痔になりやすい生活習慣とは?

薬草から造られるというリキュール、シャルトリューズは、健康によさそうですが、本当に健康に良いのでしょうか?
シャルトリューズ修道院では、体の為に毎日どの位飲んでいるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「リキュール」ということですから、当然、「アルコール」飲料ですよね。



こと、健康飲料とか健康食品と言われる物に対しては「効果」を多大に期待する方が多く見受けられますが、どこまで利用するかが問題です。「健康によいか?」という質問に関していえば、あなたの場合は「薬草から造られているからいいのではないか」という発想からきているようですが、はっきりいえば、いくら薬草と言われる物が入っていても、過剰に何らかに期待して飲むことに「意味はない」と言って良いでしょう。
そして、いくら「修道院」という言葉が宣伝文句であったとしても、修道院では、中世、すでに”収入源”としてアルコール飲料を造っていたそうで、あくまでも宗教的要素ではなく、そこの人達の単なる「生活手段」に他なりませんので、それ以上のことを期待なさっているのであれば、誤解のないようにご判断ください。

日本で、薬局で販売される薬酒はありますが、それでも体に合わない人やアルコールで酔っぱらってしまって支障が出る人はいます。薬の副作用と同じと思えばいいでしょう。

健康飲料といっても、薬物と同様に「万人に合うか」は不明で、薬草が使用してあるといっても”企業秘密”みたいで何が入っているかもわかりませんから、ちまたにある、ただの「西洋のハーブ(風味)酒」と変わらないと思った方がいいのではないでしょうか。実際、あくまでも単なるリキュールとして飲まれています。
”ダイエット効果”をうたい文句にしたサイトも見受けられますが、甘みを単なるシロップ(砂糖)でつけているとすれば、それも疑問です。ハーブの効果を過剰に宣伝したと思われますが、第一そんな強烈な「薬効?」があるならば、日常で一般人が自由に利用できる訳がないのでは?とも思います。

名前から製造元はフランスとわかりましたが、そもそもアルコール度数は高くて非常に甘く「リキュールの女王」と言われる物だとか。また、「ブランデーをベースとして、アンゼリカ、クローブ、コリアンダー等の130種類のハーブを加えて5回の浸漬と4回の蒸留を経て調製」という製造法や使用している薬草からいっても、これを健康酒と考えて良いかと思いますね。少なくとも、ソムリエの紹介では、その様な内容にはふれておりません。たまたま、そのハーブの入った風味が格別だという事でしょう。

副作用を考えるべき漢方薬とちがい、一般的に野菜と同様に利用するレベルの西洋ハーブをアルコールにつけこんで”風味をつける”というのは家庭でもやる事です。利用している物も、日本で通常販売される程ごく一般的なハーブみたいで、特別な「効能」(日本では販売者なら表現自体が厳禁です)をうたっているわけではないですね。実際に、単純に酒屋さんが輸入販売していますから、そのあたりでも「健康を考えるものではない」ともいえます。もし効果を宣伝しているなら「薬物」であり、成分はきちんと公表しなければならないはずです。

ちなみに、ハーブでも、ワーム・ウッドという殺虫効果のある物を使って、お酒を昔は造っていたようですが、毒素があるということで現在は本に記述があるだけです。ビールに使うホップだって、実はハーブの一種ですが、これでアレルギーの出る人すらいるようですよ。
こういった事を考えれば、普通に一般的に輸入できて、カクテルにも利用するようなリキュールですから、これを特別な「薬酒(健康酒)」と思うのは間違いと言えるのではないかと思います。
ただ、「入手が非常に難しくなった」というお話で、非常に高価ではありますけれども。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早急で、丁寧なご回答、どうも有難うございました。
薬草だからといって、あまり健康には期待しないほうがよさそうですね。
薄めて食前酒か、そのまま食後酒として頂くことにします。

お礼日時:2007/05/06 19:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q体に良いお酒ってあるのでしょうか?

体に良いアルコールってあるのでしょうか?たとえば、適度な赤ワインなどはポリフェノールですっけ?が体に良いとか聞いたことがあります。
私はお酒大好きな三十代の女性です。好きといっても飲みすぎは良くないと思っているので、飲み会以外の家にいる普段の日はお風呂あがりにビールの500ミリ缶一本を飲んでいる程度です。
今日友人と話していたのですが、友人は焼酎党で、焼酎なども体にいい成分が入っているとか言っていました。
せっかくの一日のしめのお楽しみの時間。少しでも体にいいものをとって、有意義に過ごしたいと。
知識のある方ご返答ください。
ちなみに、ワインは苦手です。

Aベストアンサー

私もワインは苦手です。
ワインを飲んだ時が、一番悪酔いします。
「ワインは体によい」とよく言われますが、フランスなどワインをよく飲む地域の人に、肝硬変が多発しているという話も聞きます。
 要は、「どのお酒が体によい」ということではなく
飲み方の問題ではないでしょうか。
 酒は、適度に飲めば、血液中の善玉コレステロールを増やし、動脈硬化の予防になるといわれています。
反対に、アルコールは高カロリーですから、飲み過ぎれば当然、エネルギー過剰となり、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やし、動脈硬化を引き起こす原因となります。もちろん、肝臓にも良くありません。
 どんな種類の酒でも「適量を守る、魚類など良質の動物性タンパク質を豊富に含む肴を必ずいっしょに摂取する、週2回は『休肝日』を設ける」ということを心がければ、酒は実に体にも、心にもよいものとなるでしょう。


人気Q&Aランキング