヶ月以上先の
公演では予定が立ちにくいかもしれないので、少なくとも1ヶ月前くらいから落札相場をウォッチしておくといいかも。
参考URLでは落札相場がわかります。余り欲を出すよりも、それなりな
金額で折り合いをつけないと、損をすることになるかも知れませんので
お気をつけください。

参考URL:http://www.aucfan.com/

Q商品購入の予約を解約したい場合の法的根拠

「数ヶ月~半年以上先に新製品発売予定」とメーカーが発表した商品(非常識的に高価な物ではなく、日常的に市場に出回っている一般的な物品)を、発表直後に店頭で購入予約。しかし発表時点では商品の大まかな概略しか発表されていない。「発売直前になって詳細な仕様が発表され、その仕様に満足できなかった」あるいは「商品が手元に届いたところ思っていたイメージと違っていた」の理由で、結果として購入契約を解約したい。

このような場合に、購入予約が解約できるかどうかの法的根拠を知りたいです。

通販の場合は「特定商取引法」に、店舗が消費者に掲示すべき項目の中に「返品の特約に関する事項」があり、消費者はそこに書かれている記述に従って「解約できる、できない」を判断する、という事を調べたのですが、通販ではなく店頭での予約申込の場合は法的な縛りがどうなっているかを知りたいです。
通販の「特定商取引法」と同様に、店舗が消費者に「返品に関する事項」を掲示しなければならない規則があるのか。またクーリングオフとの兼合いも気になります。予約申込から商品発売まで数ヶ月~半年以上先、という期間の長さも関ってくるのか。

法律の名称と、条文までは必要ありませんが平易な言葉で「法ではこうなっている」と紹介していただけたらと思います。

「数ヶ月~半年以上先に新製品発売予定」とメーカーが発表した商品(非常識的に高価な物ではなく、日常的に市場に出回っている一般的な物品)を、発表直後に店頭で購入予約。しかし発表時点では商品の大まかな概略しか発表されていない。「発売直前になって詳細な仕様が発表され、その仕様に満足できなかった」あるいは「商品が手元に届いたところ思っていたイメージと違っていた」の理由で、結果として購入契約を解約したい。

このような場合に、購入予約が解約できるかどうかの法的根拠を知りたいです。

...続きを読む

Aベストアンサー

民法上は予約の時点で売買契約が成立しているともとれます。
その場合は、売買契約を解除するか、錯誤無効を主張するかということになります。

売買契約の解除は、双方に原状回復義務が生じますので、商品が未開封なら
「返品」と「返金」で済むこともあるかと思いますが、開封して使ったりすれば
商品自体を「原状」に戻す、つまり返品ができないということもあるでしょう。
その場合、結局その分の金額を返すということになり、
例えば1万円出して買った商品を返す代わりにカネで1万円を返し、
その代わりに支払った代金1万円を返してもらうということになります。
簡単に言えば、実質的に解除はできないということです。
返品できるかどうか商品の性質にもよるでしょうから、一概には言えません。

錯誤無効は、本件はいわゆる「動機の錯誤」というものにあたるので
主張できないと思います。

Qヤフオクでチケットを高く売る行為について

ヤフオクでチケットの落札金額が元の値段より相当高くなっているのを良く見かけます。売る側はそれを知っていて見る気がないのに転売目的で買ってチケットばかり売っているようです。
売る側も買う側も同じことなのでどっちもどっちですけれども、これはダフ屋と同じ、むしろ悪質な感じがするのですが、法律的にはOKなんでしょうか?取り締まりは全くないのでしょうか?
みんなが見たいイベントはどんどん取りにくくなってしまうのはしょうがないのでしょうか。

Aベストアンサー

多くのチケット販売会社では対策の為の規定を設けています。
下記はその一例です。(投稿制限のため一部省略しました)
第7条(禁止事項)
弊社から購入したチケットを、営利を目的として第三者に転売し、または転売のために第三者に提供することは禁止、 チケットを券面金額より
高い価格で転売し、または転売を試みる行為、オークションまたは
インターネットチケットオークションにかけて転売し、または転売を試みる行為についても禁止し 上記の行為が判明した場合、興行主催者が自らの判断でチケットを無効とし、チケット代金の返金を認めず、入場を認めないことがある。既に入場している場合には退場を命じられることもある。
最近の事例
http://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20061020&j=0034&k=200610200221
法律的に難しいのはダフ屋として取り締まるには
「不特定の人に転売する目的でチケットなどを購入する」行為か
「チケットなどを公共の場所で売る」行為のどちらかが適用できれば、
ダフ屋行為を摘発できるのですが転売する目的であったかどうかの
判断が難しいのです、例えば何十枚も売られているとか
スタート価格が定価を上回っている場合に限られてます。

多くのチケット販売会社では対策の為の規定を設けています。
下記はその一例です。(投稿制限のため一部省略しました)
第7条(禁止事項)
弊社から購入したチケットを、営利を目的として第三者に転売し、または転売のために第三者に提供することは禁止、 チケットを券面金額より
高い価格で転売し、または転売を試みる行為、オークションまたは
インターネットチケットオークションにかけて転売し、または転売を試みる行為についても禁止し 上記の行為が判明した場合、興行主催者が自らの判断でチケットを...続きを読む

Q「チケット転売禁止」の法的根拠

当方、某アーティストのライブに良席で参加したいのですが、それには、DVDを買って先行抽選予約のシリアルナンバーをゲットして応募する必要があります。複数公演あり、全公演を良席で見たいので、DVDを複数枚買って応募するつもりです。抽選で当選した中から一番いい席を自分用にとっておいて、あまったチケットはオークションやチケット転売サイトで売ろうかと思ってます。

そこで質問です。最近のチケットには「転売禁止」とか「転売チケット無効」とか書いてありますが、所有権が私(買い手)に移ったチケットを私がどう処分しようと(ダフ行為は除く)勝手だと思うのですが、法律的に「転売禁止」の根拠となる法律・憲法は何なんでしょうか?この点、解説をよろしくお願いします。

「転売禁止」文言は明らかに公序良俗の概念に反しているように思うのですが・・・

チケットを売ること自体が公序良俗に反しているのであれば、一元的独占的に売っているチケットぴあやeplusやローソンチケットは違法なことをやっていると解釈できないのでしょうか?

当方、法律の知識かでないため、やさしい言葉でお願いします。

当方、某アーティストのライブに良席で参加したいのですが、それには、DVDを買って先行抽選予約のシリアルナンバーをゲットして応募する必要があります。複数公演あり、全公演を良席で見たいので、DVDを複数枚買って応募するつもりです。抽選で当選した中から一番いい席を自分用にとっておいて、あまったチケットはオークションやチケット転売サイトで売ろうかと思ってます。

そこで質問です。最近のチケットには「転売禁止」とか「転売チケット無効」とか書いてありますが、所有権が私(買い手)に移っ...続きを読む

Aベストアンサー

真正に所有権を得ている場合、その所有にかかる物の処分については、所有者に広範な自由を認めています。従って、第三者に迷惑のかからない処分法であれば、自由に処分できます。
ここで、“第三者への迷惑”の例としては、自分の家(当然所有権を持つ)がいらないから、火をつけて燃やしてしまう、といった事です。
よって、“他人に売る”ことは適切な処分行為の一つとなります。

しかし、その物の処分に関して他者が制限する方法に、“契約”によるものがあります。
民法において、公序良俗や社会通念に反しない限り、“契約の自由”の原則により、当事者は契約内容を自由に決定することができます。そして、その内容に、“転売禁止”が謳われている場合、当然に当事者はその契約に拘束されます。
その結果、転売ができなくなります。

所有権があるので転売しても、懲役5年等の判決を受ける心配はありませんが、その契約に“転売した場合、チケットを無効にし、代金の10倍の違約金を請求する”などの規定があった場合、相手方はそれを実行する権利を持ちます。

よって、“法律的に「転売禁止」の根拠となる法律”は、民法です。

そして、“一元的独占的に売っているチケットぴあ”については、同様の理屈により、販売元と小売に関して、そのような“契約”を結んでいるだけです。

また、個人と業者で締結されている契約が違うことが、“平等ではない”と考えるのは、その不平等が法令に反している場合(例:旅館業法5条)や公序良俗に反する場合を除いて、契約当事者の“自由”です。

真正に所有権を得ている場合、その所有にかかる物の処分については、所有者に広範な自由を認めています。従って、第三者に迷惑のかからない処分法であれば、自由に処分できます。
ここで、“第三者への迷惑”の例としては、自分の家(当然所有権を持つ)がいらないから、火をつけて燃やしてしまう、といった事です。
よって、“他人に売る”ことは適切な処分行為の一つとなります。

しかし、その物の処分に関して他者が制限する方法に、“契約”によるものがあります。
民法において、公序良俗や社会通念に反しな...続きを読む

Qオークションでチケットを売る時の注意点

苦労してゲットしたコンサートのチケットなんですが、
急用でその日に行けなくなってしまい、
ネットオークションでチケットを売りたいと思っています。

そこで、ネットオークションでチケットを売る時に注意しなければならないことがあったら教えてもらいたいです。


・座席番号を隠す。
・定価以下で売り出す。


以外にあるでしょうか?
よろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

チケットは公演日があるためキャンセルとかされたら困りますよね。
●日以内に返事や入金がなければ落札者都合として取り消すとか、迅速な取引をしてくれる人だけとかそういう記載は必ずしておいた方が良いです。
あと相手の評価もしっかり見ましょう。

Q貸主の法的権利-無職者や服役履歴者を法的根拠に基づいて断る事は可? 

貸主の法的権利-無職者や服役履歴者を法的根拠に基づいて断る事は可? 
タイトルの通りですが、無職の方や前科のある方が賃借りを求めてきた場合に、それを「法的」な根拠でことわることはできるでしょうか?もしあるとしたらどのような法でしょうか?お詳しい方教えてください。
もちろんどんな立場の方であれ、断る権利はあるかと思いますが・・・

Aベストアンサー

>近年「消費者」の方が強く権利を主張する傾向を感じる世の中ですよね。良いのか悪いのか・・・

それは契約してしまった後のことですね。消費者の不利になる契約は無効とする消費者契約法の事を言われてるのでしょう?。

契約する前の段階においては貸主、売主にもできる事はたくさんあります。

不動産の賃貸であれば、家賃保証会社との契約を条件にするとか、家賃はクレジットカードからの引き落としを条件にするなどの工夫をすれば、かなりリスクを回避できると思います。

無職や前科のある人は契約行為はできません。などと法律で定めることは無理です。

なので契約条件のハードルを上げるしかありません。

Qいらなくなったチケットを金券ショップに売るには??

チケットを金券ショップに売ろうと
思います。
ショップに持って行くだけでいいのでしょうか??
ショップで買ったことは
あるのですが売るのは初めてなので
わかりません。
売ったことのある方、知っている方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あまり気がねなく金券ショップを利用されたらどうでしょうか?よく使いますよ~。
下に書かれているように犯罪防止の為にあなたの住所と名前を書いて欲しいと求められる事があります。
私が利用しているところでは金額に関係なく書かされると所と1回の取引が1万円以上だと住所と名前を紙に書くように提示されます。
ここで、住所などを詐称されると大変後ろめたいでしょうが、逆に名簿業者に流れてもなぁなどと…思いつつ真実を書いちゃいます。
それと、2件から3件で売る前に値段を聞ければ条件の良い方で買い取ってもらいましょう。合法的に取得したチケットなら何事もなく売買できるでしょうからあまり気になさらずに行ってみましょう。

Q商品の使用期限、有効期限等を決める法規制は?

商品の使用期限、有効期限等を決める際、それを規制するような法律があるのでしょうか?ありましたらお教え下さい。

Aベストアンサー

 口に入れるようなもの、たとえば食品や薬品は食品衛生法、薬事法などで細かい規定を置いています。それ以外のものでしたら、製造物責任法、民法の瑕疵担保責任で発売後、一定の期間内の事故について、製造業者や販売者に責任を課しています。

Qイベントのチケットを効率よく売るには?

私は学生なのですが、サークルの企画で今月末にクリスマスイベントを行います。
イベント内容など、演出面に関しては徐々に決まりつつあるのですが、肝心のチケットがなかなか売れません。
大学生のみのイベントなので他大学の文化祭に行ってチラシを配ったり、友達にイベントのメーリスを流してもらったり、mixiなどで告知を行ったりしていますが思うように効果が出ません。
また、学生なので資金面で苦しく、告知にあまりお金をかけることができないんです。
どのようにすればチケットをたくさん売ることができると思いますか?
回答お願いします。

Aベストアンサー

初めまして。スコンチョといいます。(^_^) 

>イベント内容など、演出面に関しては徐々に決まりつつあるのですが、
>肝心のチケットがなかなか売れません。

あなた自身が「買う立場」になってみれば分かると思いますが、「購入金額
+そこまで行くコスト<楽しい(or得する)」でなければ、買わないですよね。
厳しい話ですが、売れないと言うことは「楽しい(or得する)」という期待感
が乏しいと言うことなのです。とくに、今年初めての企画内容であれば、それ
を期待感で満たしてやることは、プロがやっても難しいモノなのです。

具体的にアドバイスしようにも、サークルや内容が分からなくては難しいので、
もう少し決定している内容を具体的に書かれて、再度質問し直されることを
オススメいたします。イベントには、来客が少ない・赤字でもやることに意義
がある場合(何らかの宣伝・啓蒙活動等)もあり、質問者さんや開催される皆さんの
目的から記載してもらったほうが、解答も書きやすいのです。

例) しっかり儲けたい、○○を知ってもらうために一人でも多く来て欲しい、
自分たちの活動の集大成として開催することに意義がある等々

ちなみに、告知(プロモーション)のテクニックにだけ長けていても、来た人
たちからひんしゅくを買うようなイベントは望んでおられないと思います。
イベントに対して他の人たちから反応が悪いのであれば、自分たちのできる範囲
で内容の煮詰め直しをされる方が、結果として得られるものが多いと思いますよ。

初めまして。スコンチョといいます。(^_^) 

>イベント内容など、演出面に関しては徐々に決まりつつあるのですが、
>肝心のチケットがなかなか売れません。

あなた自身が「買う立場」になってみれば分かると思いますが、「購入金額
+そこまで行くコスト<楽しい(or得する)」でなければ、買わないですよね。
厳しい話ですが、売れないと言うことは「楽しい(or得する)」という期待感
が乏しいと言うことなのです。とくに、今年初めての企画内容であれば、それ
を期待感で満たしてやることは、プロがやっ...続きを読む

Q自動車学校の卒業証明書の有効期限は1年であるが、その前に原付免許の期限が切れてしまう。

卒業証明書には「1年」と記載されていますが、添付書類(本面試験を受けるための)に印刷されている私の原付免許の更新期限が、今年の4月の誕生日(中旬)までとなっています。そこで質問ですが、

(1)原付免許の更新をしなかった場合、卒業証明書はどうなるのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

卒業証明書の免許証コピーは多分住民票の代わりなので、
更新しなくても住民票を持っていけば大丈夫だと思います。

それより、更新より前に試験を受けてしまうことを勧めます。

私も、「平日に試験場行けないよ」でずいぶん伸ばしてたので
わかりますが、さっさと取った方が気が楽ですよ


人気Q&Aランキング

おすすめ情報