hidejieeです。
14001の第3者監査で次のような所見を頂いたことがあります。

項番4.4.6項「運用管理」
事実「法律上の特定施設にかかわる作業が有意な作業になって
   いないものがあります。(騒音施設)」

これに対して皆さんだったら、どう是正処置内容を記載します?

さて、補足事項をいくつか
(1)うちの環境影響評価はオ-ソドックスな「定量的(っていうんでしたっけ)
 環境影響評価」です。
 なので、いちおう
 「環境影響の発生と可能性評点(定常時)」あたりに
  人への健康障害とかがあって
  作業環境測定結果レベル(1).(2).(3)により0.2とか0.5とか1.0の評点
  を配分しています。
 もちろん、ここから計算して著しい環境側面にはなりません。

(2)サイトの境界線上の騒音測定デ-タももちろん使います。
 ここも大丈夫。

(3)もちろん、サイトの中には騒音規制法にもとづく特定施設がたくさんあります。
(4)実務管理規格の中で、これらの施設は「設備保全」をしっかりし、うっかり
 して、発生源にならないように規定しています。

でも、監査のサイトツア-で、作業環境のレベル(3)のところをとおりかかって
インタビュ-にうまく答えられなかったみたいなんです。現場が。

で、上記の所見です。(いわゆる正式指摘事項ね)
でも、項番が運用管理なのに、所見の文言をみると、環境側面の規格を改訂しなければいけないような感じもするし・・・・
大体、この書き方だと、法定施設は、何、全部を有意にしろってことか?
てな感じで
「なんか変ではないでしょうか」

どうでしょう?

では。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

環境側面から環境影響評価をするときに「通常状態」「非通常状態」「緊急事態」に分けて評価します。



この時、通常状態で法定基準をクリアしていれば著しい環境側面にならなくて済みます。また機械の立ち上げ時などでも基準をクリアしていればこれもOK

しかし「緊急事態」、例えば防音壁が地震で壊れて周囲に騒音が漏れ出すといったことを想定すると普通は著しい環境側面に当たります。これは生の音が漏れ出したときの評価点を上げれば対応できるでしょう。

そして「緊急事態」で著しい環境側面に指定されることで、「通常状態」でクリアするための作業マニュアルが存在する意義が生じます。
そもそも「緊急事態」にならないようにするために実務管理規定があるのですから。「緊急事態」でも問題無しなら規定を守る意味が無いし。

また、騒音対策として耳栓をしているだけの場合は基準をクリアしているとは言いません。これは応急処置なので音源側に防音対策を講じるまで著しい環境側面です。

以上、元ISO14001構築担当者からでした。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qトンネル工事に女性が参加できなくなった時期について

明治期の新聞に、鉄道のトンネル工事の事故現場から、そこで働いていた女性が救出された、とありました。
トンネル工事に女性が入れなくなったのは、いつごろからなのでしょうか。
ご存知の方がいらっしゃったら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

去年だったのか今年だったのは忘れましたが、トンネル工事に携わる女性陣をNHKで放送をされていましたが。
http://www.news-postseven.com/archives/20160319_392145.html
女性の現場監督者もいれれば、現場で肉体を汚して働いている女性もいます。

Q環境ISO非通常時に有意な環境側面の対応

ISO14001のシステム構築中の担当者ですが
予備審査の指摘で
「化学物質Aについて非通常操業で有意となっているがどう対応しているか不明」
との指摘受けました、非通常作業の手順書のような物はあるのですがこれを持っ
ているだけではまずいのでしょうか、どなたか教えて下さい。

化学物質Aは通常、非通常、緊急事態全てで有意となっており
通常からは・・・・使用量削減の目的・目標活動に繋げています
緊急事態では・・緊急訓練を実施しています
確かに非通常でどうするかはちょっとあいまいで、使用量削減の目的・目標活動
ですと答えたかったのですが、非通常で量の削減というのもおかしいと思います
通常、非通常、緊急事態は次のように定義しています
通常:正常な操業状態
非通常:装置の停止、立ち上げ
緊急事態:事故、地震、火災等 以上

Aベストアンサー

> 非通常作業の手順書のような物はあるのですがこれを持っ
> ているだけではまずいのでしょうか

まず、「持っているだけ」ではまずいでしょう。それを使って
どうするのかが、明文化されていないと。

例えば、非通常時を「装置の停止、立ち上げ」と定義付けて
いるのですから、その化学物質Aがある装置の停止で発生が
抑えられ、立ち上げで発生するのであれば、手順書に従い
停止、立ち上げを行ない、手順書にある基準値になることを
確認し、記録する、とでも書いておき、手順書には、その
基準値、運転で XXppm、停止で 0ppm になることを確認する
と書いておく。

で、別途、確認の履歴があればOKでしょう。

Q技術が発達した現在ではトンネル工事で死人が出ることはないのでしょうか?

TVで黒部の太陽を見てたのですが黒部ダム(黒四ダム?)を建設する時に大町トンネルを貫通するのに苦労し、多数の死人が出たそうですが、技術が発達した現在では大規模なトンネル工事でも昔みたいに何十人も死人が出ることはないのでしょうか?。東京湾アクアラインのような長い海底トンネルでも死人が何人も出たという話は聞かないですしトンネル工事も安全になったのでしょうか?。

Aベストアンサー

シールド工法やコンピュータによるシュミレーション技術は進みましたが、最後の確認をして現場で掘り続けるのは人間ですし、急な出水崩落、火山や温泉帯の場合爆発という危険もあります。厚生労働省の統計のアドレスを載せて置きますので見ていただけるとわかると思います。

参考URL:http://wwwdbtk.mhlw.go.jp/toukei/kouhyo/indexkr_37_3.html

QISO14001環境側面について

ISO14001の環境側面抽出ですが、商品を納品又は販売する場合はOUT区分に入らないですよね?

中間廃棄物処理業者が処理の過程でリサイクル可能な成果物を納品した場合でもOUT区分には入らないと解釈できるでしょうか?

どなたかお分かりになる方、ご回答をお願いします。

Aベストアンサー

追記の補足です。
中間廃棄物の業種という事ですね?

廃棄物をINとした場合OUTにリサイクル品・産業廃棄物(最終処分場・埋め立て)として記載します。

産業廃棄物場合は別にアウトソースの監査及び確認が必要です。其方で運搬するのか?後工程の産廃業者が運搬するのか?どちらにせよ処理後運搬しますよね?“運搬許可書”と最終の廃棄物施設の許可証や許可証の期限等々の確認が必要になります。

厳密に言うと其方から排出された“廃棄物”が間違いなく処理されて埋め立てに使われるのか?を証明する必要があります。

埋め立て地まで見に行く必要は在りませんが御社から出発する車を写真に撮り途中の道順を看板を入れ写真に収め最終処分場の入り口で又撮る。
実際にその処分場で処理されているのかを確認(証明)しなければなりません。(違法投棄の問題)

OUTに最終処分場と記載して明確にしないと問題になりますよ。

車の排気ガスなど“営業車・トラックの使用”と題名を付けINで「車も購入」「燃料使用(ガソリン・軽油)」OUT・「廃車」「排ガス(CO・CO2・NOx)」
更に排出物がどのような物であるか?「排ガス(CO・CO2・NOx)」更にどの法律に触れるのか?・・・
分けていたら後の処理が楽ですよ。

分けて組み立てた方が分り易いと思います。工程は工程、運送は運送、更に工程の分割として考えた方が整理が付くと思います。

環境ISOの場合、環境に起因する全ての項目に整合性を保つ必要があります。一般企業でも産業廃棄物を出す場合、購買先の選定が必要になります。許可証があっても実際にその製品が処理出来るのか?又その能力が在るかを確認する必要があるのです。「任せたからいいだろう」では難しいですよ。

追記の補足です。
中間廃棄物の業種という事ですね?

廃棄物をINとした場合OUTにリサイクル品・産業廃棄物(最終処分場・埋め立て)として記載します。

産業廃棄物場合は別にアウトソースの監査及び確認が必要です。其方で運搬するのか?後工程の産廃業者が運搬するのか?どちらにせよ処理後運搬しますよね?“運搬許可書”と最終の廃棄物施設の許可証や許可証の期限等々の確認が必要になります。

厳密に言うと其方から排出された“廃棄物”が間違いなく処理されて埋め立てに使われるのか?を証明する必要...続きを読む

Q井荻トンネル工事の車線規制は終了しましたか

 井荻トンネル近隣住民ではないですが8月か9月に利用予定あります。埼玉から中央道へいくのに、大泉ICからカンパチ-甲州ー調布IC
と行きたいです。車線規制は平成17年3月20日~平成18年6月までということでしたが、工事完成して車線規制は終了したのでしょうか。東京都建設局のサイトではどこにも「工事完成」との記述はありません。
 5/28に南田中トンネル完成とのことですが、これは建設局に問い合わせたら、井荻トンネル工事の車線規制とは別とのことでした。

Aベストアンサー

工事はわかりませんが、私はいつも埼玉から中央道へ行くのには、大泉--石神井公園のほう--富士街道--田無--武蔵境通りで調布に行きます。
(環八を通る理由があるのなら失礼いたしました。)

QISO14001での環境側面の評価方法

ISO14001での話ですが、環境側面を評価し、著しい環境側面を特定していきますが、その評価の仕方について質問です。
当社では全部署にコピー機が入っていて、全体ではけっこうな量を使います。でも部署毎ではたいした量ではないので、部署ごとで環境側面の評価をすれば、著しい環境側面になりません。ですので、環境目的にもあがってこないので環境マネジメントプログラムで、コピー用紙の削減、というものが出てきません。
全体でみればかなりの量になるので取り組みたいのですが、なにかいい用法はないでしょうか。環境側面の評価を部署ごとではなくて全社でみても問題は無いのでしょうか。

Aベストアンサー

微々たる量も積もればものすごい量・・そうですね。

環境配慮面
まず,現状把握の項目にあがらなければ,評価も何もありませんし
ましてや,改善目標も設定されないでしょうね。
・・ということは多分ご理解の上だとおもいますし
その上での質問だと思いますが。

環境改善項目は下から見たものと,上から見たものは
やはり違う事がしばしばあります。
ご指摘の通り,コピー用紙などはその代表例でしょうね。

総括的に全体の現状把握を行い,使用内容に問題がないか(ゴミになってるとか)の評価をする必要がありますね。
そのうえで,全体目標とそれに整合した部門目標そして対策ということでしょうか。

目標は全体だけでも評価基準さえはっきりしていれば問題ないと思います。
(そのように評価する・・と定められていれば)

コピー用紙にかぎらず,「紙」という考え方もあります。
(ペーパーレスに結び付ける手法:かなり難しいですが・・)
裏白の紙をいかに再利用しているかなど


必要なものと不必要な物が絶妙のバランスで存在しますので
なかなか,このコピー用紙の削減というのは難しいんですよ,実際

評価方法は,
1 紙のゴミの量
2 コピー用紙の購入量
3 コピー用紙の再利用量 等など

但し,コピー用紙自体が通常再生品ですから
(再生品を使っていないのならここから始めて下さい)

これの購入を減らす・・という事が=環境配慮
ではないということは誤認識下さい
(再生品の購入量は逆に増やす事が環境配慮です)

問題視するべきは,ムダに使用されている「コピー用紙」の量のはずです
この部分に最終的に着眼して下さい
(紙は無くせないんだから・・・)

あっ,それからコピー用紙で大きな目標設定すると後で自分の首を絞めますから要注意を・・

あまり,まともなアドバイスでは無かったですね・・

微々たる量も積もればものすごい量・・そうですね。

環境配慮面
まず,現状把握の項目にあがらなければ,評価も何もありませんし
ましてや,改善目標も設定されないでしょうね。
・・ということは多分ご理解の上だとおもいますし
その上での質問だと思いますが。

環境改善項目は下から見たものと,上から見たものは
やはり違う事がしばしばあります。
ご指摘の通り,コピー用紙などはその代表例でしょうね。

総括的に全体の現状把握を行い,使用内容に問題がないか(ゴミになってるとか)の評価を...続きを読む

Q1年前の倉敷市海底トンネル工事中の大事故のその後

一年程前岡山県倉敷市で最大手ゼネコンの鹿島が元請の海底下トンネル工事で大事故があり何人もの作業員が犠牲になりました。海底下の事故であり当時は何もすることが出来ず、その後海底を浚渫してシールド機(トンネル掘削機)を取り出すことになり、 一ヶ月ほど前やっとシールド機が海上へ引き上げられたとの簡単なニュース記事をインターネットで見ました。

私自身以前ゼネコンに勤め大小いろんなタイプのトンネル工事に従事しましたが、現在は転職し海外在住です。このような次第でこの事故原因解明には大きな関心がありますが、やはり鹿島も自社の汚点になるような情報はあまり出したくないと見え同社のホームページを見ても事故原因については触れられていません。もしどなたか情報があれば教えていただけるとうれしく思います。特に以下の点に関心があります。

1)シールド機が回収されて一ヶ月位経ったと思いますが、原因については何か分かってきているのか?
2)事故当時安物の韓国製セグメント(トンネル掘削後取り付けられるコンクリート製の板)が原因のように言われてましたがこれについてどうなったか?
3)事故当時行方不明作業員が全員は見つかってはいなかったと思いますが、こちらのほうはどうなったのか?
4)事故の起きたトンネルの代替のトンネルは掘られたのか?
5)鹿島は事故の後役所の指名停止や、労基からの処分をうけたのか?

その他お知りのことがあれば教えてください。どうかよろしくお願いします。

一年程前岡山県倉敷市で最大手ゼネコンの鹿島が元請の海底下トンネル工事で大事故があり何人もの作業員が犠牲になりました。海底下の事故であり当時は何もすることが出来ず、その後海底を浚渫してシールド機(トンネル掘削機)を取り出すことになり、 一ヶ月ほど前やっとシールド機が海上へ引き上げられたとの簡単なニュース記事をインターネットで見ました。

私自身以前ゼネコンに勤め大小いろんなタイプのトンネル工事に従事しましたが、現在は転職し海外在住です。このような次第でこの事故原因解明には大き...続きを読む

Aベストアンサー

ttp://www.geo-yokoi.co.jp/News/Mizusima_Sield.htm
水島シールド事故の教訓
(13/08/28)の図
筆者による考察

ttp://www.asahi.com/area/okayama/viewphoto_okayama.html?area-pg/OSK201308240091.jpg
シールドマシン内側より
ttp://photo.sankei.jp.msn.com/kodawari/data/2013/08/23kurashiki/
シールドマシン内側より

Q製品及びサービスの環境側面

ISO14001の事務局をしている者です。環境側面の抽出に関して、社員に良い事例を示す事が出来ないかと悩んでいます。設計開発や営業等は容易に考えられるのですが、製造部門や総務部門等が、いくら考えても出てきません。”活動”の側面が多い部門について、何か良い事例が載っている書籍やHP等を知っている方、或いはご自分で色々やられている方等、教えて頂けるとありがたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 私も事務局経験者です。
 参考書やHPは・・・残念ながら知りません。 私はセミナーで貰ったテキストを役立てています。

 サービスの側面ということですが、ライフサイクルアセスは実施されましたか?WEB検索するとたくさん出てきますが、端的に言えば製品の生涯追求です。製品として送り出した後の環境影響を把握し、活動に結び付けます。

 総務は非常に難しいですよね。自分の所では、環境教育を一手に引き受けてもらっています。部署内に限定しないで、「環境教育による意識改善によってどんな環境影響が出るのか」という良い環境側面を抽出できます。

 コレが正解かどうかは分かりませんが、責任者一人事務局一人で切り盛りできる程度の中企業で、とりあえず審査は通っています^^;

Q夜間のトンネル工事について

 市が発注するトンネル工事で24時間作業することを考えています。しかし、騒音規制法では特定建設作業を実施する場合、24時間の作業は認められていません。そうなると24時間作業はできないのでしょうか?高速道路の建設などは24時間やっていると思うのですが・・・どうか宜しくお願いいたします。(作業地域は騒音規制法の第3種地域です)

Aベストアンサー

法律の専門家ではないので、意見です。
トンネルの中は、ある意味治外法権的な面があるので厳密には関係ない部分がありますが、一応、地上と同じ法律を適用するのが通常でしょう。

24時間作業については、シールドマシンをゴリゴリしてダンプが昼間と同じように往来する作業は、やってはいけません。

24時間の作業は、内装などの計装作業に限られます。 つまり17時に入坑して朝までトンネルから出ないような作業に限られます。

住民には、安眠を邪魔しないほうが懸命です。意義を唱えられると作業がとまりますよ。

Q工場の騒音について  夜中ブーンと騒音が聞こえるのですがどうしたらいいのか・・・

小牧市の分譲マンションに住んでいます。近くに日本碍子があり、一日中騒音があり困っています。ボイラーの音なのかよくわかりませんが、家の中にいると、特に夜ですが気になって寝ることができません。音は冷蔵庫やパソコンの近くにいるとブーンと聞こえる音みたいなのがずっとなっています。窓を開けるととくにその音が大きくなるため開けることができません。生後4ヶ月の子供がいて、そのこに影響しないかも心配です。こういった悩みを抱えている方、対処方法とかってありますか?やはり、一人だけではなにもできないのでしょうか?音に関しては他の人も耳障りといっています。その音のせいで耳鳴りみたいな頭痛がするのですが、やはり自分負担でペアガラスにするとかになるのでしょうか・・・

Aベストアンサー

音については、騒音規制法により基準が定められ、自治体の条例により規制されています。
しかし、比較的低い周波数の音の場合は、人により影響の仕方が大きく異なり、同じ家で生活していても、「ひとりだけ気になる」と言う場合が多く、一人だけで悩むことになります。

まず、地元の役所の公害課・環境規制課等の工場規制担当課に連絡して、騒音の原因を調べてもらい、工場に交渉をしてください。

日本碍子ですと、セラミック工場の可能性があり、炉のバーナーや送風機が24時間稼動している事もあります。

音の大きさが規制値以下である場合もありますが、最近はISO14001を取得している企業が増えており、環境対策に重点が置かれています。

ですので、悩むより役所や工場の公害対策担当に「相談」をする姿勢で話すことが必要です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報