マッサージ店を開業したいと思っているのですが、ご意見をお聞かせください。
・私自身はまったく技術はありません。過去に骨の病気をして、左手人差し指がまったく曲がらない事もあり、今後も自分が施術する予定もありません。
・資金は1,000万程度あります。
・施術を受ける方には大変興味もあり、実際良く通っていて、色々な所で「人気店の経営面(店の作りやサービス等)」もよく観察しているつもりで、またネット等で備品・什器についても調べていますので、未経験でもある程度は店舗が作れると思っています。
・経験者でないと分からない部分も多々あると思いますので、開業前から店長的な方を探し、「技術者」の観点で一緒に考えてもらいたいと思っています。
このような「資金はあるが自分に技能がない」といった条件で開業は難しいでしょうか。
また、可能性がある場合、いわゆる「クイックマッサージ」(ベッド、クイック用の椅子、リフレクソロジー用のチェア各2,3個程度)と、オイルマッサージ等を売りにしたカフェやサロン的な要素もある女性向きの所と、どちらが向いているでしょうか。
自分の好みで言うとサロン的なお店にしたいのですが、利益率でいうとクイックの方が格段によさそうな気がしますので、我ながらかなり絵空事とは思いますが、最初にクイックで利益を上げ、ゆくゆくはサロン的な所を・・・と考えています。
経験者の方、どうぞご意見お聞かせくださいませ。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

まずは、有資格者の施術にて開業希望との事で安心致しました.



>このような「資金はあるが自分に技能がない」といった条件で開業は難し いでしょうか。

 店長(有資格者)を固定給で雇い、後の有資格者は業務契約する.
 例えば、店長は月給50万円以上、業務契約者は売上の6~8割に消費税をつけて、業務契約者より請求書を提出させる.
 ポイント、オーナーが技術がない場合は、店長(有資格者)の給料を高く設定しておかないと、軌道に乗った途端に近くで開業されますよ.もちろんその時には、免許引き上げです.

最後に、有資格者でなくても開設者にはなれます.
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます♪
自分に知識がない以上、店長を優遇して・・・というのは考えはいたものの具体的に全然わからなかったのですが、金額の目処が付きました。
一般の施術者の募集記事などから推測していた金額よりかなり高額ですが、やはり店長クラス、とくに、技術者のトップという位置づけになると、これ位ないとダメですよね。

お礼日時:2007/05/13 16:30

開業は難しくありません。

経営者に技術があるなしは基本的にかんけいありません。利益をあげる店を作るわけですから、一番重要なことは、マーケティング能力です。沢山の整体院などができて競争が大変激しくなっていますから、競争に勝つ能力が重要です。一千万円の資金ではサロン的なお店は、内装費用もでないのではありませんか。
立地、ターゲット顧客、価格、提供するサービス、従業員の能力など明確にして、競争店舗に勝つコンセプトを作る能力さえあればOKです。質問があれば更に具体的に事例をあげて回答します。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます♪
確かにサロン的、かつ人を雇えるほどの規模となると予算不足かもしれないですね。この金額で出来るサロンはベッド2,3程度で、自分でも施術できるか、あくまで副業的に「場所を提供する」程度になりますよね・・・。
具体的な質問はまだ浮かんでこないのですが、また質問させて頂くかもしれないのでその時はどうぞよろしくお願い致します!

お礼日時:2007/05/13 16:36

無資格者が施術をしなければ違法性はありません。



ただ、あま指師を雇うと国家資格ですから人件費高くなりますけど。
盲人保護の観点から学校が増えないので有資格者数が少ないですし、求人倍率も高いですので。

今はストレス社会ですので都市中心部やオフィス街等は癒しを目的としたマッサージ(施術ではなく慰安的な綺麗なサロンで)が流行るかと思います。
郊外などは高齢化社会により老人が多いので施術を目的としたマッサージ店が流行るかもしれません。

今、マッサージ店(野放しですが、リフレクソロジーやタイ式マッサージといった無資格営業者含め)は増えてきていますので、競争も激しいかと思いますが是非とも頑張って下さい。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

度々ありがとうございます♪
なるほど、地域に依って業態も考えたほうがいいですね。
元々の質問の
> このような「資金はあるが自分に技能がない」といった条件で開業は難しいでしょうか。
についても、どうぞよろしくお願いします。
難しいかどうかではなく、実際にそういう所のあるなしや、雇われ側から見て「技術のないオーナー」がどう映るか、などでも結構です。

お礼日時:2007/05/10 12:57

未経験と記載されておりますが、先ず念の為お聞きしますが、医師又は按摩マッサージ指圧師の資格はお持ちでしょうか?



上記資格が無ければ、厳密にはマッサージ(マッサージの呼称を使わずとも、対象者に痛みを伴う程度で体の部位を押す行為全般)を行う事は違法行為ですので御注意下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早々のレス、ありがとうございます♪
私自身、資格はどちらもなく、上記については承知の上で(実際はほぼ野放しとは言え)無資格者を雇うつもりはありません。
ただ、経営者自身が施術をしない場合もやはり違法になるのかどうかが私が調べて限りではよくわかりませんでした・・・。
その辺りについてもご教示頂ければありがたいです。

お礼日時:2007/05/09 22:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qマッサージ店開業について

リラクゼーションマッサージ店を自宅で開業したいと思っています。開業するにはどういう手続きをしたらいいのか、またいくら資金は必要なのか、全くわかりません。お店を開く手順なども含めて教えて頂けるととても助かります。

Aベストアンサー

管轄する、保健所で、相談を、衛生管理設備が、ありので、工事依頼前に、相談を、受けた方が、開店が、スムーズに出来ますよ。

Qマッサージって資格が必要ですか?

大手のマッサージ派遣会社が、無資格のマッサージ師を大量に雇い
マッサージに関する法律違反で逮捕されたそうですが、
マッサージって資格が必要なんですか?

例えば床屋さんや美容院で軽くマッサージをしてくれますよね。
あの場合も資格が必要なのでしょうか?

私の友達に無資格でマッサージのバイトをしてる人がいて、
電話してみたら「マッサージって資格いらないらしいよ」って言っていました。

お伺いしたい「マッサージ」とは、針などを使用するマッサージではなく、
温泉などで受けるマッサージです。

Aベストアンサー

こんにちは。マッサージ師をしています。
NO.2さんの回答にちょっと疑問があったので、
訂正させて下さい。
マッサージは厚生労働省もしくは文部省
認可の養成校で解剖学、生理学、病理学、
リハビリ医学、東洋医学論、実技などを3年以上学び、
国家試験を受け合格した「あんまマッサージ指圧師」
という国家資格を持った人のみできる仕事です。
これを無資格で行うのは「あんまマッサージ
指圧師はり師きゅう師(通称あはき師)」法
違反となり、処罰されます。今回のエーワンの
事件はこれですね。無資格者が「マッサージ」
という言葉を使ってはいけないんです。よく
リフレクソロジーとかがマッサージと言わないで
トリートメント、タッチング、という言葉に
言い換えているのもこの法律のためです。だから
NO.2の方のお友達も違法行為をしている事になる
のですが、これを知らないで国家資格ではない
民間資格(整体とかカイロとかリフレとか、また
その学生とか)を持ちながらマッサージ店で働いた
りしている人は多いですね。
ひどい所だと、まったくの未経験の人も数日の
講習でお客さんをやらせるという所もあります。
NO.2さんのお友達は、「胃が悪い」という
ような事を言う事が違法だと仰っているようですが
それは医師にしか認められない診断行為をしている
とみなされるからであり、マッサージ師もしては
いけない事です。
おそらく勘違いなさっているんだと思いますよ。
とにかく、無資格で「マッサージ」という言葉を
使って商売する事は違法です。今までそうした
声は挙がっていたものの逮捕者が出ることは殆ど
なかったのですが、今回の逮捕をきっかけに
おそらく今後も無資格マッサージへの目は厳しく
なっていくと思います。
やはりマッサージは人の体を扱う仕事なので
きちんと人体について知識がある人にやって
もらうほうが安心だと思います。
美容院で最後に行うマッサージについては
私の勉強不足で今は分かりかねすので、調べて
みようと思います。
参考HPもご参照下さい。長文失礼しました。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~mmura/musikaku.htm

こんにちは。マッサージ師をしています。
NO.2さんの回答にちょっと疑問があったので、
訂正させて下さい。
マッサージは厚生労働省もしくは文部省
認可の養成校で解剖学、生理学、病理学、
リハビリ医学、東洋医学論、実技などを3年以上学び、
国家試験を受け合格した「あんまマッサージ指圧師」
という国家資格を持った人のみできる仕事です。
これを無資格で行うのは「あんまマッサージ
指圧師はり師きゅう師(通称あはき師)」法
違反となり、処罰されます。今回のエーワンの
事件はこれですね。...続きを読む

Qアロマオイルマッサージは資格が要らない?

 アロマオイルマッサージは資格が要らないお仕事と聞きました。実際、私も少しの研修だけを受けてアルバイトでお客様にマッサージをしていました。

 そこで質問なのですが自分で開業する場合にも資格は要らないのでしょうか?

 開業する際、しなければいけない事など教えて頂きたいのですが。

Aベストアンサー

今現在アロママッサージのバイトをしているという事なので大変お答えしにくいのですが、厳密に法を解釈すると、アロマサロン等でマッサージ(トリートメント)を行なう為には、あん摩マッサージ指圧師の免許を所得し、施術所開業届又は、出張施術業務開始届を保健所に提出し受理されなければなりません。

現在のようにあたかも治療でなく癒しやリラクジテーションであれば、関係法令に触れることなく誰でも行なえるかのごとく広く世間に誤認されている原因に昭和35年の最高裁の判決の誤った解釈にあります。この判例の説明文や当時の最高裁裁判官の意見書が残っているのでご興味があれば調べて見つけることができると思います。上記判例は現在でも行政にて混乱しているところでもあり、この混乱が多くのアロママッサージ店などの非公認治療行為を生み出し、取り締まり不能状態に陥っているところです。

アロママッサージは大変効果のある代替医療です。決して無害有益のものではなく有害有益なものであり、きちんと国が担保した資格者に委ねられるものだと思います。最近では、各マッサージの有資格者団体がアロママッサージや整体を行なう人たちを、無資格者と呼び、何十万もの署名を集め国会に取り締まり強化の法の制定を望み、時期国会にも提出される可能性があると聞き及んでいます。もし、お時間があれが文頭に記載致しました資格を取り各関係法令を遵守し開業なされたほうが宜しいのではないでしょうか。

今現在アロママッサージのバイトをしているという事なので大変お答えしにくいのですが、厳密に法を解釈すると、アロマサロン等でマッサージ(トリートメント)を行なう為には、あん摩マッサージ指圧師の免許を所得し、施術所開業届又は、出張施術業務開始届を保健所に提出し受理されなければなりません。

現在のようにあたかも治療でなく癒しやリラクジテーションであれば、関係法令に触れることなく誰でも行なえるかのごとく広く世間に誤認されている原因に昭和35年の最高裁の判決の誤った解釈にあります。...続きを読む

Q女性マッサージ師とお客の恋愛ってありますか

女性マッサージ師とお客の恋愛ってありますか

25歳男です。

最近、あるマッサージ屋さんに毎週のように行っているのですが、そこの女性マッサージ師さんがかなり気になっています。
スタッフが女性ばっかりということで、お試しという感覚で行ってみたところ気持ちよかったので、何度か行っており、最初は指名はせず適当に空いてる人にお願いしていたのですが、あるとき担当してくれた人のマッサージが気持ちよかったので、次もその人だったら良いなくらいに思ってたら、次に行った時も偶然その人で、僕のことを覚えてくれていました。

その時に、次の予約をその人指名でして以来、行く度もしくは予約するたびにその人指名するようになりました。

最初はマッサージは気持ちいいなくらいだったのですが、話をしてても楽しいし笑顔も素敵だったのでマッサージ以外にも癒しを得られるようになっていて、かなり気になっています。
ちょっと前に言ったときは、寝付けないという話から始まって、少し前に女の子にフラれたという話までしてしまいました。

今までに、こっちが好意を持っていると匂わすような発言はして来なかったので、今のところ向こうは毎回指名してくれるお得意様くらいにしか思っていないと思います。

なので、今日思い切って名刺の裏面に連絡先を書いてその人に渡しました。
ただし、マッサージ中にわざとらしく名刺に関する話をして、渡しやすくしたんですがね。いきなりだとびっくりすると思ったんで。

ただ、マッサージ師さんとお客の恋ってあるんですかね。
どうなんでしょうか教えてください。

女性マッサージ師とお客の恋愛ってありますか

25歳男です。

最近、あるマッサージ屋さんに毎週のように行っているのですが、そこの女性マッサージ師さんがかなり気になっています。
スタッフが女性ばっかりということで、お試しという感覚で行ってみたところ気持ちよかったので、何度か行っており、最初は指名はせず適当に空いてる人にお願いしていたのですが、あるとき担当してくれた人のマッサージが気持ちよかったので、次もその人だったら良いなくらいに思ってたら、次に行った時も偶然その人で、僕のことを...続きを読む

Aベストアンサー

#3です。お礼ありがとうございました。

質問文の感じとかお礼の感じから
質問者様は私が挙げた種類のお客様とは違う、というのはわかります。
ただ、関係性上
向こうに告白させる、ぐらいに
地固めをしてから動かれたほうが賢明だったかな、と思っただけです。
そしたら色々な情報を向こうから与えてくれたでしょう。

>自分としては、一方的にしゃべていたわけではなく、
普通に会話をしていたつもりでしたので、ちょっと配慮が抜けていたのかもしれません。

「会話」には当然なります。
それをお客様が心地良いと思っている、と感じれば
そういう風に対応します。
「聞いて欲しいだけ」のお客様には
徹底して聞き役になります。
そこはそういうもんだと思います。

その方は「割と距離の近い会話を質問者様が心地良いと感じている」と感じ取り
そのような対応であると思います。
もしくはもともとそういう人かもしれません。
「話しやすい」と思われているかも。
で、
敬語とかタメ口については、そのお店のカラーによるところが大きいです。
私の勤めていたところは
私の店舗ではお客様にタメ口はありえませんでしたが(スタッフより年下でも)
他店舗ではタメ口当たり前、でした。
同系列のお店でも、お店によって様々なので
店が違えばコンセプトも違うと考えるといいと思います。お友達の話は参考として。
他のスタッフが質問者様とスタッフの会話を聞いていて
「タメ口とはなにごと」と怒らないのであれば
その店舗は割とお客様と「仲良くなる」というやり方なのかもしれません。
指名に関しては、何度も指名をしているようなら
気を利かせて固定にすることはままあることです。

なのでアドバイスするとすれば
がっつかずに
施術中の会話を
相手に喋らせるように持っていくといいと思います。
タメ口になってきているなら
相手の口も滑らかになりやすいでしょう。
そこから分析してツボをつき
惚れさせることです。

#3です。お礼ありがとうございました。

質問文の感じとかお礼の感じから
質問者様は私が挙げた種類のお客様とは違う、というのはわかります。
ただ、関係性上
向こうに告白させる、ぐらいに
地固めをしてから動かれたほうが賢明だったかな、と思っただけです。
そしたら色々な情報を向こうから与えてくれたでしょう。

>自分としては、一方的にしゃべていたわけではなく、
普通に会話をしていたつもりでしたので、ちょっと配慮が抜けていたのかもしれません。

「会話」には当然なります。
それをお客様が心地良...続きを読む

Qリラクゼーションの民間資格って必要ですか?

未経験からセラピストを始めて半年経ちます。
初めはお店で研修を受けました。
だんだん仕事の内容にも興味が湧き、ツボやリンパの本を買って読んだり、
セラピストのサイトを見まくったりしています。
将来的には個人で小さなサロンができたらいいなぁと思っているのですが、
やはり民間のものでも資格を取った方がいいのでしょうか?

日本でリラクゼーションは国家資格などなく、
あくまで民間の団体が独自で発行している、「資格」というより「修了証」?だとも聞きました。
スクールやアカデミーなどを見ていると料金がめちゃ高いです。
中にはお金さえ払えばそれらしく名乗れるところもあるとかないとか。。

でも、先生や講師、サロンのオーナー店長などのプロフィールを見ると、
必ずと言っていいほど「〇〇認定○○修了」とか「○○取得」とか書いています。
しかもたくさん!
正直、それが一体どんな団体なのか、どれほどの効力があるのか分かりません。
ただなんとなく素人には「この人はこんなにいろいろ修了してすごいな~」という印象は受けます。

そもそも法的には認められない資格ですが、
高いお金払ってでも取得する価値はあるのでしょうか?

取ってよかったという方、取らなくてもいいんじゃないの?という方、、、
いろいろ意見を聞かせてくだい。

未経験からセラピストを始めて半年経ちます。
初めはお店で研修を受けました。
だんだん仕事の内容にも興味が湧き、ツボやリンパの本を買って読んだり、
セラピストのサイトを見まくったりしています。
将来的には個人で小さなサロンができたらいいなぁと思っているのですが、
やはり民間のものでも資格を取った方がいいのでしょうか?

日本でリラクゼーションは国家資格などなく、
あくまで民間の団体が独自で発行している、「資格」というより「修了証」?だとも聞きました。
スクールやアカデミーなどを見てい...続きを読む

Aベストアンサー

●民間のものでも資格を取った方がいいのでしょうか?
無くても全然問題ありません。
でも素人さんは、それが分からないので取っておくと尊敬されるかもです。

●にはお金さえ払えばそれらしく名乗れるところもあるとかないとか
無いです。
払わなくても、それらしく名乗って問題ありません。
自分で作った学校に、自分で出たことにして「プロフェッショナル全日本セラピストス協会指導者認定」とか・・・
架空の団体名乗っても問題ないです。
ただ、マッサージ師、鍼灸師とか医師とかの免許を持ってると名乗ると問題あるので気を付けてください。

現在多くの(疲れをとる)癒し系の店がありますが、多くは無免許です。
マッサージ師の免許制度は崩壊してるも同然と言えます。
お金と時間を費やしてとる意味がわかりません。

人の体を触るお店をするのですから、何か資格はあった方が将来的には安心だとは思います。
でも無くてもやっているところばかりが現状で、無くても問題ないと言えるでしょう。
資格を取るにはパワーも要りますし、それには若い方が有利ですから将来的にやっていくなら何か取っておいたほうが安心かだとは思いますが。

●民間のものでも資格を取った方がいいのでしょうか?
無くても全然問題ありません。
でも素人さんは、それが分からないので取っておくと尊敬されるかもです。

●にはお金さえ払えばそれらしく名乗れるところもあるとかないとか
無いです。
払わなくても、それらしく名乗って問題ありません。
自分で作った学校に、自分で出たことにして「プロフェッショナル全日本セラピストス協会指導者認定」とか・・・
架空の団体名乗っても問題ないです。
ただ、マッサージ師、鍼灸師とか医師とかの免許を持ってると名乗ると問...続きを読む

Q自宅サロンオープンについて質問です。

自宅サロンオープンについて質問です。

自宅の一室を使って、アロマテラピーのサロンをオープンしたいと考えています。
本などでも調べているのですが、いまいち分からないので、お教え願います。

大々的な広告などせず、友人、その友人・・・という様に広げて行きたいと考えています。
ビラやHPは作りました。
この場合、当然お金の動きが発生すると思うのですが、所得税など払わなくてよいのかと疑問です。
知り合いの詳しい人に聞いたら、
「そんな趣味程度のレベル、それは”収入”じゃなくて、ただ、個人の財布から個人の財布にお金が動いているだけ。領収書など出さなければ、お金の動きがあったことも分からないし、数万円程度の売り上げで税金なんか気にしなくて良い。そもそも税務署がそんな小さなお金のために動かない。」と言われました。
確かにそうですが・・・

では「極端な話し、月に30万や50万稼ぐようになっても?」と聞くと、
「そうだ。」と。

会社として届け出をせず、あくまで「趣味のレベルです」と言っていれば、
いくら稼いでも良いということになって、おかしい気がするのですが・・・。
所得隠ぺいみたいな事にならないのでしょうか?

また、会社として届け出を出すには、規模や収益などが決まっているのでしょうか・・?


自宅サロンを開いている方、確定申告はどのようにされているのでしょうか?
私の知人が言った様に、入ってくるお金は、収入ではなく謝礼金の様なものとして、全てポケットマネーになるのですか?


サロンをオープンしたいと言うのに無知な質問で恥ずかしいのですが、これまでずっと会社勤めだったためよく分かりません。
よろしくお願いします!

自宅サロンオープンについて質問です。

自宅の一室を使って、アロマテラピーのサロンをオープンしたいと考えています。
本などでも調べているのですが、いまいち分からないので、お教え願います。

大々的な広告などせず、友人、その友人・・・という様に広げて行きたいと考えています。
ビラやHPは作りました。
この場合、当然お金の動きが発生すると思うのですが、所得税など払わなくてよいのかと疑問です。
知り合いの詳しい人に聞いたら、
「そんな趣味程度のレベル、それは”収入”じゃなくて、ただ、個人の...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは!記帳代行のKSKです。

オープンおめでとうございます!

さて、ご質問の件は他の回答者様の言うように、お知り合いの方の間違いです。

きっと、知人の方は申告などせず、闇でおやりなさいと言いたいのでしょう。

確かに闇で事業をしている方は沢山います。私の周りにもいます。(いちゃまずいですが・・・)

もし、質問者様が知人のアドバイスの通り闇で事業を営んで、税務調査が入ってしまったときのリスクを負うというのであれば、それもいいでしょう。

リスクはこんな感じです。

1 まず、白色申告として認定されます

2 収入を概算計上されます

3 経費を概算計上されます

4 税額が5年分まとめてきます(5年以上事業をしていれば)

5 もちろん延滞税や加算税もついてきます

※私の経験上最も乱暴な処理をされた事例は「収入=所得」とされたことです。

月商が10万とか20万でも業種的には、利益率は高い事業ですよね。

税額もそれなりに大きくなると思います。

上記のようなリスクを許容できないのであれば、きちんと税務署に開業届けを提出することをお勧めします。

参考になれば幸いです。

こんにちは!記帳代行のKSKです。

オープンおめでとうございます!

さて、ご質問の件は他の回答者様の言うように、お知り合いの方の間違いです。

きっと、知人の方は申告などせず、闇でおやりなさいと言いたいのでしょう。

確かに闇で事業をしている方は沢山います。私の周りにもいます。(いちゃまずいですが・・・)

もし、質問者様が知人のアドバイスの通り闇で事業を営んで、税務調査が入ってしまったときのリスクを負うというのであれば、それもいいでしょう。

リスクはこんな感じです。

1 まず、白...続きを読む

Qマッサージ師の学校、その後の就職について

39才の社会人ですが、海外出張が多く、家庭を犠牲にし、
将来を考えマッサージ師にでもなろうかと検討中です。
ある学校に通うと総額100万くらいかかると説明があり、そんなもんなんでしょうか?

どなたか僕と同じように学校にいって、マッサージ師にでもなろうとしている方、もしくはもう、
学校に通ってマッサージ師になって活躍している方、アドバイスお願いします。
自分で開業とか就職とか本当にできるのでしょうか?

Aベストアンサー

>ある学校に通うと総額100万くらいかかると説明があり、そんなもんなんでしょうか?

いいえもっとかかります。あんまマッサージ指圧師とは国家資格です。総額100万というのは恐らく民間資格という名の無資格だと思います。


まず基本的なことをお話しします。治療院などを経営する国家資格は以下のようになります。

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

これらは医療ではなく医療類似行為と言います。極端な話これ以外のものは全て無資格者になります。

・カイロプラクティック
・整体
・リフレクソロジー
・タイ古式
 
 ・
 ・
 ・

などなど他にも山ほどあります。これらは医療類似ではなく民間療法と言います。日本には整体と言う国家資格はありませんので、誰でも明日から整体師やカイロプラクターになれます。早い話し自称です。当然教育制度もバラバラです。スクール、就職やアルバイト、徒弟や世襲などならまだいいほうで、趣味、通信講座、半日講習なんてのにはびっくりです。これでは生理、解剖や臨床医学など全く学ぶ余裕がありません。医療に携わるものとしての最低限の知識すらない輩もゴロゴロいるわけです。私の知り合いにも元整体師が何人かいますが、ご多分にもれずこの部類です。このような者でも平気で整体師やカイロプラクターとして世に出ているのです。

教育制度が一定でなければ当然 “これが整体だ” というものがありません。あるものはマッサージ、あるものはストレッチ、あるものは背骨をポキポキ・・・などなど 「私が整体と言えば整体」 という世界なのです。「アメリカでは医療として認めらている」 と仰る人もいますが、アメリカは法律や教育制度がしっかりしているのです。治療もレントゲンを撮って行うようです。海外における奇抜な日本料理と同じで、日本式カイロとアメリカ式カイロは全くの別物です。これを同じにされたら、恐らくアメリカ人は非常に迷惑だと思います。またいくらアメリカの権威ある資格を取っていても、日本では病院以外のレントゲンは認められていませんから、日本でやる以上危険な治療と言えます。厚生労働省も危険との警告を出していますので、行くのなら治療目的ではなくリラクゼーションとしていかれてください。


では法律はどのようになっているか?日本には以下のような法律が存在します。

あん摩マッサージ指圧師、はり師きゅう師に関する法律 第一条
医師以外の者で、あん摩、マッサージ若しくは指圧、はり又はきゅうを業としようとする者は、それぞれ、あん摩マッサージ指圧師免許、はり師免許又はきゅう師免許を受けなければならない

このようにマッサージ行為は法律によって制限されているのです。法律を見れば “医療か慰安” の違いでないことはお分かり頂けると思います。では 「具体的に何をマッサージというのか」 ということですが、これは行政側より以下のような見解が示されています。

あん摩とは、人体についての病的状態の除去又は疲労の回復という生理的効果の実現を目的として行なわれ、かつ、その効果を生ずることが可能な、もむ、おす、たたく、摩擦するなどの行為の総称

上記により整体と称したマッサージを職業にしたいのであれば、あんまマッサージ指圧師の国家資格が必要になります。国家資格とは厚生労働省認可の専門学校を三年間通い、卒業後国家試験を受けます。受かれば晴れてあんまマッサージ指圧師として仕事ができます。専門学校に入るためには高卒以上が必要で、大卒はいらないです。国家資格取得ができるのはたとえば以下のような専門学校です。それ以外の道(例えば通信、セミナー、弟子入りなど)は絶対に存在しません。資格商法的なものもあると聞いています。

http://www.shiatsu.ac.jp/
http://www.akamon.ac.jp/


色々お話ししましたが、街にはクイック、英国式、タイ古式、癒し、リラクゼーション、ソフト整体など様々な無資格者が存在します。これはどうしてか?実は過去に最高裁から判決が出ています。それを要約しますと 「健康上害がなければ」 というようなものです。健康被害が出なければ無資格でも(誰でも)マッサージを行ってもいいということです。

しかし裏を返せばそういった状況になると一変に加害者になりうるということです。例えば腰が痛いと訴える患者さんが来院したとします。病院では通常、問診、触診、レントゲンを行い診断しますが、日本では病院以外ではレントゲンが取れません。背骨は棘突起と言われる部分の先端のみしか触れることができません。背骨本体や関節、椎間板は絶対に触れることができず、これらの異変は触診のみでは不十分すぎます。見えない、触れない部分をレントゲンでしっかり可視化して診断することが非常に重要になるのです。具体的な病名では椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、分離症などは全く判断がつきません。臨床では悪性腫瘍由来の腰痛ものも珍しくないのです。

このように多くの民間療法は、知識、経験、技術、設備どれをとっても、未熟と言わざるえないでしょう。最高裁の判断は既得権だけに配慮されたものであると思います。実際ここでも沢山事故の質問がありますし、厚労省はこのような状況を危惧して通達として警告しております。


せっかくなので整骨院の問題も少しお話しておきます。接骨院(整骨院も同じ)は柔道整復師という資格ですが、そもそもこの柔道整復師という国家資格は、肩コリや腰痛など治療するものではありません。柔整師は 捻挫、挫傷、打撲、(脱臼、骨折) などのいわゆるケガを治療するライセンスです。しかも国から 「急性期に限る」 とお達しがあります。一週間以上経ったものは、整骨院・ 接骨院で治療はできません。
   
腰痛や肩コリの治療(要するにケガ以外の治療)は 「歯医者で眼の治療」 をするようなものです。しかし、全国の整骨院はこれを平気で犯し、慢性腰痛を「腰のねんざ」など嘘の受傷理由を添付したり、施術部位数・治療日数の水増しなどの手口で健康保険を偽装請求し荒稼ぎしています。全国に約4万件と整骨院はあり、不正は業界ぐるみで行われております。政府管掌系の社会保険から約400億円、老人保険系から約 800億円、保険はさらに数種類あり、2007年度で約3000億円、直近の試算では4000億円かかっています。わずか数年で約1000億円という急増ぶりです。言うまでもなく、保険料は我々の毎月のお給料から払われているものです。しかしそのほとんどが、不正請求ですから、医療費、消費税が上がるのも妙に納 得です。ちなみに病院から患者を追い出し、自宅で介護する制度にして浮いたお金が3000億円です。


あんまマッサージ指圧師になれば健康保険が使えますが、適用の基準があります。その基準は以下の通りです。
「筋麻痺、関節拘縮等があって、医療上マッサージを必要とする」

具体的な病名で言えば、関節リウマチやパーキンソンなどです。実際の利用には医師の診察を受け、同意書が必要になります。ちなみにリハビリテーションと謳うのはできるだけ避けた方がいいでしょう。何故ならPTOT法があるからです。この法律は 「私は理学療法士です」 と謳うことを禁じており、実際にPT以外の者がリハビリを行うことを禁じてはいません。しかし「リハビリやります」と謳ってしまうと「わたしはPTです」とみなされる可能性もなくはないと思います。マッサージ手技の一環として行う分には全く問題ないでしょう。


マッサージ業界はいろいろな無資格者が入り込んでいるので、値崩れを起こし、正直厳しいと思います。例えば鍼灸であれば無資格者はマネできませんし、仮に無資格が行えばすぐにしょっぴかれます。このような業界を目指すのであれば、マッサージよりも鍼灸の方が職域は守られれていると思います。ただ鍼灸も厳しいと思います。厳しいと言い出せばどの業界も同じだと思いますので、家族以外に何か高いモチベーションがあるのならチャレンジしてみてもいいと思います。もし失敗すればそれこそ家族が路頭に迷うわけですから。「出張が多い」という理由くらいなら、なんとか我慢してもらった方が結局は家族の為になるかもしれません。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。

>ある学校に通うと総額100万くらいかかると説明があり、そんなもんなんでしょうか?

いいえもっとかかります。あんまマッサージ指圧師とは国家資格です。総額100万というのは恐らく民間資格という名の無資格だと思います。


まず基本的なことをお話しします。治療院などを経営する国家資格は以下のようになります。

・はり師
・きゅう師
・あん摩マッサージ指圧師
・柔道整復師

これらは医療ではなく医療類似行為と言います。極端な話これ以外のものは全て無資格者になります。

・カイロプラクティック
...続きを読む

Qフランチャイズってやめたほうがいいんでしょうか?

いろんな、フランチャイズビジネスがあります。特に、何ができる、といったものがない人には、ある程度システムが組まれているフランチャイズって、始めやすいように思います。でも、フランチャイズって、本部だけが、儲かるようになっているという話も聞きます。実際、利益を上げてる人もいると思いますが。でもフランチャイズって、独立を目指して始める仕事としては、難しいのが、実情なんでしょうか?回答おねがいします。

Aベストアンサー

申し込むフランチャイズがしっかりしているところという前提で書きます。もちろん悪いフランチャイズなら止めておくべきです。

タイプは2通りに分かれると思います。
タイプ1
経営者自身、本当になにもノウハウがなく、0から物
を作りあげていくことができそうにない方ならフランチャイズをおすすめします。

タイプ2
いや、俺は裸一貫でいいシステムを構築する自信があるぞ!という人にはフランチャイズはおすすめしません。

フランチャイズのメリットは、0からつくりあげていく必要がない、同一ブランドを使用できるが大きなメリットです。

デメリットとしては、相手のシステムをもらうわけですからそれなりにコスト高になりやすいことが上げられます。また、フランチャイズとしての拘束も受けますが、これがないと質がよくなりません。

タイプ1の人が気をつけるべきことは、客は本部が運んできてはくれないことをしっかり心に留めておくべきです。売上げが低いから本部になんとかしてくれ!なんていうのはお門違いです。

また、ロイヤルティなどを考慮に入れると本当に繁盛しないと、なかなか稼げない商売です。

このロイヤリティが曲者で儲かっているのに店をたたむ経営者もいます。

逆に言えば、フランチャイズに申し込まなくても0からつくりあげていく店はロイヤリティを払わない分、多くの売上げを必要としません。つまり足かせが少ない分、持続させる可能性が高まります。

タイプ2の人は自分で0から作り上げていく作業には根気とスキルが必要になります。根気がない人、スキルがない人、アイデアに乏しい人、不器用な人、などは素直にフランチャイズを選択しておくべきです。

フランチャイズだから「いい」「悪い」はありません。要はその経営者の資質にかかっているのです。

申し込むフランチャイズがしっかりしているところという前提で書きます。もちろん悪いフランチャイズなら止めておくべきです。

タイプは2通りに分かれると思います。
タイプ1
経営者自身、本当になにもノウハウがなく、0から物
を作りあげていくことができそうにない方ならフランチャイズをおすすめします。

タイプ2
いや、俺は裸一貫でいいシステムを構築する自信があるぞ!という人にはフランチャイズはおすすめしません。

フランチャイズのメリットは、0からつくりあげていく必要がない、同...続きを読む

Q1000万円あったら何ができますか?(仕事)

今の会社がアレな状態なので遅かれ早かれ辞めようと考えています。
普通に転職する方向でほぼほぼ心は決まっているのですが、
1000万円程の貯金を使って別の生き方をするのもありかな?
なんて、ふと思ったので質問してみました。
(本気で考えているわけではないので、気軽にお答えください)

私は自営業で好きな店を始めることくらいしか思いつかなかったのですが、他にどんなことができますかね。
起業カテゴリで質問してみましたが、起業以外のことでもOKです。

Aベストアンサー

自営業者です。

1000万あれば、個人事業のレベルなら大抵の事はできますよ。
お店系なら、コンビニでも、美容室でも、趣味のショップでも、ラーメン屋でも、独りでやる小さな居酒屋でもOKです。
地方だったら300万が目安になるかと思いますが、都内でも1000万なら十分だと思います。
1000万を頭金にして金融機関や政策公庫から融資を受ければ、もう少し大きな事業も可能かもしれません。

1000万あれば大抵の開業は容易ですが、長く続けるのが大変な訳で、利益を出せないといずれ行き詰まります。
ちなみに、開業するための資金だけでなく、軌道に乗るまでの運転資金や生活費も含めて資金計画を立てる事が重要です。

あと、若くて法律や会計に興味があるなら、年間生活費250万で専業受験生になって3年以内に士業の資格を取って、残った250万で開業するという方法もありますが、今のご時世士業の資格があるからといって成功が約束される訳ではありません(弁護士でさえ困窮している人もいます)。
自己投資系に使うなら、資格以外に留学という手もありますが、帰国後にどうやって生計を立てるか具体的に計画して取り組む事が大事ですね。

語学とバイタリティに自信があるなら、物価が安くて日本人に人気のある国へ行き、日本人バックパッカー相手のゲストハウスを経営するというのもアリです。
ただ、物価が安い=経済水準が低い=治安が悪い、という場合も多いので、その点は自己責任でお願いします。
必ずしも経済水準と治安が反比例する訳ではありませんが、1000万持って経済水準の低い国へ行けば周囲の人とは著しい経済格差がある訳で、その上土地勘がないという状態では、仮に治安の悪くない国でも詐欺や殺人などの犯罪に巻き込まれる可能性は高くなりますので、それなりの覚悟が要ります。

>本気で考えているわけではないので

会社が「アレな状態」では毎日面白くないでしょうし、いつでも独立できるという思いを心の支えにしたいという事でしょうか?
まあ、1000万あれば独立の選択肢は無限にあるので、その点は安心して下さい(成功できるかどうかは別問題ですが)。

本気で考える際には、年齢、性別、お住まいの地域(最低限、地方か政令指定都市か首都圏かは明記)、これまでに経験した仕事、興味のある事、家族の有無、これまでの年収、欲しい年収などを明示して、再度質問することをお勧めします。
あと、どんな事をしたいのか、具体的でなくても「人の役に立ちたい」とか「大儲けしたい」とか「慎ましくていいので楽に生きたい」といった程度でも書いた方が、回答しやすいです。
自営業はモチベーションが続くのが大前提ですから「やりたい事」というのも意外に大事です(もちろん好きなだけで成功できる訳ではありませんが)。
あと、一般に年齢は若い方が有利です(例外はありますが)。

私はサラリーマン経験のある自営業者ですが、独立して良かったと思ってます。
まあ、運に恵まれて飯を食えているから、そう思えるのでしょうけど。

最後に一言「成功できるかどうかは最後は運次第。でも、運が巡ってきた時に掴めるのは、自分を信じて努力し続けた人だけ。」という一言を贈りたいと思います。

自営業者です。

1000万あれば、個人事業のレベルなら大抵の事はできますよ。
お店系なら、コンビニでも、美容室でも、趣味のショップでも、ラーメン屋でも、独りでやる小さな居酒屋でもOKです。
地方だったら300万が目安になるかと思いますが、都内でも1000万なら十分だと思います。
1000万を頭金にして金融機関や政策公庫から融資を受ければ、もう少し大きな事業も可能かもしれません。

1000万あれば大抵の開業は容易ですが、長く続けるのが大変な訳で、利益を出せないといずれ行き詰まりま...続きを読む

Qパーセンテージの出し方

パーセンテージの出し方をおしえてください

Aベストアンサー

主人公÷母体×100


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報