ガンダムのコミックで「ダブル・フェイク」というものがあり、
サンライズで公式のものとして扱われていると知りましたが、
どのようなストーリーなのか、あらすじを教えていただきたいのですが。
また、そのコミックは現在でも入手出来るのでしょうか?
できれば出版社名と価格、正式な名前(単に「ダブル・フェイク」でいいのかな?)も教えていただければ嬉しいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「ダブルフェイク」はバンダイの「アンダ-・ザ・ガンダム(ピュアサイバーコミックス)」に収録されているのですが、残念ながら、現在は絶版・出版社在庫無しという状況のようですよ.....



e-hon 全国書店ネットワーク(下記参考URL)

●アンダー・ザ・ガンダム
バンダイ
うしだ ゆうじ
ISBN: 4-89189-117-3
854円

参考URL:http://www.e-hon.ne.jp/bec/EB/Top
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 wasさん、どうもありがとうございます。
 絶版ですか。残念です。
 e-honのページを見ましたがやはり在庫なしでした。
 ところで、もし、ご存じなら、「ダブルフェイク」のあらすじを簡単に
 教えていただけないでしょうか? できれば、ガンダムの世界でいつの時代の
 話なのかも教えていただければ嬉しいです。
 よろしくお願いします。

お礼日時:2001/01/26 00:22

お答えします。

(いきなりですいません)時代はνガンダムの前辺りだったと思います。絶版で新品購入は難しいかも知れませんがどうしても…という場合はインターネットのオークション等を利用してはいかがでしょうか?少しだふってます?が手に入らないものでもないと思いますよ、MSについてはあまり詳しくありません(苦笑)
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギャラリー フェイクの第一話

最後に絵を3000万ドルで買いましたよね?
でも1000万ドルまでしか出さないって老人が言ってたじゃないですか。
どういうことですか?

Aベストアンサー

冒頭で、贋作(?)を2000万ドルで売るとか売らないという会話をしていたのが伏線です。
老人が出した1000万ドルと足して、3000万ドルが藤田の上限だったわけです。

Qギャラリーフェイクに代わるもの

 ギャラリーフェイク32巻で完結してしまいました.これを読んでアートにはまった人も多いのではないでしょうか.
 代わりとなるようなアートコミックをご存知の方,教えてください.
 また,この主人公 藤田玲司のように「(実は)できる男」的な主人公をモチーフにした面白い漫画,例えばブラックジャック,美味しんぼ,島耕作,などでしょうか.その他でご存知のものがあったら教えて欲しいです.

Aベストアンサー

ギャラリーフェイク面白いですよね~~。
今はアニメもやってるしそちらも楽しみです。

さて、アートコミックということですが、『ゼロ』をオススメします。
ゼロ(ZERO)と名乗る天才的才能をもった贋作者が主人公の一話完結型の漫画です。
ギャラリーフェイクのようなユーモアさはないですが、
主人公のゼロはギャラリーフェイクの藤田と同じくアートの魂を売った男です。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088595084/ref=pd_bxgy_text_2/249-0599199-1584310
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BC%E3%83%AD_THE_MAN_OF_THE_CREATION

Qギャラリーフェイクのようなアニメはありますか?

ギャラリーフェイクのように美術を題材にしたアニメを見たいのですが、
何かありますか?

ハチクロは恋愛メインなのでそれ以外でお願いします。

Aベストアンサー

贋作などを通じて美術品を考察する視点のマンガ・アニメが「ギャラリーフェイク」や愛英史/里見桂「ゼロ THE MAN OF THE CREATION」ならば戦国時代末期から信長・秀吉・家康に使えた武士の視点から茶の湯を通して名物を捉えたのが「へうげもの」(ひょうげもの)でしょう。

へうげもの
http://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/

織部焼きとして名を残す古田織部ですが歴史小説・ドラマには端役扱いですが千利休亡き後の天下の茶人として活躍します。
しかし家康から内通の嫌疑で切腹を命じられその生涯を閉じます。
秀吉がなぜ千利休を切腹させる事になったか、弟子であった古田織部も同じような最後を辿ったのかが理解できると思います。

アニメの中では現存する茶器の名品を取り上げ5分間番組「へうげもの名品名席」として古美術鑑定家の中島誠之助が解説しています。


参考資料

古田織部と織部焼き
―そのヘウゲモノに秘められる意味を考える―
http://office.nanzan-u.ac.jp/cie/gaiyo/kiyo/pdf_11/kenkyu_01.pdf

参考程度

http://www.youtube.com/watch?v=qVULv9jIlI4

贋作などを通じて美術品を考察する視点のマンガ・アニメが「ギャラリーフェイク」や愛英史/里見桂「ゼロ THE MAN OF THE CREATION」ならば戦国時代末期から信長・秀吉・家康に使えた武士の視点から茶の湯を通して名物を捉えたのが「へうげもの」(ひょうげもの)でしょう。

へうげもの
http://www9.nhk.or.jp/anime/hyouge/

織部焼きとして名を残す古田織部ですが歴史小説・ドラマには端役扱いですが千利休亡き後の天下の茶人として活躍します。
しかし家康から内通の嫌疑で切腹を命じられその生涯を閉じます。
...続きを読む

Qサンライズの各スタジオの作品

どこかでちらっとみたのですけども…
サンライズは作品をスタジオごとにわけて作っているそうですね
今現在放送中(または作成中)の作品が、どのスタジオで作られたものか、わかるようなサイトはあるのでしょうか?
もしくはご存知の方いらっしゃいますか?
(プロデューサ等のお名前から推測できるのかもしれませんが、それほどくわしくもないのです)

キングゲイナーの班がプラネテスを作っているという風には聞いているのですが…

よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

こんな物しか知らないです。
過去のブログで過去のスタジオの流れを記述したものがあったと思うけど、もう覚えてないです。

参考URL:http://s03.2log.net/home/char/archives/blog379.html

Qサンライズの「伝統芸」は途絶えてしまったのでしょうか?

サンライズが、まだ創映社という名前で、東映本社の下請けをしていた頃。
『勇者ライディーン』のゴッドバードにおいて、このパターンは確立されました。

そう。
「敵メカを、なんらかの術でその場に動けないようにし、主役メカの“物理的攻撃”によりとどめを刺す」です。

『超電磁ロボ コン-バトラーV』の超電磁スピンやグランダッシャーは言うに及ばず、『超電磁マシーン ボルテスV』では「天空剣・唐竹割り」ほかとして、後の戦隊シリーズにも影響を及ぼします。

その後も、サンライズのスーパーロボット系作品では連綿と受け継がれていきました。
で、勇者シリーズの終焉とともにこの歴史にも終止符が打たれたのかとばかり思っていましたら。
2004年『舞-HiME』にて、碧ちゃんの愕天王、晶くんのゲンナイがこのパターンを復活させてくれて度肝を抜かれました。『ライディーン』から数えること約30年の伝統です(笑)。
(ちょうどこの時期放送した『ケロロ軍曹』のエピソードでも使ってたような気がします)

……さて、その後、この「伝統芸」は継承されているのでしょうか。
サンライズ作品で観ていないものもそれなりにあるので、見落としがあるのかもしれません。
もはや日本のメカアニメの財産とも言えるこの様式美、途絶えさせるのはあまりに惜しいです。

なにかこれに類するものを最近の作品でご存じの方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いいたします。

サンライズが、まだ創映社という名前で、東映本社の下請けをしていた頃。
『勇者ライディーン』のゴッドバードにおいて、このパターンは確立されました。

そう。
「敵メカを、なんらかの術でその場に動けないようにし、主役メカの“物理的攻撃”によりとどめを刺す」です。

『超電磁ロボ コン-バトラーV』の超電磁スピンやグランダッシャーは言うに及ばず、『超電磁マシーン ボルテスV』では「天空剣・唐竹割り」ほかとして、後の戦隊シリーズにも影響を及ぼします。

その後も、サンライズのスーパーロ...続きを読む

Aベストアンサー

 サンライズじゃないけど、ガイナックスの「天元突破グレンラガン」で使ってましたよ。2枚のブーメランのそれぞれの先端で両手両足を拘束し、ドリルでぶち抜く。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報