AKB48の推しメンをセンターにできちゃうかもしれない!? >>

1200Wのドライヤーを2年ほど使っていましたが、コードの根元で火花が散り、断線しました。
新品の時からコードに熱を持つ機種で、大変心配していました。
というのも、かなり昔に使用していた同メーカーのドライヤーも、同じ原因でコードが断線したことがあるからです。
その経験を踏まえて、コードの取扱いは慎重にしてきたつもりなのですが・・・。

メーカーへは、修理の件をメールで問い合わせました。その時の返信メールが機械的なものだったので、少し不信感を抱いてしまいました。
無事に修理が完了しても、数年以内にまた繰り返すかもしれないと、安全面の上でとても心配になったからです。

自宅には、同メーカーのヘアケアブラシ付きドライヤーもあります。
なかなか髪が乾かなくてイライラしますが、こちらのコードは熱くなりません(出力は分かりませんが、コードには7Aとあります)。

便利さを犠牲にして高出力の機種を使わないことが安全に繋がるのか、それとも、メーカーや品物を変えれば安全な物が手に入るのか、悩んでいます。
詳しい方にアドバイスいただけたらと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ドライヤーなど本体を激しく動かす機械はコードが断線しやすいですね。

とくにコンセントに挿した状態でドライヤーを使うときにコードがねじれたようななっているとなお更です。
コードは基本的に金属で出来ているのでおなじ方向への刺激が繰り返しかかることで金属疲労が起きて切れてしまいます。
我が家ではドライヤーのコンセントに1メートルの延長コード(15Aのもの)をつけています。
そしてその延長コードの先(コンセント部分)が動くようになっているのを着けています。
そうすればドライヤーのコードそのものは傷みにくくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

> コードは基本的に金属で出来ているのでおなじ方向への刺激が繰り返しかかることで金属疲労が起きて切れてしまいます。
我が家ではドライヤーのコンセントに1メートルの延長コード(15Aのもの)をつけています。
そしてその延長コードの先(コンセント部分)が動くようになっているのを着けています。

はあ!
非常に分かりやすい解説です。
金属疲労とは考えませんでした。ドライヤーの宿命なんですね。
なるべくそれを避けたいなら、太いコードのついた機種を選び、アドバイスいただいた方法も併用していくのが良さそうですね。

お礼日時:2007/05/12 11:52

国内大手メーカー製なら、コードの根元はコイルばねが巻いてあるとか、


柔らかめの樹脂で補強してあるとか、ある程度曲げ対策がなされています。
コンセント側は、使用者がコードを引っ張らずプラグ自体を持って挿抜すれば
まず断線することはありません。
粗悪品はそのあたりの作りがいいかげんなので、デザインや機能だけでなく
品質の良いものを買って下さい。

この回答への補足

正直、この機種を修理するかどうか非常に迷っていましたが、品質を重視して新しい物を購入する方が良いと、自分の中で結論が出ました。
ドライヤーに限らず、これからはどんなものでも安いと言って飛びつかず、よくよく吟味して物選びをするつもりです。
みなさんのアドバイスを参考にして、使用方法にも気を付け、できるだけ長く使い続けられるようにしたいと思います。
ありがとうございました。

補足日時:2007/05/13 08:42
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

メーカーはテ○コムです。
ドライヤーのメーカーとしては、よく知られた方だと思いますが。
でも、メーカー物で安いからと言って、安易に飛びついてはいけないということですね。

今回の断線は、ボディ側の根元で発生しました。
コンセント側はおっしゃる通り、プラグを持って抜き挿ししていたので問題ありません。

ドライヤーって、けっこうテキトーに選んでしまっていましたが、やっぱりどんな物でも吟味して買うべきですね。
ちょっと反省しています。

お礼日時:2007/05/12 12:08

根元部分が 半断線。

使うたびにコードの重みや揺れにより、芯線が切れていったのでしょう。
www.pref.kanagawa.jp/osirase/syohi/chuou/tyousa/shohin/drier.html

>その時の返信メールが機械的なものだったので、少し不信感を抱いてしまいました。
同型機のクレームが、ほとんど無い? 製造過程での不良箇所が発見されていない?
使用によるトラブルと判断したから?
そして、クレーム担当なら、淡々とした口調のオペレーターが多いかも。

メーカーで修理されてきたものに、再び同じ症状が現れるか否かは使ってみないとわからない。
これが不安であるならば、この機種は使わない事。

同じトラブルに見舞われたユーザーがいるかどうかは、ネットで 型番 クチコミ で検索。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

何気なく使っていたドライヤーですが、様々な使用上の注意点があり、びっくりしました。
取扱説明書に載っていない生の情報ばかりです。

今どき1,000円程度のドライヤーにクレームを言ったり、修理しようと思うユーザーは少ないかもしれませんね。
だからメーカーのサポートでも、状況が把握できないのかと思いました。
ちなみに修理代の見積りは、購入価格より数百円高かったです。

お礼日時:2007/05/12 12:01

コードは切れかかるとすごく熱くなりますよ!



取り合えず、切れかかったところは元に戻さないと・・

だけと、電気製品の製作会社も部品代をケチって
コードを細いのを使うのが多いみたいです。

なので、結構購入当初からコードがあたたかく
なるケースが多いみたいです。

なので熱くなったらどこかが切れかかっていると
見て間違いないですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

> だけと、電気製品の製作会社も部品代をケチって
> コードを細いのを使うのが多いみたいです。

実は・・・1,000円前後のドライヤーでした!
安いと思って買ったのですが、やっぱり、安物は安物の価値しかないのでしょうね。
他の方のお礼欄にも書いたように、以前使っていた業務用に比べると、あちこちの部品が安っぽいように感じられます。
もちろん、コードも含めてです。

お礼日時:2007/05/12 11:47

私の場合はドライヤーではありませんでしたが。


コンセントを抜く時にコードを折り曲げて引き
抜くようにしていたら、コードが切れかかっていたんですね・・
すごくコードが熱くなってきて・・
コードの被覆をめくってみたら、やはり
切れかかっていたんです。

急いで100円ショップへ行ってコンセントを購入(なぜかというと、
はじめに付いていたコンセントは分解できないタイプなため)し、
コードを切れかかっていたところから切断し
そこへ新しいコンセントを付けてみたら・・

なんと、コードは熱をもたなくなりました。
現在も問題なく使用しております。


思うに既製のコードが細いのでは。
もし、捨てるのであればコードを
太いのを買ってきて付け替えてみてはいかがでしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

確かに、このドライヤーのコードは細いですね。

以前、頂き物の業務用ドライヤーを使っていたことがありますが、それについていたコードは、パソコンで使うような太い物がついていた記憶があります。
おかげで随分と長もちしましたね。

お礼日時:2007/05/12 11:42

1200Wは、100Vでは12Aになります。

それなりに電流の流せる太いコード線を使っているはずです。
コードを手で持って暖かい程度なら心配は要りません。しかし束にしたり、丸めたりすると熱がこもり熱くなると危険です。温度が上がると抵抗値が増えて益々温度が高くなります。伸ばして使ってください。
コンセント部分は、埃やゴミ、水分が付くと発熱したり火花が出ます。 いつも乾拭きでいいので、綺麗にしておいてください。
心配なら、時間は掛かっても電力の小さい方が安心です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

コードは、あまり太いとはいえないコードです。
まるで一般的なコードみたいです。
これが原因かもしれませんね。

使用するときは、束ねたままにせず、伸ばして使っています。

お礼日時:2007/05/12 11:36

>1200Wのドライヤーを2年ほど使っていましたが、


>コードの根元で火花が散り、断線しました。

1200Wなら コ-ドの材質 種類 使用年数 等で 
若干暖かく なる場合があるかもしれません
熱く 感じるならば すぐに使用を中止してください
火災の原因となります

>コードの根元で火花が散り
乱暴な使用方法をされていると考えられます

コードの根元は力がかかるので丁寧に作られています

ドライヤー自身が燃えたら 製造責任を問えますが
コードの根元で火花なら 使用者責任を追求される場合があります
これも 調べないとわかりません

法律は弱者を保護するために 製造責任のほうに向いていますが
使用者責任が ゼロ と言う解釈にはなりません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

> 乱暴な使用方法をされていると考えられます

質問にも書きましたように、前のドライヤーで怖い思いをしているので、乱暴には扱っていないつもりですが・・・。
ドライヤーは、ショートした時点で使用を止めています。

お礼日時:2007/05/12 11:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドライヤーのコードの中の線が切れかけています。危険ですか?

現在使っているドライヤーの電源が、今朝 急に入らなくなりました。
よく調べてみると電源コードの一部(コードの中の線?)の接触が悪くなっているようで、その接触の悪くなっている部分を強く握ってからスイッチを入れるとドライヤーは稼動しました。
ただ、そのまま使っていると コードの切れかけていると思われている部分が(さわれる程度ですが)とても熱くなってしまいました。

いまメーカーはお盆休みなのですぐには対応できないため、しばらくはこのやり方で使い続けたいのですが、やはり危険でしょうか?コードが熱で溶けたりすることはありますか?

また、もし知っている方がいらっしゃったら教えていただきたいのですが、コードを交換するのはいくらぐらい かかるものなのでしょうか。

どうぞよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

「コードを強く握って使う」!!
お気持ちは判りますが絶対にダメです。あと5回くらいその使い方していると、貴方は確実に火傷して感電死します、おどかしではありません。

メーカー修理も悪くは無いですが、修理代・完成品送料・窓口までの往復交通費など周辺費用も含めると、新品買った方が安くありませんか。
メーカー修理価格は全くわかりません。

ドライヤーコード交換修理はとっても簡単な仕事(仕事とは言えない程度の)です。
ご近所の電気屋さん(販売だけでは無く、昔ながらのオジサンが経営しているような感じのお店)で相談されるとその場で直してくれるでしょう。

ご近所での修理価格ですが、
1)断線部分の切り詰めで済めば、原価はタダ。工賃のみですね。
2)コード交換なら、原価300円くらい、あと工賃ですね。

または知り合いで日曜大工仕事など好きな方がいらしたら、その方が直せるかもしれません、探って見ましょう。

繰り返します。握り使いを今すぐやめてください!!!!!!!!!!

Qヘアードライヤーのコードが熱い

使用してどれ位か覚えてないのですが13年以上は過ぎている
ヘアードライヤーです。SANYO HD-P1 GENKI1200 です。
温風の強・温風の弱・冷風の3種類あり、いつも温風の強を
使っています。

使ったあとコードが熱いのですが、前からこれ位熱かったか
どうか覚えてないので、もしかしたら調子が悪くなっている
のかと不安です。ドライヤーのコードは使ったあと熱くなる
のは、買った当初からでしょうか?
それとも悪くなっているからでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そのままでの使用は危険です。修理してください。

参考URL:http://www.sanyo.co.jp/cs/aijoutenken/heardrier.html

Qドライヤーのコードが破裂した事ありますか?

これで2回目なんですが・・
2つの破裂? 爆発?した共通点は

普通にドライヤーを床に落とす事もなく
大事に使用していたのにもかかわらず・・

ドライヤー本体とコードの境目の部分が
おもいっきし! 小惑星が爆発したみたいに
白い光がバババっつ!!と光って
コードが破裂し 見るとコードが3分の2位
ちぎれ、中からの銅線みたいなものが沢山出てきました。

ちなみにちょうど1年と1ヶ月しか使用していない
イオンマイナスの値段の高いドライヤー。

1回目のメーカーは忘れましたが
今回は TESCOMでした。
このメーカーが有名なのかどうか知りませんが・・

こんな事って 何度もある事なのでしょうか?

ちなみに・・ドライヤーは1200W。
コンセントもそのワットには対応。
洗面所についているコンセントで ドライヤーのみしか
使用しません。
よく 風力の強いターボというボタンを使用します。

・・ただ単に ついてないのでしょう...ネ?(苦笑)

Aベストアンサー

その現象は、半断線が原因です。
本体とコードの付け根は、折れ曲がる頻度が多いので、コード内部の導線が金属疲労により切断されるのです。導線は細い銅のヨリ線なので、1本切れ、2切れしてる内に徐々に細くなります。そして残り少なくなつた導線は12アンペアと言う電流に耐えられなくなって一気に溶けます。その熱で導線の被覆まで溶かしてしまうのです。そして、切れた導線同士が接触すると電流が流れるので、切れた部分から火花が出る事があるのです。本体のグリップ部分を分解して、コードを詰めれば直りますが、素人には難しいと思います。切れた箇所を引っ張れば、簡単にコードは外れてしまいます。多少電気に詳しい人なら簡単に修理出来るので、知り合いに聞いてみたらどうでしょう。そのままの使用は危険です。

Qドライヤーのコードが断線

8,000円もした世界中のどこでも使える高級なドライヤーのコードが断線してしまいました。
ドアにドライヤーが引っ掛かっているのに気付かずに無理矢理開けたせいです。
最初のうちは少し曲げたままクリップで押さえておけば
使えたのですが、最近は手を押さえておかなければ使えません。
僕はそんな状態でドライヤーをかけれるほど器用な人間ではありません。
本体はまだ使えるのに捨てるのはもったいないなぁ…とか思います。
半田ごてくらいなら使えますけど…こんなとき、どうしたらいいんでしょうか?

Aベストアンサー

切れている場所がわかるのであれば、
1.コンセントの近くならば、切り詰めてコンセントを取り替えます、コンセントは、電気屋で100円前後で売っています、(ドライヤーの電気容量に気をつけて1000W(1KW)であれば10A以上のものと言うようにドライヤーより容量の多いものにしてください。
2.本体近くであれば、自信があれば分解して切り詰めますが、ここは断線防止のゴムのようなものがあるので、修理に出したほうがきれいです。
3.1・2以外なら、線をつなぎます、そのときは線の長さを右と左で5CMぐらい上下に離してつなぐと、ショートの心配がありません、ただしビニールテープでしっかり巻いておいてください。
いずれにしても修理跡が見えますから、お気に入りなら修理に出したほうがいいかもしれません。

Qコンセントが熱い・・危険度はどれ位なのですか?

和室(寝室)にオイルヒーターを入れて寝ています。
今気付いたのですが、コンセント部分やコードが熱いのですが これはもう今から使用を控えた方がいい位な状態でしょうか?。。。

夜中授乳してるので毎日このオイルヒーターをつけていましたが、今日まで特に気付いてなくて・・(オイルヒーターは5年ものです)

全然わからないので今凄く悩んでいます。
どうか分かる方教えて下さい・・・

Aベストアンサー

はじめまして。
まず、電源コードのつなぎ方についてですが、たこ足配線はしていませんよね?
もししていたらすぐにやめてください。
壁のコンセントから直接つないでください。
オイルヒーターは消費電力が多いので(消費電力が多いということはたくさんの電流が流れるということなのです。コンセントの電圧は100vですので、たとえば消費電力1500wであれば15アンペアという量の電流が流れているということです。明るい電球が60wくらいですのでどのくらいたくさん流れるかわかりやすいと思います)その分たくさんの電流が流れます。
たこ足配線や延長コードを使用しているとその接続部分で熱を持ち、火花を飛ばし火災を発生させる原因にもなります。(抵抗が大きくなるためです)

以上の注意点を踏まえた上での回答は
今の状態でも心配はないと思います。

先ほど説明したようにたくさん電流が流れるとコードは熱を持ちます。
コードを束ねたり、折ったりしなければ暖かい状態は普通です。
試しに掃除機をしばらく使った後でコンセントを触ると同じように暖かいはずです。
製造後5年ということであればまだ心配ないと思いますよ。
もし、どうしても心配で使う勇気がないということであれば、どこかの修理屋さんで太い電子レンジに使用するようなコードに変えてもらうとよいと思います。

ただ長時間の使用はできればやめた方がいいと思います。
時々コードを触ってみて暖かいくらいであることを確認したらよいと思いますよ。

まだまだ寒い日が続きますがお子さまと楽しく寒い冬を乗り切ってください。来年の今頃は授乳も終わっていますよ!

はじめまして。
まず、電源コードのつなぎ方についてですが、たこ足配線はしていませんよね?
もししていたらすぐにやめてください。
壁のコンセントから直接つないでください。
オイルヒーターは消費電力が多いので(消費電力が多いということはたくさんの電流が流れるということなのです。コンセントの電圧は100vですので、たとえば消費電力1500wであれば15アンペアという量の電流が流れているということです。明るい電球が60wくらいですのでどのくらいたくさん流れるかわかりやすいと思います)...続きを読む

Qショートした後のコンセントの使用は?

怖かったんです。。
壁→家電台→電気ポットと繋いでいたのですが
電気ポットを差し込んでいた家電台のコンセントの接続部のゴムのような所が溶けていて抜けなくなっていました。
お馬鹿な私は、壁のコンセントを抜かずにそのゴムの部分をはさみで切ってはずそうとしました。
その時、「バチン」と大きな音と火花が散りました。
これを“ショートした"というのですよね?

その後、はさみは穴が開き使用不可能。
ポットのコンセントプラグに切れたような溝が出来ていますが電源ははいりました。
ただ、壁のコンセントは何をさしても使用できなくなってしまいました。

どうすればよいのでしょうか?
電気屋さんで修理をしないとなおらないのでしょうか?大工事ですか?費用などは・・・?
また、溝の出来たプラグのポットはそのまま使ってもいいのでしょうか?
火事など起こりませんか???

ちょっとした手間を惜しんだ為に不安な夜を過ごさないといけなくなりました。
どなたか教えてください。。。

Aベストアンサー

怖かったですね。
結構な音と火花が出たのではないでしょうか。

作業前には、ブレーカーを下げる等、きちんと停電処置をしてからでないと、今回のような事態が起こります。ご注意を。

さて、ポットの方ですが、コードの被服(ビニールorゴム)部分にハサミによって亀裂が入ったと言うことでよいでしょうか?跡が付いた位ですか?
いずれにせよ、キズになった部分から切れやすくなりますので、念のため交換された方がよいでしょう。
跡が付いた程度なら、ビニールテープ等絶縁性の高いテープを巻いて、補強するのも手です。
電線が、ちらっと見えるようなら交換です。
電線だけが交換出来るタイプのプラグでしたら、数百円の出費ですが、プラグが分解出来ないと、専用コードを買い直しになりますから、千円単位の出費かもしれません。

コンセントが使えない件ですが、何処までトラブルが発生しているか判りませんが、ご質問の文面から察するに、コンセント部分だけが破損したと思われます。
コンセント部分の部品は安価(数百円)ですが、電気工事士の資格を持った者が工事する必要がありますので、電気屋さんにお願いしましょう。
工賃は、数千円ではないでしょうか。

ただ、コンセントだけでなく、配線に破損箇所があると、結構な出費になりそうです。
万が一火災になるとまずいので、一度点検を受けられては如何でしょうか?

関東電気保安協会のURLを載せておきます。リンク欄に、各地区のページがリンクされていますので、お近くの保安協会に相談されては如何でしょうか?


おまけ:知り合いの電気工事士は、ブレーカーを下げてから作業するのを忘れ、ペンチを突っ込んでショートさせてしまい、ペンチが握り部分だけになったそうです。

参考URL:http://www.kdh.or.jp/

怖かったですね。
結構な音と火花が出たのではないでしょうか。

作業前には、ブレーカーを下げる等、きちんと停電処置をしてからでないと、今回のような事態が起こります。ご注意を。

さて、ポットの方ですが、コードの被服(ビニールorゴム)部分にハサミによって亀裂が入ったと言うことでよいでしょうか?跡が付いた位ですか?
いずれにせよ、キズになった部分から切れやすくなりますので、念のため交換された方がよいでしょう。
跡が付いた程度なら、ビニールテープ等絶縁性の高いテープを巻いて、...続きを読む


人気Q&Aランキング