タンパク質をトリプシン分解した後に、RP-HPLCでその分解物を分離し、それぞれ分取したいのですが、各ピークがかなり重なってしまいます。
何か良い分離条件はありませんか?
再クロマトなども考えたのですが、カラムが1つしかないためグラディエントを変えることぐらいしかできません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

専門ではなく、またどのようなタンパク質かわかりませんが、以下のサイトは参考になりますでしょうか?


1.http://www.shiseido.co.jp/s9904hlc/html/html500/ …
(カゼインのトリプシン分解物)
2.http://www.gak.co.jp/TIGG/TIGG44/44MR4j.html
(ヒアルロニダーゼ: 化学的、生物学的、臨床学的概説)
3.http://bio.takara.co.jp/catalog/application.asp? …
(N-acetyl基のデブロッキング法)

ご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございました。
まさにカゼインをトリプシン分解していたので非常に参考になりました。

お礼日時:2001/01/19 09:28

カラムを別のもので打つのが一番簡単だと思いますが、ないならば。

現在の条件がわかりませんので何ともいえませんが、グラジェントの傾きをゆっくりにする。流速を変えてみるのが簡単な方法です。トリプシン分解でなくてもよいのならプロテースを変えるのも良いと思います。トリプシンの用に認識アミノ酸が2つでなく一つのものがお薦めです。リシルエンド、AspNなどどうでしょうか?

例ですがリン酸化サイトを決める実験。新規タンパクをとってきた実験(DNAでなくタンパク直接)などでは、行われているような方法がよくとられます。これらの方法を参考にされたらよいのではないでしょうか?メッドラインで検索してみましょう。

あとYahoo掲示板生物学 バイオテックニック質問箱を利用されては?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

明確なご指摘ありがとうございました。
トリプシンの分解を目的にしておりますので他のプロテアーゼは現在のとこを考えておりません。
これからさらによく検討していきたいと思います。

お礼日時:2001/01/19 09:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタンパクの分離にはFPLCかHPLCか

こんにちは。

早速質問ですが、タンパクの精製には主にFPLCが使われていると思います。FPLCがHPLCよりも優れているところは低圧なのでタンパクに与えるダメージが少ないということなのでしょうか?
私はHPLCを使ったことがないので知らないのですが、HPLCを使うときに圧を下げればいいだけなのでは?と思いました。調べてみますと、少量のサンプルの場合、HPLCのほうが分離能に優れていると書かれている文章を見つけました。つまり、結晶化をするようなスケールでなくとにかく純粋なタンパクをとってくる場合はHPLCでもいいのではと考えました。また、歴史的にみても昔はFPLCがなく、HPLCを使っていたはずです。

結局、FPLCとHPLCについて、タンパク質の精製に使う場合の利点と欠点を教えていただきたく質問をさせてもらいました。ぜひ回答の方をお願いします。

Aベストアンサー

ペプチドクラスならHPLCでも出来ましたが、分子量が大きくなるとさすがに無理でした。

理由はリンクをご参考に…

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/technical_tips/tips60.asp

Q液体クロマト(HPLC)の溶離液

HPLCの溶離液に塩(NaCl)を入れています。
これはなぜなのでしょうか?

あと、逆相だと極性は移動層>固定相ですが、まずはじめに水(極性大)がでてきます。この水のピークと重なってしまう場合、溶離液の極性をどのようにすればよいのでしょうか?早くピークがでてくる=固定相との親和性小というのはわかるのですが、溶離液との関係があまり理解できていません。

よろしくお願いします

Aベストアンサー

No.1の方も解説されているように,早くピークが出てくるのは溶離液との親和性が高いと考えてみれば,さらに溶離液の極性を上げてやることで固定相との親和性が上がるので,リテンションタイムを遅らせることができるということになると思いますが.成分の特性として今の溶離液との親和性が高いということなので,他の成分であれば当然親和性が変わるので挙動は変わるでしょう.
NaClを入れている理由は,分離対象化合物の構造がどのようなものなのか分からないと回答ができないのではないでしょうか.
今の溶離液よりも極性を上げるならば,水100%でも使用に耐えるカラムがあるので
試されたらいかがでしょうか.

QHPLCのピーク面積

HPLCで分析をおこなってます。
蛍光検出です。
ピークの面積はどのように出したものなのでしょうか?
チャートを見ると、横軸:時間 縦軸:florescence
となっています。この縦軸は何を意味していますか?
辞書を見ても分かりません。
自分なりに、ネットや本を読んで調べてみた
のですが、あまり分からないので、
どなたか時間があれば、教えてください。

Aベストアンサー

|
|    
|-------/~~~-----
+-----------------
      ↑
グラフが上のようになっていた場合、↑で示したところの面積がいわゆるピーク面積です。
どのように出したといわれると困りますが、単純に(?)面積を計算して出します。最近のHPLCですとコントローラPCが勝手に計算してくれます。

縦軸はこの場合florescenceですよね。検出された蛍光量を示しています。これも何を意味しているか?といわれると困りますが、単純に検出物質の相対的な量と考えていいと思います。

ピーク面積を問題にするときは濃度が分かっているサンプルを流して面積をmolに変換できるようにして定量します。

Qタンパク分解酵素は分解されないのですか?

使用しているコンタクトレンズ洗浄液のラベルに
「主成分/タンパク分解酵素、陰イオン界面活性剤」
という表記があるのですが、これが疑問に思えてなりません。

「タンパク分解酵素」の働きはタンパク質の分解です。
「タンパク分解酵素」そのものも、酵素ですからやはり
「タンパク質」から出来ているはずです。

ということは、洗浄液ボトル内のタンパク分解酵素は
同じくボトル内にいるタンパク分解酵素を
どんどん分解していってしまうのではないでしょうか?

こうしている間にもバラバラのアミノ酸になって、
洗浄液としての働きを失ってしまうのでは?

Aベストアンサー

タンパクには立体構造があります。タンパク分解酵素は立体構造が壊れた(変性した)タンパクを分解するのではないでしょうか。界面活性剤は多くのタンパクを変性させると思いますが一緒に入れてあるタンパク分解酵素は変性しにくい物が使われているのではないと思います。トリプシンでも変性させたトリプシンに立体構造がちゃんとしたトリプシンを作用させれば変性トリプシンは分解されると思います。

QHPLC 未知のピーク

HPLCで核酸関連物質の分析をしています。未知試料を分析したとき、標準試料としてインジェクションしたものとはは明らかにRTが違う、大きなピークが現れました。このピークが何であるか推定するためには、どうしたら良いでしょうか?文献等で、RTを調べてある程度あたりをつけ、その物質の試薬を買って、同じようにHPLCにかけてみることくらいしか、思いつきません。よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

 あなたの分析の目的が何かわからないので,回答しづらいのですが。その未知物質を同定しなければならないのでしょうか。

 同定の必要があれば,「LC-MS を所有しないからやれません」というのは理由になりません。近くの LC-MS を所有する研究室や大学などに相談して測定してもらうこともできます。あるいは,メ-カ-に依頼して分析してもらうことも可能です。

 なお,未知物質の量が多そうであれば,分取して構造解析する事もできます。

 これらの方法で得た未知物質に関する情報を元に検討しないと,膨大な数の試薬の中からどうやって比較対照を絞り込めますか。極端な話,たまたまその時使った器具が汚れていたという事だってありえますよ。
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報