在宅ワークのリアルをベテランとビギナーにインタビュー>>

後輩が、メールで上司へ「了解致しました」という文を使用しています。
私は上司や目上の方には「承知しました」、「承知致しました」を使用します。
「了解」とは目上の方に使用しても良いのでしょうか?
私は失礼に当たるような気がします。
それなので、余計に「了解」に「致しました」は違和感を感じます。
会社はそんな事をいちいち教える場ではないと思うので指摘はしていませんが、社長宛にメールを送っていた時は教えた方ががいいのかな~と思ったりします。
が、私の思っている事が正しいかも確信が持てません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

どうもこんにちは!



「了解いたしました」でも、敬語としては問題ないようですね。
同様の過去問がありましたので、貼っておきます。
http://question.excite.co.jp/qa2329408.html?ans_ …

ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

とても参考になりました。

お礼日時:2007/05/10 19:39

「【了解】と【承知】は意味合いが違う」と何かで読んだことがあります。


【了解】は「話の内容を理解する」(言っていることはわかる)ということ
【承知】は「話の内容を承諾する」(聞き入れる)ということ
と書いてありました。
それ以来、目上の方には「承知致しました」と返信するようになりました。
でも友達には「了解!」なんてやってます。
もともと意味が違うはずなのに・・・?
と疑問を感じつつ使い分けているのですが・・・
良い回答になっていなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

会社での指示はほとんど承諾するという意味合いの方が多いかもしれませんね。でも理解したととってもおかしくありませんし。。。。
参考になりました。

お礼日時:2007/05/10 19:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

了解」に関するQ&A: 了解と承知の違いって?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「承知いたしました」は二重敬語になるでしょうか

 日本語を勉強中の中国人です。「承知」も「いたす」も丁寧な言葉で、「承知いたしました」は二重敬語のような気がします。「承知しました」のほうが「わかりました」の正しい敬語ではと思われます。皆様はどう思われますか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

先の回答にもありますが、「承知」は丁寧な言葉ではなく硬い言葉です。
「承知した」という言い方がありますが、これは敬語表現でもないし丁寧な表現でもありません。

「承知した」
を丁寧な言い方にすると
「承知しました」
になりますし、これをもっと丁寧に敬語(「承知する」は自分の動作なので謙譲語になります)を使うと
「承知いたしました」
となります。
決して二重敬語ではありません。

なお、
「わかりました」
の敬語表現には
「かしこまりました」
もあります。

Q了解いたしましたは失礼

組織の上の立場の相手に対して「了解しました」と返答するのは失礼だという事を、恥ずかしながら初めて知りました。
そこで困ってしまったのですが、上の方からの指示や連絡に対して、”よく理解しました”という意味の返答をしたいのですが、了解しましたに変わって何を使えば良いのでしょうか?

調べてみると、「承りました」や「かしこまりました」「承知しました」が正しいとあるのですが、特に何かする必要もなく知っておけば良いと言う内容の場合、うけたまわるのはなんだか違和感を感じるのですが、それで良いのでしょうか?

また、「了解」より「承知」のほうがキツイというか、慇懃無礼な印象を自分は感じてしまうのですが、自分の感覚がおかしいだけで、使って間違いなく問題ないのですよね?

Aベストアンサー

 No.1でコメントした者です。
「了解」は、たしかに軍隊用語のイメージがある言葉です。
 No.1の最後のリンク先に書いたように、実際に軍隊で使われていましたし、現在も自衛隊で使われているようです。
 ただし、その場合は身分の上下に関係なく一種の符号のように使われるようです。

 敬語の基本で考えます。
1)「かしこまりました」「承りました」は謙譲語Iを丁寧語にしたものです
2)「了解しました」「承知しました」は単なる丁寧語です(「承」の字を使っていても謙譲語ではありません)
 敬度の面では1)のほうが高くなります。
 2)を「~いたす」(謙譲語II)の形にすると、2)よりは敬度が上がりますが、1)ほどではないはずです。
 敬度の高さを重視するなら1)を使うべきでしょう。

 ただ、No.1の「この回答への補足」にあるように、〈「知っておけよ」に対して「承りました」〉は、状況によってはおかしいのかもしれません。
「かしこまりました」にも異和感があるのなら、別の選択肢を考えるしかないでしょう。

「心(いた)します」
「心得ました」

 あたりですかね。
 場合によっては「肝に銘じます」もアリかもしれません。ちょっとオオゲサですかね。

 No.1でコメントした者です。
「了解」は、たしかに軍隊用語のイメージがある言葉です。
 No.1の最後のリンク先に書いたように、実際に軍隊で使われていましたし、現在も自衛隊で使われているようです。
 ただし、その場合は身分の上下に関係なく一種の符号のように使われるようです。

 敬語の基本で考えます。
1)「かしこまりました」「承りました」は謙譲語Iを丁寧語にしたものです
2)「了解しました」「承知しました」は単なる丁寧語です(「承」の字を使っていても謙譲語ではありません)
 敬度の面で...続きを読む

Q「ご連絡いたします」は敬語として正しい?

連絡するのは、自分なのだから、「ご」を付けるのは
おかしいのではないか、と思うのですが。
「ご連絡いたします。」「ご報告します。」
ていうのは正しい敬語なのでしょうか?

Aベストアンサー

「お(ご)~する(いたす)」は、自分側の動作をへりくだる謙譲語です。
「ご連絡致します」も「ご報告致します」も、正しいです。

文法上は参考URLをご覧ください。

参考URL:http://www.nihongokyoshi.co.jp/manbou_data/a5524170.html

Q言葉遣いで、「了承」の使い方について(丁寧語・尊敬語・謙譲語)

「もしくは、ずれ込んでもさかのぼって支払われる形であれば、了承します。」

会社の人とのメールのやりとりの中で、このような文章を使ったのですが、

「”了承”はこういう時には使わないよ。丁寧語・尊敬語・謙譲語も時間ができたらビジネスマナーなので勉強してちょ。」

と注意されてしまいました。
個人的には、間違った使い方ではないような気がするのですが、どのように違うのでしょうか。
アドバイス、参考サイトなどありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

「了承」には「承諾する」という意味あいがありますので
自分の行動について使用すると
自分が相手よりも高い位置付けになってしまいます。
「ご了承いただけますか」など、
相手の行動について使用するのが望ましいと思います。
前後の文脈や状況がわからないので断言できませんが
この場合は「結構です」「承知いたします」などに
置き換える方が適当ではないかと思います。

Q「了解いたしました」は失礼ですか?

職場の上司、あるいは取引先とメールのやり取りをしていていつも思うのですが、相手から指示や要請等があった場合、「了解いたしました」という表現は失礼に当たらないのでしょうか?
「何故失礼と思うのか?」と聞かれると根拠はなく、ためしに手元の国語辞典を引いてみても、例えば「目上の者が目下の者に使う表現」などとは書かれていないのですが、個人的に抵抗があって使用は避けている次第です。

Aベストアンサー

「了解しました」でも「了解いたしました」でも、敬語としては問題ありません。ただし、#3の方のおっしゃるとおり「了解」自体に尊敬の意味が含まれていないこと、また一般的な日本の大人社会を考えると、「かしこまりました」などを用いた方が無難でしょうね。
参考文献 菊地康人 「敬語」 講談社学術文庫


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング