株式の時価発行と額面発行の効果の違いが分かりません。発行者が選択できるらしいですが、それぞれどういうメリットがあるのですか?
それと、自社の株価が下がって経営不振に陥るといったケースがあるようですが、自社の株価が上下すると会社にどう影響するのですか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

会社が転換社債を発行している場合ですと、バブル期だと満期までに、ほとんど株式に転換してくれましたので、社債の元本を返す必要がありませんが、株価が低迷しますと、誰も株式に転換しませんので、満期になると、莫大な元利金の調達に苦しみます。

    • good
    • 0

失礼しました、質問の前半の部分の回答を忘れました。


株式の時価発行と額面発行の効果の違いですが、戦後の日本では長らく額面発行が主流でしたが、1970年代から時価発行が次第に行われるようになり、バブルといわれた1980年代後半には株式をはじめ転換社債(株式に転換できる社債)やワラント債(新株引受権付社債)が時価を基準に大量に発行されました。その理由としては、時価発行においては株価が高くなればなるほど少ない発行株式数で多くの資金を容易に調達できるからです。
 しかし、バブル期に株主資本利益率などを考慮せず、ただ闇雲に行われた時価発行増資により株式市場の需給関係は崩れ、バブルの崩壊とその後長引く株式市場の低迷の一つの原因となりました。
 なお、わが国の時価発行増資は、1968年に日本楽器(現ヤマハ)が行ったのが始まりです。

この回答への補足

ありがとうございます。それでは、額面50円、時価1000円の株を100株発行する場合、時価発行なら100000円、額面発行だと5000円の資金調達になるわけですね。額面発行の場合、購入した人はすぐ売却すれば950円分儲かることになり、時価発行分を購入した人はそんなメリットはない、ということですか?

補足日時:2001/01/19 20:40
    • good
    • 0

自社の株価が下がって会社の資産が減ることはありません。

売上が減ったり、利益が減ったり悪い要素があったりして経営内容が悪くなると株価が下がるのです。株価下落で投資家が逃げて、その結果さらに業績が悪化して経営不振となるわけです。
    • good
    • 0

とりあえず前半はよくわかりませんので、誰かのお答えを待ちましょう。

(私も勉強せねば。)

で、後半ですが、
株価が下がる->会社の資産が減る、信用が減る->資金繰りが苦しくなる->経営不振になる
という流れだと思うのですがいかがでしょうか。
株価が上がれば逆の流れになって、必ずではないでしょうが経営が好調になるかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q路線価の割戻しについて

時価を算出する際、一つの方法として
路線価を×0.8をして割り戻す方法があると
聞いたことがあるのですが、この方法は
正しいのでしょうか?

また、上記の方法が正しいとした場合、
固定資産税評価額しか分からない場合、
固定資産税評価額からいきなり時価を算出することは
できないのでしょうか?
固定資産税評価額→路線価→時価という
流れで時価を求めなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

計算式は、相続税の路線価÷0.8=時価です。
話されてる内容は間違いないです。更に時価というのは「時の価格です」価格時点といいます。相続税の路線価はその年の1月1日の価格です。年の途中の時価を出すためには、時点修正という時期のずれを補正する必要があります。

相続税の路線価÷0.8×時点修正率=(今の)時価
となります。

次に相続税の路線価が付されていない地域もあります(国土面積からするとこちらの方が広いと思います)。この場合、固定資産税評価額から求めるのもいい考えですが、固定資産税にも路線価があります。ネットで見ることもできますし、役所で閲覧することもできます。こちらの割り戻す数値(評価割合)は0.7です。また、固定の路線価の価格時点はわかりにくければ役所で電話でも教えてくれます。

固定の路線価÷0.7×時点修正率=(今の)時価
となります。

最後に時点修正率の出し方ですが、付近の(1)地価公示・1月1日(2)地価調査・7月1日(3)地価動向調査・4月11月の1日を参考に計算します。
ちょっと難しいですが、感覚的に固定資産税評価額→路線価→時価という流れをつかんでおられれば出来ると思います。

計算式は、相続税の路線価÷0.8=時価です。
話されてる内容は間違いないです。更に時価というのは「時の価格です」価格時点といいます。相続税の路線価はその年の1月1日の価格です。年の途中の時価を出すためには、時点修正という時期のずれを補正する必要があります。

相続税の路線価÷0.8×時点修正率=(今の)時価
となります。

次に相続税の路線価が付されていない地域もあります(国土面積からするとこちらの方が広いと思います)。この場合、固定資産税評価額から求めるのもいい考えですが、...続きを読む

Q株式会社にとっての自社の株価について

質問させて頂きます。
株式会社は株式を発行し、それを投資家に購入してもらうことで資金を手に入れていると思います。
そういう意味では、売り出しの価格だけに意味があり、一旦株式市場に出てしまえば、自社の株価が上がろうと下がろうと、(新たに株式を発行する場合以外には、)株式会社にはあまり問題が無いように思います。
しかし、実際には、株式会社は自社の株価を気にしているように思いますが、それはどういう理由からなのでしょうか?

Aベストアンサー

会社は株主のものです。
もし経営がうまくいかなければそれは経営者の責任であり、
それは株価に反映されます。

株主には役員の人事を決議する権利があり、
また安ければ買い占められるということもあります。

儲けているのに配当しないで人気が離散すれば、買占めにあう可能性が高まります。
このところ、これまで気にしていなかった会社が買占めに危機感を持ち、急に配当を上げた例がいくつもあります。
実に情けないことです。

Q時価総額230兆円割れとはどのような意味なのですか?

どうゆうことなのでしょうか?
馬鹿にも分かるように教えてください。

Aベストアンサー

時価総額とは、会社が発行している全株式数×現在の株価で計算します。
つまり、現在の株価で計算して、この会社の全株式を買い取るのにいくら必要かという金額ということになります。

これをふまえて、日本の株式市場(東証1部)に上場されている全ての会社の「時価総額」が230兆円を切ったということです。
つまり、日本経済の価値が下落してしまったのです。

時価総額(東証第1部)の最近の推移については、参考urlをご覧ください。   

参考URL:http://www.indb.co.jp/graph_new/html/STOCK109.htm

Q【今後、株が上がる銘柄は「株式分割した直後の分割後の株式を買え」って本当ですか?】 株が上がる=その

【今後、株が上がる銘柄は「株式分割した直後の分割後の株式を買え」って本当ですか?】


株が上がる=その会社の社長が自社の株の価値を上げようと考えているのが大前提で自社株買いでも自社の価値は上がるが、余剰資金で自社株買いに走る経営者は二流で一流は自社株を分割して価値を半減させてから保有株式数を倍にしてから株価を上げて企業価値を高めるらしい。

なので自社株分割を発表したってことはここから株価が上がるネタを用意してるってことだから自社株分割した直後の株は買いらしい。

どう思いますか?

Aベストアンサー

今月末に分割の株を持っています。
3月末に持っていると、4月1日より分割なのですが、すでに価格や取引は分割されています。

さらに、その株は、今月末に配当の権利が発生します。

すると・・・、

配当と分割の権利が確定した翌日に、ガクーンと下がりました。
権利落ちってことですね。

その日のうちに、元の株価(分割前の半分の価格)よりも少し高くなり、その後は、やや下げ気味です。

他の株も見てみると、分割する株は、配当や株主優待の権利発生と重複してるようですね。

権利落ち後には急激に下がることが多いので、その点では「買い」だと思います。
通常価格に戻ると、特に上がる気配はないですけど。

別の分割の株は、かえって少しづつ下がってます。

Q固定資産税評価額とは 一年に一回その評価額を払わなければならないのです

固定資産税評価額とは 一年に一回その評価額を払わなければならないのですか?
教えてください。

Aベストアンサー

いえいえ、評価額を払うのではなく、


評価額の1.4%を「固定資産税」として


1年に1回で、または分割で払うのです。

Q銀行借入、社債発行、株式発行のメリット、デメリットについて

授業での課題として出ました。しかし専門外なため全く分かりません。
もしよければ教えて頂けませんでしょうか。
この機会に真面目に勉強します!

Aベストアンサー

銀行借入、社債発行、株式発行は、いずれも、企業が事業を拡大したり、新規分野に参入するために資金が必要なときに、その調達のための手段として用います。

銀行借り入れ 
金融機関からの借り入れは、資金調達の最も一般的な方法です。企業の業績がよければ、比較的簡単に短期間で実行できる反面、業績が悪かったり、新規事業の採算性に、不安があると銀行は貸出しに応じない。
担保や保証人が必要である。
企業の内容によって、借入金利に差がある。

社債発行。
社債は、企業が多額かつ長期の資金を必要とする時に用いられる資金調達方法です。
原則として償還期限での一括償還なので、期間中の償還負担が低い
社債の場合、固定金利のため長期的な資金計画が立てやすい。
固定金利のために、金利情勢の変化により、損得が分かれる。

株式発行(増資)
新株を発行することで、資金を調達する方法です。
増資は外部からの資金導入が可能で、返済の必要がないのが特徴です。
また、増資により資本金が増加し、自己資本を充実させ、企業の財務体質も改善され、対外的な信用力も高まります。
ただし、中小企業の場合は出資者を探すのが困難なことと、出資者の発言力が増して、経営を干渉される場合があります。

銀行借入、社債発行、株式発行は、いずれも、企業が事業を拡大したり、新規分野に参入するために資金が必要なときに、その調達のための手段として用います。

銀行借り入れ 
金融機関からの借り入れは、資金調達の最も一般的な方法です。企業の業績がよければ、比較的簡単に短期間で実行できる反面、業績が悪かったり、新規事業の採算性に、不安があると銀行は貸出しに応じない。
担保や保証人が必要である。
企業の内容によって、借入金利に差がある。

社債発行。
社債は、企業が多額かつ長期の資金を...続きを読む

Q連結決算時の全面時価評価法につきまして。簿価。

お世話になっております。
連結決算時の全面時価評価法についてお教え願います。
基本的に上場企業は全面時価評価法によって、資本連結の処理をしないと
いけないのでしょうか?
当社は、非上場会社(売上高500億)で、簿価でしょりしているようなのですが。
全面時価評価にしている企業の割合や、簿価で処理しない理由等を
わかりやすくお教えいただきたく。
よろしく御願い申し上げます。

Aベストアンサー

>全面時価評価にしている企業の割合

これは今100%です。昔は部分時価評価法も認められていましたが去年くらいの改正で全面時価評価法だけになったはずです。
また、時価評価は基本しなきゃいけません。
ですから、簿価で処理しているのだとすると簿価=時価だったのか、ほとんど差がなかったからやってないのか。あるいは非上場会社だから簡便的な連結決算資料を参考資料として作ってるってことじゃないでしょうか。

ちなみに簿価で処理しない理由は簡単に言っちゃえば連結開始=子会社を購入したってことだから購入代金である株式と対応させて消すのは購入時のその子会社の実質価値=時価でなきゃ変ってことですね。

Q株式の額面と価格(本の記述の一部に関する質問)

こんにちは。
森生明さんの「MBAバリュエーション」P55の記述をどう理解すればよいのか、どなたかかみ砕いて解説頂けないでしょうか。
(そのまま本文を引用して質問するのが適切かわからなかったので、もし本をお持ちの方がいらっしゃいましたらどうぞ宜しくお願い致します。)

不明部分:
下記に対する回答の最後の「この場合」以下。
額面50円の株式と額面5万円の株式とでは価格が1,000倍違うのが当然ではないか。

額面はあくまで発行されたときの金額なので、その時点の株価と関係ない、と理解しているのですが、最後の1文(「この場合」以下)がどういうことを言っているのかよくわからないです。

Aベストアンサー

株価=会社の価値÷発行済み株式総数

です。

額面50円の株式と額面5万円の株式とでは価格が1,000倍違うのが当然ではないか。

とうことであれば、ある会社の価値は株式の額面が50円でも5万円でも同じですから、同じ額面の発行をするのであれば額面が50円であれば5万円の額面の1000倍発行することになるので50円の株価は5万円の株価の1000分の1になるはずです。

これはひとつの会社を考えていますが、それとも違う会社の額面の違いのことでしょうか? そうだとすれば発行済み株式総数を考慮しなければ株価の比較はできません。トヨタの株価は7000円、任天堂の株価は24000円。比べられるでしょうか? こちらは額面とは無関係になってしまいました。

Qパナソニックが三洋電機をTOBしたら東証の時価総額は?

パナソニックが三洋電機をTOBして完全子会社化した場合、パナソニックの時価総額は増えると思いますが、三洋電機が上場維持する場合、東証の時価総額も増えることになるのでしょうか?

現在の時価総額(四季報ベース)
パナソニック2兆7915億円
三洋電機2602億円

三洋電機がパナソニックの連結子会社となった場合、
パナソニックの時価総額(2兆7915億円+2602億円)+上場維持の三洋電機の時価総額(2602億円)となって、東証の時価総額も2602億円増えるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

No.3, 5です。時価総額を「発行済株数 X 株価」と定義する限り、完全子会社化では時価総額は不変ですが、親子上場では時価総額は増えるはずです。
ただし、市場で流通する株式の時価総額は、買い取られた株式が親会社で保有され流通されなくなった額と親会社の時価総額の増加が相殺され、変わらないと考えるべきではないでしょうか

トッキに関して四季報は確認していませんが、キャノンの有価証券報告書ではトッキが関係会社として記載されていて、連結に含められています。恐らく四季報での記載スペースの問題ではないかと思われます。

Q株式の額面金額を中学生に理解させるには?

上場されている株式には額面金額が50円とかいろいろありますよね。中学生向きの用語集などにはこの額面金額というのは「会社が設立されときに発行した株式の値段」といういうふうに解説されています。つまり額面金額が50円の株券は設立当時50円で手に入ったということになりますが(もちろん今の50円との価値は違うとは思いますが)正しい理解の仕方でしょうか?しかし,現在は額面金額とは関係なしに取り引きが行われています。このことが中学生にとってはいっそう理解しにくくしてるようです。できるだけやさしく理解できる方法はないものでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちはpusutaさん。
この手の難しい事を学生さんに教える時は何と言っても「例え」を使うのが一番だと思います。
理屈だけ教えても必ず忘れてしまうものだし、資本主義の日本においてこのような事を教えるという事は私に言わせればどんな科目より重要と考えます。
例えば私が教えるとしたら・・・
ソニーだのNTTだの言うよりも会社を歌手に例えて
「たくさんのCDが売れた場合お金がもらえるとしたら、どの歌手の株を買う?」と聞きます。
当然「宇多田ヒカル」とか「浜崎あゆみ」とかある程度片寄った答えが出てくるはずです。
しかし株数(浮動株)自体には限りがありますのでそれを買おうとしたら当然競り合って値段が上がっていくのが普通です。
逆に今回のSMAPの稲垣君のような事件を起こすと
「CDの売上に悪影響を及ぼすかも・・・」
っていう推測がたち、株を持っている人は早く売りたくなります。事件後買い手が少ないところに売り手が多くなれば値段が安くなっていくのも自然なことです。
このように興味をひく歌手の名前などを使って、買い手と売り手の数の違い(需給関係)により値段が上下することを教えてあげれば株価の不思議も少しは分かると思います。
そして結構一般の社会人でも知らない人が多いことは、株の取引は相対ということです。
必ず売ってくれる人がいなければ買うことは出来ませんし、逆も同じことです。
それと・・・
>「会社が設立されときに発行した株式の値段」といういうふうに解説されています。つまり額面金額が50円の株券は設立当時50円で手に入ったということになりますが(もちろん今の50円との価値は違うとは思いますが)正しい理解の仕方でしょうか?
正しいには正しいのですが「設立当時50円で手に入った」というよりも、設立時には出資金を集めこれから会社を興すわけですから、100万円出資した人には額面50円と決めた場合20000株の株券を証明書として渡す。といった感じでしょうか。
それにいくつかの条件をクリアーして上場しなければ、一般の人はその会社の株を買うことは出来ませんから、当初の額面50円で株券が持てるのは実質役員だけということになります。
あと…参考URLに株のバーチャル投資ゲームを入れておきますので、そこで実際に売買をして覚えて(教えて)いくのが一番かなぁって思います。
がんばってください。
将来の明るい市場形成のためにも・・・

参考URL:http://www.k-zone.co.jp/td/

こんにちはpusutaさん。
この手の難しい事を学生さんに教える時は何と言っても「例え」を使うのが一番だと思います。
理屈だけ教えても必ず忘れてしまうものだし、資本主義の日本においてこのような事を教えるという事は私に言わせればどんな科目より重要と考えます。
例えば私が教えるとしたら・・・
ソニーだのNTTだの言うよりも会社を歌手に例えて
「たくさんのCDが売れた場合お金がもらえるとしたら、どの歌手の株を買う?」と聞きます。
当然「宇多田ヒカル」とか「浜崎あゆみ」とかある程度片寄...続きを読む


人気Q&Aランキング