これって常識ですか。
先日、話しの中で、ALに塩素が吸着する話が出ました。特にエネルギーを与えなくても、ALの表面には塩素が吸着し、さもALが塩素を食った状態になると効きましたが、なぜと聞いても常識としか教えてもらえませんでした。
ちょっと図書館で調べましたが、良くわかりません。
誰か、反応式など含めて説明が出来る程度に教えてもらえませんか。
至急よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 もしかして、以下のサイトでの研究でしたら、金属の表面化学の問題ですので、私は専門外になりますので、passします。


金属表面活性の問題はかなり専門的になります。通常の触媒のPtやNiならわかりますが。Alはだめです。

参考URL:http://www.rikenkeiki.co.jp/ac-2/clal.htm
    • good
    • 0

dragon-2先生の回答のように、「アルミニウム」の事であれば、化学では「AL」とは表記しません・・・?「Al」です。


アルミナであれば以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか?
「吸着法による廃プラ油からの塩素除去」
有機塩素吸着能はないようです。
http://www.wnn.or.jp/wnn-eco/eco-sengen/topics/0 …
(環境派宣言8月号;白元)
このサイトが質問の切っ掛けでしょうか・・・?
水酸化アルミニウム→活性アルミナ
http://www.sumitomo-chem.co.jp/kiso/cm/al/INTRO/ …
(活性アルミナ;住友化学)
http://www.jca.ax.apc.org/~naba/news/news99.htm
(わが社の戦略 白元 ゴミのダイオキシン抑制)
==============================
特に好評の「ゴミからのダイオキシン減らします」は水酸化アルミニウムを配合したポリエチレン複合樹脂フィルム製のゴミ袋。
=============================
以下の成書が良いかもしれません?
http://www.iijnet.or.jp/nts/sinkyuutyaku.html
(最新吸着技術便覧)
更に、吸着に関係の成書の吸着機構についての記載部分で「アルミナ」の記載があれば・・・・??
-----------------------------
1.分離/竹内雍/培風館/2000.6 
2.吸着/化学工業社/1999.7 
3.最新吸着技術便覧/竹内雍[他]/エヌ・ティー・エス/1999.1 
4.吸着/化学工学会関東支部/化学工学会/1998.11 
5.吸着の化学/竹内節/産業図書/1995.5 
6.表面における理論/2/塚田捷/丸善/1995.
7.吸着技術ハンドブック/エヌ・ティー・エス/1993.2 
8.吸着の科学/近藤精一/丸善/1991.7 
--------------------------------
最初に3.7.を見てください。

ご参考まで。

参考URL:http://www.ccr.niigata-u.ac.jp/home/annual/vol4/ …

この回答への補足

ご返事ありがとう御座います。補足させていただきますと、金属のアルミ無垢表面に塩素ガスが吸着(吸われてしまう?)かということです。アルミと塩素の結合の活性化エネルギーはいくらなんでしょうか。金属の表面が100℃くらいあれば反応するのでしょうか。
また、ドラゴンさんの意見とは違って、アルミナ(硬質アルマイトなど)は塩素ガスを吸着しない聞いています。どちらが本当かわかりませんが、判断する材料はありませんか。

補足日時:2001/01/19 10:37
    • good
    • 0

 すみませんが、ALとは金属アルミニウムのことでしょうか。

もし、そうなら、塩素と反応して、AlCl3:塩化アルミニウムができます。
 推定ですが、表面吸着の性質のあるのは「アルミナ」=酸化アルミニウム Al2O3です。このアルミナ結晶は
 1)α-アルミナとして、コランダム(モース硬度9)の研磨剤と用いられる物、他の金属が少量混じ、結晶して、ルビーやサファイアになることは有名です。
 2)γ-アルミナは、いわゆる活性アルミナの基本となるもので、とくに、水酸化アルミニウムの加熱脱水反応で造るとき、多孔質になる。触媒・触媒担体・イオン交換体・クロマトグラフ媒体として用いられる。もちろんこれは、ご質問の塩素(ガス)もよく吸着します。
 これなら、いいのですが
 本当にどのような「AL」なんですか。

この回答への補足

早速のご返事有難う御座います。質問内容についてですが、ALはALで金属のアルミ無垢面のことです。ここに塩素が吸着するみたいです。
しかし、ドラゴンさんのおっしゃっているアルミナについては、塩素ガスは吸着しないと聞いています。その為に、AL表面にアルミナのコーティング例えば硬質アルマイトなどをつけていると聞きました。
事実はどうなのでしょう。教えてください。

補足日時:2001/01/19 10:33
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q次亜塩素酸ソーダのpH値

タイトルの通りです。次亜塩素酸ソーダのpH値を教えてください。

Aベストアンサー

たとえば「水酸化ナトリウムのpH」といわれても、濃度がわからなければ、答えようがありません。
通常は、次亜塩素酸は不安定な物質なので、水酸化ナトリウムと共存させています。したがって、2の答えにあるように強アルカリ性であることは間違いありませんが、そのアルカリ性はおおかた水酸化ナトリウムによるアルカリ性です。

ちなみに、「アルカリイオン製水機」の「酸性水」は、次亜塩素酸です。

Q過塩素酸 塩素酸 亜塩素酸 次亜塩素酸

高校生の授業なのですがなぜハロゲンのオキソ酸で
でてくるたいとるのものとしては塩素酸が基準と
なっているのでしょうか?何か歴史的経緯はあるのでしょうか。接頭語はそれだけしかないからというこたえ
では納得できないです。急いでいますので
できれば速く返答お願いします。

Aベストアンサー

補足します。

このような非金属イオンの酸化物とみなせる物質を一般に「オキソ酸」と
言いますが、もっとも安定な酸を基準にするそうです。

化学IB・IIの新研究/卜部吉庸/三省堂

Q次亜塩素酸ナトリウムと酢酸を混ぜたときのpHを計算したい。

0.04%の次亜塩素酸ナトリウム1リットルと1%の酢酸1リットルを混合させたとします。
ここから得られるpHはいくつになるでしょうか。

塩素ガスが発生し、一般にはまぜるな危険ですが。
化学反応は以下の通りですか。
2NaClO+2CH3COOH→2CH3COONa+2H2O+Cl2

Aベストアンサー

反応が完結し塩素が完全に抜けた後であると考えると、って言うかそれしか正確に答えられないが、
0.04%の次亜塩素酸ナトリウムのモル濃度を計算する。それがナトリウムとして残る。だからナトリウムイオンの最終濃度は次亜塩素酸ナトリウム濃度の1/2。
1%酢酸のモル濃度を計算する。それを1/2する。
この酢酸の濃度からナトリウムイオンの濃度を引く。すると「残っている酢酸の濃度」が分かる。ナトリウムイオンの最終濃度は酢酸「イオン」の最終濃度と等しい。
あとは酢酸の解離定数(酢酸のpKaからも求まる)を用いれば水素イオン濃度が分かるのでpHを求める。生じる水は無視して良い。
です。^^

Q大きなエネルギーを与えてエネルギー準位をいくつか飛び越えて電子を励起させることはできるのですか?

大きなエネルギーを与えてエネルギー準位をいくつか飛び越えて電子を励起させることはできるのですか?またできるとしたら励起した電子は一つ一つ軌道を戻ってくるのですか?

Aベストアンサー

再度失礼します。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5153397.html
に書きましたことをじっくりお読み下さい。
>励起した電子は一つ一つ軌道を戻ってくる
量子論的に「禁制」でない「遷移」を重ね、「励起」の逆の様々な「緩和」を経て元の「基底状態」に戻ります。

Q塩素消毒について

塩素消毒に関して、質問があります。
薬剤師国家試験の黒本という本に
☆塩素消毒の原理
「水に液体塩素を入れると、塩素は水と反応して、以下の反応が起こる。
Cl2+H2O⇔HClO+HCl
HClO⇔ClO-+H+
両者の存在比はpH5ではほとんどがHClOであり、pH7.5ではHClOとClO-がほぼ半々となり、pH10ではClO-が大部分を占めるようになる。」とあり、pHが上がっていくごとに次亜塩素酸HClO-の解離が進むように書いてありますが、なぜ、pHが上がっていくごとに次亜塩素酸の解離が進むのでしょうか?

Aベストアンサー

pHを上げていくということはアルカリを加えるということです。
それによって中和反応が起こりClO^-の割合が増えていくのです。
仮にNaOHを加えるとすると
NaOH+HClO→NaClO+H2O
の変化が起こります。

>水に液体塩素を入れると・・・

塩素の沸点は-34℃ですから常温で気体です。「液体」塩素と書いてありましたか。

ボンベの中では圧力がかかっていますから液体になっています。でもボンベからガスとして噴出させて水に溶かすのですから「液体塩素を加える」という表現はしないと思うのですが。

プロパンもボンベの中では液体になっています。燃料として使うときはあくまでも「ガスとして燃やしている」という表現になるはずです。

Q溶液中での分子の固体表面への吸着について

 溶液中での分子の固体表面への吸着を考える場合、分子の固体表面への平均吸着時間を算出する方法があれば教えてください。また、吸着平衡定数の単位で時間が入ったものがあれば教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

固体表面の吸着を単分子膜の生成(化学吸着と限る)と近似すると.活性炭への分子の吸着は.活性炭粒子内の表面からさいほう(と呼んで良いのか不明)への分子の移動速度が吸着速度をりっそくする
と記憶しています。

吸着するような固体の場合に吸着部位の反応は比較的高速です。ただ気体とは異なり液体の場合に分子の振動が遅く拡散に時間がかかると記憶しています。
拡散方程式をかけませんので.本で見つけてください。

Q水道水、浄水器のPHの違いについて

もしかするとカテゴリ違いかもしれませんがお願いします。


テトラのPHトロピカル試薬を使ってうちの水道水のPHを測定したところPH8.0ぐらいでした。

浄水器(三菱クリンスイUZC2000)の水を測定したらPH7.5ぐらいでした。

塩素も測定したところ、浄水器の水は塩素が検出されませんでした。

この浄水器は以下の物を除去してくれるそうですが

●遊離残留塩素
●濁り(雑菌・固形鉛など)
●総トリハロメタン(クロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルム)
●溶解性鉛
●農薬(CAT)
●カビ臭(2-MIB)
●テトラクロロエチレン
●トリクロロエチレン
●1,1,1-トリクロロエタン

これらがなくなることでPHが下がっていると言う事なのでしょうか?

この浄水器の水を水槽に使用しても問題はありませんか?


生体はアカヒレ、アフリカンランプアイ、オトシンクルス、レッドビーシュリンプです。

Aベストアンサー

水道水のpH測定は、生水、浄水器出水とも、24時間以上汲み置きしてから測定します。
浄水場から家庭の蛇口まで、圧力を掛けて送水します。
このため、送水途中で窒素、酸素、塩素、二酸化炭素など、様々なガスが溶け込みます。
この、溶け込んだガスが自然抜気し、水道水が安定状態になってから測定しないと正しい数値は得られません。

家庭用浄水器は、水道水中のアルカリ性物質(カルシウムやマグネシウム)も30%~50%程除去します。
家庭用浄水器(中空芯フィルター)の寿命は、水道水中のカルシウムが中空芯に詰まり、通水量が減少によります。

なお、ミネラル成分(カルシウムやマグネシウム)が多めの(おいしい)水道水は、浄水器で濾過すると若干酸性に傾きます。

> この浄水器の水を水槽に使用しても問題はありませんか?
・問題ありません。
UZC2000は中空芯式浄水器です。
うちも、長年、中空芯式浄水器「トレビーノとミズトピア(パナソニック)」で、水槽水替え用水を作っています。

もしも、心配ならば「麦飯石」を一つ、水槽内に投入しミネラル不足の防止すればOKです。
(飼育水中のミネラル分が不足すると、希にエビが脱皮不全で突然死する可能性があります)
http://www.shopping-charm.jp/ItemDetail.aspx?tid=14&catId=1175080000&itemId=15503

水道水のpH測定は、生水、浄水器出水とも、24時間以上汲み置きしてから測定します。
浄水場から家庭の蛇口まで、圧力を掛けて送水します。
このため、送水途中で窒素、酸素、塩素、二酸化炭素など、様々なガスが溶け込みます。
この、溶け込んだガスが自然抜気し、水道水が安定状態になってから測定しないと正しい数値は得られません。

家庭用浄水器は、水道水中のアルカリ性物質(カルシウムやマグネシウム)も30%~50%程除去します。
家庭用浄水器(中空芯フィルター)の寿命は、水道水中のカルシウ...続きを読む

Q塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合している

塩素酸イオンや亜塩素酸イオン、次亜塩素酸イオンはどのように結合しているんですか?配位結合なのかなぁとは思うんですが、それでもどの原子の電子がどこにどう使われたかががわかりません。ほかにもチオ硫酸イオンや亜硫酸イオンについても教えていただきたいです。

Aベストアンサー

これ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5896465.html
やこれ
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4948580.html
やこれ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E7%B4%A0%E9%85%B8
をご覧下さい。

各種オキソ酸などに見られる中心元素とOとの結合は配位結合でなく二重結合性で、
形式的にオクテット(最外殻電子8個)を満たしていません。
この二重結合は、O=Oなどの通常の二重結合とは異なっていて、どこの電子が~とは簡単に言えません。
とりあえずそんなものなのだなあ、と思っていてください。

QpHに対する塩の影響

0.01Mの酢酸緩衝液(pH5.6)に過塩素酸ナトリウムを100mM加えました。その時のpHは変化するのでしょうか?また、その変化量は塩の種類によるのでしょうか。また、簡便な緩衝液に対する解説書など紹介していただけたら幸いです。

Aベストアンサー

rei00 です。補足拝見しました。

どんな目的に使うかによるかも知れませんが,その内容であれば,書いてられる様に,「あらかじめ10mMの酢酸緩衝液(pH 5.6)を作っておいて、過塩素酸ナトリウムをその溶液に溶かして作」れば良いと思います。

念のため最初に作った時に,そうやって作った溶液の pH を一度 pH メータで測って確認しておけば,以後はそのままでも大丈夫かと思います。

Q沈殿表面に吸着した不純物の洗浄方法について

重量分析実験でカリミョウバン中のアルミニウムの定量を行いました。
ビーカー内で水酸化アルミニウムを沈澱させた後デカンテーションでろ過したのですが、
その際に硝酸アンモニウム溶液を温めたものを加えてよくかき混ぜてからまたデカンテーションを行う、という手順がありました。
専門書などを見て調べたところ、水で洗浄すると沈殿がコロイド状に戻ってしまいろ紙を通り抜けてしまうため洗浄には電解質溶液を用いる、
と書いてあったのですが、電解質溶液だとなぜコロイド状に戻さないで洗浄出来るのかがいまいち分りません。
どなたか詳しくご存じの方いましたら教えていただきたきませんか??

Aベストアンサー

いや,リーゼガングは関係ないでしょう.
凝析とか塩析とかを調べると.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報