『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

こんにちは。
クラシックギターのワルツなどで、ただいま8分の3拍子の曲を練習中です。

同じ3拍子で分母が違うことによって曲の速さが2倍になったりするのでしょうか?
例えば8分の3拍子でラルゴと速度記号があったとしたら、4分の3拍子のモデラートぐらいの速さになるとか・・・?

素人丸出しですが、どなたかご教授下さい。
宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

No.2 です



>変拍子する場合は8分の3と4分の3は速さに違いが出るとは一体どういうことなのでしょうか?

こういうことです

4分の4から4分の3に変わる場合。
拍子は変わりますが、一拍が4分音符であることに変わりなく、1・2・3・4/1・2・3・4が1・2・3/1・2・3と取るようになるだけで「速さ」は変わりません。

4分の4から8分の3に変わる場合。
一拍が4分音符から8分音符になりますので、一拍の「長さ」が半分したがって「速さ」が2倍になります。もちろん拍子が変わるときに「ここからの8分音符は今までの4分音符に等しい(♪=~のような表示)」と書いてあればそれに従います。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
なるほど、はじめから分母が8である曲は無理に速く演奏する必要もないけども、はじめ分母が4であった曲が途中からその分母が8になった(これを変拍子というのでしょうか?)場合には速さが2倍になる・・・そしてその逆もまた然りということですね。
良い勉強になりました^^

お礼日時:2007/05/10 15:12

失礼します。


#2、#5の回答で概ねよろしいかと思います。

尚、参考までに・・・

*或る著名なクラシック演奏家(ピアニスト)の言葉です。
「どんなに速いテンポの曲でも、そこに「4分の3拍子」と書かれていたら、それは1小節1単位で演奏してはいけないのです。きちんと3拍の存在を感じて演奏しなければなりません。
逆に、遅いテンポの曲でも「8分の3拍子」と書かれていたら、それは1小節1単位に感じて演奏するべき曲です。」

*また、次の名曲をCD等で聴き比べてみてください。
・ベートーヴェン/交響曲第5番「運命」
 ~第ニ楽章(アンダンテ コン モト 3/8拍子)

・モーツァルト/交響曲第39番
 ~第三楽章(アレグレット 3/4拍子)

如何ですか?前者はゆったりと1小節1単位に感じますし、後者はリズム通り(メヌエット)きちんと3拍子に感じますよね。

基本中の基本ですが(勿論お分かりだと思います)、同じ3拍子でも使用する音符により、3/8拍子は8分音符(タ)が1小節3つですから「タ・タ・タ」で、3/4拍子は4分音符(タン)が3つですので「タン・タン・タン」とその値(あたい)上なります。
当然、拍子と速度は切り離して考えるのが当たり前ですが、譜面をパッと見には得てして混同してしまいがちになるのはよくあります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答有難うございます。
大変勉強になりました。是非聴き比べてみたいと思います^^

お礼日時:2007/05/10 15:33

#1の回答者です。



>リズムセクションのリズムの刻み方の違いというのを
>もう少し具体的に教えていただけると、非常に助かるのですが。

リズムの問題になるのは、どっちかというとクラッシクではなく
ポピュラー系の音楽の話になるのですが・・・。

#2さんが言及されていますが、3/8拍子は基本的に4拍子系のリズム
で、先頭の1拍にアクセントがあるようなリズムの刻み方が基本です。
おまけに基本が8分音符ですから、リズムもポルカなどと同様に
速い場合が多く、基本的なリズムから外れ(られ)ないのが普通です。

これに対し、3/4拍子は3連符×3のリズムになる場合が多く、その
場合は3連符の2拍目を抜いた、ジャズの基本リズムになります。
ジャズの場合、リズムのアクセントは先頭には来ませんから、所謂
「乗り」が3/8と全く違ってきますし、基本が4分音符でゆっくり
なので、装飾的なリズムを入れることも容易なんです。

クラシックの場合でも、ウインナワルツは2拍目がちょっと遅れる
独特のリズムを刻みますが、これらも3/4で書かれていますので、
リズムに関する自由性が高いと言い換えることも出来るかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度目のご回答有難うございました。
要するに・・・3/8は先頭にアクセント、ポルカ??(初耳です)と同様に速い  ということで宜しいでしょうか?
3/4は、3/8に比べゆっくりで自由性が高いということですか。
勉強になりました^^

お礼日時:2007/05/10 11:57

分母:その曲の基調となる音符、分子:それが一小節に何個入るか、という事です。


ですからこの場合、一小節の中に8分音符が3つ入るということになります。
ちなみに8分の6拍子の場合は、一小節の中に8分音符が6つ入ることになります。

ただ、体感上は速く聴こえるかもしれません。
弾くのなら、その辺りを気をつけるといいかもしれませんね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
あの~・・・いくら素人でもそれぐらいは分かっています。
ただ、分母が8と4でどう違うのか?ということをお聞きしました。
良ければまたご回答くださいね(^^)

お礼日時:2007/05/10 11:48

拍子の分母と速度は関係ありません。

4分の3、8分の3、2分の3などどれでも速度記号が同じであれば同じ速さになります。分母をどの音符にするかつまり1拍がどの音符かはは譜面を書いた人次第です。

とは言え、現代は4分音符が1拍という感覚が強く、8分の3はなんとなく見た目速い印象を与えるかもしれません。8分の12拍子(4拍子系)を使わず4分の4拍子に3連符を多用する書き方が多いのも同じ理由かもしれません。

ただ、4分の4拍子が途中で変拍子する場合、速度変更の指定がなければ8分の3と4分の3は違う速度で演奏されるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
変拍子する場合は8分の3と4分の3は速さに違いが出るとは一体どういうことなのでしょうか?
速度記号がない状態でどのように判断すればよいのでしょうか?
素人には難問なので、既にご理解されているのであればまたご回答下さい。
お待ちしております。

お礼日時:2007/05/10 11:45

メロディーラインから見れば、同じです。


単純に速度記号(♩=xxx)の速度が変るだけですね。

ただし、リズムセクションのリズムの刻み方は変ります。
どっちかというと、そちらが原因で決まってると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有難うございました。
リズムセクションのリズムの刻み方の違いというのをもう少し具体的に教えていただけると、非常に助かるのですが。
良ければまたご回答下さい。お待ちしております。

お礼日時:2007/05/09 18:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4分の3拍子と8分の6拍子

4分の3拍子と8分の6拍子は何がちがうのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

拍子の場合、前の部分(4分のとか8分の、他に2分の)は全く無視して考えて下さい。
よって3拍子と6拍子と考えればよいのです。
数学的な感覚で約分しないでください。全く意味の違ったものになってしまいます。
ただし、作曲家によっては例外もあります。音符を書く手間を省く(8分音符などは旗を書くのが面倒ですから)2拍子の3連符をそのまま3拍子にしてしまったり、複合拍子など特殊な場合、音符の数合わせのためにあえて拍子は無視しているものもあるようです。
つまり、どう聴いても2拍子なんだけど楽譜上には3拍子で記載されているなんてこともあるわけですが、これはあくまでも例外で、基本は皆さんのおっしゃる通りです。

Q8分の7、8分の5,8分の8って何か教えて下さい!あとこれらはメトロノ

8分の7、8分の5,8分の8って何か教えて下さい!あとこれらはメトロノームに合わせる際どうすればいいのですか?

Aベストアンサー

それでは、「8分の6拍子」はわかりますか?
8分音符を1つの単位とすると、1トト2トト、というふうに取りますよね。
それが単に増えただけだと思ってください。
7/8拍子の3+2+2であれば、1トト2ト3ト、というふうに取ります。
要するに、1つの拍の長さが同じでないということです。
添付音声にそのリズムで吹きこんでみましたので、お聴きください。
トライアングルが小節の頭(メトロノームのベルと同じ)、高いブロックが拍の頭です。
5/8も8/8も似たようなもので、
1ト2トト(2+3の5/8拍子)だったり1トト2トト3ト(3+3+2の8/8拍子)だったりするわけです。

Q8分の6拍子、4分の3拍子のリズム感の鍛え方

8分の6拍子、4分の3拍子のリズム感の鍛え方を教えて下さい。

4分の4拍子などはメトロノームを裏で取る練習で大分鍛えることができました。
裏の裏で取ったり、ポリリズムを作ったりもできるようになりました。
ドラムの基礎であるチェンジアップも毎日やってます。

しかし、どうしても8分の6拍子、4分の3拍子のリズムが取れません。
ある程度は合うのですが、体の中に染み込んだリズムではなく
頭で考えながらやっている感じです。

手元のリズムの本によると、3拍子は1拍目がダウンビートで
2拍目は若干アップビートの性質を持ち
3拍目がアップビートであるとのことです。

なので4拍子と同じように、裏(つまり3拍目)で取ったりしてみたのですが
どうもうまくいきません。
何かいい練習方法があれば教えて下さい。

後、抽象的で構いませんので、どのように3拍子を
イメージすればいいのかも合わせて教えていただければ幸いです。

楽器は主にギターをやってますが、ベース、ドラムもある程度できます。

Aベストアンサー

>後、抽象的で構いませんので、どのように3拍子を
>イメージすればいいのかも合わせて教えていただければ幸いです。

ならば、S&Gのスカボロー・フェアを聴いてみてください。
アップとかダウンとか考えずにノッテみてください。

よく3拍子は三角形といわれますが、曲を聴いてみるとアコギのアルペジオにはカドがないと思います。なので、私はブランコの揺れを想像しています。イチ・ニ・サンじゃなく一気にワントゥスリーワントゥスリーです。
で、発展するとワン・・・・ワン・・・・と、とれます。

Yのつくサイトにもありますが、
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/SimonAndGarfunkel/
http://listen.jp/store/album_0371090000042.htm

6拍子は複合拍子なので、2拍子としてリズムをとってください。
http://www.mmjp.or.jp/music-access/contents/solfege/fukugohyousi/fukugohyosi.htm

>後、抽象的で構いませんので、どのように3拍子を
>イメージすればいいのかも合わせて教えていただければ幸いです。

ならば、S&Gのスカボロー・フェアを聴いてみてください。
アップとかダウンとか考えずにノッテみてください。

よく3拍子は三角形といわれますが、曲を聴いてみるとアコギのアルペジオにはカドがないと思います。なので、私はブランコの揺れを想像しています。イチ・ニ・サンじゃなく一気にワントゥスリーワントゥスリーです。
で、発展するとワン・・・・ワン・・・・と、とれます。

...続きを読む

Q例えば4/3拍子と8/6拍子の違い

私は趣味で好きな音楽を耳コピーしてMIDIに打ち込んでいます。
ピアノロール式のソフトなので、譜読みが不得意な私でも簡単に作れるのですが、いつも引っかかることがあります。

例えば、耳コピーして聞こえて来る曲が「ツンタッタ」のワルツ風の曲だとします。こういう場合、大抵私は4/3拍子と認識して、ソフトにもそう設定します。
ただ、実際その曲の本物の楽譜を見ると、4/3だと思ってたのが実は8/6ってことがあります。聞こえ方は同じなのに、楽譜に起こすと全く違うわけですよね?聞こえて来る曲の正確な拍子がわかるにはどうしたら良いのでしょうか?
それから拍子と速度(BPM)の関係もよくわかりません。一小節をどう分割するかで速度設定も変わって来るのでしょうか?私が作るデータはたまに200幾つとかあり得ないBPMになる時があるので、恐らく拍子取りが間違っているのではないかと思うのですが…でもどこをどう直せばよいのかまったくわかりません。

わかりやすく説明頂けるととてもありがたいです。また、参考になるサイトなどがあれば、ご紹介いただければと思います。
よろしくお願いします。

私は趣味で好きな音楽を耳コピーしてMIDIに打ち込んでいます。
ピアノロール式のソフトなので、譜読みが不得意な私でも簡単に作れるのですが、いつも引っかかることがあります。

例えば、耳コピーして聞こえて来る曲が「ツンタッタ」のワルツ風の曲だとします。こういう場合、大抵私は4/3拍子と認識して、ソフトにもそう設定します。
ただ、実際その曲の本物の楽譜を見ると、4/3だと思ってたのが実は8/6ってことがあります。聞こえ方は同じなのに、楽譜に起こすと全く違うわけですよね?聞こえて来る曲の正確...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ

ひっかかっちゃいますよね^^

ご質問の趣旨は「四分の三拍子」と「八分の六拍子」という意味ですね?
これは分数で標示すると、3/4 と 6/8 になります。
つまり、算数でいうところの分数とまったく同じ考えです。

算数でいう四分の三は、四等分されたうちの三個、という意味ですね。
ですので、
音楽でいう四分の三拍子、とは、四分音符で構成された三拍子、という意味になります。
つまり 3/4 拍子で書かれる楽譜は、四分音符を一拍とかぞえて、一小節に4拍溜まったら、縦棒を引いて次の小節に音符を繰り越して書く決まりです。

そして 6/8 拍子の楽譜は、八分音符が一拍とカウントされて、一小節に八分音符が6個を超えてしまったら、次の小節に音符が繰り越されて書く決まりです。

そこで算数と音楽の違いですが、
算数だったら、6/8は約分して3/4と答えるのが○になりますね!
ところが音楽の場合は6/8はどうしても絶対に6/8でないとダメ!
という主張がこめられて作曲されています。
それはどういう主張かといいますと、
3/4 拍子は、ぶん、ちゃっ、ちゃー
という文字通りのワルツの拍子なんですが、
6/8 拍子は、(第一ぶんちゃっちゃ)+(第二ぶんちゃっちゃ)
というトータルで2拍子的に事が進むようなリズム感の主張方法として設定されています。
つまり、三拍子でありながら二拍子、ワルツでありながらマーチ、という複合的なリズム感覚を聴衆に与えたいときに6/8 拍子が使われることになっています。

※わたしは中学校の時、担任の先生が音楽の先生だったのですが、音楽のテストで6/8を「数学通りに約分」の取り消し線で消して3/4と回答欄に書いたら、ユーモアだと思われたのか先生が正解扱いにしてくれました^^;
(わたしは中学の数学の時間に学んだので、おおまじめにそのとおりに書いたつもりだったんですが^^;)

たのしい音楽生活を送ってくださいね♪

こんにちわ

ひっかかっちゃいますよね^^

ご質問の趣旨は「四分の三拍子」と「八分の六拍子」という意味ですね?
これは分数で標示すると、3/4 と 6/8 になります。
つまり、算数でいうところの分数とまったく同じ考えです。

算数でいう四分の三は、四等分されたうちの三個、という意味ですね。
ですので、
音楽でいう四分の三拍子、とは、四分音符で構成された三拍子、という意味になります。
つまり 3/4 拍子で書かれる楽譜は、四分音符を一拍とかぞえて、一小節に4拍溜まったら、...続きを読む

Q4/4拍子と2/2拍子のちがい

4/4拍子と2/2拍子のちがいなんですが、もちろん、4分音符が1小節に・・・・、云々といったことがわからないわけでなく、この二つの使い分けのおいての疑問なんです。

4/4拍子の曲で、テンポが、四分音符=70ぐらいのとき、
割と早めのフレーズうを記譜すると、楽譜が16分音符だらけになって見にくいですよね?そのとき、2/2拍子として、
記譜すると、8分音符主体で記譜できて読みやすいですよね?テンポがかわるわけじゃないのですから、こういう記譜の仕方でも問題ないのでしょうか?
実際問題として4/4拍子と2/2拍子のちがいとは、これだけのことなんでしょうか?
長くてすみません

Aベストアンサー

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」という規定ができたのもベートーヴェンくらいになってからです。
それまでは、曲の種類や拍子などでテンポを決めていました。
だから「楽譜を見て的確な速さがわからん人は一流ではない」という言葉が生まれたんです。
(たしかバッハの言葉ではなかったかな・・・)

・・・でも、なんだか質問文を読んでいると
「4分の2」と「2分の2」はどう違う?という方が合ってそうな気がしますね。
同じ2拍子ですが。違います。
うーん、上記のことに加えて、4分の2は「マーチ(行進曲)」になりますが、2分の2はならないでしょう。
1拍の重さが違うと言いましょうか。
2分の2の方が、一拍がより重かったり、より大きかったりします。

数値的なことよりも「拍感」にて
差が出るのだと思います。

参考までに。

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」...続きを読む

Q8分の9拍子の取り方

8分の9拍子はどこが強拍になるんでしょうか?
もしよければ16分の9拍子のも教えてくださると嬉しいです。
調べてもでてこなかったので教えてください。

Aベストアンサー

どこが強拍かというのは,一概には決まりません。

~まず前置き~

例えば4拍子だと,
強-弱-中強-弱 のように教えるのは,日本の音楽教育の間違った教え方です。
1小節の切れ間を説明するのに,
小学生などにそう説明せざるを得ないというのが現状かもしれませんが,
つまり,演奏上はいわゆる強拍にアクセントを付けてしまえば,たいていはダサイ音楽,音楽性のない音楽になってしまいます。

メロディーからまずリズムを掴んで,フレーズを掴んで,空気を掴んだ上で,自然に心から出るものが強拍や弱拍だと思います。


~本題~

前置きで書いたことを前提に,本当はそうではないというのを意識してもらって本題ですが。

8分の9拍子は普通は3拍子の一種です。
付点四分が3つ合わさって1小節をなしています。
だから,3拍子と同じく,「強-弱-弱」のように感じられる拍子です。
あえて書くなら,最初の音符が強拍です。
(※決して「強-弱-弱」のように演奏すべきという意味ではありませんよ。)

16分の9拍子は普通は4拍子の一種です。
付点四分が4つ合わさって1小節をなしています。
だから,4拍子と同じく,「強-弱-中強-弱」のように感じられる拍子です。
全てが8分音符でできている小節なら1つめと7つめの8分音符が強く感じられる拍子です。
(※決して「強-弱-中強-弱」のように演奏すべきという意味ではありませんよ。)

参考URL:http://imion.jp/index.asp?id=126&b_chkNum=4095

どこが強拍かというのは,一概には決まりません。

~まず前置き~

例えば4拍子だと,
強-弱-中強-弱 のように教えるのは,日本の音楽教育の間違った教え方です。
1小節の切れ間を説明するのに,
小学生などにそう説明せざるを得ないというのが現状かもしれませんが,
つまり,演奏上はいわゆる強拍にアクセントを付けてしまえば,たいていはダサイ音楽,音楽性のない音楽になってしまいます。

メロディーからまずリズムを掴んで,フレーズを掴んで,空気を掴んだ上で,自然に心から出るものが強拍...続きを読む

Qどういう意味ですか?

僕は吹奏楽をしているのですが、今回吹く楽譜に、こんな記述がありました。
(senza rit.)
これは、五線の上(下だったかも…)に書かれていたのですが、どういう意味なのでしょうか。

お願いします。

Aベストアンサー

senzaが「なしで」という意味でrit.が「ritardando(だんだん早く)」との
ことです。で、両方をあわせた「senza rit.」だと
「ritardandoしないで(だんだん早くしないで)」となるそうです。

ではでは。

参考URL:http://home3.highway.ne.jp/jester/yps/terms-a.html

Q2/4拍子は何故あるの?

音楽の楽譜についての疑問です。
2/4拍子は何故あるのでしょうか?
素人考えでは、2小節をひとつにまとめてしまえば、4/4拍子になるので必要ないのでは?と思います。
あえて2/4拍子にする理由はあるのでしょうか?

それともうひとつ。
3/4拍子と6/8拍子があるのも分かりません。
こちらはどちらも同じではないのでしょうか。
(数学的には約分してしまえば同じこと)
この2つはどうやって使い分けるのでしょうか?

つまらない質問ですが、気になって仕方がないのです。

Aベストアンサー

拍子記号は、1小節に収まる音符の長さと数を示すものです。そのため、リズムの最小単位を示すものといえます。
拍子記号は、下の数字が基準となる音符の長さ、上の数字が1小節に含まれる基準となる音符の数を示します。これは数学的解釈をしてはいけない表示です。「よんぶんのに」と読まれますが、これは数学的に読むのではなく、「四分(音符が)二(個)」と解釈するとわかりやすいでしょう。

小節はリズムの最小単位となるものです。1小節の中に含まれる音符の基準の長さとその数が決まると、そこに含まれるビートの一つ一つの性格が定まり、リズムの基本的な性格が示されることになります。
ビート(拍)には、大まかに分けるとアップビート(強拍)とダウンビート(弱拍)という性格と機能を持ったビートがあります。これらの性格を帯びたビートがどのように現れるかは、拍子によってある程度定まってきます。そのため、拍子記号が示されるとリズムの基本的な性格も判別できるようになります。

2/4拍子は、4分音符を基準として1小節中に2つのビートが入り、小節の1拍目が強拍、2拍目が弱拍にあたります。いわゆるマーチのリズムです。
対して4/4拍子は、4分音符を基準として1小節中に4つのビートが入り、小節の1拍目が最も強い強拍、2拍目が弱拍、3拍目は1拍目よりもやや弱い強拍、4拍目が弱拍というような性格を帯びます。マーチの小節を2つまとめたのとは、それぞれのビートの性格が違ってきますので、同一視しないのが妥当です。
また、3/4拍子については、4分音符を基準として1小節中に3つのビートが入り、1拍目が強拍、3拍目が弱拍になります。いわゆるワルツのリズムです。
6/8拍子ですが、これについてはワルツのリズムの系統と見るべきではありません。これは一般的には、2/4拍子において1つの拍を3連符で割った性格のリズムで、マーチの系統に近いリズムになります。そのため、8分音符を基準として1小節に6つのビートが入り、そのうちの1拍目が強拍、4拍目が弱拍になります。

これらのように、拍子記号はその曲のリズムの感じ方、小節あたりのリズムパターンの割り方を基準に決められます。中には8分の8拍子や16分の16拍子を便宜的に4/4と表示することもありますが、基本的に拍子記号について数学的判断をしてはいけません。

なお、それぞれのリズムにおけるビートの性格については、指揮棒の基本的な振り方のパターンで想像するとよりよいかも知れません。強拍では大きく振り下ろし、弱拍では大きく振り上げるような動作になるはずです。

参考まで。

拍子記号は、1小節に収まる音符の長さと数を示すものです。そのため、リズムの最小単位を示すものといえます。
拍子記号は、下の数字が基準となる音符の長さ、上の数字が1小節に含まれる基準となる音符の数を示します。これは数学的解釈をしてはいけない表示です。「よんぶんのに」と読まれますが、これは数学的に読むのではなく、「四分(音符が)二(個)」と解釈するとわかりやすいでしょう。

小節はリズムの最小単位となるものです。1小節の中に含まれる音符の基準の長さとその数が決まると、そこに含まれるビ...続きを読む

Q2分の3拍子の拍の取り方

私は高校の吹奏楽部で弦バスを担当しているのですが、
最近渡された曲に、2分の3拍子と記されていました。
曲を聴いて見たのですが、拍の取り方がわかりません。
無知な質問ですいませんが、どのように拍を取ればいいのでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

う~ん、わかるなあ、その気持ち。
「3拍子」「4拍子」というように曲にはそれぞれ「拍子がある」ということはお分かりですよね。
『2分の3拍子』についてはすでに皆さんがお答えになっている通り。
では、どんな気構えで取り組む(慣れる)か・・・。
普段、4分の○拍子という曲に接することが多いため、つい4分音符を1拍に取っちゃうんですよね。
いっそのこと、まずは4分音符を1拍として数えてしまいましょう。すると、1小節のなかで「123456」と数えられるはず。
それが出来たらつぎに、それを「1ト2ト3ト」に置き換えます。
それにも慣れたら、そこで思い切って大きく「1ー2ー3ー」と曲に思いきって乗ってしまうつもりで数えながら演奏してみてください。

 結局、音楽というのは『流れ』であって、細かく数えれば数えるほど流れが無くなり、ぶち切れになってしまうんですね。そこで、できるだけ大きくとらえることによって『流れ』が出てくるんです。 
 例えば同じ曲をメトロノームを使って練習する時、8分音符=120でとるのと、4分音符=60でとるのと、2分音符=30でとるのは音が出るタイミングは同じなんですよね。でも、曲の流れが違って聞こえてくるはずです。一度お試しあれ。

う~ん、わかるなあ、その気持ち。
「3拍子」「4拍子」というように曲にはそれぞれ「拍子がある」ということはお分かりですよね。
『2分の3拍子』についてはすでに皆さんがお答えになっている通り。
では、どんな気構えで取り組む(慣れる)か・・・。
普段、4分の○拍子という曲に接することが多いため、つい4分音符を1拍に取っちゃうんですよね。
いっそのこと、まずは4分音符を1拍として数えてしまいましょう。すると、1小節のなかで「123456」と数えられるはず。
それが出来たらつぎに、それ...続きを読む

Qディミヌエンド と デクレッシェンド って、どう違う?

タイトルのとおりです。

dim と、decrescend って、同じ楽譜の中にも混在してますが(確か)、なんか違うんでしょうか?
どっちも、『だんだん小さく』とは理解してますが、意味合いに差があるのでしょうか。

それぞれに合った表現があるんだろうか。
想像付きませんが。

そして、なんで、小さくする方だけ、2種類あるんでしょう?
『だんだん大きく』で、クレッシェンド以外の表記って無いですよね。

ご存じの方、教えてください。

Aベストアンサー

クレシェンドの語源はcrescere(成長する/増加する)、ディミヌエンドの語源はdiminuire(減少する)です。デクレシェンドはクレシェンドの反対ということで、同じ意味のものです。

ではなんで二つの言い方があるのか?本来は「増加/反増加ー減少/反減少」という組み合わせがあってもおかしくないのですが、デ・ディミヌエンドって言いにくいからそれは使わないだけだと思います。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング