土地の売り主が権利証書を紛失したため、司法書司が保証書を作成すれば移転登記ができるらしいのですが、司法書士へ支払う代金は売り手が払うべきか買い手が払うべきかわかりません。また、土地の売買には、当事者と不動産業者のほかに司法書士も立ち会わなければならないのでしょうか。どなたか教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 まず、権利書の紛失による保証書の作成費用は売主負担です。

手続きは不動産の所有者2名を保証人として保証書を作成しますがこの2人に対するお礼金が費用のなかで必要となるのです。通常一人当たり2から5万円が相場ですが司法書士の事務所でこのケースを想定して保証人は用意しているので新たに探すよりは安くできるはずです。
 買主として必要なのは所有権移転登記と借り入れ(ローン)するのであれば抵当権抹消と司法書士に対する報酬などです。この手続きは一般人にもできなくはありませんが指定された書式や必要書類の不備などで登記が遅れるケースがありますのでやはり、司法書士に任せた方がよいのではないでしょうか。司法書士によって報酬の部分が安くしてくれるところはあります。
 売買に立ち会うかどうかですが契約時ではなく、残金決済時に立ち会ってこれらの手続きをすることとなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
たいへん参考になりました。

お礼日時:2001/01/20 20:39

さっきの回答の補足です。



charchさんは買主さんですね?間違えちゃいました。

以下、修正部分です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
立ち会う必要性ですが、「売主」が「自分に必要」とするか
どうかは「売主」が決めることですので、「買主」として
一方的に「立ち会わせたくない」とは言いにくいですね。

しかし「買主」の方では自分の手続きを司法書士に依頼しない
自由はありますから、全て自分でできるのならそれでもOK
だと思いますよ。

書類を作成して法務局に提出することと、司法書士に費用を
払って代行してもらう のとを秤にかけて、どっちにするか
ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あと、抵当権の設定費用があれば普通は「買主」負担です。


osapi124でした。
    • good
    • 0

まずどちらが支払いをしなければいけないのか、という問題ですが、これはそれぞれのケースによって変わってくるでしょう。

売主側がこの機会にどうしても売却したいということであればもちろん支払い義務は売主にあると思います。ただ売主があまり積極的でなく買主側がどうしても売って欲しいということであれば買主側で負担することもやむを得ないのではないでしょうか?他の方もおっしゃってますが、原則としては権利証を紛失した売主側が支払わなくてはいけませんが。
次に、司法書士立会いの問題です。結論から言うとこれは必ずしも必要ではありません。ただ、不動産の売買には「登記」が必要です。通常の売買では売渡し、所有権移転、さらにローンを組まれる場合には抵当権の設定と3点の登記をする必要があります。売主、買主、不動産業者のいずれかにこれを完璧にできる人間がいるのならば司法書士は必要ないでしょう。これは事実上不可能ですのでやはり不動産の売買には司法書士の立会いが必要なのです。
    • good
    • 0

通常、自分の名義にするために行う「所有権移転登記」にかかわる


費用は移転を受ける「買主」が負担するのが普通です。

ただし、売主が自分のものであることを証明できるに足る書類を
完備していない場合、それを用意するための費用については、
「売主」が負担するのが通例ですね。
従って権利書を紛失したのであればその保証書に関する費用は
「売主」が負担すべきと思います。「印鑑証明書」の発行費用
と同じように。

また物件に抵当権がついている場合にも、その抹消に関わる
費用は「売主」が負担するのが普通です。

つまり、「売主」は、すぐに移転できる状態を完備した書類を
「買主」に交付するところまでを負担することが求められると
思いますよ。

ただ法律で決まっている訳じゃないし、全額買主負担じゃなきゃ
売らない!という売主もいることはいますが、ちょっと特殊な
ケースですね。

立ち会う必要性ですが、「買主」が「自分の登記の為に必要」
とするかどうかは「買主」が決めることですので、「売主」
として一方的に「立ち会わせたくない」とは言えません。

しかし「売主」の方では自分の手続きを司法書士に依頼しない
自由はありますから、全て自分でできるのならそれでもOK
だと思いますよ。

保証人を自分で探して、頼んで、書類を作成して法務局に
提出することと、司法書士に費用を払って代行してもらう
のとを秤にかけて、どっちにするかですね。

osapi124でした。
    • good
    • 0

売主が本来持っているべき権利証を失くしたのですから、売主負担が原則です。


また、土地売買に必ずしも司法書士が立合う必要はありませんが、いるとその場で書類の不備の確認が出来ますので、何か問題があって書類の補正が必要になった場合にはその場で処理してもらうことができ、便利です(重要な問題が発生して移転登記や抵当権設定登記ができないと土地決済自体が中止と成りかねないこともあります。)。いてもらうのが普通です。
    • good
    • 0

権利証を紛失したのは売主ですから、保証書の作成費用は


売主が負担するのが当然だと思います。保証書を作成して
初めて売買の話に入るのですから。
売買には、取引を安全確実に行うために、司法書士が立ち会うのが普通です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の発想で、「権利」(right)は"come true"するものでしょうか?

高校生用の検定教科書に次の問題がありました。

日本語の意味になるように、語句を並べかえなさい。
・彼女は自分の権利が実現するよう求めた。
(for, asked, true, to, her right, she, come)

正解はShe asked for her right to come true. としか考えられませんが、英語の発想ではたしてright(権利)はcome trueするものなのでしょうか? 直感的には変な英語のように思いますが、いかがでしょうか?

Aベストアンサー

google 検索で下記の "right to come true" の文例を見つけました。如何でしょうか。

According to the UN Declaration of Human Rights, every person has the right to social security but much work is needed to make this right to come true. At the moment social security covers less than one fourth of the world population.

Q去年の10月末に土地の売買を行い、11月始めに土地の権利書は2週間足ら

去年の10月末に土地の売買を行い、11月始めに土地の権利書は2週間足らずで家に郵送されました。
12月に着工し、今年の2月の上旬に建物の引渡しがありました。
が、いまだに建物の権利書が手元に届きません。
建築会社の担当に問い合わせを数回しましたが、色々と手続きがかかりもう少し待ってくださいとの返答ばかりです。
こんなにも建物の権利書ができるのは時間がかかるのですか??
手元に権利書がないので、不安です。

Aベストアンサー

新築建物の場合、まずは表示登記というのを行い、建物の概要(所在地、構造、床面積など)を登記します。
そして次に、保存登記というのを行い、あなたがその建物の所有権者である旨を登記します。
保存登記を行うことにより、登記識別情報(昔でいうところの登記済証、いわゆる権利書)が発行されます。

表示登記には図面等も必要なため、やや面倒くさいですが、そんなに時間を要するほど大変な手続でもなく、ましてや手慣れているはずの建築会社が3か月かかってもできないってことはありません。
サボっていたとしか思えません。
(ちなみに、表示登記は完成引渡後1か月以内に行わなければならないこととなっております。)

先方が「もう少し待って下さい」と言ってることから、登記申請手続がまだ行われていない(登記がなされていない)ものと思いますので、おそらく登記事項証明書(登記簿謄本)を取得することはできないでしょう。
そのため現在のあなたには、第三者に建物の所有権を証明するすべが無いこととなりますので、建築会社をせかして早めに手続してもらうようにした方が良いと思います。

Q私たちが権利を与えられることで責任を感じるためでもあります。 英語で言うとどうなりますか?

私たちが権利を与えられることで責任を感じるためでもあります。

英語で言うとどうなりますか?

Aベストアンサー

Rights given are always with responsibilities taken.

Q土地の権利書が無くても土地の名義変更は出来るのか?。そして、税金は?。

 土地の権利書が紛失された状態です。
 この土地を息子に名義変更したいんですが、どうすればいいでしょうか?。
 まず、出来るんでしょうか?。
 やはり、息子に名義変更させるとなると「相続」という形になるんでしょうか?。 
 相続となるといかにも税金が発生しそうな感じがするんですが、発生するんでしょうか?。

Aベストアンサー

名義変更されたいという事ですが、
名義変更登記をするにあたっては
登記原因が必要になりますが、移転できる登記原因に
よって権利書が必要である場合とない場合があります。
質問者さんが生存している状態で100%移転できる
メジャーな原因は下記のようなパターンがあります。

(1)売買を原因とする所有権移転
(2)贈与を原因とする所有権移転

(1)と(2)ではその後の手続きが違います。
勿論登録免許税も(1)と(2)では違います。

また相続を原因とする場合は質問者さんは死亡していなければ
認められません。

また(1)と(2)では登記済証として権利書が必要となりますが、
保証書で変えられるのは他の方と同意見です。
相続を原因とする場合は必要ありません。

ただし来年の4月から現在の登記済証(権利書)の制度および保証書の制度が事実上無くなります。

詳しくは司法書士または最寄の法務局へお尋ね下さい。

Q権利、フィーに関する覚書を英語で

始めて質問をします。
プロダクトデザインの仕事をフリーでしているのですが、最近海外からの仕事が増え、きちんとした英語表現に困っています。
「デザインフィーはFOB価格の・・%とする」
「生産中も生産終了後も著作権はデザイナーに帰属する」
を覚書としての英語にしますとどうなりますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仕事上の覚書ということですから、将来問題ないように『~する』は法律文書では義務を表すshall を使うべきと思います。従って、

「デザインフィーはFOB価格の・・%とする」
The design fee shall be xx% of the FOB price.

「生産中も生産終了後も著作権はデザイナーに帰属する」
The designer shall retain the copyright (of the product) during and after its production.

Q司法書士会の登録について

司法書士会に登録されていない司法書士の人に建物の登記を任せても大丈夫でしょうか?

土地を登録するときに、司法書士会に登録されていない司法書士の人はやめたほうがいいとアドバイスされたこともあります。

今回建物を登記しようとしているのですが、工務店より紹介された司法書士の人が司法書士会に登録されていなかったので、非常に不安です。

その人は怪しいので変えてください、と言うと、工務店との関係が悪くなりそうなので、どうしようかと悩んでおります。

司法書士会に登録されているかどうかは重要なことなのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

司法書士は「登録されないと仕事ができません」。

司法書士の資格を持っているだけでは仕事ができず、司法書士会を通じて登録を行った初めて「合法的」に職務ができるわけです。

司法書士会に登録していない人は「司法書士」ではありません。
ただの一般人と同じです。


ところで、建物を「登記」するにあたっては「2段階」の登記を行うことになります。

第一段階は、「建物の構造床面積等」の形状などを「登記」する「建物表示登記」というものです。
建物の測量を行い、図面を作成し、「建物表示登記」を行うのは「土地家屋調査士」の「職務」です。
この登記は「司法書士にはできません」のでご注意下さい。

第二段階の「誰の所有物であるかを登記する」、「所有権保存登記」や担保をつける「抵当権設定登記」については司法書士の職務になります。


一般に土地や建物の形状等の「物理的現状」についての登記を「表示登記」といい、これらは土地家屋調査士の職務になります。

これに対し、所有権や抵当権などの「権利に関する登記」については司法書士の職務になります。

弁護士を除く他の資格ではこれらの登記を「職務」として行うことは「法律で禁止」されていますので、ご注意下さい。

司法書士は「登録されないと仕事ができません」。

司法書士の資格を持っているだけでは仕事ができず、司法書士会を通じて登録を行った初めて「合法的」に職務ができるわけです。

司法書士会に登録していない人は「司法書士」ではありません。
ただの一般人と同じです。


ところで、建物を「登記」するにあたっては「2段階」の登記を行うことになります。

第一段階は、「建物の構造床面積等」の形状などを「登記」する「建物表示登記」というものです。
建物の測量を行い、図面を作成し、「建物表...続きを読む

Q譲渡証書の登録権利者と登録義務者の英語

商標登録を譲渡する際の譲渡証書ですが、登録権利者と登録義務者の英語で悩んでます。
obligee of registration, obligor of registrationで良いでしょうか?
商標権の登録の際の権利と義務なので、他に特別な英語があるのではと。。。

Aベストアンサー

補足のコメント見ました。

ある州では次のように書いてあってとても分かり易いと思います。

Assignee (new owner of trade name)
Assignor (current owner of trade name)

日本の頭の固い人の中にはもっと堅苦しい言葉のほうがいいと思う人がいるかも知れませんが、英語に決まった言い方はないようなので、堅苦しく分かりづらいよりは簡単明快のほうが良いと思います。

Q司法書士について

土地購入をします。仲介で不動産屋が入って
います。売買契約まで済ましてあり、これから
残金決済と移転登記を控えています。
 そこで、ちょと質問なのですが司法書士は
一般的に誰が選ぶのでしょうか?
今回は不動産屋の紹介で決まりました。
その場合、この司法書士の方を確認する方法を
教えてください。(例えば顔写真付の司法書士
証明書があるとか・・・)
 それから土地購入の経験者の方、注意点
失敗談などありましたら助言よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>一般的に誰が選ぶのでしょうか?
買主が選びます、知合いがなければ不動産屋さんの紹介でもいいでしょう
>この司法書士の方を確認する方法を教えてください。
司法書士の事務所に許可証があるでしょうし、司法書士事務所協会に
お聞きになれば分かります。
不安なら取引き銀行に聞かれるといいですよ。
私は借入の関係で銀行に紹介受けました。
できれば代金の交換は銀行で行うか
司法書士の事務所がいいです。
でも大金でしょうから銀行が安心ですよ。
では!

Q英語キーボード

適当な中古PCをネットで探していたところ、英語キーボード/WIN-XP(英語版)付き、というものを見つけました。

仮に、このPCに日本語アプリをインストールすると普通に使えるのでしょうか?また、OSを日本語版に入れ替えた場合キーボード操作等で不都合が出てくるのでしょうか?
他に考えられる不都合も含めて教えて頂ければ幸いです。
尚、OSを使用する上での権利等についての問題は省いて頂きたく思います。

Aベストアンサー

>このPCに日本語アプリをインストールすると普通に使えるのでしょうか?
文字化けする可能性は在ります。
又、市販の日本語ソフトは、英語OS上での動作を保証していない場合が多いです。

>OSを日本語版に入れ替えた場合キーボード操作等で不都合が出てくるのでしょうか?
日本語変換に関するキーが無いので、一部制限は有りますが、使えます。
結構英語キーボードを愛用している人も多いです。

尚、リカバリディスクしか無い場合、OSを市販のモノに入れ替えると、ドライバが入手出来ない場合もあるので、事前にご確認下さい。


尚、保証やサポート等も確認した方がいいですよ。

Q不動産(中古)購入時の司法書士からの見積もりに関して

1290万円の中古マンションを購入しましたが、
不動産屋経由で司法書士からの見積書が来ました。
土地が7分割されているとの事ですが妥当な価格でしょうか?

所有権移転(区分建物)報酬額:58690円

所有権移転(区分建物)登録免許税または印紙税等
              :28100円

所有権移転(土地7筆)報酬額:58690円

所有権移転(土地7筆)登録免許税または印紙税等
              :23500円

立会・調査・日当・交通費・郵送料
           報酬額:25000円

事前謄本       報酬額:7760円

事前謄本       登録免許税または印紙税等
              :8000円

登記完了謄本     報酬額:7760円

登記完了謄本     登録免許税または印紙税等
              :8000円

+消費税5% = 233,395 円


細かく明細を出しているのでそこは良かったのですが、不動産取得税などはまた別途になるのでしょうか。金額的には妥当なラインでしょうか?よく分らないのでプロフェッショナルな方、アドバイス下さい。よろしくお願いします。

1290万円の中古マンションを購入しましたが、
不動産屋経由で司法書士からの見積書が来ました。
土地が7分割されているとの事ですが妥当な価格でしょうか?

所有権移転(区分建物)報酬額:58690円

所有権移転(区分建物)登録免許税または印紙税等
              :28100円

所有権移転(土地7筆)報酬額:58690円

所有権移転(土地7筆)登録免許税または印紙税等
              :23500円

立会・調査・日当・交通費・郵送料
   ...続きを読む

Aベストアンサー

順番変えさせていただきました。

税金関係は、

所有権移転(区分建物)登録免許税または印紙税等
              :28100円
所有権移転(土地7筆)登録免許税または印紙税等
              :23500円
事前謄本       登録免許税または印紙税等
              :8000円
登記完了謄本     登録免許税または印紙税等
              :8000円

登録免許税は固定資産税評価額が不明なのでわかりませんが、これをごまかすことはないのでまあ妥当でしょう。
謄本は土地7+建物ですから8000円かかりますから。登記前後では必ず取得しますし。

司法書士への報酬関係が、

所有権移転(区分建物)報酬額:58690円
所有権移転(土地7筆)報酬額:58690円
立会・調査・日当・交通費・郵送料
           報酬額:25000円
事前謄本       報酬額:7760円
登記完了謄本     報酬額:7760円
>+消費税5% = 233,395 円
これは報酬にかかっている税金ですね。

少し高いなぁと思いますよ。後半の25000円がちょっと余分ですよね。
謄本取得で一通当たり970円というのも少し疑問がありますけど、、、

その司法書士の事務所の場所から物件は遠い場所なんでしょうか?法務局がその事務所の所轄内ではないとか?
遠い場合は足を運ばなくてはならないし、やってもらう内容によってはまるで高すぎとはいえませんが、でもやっぱりすこし高いなぁ。消費税入れて全部で17万近くですもね。

安いところなら報酬は10万位でできるような...ただあくまで地元法務局で出来る場合です。地元法務局でなければ少し割高だけど全くおかしい数字でもないでしょう。

不動産取得税は都道府県から連絡が来ます。まったく別です。
固定資産税の清算は売主とご相談下さい。これも別です。

順番変えさせていただきました。

税金関係は、

所有権移転(区分建物)登録免許税または印紙税等
              :28100円
所有権移転(土地7筆)登録免許税または印紙税等
              :23500円
事前謄本       登録免許税または印紙税等
              :8000円
登記完了謄本     登録免許税または印紙税等
              :8000円

登録免許税は固定資産税評価額が不明なのでわかりませんが、これ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報