人は人をけなしたり、責めたりすることが、とても多いと思うのですが、それはどういう心理状態からきているのでしょうか?
ほめることは確かに難しいと思います。けなしたり、攻撃するほうが楽で自分がちょっと上に立てるような気分になれるからでしょうが、なぜそれほど、人のあら捜しをするのが好きなでしょうか?その心理が知りたいです。自分自身もそうだと思います。つい人の粗が気になります。
ブログをやっていたときも他のブローガーが頭が悪そうとか、写真がピンボケとか、内容がないと言って非常に気にする人が一部にいました。
例えば、このサイトでもときどき見かけますが、気に入らない回答者を責めたり、「気に入らない回答は無視している」といって叱責したり、あるいは質問の仕方が気に入らないと言って責めたり、お前は自惚れているけど全然たいしたことはないだろうって、けなしたり、年寄りは何も悪いことをしていなくても、ただ年を取って衰えたというだけで侮辱されて当然だよみたいな感じで侮辱したり、そういうのってあると思うのです。言わずにはいられないのですよね。
また努力すればこのような傾向って少なくなるものでしょうか?

A 回答 (11件中1~10件)

あんまりみなさんの意見と大差ないのかもしれませんが、自己防衛反応みたいなもの・・・もあったりするのかな?と思いました。


自分が傷つけられるのが恐いから、誰かをスケープゴートと言うか・・・とにかく誰かかれかを目の敵にしてしまう。
その対象って別に誰でもいいって感じがします。
なんだかむしゃくしゃしたから、気に入らないからで攻撃してるって感じ。。
そういうのを受け入れる余裕が自分に無いから、反発したり傷つけられたと思って攻撃してしまったり。

でもやっぱり人間誰だって自分がかわいいし、褒めてもらいたいし、自分の欲しい言葉を求めてるとは思います。
こういう場での客観的な質問とかは回答も客観的なのであんまりトラブルにならないのかもしれませんが、自分の悩みの相談とかってアドバイスを求めているのもあるけれど、質問してる時点で第三者に言って欲しい言葉があるんだと思います。
でも回答する立場では客観的な厳しい意見もあるし、文字(形)となって残されてしまうから余計に素直には受け取れなかったりしますよね。
相手が見えないから好き勝手出来るって気が大きくなるのもあるだろうし。

少なくなるといいですね。きっとpleasepleさんは優しい方なんですね。
私は今は関東にいますが、元々田舎育ちなので田舎は平和な気がします(笑)
ストレス社会って言われてるぐらいで、余裕がなくて満たされている人が少ないんでしょうね。。
みんながみんな余裕があって満たされてなんて無理な話なのかもしれませんが、たとえばこういう場でこういう真面目な話をするのも、ほんとに些細なことかもしれませんが、でもすごいいいことだと思うんです。
だからマナーやエチケットが軽視されがちですけど、だからって守らない人が増えたら荒れ放題になるだけですから、一人一人が守ろうとする努力が必要なんでしょうね。

うーん・・・わかりにくくてすみません。。
地道な努力は苦手な人間なのですが、マナーや人の気持ちを無視するような人間にはなりたくないので地道にがんばります(笑)
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。
私も田舎にいたころは、面を向かってけなされることも多かったですが、面を向かって大げさに褒めてくれる人もたくさんいたので、救われました。都会にいるとやっぱり人は冷たいですね。いくら尽くしてもちょっとした落ち度で攻撃してくるみたいな人が多いです。
確かにこういうサイトで悩み相談みたいなことをやっている人は、あんまり厳しい意見を聞きたくないし、それは誰でもそうだと思うんです。
しかも見たこともない人から、人格否定されるような説教をおとなしく聞けというのも当人にとっては、きついな~と思うのでなるべくイヤな思いをさせるだけの回答を自分がしそうなときには回答を控えますが。
自分が優越感に浸りたいというのは人間誰しも同じなので、なるべく悩んでいる人にも優越感を持てるようにユーモラスに話を持っていくってことが大切かなと思ったりします。
参考になりました。

お礼日時:2007/05/11 08:31

こんばんわ。


人はふとした時、思いかけず他人をけなしたり、攻め立てたりしてその人を傷つけてしまうことがありますが、これは、人は無意識のうちにも他人より自分が優位に立ちたいと思っているからでしょう。つまり、人には常にNO1になるんだという強い思いがあり、そのため、重箱の隅をつつくかのごとく、つい他人のあら捜しをしてしまうのでしょう。

他人にはひとつくらい短所があるものです。けれど、その人には自分がまだ見つけていないだけで、短所に勝る長所をもっているかもしれません。なので私は常に他人の良いところに眼を向けるように気をつけています。その方が他人と接しているとき、自分も気持ちよいですから。

私の投稿が、何か考えるきっかけになれば幸いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
■なので私は常に他人の良いところに眼を向けるように気をつけています。その方が他人と接しているとき、自分も気持ちよいですから。

すばらしいですね。このようなことを実行すると、気持ちも穏やかになって結局は多くの人から尊敬されて慕われることになると思います。
私も頑張りたいと思います。

お礼日時:2007/05/12 20:31

けなしたり責めたり悪口をいうのは大きな慰めがあるんです。


これは自慰行為なわけですね。
だからやめられないんですね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございました。
やっぱりそういうものなんですね。
だからこそ、人の悪口とか愚痴などを優しく聞いてあげる人は人気があるんですね。

お礼日時:2007/05/11 18:27

いつの世でも、人生うまくいかないという恒常的な不満を持って生きている人が圧倒的で、これまでの歴史では、大多数を幸せにすることができない社会であったことからでしょう。

それが、人々の不満憤慨を潜在的に定着させている。これがトリガーですかね。もうひとつは、そもそも、攻撃する人にとってその対象は、率直に言えば「嫌い」なんです。教えてgooで気に入らない回答をする人は、その人間性に嫌悪を抱かせるものを想像させるし、マナーを守らない人々には当然嫌悪侮蔑の感情を抱きます。他の回答者さんと結局同じことですけども、実際に世のy人々というのが、犬猫のように愛着がもてないということが大きいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かに嫌いな人間が、何をしようと嫌いなものは嫌いって感じで理性的にはなれないですよね。たとえ親切にされてもイヤだったり・・・
ご指摘のように誰もが平等に幸せになれる社会じたいが不自然でありえないし、誰かが金儲けすれば誰かが貧しくなり、誰かが愛されれば誰かがふられてしまうわけで、そんな人たちは不満を抱いたままということになってしまいますよね。
何か複雑な人間社会が起因しているようですね。

お礼日時:2007/05/11 08:37

やっぱり、どこか優越感を得たいんでしょうね・・・。


僕自身もそうですもん。
でも、ここの回答者さんで

「恐縮ですが、有名大学をでています。」
「恥ずかしながら、有名私大です。」

とその質問にあんまし関係ないけどはさんでくる人もいますよ。
それも、どこかで自分を上に見せたい人間の弱い本性があるのかな~。
と思ったりしています。

>>また努力すればこのような傾向って少なくなるものでしょうか?

・若者と老人では、経験という絶対の差がある。だから年輩の方の意見は尊重すべき。

・周りを、心から尊敬する。
とかを心がければいいと思います。多分。

難しいですよね。口では言ってもなかなか実行できないように。
周りを尊敬する。っていうのも。

やっぱし結論として
優位に立ちたい。
優越感を得たい。
自分に自信を持ちたい。

というのが人をけなしたりする事である程度満たされるからだと思います。
けなすといっても、どれもけなすということだと難しいですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
■やっぱし結論として
 優位に立ちたい。
 優越感を得たい。
 自分に自信を持ちたい。
となると、やっぱり、純粋に相手を思って欠点を注意してやっているんだみたいな、おためごかしはではないってことになりますよね。
親でもないんだし、ホントそれはないですよね。
それでも「お前のためを思って言ってやっているんだ」みたいなオーラを出してますよね。(というかこういう批判をすることじたいが又けなしていることになったり?)
いろいろ人間について考えていると発見があります。
参考になりました。

お礼日時:2007/05/11 08:21

人を攻撃して、それによって人より優位に立ちたいというのは、悲しいことに人の本能だそうですよ。


人を批判する人を多く見かけますが、実は本当に嫌で批判しているのではなく批判すること自体が快感だからです。
心が広い人とか、嫌味な人だ、とかいう言い方をしますが、人間は誰でもストレスを溜め込むものです そんなに個人差はないのだそうです。
一見いい人に見える人は、方法はさまざまですが、ストレスの消化の仕方が上手で気持ちにも余裕があるのではないでしょうか?
人を責めたり攻撃する人はきっと上手に消化できないタイプなのでしょうね。
外国で暮らしたことがありますが、日本人より攻撃的なところもありますが、あとでちゃんと誤りフォローするのも上手です。
「さっきは言い過ぎてごめんなさい、とてもイライラしていて。」
このお詫びやフォローが日本人はとても苦手なようです。
自分以外の人間を責めたりけなすことはついだれでもしてしまうこと。
努力するべきなのはそのあとの和解や素直なお詫びなのではないでしょうか。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに日本人はスパッと面と向かって攻撃することも少ない代わりに素直に謝るということもなかなかしませんよね。
だからこそ、匿名性のあるブログやこういったサイトのちょっとした質問者や回答者の落ち度みたいなものは攻めやすいかもしれませんね。
リアルな関係だと、そんなことばっかり言っている人には友達ができないので普段は気を使っているんだろうなと思います。

お礼日時:2007/05/10 15:55

自分に自信がないからです。


幸せで心が満たされている人が見る世界は違い、
マイナスからモノを解釈したりすることは少ないと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに愛情で満たされていたり、楽しい仲間がいる人って、そう人のあら捜しはしませんよね。何でも肯定的に捉える傾向があるようです。

お礼日時:2007/05/10 15:51

他人に自分を反映させて見ているからだと思います。


批判的な回答はその人のコンプレックスから来る言葉ではないでしょうか。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ありがとうございました。
容姿に自信がない人や学歴がない人なんかが、容姿のいい人や学歴の高い人の言動を批判したりってのは結構あるかなとか思います。

お礼日時:2007/05/10 15:50

こんばんは。



人に対してした仕打ちが
必ず自分に帰ってくることを体感しています。

質問者様も、自己嫌悪にかられたことが
おありではないでしょうか。

お釈迦さまのようにはなれませんから、
たまには悪口をいったり、苦言を呈してよいと思うんです。

ただ、それにばかり特化している人が
いるので、そうはならないようにしたいと思っています。

反面教師というのは本当にありがたいものだと
最近、思っています。

参考になればよいと思います。失礼いたします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。
確かに「こんな風に人のことを批判してはまずいな」と自己嫌悪にかられながらも人を批判しているもう一人の自分がいたりしますね。
反面教師というありがたい手本がいるんだと思えばすごく気が楽です。
参考になりました。

お礼日時:2007/05/10 15:48

こんにちは・・・


難しいですね・・・・簡単にいえば人間の本性ですかね。闘争本能てきなものではないでしょうか?人は欲張りですから人の上をいこうとする
その場合、努力するよりも人を蹴落とした方が楽ですよね。自分が優れてる・・・自己権威欲の塊みたいな人が多いですから・・・・そのような人にがぎって人のことはよく見えても、自分のことが全然見えてない場合が多いです。比べるといっても自分が基準ではないみたいですよね
努力すれば少なくなるでしょうが、これも難しいことですね・・・・
人と比べるのではなく昨日の自分より今日の自分がどれくらい成長したか・・・という。自分自身を比べる・・・このことで少なくなると思います。まあ、言われなき中傷をうけても気にしない・・・そんな人間を見下すくらいの度量が必要かな、なんて思いますが
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
人のことを言う人って案外自分自身のほうがもっとそうだという場合が多いですよね。人に短気だ、短気だという人は自分が一番短気だったり。逆に謙虚で、「自分にはこんな欠点がある」と反省している人には何処からどう見てもそんな欠点って感じられない場合があります。

お礼日時:2007/05/10 13:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q心理学の授業で、「3人(世代の違う人)にどんなことをほめられたらうれし

心理学の授業で、「3人(世代の違う人)にどんなことをほめられたらうれしいか?を聞き、レポートにまとめてきなさい。」という課題が出されました。

そこで、皆様に「どんなことを褒められるとうれしいか。」をお伺いしたく思います。

ちなみに私は現在21歳です。

できるだけ詳しくご回答いただけるとありがたいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

N02です。
早速の補足、ありがとうございました。

では、
私が勝手に設定した条件ですが
実際に自分で体験して嬉しかったことや
こんな風に褒められたら嬉しいと思うことを書くことにしますね。

>できるだけ詳しくご回答いただけるとありがたいです。

一生懸命考えてみますので
よろしくお願いします。

・初対面の人
→緊張感や不安感が解きほぐさる人物として褒められる時は嬉しいです。
 「優しくて誠実な人柄に見えますね。」
 「緊張していた気持ちが楽になりました。」
 「何でも話しを聞いてもらえそうな感じがしました。」

・同じ職場の人
→切磋琢磨するパートナーとして褒められる時は嬉しいです。
 「あなたと仕事をすると学ぶところが多い。」
 「あなたの意見には素直に耳を傾けられる。」
 「あなたが賛成してくれると心強い。」
 「あなたとなら必ず成し遂げられる気がする。」

・同じ世代の人
→心を開ける相手、ディスカッションする相手として褒められる時は嬉しいです。
 「あなたと話をするとガッツが湧いてくる。」
 「あなたの意見は参考になる。」

・年下の人から
→励みや勇気や自信に繋がる相手として褒められる時は嬉しいです。
 「自分を伸ばしてくれるような人。」
 「的確なアドバイスをくれる人。」
 「あなたのような人になりたい。」

・目上の人
→礼節をわきまえているなどと褒められると嬉しいです。
 「謙虚で礼儀正しくて感心だ。」
 「誠実な仕事ぶりには感心だ。」
 
・利害関係のある人
→立場を越えて同じ目標に進む相手として褒められると嬉しいです。
 「裏事情を理解してくれるので助かる。」
 「他の人とはこんな成果は出せない。」
 「一番良い方法が見つかりそうだ。」

質問者様の望んでいる回答ではないかも知れませんが
レポートの参考にしていただければ「嬉しい」です。
「アドバイス」ではなく「調査への回答」とさせていただきます。

寒い季節ですので体調管理には気をつけて
勉学に励んでください。
質問者様にとって、今年も良い一年でありますように!

N02です。
早速の補足、ありがとうございました。

では、
私が勝手に設定した条件ですが
実際に自分で体験して嬉しかったことや
こんな風に褒められたら嬉しいと思うことを書くことにしますね。

>できるだけ詳しくご回答いただけるとありがたいです。

一生懸命考えてみますので
よろしくお願いします。

・初対面の人
→緊張感や不安感が解きほぐさる人物として褒められる時は嬉しいです。
 「優しくて誠実な人柄に見えますね。」
 「緊張していた気持ちが楽になりました。」
 「何でも...続きを読む

Qあら捜しをする人…

例えば嫌いな人を陥れようとしてあら捜しをしたり告げ口したりする人の気持ちはなんとなくわかりますが、自分に害もない人のあら捜しや悪口を言ったり、他人が不快な気分になると嬉しそうな人がいます(けして公ではその様な態度は見せませんが、にやにやしている)。「嫌いでもなんでもない人が不快」という状態をうれしいと思う感情がわかりません。機嫌が悪い時だからそういう風に願うのかと思いましたが、そうでもなさそうです(いつも人の悪いところを探して仲のいい別の人に言っているようです)。
こういう人は好きな人や友達が不快でもうれしいんですか?もしくは他人が幸せだとどう思うんでしょう?(そういう話をしても無関心そうですが…)心理描写をしてくださるとありがたいです。その人たちが嫌いというより、相手が何を考えているかわからないとなにか恐い気がします。同じような気持ちで人と接している方の話も聞いてみたいです。

Aベストアンサー

1.自己顕示--世界は自分中心である、誰かに振り向いて欲しい
2.劣等感と優越感--この2つになやまされている。
3.他人の不幸がうれしい.--ひねくれもの,-ますます誰もかばってくれない.
  まあ、ときには,普通でもありそうですが,
4.差別をして,自己満足-自分は賢いんだ,あなたとは違んだ
5.ねたみ根性--今の立場が不満、
6.面子が大切な人,負けず嫌いな人-負けたくない,面子なんて本人が思っているほど他人は思っていないのに,そう思っている
7.暇人--小人閑居にして不善をなす
まあ,こんなところでしょうか.心が貧しい人なんでしょうね.みんな適当に付合ってくれているか事を知らないでしょうし,逆らったら,余計面倒でから,適当に合わせている

Q心理学の歴史(心理学史)について インド

古代インドにおける「心の研究」について、心理学史というよりも心理学前史、あるいはその分野についても心理学というより思想、哲学なのかもしれませんが、今日の心理学を勉強する上で参考になる考え方などご存知の方いらっしゃったらご教授願います。図書館で調べるのに参考文献などご紹介いただければ、なお幸いです。
よろしくお取り計らい願います。

Aベストアンサー

こんばんは。。

 概説書を読みかじった程度の者で、お役に立つかわかりませんが・・・

 ご質問文にも触れておられるように、古代インドには明確に「心理学」という学問があったわけではなく、哲学・思想はすべて「宗教」に属しています。
 インドでは宗教宗派で形が変われども、とくに自己と他者や外界・神や真理との関係やあり方への考察や考え方が非常に重要なポイントになる、というのは確かだと思います。
 ですので、結局のところ「古代インドにおける『心の研究』」となると、全般的な流れを把握するとなるとインドの思想史・哲学史を押さえる必要が・・・という話になってしまうかと思います。
 
 ある種のショートカットコース(?)だと思われる分野としては、表向きかなり唯心論的な傾向のある仏教の中で、最も唯心的な考え方「唯識」思想が、「心の研究」としては相当に特化しているのではないかと思います。

 インド哲学・思想全般を扱うもので、ある程度入手し易いかと思われるもの。参考文献が巻末に列挙されており、さらに文献をあたる際に役立ちます。↓
金岡秀友『インド哲学史概説』佼成出版社

 唯識思想に関しては「横山紘一」氏がこの分野の研究者としては、専門書から入門書まで充実しています。
 また、下記の著作も本来たいへんに精緻かつ難解な唯識思想を平易に著していて有益でした。↓
岡野守也『唯識のすすめ 仏教の深層心理学入門』NHK出版

 既読であれば、すみませんです。では。

こんばんは。。

 概説書を読みかじった程度の者で、お役に立つかわかりませんが・・・

 ご質問文にも触れておられるように、古代インドには明確に「心理学」という学問があったわけではなく、哲学・思想はすべて「宗教」に属しています。
 インドでは宗教宗派で形が変われども、とくに自己と他者や外界・神や真理との関係やあり方への考察や考え方が非常に重要なポイントになる、というのは確かだと思います。
 ですので、結局のところ「古代インドにおける『心の研究』」となると、全般的な流れを把...続きを読む

Q心理学の専門家が学んでいる心理学について

心理学の専門家の人がいたら答えてもらいたいです。

心理学の専門家の人が学ぶ心理学はインターネットなどでほとんど見る事はできますか?

仮に見ることがあったとしてもやはり具体的にはインターネットでは見る事はできないですか?

Aベストアンサー

私的には、ほとんど見ることはできないと思います。
片鱗ぐらいはみれますが。

心理学を具体的になら、人の中に見出すものだと思います。

Q侮辱恐怖症

タイトル通りなのですが、自分の時代には特にこの感じの人が多かったように思います。何か言われる前に何とかしなくちゃという具合に
侮辱を言い出したり、なにも言っていいないのに見つめただけでこう言ってくるのか?という不安に駆られられてああでもなくこうでもなく訳のわからんことを言ってくる人が居たのですが「他人を見下す若者達」の見下す側の心理と告示している点から多分これだろうという気はしていますが、ここで正常性から外れる不安など自分が侮辱されるのではないかと思い込む人はなぜその様な心理へといたるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
すみません、私の理解力が及ばないのか、あなたの質問の意図がよくわからないんですけど・・。

たぶん、タイトル通りと言われているので、侮辱に対して異常に反応してしまう人たちの心理を知りたいんですよね。自分がしたことに対して他人から何かを言われる(非難される)前に言い訳をしようとか、そうやって逃げ道を作る人の心理が・・。
そういう人たちはたいてい小心者であることが多いですよ。
常に他人からの評価が気になっているんでしょうね。
そして、また自己愛が強いのかもしれませんね。
自分がかわいいから他人から傷つけられる前に、事前に策を用意しておくんです。そうすることで、他人から傷つけられずに済みますからね。
いずれにしてもずるい人間だと思いますよ。
自分のしたことに責任が持てないなんて。

TENNTENNSEVENOKさんは“他人を見下す若者達”の心理と酷似していると仰られていますが、これについてはよくわかりません。
でも、根本の部分では同じなのかもしれませんね。
他人を見下すことで、自分は見下されずに済みますから・・やはりここでも自分が大事という気持ちが先行してしまうんでしょうね。

正常性から外れるとは、私たちが一般常識として捕らえていることから外れてしまうということでしょうか。そうだとしたら、不安になるのは当然でしょう。今まで誰も開拓したことのない地を進んでいくのですから、保障なんかありませんし。それに、この場合、もし失敗でもしたら自分が一番先頭に立っているわけですから、真っ先に責められますよね。そういったことも相重なって、侮辱に対する恐怖心が増すのかもしれませんね。
少なくとも集団の中にいれば、自分が真っ先に責められることなんかありませんから。そう考えると、若者達が他人を見下す心理もなんとなくですが、わかってきませんか。

言いたいことが上手くまとめられなくて、すみません。
こんな回答でもTENNTENNSEVENOKさんの役に立てたら幸いです。

こんにちは。
すみません、私の理解力が及ばないのか、あなたの質問の意図がよくわからないんですけど・・。

たぶん、タイトル通りと言われているので、侮辱に対して異常に反応してしまう人たちの心理を知りたいんですよね。自分がしたことに対して他人から何かを言われる(非難される)前に言い訳をしようとか、そうやって逃げ道を作る人の心理が・・。
そういう人たちはたいてい小心者であることが多いですよ。
常に他人からの評価が気になっているんでしょうね。
そして、また自己愛が強いのかもしれま...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報