MALDI-TOF-MSについて詳しく書かれた参考書はないでしょうか?
原理や応用などについて幅広く書かれている本を探しています。一応MALDI-TOFーMSについて少しだけ触れているような本はあったのですが、ほとんどが「新しい質量分析の方法」として紹介するような形で書かれているものばかりで、あまり参考になりません。
ちなみにパーセプティブのMALDI-TOF-MSを使用しているのですが、マニュアルが英語で書かれていて、非常にわかりずらいです。できれば日本語の形で書かれている本、もしくは論文などがあればありがたいですが、なければ英語でもかまいませんので、どなたか教えてください。

A 回答 (2件)

天然物化学研究で磁場型のマスを使用している rei00 です。

MALDI-TOF-MS についても測定してもらった経験があります。


以下の本は参考にならないでしょうか。

・土屋正彦,横山幸男 共訳,有機質量分析イオン化法,丸善株式会社,1999年,3700円
序には「本書は,有機質量分析を実施するに際して,日常的に簡単に参照できるような,イオン化法入門の手引書として使われることを目的に書かれたものである。・・・・」とあります。

また,蛋白質核酸酵素の2000年5月号(Vol.45, NO.7)に「飛行時間型質量分析装置と微量一次構造解析への応用」と題する記事があり,TOF-MS の説明や文献もいくらかあがっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ご指摘の本はこれまた、大学の図書館にありませんでしたので、この本に関しては図書館に頼んで買ってもらうことにします。

お礼日時:2001/01/19 15:02

参考になるかどうか判りませんが、TIBTECH APRIL 2000(Vol.18)に


MALDIに関する記事が載っていました。p.151からです。これなら
解りやすいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
大学の図書館のデータベースで探したところ、ご指摘の本は置いてないようなので、文献複写の形で取り寄せることにします。

お礼日時:2001/01/19 14:57

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qmarch受験におすすめの参考書

march受験におすすめの参考書

閲覧有難うございます、marchとくに立教大学合格を目指している文系の高1です

もうすぐくる春休みから大学受験に向けて勉強を始めたいと思ってます

そこでみなさんのおすすめの参考書を教えて欲しいです

英単語 古典 英語

のおすすめが特に教えて欲しいです

回答お願いします!

Aベストアンサー

こんばんは^^
今年受験を終えたものです。
進学先は上智なのですが、立教・青山・学習院も合格を取りましたので回答させていただきます。

英単語・単語王2202
古典・コゴタロウ(河合出版)
日本史・山川の一問一答
がオススメです!
これを「徹底」してください。あとは授業中に出てきたものなども「しっかり」覚えてください。
色々な単語帳(古典含む)に手を出すのはとても危険です。その方法で成功した友人は、いません。
英語は・・「これがいい」というのは特に無いです。しかし立教を目指さされているとの事で・・ならば「速読英単語(Z会出版)」」を毎朝15分で読むというのも良いかもしれません。しかしやはり単語が一通り入ってないと厳しいと思いますので、センターの過去問の、大問をひとつ、毎朝20分くらいで解く練習も良いかもしれません^^*そっちの方が良いですね^^オススメです!
絶対大丈夫ですよ、今からやれば!
私は高3の夏くらいから意識してやり始めたので、今からやろうとしている貴方は本当に偉いなあ、って感心してます^^
何か分からない事や不安なことがあったらまたいつでも、私でよければご相談に乗ります^^*!!
頑張ってくださいね、応援してます。

こんばんは^^
今年受験を終えたものです。
進学先は上智なのですが、立教・青山・学習院も合格を取りましたので回答させていただきます。

英単語・単語王2202
古典・コゴタロウ(河合出版)
日本史・山川の一問一答
がオススメです!
これを「徹底」してください。あとは授業中に出てきたものなども「しっかり」覚えてください。
色々な単語帳(古典含む)に手を出すのはとても危険です。その方法で成功した友人は、いません。
英語は・・「これがいい」というのは特に無いです。しかし立教を目指さされて...続きを読む

QMALDI-TOF-MASSについて

MALDI-TOF-MASSは液クロに繋げて検出器として用いることができますか?可能な場合マトリックスはどの段階で混合されるんでしょうか?

Aベストアンサー

Googledで「LC MALDI」と検索すると多数引っかかります。有名どころは特許持ってる島津製作所さんですね。

参考URL:http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&ie=UTF-8&rls=GGLD,GGLD:2004-39,GGLD:en&q=LC+MALDI

Qおすすめの日本史参考書と年代語呂合わせの本

本屋へ行っても参考書の数が多すぎてどれがいいのか分かりません
ぜひおすすめの日本史の参考書があったら教えてください。

あと日本史の年代語呂合わせで覚えやすいのも知っていたら
教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

〈超〉よくわかる日本史B
http://www.amazon.co.jp/dp/4311110170/

地味だけど非常に良かった。
総理の似顔絵も描かれてあって、これが私には覚えやすいと思いました。

この本で骨格を押さえて、山川出版社「詳説日本史B」を読みこめばいいですよ。

自分が志望する大学の過去問をたっぷりやって下さい。

QMALDI-TOF MAS で質量分析したんですけど

MALDI-TOF MAS で質量分析したんですけど
たくさんピークが出た割に、データ検索するとunnamed のたんぱく質しか出てきません・・・

もしHMG-COAsyntazeIIというたんぱくを出したいときには
入力する数値をどのように変えたら良いのでしょうか・・・??

Aベストアンサー

Cysをアルキル化しているのなら、そのように指定する
必要があります。

動物種は合っていますか?
トリプシンなどで消化したなら、酵素の指定は合っていますか?
missed cleavageを0にしているのなら1にしてみるとか。

Q地学の参考書でおすすめのものを教えて下さい!

地学の参考書でおすすめのものを教えて下さい!

日々受験勉強に励む
高校3年生です。


今地学の参考書選びで
迷っています。。
一応前に買った
「やばい!地学」という参考書は持っていますが
なんだかこれだけでは
足りないような気がします;;


みなさんはどの参考書が
手応えありましたか?
学力は地学は本当に基礎の基礎しか
わからないです…
公式とかは忘れてしまっています 涙

公式も載ってあって
答えだけじゃなく
解説も丁寧に書かれているのが
個人的にはいいです。


みなさんが
この参考書よかった!
っ思うものがありましたら
ぜひよろしくお願いします!
本気になって勉強しますので!

Aベストアンサー

受験や高校の履修範囲よりも広い扱いになりますが、勉強するための参考書としての良書なら、これでしょう。

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%8F%E3%82%8F%E3%81%97%E3%81%84%E5%9C%B0%E5%AD%A6%E3%81%AE%E6%96%B0%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E9%96%A2%E5%8F%A3-%E6%AD%A6/dp/4844200119

QTOF-MSの解析

TOF-MSの手引書を見ていたのですが、

m/z 383 (M+H+)

という表記がグラフ中に載っていました。

m/z 383は横軸で分子量だと思うのですが、
(M+H+)は何を意味しているのでしょうか。
Mが分子で、
プロトンが出てきた(付いていた)ということですか?

Aベストアンサー

横軸は,正確にはm/zでmはイオンの質量,zはイオンの価数になります.No.1の方が書かれているように価数が2価になるとそのイオンの質量の半分の数値のところにシグナルがあらわれます.例えば,質量が146.32uの分子にプロトン(H+)が付加した1価イオン[M+H]+は,Hの質量が1.007825uなので,m/z147.33になります.2価イオンであれば,[M+2H]+なので,(146.32+2.02)/2=74.17となり,横軸の74.17に信号があらわれます.このプロトンは化合物をイオン化するときに化合物に付加します.MALDIというイオン化方法であれば,レーザー照射が引き金になって,化合物と一緒に混ぜてあるマトリックスとプロトンの授受が行われて化合物にプロトンが付加してイオン化されて検出されるようになります.

Q至急です!英語検定の参考書でおすすめを教えて下さい!

みなさんがおすすめの英語検定(通称:英検)の参考書はありますか??
おすすめがある方は教えて下さい!
回答宜しくお願いします。

Aベストアンサー

プラス単熟語と、全問題集。
全問題集は過去問題です。

この2冊の次が「教本」かな、私の場合は・・・・・。

二次面接もある級なら、教本のアドバイスも役に立ちました。
今は英検サイトに面接アドバイスも載るようになったようですが。

二次面接向けの練習問題本も出ています。

私は旺文社のしか買ったことがないのですみません。
高橋書店などからも色々出ていると思います。
アマゾンのカスタマーレビューでもお読みになってみては?

QESI-TOF/MSで使用できる溶媒について

質問内容はタイトルのとおり分析機器「ESI-TOF/MSで使用できる溶媒」についてです。アプライド・バイオシステムズ社製のマリナー・システム5076というMSなのですが、この機器も含め、一般的にESI-TOF/MSで使用できる溶媒あるいは使用できない溶媒を教えていただきたいです。ちなみに、所有している溶媒は「アセトン、クロロホルム、ヘキサンメタノール、酢酸エチル、ジクロロメタン、THF、トルエン、ベンゼン、アセトニトリル、イソプロピルアルコール」です。

Aベストアンサー

ESIは溶媒をイオン化させる必要があるため、イオン化しにくい溶媒である極性の低い溶媒(クロロホルム、ヘキサン、ジクロロメタン、トルエン、ベンゼン)やイオン化すると分解する可能性のある溶媒(酢酸エチル、アセトン)は使っても目的物がイオン化されません。さらにこれらの溶媒を使用することを想定していないのでイオン源が汚れやすくなったり、最悪壊れる場合もあります。きほんてきにメタノール、イソプロパノールなどの分子量の小さいアルコール、アセトニトリル、ギ酸、水などで測定することをおすすめします。

Qおすすめの参考書教えてください!

日本史のおすすめの参考書教えてください!

時代の流れがわかりやすいのがいいです。

Aベストアンサー

山川用語集の解説部分を
を一冊完全に覚えてしまうのが良いです。

QGC-MSやLC-MSでの定量

すごく基本的な質問かもしれませんが、GC-MSやLC-MSでの定量方法についてです。
標準試薬などがある物質については検量線を作成して、算出した式を基に定量を行うことは分かるのですが、標準試薬がないような物質が測定された場合、どのように定量すれば良いのでしょうか?

例えばある混合ガスを打ち込んだとき窒素などであればピーク面積からどれくらい入っているか分かるとは思うのですが、その他のガスはどのようにして定量すればいいのかいまいち良く分かっていません。
すごく低レベルな質問だということは十分承知しております。
申し訳ないのですが、どなたか教えてもらえないでしょうか。

Aベストアンサー

>GC-MSやLC-MS
非常に複雑な例では使えませんし「正道」とは言えませんが、pmr、等が使える場合は、他の化合物を「二次標準」に使ってしまいます。
もちろん単離出来るほど沢山採れれば文句はありませんが、A、B、C三成分程度で96%以上を占め、各々の構造が分かっていれば、水素数で案分した試料を手に入れることはそれほど難しいことではありません。
あとはGCやLCのピークからおよその比率を求めてやります。
無機ガスになってくると多少やっかいで、これはちょっと手に余るかも。(--;
無機ガスのGC-MSの専門家さんだと、上手い手を知っていたりするようですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報