ネットが遅くてイライラしてない!?

大学進学を希望している高校3年生です。
文系で文学部入学を目指しています。

・言語学を学びたいと思っているのですが
それを深く学べるおすすめの大学というとどこがあるでしょうか。
また、その為には国文学科や日本文化学科に入学するのがベストなのでしょうか。

・私が興味を持っているのは‘日本語’なのですが
言語学を学ぶとなるとやはり日本語に留まらず
幅広い言語に相対することになるのでしょうか。
(それが嫌だというわけではないのですが)

・「言語心理学」は カテゴリー的には
心理学科で学ぶべきことになってしまうのでしょうか。


一度に複数の質問申し訳ありません。
ご意見宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。

言語学科の学生をやっている者です。もしよければ参考にしてください。

>・言語学を学びたいと思っているのですが
それを深く学べるおすすめの大学というとどこがあるでしょうか。

とりあえず「日本言語学会」のHPに行って、研究大会が行われたことのある大学名をリストアップすればその中からおのずとあなたの行きたい、そして行けるレベルの大学が見つかると思います。

言語学に縁もゆかりもない大学では大会を開かないと思いますので…。

>また、その為には国文学科や日本文化学科に入学するのがベストなのでしょうか。
国文学科は「言語」としての「日本語」を捉えようとはしない学問であると思います。「国語」としてではなく、数ある「言語」の一つとして「日本語」を学びたいのであれば必ず言語学科を選択してください。

>・私が興味を持っているのは‘日本語’なのですが
言語学を学ぶとなるとやはり日本語に留まらず
幅広い言語に相対することになるのでしょうか。
(それが嫌だというわけではないのですが)

一口に「言語学」といっても、幅は広いです。基礎的な概念(チョムスキーなど)を学ぶときには少し英語が必要になるかもしれませんが、日本語一本でも大学や教授によってはやっていけると思います。ただし、ほとんどの大学は第二言語が必修のはずなので結局は英語やフランス語、ドイツ語を学ばなければならないとは思います。

>・「言語心理学」は カテゴリー的には
心理学科で学ぶべきことになってしまうのでしょうか。

質問者様の言う「言語心理学」とは具体的にはどういったものでしょうか。「人は他人とどうコミュニケーションするか」(関連性理論など)というカテゴリーであれば十分、言語学の立場から面白い研究ができると思います。語用論=心の理論という話を聞いたこともあります。

また、心理学と言語学は特に言語教育の視点から見て非常に近しい関係を持っていますので、横断的な学問ができる大学であればそんなに心配するべきことではないかもしれません。

長々と失礼しました。質問者様がいい大学といい教授に出会えるよう祈っています。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

日本言語学会のHPにいってみましたがいろいろ参考になりました、
>人は他人とどうコミュニケーションするか」(関連性理論など)というカテゴリーであれば十分、言語学の立場から面白い研究ができると思います。
まさにこのような分野です。
詳しいご意見本当にありがとうございました!

お礼日時:2007/05/10 22:58

言語学専攻で大学院を修了したものです。



日本の大学で言語学専門の先生が最も多く所属しているのは、英語学科(または英文学科)です。これは言語学の理論や方法が主に英語圏からきているためです。勿論、国文科(または日本語科)や仏文科、独文科に日本語学、フランス語学等の講座があり、そこで言語学を学ぶことができるところもけっこうあります。日本の大学で「言語学科」を設置しているところはあまりありませんし、歴史言語語や少数言語の研究が主となっているところが多いと思います。

「日本語学」をお考えでしたら、日本語教育学が学べる大学がいいでしょう。日本語以外の言語としては、文献を読むために英語は必須。それ以外の言語は各人の興味と分野によります。

日本語学ですぐれた大学としては、東北大学、筑波大学、早稲田大学、一橋大学、名古屋大学、大阪大学、大阪外国語大学などが思いつきますが他にもたくさんあると思います。

言語心理学についてはどの学科というより研究室単位(研究者単位)で探したほうがよいでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、やっぱり専門的なことも学びたいとなると
研究室等にも関わるのですね。
日本語教育学が学べる大学調べてみたいと思います。
とても参考になりました!どうもありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2007/05/10 23:01

言語学でしたら、東京大学の文学部はどうでしょうか?


http://www.l.u-tokyo.ac.jp/cgi-bin/outline.cgi?t …

言語心理学は例えば、
立教大学文学部心理学科『心理言語学』
http://wwwj.rikkyo.ac.jp/ccd5cgi/ccdmsrch.exe?hd …
立教大学現代心理学部心理学科『心理言語学』
http://wwwj.rikkyo.ac.jp/ccd5cgi/ccdmsrch.exe?hd …
などでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

私の現在の学力からいくと両方ともかなり難しいレベルの大学なのですがなるほど!といった感じです。
言語心理学となるとやはり心理学科になるんですね。
どうもありがとうございました!

お礼日時:2007/05/09 22:41

言語学より国語学の方がいいでしょう。

言語学ではあまり言語を各論的に扱いません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

そうなのですか!
国語学というとやはり国文学科や日本文化学科ということになりますね。
ありがとうございましたm(_ _)m

お礼日時:2007/05/09 22:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q言語学の研究って何をしているんですか?

言語学者って言葉通り、言語の研究をする人達だと思いますけど、実際には何をしているんですか?
翻訳や通訳なら分かるんですけど、言語ってそんなに研究することってあるんですか?
あと、言語学の魅力(言語学を専攻したらこんな風に楽しいよ、とか)があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

 No.1の方の回答のようなこともありますし、ある言語について、文法を研究したり、語彙の種類や分類、歴史的な変遷を研究したり、異なる言語の比較研究をしたり、方言の違いの研究をしたり、なぜ違ってしまうのかを研究したり、言語の記号化して論理構造を研究したり…いくらでも研究テーマはあります。1000や10000ではすみません。
 また、言語の歴史的な変遷なら史学とも関連してきますし、比較言語なら民俗学とも関連してきます。論理構造の研究なら記号学や論理学、数学、コンピュータのプログラム言語の研究開発にも関係してきます。(プログラム言語も言語の一種) 言語というのは脳の活動の一つですから、脳医学とも関係してきます。発声法との関連で身体構造の研究と関わることもあります。
 どんな学問でも単独で存在することはありませんが、言語学も、言語学が単独で存在するわけではありません。

Q哲学科で勉強することって???

高校を卒業したら大学に進学しようと思っている高校2年生です☆☆
どの学部に進学しようか迷っているときに、哲学科がある大学があることを知りました。
哲学に興味があったので、そういう学科で勉強したらおもしろいんじゃないかなって思ったんです。
でも、哲学科という学科があるということを知っているだけで、どういうことを勉強しているのかを全く知りません。
そこで!!哲学科に通う学生さん、もしくは哲学科で何を勉強するのかを知っている人はぜひ教えてください!!!!
自分でも大学のパンフなどで調べたのですが、より詳しい情報とかもお願いします!!

Aベストアンサー

おはようございます。
私は哲学科を卒業した者です。
皆さんが言われているとうりです。
大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。
つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、
学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。とくに3・4年ではそれが顕著になってきます。
教授たち自信、自分が研究している分野があって、その分野に強いわけですから、その分野のことを講義してきます。
もちろん人によりけりで、一般的なことを話す講師もいれば、専門的なことを
話す講師もいます。

ですので私が大学に進学するときには、自分の学びたい教授のいる大学に進むものがいました。

一口に哲学といっても意味合いが広すぎます。
それは古代ギリシアの自然哲学者たちが「なぜ」と考えること自信を学問とし、
その考えることを「知を愛する」ことである「philosophy」と名づけました。
その思考することである学問から、数学や音楽、天文学などが生まれ、哲学は
「万学の女王」と呼ばれています。

しかし、現在、哲学も細分化され、皆さんの言われている分野が主な研究対象となっています。
形而上学や、科学哲学といっても、一般の人には全然ぴんと来ないでしょう。
ここでそれを語ろうとすると、はっきり言ってきりがありません。
哲学とは定義づけすることの難しい学問ですから、その領域もとても広いのです。
また幾多の哲学者もさまざまな謎を出し、疑問に答え、論理を導き出しています。
その考えを知るだけで、途方もない時間が必要です。

抽象的なことばっかり言っていますが、これが「哲学とは何か」に対する答えだと思ってください。
しかし、あまり漠然とした答えでは何の参考ともなりませんので、さわりを少しだけ。


この世になぜものが存在するのか、そしてそのことを人間はなぜ認識するのか、どうやって認識しているのか。
また、目に見えないもの(神・真理・無限・絶対・永遠)は存在するのか。
有と無の関係。世界はどういう原理で作られているのか。 
そして、人はなぜ生まれてきたのか、どうやって生きていくべきなのか。


と、大雑把ではありますが、こういうことを考える学問です。
以上のものは主に古代哲学からの疑問ですが、現代では、
論理学や科学、数学なども絡み、さらに難解です!
その論文などは日本語で書かれていても、とても日本語とは思えません。
はっきり言って、実際学ばないとわからないと思います。
明確な答えが出ない物事を、真剣に思考するという、恐ろしい学問です。

1・2年の一般教育では、主に「哲学史」「哲学者の考え」を聞くこととなるでしょう。
そして、3・4年で、専門的な事を学び、自分の納得のいく答えを探すこととなります。


ただ、卒業したら社会の中、実生活では、正直役に立ちません。
ですので、#2さんの言われるとうり、変な人が多いのが特徴です。
もちろん普通の人もいますが、他の学科と比べてやっぱり・・・

よく哲学は「ごみの山」だと言われます。
ぜんぜん役に立つものはないのですが、その中に、ひょっとすると、
すごい宝があるのかもしれないと・・・

あなたは、哲学に興味がある時点で、かなり変わった人です。
ぜひ、そのまま哲学科へと進み、その生き方、考え方に磨きをかけてください!

まだ言いたいことは山ほどあるのですが、きりがありませんので、これくらいで。


最後に、哲学がいかに現実離れしているかの実例としてよく引き合いに出される
哲学の開祖タレスの2つの逸話で〆たいと思います。

「あるときタレスは天体観測のため空を見つめて歩き、熱中のあまり前方の井戸に気づかず落ちてしまった。この事件について、足元のこともわからないのに天のことばかり知りたがるのは滑稽だとトラキア人の女奴隷に笑われた。」

                        プラトン 『テアイトス』

「タレスが貧乏であったことから、世人が哲学などは生活に何の役にも立たないと
非難したところ、彼はその天文学の知識からその年のオリーブの豊作を察知し、
早いうちにミレトス中の搾油機を安く借り集め、時期が来て人々が必要としたとき
高く貸して大もうけした。」

                       アリストテレス  『政治学』  

おはようございます。
私は哲学科を卒業した者です。
皆さんが言われているとうりです。
大学によりますし、また、講師によってもかなり違ってきます。
つまり、高校までの授業とは違い、大学になると学ぶ分野が細分化されて、
学生が自分で学びたい科目を選択してゆくことになります。とくに3・4年ではそれが顕著になってきます。
教授たち自信、自分が研究している分野があって、その分野に強いわけですから、その分野のことを講義してきます。
もちろん人によりけりで、一般的なことを話す講師もいれ...続きを読む

Q上智大と東京外大どちらがいいですか?

上智大外国語学部英語学科と東京外国語大学外国語学部英語学科に合格した場合、どちらに入学するか迷っています。どちらもいい点を持っているので、本当に悩んでいます。先輩方のご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院レベルでの研究には資料の豊富さも鍵を握りますが、私学より国立の設備のほうが何倍も充実しています。私学の図書館で国立に負けないのは慶応大学くらいです。うろ覚えですが、上智の蔵書数は東京外語の5分の1くらいでした。図書館の建物は大きいのですが、棚はスカスカ。

こと予算にかかわる件については、私学は国立にかないません。研究職に進む場合は大きな差が出ますので要注意です。

外大卒の人をみかけないという感覚の話が引き合いに出されていますが、私は海外勤務、出張を繰り返した経験を持っており、外国に行くと外大卒に多数出会います。ただ、今どき英語はどこでも習得できますから、英語圏以外にいくと外大卒に出会う確率が格段に高くなると申しておきましょう。

一般的な企業の入社試験では、外大+上智+ICUでグループ化して評価する会社が多いのでは?ブランドで採用する会社にとってはブランドが大切でしょうが、最近は大学名にこだわらない採用も増えていますし、やはり最後は個人レベルの実力でしょ。どこを選んだとしても自分を磨くよう心がけてください。

外国語学部出身者は概して細かい作業を正確にこなすイメージがあり、よく言えばまじめだが、行動や発想のダイナミックさに欠けるところがあるかもしれません。

外大入試の2次試験に英語しか科されていないという批判については、外大は国立ですから、まず文部省の政策に従わなくてはなりません。センター試験導入後、英語以外の得点で入学する学生が増え、英語力の低下が顕著になったので、2次試験で国語、世界史などの科目の得点比率を見直すようになり、最終的に英語を最重視するようになったという歴史的経緯があります。

学生の学力の推移と合わせて評価した場合、私は現状が間違っているとは思いません。独自に好きなことができる私学とは異なりますので、制度の表面だけを見た比較は誤解を招きます。

外国語学部というのは言語学を学ぶ場所ですが、言語(学)だけで就職できる職種は研究職、教職くらいのものですから、大半の卒業生にとっては、言語に加えてプラス・アルファに何が用意されているかがポイントになります。

上智の副専攻、外大では専修科目と呼ばれている物は、言語学以外の一般教養的な科目群であり、大学は幅広い講座を用意するわけです。それには人件費がかかりますから、予算が物をいいます。私学の外国語学部で日本最大の上智ですら、外大の3分の1しかありません。

また、4年次、大学院...続きを読む

Qちょいちょい聞く、上智の評判の悪さについて

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語だけできるという人が多い
・早慶とは区別されて下に位置する(これは一般的なようですが)
などです。
特に『外国語だけ』という意見が目立って気になります。

自分は語学に興味があり、外英は上智の中では最高峰ですし
英語をやりたいならやはり上智がいいのかなぁと思っていたのですが、
外国語だけだと言われるのはやっぱり嫌だという気持ちがあるので…
(逆に、”外国語だけではない”とするとそれはどういうことですか?)
自分の専門は語学!と決めてしまえばいいのかもしれませんが、それでも気になってしまいます。

この評判は本当なのでしょうか?
できるだけ詳しい方、上智大学に近い方などに答えていただけると嬉しいです。
卒業生でしたら個人的な意見でも良いので。
上智以外受からなければどのみち仕方ないのですがどうぞよろしくお願いします。

 
 

今日受験が終わり、とりあえず上智大学(外国語学部英語)に合格している者です。
他には早稲田や千葉大(どちらも文学部)を受けましたが、まだ結果待ちです。

そこで、もしほかの大学にも受かった場合を考えてここの質問で皆さんのいろいろな意見を
いくつか見させていただいたのですが、
その中で上智大学のあまり良くない評判というか、行くのが不安になってしまう情報が
いくつかあったので質問させていただきました。
例えば、
・帰国子女に甘い
・外国語ができれば入れてしまう
・実際学生や卒業生も英語...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全然だめなものも一部ありますが)過去問は論理力を養成するには言い教材になります。ただそれらをしっかり教えられる高校・予備校教師が少ないのが現状で上智の問題の良さを世間が認識していないのが現状です。理由は早慶より少し下のレベルで入学者が少ないため扱われることが少ないためです。ただ、マーチとは一線を画す理由もここにあると思ってます。マーチは論理力がなくても暗記一辺倒で合格できますから。

 知っている人からすれば「上智の外語学部出身者」は一目置く存在のはずです。大学としては確かに早慶に次ぐ順位という扱いですが外国語学部に関して言うと早慶と差はありません。心理学に関しても私大NO1ではないでしょうか?
 「上智は英語だけ」と考えるのは、本当の上智の姿を知らない人=上智レベルに合格できない人の意見です。上智、もしくはそれ以上の大学の人はそうではないことは十分知っています。

 上智大学は素晴らしい大学と思いますが、早慶と比べると「キャンパスが小さい」、「学生・卒業生数が少ない」、「専門的な勉強はできるが一般教養や幅が広い交流がしにくい」等のデメリットはあるかもしれません。内部進学がある早慶などの大学では彼らからその大学の雰囲気を勉強しながら生活するのが楽ですが上智にはそれがありません(勿論国立大学もですが)。ただそうしたことがない方がいい場合もあるので何とも言えません。

 英文を勉強するには非常にいい環境です。ただOB・OGが少ないことなどで就職活動で早稲田より若干落ちることはあります。ただ、大学名で落とされることはまずありません。最終面接で「幹部に早稲田が多いから」というレベルで落ちるだけです。しかし面接でも勉強した内容はよく聞かれるので、上智で一生懸命勉強した方が印象は良くなるのは言うまでもありません。
乱文・長文で申し訳ないですが参考になれば幸いです。

元塾講師です。

 帰国子女に甘いというのは事実です。今年の経済学部経営学科の大問8をご覧いただければわかりますが(2012年2月7日実施)圧倒的に帰国子女有利です。帰国子女はまず間違えません。勿論英語を一生懸命勉強した非帰国子女でも解答はできますが満点は難しいです。その分だけ帰国子女に下駄をはかせているといえます(大学側がそれを望んでいれば問題はありません)

 外国語ができれば合格してしまうというのも半分は正解ですが半分は違うと思います。特に国語はよくできた問題が多く(全...続きを読む

Q哲学科に進学したことをとても後悔している

私は、現在、大学で哲学を専攻しています。
大学の哲学科に入学する前は、哲学が好きだったのですが、
大学の哲学科に在籍する内に、日本における哲学に対するネガティブなイメージに押しつぶされ、自分が哲学科の学生であることに強いコンプレックスを感じるようになり、哲学に対する意欲を失ってしまいました。また、大学の哲学科のカリキュラムも(一応、世間的には一流大学と評価されています)ひたすら語学の学習ばかりをやらされ、
肝心の哲学の授業は、教授がぼそぼそと聞き取りづらい声で、
話すのを聞かされるだけで、こんなことなら、法学部にでも行って、
趣味で哲学書を読んでいた方が、よっぽどマシだったのではないか
と今になって気づきました。

そして、哲学科であると言うと、周囲に奇異な目で見られることが頻繁にあり、(たとえば、文学部で英文学を専攻しているというのと、哲学を専攻しているというのでは、明らかに相手の反応が異なる。)
それが原因で、元々内向的だった性格が更に内向的になり、
情緒不安定な状態になっています。

哲学専攻の同級生は、哲学研究者を志望するとても勉強熱心な優等生タイプと、哲学は単位を取るのに必要なだけ手際よく勉強し、一流企業への就活にエネルギーを費やすタイプに二極化しています。しかし、
自分はそのどちらでもなく、いたずらに無為な日々を送っています。

このまま大学を卒業して、「哲学科卒という十字架」を一生背負って生きていくことに底知れぬ不安を感じます。このまま文学部哲学科を卒業するべきなのか、疑問を感じています。中退や編入も真剣に考慮し、某旧帝大の経済学部の編入試験に合格したのですが、なぜか、入学辞退してしまいました。

現在、自分は4年生で卒業間際ですが(就活はしなかったので、
内定は得られず、卒業後の進路は未定です)
自分が今選択に悩んでいるのは、
一このまま哲学科を卒業する
二今からでも、哲学科卒という経歴を回避するために卒業せずに、
他大学他学部への編入を再び目指す、あるいは中退してしまう
という選択をどうするべきかということです。

勿論、以上のような悩みは神経症・強迫症的な悩みであり、
自分の精神的未熟さや弱さが基底にあることは自覚しています。
また、大学で哲学を専攻すると決定したのは、自分自身であり、
誰に強制されたわけでもありません。

それゆえ、自分の悩みが嘲笑とともに、黙殺されるのも覚悟しています。だが、自分にとっては、非常に深刻な問題で、日々、過去の進路選択への激しい後悔と、将来に対する不安に、押し潰されそうなのです。

自分自身で色々考えていても、思考が堂々巡りをして、
突破口を見出せない状態が続いております。
そこで、皆様から、多角的な視点からのアドバイスを頂ければ、
幸いです。何卒、よろしくお願い致します。

私は、現在、大学で哲学を専攻しています。
大学の哲学科に入学する前は、哲学が好きだったのですが、
大学の哲学科に在籍する内に、日本における哲学に対するネガティブなイメージに押しつぶされ、自分が哲学科の学生であることに強いコンプレックスを感じるようになり、哲学に対する意欲を失ってしまいました。また、大学の哲学科のカリキュラムも(一応、世間的には一流大学と評価されています)ひたすら語学の学習ばかりをやらされ、
肝心の哲学の授業は、教授がぼそぼそと聞き取りづらい声で、
話すの...続きを読む

Aベストアンサー

どのような「ネガティブなイメージ」でしょうか。
アカデミックな場面でもたれているイメージと、
世間一般でもたれているイメージでは、ちがうような気がします。

世間一般のほうですが、就活で困るというのは深刻です。
が、哲学科でも、学部卒のことなら、それほど気にしなくてもよいのでは。
修士や博士卒なら、偏見の目で見られても仕方ありませんが、
それは哲学科だけに限られることではないでしょう。
学部卒でそこまで偏見の目で見るのは明らかにおかしいので、
運の悪い面接官に当たったくらいに思うしかないと思います。
できれば、偏見の目で見られているからこそ、発奮していい就職をしてやるぞ、
と思いきることができればよいのですが。
哲学科の友人がそうでした。

日常生活であれば、てきとうに切り返す方法を身につけるしかありません。
そういう場面での偏見は、抑圧ど同時に促進になったりもするので、
かえってそういった偏見を生かしてうまくキャラづけするか、
うまくそういう話題にはまらないように言動を調整していけばよいと思います。
仲のいい友達からそう思われているのであれば、
コミュニケーション上の振りだと考えていけばよいのでは。
そこまでするような相手でなければ、話すことを避けるか、
無視すればよいと思います。
無視できないのであれば、それは、耳に飛びこんできた自分への評価を、
すべて自分のなかに位置づけていかないと、
と強迫的に思っているのかもしれません。
ときには、評価を無視することも大事だ、
と意識して自分に言い聞かせるようにしないと、切りがありません。
自分にたいする肯定的な評価、否定的な評価のどちらについても、
正当として受けいれなければならないもの、
不当として拒否し、正さねばならないものに加えて、
正当だろうが不当だろうがどうでもいいものがあります。
その辺りを選別していければ、だいぶ気が楽になるのではないでしょうか。

カリキュラムについて。
哲学の本を読むと、その語学力に舌を巻きます。
日本語で読んでさえ複雑な論理で書かれていて難しいのに、
それを英語だけでなく、フランス語やドイツ語で学んでいるわけで。
専門家になれば、ただ正確に読めればよいというわけではなく、
限られた時間で正確に読み解くことが求められるのでは。
語学の学習があるというのは、
本来なら個人で訓練してもおかしくないところを、
わざわざ教員がつく上に単位が出るのだから、むしろ贅沢な話では。
……という感じで、各授業に意味を見出せばよいと思います。
この語学の講義では、これを目標にする、のように。
予習も、ただ読むのではなく、短時間で読みきれるように練習するなど。
そうでないと、語学が多いのは辛いかもしれません。

ただ哲学書を読むだけなら、ほかの学部でもできると思いますし、
がんばれば今年出た現在の哲学者の論文を読むこともできます。
しかし、その論文の生の評価、いまの雰囲気といったものを知るには、
やはり哲学科に在籍しないと無理なのではないかと思ったりもします。
部外者として哲学をかじっていたほうが楽しいのは当たり前で、
研究者になるための訓練としては面倒なことのほうが多いだろうと思います。
加えて、教員にやる気がなかったりすると、
学生のほうも面倒なことをやる気さえ起きないかもしれません。
ただやはり、質問者さんについては、部外者ではなく哲学科で学ぶメリットに
まったく目を向けていないところが気になりました。
哲学科に在籍していなければ、もっと後悔しているかもしれません
(どちらのほうが後悔することになるかはわかりませんが)。

いずれにしても、後悔先に立たずということで、
まずいまの自分の立場を肯定するところから始めてみては。
メリットを最大化し、デメリットを最小化する方向に努力するしかありません。

どのような「ネガティブなイメージ」でしょうか。
アカデミックな場面でもたれているイメージと、
世間一般でもたれているイメージでは、ちがうような気がします。

世間一般のほうですが、就活で困るというのは深刻です。
が、哲学科でも、学部卒のことなら、それほど気にしなくてもよいのでは。
修士や博士卒なら、偏見の目で見られても仕方ありませんが、
それは哲学科だけに限られることではないでしょう。
学部卒でそこまで偏見の目で見るのは明らかにおかしいので、
運の悪い面接官に当たったくら...続きを読む

Q大学教員になるには?言語学です。

私はMARCHの文学部で言語学専攻の三年です。
とりあえず就活をしてはいるのですが、大学院への進学は入学当初から考えておりまして、興味があります。やはり大学の教員になりたい。
でも、なれるのかどうか不安です。狭き門なのはわかっていますが、非常勤講師も採用は厳しいのでしょうか。また専任はどうなのでしょうか。
どういったプロセスでなるものなのでしょか。そして実際に大学教員はどういったことをするのでしょうか。研究ばかりなのでしょうか。
また何をすればなれるのでしょうか。博士課程への進学はどんなもんなのでしょうか。
志望する気持ちだけはあるものの、何をすれば良いのかわからない状態です。
どんな些細なことでも良いので、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

言語学と言ってもいろいろな領域があるので一概には言えません。比較言語学、史的言語学のようなフィロロジー系のもの、認知言語学、統語論のような理論系のもの、それに応用系のものであれば言語教育、言語政策、神経言語学、コンピュータ言語学など様々です。

率直に言って、フィロロジーや理論系の言語学は直接的な実用性のない学問なので、マーケットは非常に狭いです。特に現在、大学では就職と結びつきやすい実用性の高い授業を提供しようとする傾向が強く、例えば新しく作られる学部や学科で言語学の専任を求めることはほぼないでしょう。もちろんこの分野では非常勤の需要もほとんどありません。仮にこちらの方面に進んでいこうというのであれば、できるだけ有力な研究者養成の大学院に進まれることを勧めます。言語学会の過去のプログラムを調べて、どのような大学院の院生が発表を多くしているか見れば大体分かりますが、基本的には旧帝大です。

応用系の言語学であれば、教育関係、特に英語教育、児童英語教育、バイリンガル研究などはマーケットが広がる可能性を持っています。また同じことを研究していても言語学ではなく英語学であれば英語の教員としてのポストが少しは広くなります。ただ、この分野に関しても最近は大学院が増えているので、競争は激しいです。やはりできるだけ有力な大学院に進まれる方がいいです。

有力な大学院というのは、結局人と情報が集まってきます。例えば普段の授業だけでなく、集中講義などで国内外の研究者がやってきたり、研究会や講演会が頻繁に行われて人的な交流の機会があります。このような中で学会の動向をつかんで知り合いを増やしていくことが将来役に立ちます。

今、できることとしては、大学の先生に相談してみる、月刊「言語」のバックナンバーをたくさん読む(大学院の入試問題も年に1回掲載されます)、興味のある研究会や学会に顔を出して世間で実際どのような研究が行われているかに触れる、自分がどういう分野の研究をしたいのか研究計画を考えてみる、基本的な文献などは時間をかけて読んでいく、といったところでしょうか。

言語学と言ってもいろいろな領域があるので一概には言えません。比較言語学、史的言語学のようなフィロロジー系のもの、認知言語学、統語論のような理論系のもの、それに応用系のものであれば言語教育、言語政策、神経言語学、コンピュータ言語学など様々です。

率直に言って、フィロロジーや理論系の言語学は直接的な実用性のない学問なので、マーケットは非常に狭いです。特に現在、大学では就職と結びつきやすい実用性の高い授業を提供しようとする傾向が強く、例えば新しく作られる学部や学科で言語学の専...続きを読む

Q明治大学と明治学院大学の違いは?。

 明治大学と明治学院大学というふたつの大学が存在すると思うんですが、両大学は同じ明治という名前を付けてますが同じ系列の大学とかなんでしょうか?。
 
 共通点と顕著な違いがあれば教えてください。

Aベストアンサー

明大OBです。友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。

明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。

明大ははっきりいって男臭いです(笑)。文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。文学部といえども男の数が多いのです。でも明学は女性の方が多い大学だと思います。

あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。一応「東京六大学」ですから。明学の場合はそれよりも落ちます。よく「MARCH」、「坊ちゃん四大」、「日東駒専」、「大東亜帝国」と大学のレベルを指す表現がありますが、明大はMARCH(明治・青山学院・立教・中央・法政大学)のレベルに属します。明学は坊ちゃん四大(学習院・成城・成蹊・武蔵大学)のレベルに入るでしょう。

それと明大は無宗教ですが、明学は宗教色が強いキリスト教のプロテスタントの教えを基盤とした学校です。

以上まとめると、
1.男臭い(明大)か女臭い(明学)かの違い
2.無宗教(明大)かキリスト教(明学)かの違い
3.偏差値の高(明大)低(明学)の違い
4.キャンパスが三箇所(駿河台・和泉・生田)の明大と横浜市戸塚区のキャンパスの明学

この四点が上げられます。

明大OBです。友人に明学を中退した明大時代の友がいっていたことを書きます。

明治大学と明治学院大学は系列も違うし、カラーも違います。

明大ははっきりいって男臭いです(笑)。文学部は通常女性の割合が高い学部ですが、明学は通常通り男2:8女でしょうが、明大は男5:5女です。文学部といえども男の数が多いのです。でも明学は女性の方が多い大学だと思います。

あとは皆さんも書かれていますが、明大の方が偏差値が高いです。一応「東京六大学」ですから。明学の場合はそれよりも落ちます。よく「M...続きを読む

Qマーチ程度のレベルで、日本文学をやるならどこの大学か

他にも同様の質問はありましたが回答範囲が志望と違うので新規に質問させていただきます。

マーチや成成明学くらいのレベルの大学で日本文学に強い大学を教えてください。東京近郊か関西への進学を希望しており、古典(特に古代)を中心に学びたいと思っています。

教授やテーマから決めることも検討していますが、史料などのことを考えると大学の環境も大事だと思ったので質問しました。ご回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

すでに出ているように、私立で日本文学なら国学院です。
多くの有名私大は外国文学がメインだからです。
国学院の日本文学科は歴史が古く、資料も多いです。この学科は国学院ではトップの看板学科で、この分野での知名度は高いです。

Q関西・関東付近で、文学部といえば何大学ですか?

関西もしくは関東付近で文学部(日本文学)といえば何大学ですか?
高校2年生で、進路について悩んでいます。
将来、就ける就けないは別として司書になりたいと思っています。

最終的には資料請求などで検討したいと思っているのですが、
量が多すぎて悩んでしまっていて、絞るための参考にしたいので、
文学部(日本文学)で連想する大学を教えていただけると嬉しいです。
国公立、私立、どちらでもいいです。

教員になりたいわけではなく、あくまで文学や日本語の研究がしたいので、
そういった研究が有名な大学の情報があると嬉しいです。

あいまいな文章で伝わりにくいとは思いますが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 こんばんはNo.3.6です。僕の考え方はどちらかと言えばNo.10の方に近くNo.8の方の様に「現実べったり」とは対極の考えです。
 No.8の方は「でも現実には偏差値60以下の中堅大学の非実学部に行ってなんだかんだ行って院に行かずに就職と言う人が全体の80%ぐらいなわけです。で、就職先が無いからどうの、って言い出すんですよ。悪いけど自業自得です」と「商学や経営学系こそが学問」と言わんばかりに他の学問を存在意義がないかの様に侮っていますが、近代経済学の創始者的存在でもあるアダム・スミスが『国富論』に先立って『道徳情操論(または『道徳感情論』とも呼ばれる)』を著したのはなぜだとお考えですか?。また経済学者のカール・マルクスが『経済学・哲学草稿』を遺したのはなぜだとお考えでしょうか?。
 本日の朝日新聞朝刊にこんな記事が掲載されていました、アメリカ大統領選挙を巡り「アメリカの国民がアメリカの実情をどれ位“正確に”把握しているか」との疑問をアメリカ国内の経済学者が問うていた文章です。
80年代の後半には既にアメリカン・ドリームなどの夢物語は実態を失い、その現実に気が付かないままにここまで来てしまったとの指摘です。
 「理念」などとの言葉を使えばNo.8の方からは「甘っちょろい、現実を理解出来ていない」と鼻先で笑われるかもしれませんが、「実学」だけが人間にとっての渇きに潤いを与える本質的な手段でないことも一方の事実であることには間違いないでしょう。「人はなぜ生きるのか、どの様に生きるのか」を問うことが学問の根源であることにも鑑みて、余り「即物的な物の見方」を学問にそのまま当てはめる事に僕は同意しかねます。
 少なくとも「問題意識の高い学生」であるならば「学部の4年間はその後のための準備期間として力を蓄える時間」となっています。No.8の方はそうした学生に出会ったことがないために態(わざ)と嘯(うそぶ)いているのかもしれませんね。
 学問に対する評価は「研究者が示す研究成果」によってのみ判断される。これは歴とした事実です。大学の名前やネームバリューで評価が決まるわけではありません。
 幸いなことに質問者様は現在、高校二年生であり「漠然と“文学や日本語に関する研究がしたい”」レベルです。今後「どの様な視点から、どの様な方法で、どの様な対象に『アプローチ』していくか」を大学の1・2年次に深めそれを3年次以後に突き詰めていく、こうしたロングスパンで取り組んでみては如何ですか?。全てを「これは役に立たないからダメ」「これは役に立つ」との二分法で括ってしまうならば、実学としての経済学で学ぶ「経済原論」などは「役に立たないモノ」に分類されてしまいます。けれども「経済学」を学ぶ上では「経済原論」は避けて通ることの出来ない科目であり、法律としての「憲法」が同時に「基本法」としての地位を占めるのに対し、その他の行政法やら経済法やら社会法そして刑法や民法などはその「憲法の内容を個別領域的に具体化する法」である違いと関係がそこにはあります。「文学」そして「言語」を学ぶ事は表面的には「実学のイメージ」はないと思われるかもしれませんが、そこで対象とするのは「人間の意識や思索」そして「それを表現する手法」であり「総体として人間を取り巻く全て」「人間が遺してきた全て」をひっくるめて扱う領域であり、この意味では「実学ではないとのイメージ」も怪しくなってきます。
 蛇足ですが、僕の友人にも国文科に在籍しながら職業として社会保険労務士の資格を取得して企業の総務で働いている者や税理士の仕事に従事している者もいます。僕自身も企業でSEとして勤務する一方で大学教育と研究に携わる身分です。「二足草鞋」もなかなかイイものですよ。「生活の食糧(かて)を得るための仕事」と「自分の専門領域に対しての様々な視点からのアプローチによる仕事」の切り分けさえも可能です。こうしたチャレンジができるのも若い間だけですから。

 こんばんはNo.3.6です。僕の考え方はどちらかと言えばNo.10の方に近くNo.8の方の様に「現実べったり」とは対極の考えです。
 No.8の方は「でも現実には偏差値60以下の中堅大学の非実学部に行ってなんだかんだ行って院に行かずに就職と言う人が全体の80%ぐらいなわけです。で、就職先が無いからどうの、って言い出すんですよ。悪いけど自業自得です」と「商学や経営学系こそが学問」と言わんばかりに他の学問を存在意義がないかの様に侮っていますが、近代経済学の創始者的存在でもあるアダム・スミスが...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む


人気Q&Aランキング