学校教育における個性重視は可能なのでしょうか?具体的に例をあげて教えてほしいです。そして、個性の定義についても教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

「和をもって貴しとなす」


 日本人の基本は飛鳥時代以来、この聖徳太子のことばに尽きていると思います。今までの自分の(学校に限らず)所属した集団でもいかに和を重視するか、それが行動の基本でした。特にまだ修学中の人間ばかりが集まる学校というところでは、自分の心が発展途上にあるので、思い切る勇気も度胸もなく、飛び抜けるのも落ちこぼれるのも自粛してしまう人が多いのではないでしょうか。
 だけど、人間(特に柔軟な心をもつ年代の)は多様な性質を兼ね備えた、変化の可能な有機体です。個性がないとは考えられませんし、押さえつけられるものではないと思います。ただ日本には絶対唯一の何か根っこのようなもの(例えば、神)を皆があわせもつということが欠けてるので、自粛に自粛を重ねるのだと思います。(ちょっと話がずれた?)←根っこのないのを好き勝手に生やしていったら海に浮かぶわかめかヒドラのような物体になってしまうのではないかと…。

 今は自由自由と叫ばれているようにみえて、実は和を乱すことを未だかつてないくらい許容しない社会なのでは?例えば、今も流行っている女子高生のミニスカートは、皆している格好なのでしなければならない(ような気がする)。個性という範囲はどんなミニスカートをはくかのみならず、皆がミニをはく中でロングをはくということを含むと思うのですが、多分そういう人は「なんで?」とか言われるんでしょうね。

 書いているとなかなか結論に達しませんが、「個性を伸ばす」教育というのはこの固まりすぎた日本人の特性を変えていかなくてはならないと思います。学校は何かと保守的なところで、スローガンばかり大げさに口当たりよく掲げますが、個性を教育するとはどういうこっちゃい。幸い、これからはもっと自分の個性を自分で発展させて成功している人や、学校という概念だけにとらわれず行動できる場が増えてくるでしょう。そういう人がまた学校教育に携わる機会も増えると思います。そうすれば救われる人も増えるのではないかと、これは希望的観測。

 あと、個性個性と言い過ぎるのもプレッシャーを与えることになります。あまり言葉にとらわれないことも大事です。

 以上、我ながら変てこな文章で、ご質問に正確に答えてはいないのですが、とりあえず参考まで。

 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/01/20 18:33

個人的には「無理。

」だと思っています。

私の個人的な個性の定義は、
「社会的な常識を備える事が出来た人が、それを踏まえた上で発揮する
独自性」と考えています。(硬直した考えでしょうが。)
こういう考えを持っている私からすれば、社会に出ていない子供が、
「個性」という概念を理解する事自体、不可能だと思えますし、
大学で教職課程を修めた後に、そのまま教員となっていった人が、
その他多くの人々が歩む、民間の社会人と同じ土俵で「個性」を認知できるか、
疑問です(先生が悪いのでは無いですよ。)。

ただし、強いて言うならば、教師が「個性」という概念を把握していれば、
将来的に必ず必要となる「常識」から逸脱しない部分について、見守り、かつ、
アドバイスしてやれれば、「個性重視の教育」は可能でしょう。
つまり、くだらない、実生活にそぐわない、ちまちました校則や、指導要綱
に縛られずに、一社会人、一人の人間としての経験からアドバイスを与える事が
出来れば、かなり理想的な「個性重視」の教育が可能なのでは、と考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/01/20 18:32

平等教育をしておきながら、個性を伸ばすなんて方針が


矛盾しているんですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2001/01/20 18:34

難しい問題だと思います。


学校教育に限定して考えるとさらに難しい問題ですよね。

だからこそ考えなければならないことで、矛盾していると一言で片付けられない事。
教育に携わっている人たちが、個性を殺して集団を作り上げないためにあえて
「個性重視」と掲げているのではないかと思います。

素人の、素人らしい考えですが、具体的に何もなくてごめんなさい
    • good
    • 0

個性はその人独自の性質と考えます。

個性重視の教育は不可能に近いと思います。なぜなら、教育の基本は真似る、真似させるということにあるためです。個性重視の教育という言葉自体、矛盾していると思います。
    • good
    • 0

専門家じゃないので、全然間違ってるかもしれませんが、多分現在の学校と言う枠では個性を重視した教育ってのは無理じゃないでしょうか?


だって、教える方の人間が個性を無くすような教育を受けてきたんですからね。
教育の立場になんか立ったことは無いので詳しい事は知りませんが、少なくとも1人の人間が10名以上の自由に動く人間を管理できるとは思えないので、大人数を1人で管理するために邪魔な個性ってのが抑えられちゃってるんじゃないでしょうかね?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。参考になりました。

お礼日時:2001/01/19 02:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教育の現場では、生徒の個性をどの程度尊重してあげられますか?

 
『氷が溶けると何になる?』

 巷では一時期話題になっていたそうですね。(私は知りませんでした。)或る小学校の理科の授業の中での質問だそうですが、1人を除いた生徒達の答えが「水」であるのに対して、たった1人だけ「春」と答えたそうです。

 私は「春」と答えた生徒に対して感動をおぼえました。そして、その時の先生はその生徒に対して、どのように対応したのか気にかかります。理科という授業の中では画一的な教育を施さなければならないかも知れませんが、何のフォローも無く単に「×」ではその生徒の素敵な感性の芽を摘み取ってしまう事になるのではないかと考えてしまいます。

 実際の教育現場では、このようなケースは多く存在するものと思います。そこで、教育の現場で指導する立場にある方々に質問なのですが、みなさんが上記のようなケースに対応する場合、その1人の生徒に対してどんな対処をされるのでしょうか? 理想論でも現実論でも何でもかまいません。 ご意見をお聞かせください。 (一般の方々の意見も伺えれば幸いです。)
 

Aベストアンサー

もし私が教師だったらということで書いて見ます。

まず、私だったらこういった質問はしません。なぜなら、「水」とほとん
どの生徒が答えることが予想されるからです。おうむ返しに答えることが
できる質問の授業はよい授業とは思いません。
そこでこの場合、「春」と答えた生徒をすごく褒めます。なぜなら、「水」
と答えた時点で他の生徒は何も考えていないし学んでいない、知っている
ことを言っただけです。「春」と聞いて他の子どもたちはなぜ「春」と答
えたのだろうと考えるチャンスをもらったからです。
この子をどう生かすかは教師のセンスによります。教師も「こういう質問
をするとこう考える子もいるのだなあ」ということを学ながら成長する
と思います、いろいろな場面で。

Qもし、ゆとり教育や人間性重視の教育を進めると・・・

 今、日本ではゆとり教育や学力低下の問題が注目されていますが、例えば、学校の授業時間数、特に英語・数学・理科・社会・国語の授業時間を今の半分にしてしまったら、子供の成長や日本社会はどのような影響を受けるのでしょうか?
 また、英数理社国の授業時間を大幅に減らす代わりに、江原啓之に代表されるスピリチュアルや宗教教育、道徳教育、武道・書道・華道や着物の着付け等の日本の伝統教育、漁業・農牧業実習、建築・工場内作業実習、裁縫・調理実習、実践心理学・人間関係学、子育てや福祉施設での介護実習、医療教育、恋愛・性教育、部活動時間の増加、刑務所見学、サバイバル訓練、ホームレス支援活動等のボランティア活動への参加、両親の家事や仕事の手伝いを生徒に進める、選挙に関する知識を養う授業・・・等の人間性を養う教育・実生活で役に立つ教育を多く取り入れたら子供の成長や日本社会にどのような影響をもたらすのでしょうか?
 暇な人!どうか教えてください!
 
  

Aベストアンサー

現状のゆとり教育って、貴方が書かれている幅広い内容ではないですよね。
現在より、いいかもしれないと私は思います。
しかし、条件としては、学力に関しては時間だけの問題ではないと思います。私が思っているのが競争心があると悪いかのような教育がまずいと思います。英数理社国の授業時間を大幅に減らしても授業を受ける子供のやる気が2倍あれば、家に帰って勉強します。

今、日本の子供達及び若者の問題点は生きるパワーがないことです。
生きる力をつけるような教育が、英数理社国の授業時間を半分にして身に付くなら、大半の子供はその方が救われると思います。
私は、大人の世界、社会に出てつらい思いをするのなら、子供の頃から厳しさを感じる経験をしていた方がいいと思います。
昔の日本とか、開発途上国の子供達は、親の仕事の手伝いをして当たり前です。 そして中学卒業くらいの学力の人が大半の社会でリーダーになる人は少数の人が大学に行き、日本を立派に引っ張ってきています。中学卒でも事業を起こし、会社の社長になってる方も中学卒の方が一番多いです。
日本国民、大きな勘違いをしています。子供達も有名大学に行かないと俺の人生真っ暗だとニートになってしまって失速しています。
生きる力不足を感じます。反論したい方もおられると思いますが、なぜ、将来の日本のことを思って学生運動など現在の学生はしないのか元気がないし、将来に希望を持ってない、無気力さを感じます。
大学に行っても出世するとは限らないです。

色んな現代の考え方「勝ち組とか負け組とか」、価値観など、ぶっ壊して新しい日本の将来ビジョンを特に若い人が思い描いて若い人による運動をスタートしてほしいです。

そのためには貴方が提案していることプラス、「自分の人生と将来の日本をどうするか」的なことを考えさせる教育をやるべきです。
幕末の吉田松陰みたいな先生が出てきてほしい!
と願っています。

貴方の「ゆとり教育を増やして、子供の成長と日本社会への影響」の回答にはなっていませんが、特に若者が「何でも誰かから将来を与えられると勘違いしている」ことを「違うんだ!将来の日本は、自分達で切り開いて、勝ち取るのだ」と教えることが、一番大切なことだと思います。

現状のゆとり教育って、貴方が書かれている幅広い内容ではないですよね。
現在より、いいかもしれないと私は思います。
しかし、条件としては、学力に関しては時間だけの問題ではないと思います。私が思っているのが競争心があると悪いかのような教育がまずいと思います。英数理社国の授業時間を大幅に減らしても授業を受ける子供のやる気が2倍あれば、家に帰って勉強します。

今、日本の子供達及び若者の問題点は生きるパワーがないことです。
生きる力をつけるような教育が、英数理社国の授業時間を半分に...続きを読む

Q個性を伸ばす教育って・・・

現実にやるかは別として
個性を伸ばす教育というものを学校が掲げたら
私のような凡人にはひどく迷惑なような気がするのですが
どう思います?

まあ
「性格にあった」とか「ちょっと得意なこと」
くらいの意味とするならなら別ですが

Aベストアンサー

文部省などはおそらく「得意な物、好きな物に関する能力をさらに伸ばす教育」をそう言っているのでしょう。
そして、現在いじめのターゲットになりやすい、他と少しだけ違う部分を持った子を「個性的」と位置づけ良いことなのだから、としていじめをなくしたいのでしょう。

それにしても、いやーな言葉ですよね「個性を伸ばす教育」
人に自分の個性まで触って欲しくないというのが素直なところでしょう。
他者が介入した時点で“個”性ではなくなると思うんだけどなぁ。
そもそも個性って何なのでしょうね。自分で考えて出した答えは全て個性的だと思います。例え同じ答えの人がいても、それはたまたま選択した数式が一緒だったというだけのことだと思います。
私はsanndoさんも疑問を持ったら質問をする、十分個性的な人だと思いますよ。

Q全熱交換器の具体的な実用例を教えてください!!

全熱交換器(回転型,静止型)の具体的な実用例を教えてください.
空調に使われているというのは雰囲気でわかるのですが,
実際,工場の壁(?)とかに設置されているものなのですか?

どなたか教えてください.
お願いします.

Aベストアンサー

回転型は規模の大きなものが多く
外調機などの1次側に設置されています

静止型はコンパクトなものが多いので主に
天井内隠蔽や壁掛けのものが多く三菱電機の商標ですが「ロスナイ」
の名前で有名です
この全熱交換器は何をしているかというと
換気時に(排気によって)捨てられていく熱エネルギー(顕熱と潜熱)を
特殊な濾紙を通して室内へ給気される空気に移動させるもので
これにより空調負荷が軽減します
熱回収率は機器により異なりますが大まかには70パーセントくらいです

夏の暑いときは換気をすると冷たい空気が室外へ熱い空気が室内へ
入ってきますここで上記の作用が起こるとぬるい空気が室内へ入ります
そうする事によって省エネを実現しているわけです

Qヽ(^。^)ノ 「せこい」の使いかた、具体例で教えてください。

 「せこい」というのは大阪弁とおもいますが、ぴったりした使いかたを、具体例で教えてください。
 私は、使ったことがありません。
 

Aベストアンサー

「せこい」という言葉は関西で使われているものと、徳島の知人が使うもので少しニュアンスが違います。

私は大阪の人間ですが、「せこい」といえば「けち臭い」といったイメージでしょうか(笑)

例えば、喫茶店で300円のコーヒーを2人で飲んで片方(A君としましょう)が支払いを済ませたとします。これをA君は割り勘にしようと、B君に「消費税込みで315円ちょうだい」とB君のコーヒー代を請求したとします。
そんな時B君は
「せこいなぁ、消費税ぐらいまけといて」
なんて感じで使います。

一方徳島では「しんどい・苦しい」という意味合いで使っているようです。
「風邪ひいて、せこい」という感じです。

参考になりました?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報