ゲゲゲの鬼太郎の前身といわれるこの2作品?ですが
検索してみると「墓場の鬼太郎」というのと「墓場鬼太郎」というのが出版されてるようです。
この二つには違いがあるのでしょうか?
また話の大筋を教えて下さい。

また鬼太郎の左目がない理由について、公式に2通りのものがありますが
どれがどの作品だったのでしょうか?

・墓石に目玉をぶつけて潰した。
・未熟児でもともとなかった。

宜しくお願い致します・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

『墓場鬼太郎』は貸本劇画時代の鬼太郎シリーズの題名です。



昭和34年・兎月書房刊『妖奇伝』掲載「幽霊一家」、「幽霊一家・墓場鬼太郎」

昭和34年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「地獄の片道切符」、「下宿屋」、「あう時はいつも死人」

昭和35年・三洋社刊『鬼太郎夜話』掲載「吸血木と猫娘」、「地獄の散歩道」、「水神様が町へやってきた」、「顔の中の敵」

昭和37年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「怪奇一番勝負」、「霧の中のジョニー」

昭和39年・佐藤プロ刊『墓場鬼太郎』掲載「おかしな奴」、「ボクは新入生」、「アホな男 怪奇オリンピック 」

昭和39年・東考社刊『墓場鬼太郎』掲載「ないしょの話」

で、これらの貸本時代の作品を最近では角川書店で復刻し、『貸本まんが復刻版 墓場鬼太郎』のタイトルで販売しています。

『墓場の鬼太郎』は昭和40年に講談社『週刊少年マガジン』で不定期連載がされた当時のタイトルです。「手」から「ぬらりひょん」までです。そしてアニメ放送が決定した際に、「墓場」という言葉がアニメ向きでないという理由により、「毛羽毛現」からタイトルは『ゲゲゲの鬼太郎』に変更さました。現在アニメなどでおなじみの鬼太郎のイメージは、このマガジン版の鬼太郎でしょう。
 なお、マガジン掲載と同時期に青林堂『ガロ』では貸本時代の鬼太郎のリメイク作品として『鬼太郎の誕生』、『鬼太郎夜話』が掲載されます。
 その後、鬼太郎シリーズは小学館『少年サンデー』や講談社『コミックボンボン』などの子ども向け作品から、日本ジャーナル出版『週刊実話』、光文社『宝石』などの大人向け作品まで、さまざまな形で発表されます。


 鬼太郎の片目ですが、兎月書房「幽霊一家」では、母親の死体から三日後に、墓場から生まれた時点で鬼太郎は片目でした(その後『ガロ』でリメイクされた『鬼太郎の誕生』・『鬼太郎夜話』では、誕生シーンは兎月書房版を下敷きにしています)。

 佐藤プロ「おかしな奴」では、墓場から生まれた鬼太郎を水木青年が投げ捨てた時に、墓石に目をぶつけて片目となります(昭和55年、小学館刊『鬼太郎なんでも入門』に掲載された鬼太郎誕生は、佐藤プロ版を下敷きにしています)。

 角川書店『怪』22号で、貸本版鬼太郎が作品によって、いやそれどころか同じ話の中で、コマによって鬼太郎の片目が左右逆転するシーンがあります。その理由を水木しげる御大に尋ねたところ、「当時、忙しかったから適当に描いたんでしょう。ワハハハハ」という、フハッとするしかない答えでした。御大の作風からすれば、さもありなんでしょうね。
    • good
    • 1

ただ、好きなだけで、詳しいわけではありません。


「墓場鬼太郎」がマイナー誌で、発表した作品で、「墓場の鬼太郎」がメジャー誌マガジンで、発表された作品では、ないでしょうか。

左目についてですが、漫画の設定が前者で、アニメの設定が後者なのではないでしょうか。
私も長いこと、目玉のおやじが鬼太郎の左目なのだと思っていました。
水木しげる記念館が正式に否定していますね。
記念館にも、生原稿の展示があまり、無かったように、思うのですが、初期になれば、なるほど、もっと、おどろな感じです。

参考URL:http://www.top-page.jp/site/page/mizuki/complete …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「墓場の鬼太郎」と「墓場鬼太郎」

ゲゲゲの鬼太郎の前身といわれるこの2作品?ですが
検索してみると「墓場の鬼太郎」というのと「墓場鬼太郎」というのが出版されてるようです。
この二つには違いがあるのでしょうか?
また話の大筋を教えて下さい。

また鬼太郎の左目がない理由について、公式に2通りのものがありますが
どれがどの作品だったのでしょうか?

・墓石に目玉をぶつけて潰した。
・未熟児でもともとなかった。

宜しくお願い致します・・。

Aベストアンサー

『墓場鬼太郎』は貸本劇画時代の鬼太郎シリーズの題名です。

昭和34年・兎月書房刊『妖奇伝』掲載「幽霊一家」、「幽霊一家・墓場鬼太郎」

昭和34年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「地獄の片道切符」、「下宿屋」、「あう時はいつも死人」

昭和35年・三洋社刊『鬼太郎夜話』掲載「吸血木と猫娘」、「地獄の散歩道」、「水神様が町へやってきた」、「顔の中の敵」

昭和37年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「怪奇一番勝負」、「霧の中のジョニー」

昭和39年・佐藤プロ刊『墓場鬼太郎』掲載「おかしな奴」、「ボクは新入生」、「アホな男 怪奇オリンピック 」

昭和39年・東考社刊『墓場鬼太郎』掲載「ないしょの話」

で、これらの貸本時代の作品を最近では角川書店で復刻し、『貸本まんが復刻版 墓場鬼太郎』のタイトルで販売しています。

『墓場の鬼太郎』は昭和40年に講談社『週刊少年マガジン』で不定期連載がされた当時のタイトルです。「手」から「ぬらりひょん」までです。そしてアニメ放送が決定した際に、「墓場」という言葉がアニメ向きでないという理由により、「毛羽毛現」からタイトルは『ゲゲゲの鬼太郎』に変更さました。現在アニメなどでおなじみの鬼太郎のイメージは、このマガジン版の鬼太郎でしょう。
 なお、マガジン掲載と同時期に青林堂『ガロ』では貸本時代の鬼太郎のリメイク作品として『鬼太郎の誕生』、『鬼太郎夜話』が掲載されます。
 その後、鬼太郎シリーズは小学館『少年サンデー』や講談社『コミックボンボン』などの子ども向け作品から、日本ジャーナル出版『週刊実話』、光文社『宝石』などの大人向け作品まで、さまざまな形で発表されます。


 鬼太郎の片目ですが、兎月書房「幽霊一家」では、母親の死体から三日後に、墓場から生まれた時点で鬼太郎は片目でした(その後『ガロ』でリメイクされた『鬼太郎の誕生』・『鬼太郎夜話』では、誕生シーンは兎月書房版を下敷きにしています)。

 佐藤プロ「おかしな奴」では、墓場から生まれた鬼太郎を水木青年が投げ捨てた時に、墓石に目をぶつけて片目となります(昭和55年、小学館刊『鬼太郎なんでも入門』に掲載された鬼太郎誕生は、佐藤プロ版を下敷きにしています)。

 角川書店『怪』22号で、貸本版鬼太郎が作品によって、いやそれどころか同じ話の中で、コマによって鬼太郎の片目が左右逆転するシーンがあります。その理由を水木しげる御大に尋ねたところ、「当時、忙しかったから適当に描いたんでしょう。ワハハハハ」という、フハッとするしかない答えでした。御大の作風からすれば、さもありなんでしょうね。

『墓場鬼太郎』は貸本劇画時代の鬼太郎シリーズの題名です。

昭和34年・兎月書房刊『妖奇伝』掲載「幽霊一家」、「幽霊一家・墓場鬼太郎」

昭和34年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「地獄の片道切符」、「下宿屋」、「あう時はいつも死人」

昭和35年・三洋社刊『鬼太郎夜話』掲載「吸血木と猫娘」、「地獄の散歩道」、「水神様が町へやってきた」、「顔の中の敵」

昭和37年・兎月書房刊『墓場鬼太郎』掲載「怪奇一番勝負」、「霧の中のジョニー」

昭和39年・佐藤プロ刊『墓場鬼太郎』掲載「おかし...続きを読む

Q同じ作家さんの作品でも「この作品が好きで、この作品が嫌い」って事ありますか?

漫画家さんは、いろいろな漫画を出していますが、同じ人の作品でも、あれが好きで、これが嫌いって言う経験を教えてください。
話がつながっている、何とかの続編はやめてください。
例、グラップラー刃牙→バキ
キン肉マン→二世
ジャングルはいつもハレのちグゥ→ハレグゥ
南国少年パプワ君→PAPUWA、等です。
また続編じゃなくても、シリーズになっているものもだめです。
例、パタリロ→パタリロ西遊記
ドラゴンボール→ネコマジン等
同じ作品の序盤と後半もやめてください。たとえばドラゴンボールの初期が好きで、後半(アニメで言えばZ)が嫌いと言いった感じ。

Aベストアンサー

まあ、長くやってる漫画家さんのだと結構あると思いますよ。
初期の作品が好きで現在のは駄目とか、その逆のパターンとか

私の場合、漫画家での選別でなく作品の傾向といったほうがいいですね
ギャグ(特に下ネタ)のみというのは好きではないです。
永井豪
好き「デビルマン」「手天童子」等
嫌い「オモライくん」「キッカイくん」「イヤハヤ南友」等
市東亮子
好き「やじきた学園道中記」「BAD BOY」
嫌い「ラーメン・ラビリンス」「バトルフィンガーファイブ」

Q「墓場鬼太郎」のようなダーク版、大人版が見たいアニメは?

数日前、「墓場鬼太郎」が深夜に放送されているにも関わらず、5% 前後の高視聴率をとっているという記事を見ました。「鬼太郎」の他に、ダーク版、大人版として作成してほしいアニメはありますか?既存のアニメのリメイク、又は漫画からのアニメ化のどちらでも構いません。

個人的にはもっとダークなルパンIII世、あるいはカムイ外伝かなと思ったのですが。

もし「墓場鬼太郎」のように少し変えたタイトル案もあれば、教えてください(正確には鬼太郎は「墓場鬼太郎」の方が先ですが)。

「それいい!」と同感させてくれるような本気回答でも、笑わせてくれるようなネタの回答でも、どっちでもいいです。

Aベストアンサー

いきなり否定から入ってしまいますけれど、あの「墓場鬼太郎」はとてもがっかりさせられました。本来の原作を好きな方は見ないのではないでしょうか?
全く知らなかった方の為に。。。という事も考えられますが、とても中途半端で、水木しげるさんの作品への誤解を生むと思いました。

変な古いイメージのフィルターをかけただけで、キャラクターの在り方は今の「アニメ」の持つ「幼さ」を引きずっていると思います。「萌え」といっても良いでしょうね。。。

あの黒と白の世界観を表すにはよっぽど違った考えで作らないと表現できないと思います。あの独特の殴り書きの様な味も同様ですね。

もし漫画の雰囲気を壊さずに映像化してもらえるのなら、短編もそうですが、「河童の三平」なども観てはみたいです。。。
あの「墓場鬼太郎」と同じでしたら反対ですけれど。

あとはこれも難しいでしょうけれど、楳図さんの物も観たいですね。。。
「おろち」とか「笑い仮面」とか・・・。

新しい所では「富江」ではない伊東淳二さんの物ですかね。

白土三平も良いですけれど、昔のモノクロでも十分良かったですよ。
今の「萌え」でやられたらがっかりすると思いますけれど。。。

いきなり否定から入ってしまいますけれど、あの「墓場鬼太郎」はとてもがっかりさせられました。本来の原作を好きな方は見ないのではないでしょうか?
全く知らなかった方の為に。。。という事も考えられますが、とても中途半端で、水木しげるさんの作品への誤解を生むと思いました。

変な古いイメージのフィルターをかけただけで、キャラクターの在り方は今の「アニメ」の持つ「幼さ」を引きずっていると思います。「萌え」といっても良いでしょうね。。。

あの黒と白の世界観を表すにはよっぽど違った考...続きを読む

Q「こなみかなた」さんの作品で

チーズスイートホームを買って読んだら
作者の名前に聞き覚えがあったのですが
どうしても思い出せません

検索してもふくふくにゃーんなどの
ネコのマンガしか出てきませんでしたがそれではない
のです
これら以外にマンガ描いてた気がするのですが
どなたか知りませんか?

かなり昔児童向け?の雑誌
りぼんかなかよしで連載していたような・・・
検索しても出てきません
掲載されていたマンガはコミック化してないようです

自分の記憶に自信がないので
もしかしたら記憶違いかもしれません
覚えてる事と言ったら
何かの本?か雑誌?で「ペンネームを逆から読むと
本名」だと言うのを読んだ事があるだけです

もしHITする情報あったら教えて下さいませ

Aベストアンサー

不完全ですが、1980年代の“こなみかなた”さんの作品リストです。(出版社はミッシィ・ASは主婦と生活社、それ以外は全て講談社です)

『プチねこジャムジャム』(※デビュー作)
1982~1987年・なかよしDXに連載
『それいけ!ちゅっちゅ』
1983~1984年3月号・キャロルに連載
「ぐうたらミニちゃん」
1984年4月号・キャロルに掲載
『かわいそ山のオニ子ちゃん』
1984年5~7月号・キャロルに連載
『マリコのあひる』
1985年~1986年・Me-twinに連載
「きーこ&もも」
1986年・なかよし12/10増刊に掲載
『ワクワクぽん』
1986年~1988年10月号・ミッシィに連載
『ふくふくふにゃーん』
1986年~・MEに連載
『ふくふくにゃーん』
1988年5月号~・Me-twinに連載
「天の光 地の星」
1988年3月号・ミッシィに掲載
「楽しいデートをするために・・・」
1988年7月号・ミッシィに掲載
「女の子だから知りたいっ!!」
1988~1989年・AS No.1、No.2に掲載
『春まき小麦』
1988年11月号~1989年3月号・ミッシィに連載
「ホーラドラキュラ」
1989年・ミステリーミッシィNo.1に掲載

不完全ですが、1980年代の“こなみかなた”さんの作品リストです。(出版社はミッシィ・ASは主婦と生活社、それ以外は全て講談社です)

『プチねこジャムジャム』(※デビュー作)
1982~1987年・なかよしDXに連載
『それいけ!ちゅっちゅ』
1983~1984年3月号・キャロルに連載
「ぐうたらミニちゃん」
1984年4月号・キャロルに掲載
『かわいそ山のオニ子ちゃん』
1984年5~7月号・キャロルに連載
『マリコのあひる』
1985年~1986年・Me-twinに連載
「きーこ&もも」
1986年・なかよし12/10増刊に掲載
...続きを読む

Q漫画を無料で読めるサイトにたどり着いてしまいました

漫画を買おうと通販サイトを探していたら無料で全巻読めるサイトにたどり着いてしまいました。

もちろんそこでは読みません・・・
読んだら最低な人間になってしまう。
でも何か複雑です、自分は買ったりお金払って漫画喫茶に行ったりしてるのに多くの人はそうやって無料で読んでるのかな・・・と
もし皆さんがほしい漫画を買えるサイトを探していて無料で読めるサイトを見つけてしまった場合どうしますか?
買いますか?それとも誘惑に負けて無料で読んでしまいますか?

Aベストアンサー

人間性の話ですよね。ただそれだけ。それ以上でもそれ以下でもない話。

漫画喫茶も行きませんし、私は立ち読みもしません。

なお、ご存知かどうかわかりませんが、書籍のダウンロードも、漫画喫茶で読むのも、ブックオフで買うのも、著作権者にとっては、同等の行為ですよ。この点は、動画や楽曲と違います。

Q「小山田いく」の作品で女子プロレスが扱われた作品を教えてください 昔の

「小山田いく」の作品で女子プロレスが扱われた作品を教えてください 昔の連載読みきりに何点か
載っていたそうです、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

昔からの「小山田いく」ファンで、コミックスは大概(近年のホラー系以外は)は持っているのですが、女子プロレスを扱った作品は見つかりませんでした。
すくらっぷブック 全11巻
星のローカス 全5巻
ぶるうピーター 全8巻
ウッド・ノート 全8巻
きみはノルン 全3巻
もののけトゥモロウ 全1巻
きまぐれ乗車券 全1巻
どん亀サブマリン 全1巻
マリオネット師 全11巻
ろこモーション 全3巻
霊能バトル 全3巻
フォーナが走る 全4巻
合歓レポート 全1巻
ラスト☆シーン 全1巻
迷い家ステーション 全5巻
風の宿 全8巻
衆楽苑 1~2巻
むじな注意報! 全5巻
Queen Bee 全1巻
生命のダイアリー 全1巻
アニマルDr.由乃 全1巻
衆楽苑 全1巻
小山田いく選集1気まぐれ乗車券 全1巻
小山田いく選集2五百羅漢 全1巻
小山田いく選集3~6すくらっぷブック 全4巻
上記コミックスには収録されていません。

未収録では、1982年4月に当時の週刊少年チャンピオン増刊号に掲載された「ダスト・ジャケット」という作品があります。もしかしたらこれかも。
当時読んだと思うけど記憶に無いので自信はありません。

参考URL:http://www002.upp.so-net.ne.jp/monkeymc/oyamada/oyamada.html

昔からの「小山田いく」ファンで、コミックスは大概(近年のホラー系以外は)は持っているのですが、女子プロレスを扱った作品は見つかりませんでした。
すくらっぷブック 全11巻
星のローカス 全5巻
ぶるうピーター 全8巻
ウッド・ノート 全8巻
きみはノルン 全3巻
もののけトゥモロウ 全1巻
きまぐれ乗車券 全1巻
どん亀サブマリン 全1巻
マリオネット師 全11巻
ろこモーション 全3巻
霊能バトル 全3巻
フォーナが走る 全4巻
合歓レポート 全1巻
ラスト☆シーン 全1巻
迷い家ステー...続きを読む

Q大人がゲームや漫画を読んだりするのは変ですか?

大人がゲームや漫画を読んだりするのは変ですか?

正月に母のお兄さん家族と弟家族が我が家に集まりました。お兄さんのお嫁さんがゲーム、漫画を所有していた我が家に一言「大人になってゲーム、漫画はおかしいでしょ、もう卒業しなきゃ」と言われました。大人がゲーム、漫画を所有するのは変ですか?母方の親戚の子供は皆成人しています。やはり二十歳を過ぎた大人がゲームや漫画を読んだりする事は変なのでしょうか?

Aベストアンサー

変だと思う人もいますね。
私の弟の奥さんはそういうひとなので弟はTVゲームやマンガを禁止されています。かわいそうに。

大人になったら
襟の無い服を着るのも、額が髪の毛で隠れているのも、ロックを聴くのも、アリの観察をするのも、ゴルフをやらないのも、ジーンズをはくのも、実用書以外の本を読むのも、お笑い番組を見て笑うのも
変だと言う人は世の中にいます。

色々な人がそれぞれ色々なことについて「大人になってそれをやるのは変」と言います。

でも、他人の言う「変」をいちいち気にしていたら楽しい人生は送れないので私は気にしないことにしています。
法に反していたり倫理的に間違っていないなら何を楽しもうと良いじゃありませんか。

私は50歳を過ぎていますがTVゲームもやるしマンガも読みます。
同世代の友人たちはTVゲームをやるひとは少ない(ファミコンが発売された当時、私たちは既に大人でした)ですが、マンガを読むひとはたくさんいます。
もっと若い(と言っても40代、30代ですが)友人たちのなかでゲームもやらなければマンガも読まないというのはごく少数です。

まあ類は友を呼ぶと言いますから似たような人間とばかり友人なんだとは思いますが。

で、そんな友人たちが社会的にダメな人間かと言えば決してそんなことはなくて、私以外はたいてい経済的にも社会的な地位でも成功者の部類だったりします。

ま、たしかにマンガやゲームが好きでダメな大人もたくさんいますが、大人のたしなみとされる競馬やプロ野球観戦や家庭菜園なんかをやっているひとのなかにもダメな大人はうじゃうじゃいるわけで。

変だと思う人もいますね。
私の弟の奥さんはそういうひとなので弟はTVゲームやマンガを禁止されています。かわいそうに。

大人になったら
襟の無い服を着るのも、額が髪の毛で隠れているのも、ロックを聴くのも、アリの観察をするのも、ゴルフをやらないのも、ジーンズをはくのも、実用書以外の本を読むのも、お笑い番組を見て笑うのも
変だと言う人は世の中にいます。

色々な人がそれぞれ色々なことについて「大人になってそれをやるのは変」と言います。

でも、他人の言う「変」をいちいち気にして...続きを読む

Qこの作品の「タイトル」「著者」をご存知ありませんか?

先日、ふと思い出したけど、「結末」を読んでいません。
できれば「読んで」結末を知りたいのですが、「タイトル」「著者」「出版の有無」がわかりません。

1.ここ10年くらいの青年誌連載していた。
「モーニング」か「ビッグコミック系(スピリッツ?)」。
2.登場人物(10名くらい)は統廃合で現在は無くなった小(中?)学校の同窓生。
3.悪魔or宇宙人と「才能」の取り引きをしている。


「タイトル」「著者」「発行(出版)社」「出版の有無」をご存知の方、
よろしくお願いいたします。
(くれぐれも「結末」ではなく・・・ ^^)

Aベストアンサー

スピリッツに連載されたものです。
「古林仁史」の「星にねがいを」だと思います。
単行本も全1巻発売されていますよ。

この人は読みきりのホラーが多いですよ。
ほかの作品も面白いので、読んでみてください。

Q「ゲゲゲの鬼太郎 最強妖怪軍団! 日本上陸」で猫娘と踊っていた妖怪の声優は誰?

タイトルの通りなのですが、家でビデオの整理をしていたら、
この映画の終盤辺りの録画映像が残っていて、ふと見ていたら気になってしまいました。
あんな特徴的な外見なのに素敵な渋い声…とても気になります。
しかし、スタッフロールが録画されていなかったので調べる手段がなくて困っています。
(それ以前に、この妖怪の名前も知らないのですが…)

■その妖怪の外見の特徴
左右大きさの違う目。眼鏡のようなフチがあり、鼻まで続いている。
口はタラコ唇。三角のギザギザ牙が上下にはみ出している。
体色は全体的に深い緑色。

映画の最後に出てくるお祭りで、猫娘と踊っています。
顔をすり寄せたり、愛の言葉(?)を囁いたりしますが、猫娘は嫌がっています。


■一応映画の大まかな内容
妖怪を反物に変えてしまう中国妖怪と戦う鬼太郎たちの話。
その反物で仕立てた浴衣を着た夢子たちは、中国妖怪に操られてしまう。
鬼太郎たちも1度は反物にされてしまうが、何とか中国妖怪たちを倒すことが出来た。
最後は妖怪たちと人間たちが一緒のお祭りを行う。

Aベストアンサー

三度すいません…。
井戸仙人の声優を八奈見乗児がやっていたのは第四期でした。
映画の内容は第三期ですから、「青野武」さんのほうかもしれません。
ちなみに声はこちら。
http://www.aoni.co.jp/talent/0242503.html

Q「無限の住人」「シグルイ」と似たような漫画作品

「無限の住人」「シグルイ」と似たような漫画を教えてください。

・昔の日本の時代
・刀の戦いだと尚良いです
・(戦い方が)ファンタジーのようなそうじゃないような
・エロ//グロがきちんと描かれてる(切った時肉の断面が見えてるとか、臓物とか)

という感じです。

ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ケダマメ」とか?
http://spi-net.jp/weekly/comic039.html


人気Q&Aランキング

おすすめ情報