今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

前年度の決算において、法人税等金額を約15万円と見込み、
法人税等充当額 15万円/未払法人税等 15万円
と仕訳して、計上しました。
しかし、改めて申告をすると法人税を計上しすぎたようで、法人税等充当額(未払法人税等)が五万円ほどあまってしまいました。
この残額をなくす(戻し入れをする)仕訳どのようになるのでしょうか?初学者のため、ネットなど調べましたが整理しきれませんでした。ご教授のほど、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

私なら未払法人税等が余っても気にしません。

次の決算で未払法人税等を差額補充(追加計上)するだけです。

しかし、余った未払法人税等を戻したいのであれば、

〔借方〕未払法人税等50,000/〔貸方〕法人税等充当額50,000

です。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございます

お礼日時:2007/05/12 16:56

仕分け上は普通に戻しいれてもらってかまいません。


この場合、特別利益で、別表では益金不算入で。
で今期の分を全額損金不算入に。


決算時に差額補充法で修正されたほうがいいとおもいますよ。
別表の加減算がややこしくなりますし。

差額補充の場合は、上積み部分を別表で損金不算入にしたら終わりですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
別表での調整も必要ですね。
参考になりました。

お礼日時:2007/05/12 16:55

通常ありえないことだと思うのですが、前期の決算において決算書の数字と法人税の申告書の数字に整合性がとれていなかったということでしょうか?


申告書の別表にも影響する可能性があるので、税理士さんが付いているのなら税理士さんに相談した方がよいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
でも、ある程度概算で法人税額等は算出するものと思うんですが。。。
初学者ですので、すいません。

お礼日時:2007/05/12 16:54

雑収入で

    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2007/05/12 16:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法人税の確定申告で、決算書と違う額になった場合の処理を教えてください。

法人税の確定申告で、決算書と違う額になった場合の処理を教えてください。

法人税の確定申告の際、税務署で計算を修正され、決算書で計上した金額より税額が高くなってしまいました。
この結果、事業税や都民税も高くなり、最終的に「法人税等」で計上していた額より1万円ほど多く払いました。

決算仕訳では「法人税等/未払法人税等」にしてあるのですが、支払った額を今年度経理で「未払法人税等/現金」で処理していいのでしょうか?(そうすると「未払法人税等」がマイナスで残ってしまいますよね?)
それとも、決算書の額より多かった約1万円分だけ別の勘定科目で処理するのでしょうか?

また、今年度末の決算時どのように処理すればよいのでしょうか?
前年度と同じ「法人税等/未払法人税等」で処理すると、どの年度の法人税かわからなくなり、
また来年の確定申告時に金額修正されそうで怖いです。

税理士さんなど、詳しい方に教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

ご質問の内容から、修正申告にかかるものとは思われませんでした。
例えば、決算時において
法人税等/未払法人税等 500,000
と処理しましたが、税額の計算に誤りがあって実際は510,000円となってしまった。
納税は正しい額(510,000円)で行いましたが、決算書等は補正をしないところで申告した。
との想定のもとに納税時の仕分けは
--------------------
【納税した時】
(借)未払法人税等 500,000 /(貸)預金 510,000
(借)租税公課 10,000
--------------------
つまり、未払法人税等に計上しなかった不足分の税金は、租税公課(あるいは仮払税金等)で処理しておけばよいと思われます。

Q未納法人税等と納税充当金の違いについて。税金税務

お世話になっております。
標題の件について、おおしえいただきたく。
法人税の申告書を作った事がない初心者です。

税務上の、納税充当金(資本計上)は、会計上の未払い法人税(負債計上)と同じものと理解しております。

ただ、未納法人税の意味が全くわかりません。
説明をみても、実額の未払税金については未納法人税等(純資産から控除)と記載されております。
(1)そもそも「実額の未払い税金」とは何なのでしょうか?
サイトで検索すると、納付期限の過ぎた税金等と記載されていますが、どういう意味か分りますでしょうか?
(2)納税充当金と未納法人税は同じではないのでしょうか?(違うみたいですが、なにがどう違うのかわかりません。)
また、私の頭の中では、同じものと思っているので、なぜ未納法人税等は純資産から控除されるのかが全くわかりません。

ぴんとはずれな質問で申し訳ございませんが、わかりやすく説明していただければありがたいです。
何卒、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

no1です。
自分で記載しておいて自分でも意味がわからなくなってきました。
安直に書きますと、
納税充当金は会社が経理した未払法人税(負債)
未納法人税は法人税の申告上、あなたの税金はいまいくら未納になっていますよという申告の表示上のものとおもってもらえればいいです。よって未納法人税に会社の仕訳はありません。
税務仕訳の負債と思ってもらえればいいです。

Q法人税等の算出方法

経理を担当する者です。
法人の利益計算では法人税等の額が決まらない限り当期利益は出ない
わけですが、どのようにして法人税等の概算金額をはじき出すのでしょうか?色々調べてみてピタリと合致させる方法と概算で近づける方法があるようですが実際申告書を作成したことがないものでいまいちわかりません。
概算で近づける方法で結構ですのでご存じの方ご教授下さい。

Aベストアンサー

方法は2.5種類

・簡単な方
 実効税率40%として、税引き前利益×40%で納税引当金を計上。

・チョットだけ面倒な方法
 実効税率を正式に算出して、あとは上と同じく概算の法人税等の額を納税引当金として計上。
 実効税率の計算式  
http://www.nomura.co.jp/terms/category/tax/jikko_zei.html
http://www.hiruta-kaikei.com/blog/tax_law/000139.htm

・最も信憑性の高い方法
 こちらは申告書を作った事の無い方等にはイメージが湧かず、理解しにくいのですが・・
1 法人税の確定申告に使用する別表を用意する。 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/shinkoku/itiran2008/01k.htm
2 法人税等を計算する前の試算表を用意した後、各別表(別表4を除く)に記載可能な数値を記入し、税務上の調整(加算・減算)額を算出する。[別表5-1や5-2は未完成]
4 上記の結果を別表4の各項目に記入。
5 仮記入による別表4の結果を別表1に転記し、法人税額を算出。
6 地方税の申告書用紙を各自治体のhpからダウンロード
7 上記のダウンロードした申告書用紙の必要項目に別表1に記載した「所得の額」及び「法人税額」を記入(分割法人の場合には、正しい割合で分割した金額も書く)し、地方法人税及び事業税の額を算出。
8 5番で算出した法人税と7番で算出した地方法人税+事業税の額を納税引当金として計上。
9 納税引当金の伝票を入れた後の試算表を作成。
10 最初に作った別表をコピーした後、9で作った試算表に基づき、別表記載金額を修正。
  →作成手順や計算に誤りが無い限り、別表4の最後の行は修正前(コピー)と一致。
 

方法は2.5種類

・簡単な方
 実効税率40%として、税引き前利益×40%で納税引当金を計上。

・チョットだけ面倒な方法
 実効税率を正式に算出して、あとは上と同じく概算の法人税等の額を納税引当金として計上。
 実効税率の計算式  
http://www.nomura.co.jp/terms/category/tax/jikko_zei.html
http://www.hiruta-kaikei.com/blog/tax_law/000139.htm

・最も信憑性の高い方法
 こちらは申告書を作った事の無い方等にはイメージが湧かず、理解しにくいのですが・・
1 法人税の確定申告...続きを読む

Q消費税・法人税の中間申告の納付時の仕訳のやり方について

いつもお世話になっております。
消費税と法人税(法人税・県民税・事業税・町民税)の中間申告納付時
の仕訳についてお聞きしたいのですが、ある会社では上記は全て、「仮払金」であげて、期末に処理しております。(実際の処理は税理士さんにお願いしております)
また、違う会社では、消費税については「仮払金」(資産)であげているのは同じなのですが、法人税については中間納付の時点で「法人税および住民税等」(費用)という科目で処理しており、同じく期末で税理士さんにお願いして最終処理しているようです。
仕訳の方法については特に指摘もないことから、この2社どちらのやり方でもかまわないの(間違いではない)だろうとは思うのですが、上記2社のやり方では法人税の期末の仕訳はそれぞれどのようになる(違いがある)のでしょうか?
実際の部分は税理士さんにお願いしていることから、期末の仕訳がどうなるのか、いまいちわかりません。
すいませんが、大まかでかまいませんので、期末の仕訳がどうなっていくのか教えていただけませんでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

・仮払金の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[仮払金]*****
           /[未払法人税等]*****

・法人税等の場合
期末決算時
[法人税等]*****/[未払法人税等]*****

Q事業税の勘定科目は、租税公課と法人税等のどちらが良いのか?

事業税を支払った時には、租税公課勘定で処理するやり方と、法人税・住民税及び事業税で処理するやり方と2通りあるようです。
しかし、租税公課勘定で処理すれば販売費及び一般管理費で計上されることになり、営業利益や経常利益、税引前当期純利益に影響が出るでしょう。これに比べ、法人税・住民税及び事業税で処理すれば、営業利益や経常利益、税引前当期純利益には影響が出ないでしょう。
決算にも違いが出てくるのでは?という気もします。
租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか?
この様なことに詳しい方がおられましたら、ご回答の程宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.1の者です。

ご質問内容が
> 租税公課勘定と法人税・住民税及び事業税で処理するのでは、どちらが(決算においても)解りやすく、賢いやり方なのでしょうか。また、一般的には実務においてどちらのやり方がとられているのでしょうか?
とのことだったので、先のようにお答えした次第です。(minosenninさん、ctaka88さん、フォローありがとうございました。)

「支払った時」の仕訳を問題にするのであれば、No.5のご回答のとおりです。

それから、2005年の質問については、この時点で既に、現行と同様、所得割とそれ以外について分けて表示することとされていました。そのため、リンク先のご回答は、いずれも分けていない点で正確ではありません。

最後に、No.1の回答中、「(利益に関連する金額を課税標準として課される所得税)」としたのは「(利益に関連する金額を課税標準として課される事業税)」の誤りです。お詫びして訂正いたします。

Q納税充当金の残高が残ってしまった場合

決算で計上する納税充当金(未払法人税等)を概算額で計上した場合、翌期に確定納付をした後には残高が残ってしまう場合があります。
その場合は戻し入れの仕訳をして未払法人税等の残高が0になるようにしますが、この場合の戻入額は損益計算書上、特別利益として税引前当期純利益より上の部分で計上するのでしょうか?
また、法人税等を引き当てる時は税務上別表四で加算調整をしますから、こういう場合の戻入額は減算調整ができるものと思われますが、税効果会計の影響は出るでしょうか。つまり、納税充当金戻入額は税効果会計において、圧縮積立金のように繰延税金負債の増加の要因となりうるのでしょうか?

難しい質問で恐れ入ります。

Aベストアンサー

こんにちは。

ただいま勉強中なので、差し出がましいかもしれませんが。。。
間違っているかもしれませんが、だれも返答をしないようですので。。。

法人税や住民税(事業税は除きます)は損金不算入ですので、戻し入れ時も益金には算入しませんので、減算調整をします。
これらの繰り入れ時、戻し入れ時とも永久差異に該当しますので税効果会計には影響しないものと思います。
参考:リンク先、Q6

詳しい方の補足があるといいのですが。。。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/5910_qa.htm

Q法人税・消費税修正申告納付の仕訳

税務監査が入り、前期分の法人税及び消費税の修正申告を
納付しなければならなくなりました。
処理後の仕訳の方法を教えていただけますでしょうか?

修正申告分法人税納付
法人税充当額 / 預金

修正申告分消費税納付
未払消費税 / 預金
それとも、租税公課など他の科目がよいでしょうか?

Aベストアンサー

消費税については、消費税に関する経理方法が税抜経理か税込経理かで取扱いが異なります。
税込経理の場合には回答No.1の方の回答にあるとおり損金経理を行うことになりますが、税抜経理の場合には、No.2の方が書いてあるとおり、その修正税額の発生原因に沿った計上が必要になります。
計上方法がわからなければ税務調査を担当した税務職員に確認すべきです。
税務調査で指摘があったときには、それについて今期はどのように経理すべきか、また今後同じようなことが発生した場合にどのように処理すべきかを徹底的に確認し、誤りをなくすことが必要です。

Q納税充当金について

 納税充当金について質問します。納税充当金は法人税の申告において出てくるものですが、これは一体どういうものなのでしょうか。納税充当金を立てるとき、仕訳は起こすのでしょうか。B/SやP/Lに計上してくるものではないので、いまいち内容がつかめません。実務初心者として悩んでいます。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

納税充当金はその期の所得にかかる法人税、住民税、事業税を実際に納付する期ではなくてその期の財務諸表に反映させる際に生じる科目です。
仕訳も当然発生します。
法人税等/未払法人税等
とか
法人税等充当額/法人税等充当金
という仕訳をします。
「法人税等」や「法人税等充当額」はP/Lの税引前当期利益の下に出てきます。
「未払法人税等」や「法人税等充当金」はB/Sの負債の部に出てきます。
この仕訳の「未払法人税等」や「法人税等充当金」が申告書の「納税充当金」に該当します。

Q法人市民税を支払った時の勘定科目は?

よろしくお願いします。

先日、職場で初めて決算をし、法人市民税を支払ったのですが
この際の勘定科目は、どのようにしたらよいのでしょうか?

自分なりに調べたところ、そのまま「法人市民税」で良さそうですが、
職場の会計ソフトにはその科目がなく、代わりに
「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」と「3 法人税等調整額」という科目があります。

3はその名前の通り、調整した時に使う勘定かな?と思いますので、おそらく1か2だと思うのですが、どちらを使うのが適当でしょうか?
(1と2って、使い方はどのように違うんでしょうか・・?)

初歩的な質問でお恥ずかしいのですが、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

「1 法人税、住民税および事業税」と「2 法人税等」は同じです。「1 法人税、住民税および事業税」が長ったらしいのに比べて、「2 法人税等」の方が短く簡明なので「2 法人税等」を使う会社が多いです。

法人市民税を支払ったとき、

(1)発生主義の仕訳:
〔借方〕未払法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

(2)現金主義の仕訳:
〔借方〕法人税等OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

Q納税充当金について

納税充当金について
不慣れな決算の最中です。
前期 納税充当金の残が2700円あります。
今期の申告で税額が決まったら  法人税等 ○○○ / 納税充当金 ○○○  の仕訳をしますが
前期の納税充当金の処理が分かりません。
教えてください。

Aベストアンサー

#3です。回答が違っていたので全面的に書き変えます。↓

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

前期の納税充当金の残は2700円です。

今期の法人税等の確定申告合計額を100,000円とします。
中間申告納税額はゼロとします。

今期の決算では次のように仕訳をします。

〔借方〕納税充当金 2,700/〔貸方〕過年度法人税等 2,700
〔借方〕法人税等100,000/〔貸方〕納税充当金100,000


※今期の法人税等を「法人税等」で処理します。先期以前の法人税等は「過年度法人税等」という科目を新設して処理します。
※「納税充当金」という科目は余り使われなくなりました。「未払法人税等」を使う会社が多いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

失礼しました。


人気Q&Aランキング