ママのスキンケアのお悩みにおすすめアイテム

戸建て住宅で準防火地域にバルコニーを設置する計画があります。
バルコニーの法規制について質問ですが、廊下と同じ考え方になるのですか?
だとすると、柱や軒天井等を防火材で隠蔽する必要があるのですか?
アルミバルコニー(アルミ剥き出しで床はデッキ材)は一般的に見かけるので、そこまでしなくていい根拠があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

設計業です。



不明点が少なからずある為、原則論(経験論?)として捉えて下さいね。
ある程度用語は理解されてる方ですね。

アルミバルコニーの垂直面に可燃材はありませんよね、アルミオンリーでしたら問題ありません、延焼の恐れにかかっても。
可燃デッキ?は使えないでしょう。

壁、軒天井は延焼の恐れにかかる部分は防火構造が必要になります。

ちなみに軒天材のみで防火構造認定取っている製品は御座います。

破風などは、不燃材で覆えば許可してくれる行政庁がほとんどでしょう。

いずれにせよ、何よりすべきは所轄の行政庁なり、指定確認機関に聞いてみる事でしょうね。
地域により解釈は異なる事多いですから。

>そこまでしなくていい根拠があるのでしょうか
準+防火地域以外の建物でしょうね。

憶測が多く恐縮ですが、ご参考まで。
    • good
    • 0

建築基準法でいう「廊下」とは「室」ではない空間で、主に避難経路として利用する場所をいいます。


バルコニーは避難用途には使えませんし、屋外にあるもので「主要な構造物」ではないですから、耐火性能は要求されないはずです。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
逆説的に言うと、非難ハッチが付く様な場合は避難経路にあたるので、
耐火性能が要求されるのでしょうか。

補足日時:2007/05/08 16:46
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q後付バルコニーは基準法では 屋根扱い?

後付バルコニー(キャンティ)は 基準法上で屋根扱いになるのでしょうか?今 一部の指導課で 上記の扱いと指摘されています。ですので、不燃認定を問われています。商品に不燃の大臣認定品はありません。
いままで 建物の付属物扱いとの認識を持っていましたが・・・
分かる方 居ましたら教えてください。

Aベストアンサー

バルコニーの下に用途が発生しそうなときは屋根とされることもあるようです。下に用途を発生させないつまり駐車場の上とかにしないような注意が必要ではないでしょうか。
おっしゃっているバルコニーは先付けボルト片持ちバルコニーですよね。下に用途がある時は躯体持ち出しのキャンテバルコニーにしなければいけないという方法になるのではないでしょうか。

最近ですが、準防地域ですのこバルコニーのすべてを建築面積に入れるという狭小敷地での役所見解が出ました。このときも駐車場に半分かかるので用途発生です。木バルコニーデッキを希望しているお客様でしたが残念ですが屋根扱いではデッキ素材は不可能となりました。不燃認定無垢材があることはわかっているのですがコスト的に・・というのもありますよね。アルミだとないですよね確かに。

Q法22条地域の サンルームの屋根

 法22条地域(用途地域は住居系)に建つ、木造2階建て専用住宅に関して、アドバイス願います。
 この住宅に、既製品の サンルーム(サンテラス)を増築したいのですが、これらのサンルームの屋根材は「ポリカーボネート厚2.5」になっています(カタログ情報)。

 (1) このような屋根材は法22条地域(屋根材は不燃を要求)に用いて良いのでしょうか。
 (2) 用いてよい(と私は思うのですが)、法的な根拠は、どうなるのでしょうか。

 手元の法規集(基準法・告示集)を読んでもよくわかりません。よろしく、アドバイス願います。なるべく詳細な解説をお願いいたします… m(__)m

Aベストアンサー

既出の回答の通り、厚さが8ミリ以下のポリカーボネート板は、不燃性の物品を保管する倉庫等の屋根、及び簡易な構造の建築物の屋根と壁には採用ができる場合があります。
簡単に説明すると、火災により火の粉が飛んできても、それが原因で火災になければ問題がないと判断します。

行政会議の判断の文章
http://www.jcbo.com/20025.30funensei.pdf

ポリカメーカーの一覧表
http://www.takiron.co.jp/product/product_01/images/pc001.pdf

上記の文章には、「これと同等以上に火災の発生の恐れの少ない用途」という記述があり、サンルームをその様に判断する行政があるかもしれません。
その様な判断がされれば、延焼の恐れの無い部分であれば設置は可能になるので、商品としては有効になるのではないでしょうか。

Q準防火地域のバルコニーの仕様

準防火地域で木造3階建てのバルコニーをFRP防水仕上げ(アイカ工業のDR認定品)で施工する場合の下地を梁の上に28mmの構造用合板(剛床)で勾配をとりその上に9mmの構造用合板を敷いてFRPの下地にしようと計画しておりますが問題はないでしょうか?

Aベストアンサー

ほ~失礼。さっきは急いでたので。
ちょっと確認したら断熱なしでもいけますね。
木下地30以上、野地板合板9以上、断熱材20~65又はなし、補強合板9以上、プライマー0.2、防水塗膜2.06~3.8でした。
でも、釘の指定も4仕様あり、塗膜も、上塗り、中塗り、下塗りのほかに補強層が必要です。それも4仕様あるので選ばなきゃね。

なのでメーカー相談して下さい。

Q木造2階建てのバルコニー

住宅の新築を考えています。

規模は木造2階建て、35坪程度です。
2階のバルコニーを木で、格子状に作りたいのですが、建築基準法上何か問題はありますか?
準防火地域という土地だと、木は燃えやすいから、
無理ですか。

教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

先ずこれから書くことは大改正以前の話です。又、自治体で解釈も違いますので私の知っている自治体での話です。
法22条地域でも木製バルコニーは駄目です。まして準防火地域では許可されません。
アルミでもOKがでない時期がありましたが、今はアルミは大丈夫のようです。
どちらにしろ役所で聞いてみてください。
木材を防火処理した物も出回っていますが、役所で認定されているかどうかは聞いてみないとわかりません。

Q共同住宅の廊下幅員について。

共同住宅の廊下幅員について。

2階建て4戸の共同住宅で、1階(2戸)の床面積が52平米です。
建令119では片側居室の場合の廊下(屋外)幅員が≧1.2m(>100平米の階の共用のもの)
とありますが、それぞれの階が100平米以下の場合はどうなるのでしょうか?
また、プラン調整により、合計の延べ床面積が100平米に満たない場合も想定しています。
上記の内容でしたら、階段の幅員は75cmで良いという認識なので、廊下も同様に75cmでは不可なのでしょうか?

共同住宅に詳しい方がおられましたらご教示いただけますでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

2代目cyoi-obakaです。

#1の2009kenさんご指摘は、手厳しいですね!
しかし、建築基準法同関係法令上の基本的事項ですので、質問者さんが建築業界の方でしたら、チョット困った事です。

取り敢えず、一般の方と解釈して………回答します!
もちろん、それぞれの階の床面積が100平米以下であれば、廊下幅員の規定は適用されません。
従って、廊下幅員75cmでも法律上は、問題有りません。
しかし、通常、廊下幅員が75cmでは、玄関扉(既製品)が90°開きませんよ!
また、玄関扉を開いた時に、仮に廊下を通行する人間がいたとすれば、大変危険な状況に成ります。

確かに、2所帯の為の共用廊下ですから、通行量は少ないでしょうが、最低90cm以上は廊下幅員を確保する事が、常識でしょう!
引越しの時の荷物の出し入れにも、苦労しますよね。
基準法は、最低の規約です!!
これを理解しないと、とんでもないしっぺ返しを食らいますヨ!

また、階段の事にも触れていますが、共同住宅の階段を幅員75cmで設計したら、その方は設計士としては落第です!

どちらにしても、廊下及び階段は、非常時の大切な非難経路です!
通常では起こらない事も、非常時では起きてしまう可能性がありますので、充分な配慮を希望致します。
これは、居住者の安全のため、オーナーの管理責任のため、そして設計者の設計責任ためです!!

以上です。

2代目cyoi-obakaです。

#1の2009kenさんご指摘は、手厳しいですね!
しかし、建築基準法同関係法令上の基本的事項ですので、質問者さんが建築業界の方でしたら、チョット困った事です。

取り敢えず、一般の方と解釈して………回答します!
もちろん、それぞれの階の床面積が100平米以下であれば、廊下幅員の規定は適用されません。
従って、廊下幅員75cmでも法律上は、問題有りません。
しかし、通常、廊下幅員が75cmでは、玄関扉(既製品)が90°開きませんよ!
また、玄関扉を開いた時に、仮に廊下を通...続きを読む

Qガレージ・自動車車庫の内装制限

お願いします。
ガレージや自動車車庫は規模に関係なく内装制限を受けると思うのですが、よくガレージ用シャッターなどのカタログを見ると、木造で天井は梁や野地板が現しになっているのを見ます。

天井現しは可能なのでしょうか??
それともガレージは自動車車庫扱いされないような事ができるのでしょうか??

Aベストアンサー

No.3さんの回答が少し・・・と思うことがあったので書き込ませていただきます。

>内装の制限を受けないのは、無指定(市街化調整区域)ぐらいなので、注意です。

日本全国で内装の制限を受けます。

>車庫扱いされない車庫とは、
倉庫、物置をいつの間にか転用するとか。

それを行っている方が多いのは否定しませんが、違法です。
用途変更の申請を行い、当然、法適合状態とすることが求められます。

>イナバやヨドの車庫を作っちゃえば?内装制限なんて関係しなくなっちゃいますよ。

当然、建物ですので、確認申請や内装制限が求められます。

建築基準法はザル法と言われていますが、法施工以前の既存建築物の存在と罰則が甘いためだと思います。建築基準法は建物を建てる上で最低限の基準を定めたものですので、ザルとか言わずに法令順守しましょう。

Q木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

木造軸組工法の耐力壁について、いくつか教えて頂きたい事があります。

1、構造用合板を使った耐力壁は、幅が最低600mm必要だと質問の中で見つけましたが、
  これは何かにはっきりと記載されているものなのでしょうか?
  軸組工法だと最低900mm必要という文章もありました。

2、筋交いを使った耐力壁は、最低900mm必要ということですが、
  以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
  まで耐力壁とみなす、というのを教えてもらったことがあるのですが、
  これは間違っているのでしょうか?
  同じく、この事も何かに記載されていますか?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

木造軸組工法の耐力壁については、「木造軸組工法住宅の許容応力度設計(2008年版)」をご覧下さい。
http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html


P60の解説欄には

1、構造用合板を使った耐力壁の前提条件は、L≧60センチ且つH/L≦5

2、筋交いを使った耐力壁の前提条件は、L≧90センチ且つH/L≦3.5

ですから、面材で、60センチ以下、筋交いで90センチ以下は、耐力壁として算定出来ません。

>以前、柱の1/3の幅(例えば2500mmの柱であれば、833mmまでOK)
2008年12月以降、90センチ以下の筋交いは、算定出来ません。

参考URL:http://www.howtec.or.jp/joho/syoroku/syoroku202.html

Qベランダは建築面積に入るの?

建物がコの字にあります。
このコの字の寸法が三辺とも1820なんですが、
そこにベランダをつけたいのです。1820x1820の正方形で
三辺が壁に取り付く形です。その場合、建築面積に入りますか?
はね出してる場合は出先から1m後退した距離で面積に参入されるそうですが、三方が壁の場合でも、1m後退して1820x820って事にしていいんですか?それとも三方だから全面積(1820x1820)が参入されるんでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは
建築面積は「建築物の外壁又はこれに代わる柱の中心線で囲まれた
部分の水平投影面積による。但し高い開放性を有する場合は
出先から1mの範囲は不算入とする」となっているので、
三方が壁に囲まれている場合は 全面積(1820×1820)が
建築面積に含まれると思います。

但し、上部に屋根や庇などを付けないのであれば
高い開放性を有する場合と考えられると思うので
一度建築指導課に相談に行かれた方が良いと思います。

Q10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか

10m2以下の物置は確認申請上、建築面積や床面積に含まれるか
知りたいです。
カーポートを設置するために確認申請を出すのですが、敷地内に10m2以下の物置
(ヨド物置)が2つ置いてあります。
1つの物置が5.43m2で2つ合わせると10.86m2です。
他に建物はたっていません。

この場合、確認申請の既存建物の床面積、建築面積には含まれますか?
ちなみに防火地区の指定はありません。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

物置も今の法律では建築物の扱いです。確かに昔は可動なものだといって法解釈が違いました。
基礎がちゃんとしてないと実は既存不適格扱いになることもあります。
面積を換算する物置の定義は中に人が入って作業するものかどうかです。
5.43m2なら大きいのでこの場合は面積に含まれます。

他に建物が建っていない???増築ではないということでしょうか?
家があるとすれば建物の申請から10.86m2建築したことになり本当はその時点で申請が必要であったということになります。今となってはきびしくいえば手続き違反の状態です。

取り扱いや申請の細かいところは審査機関でご相談ください。
審査期間は違法を摘発するところではないので適法状態にする相談をするとよいでしょう。
審査機関によって実は求められる内容に差がでる部分です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング