スーパーでも、ホームセンターでも、調理器具の売り場にいくと、雪平鍋(ゆきひらなべ)っていう小型の鍋がたくさん売っていますが、あれはいったい何なのでしょうか?
雪平鍋自体は、もちろん自宅にもあるし、どこに行っても見かけるので、子どものころから知っているのですが、それを雪平鍋と呼ぶことを大人になってから知って、なんでそういう名称なのか、なんのためにそのような鍋が存在しているのかが気になって調べています。(純粋に知的好奇心からです)

名称については、在原行平(ありわらのゆきひら)という人に由来することがわかりましたが、
雪平鍋っていうと、必ず独特の模様?がありますよね。(全面を打ち出したような、あの小さな凹みのことです。)
あれは何か意味があるのでしょうか。

ただの「小型の鍋」というのではなくて、「雪平鍋」じゃないといけない(あるいは雪平鍋らなしめている)何らかの理由、要素がありますか?

また、雪平鍋と名乗るための条件というのがあるのでしょうか?

変な質問かもしれませんが、何かご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただければ感謝します^^

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

鍋の表面を打ち出し、強度を付けることで、アルミの欠点を補います。

また打ち出すことが表面積すなわち加熱する面積を増加させ、熱の伝導性をさらに高めます。
ということだそうです。

http://www.kodawariyasan.com/nakao/yukihira.htm
http://www.furaipan.com/shouhin/13arumi/arumi-yu …

この回答への補足

回答ありがとうございます。
なるほど、強度と熱伝導という効果があるのですね。
納得できました!

補足日時:2007/05/04 00:39
    • good
    • 6

日本由来の鍋で、熱伝導の良く軽いので重宝されていた鍋ですが、アルミに拒否反応がある方は避けたほうが良いともいます。

    • good
    • 0

専門家紹介

中西綾子

職業:料理講師

季節の食材を使った体に良い料理を心がけています。

詳しくはこちら

専門家

雪平鍋は行平鍋とも言うのは、調べられた通りです。

アルミの塊をハンマーで打って鍋にしていきます。そのときのあとがあのボコボコです。職人が手作業で作るいい雪平鍋はアルミが厚く、重さがあります。またあのボコボコをつけることにより、より熱の伝わりがよくなるので、煮物などで、ふっくらじんわり火がはいる効果があるんです。そのためにつけるものです。飾りではありません。
    • good
    • 4

専門家紹介

「いつもの料理がまんねり。」おまかせください。個人のお客様には料理講座・お菓子講座という形で、法人のお客様にはレシピ開発やレシピコンサルティングという形で、お手伝いさせていただいています。特に料理専門のスタッフがいない場合でもお気軽に単品からご依頼いただけ、またレシピの文字のみご提供から試食会までのフォローができます。撮影用料理製作はもとより、料理コンテスト審査員などもしております。

詳しくはこちら

専門家

補足。



本来の行平鍋・雪平鍋の要件は、辞書にある通り「陶製・把手・注口・蓋」ですね。
--------------------
『広辞苑』
ゆきひら‐なべ【行平鍋・雪平鍋】
 (在原行平が海女に潮を汲ませて塩を焼いた故事に因み、塩を焼く器から起った名)
 厚手で薄褐色の陶製の鍋。把手(とって)・注口(つぎぐち)・蓋のあるもの。主に粥用。ゆきひら。
--------------------
『大辞林』
ゆきひら【行平・雪平】
(1)⇒在原(ありわらの)行平
(2)〔昔、在原行平が須磨で海女(あま)に潮を汲ませて塩を焼いた故事に基づく〕
 粥(かゆ)などを煮るのに用いる、取っ手・ふた・注ぎ口のある陶器の平鍋(ひらなべ)。または、木の柄がついた、金属製の打ち出し鍋。行平鍋。雪平鍋。
--------------------

「雪平鍋」と書く理由については、塩を雪に見立てた「雪+平鍋」という説があるようです。
アルミ打ち出し鍋の雪平鍋は、打ち出し模様を雪になぞらえた説もあるようですが、たぶん後付けでしょう。

在原行平の時代にアルミ製打ち出し鍋はなかったので、「アルミ製」「打ち出し式」は必要十分条件ではないと思います、

この回答への補足

回答ありがとうございます。
みなさまの回答を総合してたどりついたわたしの推測ですが、

陶器の雪平鍋は、「雪平+鍋」(在原行平の鍋、の意味)
アルミ製の雪平鍋は、「雪+平鍋」(雪模様の平たい鍋、の意味)

かもしれないと思いました。
時代的にアルミ製のもののほうが後から出来たわけでしょうから、すでにあった「雪平鍋」の語を洒落で借りたのが定着したのかもしれません。

こんな憶測は置いておいて。みなさまの回答で十分に納得できる情報が集まりました。
大変感謝いたします^^

補足日時:2007/05/04 00:44
    • good
    • 3

本来の行平鍋(雪平鍋)は陶器製なのですが、


http://www.city.asago.hyogo.jp/kyoudorekishikan/ …
http://auction.jp.msn.com/pitem/52951603

現在は打ち出して作ったアルミ製の小型片手鍋を、一般に雪平鍋と呼んでいるようです。
同じアルミ製打ち出し鍋でも、両手鍋や寸胴鍋は雪平鍋と呼びませんね。

銅やアルミの打ち出し鍋の模様の意味は、既出の回答にある通りです。
鉄の打ち出し鍋(中華鍋など)もありますが、材質が固いので銅やアルミのような目だつ模様はできません。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
陶器の雪平鍋を拝見しましたが、面白く思ったのが、形状、用途ともにアルミ製のものとは違うのではないかということです。
てっきり、時代の変化で陶器からアルミ製に変わっただけと理解していましたが、おそらく、名前が同じだけで、別ものと考えてよいのではないでしょうか。

補足日時:2007/05/04 00:40
    • good
    • 6

雪平鍋はハンマー等でアルミの板を叩いて打ち出して作ります。


あの模様はその行程で出来るものです。職人が作る雪平鍋は本当に美しいですよ。

この回答への補足

なるほど、やはり作製の過程でできる模様だったのですね^^
補足の質問なのですが、打ち出してつくることが、雪平鍋の条件ということでよろしいでしょうか。
また、打ち出してつくることで、洋式の小鍋にはないメリットがありますか?

補足日時:2007/05/02 23:41
    • good
    • 5

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qステンレス鍋とアルミ鍋、どっちが使いやすい?

いま、ステンレス製の片手鍋を1つ持っているのですが、
お料理を同時進行させるためにもう1つ鍋を購入しようと
考えています。

ステンレス製の鍋は保温力&ふたの密閉力?が高くて、煮物には
向いていると思うのですが、すこし重い感じがします。
ですので、アルミ製は軽そうなので使いやすいのかな?でも
使ったことがないので、思わぬ欠点もあるのかも・・など
迷っています。

ステンレス製の鍋とアルミ製の鍋は、どちらが使いやすいと
思われますか? メリット・デメリットを教えてください。

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デメリット
・熱伝導が悪い
・重い(軽い物もありますが、薄すぎると調理にむいていません)
思わぬ欠点は、中国製などで非常に安い物は錆びたりすることもあります。
板厚が薄すぎると炎があたっているところが焦げやすいです。

アルミニウム
メリット
・熱伝導がよい
・軽いので扱いやすい
デメリット
・ステンレスよりやわらかいのでぶつけたりすると、へこみやすい。
・ステンレスと比べると保温性が低い。
思わぬ欠点は、板厚の極端に薄い物・その地域の水道水の塩素濃度が高いという条件がそろうと、「腐食」という現象を起こし、穴が開くことがまれにあります。

結果的には、みそ汁など短時間で簡単な料理はアルミニウムで、長時間煮込むような料理はステンレスで、というような感じです。

どちらにもいえるのは、購入するのであれば「国産」のもので、板厚は最低1mm以上あるものがよいと思います。

はじめまして

最初に補足ですが、アルミ鍋が有害なのではなく、アルミが有害です。
調理中にアルミが溶け出す量は極微量で、体に影響がでるほどは溶け出しません。
アルミニウムは自然界に多い物質ですので、薬や食料品等にも含まれており、鍋以外からの摂取量の方が多いと思われます、

本題です。
ステンレスのメリット
・丈夫で錆びにくい
・保温性が良いので、煮込む料理や保温調理にむいている。(これは板厚が薄い物は該当しません)
・IHに使用できる物が多い(使用出来ない物もあります)
デ...続きを読む

Qお米1合はご飯何グラムですか?

お米1合(150g)は炊きあがり後の「ご飯」になった時は大体何グラムでしょうか?
また、炊飯ジャーなどで、容量6L等とありますが、このリットルはどの状態の事を差すのでしょうか?(米?ご飯?、容積?)

Aベストアンサー

一合150gのたきあがりは約300gです。ちなみにお茶碗一杯150gおにぎり一個100gすし一貫20gカレー一人前300g弁当一個220gが標準です。

Q雪平鍋(行平鍋)について教えてください。

雪平鍋(行平鍋?)について教えてください。

1)通常フタ無しで売られているのはなぜですか?
 (合羽橋では別売のフタが売られていますがなぜですか?)
2)在原業平の兄弟の名前が語源というのは本当ですか?
3)もともとは海水塩作り用途の土鍋であったというのは本当ですか?
4)プロ用のアルミ打ち出し品は木製の柄が抜けるようになっていますがなぜですか?

Aベストアンサー

注ぎ口と取っ手があり、ふたのあるなべでを「ゆきひら」といいます。土鍋の一種です。
厚手につくられるので煮たものが冷めにくく、粥を炊くには最適です。

最近は、アルミ製のものが普及していますが、プロ用のものは、忙しい厨房で、手早く煮炊きするのに浅い鍋が使われ、それがたまたま「ゆきひら」に似ていたために「ゆきひら」と呼ばれているのでしょう。

オーブンに入れることもあります。
木製の柄はつけずに縁をヤットコでつかんで移動させたり、他の容器に移したりします。
よく似た形で、はじめから柄のないヤットコなべというものもあります。

蓋をして長時間煮るような料理にはあまり使われないようですが、煮物、汁物、ソース作りなど、料理の分野を問わず使用されています。次々と色々な料理に使われ、蓋をしている暇などないのでしょう。

行平の語源については、在原業平の弟・行平(ゆきひら)が須磨で海女に塩を焼かせた故事にちなむとも、煮たものの湯げのぐあいを〈湯気平(ゆげひら)〉と表現し、それを行平にしたなどとする説があるようですが、いずれも「ゆきひら」が『行平』とも『雪平」とも書けるためのこじつけでしょう。

「ゆきひら」は、天明(1781‐89)末ころから作られるようになったそうで(大田南畝の《一話一言》)在原行平とは、1000年近い年代のずれがあります。

「週刊文春」に「お言葉ですが」(高島俊男)というエッセイが連載されています。1月24日号(1月17日発売)は「漢字がらみ語源説」で、『日本の民間語源は漢字がらみが多い』『漢字がらみ語源説はたいがいマユツバだと思ったほうがいい』そうです。
「ゆきひら」について言及しているのではありませんが、興味があったらご覧ください。

注ぎ口と取っ手があり、ふたのあるなべでを「ゆきひら」といいます。土鍋の一種です。
厚手につくられるので煮たものが冷めにくく、粥を炊くには最適です。

最近は、アルミ製のものが普及していますが、プロ用のものは、忙しい厨房で、手早く煮炊きするのに浅い鍋が使われ、それがたまたま「ゆきひら」に似ていたために「ゆきひら」と呼ばれているのでしょう。

オーブンに入れることもあります。
木製の柄はつけずに縁をヤットコでつかんで移動させたり、他の容器に移したりします。
よく似た形で、はじ...続きを読む

Q雪平鍋のふた

母親に3つめの雪平鍋(サイズ違いの大きいもの)をもらって、
どう使って良いものか悩んでいます。

現在、小・中サイズの雪平鍋を使っていて
火の回りが良いのは実感しており、ちょっと湯がくときに利用していますが
蓋がついていないので、煮物などのときは使うのを避けています。
蓋がないと熱が逃げてもったいない感じもしますし・・
他の鍋の蓋を流用しても、形があわないので
水が端からこぼれる始末。

雪平鍋をうまく使いこなすにはどうしたらよいか、
蓋はあるのか教えてください。

Aベストアンサー

>蓋がいらない料理というのは、私なんかのレベルではほとんど思い当たりませんし・・
 あれば結構重宝する鍋です。少人数の味噌汁を作ったり、残り物を暖めたり、インスタントラーメンを作ったり・・

>煮込み料理に使うのは本来の役割ではないのですね。
 それはあります。煮込み鍋にはもう少し厚手のものがよいでしょう。業務用では段付の吹きこぼれしにくい鍋がありますが、すこし厚手のものがよいでしょう。それでも荷崩れを防ぐために蓋よりは落し蓋を使うことが多いでしょう。

 図は業務用の雪平鍋で、
・柄の取り付け部分が長めのテーパーになっていて、焦げて痩せたら先を切り落として叩き込んだり、簡単に交換できるようになっている。
・柄の取り付け金物が漏水を防ぐために鋲ではなく溶接でとめて、しかも鍋の縁にかかっています。
 横から見ると、柄の取り付け金物や注ぎ口の部分で段差があって、密閉蓋が出来ないのです。
 蓋がないというのは、そういう意味です。

Q健康を考えると何でできている鍋がいいのでしょうか?

家にある鍋(土鍋ではなく、日常調理に使う鍋のこと)が、古くなってきたので、いっそのこと、嵩張らないように一揃えで買い換えようかと考えています。
そこで、どういったものにしようかと迷っています。
使い勝手ももちろんなのですが、健康面を考えた場合、何鍋(ホーロー、アルミ、鉄、○○加工など)がいいものなのかというのも参考にして考えようかと思っています。
一昔前はアルミ鍋は良くないなんて言われましたが、その後、この説は下火になったことは知っています。
なんだかんだいって、あのうすっぺらいアルミ鍋で作ると調理しやすいものもあるし・・・。

健康を考えると、何鍋がいいという差はあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

アルミ鍋の害が下火になったのではありません、噂が下火になっただけです、アルミが溶け出す事で胃や記憶障害の引き金になると言う懸念は残っています、そのうちテフロン加工などはフッ素が融け出るなどと言い出すかも知れません、とにかく危ない懸念があるものは避けるべきだと思います、鉄、ステンレス、ホーローなどが無難な所ではないですか、先の回答者が述べられているように、外国産の怪しげなのも要注意してください。

Qパスタ一人前って何グラム?

これから茹でようと思うのですが・・
パスタ一人前って何グラムですか?

Aベストアンサー

女性の場合ですと、具にボリュームのあるようなタイプ(ナポリタンなど)は基本80g。
具にボリュームの無い、たらこスパやカルボナーラなどは100gが目安です。

あとはその人の食べる量により加減しますね。
何作るんでしょう?♪

Qカレーやシチューを作る時はなぜホーロー鍋がいいのですか?

よくカレーやシチューを作る時はホーロー鍋がいいと聞きますがその理由が知りたいです。アルミやステンレスではダメなのですか?。

Aベストアンサー

>よくカレーやシチューを作る時は[X]がいいと聞きますがその理由が知りたいです。[Y]や[Z]ではダメなのですか?。
X,Y,Z=[アルミ|ホーロー|ステンレス|銅]
のどれでも任意に入れて、説明可能な程度のものです。
それぞれの鍋の比較大文字は長所、小文字は短所
[アルミ]
A) 熱伝導性がよく、焦げにくい。特に流動性の低いものには良い。
B) 表面が不動態(酸化アルミニウム)に覆われていて、腐食しにくい
C) 軽い
d) 強い酸やアルカリに侵される。
e) 空焚きなどの強熱で溶けることがある。
f) 焦げ付いたり色がついたとき取りにくい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[ステンレス]
a) 熱伝導が悪く、焦げやすい。
b) 腐食に強い
c) 重たい
D) 比較的酸やアルカリに強い。耐酸性の高いモリブデンを含むものもある。
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[琺瑯(ホウロウ)]
a) 熱伝導が悪く、焦げやすい。
B) 腐食に極めて強い
c) 重たい
D) 酸に強い。アルカリには弱い。
e) 強熱に耐えられない
F) コゲや汚れが取りやすい
g) 急加熱、急冷、衝撃に極めて強い

[銅]
A) 熱伝導がよく、焦げない。
B) 腐食に強い
c) 重たい
D) 比較的酸やアルカリに強い。
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

[鉄]
A) 熱伝導が普通。
b) 錆びる
c) 重たい
d) 酸や塩に触れると錆びやすい
E) 強熱に耐えられる
F) コゲや汚れが取りやすい
G) 急加熱、急冷、衝撃に強い

 カレー用にスープを作る時点では、ホーロー鍋が良いでしょう。しかし、ルーを入れたとたんに、熱伝導が低いことが災いしてコゲつきやすくなります。コゲ自体は取り除きやすいが、ルーはだめになります。特にカレーは調理後半日以上置いて再加熱すると良いといわれますが、再加熱はホーローでは焦げ付いてダメです。
 一旦ルーになったものは、アルミか銅が良いでしょう。また、小麦をいためてルーを作るときは銅か鉄のフライパンでしょう。

 このように、一概に言えるものではありません。ただ、その鍋を売るときには、その鍋の長所だけを並べ立てることもあるやも知れません。

>よくカレーやシチューを作る時は[X]がいいと聞きますがその理由が知りたいです。[Y]や[Z]ではダメなのですか?。
X,Y,Z=[アルミ|ホーロー|ステンレス|銅]
のどれでも任意に入れて、説明可能な程度のものです。
それぞれの鍋の比較大文字は長所、小文字は短所
[アルミ]
A) 熱伝導性がよく、焦げにくい。特に流動性の低いものには良い。
B) 表面が不動態(酸化アルミニウム)に覆われていて、腐食しにくい
C) 軽い
d) 強い酸やアルカリに侵される。
e) 空焚きなどの強熱で溶けることがある。
...続きを読む

Q住民票、身元証明書を取る際に必要なもの

住民票と身元証明書を市役所に取りに行きます。印鑑などいるのでしょうか?必要なものを教えて下さい。

Aベストアンサー

H20.5から窓口での本人確認が法律で義務化されています。
つまり、本人確認のため、
運転免許証、パスポート、
住基カード、健康保険証などが必要です。
ただし、顔写真がないものは、複数の提示を求められることがあります。
あとは、ハンコと手数料ですね。

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q鍋とフライパンについて

最近、鍋とフライパンを買い替えようと思っています。
私は最近までよく知らなかったのですが、ステンレス・アルミ・テフロンの鍋は危険性があり使用するべきではないなどということを知りました。しかし調べてみると、他のものについても危険性があるということなので、買い替えるならどれを買えばいいかで迷っています。
(今現在使っているのは、ステンレスの鍋とテフロン加工のフライパンです。)
そこで、どのような調理器具を使用すればいいのか教えていただけるとありがたいです。また、皆様が普段どのような鍋・フライパンを使ってるかも教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイツだったか、脳の中のアルミニウムの蓄積とアルツハイマー病の関連を示す疫学データが公表されたことがあります。結果的に原因ではなく結果--アルツハイマー病になるとアルミニウムが蓄積するのであって、原因と結果が逆と言うことで現在は否定されています。もしアルミニウムが原因でしたら鍋から溶出する量よりもはるかに多い埃や・・・。アルミニウムも酸化アルミニウムの不働態(サファイヤやルビー)と同じ物で通常は覆われています。

テフロン:高温で熱分解させたときの生成物が問題になったことがありますが、通常の使用で問題になることはありませんし、テフロンか分解する260℃以上でテフロンが焼け焦げて剥離した状態になれば、その前に料理自体が「黒こげ」・・そんな物食べないです。
 ⇒アルミニウム/人体への影響 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8B%E3%82%A6%E3%83%A0#.E4.BA.BA.E4.BD.93.E3.81.B8.E3.81.AE.E5.BD.B1.E9.9F.BF )
 ⇒クロム/必須元素としてのクロム/クロムの毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%A0#.E5.BF.85.E9.A0.88.E5.85.83.E7.B4.A0.E3.81.A8.E3.81.97.E3.81.A6.E3.81.AE.E3.82.AF.E3.83.AD.E3.83.A0 )
 ⇒ポリテトラフルオロエチレン/毒性 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%95%E3%83%AD%E3%83%B3#.E5.AE.89.E5.85.A8.E6.80.A7 )

 以前本を書くときに随分と調べたのですが、残念ながら、鍋による健康被害の実例と言うものは寡聞にして聞いたことありません。

[鍋]はそれぞれの料理に適した物を使用するのが最善です。逆はダメです。その最も悪い組み合わせの例としては「テフロンのフライパン」ですかね。
 テフロンは上記のリンクをご覧になると分かるように耐熱性は260℃前後と考えられますが、フライパンを使う炒め物や炒りもの料理では、この温度に達することは多いです。そのために寿命がとても短いです。---だから、こぞってメーカーはテフロンのフライパンを販売する。--他の鍋の寿命は「末代物」くらい持つので回転率が悪く利益が上がりませんが、テフロンのフライパンは半年から数年で買い換えてもらえる。プロの厨房を覗いてテフロンのフライパンは見たことないです。--一週間持たない--。

フライパン:圧倒的に鉄です。空焚きにも耐えますし、焦げ付くこともない(使い方間違えなければ)。ソースやルーを作るときはアルミニウムや銅のフライパンを使います。熱伝導率( 熱伝導率 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%86%B1%E4%BC%9D%E5%B0%8E%E7%8E%87#.E5.80.A4.E3.81.AE.E4.BE.8B ) )が良いですから--フランス料理は銅、イタリアンはアルミという感じですね。
 また、玉子焼きにも同じ理由と色がきれいに出るので銅の玉子焼き鍋( https://www.google.com/images?hl=ja&q=%8B%CA%8Eq%8F%C4%82%AB%93%E7 )が多いですね。

煮物汁物:アルミニウムが良いですね。これに関してこそ!!テフロン加工がされていても良いです。洗い易く空焚きでもしない限り持ちます。表面をステンレスで覆った物もあります。ステンレスで覆われると熱伝導が悪く金属光沢があり冷め難い。
 この手の鍋のテフロンは本当に少なくなりました。一度買えば何十年も持つため利益が出ないために多くのメーカーは止めてしまいました。(業務用は多いです。)
 家庭用では、ホクアのマイスター( http://www2.hokua.com/houseware/?cat=5#info723 )とか、

炒め物:鉄の中華鍋、片手(北京鍋)、両手(上海)のどちらでも良いでしょう。底に角がなく全体が曲面なので混ぜやすいです。二周りくらい大きめなサイズを使うのがポイントです。
 https://www.google.com/images?hl=ja&q=%92%86%89%D8%93%E7

ステンレス/チタン:
 鍋の素材としては最悪です。熱伝導が悪く重いのが最大の理由です。そのためストックポット・キッチンポット、寸胴鍋のように保管やつくり置きのための容器や、粘性のないスープや出汁取りに使われます。家庭用としてなら、アルミニウムを間に挟んだ三層鍋でしたら良いでしょう。
 湯を沸かすだけとか、味噌汁とか粘度の低い調理専用になります。

 危険性は何にでもありますよ。大抵は売っている鍋と異なる鍋を攻撃するために恣意的に宣伝されることが多いです。
ステンレス:重金属であるクロム(Cr)の溶出かな(^^)。御存知(理科で学ぶ)のようにクロムは表面に酸化クロムの不動態( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8D%E5%83%8D%E6%85%8B )の強固な不溶性の皮膜を作りますから、それが水溶液中に溶出することはありません。そもそもクロムは必須元素ですから毒性はないし、もし溶出すればステンレスは錆びる---ですよ。

アルミニウム:二十数年前にドイ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報