人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

音楽の教員は、就職するのが大変と聞きますが、その実態はどうなんでしょうか?
また、就職してからも自由な時間がないと聞きます。個人的には趣味の時間を確保したいので、自由な時間がないのは厳しいです。
実際に音楽教員の方、話を聞いた方、どんな方でも構いません。音楽の教員について教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 私立中高一貫校の国語の教員です。


 中学・高校の音楽教員と考えてお答えします。
 まず、就職の大変さですが、公立学校の採用試験はかなりの高倍率です。私の居住する県では、
 平成18年度中学 114名が志願し、2次合格者 3名
   同   高校 募集なし
 平成19年度中学  86名が志願し、2次合格者 3名
   同   高校  27名が志願し、2次合格者 3名
 という結果です。(2次合格者であっても候補者名簿に載るだけで、最終的に採用されない場合もあるということはご存知と思います。)まあ、教員採用というのはたいして勉強してない人も、だめもとでとりあえず受ける、という場合がありますので、真剣に教職を考え、それなりの対策をしている人はもっと少ないはずですが。
 それから、自由な時間がないという点ですが、たしかにそういう面はあります。音楽教員は必ずブラスバンドや合唱というような部活動の顧問をしなければならないと考えてまず間違いありません。(同じ学校の先生で、そういう分野が得意な人が他にいればその限りでない。)土日も発表会や練習が入れば仕事です。生徒の長期休暇も、教員は休日ではないので、そうそう休んでばかりもいられません。普段の日になかなか休めないので、年に20日ほどの有給休暇をここで消化する人が多いです。
 おまけに、教員は原則として残業手当や休日出勤手当がありません。前述の部活動の指導手当なども、半日出ても数百円から千円程度というくらいのお金が、PTA予算や生徒会の文化活動予算などから支払われて終わりです。
 部活動の時間が趣味的に楽しい、とか生徒と接することが何よりの生きがい、というような人でないと、なかなか「音楽が好き」というくらいでは続かないのではないでしょうか。
 
 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

なるほど、やはり就職も就職後も大変な仕事なんですね。
今一度、徹底的に考える必要があるようです。
部活動は、吹奏楽はやってきたし、好きなことなので大丈夫だと思います。私の趣味というのもトランペットを吹くことですし。
(ただ、高校の時の顧問は自分の楽器を吹く時間が無いと言ってましたが…)
ただ、問題は大学に入るところですかね…学生時代、大した学歴もなく、現在は専門学校に通ってる身です…
サラリーマンから教員になった先生もいましたが…やはり、厳しいですかね…
新しく、質問をもうひとつしますので、そちらにも回答を頂けると嬉しいです。

お礼日時:2007/05/06 20:58

こんばんは



昔でしたら、授業をさらっとやってあとは好き勝手やっていても多めにみてくれたかもしれませんが、さすがに今はそうはいかないでしょう。
講師・・・とも思いましたが、やっぱり変わりませんかね。

少し厳しく聞こえるかもしれませんが、一日中子供のことを考えることができない人は教育関係の仕事は難しいと思いますよ
給料は魅力ですけどね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり厳しいですか。今の時代はどの仕事も忙しくなったものです。

子供の事を考えるのは好きです。私としても、毎日仕事をコツコツするより、生徒と触れ合いながら日々を過ごす方が長続きすると思います。
給料は…楽器は何かとお金がかかるので、嬉しい情報ですね(笑)

お礼日時:2007/05/06 21:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q音楽の先生になるにはどの大学がいいんでしょうか?

私は今中学3年生で、将来中学校の音楽の先生になりたいと思っています。

ピアノは3歳から習っていて、地区の小さなコンクールにでて賞をとるかとらないかぐらいの実力です。
今弾いているのは、ブラームスの二つのラプソディです。
勉強はいい方だとは思うんですが、塾のテストの偏差値はたしか60前後でした。
高校は地域では一番の進学校を受験するつもりです。


今悩んでいるのは、大学選びです。
いまから決める必要はないとは思うんですが、
目標があったほうが頑張れるタイプなので見当はつけておきたいと思います。

私は、教育大学ではなく音大で教員免許を取りたいです。
音大の方が、いい先生がいたり、いい環境で専門的に勉強したり出来ると思ったからです。
ピアノを専攻して教員免許をとるのにいい大学はありますか?
私が知っている大学のなかで進学を考えているところでは、洗足、桐朋、国立(くにたち)、武蔵野などがあるんですが、
そこはどんな感じなんでしょうか?
先生になるのには向いていますか?
また、今のレベルで入るのは難しいんでしょうか?

また、先生になれたら吹奏楽とマーチングを教えたいです。
吹奏楽もマーチングもちゃんとしたバンドでやっているので、
ある程度教えられると思います。
吹奏楽の先生になるのにいい大学などがあったら教えていただきたいです。

よろしくお願いします!

私は今中学3年生で、将来中学校の音楽の先生になりたいと思っています。

ピアノは3歳から習っていて、地区の小さなコンクールにでて賞をとるかとらないかぐらいの実力です。
今弾いているのは、ブラームスの二つのラプソディです。
勉強はいい方だとは思うんですが、塾のテストの偏差値はたしか60前後でした。
高校は地域では一番の進学校を受験するつもりです。


今悩んでいるのは、大学選びです。
いまから決める必要はないとは思うんですが、
目標があったほうが頑張れるタイプなので見当はつけておきたい...続きを読む

Aベストアンサー

教員を目指している訳でも、演奏系学科でもないのですが
一応音大生です。

私の友人にも音楽教師を目指して大学に来ている人がとても多いですが
音大の場合、演奏系の授業に上乗せして教育系授業が入ってくるので
とてつもなく大変そうです。(2つの大学に通っているものだと誰かが言っていました)

両方のメリットとデメリットを挙げてみますので参考になれば嬉しいです。

<音大>
●メリット
・音楽に特化しているので楽器の演奏技能を落とさずに済む
・練習室や練習場所が沢山有る ←重要
・色んな楽器の人と知り合えるので知らない楽器に付いて
  理解を深められる。

●デメリット
・教職授業は演奏系授業に上乗せされる形なので
  とてつもなく忙しくなる。忙しすぎて挫折する人も。
・学費が高い
・音楽専門授業はかなり強いが、教育系授業は若干弱い

<教育大>
●メリット
・教育に特化しているので教育系授業は強い
  (最近はモンスターペアレントやイジメ等にも力を入れているらしい)
・学費が比較的安い
・就職率が比較的良い。

●デメリット
・音楽専門な訳ではないので、レッスンの質はそれなり
 (レッスンが有るかどうかも微妙・・・?)
・音楽コース以外だと楽器をやっている人が少ない
・教育系授業は強いが、音楽専門授業は若干弱い

音大の場合でも音楽教育のゼミやサークル、授業を
設けている場所もありますし、教育大でも
強豪の吹奏楽サークルに入る等すればデメリットは改善出来るかもしれません。

教員を目指している訳でも、演奏系学科でもないのですが
一応音大生です。

私の友人にも音楽教師を目指して大学に来ている人がとても多いですが
音大の場合、演奏系の授業に上乗せして教育系授業が入ってくるので
とてつもなく大変そうです。(2つの大学に通っているものだと誰かが言っていました)

両方のメリットとデメリットを挙げてみますので参考になれば嬉しいです。

<音大>
●メリット
・音楽に特化しているので楽器の演奏技能を落とさずに済む
・練習室や練習場所が沢山有る ←重要
・色んな楽器の人...続きを読む

Q音楽の先生になりたい

高1で音楽の教師を夢見ている者です。ピアノ科で音大に行きたいと思っています。でも、今の私のレベルはチェルニー40、バッハの3声・・と、とてもそんなレベルではないと思います。それに、家がマンションなので、消音装置を使って練習しています。ピアノを始めたのも、小4です。
努力しだいで音大にいけるのでしょうか?武蔵野や国立音大くらい・・・のレベルでです。

また、音大に行ったと仮定して、就職がいいものがないとよく聞きます。学校の先生になれなかった場合、どのような進路があるのでしょうか?

教育学部と音大は、そちらのほうが採用率が高いのですか?

質問攻めですが、私には今しか進路を選ぶ時間がありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

教員を目指していらっしゃるなら教育学部の方がいいと思います。
厳しいようですが今の状態では音大のピアノ科は難しいと思います。(音大といってもピンきりですが)
音大も教育免許を取れますが今は音楽だけの採用は難しいので、教員を目指す人は中高の音楽の免許の他に別の教科の免許も取っています。

音大卒でも音楽関係の仕事に就けるのは、一部の人で他は音楽と全く関係のない所へ就職する人もいます。
高額な授業料等払って卒業したのにそれじゃ親に申し訳ないですよね。
高1ですから受験に備えて声楽やソルフェージュなど余裕をもって勉強できますし、得意とする楽器がピアノだけなら他の楽器(又は声楽)を始めるといいです。
色々な楽器を出来ることは教員採用にもプラスになります。
歌えないと歌唱の指導が出来ませんし、吹奏学部等の部活動の指導の時に楽器の経験がないと的確な指示が出来ませんしね。
今、中高では和楽器が必須になっていますが、教えられる人が少ないので和楽器も勉強されるのもお勧めです。

教師になるために自分が努力すれは音大卒であろうが教育学部卒であろうが関係ないと思います。
ピアノが弾けるだけでは教師になれません。
今の状態で苦労してピアノ科に入ってピアノばかりにおわれる生活より、教員になることを重視して4年間過ごすほうが賢明かと思います。音大に行きたかったら国立音大の音楽教育学科などの教育系の学科を検討されてはいかがでしょうか。

教員を目指していらっしゃるなら教育学部の方がいいと思います。
厳しいようですが今の状態では音大のピアノ科は難しいと思います。(音大といってもピンきりですが)
音大も教育免許を取れますが今は音楽だけの採用は難しいので、教員を目指す人は中高の音楽の免許の他に別の教科の免許も取っています。

音大卒でも音楽関係の仕事に就けるのは、一部の人で他は音楽と全く関係のない所へ就職する人もいます。
高額な授業料等払って卒業したのにそれじゃ親に申し訳ないですよね。
高1ですから受験に備えて声...続きを読む

Q社会人が中学・高校の音楽教師になる方法

考えが甘いと叩かれることを覚悟の上で質問します。
現在、教育関連の営業をしておりまして、中学または高校の音楽の教師になることを志すようになりました。
4大卒、福岡在住、27歳男・既婚です。

ピアノは並の下(合唱発表会伴奏者程度)、器楽経験は10年くらいになり、学生指導者もしておりました。
大学・短大・専門学校の現場の実情をずっと見てきて、中学・高校の生徒の主体的進路選択をサポートし、かつ音楽、特に吹奏楽の指導に従事することを目標としております。

音楽という分野上、通信では免許が取得できないことは承知しています。他、大学院や科目等履修生など方法はありそうですが、何とか働きながらでも学べるものはないかと模索しています。
国立大学法人・私立かは問いません。
何か良い方法がないでしょうか。
ご教授いただければ幸いです。

Aベストアンサー

現在高校で音楽を教えています。

私は、2年前に博物館の学芸員として五年間勤務した後、転職しました。博物館では、コンピューターを専門としていました。
大学では、音楽を専攻し、大学院では情報を専攻しました。大学で4年間勉強したとはいえ、5年間音楽から離れていても教員採用試験に合格したので、努力しだいでしょう。

さて、教員免許状の取得方法ですが
1、現職の教員等がすでに所有している免許状を基にして、一定の在職年数と都道府県教育委員会の開講する免許法認定講習や大学等の公開講座における単位取得により、上位の免許状を取得する方法
2、大学等で免許状を取得
という2種の方法があります。
1に関しては、音楽はなかったと思います。(未確認)
2に関してですが、大学院の2年間では教員免許状の取得は困難です。例えば、数学の中・高免許を持っていて、理科を習得する、小学校2種を取得するというのであれば、無理をすれば取れるのですが、一からとなると時間不足になる恐れがあります。私も自分の大学院のことしかわからないのですが、学務課等で確認されてはいかがでしょうか?

関西には、大阪教育大学の2部が編入試験や学士入学をやっており、教員になりたい社会人などがたくさん入学しています。私も2部の大学院に通っていましたが、いろいろな人がいるのでとても楽しかったです。ただし、大阪教育大学の2部は小学校免許取得のコースなので、中・高の音楽の免許を取得するには、昼間も通わなくてはいけません。科目等履修ですが、私の通った大学では、音楽の場合、個人レッスンやグループレッスンで単位を修得するという特殊な条件があるので、そういったレッスンは学内生や卒業生以外履修を認めていませんでした。(ある一定以上の実技レベルがないと授業にならないため)これも、いろんな大学に問い合わせてみてください。教職基礎科目などは科目等履修が可能でした。

それから、部活指導の件ですが、採用されて必ずしも希望がかなうとはかぎりません。私の場合、合唱指導がやりたいと希望をだしていたのですが、現在の学校では、和太鼓がさかんで、和太鼓の顧問をやっています。和太鼓は初めてなので、講習会にいきながら押しています。

音楽が好きということと音楽を専門とすることは大きな開きがあります。このギャップに大学時代私は悩みました。これから大変なことがいろいろあると思いますが、頑張ってください。音楽を生徒に教えることはとても楽しいですよ。

予断ですが、私は国立の大学・大学院でしたが、音楽専攻は学費以外のお金が結構かかりました。(先生のチケットノルマ、コンサート、楽器のメンテナンス等)覚悟をしてください。

参考URL:http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/kyoin/main13_a2.htm

現在高校で音楽を教えています。

私は、2年前に博物館の学芸員として五年間勤務した後、転職しました。博物館では、コンピューターを専門としていました。
大学では、音楽を専攻し、大学院では情報を専攻しました。大学で4年間勉強したとはいえ、5年間音楽から離れていても教員採用試験に合格したので、努力しだいでしょう。

さて、教員免許状の取得方法ですが
1、現職の教員等がすでに所有している免許状を基にして、一定の在職年数と都道府県教育委員会の開講する免許法認定講習や大学等の公開講座...続きを読む

Q小学校の音楽の教師にりたい!

私は、現在中学二年生です。
そろそろ受験する高校なども決めなくてはならなくなってきました。
私は小学校の音楽の先生になりたいと思ってます。
そこで「どんな学校に通えば良いのか」「どんな勉強を今からすれば良いのか」などのアドバイスがほしいです。
お願いします。

Aベストアンサー

R-Nさんは現在何か楽器を習っていらっしゃいますか?

小学校の先生…教育大の初等教育教員養成課程等に合格することだけを考えれば、実技はそんなに大変ではないと思います。

けれど、目的・目標は「大学の音楽科(教育科音楽専攻)」に入ることではなく、先生になること=「教員採用に受かること」ですよね。

であれば、8年後(?)に教員採用に合格できる能力を身につけることを目指されると良いと思います。


小学校の音楽の先生、といいますと、クラス担任を持ついわゆる「小学校の先生」と「音楽だけを担当する専任の先生」と2パターンありますね。

専任ですと、音大ピアノ科卒で、職にあぶれて、ピアノの他に邦楽・管楽器・声楽なども少しかじって、小学校音楽の先生に…というパターンも多いので、その人達に負けない実技力(それぞれの実力はソコソコでよいので、「色々」出来る方が有利)が必要かもしれません。
(音大出身の知人は、ピアノ・声楽・邦楽の3つは本格的に、その他吹奏楽もやっていて、卒業後小学校免許を取り、小学校の先生(選任ではなく)になりました)

一方、普通の小学校教員採用ですと、最近のニュースでは「採用試験から実技(音楽と体育)試験をなくす」という話もある位ですので、音楽は出来なくても、お勉強さえできれば受かるのかもしれません。
http://www.asahi.com/national/update/0131/TKY200701310113.html


どちらにしろ、公立の場合大抵の道府県では、出身県の人しか採用されない場合も多いようです。
(東京都は「大都市の余裕」とかで、どこ出身でも大丈夫だそうですが)

ですので、1度ご自分の道府県の、採用試験内容がどのような内容なのか(今後変わっていく可能性はあるにしても)確認されると良いと思います。


その上で、例えば
ピアノは習っているけれど、学校に入る為・採用に受かる為の、楽典等音楽知識や聴音能力は全くない。
→音楽科のある高校で、授業の中(授業料の中)で全部出来たら良い。
とか、または、
音楽の実技面は、このままレッスンを受け続けていれば大丈夫そう。それより教育大(特に初等教育課程)ならセンター試験も大事。
→だったら、普通高校で勉強をしっかりやりつつ、大学合格を目指す。
など、将来の目標地点と現在の距離が分かると、自分にはどういう進路(勉強方)があっているか、より見えてくるかもしれません。


また、なかなか情報は得にくいかもしれませんが、最近ご自分の都道府県立小学校・音楽教員になられた方は、どこ大学出身者が多いか等分かると、より良いのですが…
出身小の音楽の先生に、聞きに行ったりは出来ませんか?
もしそれが難しければ、中学の音楽の先生でも、多少は現状をご存知かもしれません。


(私自身は、現在音楽教室で「中学の音楽の先生になりたい」という生徒さんが1人いるのですが、教員採用に受かりやすい某音大の受験を目指し、採用の際に周りに負けない程度の演奏力や聴音能力になるよう考えてレッスンをしているところです)

教員採用は、狭き門ですので頑張って下さいね!

R-Nさんは現在何か楽器を習っていらっしゃいますか?

小学校の先生…教育大の初等教育教員養成課程等に合格することだけを考えれば、実技はそんなに大変ではないと思います。

けれど、目的・目標は「大学の音楽科(教育科音楽専攻)」に入ることではなく、先生になること=「教員採用に受かること」ですよね。

であれば、8年後(?)に教員採用に合格できる能力を身につけることを目指されると良いと思います。


小学校の音楽の先生、といいますと、クラス担任を持ついわゆる「小学校の先生」と「音楽だけ...続きを読む

Q東京学芸大学の音楽専攻について

はじめまして。
東京学芸大学の音楽専攻についてお聞きしたいです。

私は今、高校2年生です。小さいころから中学3年生までピアノを習っていて、ピアノを弾くことが好きです。が、ピアノの先生に中学生の時点で「音大はムリだろう」と言われています。
「ピアノは趣味で弾けばいいじゃないか!」ときっぱり諦めたいのですがどうしても諦めきれません。
そんな実力の私でも今から努力すれば学芸大学の音楽専攻をピアノで受験し、合格することが可能でしょうか?

出来れば音楽を一番専門的に勉強できそうなG類がいいなと思っているのですが、やはりG類を受験するような人は音大にも軽々受かってしまうようなレベルの高い人ばかりなのでしょうか?
B類、A類もピアノで受験するとなると求められるレベルは高いのでしょうか?

質問ばかりで申し訳ないのですがお答えいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

私(男性)は国立(くにたち)音楽大学の作曲科を卒業し、二十数年間公立高校で音楽の教員をしています。芸術系の高校で教えていた時期もあり、芸大、桐朋、国立、武蔵野、東京音大などに生徒を送り出しました。まずあなたが男性なら音楽はすすめません。就職がなく、音楽教室の講師や結婚式等のプレイヤーになれれば運が良く、それでも年収は200万程度、ボーナスはありません。生涯賃金にすると8000万、普通の公務員で2億、サラリーマンもそれくらいかもっと取ります。また、優秀な音大卒が多く、音大は無理と言われたなら仕事はないです。学芸G類は芸大とかけもちで受験する生徒が殆どです。ピアノならショパンのエチュード(ただし黒鍵と別れの曲、あと作品25の2などはのぞく)とバッハの平均率の4声のフーガ、ベートーヴェンの後期のソナタがすらすら弾け、加えて強力な表現力がないとだめです。またA,B類はセンターの比重が高く、特にAはかなり取らないと受かりません。またA,B類のカリキュラムはあくまで教員養成です。もしピアニストになりたいと思っているなら、音大は無理という時点であきらめるしかありません。芸大を出てもピアニストにはなれません(ピアニストにも色々ありますが)。チェルニー40番程度でも入れてしまうような音大もありますが、学費を捨てる結果になります。フィギュアスケートとクラシックバレエ、ヴァイオリンとピアノ、この4つだけは15才までに完成していないと無理です。芸術系の高校を受験する中3生徒はリストの超絶技巧練習曲をすらすら弾きます。参考になりましたか?あなたのレヴェルがわからないので、これ以上は答えようがないのですが、さらに質問があればどうぞ訊いて下さい。

私(男性)は国立(くにたち)音楽大学の作曲科を卒業し、二十数年間公立高校で音楽の教員をしています。芸術系の高校で教えていた時期もあり、芸大、桐朋、国立、武蔵野、東京音大などに生徒を送り出しました。まずあなたが男性なら音楽はすすめません。就職がなく、音楽教室の講師や結婚式等のプレイヤーになれれば運が良く、それでも年収は200万程度、ボーナスはありません。生涯賃金にすると8000万、普通の公務員で2億、サラリーマンもそれくらいかもっと取ります。また、優秀な音大卒が多く、音大は無...続きを読む

Q音楽の教師になりたいんです。

音楽科に通う大学1年生です。
高校の頃からの夢で高校の音楽教師になりたいと強く思っています。
教員採用試験の現実が厳しいこともわかっていますし、私の通う大学は音大でもなければ、国立教育大学でもありませんので、相当厳しい夢だと思います。
でも必ずかなえたい夢なので、どんなに大変でも逃げずにやれるだけのことをしたいと考えています。
そこで教えていただきたいのですが、やはり、採用試験では大学の名前もみられてしまうものなのでしょうか?
大学院進学も考えていて学歴ロンダリングみたいなことをしたほうがやはり有利なのかな、と考えたりしてしまいます。
どんなことでもいいのでお返事よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

No,5です。補足を少々…

箏曲をされていらしたとのこと。
もし可能でしたらレッスンを再開されてレベルを高められると、より有利になると思います。
(音大で4年間、レッスンを続けてきた人もいますので、せっかくの特技なら比べられて不利にならないように…)

また出来れば何か管楽器も1つ出来ると良いと思います。
中・高校の音楽科教員の場合、大抵吹奏楽部の指導をしなければならないので、当然「吹奏楽、指導できます!」という人の方が、採用されやすいようです。

前回話に出した、私の友人はホルンをやっていました。

また、前回の書き込みで「教育問題に関する本」の名前は挙げない方が良いと書きましたが、紛らわしのですが、「教育書」は問題ないようです。(そういう物の名をあげるのが1番無難、とも聞きました)

Q学校の常勤講師で数年の生活はできますでしょうか?

24歳のサラリーマン(男)です。現在社会人2年目です。

28歳に会社を辞めて、中学校の数学教師になりたいと思っていますが、26歳には結婚をして、同時期に子供を生みたいと考えています。

28歳で教員採用試験が受かるのがベストなのですが、数年は常勤講師としての生活も考えられます。
中学校常勤講師で、妻と子供一人の生活をまかなっていけるものなのでしょうか?
講師として働く場所は、土地が高くない田舎の地方で働こうと思っています。

特に経験者の方がいたらご教示願います。よろしくお願い致します。


※28歳で辞める理由は、教員採用試験より「民間企業で5年働いた経験がある場合」という特別経験枠(社会人経験枠)がある都道府県がいくつか存在するので、それを活用できたら良いという思いからです。

Aベストアンサー

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


●経験者枠
採用試験に落ちても常勤講師で採用され、それも2~3年勤続したら、経験者枠で受験できる場合が多いです。社会人枠よりも合格しやすいような気がしますが如何。


●常勤講師の採用
ほとんど書類選考です。いかに各学校長の目にとまるかがポイント。指導できそうな部活動はありったけ書きましょう。履歴書の内容にインパクトがなければ、常勤講師の座も遠のきます。なお、勤務地などに条件を付けたら、採用される可能性は当然、下がります。理想は「勤務地不問」。

また、一度、常勤講師で採用され、問題なく?一年を勤め上げられたら、次年度の常勤講師に優先的に?採用されます。正規教諭で埋まらない穴は、まず最初に、前年度の常勤講師で埋められるだけ埋めていきます。それでも埋まらなかった枠に、ほかの登録候補者をあてる、という感じになりますので。

小学校の教諭だと人手不足で、常勤講師に登録したら即?採用らしいです。

ただ、最大の難点は、3月末になってはじめて「四月から勤務してもらえないか」と話が来る場合がほとんどだということ。ほかに仕事を持っていたら、「んな、急に今の仕事を辞めるわけにもいかんし!」と辞退せざるを得ないケースも。


●社会人経験枠
教育現場とどれくらい関連性をアピールできるか、ポイントにはなってくると思います。これって、その道のプロを教育現場に呼び込もう、という発想でできていると思いますので。なので、英語や工業(高校)、商業(高校)などに科目限定している自治体も多いような気がします。実際にこの枠から採用される数は少ないと思われます。


●一芸枠
ほかに、自治体によっては一芸枠?みたいなのもあります(北海道など)。全国大会出場レベルの、何か実績があれば採用されるとか、英検一級とか持っていると、別途考慮してもらえるとか。


●私学
コネがないと難しいと言われる世界ですが、意外と?公募しています。
http://www.shigaku.or.jp/koubo/index.htm

常勤講師か非常勤講師しか募集していませんが、受験者はほとんどいないようで、再募集をかけている学校も見かけます。公立の常勤講師よりも、とりあえず教壇に立てる可能性は高いような気はします。ただし給与は常勤講師で、ボーナス無し、一律で大卒の初任給くらいだと思っていた方が良いかと。勤務状態が良ければ、その学校の正規教諭への昇格が期待できると思います。

残念ながら私学での経験年数は、公立の採用試験の、経験者枠受験のための経験年数にはカウントされない自治体が多いかと思います。それでも、経歴としてはそれなりに評価してもらえるとは思います。

●待遇
常勤講師は、有期限である以外は、基本的に待遇は「教諭」と同じかと。ただし、教員の経験年数などが勘案される関係で、同年齢の教諭よりは、結果として少なめになる可能性はあるでしょう。とはいえ年齢相応の給与はもらえると思って良いと思います。


●一般受験
教員採用試験は、一発で合格・採用されるとは限りません。一般受験でいいので、今年から挑戦される気はございませんか?それでもし、5年連続落ち続けたら(失礼!)、それから社会人枠受験に切り替えても良いのではないでしょうか。


...続きを読む

Q非常勤講師の労働時間と給料に関して

4月から講師希望で自治体に登録していたところ、昨日非常勤で1年間中学校での講師依頼が来ました。条件は、週24時間勤務で、時給は約3000円ほどだとのこと。詳しくは後日(月曜日)ということで詳細は把握していませんが、当然週に24時間分教科指導をするということではなさそうで、一部生活指導等も行うのでしょう。

そこで質問したいのですが、1ヶ月、祝日等がないと仮定して働くと、週当たり72000円、×4週分で単純計算で約29万円になります。校長先生ももう一度そのあたりは調べますと仰っていましたが、この金額だと、余裕で新任教諭の初任給を上回ってしまいます。こんなことは有り得るのでしょうか?形としては準常勤講師(?)みたいな感じですね。

詳細はもちろん後日自分で調べますが、一応気になったのでよろしければ参考にしたいので、ご回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

臨時教職員の呼び方は、自治体によってかなり違いがあるようなのですが、一般に「非常勤講師」とは、授業のみを担当し、勤務時間も自分の授業がある時間、給料は時給で、お書きになっているように1時間につき3000円弱ですね。
ただ、ちょっと気になるのは、24時間という時間数。
一日6時間で週5日だと週に30時間(ロングホームルームなど含む)が一週間の授業時間ですから、非常勤で24時間ということはあまり考えられません。通常、非常勤は、正規の先生で授業を割り振った際に出る「端数」の授業時間や、初任研などで該当の先生の授業時間を減らす場合の授業時間を担当しますから、多くても週に12~3時間程度のことが多いのです。
同一校で週に24時間の授業というと、教諭(臨時的任用)あるいは常勤講師という形で、勤務時間も正規の先生と同じ、持ち時間(授業をする時間)が24コマ、という方が一般的だと思うのですが。

Q関西の4年制大学の音楽学部(音楽学科)について

関西にある4年制大学で音楽を学べるのは、知る限りエリア順に京都市立芸術大学、同志社女子大学、大阪音楽大学、大阪芸術大学、相愛大学、神戸女学院大学、武庫川女子大学だと思います。
音楽学部は学力が重視される他の学部学科より実技のウェイトが高い分、受験時の判断材料となる材料が偏差値中心に考えると判りにくく思います。
学力は予備校等が出している偏差値ランキング等である程度知る事ができますが、実技のレベル、教授陣のレベルは情報が少なくて、知人が受験希望の子供と共に判断しかねています。
厳密には専攻楽器にもよると思いますが、もっとざっくりで良いので、各大学を受験する際の実技のレベルと教授陣のレベルをお教え下さい。
因みにその子は器楽の中で鍵盤打楽器を専攻したいようです。

Aベストアンサー

家が金持ちかどうかと楽器の腕前に関連性はないでしょうから、国公立と私立、両方受かれば、少なくとも貧乏人は国公立を選ばざるを得ないでしょう。
また、首都圏の人口と関西の人口は2:1です。
首都圏の難関音大を3つとすると、関西の難関音大は、あっても二つも無いだろうと想像します。
それだけの市場規模、ということです。
http://passnavi.evidus.com/search_univ/daigaku#00fe00000000-00000--l-18/69
http://passnavi.evidus.com/search_univ/daigaku#0000007e0000-00000--l-18/69
やはり全体で1/3のようです。
おそらく各校のレベル差も、関東の三校分が関西の一校分となりそうです。
更に、少子化で受験生数が約半分強になっているとすると、関西の一校分は昔の関東の五校分に相当しそうです。
関東であっても六番目以降の音大は、そろそろ何だかなぁとなっていたのではないでしょうか。
普通の専攻であっても、関関同立とか、早慶上智MARCH成成明学とか、数としてはそんな感じになるわけで。
そこより下だと。

また、基本的に偏差値は関係ないとは思いますが、それにしても、代ゼミや進研で偏差値40を割るところがあるなら、それはちょっと拙いだろうと想像します。
大学入試基礎と言うよりは公立高校入試に毛が生えた程度の問題(昔の武蔵野音大の問題のこと)すらこなせない受験生でも入れざるを得ない状況である可能性が大です。
なお、プロの音楽家、に対して、所詮音大入試だろう、と言えるような子で、関西の私立音大を考えられる家計の状態であれば、東京藝大を視野に入れるんじゃないかと思います。

というわけで、どこがどうか判らないのは、おそらく、トップを除けばぐだぐだだからだろうと思います。想像ですがね。
わざわざ東京や大阪や京都に出てまで来てくれる音大と、それなら地元にあれば地元で、という音大とで違うことになりそうです。
学費が高いですから、地元で済むなら地元でと考えがちになるはずです。
まして、女の子を家から出したくないと考える親も多いでしょう。
学費だけではない、家で練習できる住環境となると、更にお金がかかるわけです。
極普通の私立文系の選択と学費の壁の高さが違うわけです。
それでも大阪や京都に、という大学とそうでない大学のギャップは広がりそうです。五校分では済まないかも知れません。

偏差値というのは、学力がどうなのか、どこになら受かりそうか、という大変便利な指標です。
音楽に於いて、そういう指標は存在しませんので、ここで情報を集めるのはまるで無駄なことです。
たぶん東京藝大であっても、基礎しか問うてない「つもり」だろうと思います。
勿論、東大入試であってもそうです。
物の見方は見る人の実力によって変わってしまうのです。
私も二年浪人して、入試問題ならある程度こなせるようになってみると、関関同立の問題など、必要な基礎すら問うていない、としか見えなくなりました。
現役時は殆ど宇宙人の言語にしか見えなかったのですがね。
それで大学四年になってみると、指導教員から、基礎が全くできてない、と叱られるわけです。
世の中そういう物です。
その子にとって、もの凄く高度な技術が、関西No.1の音大入試で箸にも棒にもかからないことは十二分にあり得ることですし、逆に、特に変わったことはしてないんだがなぁという状態なのに、どこの音大でも(というのはさすがに難しいか)通用してしまうことだってあるでしょう。
東大に行く人で少なくないのは、質・量ともにもの凄い勉強をした人ではなく、勉強ならできちゃうんで何だか知らないが東大というところに来ることになった人でしょう。
音楽のトップレベルならなおのことでしょう。
私の横で吹いていた奴もそう。
「どうやったらできるんだ?」「いや、特に何かした訳じゃないんだが...」それでできてしまうんです。
私が東京藝大に受かろうと思ったら、私にとってのスーパーテクニックを要求されることになり、一日72時間の練習が必要となるでしょう。
でも、葉加瀬太郎なら「基礎だけ」やっていれば苦労せずに受かるのかも知れません。
葉加瀬太郎が基礎だけできていれば受かる、と言ったとして、それを私が真に受けて準備すれば、私は数年間棒に振ることになります。
ここでも良くありますが、早稲田志望ですが、と言うくらいだから学力もそんなもんなんだろうと思って適当なアドバイスをするおっちょこちょいが少なくないのですが、よくよく質問者の学力を確かめてみれば、関大どころか近大も危ないような学力で、それからするとまるで不適当なアドバイスが山のように並ぶことがあります。
どういう力量の人がどうなのか、です。
楽観的な間違った情報を混ぜ込む事に対する危険性をきちんと考えているでしょうか。
音大美大に関してはどういう力量かが判らない時点で、ここでの情報収集は無理です。
おそらくは多くの大学がぐだぐだな状態でしょうから、となれば、どういう音楽、どういう方向性の教員が、どこにいるか、ということになるのかもしれません。
いずれにせよ、実力が伴わなければ絵に描いた餅ですので、音大予備校や、音大受験向けのレッスンの先生に、相談しない理由がどこかにあるのでしょうか。前も後もないでしょう。
音大というマイナーな進路の中でも、鍵盤打楽器という更にマイナーな進路です、偶然を除けば情報は集まらないと見ます。
早稲田だ慶應だ同志社だ東大だ京大だ、このくらいなら情報が集まるかも知れませんが。(おそらく同志社でもう苦しいでしょうけど)

また、音大を出てもどうにかなる、のであれば、他を出ればもっとどうにでもなる、ということでしかありません。
原理的に、音大卒の就職が文学部卒を上回ることはありません。
特に、関西No.1音大と、関西No.1文学部(京大ね)を比べてしまえば。同偏差値ランクの文学部と比べて不利、という感じでしょう。
一部成功者の話を鵜呑みにするのは、上記の通り危険なことです。
卒業後、音楽の道に進まないのであれば、どうしてそっちの準備をしなかったのですか?ということにしかなりませんし。
成功する人が居ないとは言いませんが。失敗する人が多すぎるだろうと思います。
成功したらどうなのか、失敗したときはどうするのか、その割合は。工学系、社会科学系、文学系、等々と比較しながら考えることだろうと思います。

家が金持ちかどうかと楽器の腕前に関連性はないでしょうから、国公立と私立、両方受かれば、少なくとも貧乏人は国公立を選ばざるを得ないでしょう。
また、首都圏の人口と関西の人口は2:1です。
首都圏の難関音大を3つとすると、関西の難関音大は、あっても二つも無いだろうと想像します。
それだけの市場規模、ということです。
http://passnavi.evidus.com/search_univ/daigaku#00fe00000000-00000--l-18/69
http://passnavi.evidus.com/search_univ/daigaku#0000007e0000-00000--l-18/69
やはり全体で1/3のよう...続きを読む

Q小学校や養護学校の音楽の教員について

私は小学生に音楽を教えたいと考えてる者です。
私が通った小学校には、担任を持たずに音楽のみを教える音楽の先生がいたのですが、小学校の教員免許は科目別に別れていませんよね。

どういった方がやっていたのでしょうか。

実際に小学校にて音楽を教えてる方、またそこら辺の事情に詳しい方、採用過程や必要な免許などを教えてください。

また、養護学校や盲学校の音楽教師についても知りたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うちの小学校では「音楽」「図工」「家庭科」をそれぞれ専門に教えている先生がいます。ひっくるめて「専科」と呼んでいますが、ほとんど中学・高校の「音楽」「図工」「家庭科」の免許を持っている方です。

小学校教員免許を持っていれば、当然全教科を教えるわけですから、
「今年は人員配置の都合で、たまたま担任を持たずに得意な音楽を専門に教えている」
という形で「専科」の先生をしている人も、中にはいるわけです。(めったにありませんけど。)

また、小学校の教員免許を持っていなければ、当然学級担任をすることはありません。
本来は、中学校教諭として採用されるのですが、芸術教科については専門性が高いので、教科の教員免許を持っている人が「専科」として小学校に勤務しているようです。

1週間の授業持ち時間数とその学校の学級数との兼ね合いで、「5・6年生だけ」とか、「3~6年生まで」とかいうように、その教科を専門に教える学年も決まります。小規模校だと全学年の音楽の授業を担当することもあります。

実際に、中学校~小学校間で転勤ということもよくあります。

ただ、専科は担任に比べて人数が少なく(たいていは各校1名ずつ)退職者や他県転出者でもない限り、なかなか空きがないので、最初から狙うには門が狭いのじゃないかなと思います。

小学校に採用されるには小学校教員免許を持っている方がいいかもしれませんね。小学校に採用されてから「音楽教諭免許」を活かして専科になるということもできるし、両方持っていると、市町村の採用段階で「専科」の声がかかりやすいかも知れません。

都道府県によって違うかも知れませんので、参考になるかどうか解りませんが、ガンバってくださいね。

うちの小学校では「音楽」「図工」「家庭科」をそれぞれ専門に教えている先生がいます。ひっくるめて「専科」と呼んでいますが、ほとんど中学・高校の「音楽」「図工」「家庭科」の免許を持っている方です。

小学校教員免許を持っていれば、当然全教科を教えるわけですから、
「今年は人員配置の都合で、たまたま担任を持たずに得意な音楽を専門に教えている」
という形で「専科」の先生をしている人も、中にはいるわけです。(めったにありませんけど。)

また、小学校の教員免許を持っていなければ、当...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報