最近話題の再生医療に関して(この分野に限定しなくても)、例えば人工皮膚の培養で使用される培養液は特殊な成分が含有されているのでしょうか?
一般的に広く含有している成分も含めて、今後予想(期待)される培養分野での培養液の予測(?)等、基礎的事項も含めて参考になる成書・総説等ご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

MiJunさんの事なので既にご存じの事と思いますが一応



2000年増刊 蛋白・核酸・酵素
再生医学と生命科学  生殖工学・幹細胞工学・組織工学
(1).生殖工学/(2).幹細胞工学/(3).増殖再生因子/(4).生体工学技術/(5).臓器組織構築と発生工学/(6).再生医療/(7).倫理と社会

4の中に大量細胞培養があるようです。

参考URL:http://kyoritsu-pub.topica.ne.jp/pne/pne00z.html#再生医学
    • good
    • 0
この回答へのお礼

akiyamaharukaさん、いつも有難うございます。お礼が送れまして申し訳ありませんでした。実は、PCがCompleteにクラッシュして修理に出してました。
金曜日には国会図書館、土曜日は大学図書館で調べものしてました。
そこで、「バイオサイエンスとインダストリー」でこの関連で大学の先輩が投稿している論文を見つけました。それはご紹介の章でも名前が上がっているので・・・。ある程度まで調べたら、直接先輩を尋ねてみようと思ってます。
有難うございました。

お礼日時:2001/01/28 08:31

全然自信はないのですが、自分の憶測ということであれば。



人工皮膚などの組織は免疫系の細胞が樹状細胞などしかなく、培養するときはコンタミには特に気を使わなければならないと思います。私は脾臓細胞や腸間膜リンパ節を培養しているので、それほどコンタミに泣かされた事はありませんが…。
したがって、普通の培養液(各種のアミノ酸と糖分が主成分だと思う)と、FCSなどの増殖因子、あとは抗生物質があればいいんじゃないんですかね?
抗生物質も、Penicillin-Streptomycinなんかの一般的なものでいいと思います。(私は抗生物質にoxytetracyclineを選んで脾臓を死なせた経験あり)

この回答への補足

takemarineさん、返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。実は、PCがCompleteにクラッシュして修理に出してました。
化学系もお強いようですが、ご専門は「基礎医学系」なのでしょうか?
Spleenもそうですが、腸管免疫も面白そうですね?最近はFollowしてませんが、何かTopicありますでしょうか?
ご推薦の図書があればご教示ください。

補足日時:2001/01/28 08:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q培養細胞のコンタミ

ヒトの培養細胞を知り合いから送ってもらったところコンタミ(たぶん酵母)があり困っています。

コンタミのある細胞は捨てるしかないでしょうか?

あるいはコンタミを除く方法はありますか?

Aベストアンサー

あまり望みがないので捨てることが多いです。もう一度送ってもらえるならそうするほうがいいです。酵母ならファンギゾンなどが除去に使える可能性がありますが、細胞毒性持つよくそのため細胞が変わってしまう可能性もあります。そのほか幾らか違ったしゅるいの培養用のこう真菌剤が売られているようなきがします。必要であればインビトロジェンやロッシュ(GE)で探されてはどうでしょうか。ただ、酵母類はへたすると、インキュベーターないに飛散り、コンタミが絶えないという状況になりやすいのでよく考えた方がいいとおもいます。

参考URL:http://www.invitrogen.co.jp/products/cell_culture/15290001.shtml

Q大腸菌培養液見分け方

JM109株、JM109/pUC19株、JM109/pUC19-Xの3種大腸菌培養液の実験的見分け方について、

なのですが、電気泳動を行う、以外に思い浮かびません・・・。

どなたかご存知でしたらよろしくお願いいたします・・。

Aベストアンサー

すべて大腸菌側が同じですから、プラスミドの有無や種類の違いを判別できるような手法ならなんでもいいでしょう。
フェノール/クロロホルムで菌体破壊して電気泳動すればプラスミドのサイズで区別できるでしょうし、pUC19でしたらM13 forward/M13 reverseプライマーでPCRすれば増幅サイズで区別することもできますよね。
(pUC19-XのXがマルチクローニングサイトへの塩基挿入であると仮定してます)

こじつけみたいなものでもよければ、Western blottingでもNothern blottingでもできます。目的の割に手間だけ異常にかかりますが・・・。

QHeLa細胞のコンタミについて

HeLa細胞を継代して、2ヶ月ほどになるのですが、
細胞がコンタミしたらどうなるのでしょうか?
顕微鏡でみると、細い物(細胞っぽくないもの)などが、今回見えたのですが、これはコンタミによるものでしょうか?

Aベストアンサー

何がコンタミするかによって細胞の状況は変わってきます。
一般に細菌・酵母がコンタミすると、培養液が異様なほどに黄色くなり、細菌ならば培養液は濁り(通常は透明ですよね)酵母なら、表面に綿のようなものがぷかぷか浮いています。
やっかいなのはマイコプラズマがコンタミしたときですが、マイコの場合は細胞や、培養液に変化が認められることはあまりなく、専用の培地でマイコの存在を確認するしか方法はありません。

質問者さまがかかれている、細かいくずなどは細胞を長く継代していると経験上よく確認できます。
死んだ細胞だと私は思うのですが・・

状況から考えると、問題はないかと思いますが、心配な場合は無菌試験を行う習慣をつけたらよいかと思います。

また、継代がすすむと試験に使うことのできない細胞等もありますのでそのへんもう一度確認されたほうが
よいかと思います。

Q培養液が酸性になってしまいました。

バチルス属菌をニュートリエントブロス培地でしんとう培養、静置培養の2種類の方法で培養しました。

培地は最初、pH7でした。
で、しんとう培養のほうは3日目までpHが下降して、3日目には5.11でした。
静置培養では3日目が5.27ということしかわかりません。

溶菌してアルカリ性に傾くことがあるというのは知っているのですが、酸性に傾くことはあるのでしょうか?
他にも酸性に傾く原因があれば教えてください。

ちなみに、培地には7日目は胞子ばかりしかありませんでしたが、6日目までは菌も確認することができています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

当該菌は先ず培地成分を利用し、有機酸(ギ酸、乳酸、酢酸など)を生成して培地のpHを下げたと思われます。次に、菌が定常期・死滅期になって、たんぱく質などが分解、アンモニアが生成され、今度はpH が上昇したものと推定します。

QPCRでコンタミしないようにDNAを破壊する方法

ウイルス抗原を検出するためにRT-PCR法を行っています。検出感度を高めるためにNESTED PCRを行っています。
サンプルの調整工程で乳鉢で乳剤を作りますが、コンタミが心配です。
試料調整に使う乳鉢、はさみ、ピンセットなどを利用しますが、これらは使い捨てできません。
DNAのコンタミを防止するために、これらの器具のDNAを完全に破壊したいのですが良い方法はないでしょうか?

初心者で手法について十分に理解しきれていないところがあります。そのほかにコンタミ防止のための良い方法があったら教えていただければ幸いです。

Aベストアンサー

>ところで、野外株のシーケンスの一致は95%程度なのでしょうか?
>ポジコンDNAのコンタミを疑う場合に、シーケンスが100%ポジコンに一致した場合に、コンタミであったのではないかとの推測が成り立つのでしょうか?

 それはウイルスによって、また増幅した部位によって違います。
 例えば鶏の伝染性気管支炎ウイルス(IBV)のS1蛋白に超可変領域(HVR)と呼ばれる領域があるのですが、この領域は株によって50%などという相同性が当たり前にあったりしますから、この領域である株とある株の相同性が80%もあれば、この2つの株は極めて近いか由来が同じ、と判断したりします。
 反対に牛白血病ウイルス(BLV)や多くのDNAウイルスは極めて保存性が高く、400bpくらい調べても100%一致することが珍しくありませんから、「ここで1塩基違っていた」というのが十分意味を持ったりします。
 ですから、このようなウイルスを調べている時に、ポジコンと100%一致しても、ポジコンのコンタミなのかどうかは容易には判断できません。

 そのあたりのことは、調べたいウイルスの調べたい領域の配列を数十株もGenBankから引っ張ってきてアライメントを取ったフィギュアを1枚作っておけば、サンプルのシークエンスデータが上がってきた時に短時間で判断できます。

>ところで、野外株のシーケンスの一致は95%程度なのでしょうか?
>ポジコンDNAのコンタミを疑う場合に、シーケンスが100%ポジコンに一致した場合に、コンタミであったのではないかとの推測が成り立つのでしょうか?

 それはウイルスによって、また増幅した部位によって違います。
 例えば鶏の伝染性気管支炎ウイルス(IBV)のS1蛋白に超可変領域(HVR)と呼ばれる領域があるのですが、この領域は株によって50%などという相同性が当たり前にあったりしますから、この領域である株とある株の相同性が80%もあれば...続きを読む

Q大腸菌培養液 ずっと使えますか?

研究で組み換えタンパクを作っているものです。
タンパク発現をさせる際に、5mlのスモールカルチャーから3mlとり、500ml培養液で発現させるというのをしているのですが、かなりのペースで繰り返しています。
そこで思ったのですが、このスモールカルチャーの液はずっと使ってもいいのでしょうか?つまり、また3mlほど液を足して培養し、3mlをラージカルチャーへ、というのを半永久的にできるのでしょうか?
プレートから拾ってくるよりも短時間で増えるので、可能なら楽になるのですが・・・。

Aベストアンサー

プラスミドに変異が起こる可能性があるので、できれば1~2週に一度のペースで凍結ストックから起こし直すことをお勧めします。
組み替えタンパク質とのことなので、抗生剤をどこかでうっかり忘れると、たちまちプラスミドも失われる・・・可能性もあります。

Q細胞培養におけるカビのコンタミで困っています

細胞培養のカビのコンタミで悩んでいる修士課程学生です。
カビのコンタミに関して原因や対策を模索しているところですので、何かアドバイスございましたら知恵をお借りしたいと思い、質問させて頂きました。

私が所属するチームでは、全員が細胞培養(ほとんどがヒト癌細胞)を行っています。
この1か月半ほどの間、カビのコンタミに悩まされています。
誰か一人の問題ではなく、ビギナーから培養経験4年目まで様々なメンバーで連続してコンタミに悩んでいる状況です。
チーム内の約7割のメンバーがここ1か月半にコンタミさせました。(いずれも同じカビ)
1週間に1度は誰かがコンタミさせてしまうくらいの頻度です。
これまでに、酵母のコンタミは経験したことがありますが、カビは初めてですし、それも1年に1度あるかないかくらいの頻度でした。

現在悩まされているのは、白い糸状のもので、平板状のマリモのようなコロニーを作ります。
これまで講じた対策は以下の通りです。

・メディウム、トリプシン等のコンタミチェック
・クリーンベンチ内の清掃(70%エタノール)
・CO2インキュベーター内のホルマリン燻蒸


これまでと変化した点としては、昨年秋にラボの引っ越しがあり、昨年夏までとは培養室の環境が変わりました。
新しい部屋での初めての梅雨及び夏を迎えたのですが、例えば空調や換気扇などの性能やメンテナンス状況によって培養室内の換気が悪かったり、カビが蔓延してしまう環境となってしまった場合、いくらクリーンベンチ内で作業していたとしてもコンタミが増加することはあり得るのでしょうか。
(換気扇や空調のメンテナンスは大学側が管理していますが、数ヶ月に1度業者さんが清掃してくださいます)

曖昧な質問となり大変申し訳ありませんが、このような経験が初めてのため、どうして良いか分からない状況です。
何かアドバイスございましたら宜しくお願いいたします。

細胞培養のカビのコンタミで悩んでいる修士課程学生です。
カビのコンタミに関して原因や対策を模索しているところですので、何かアドバイスございましたら知恵をお借りしたいと思い、質問させて頂きました。

私が所属するチームでは、全員が細胞培養(ほとんどがヒト癌細胞)を行っています。
この1か月半ほどの間、カビのコンタミに悩まされています。
誰か一人の問題ではなく、ビギナーから培養経験4年目まで様々なメンバーで連続してコンタミに悩んでいる状況です。
チーム内の約7割のメンバーがここ1か...続きを読む

Aベストアンサー

クリーンベンチ何の塵埃測定をしたらいいですが、
パーティクルカウンターが要りますので、

かび用の培地平板を作成し、クリーンベンチ内で、
開放しておきます。

それで生えてくる様なら、クリーンベンチ内で汚染されています。
それで生えてこないのなら、他の要因で、汚染されているということですね。

実験者は、消毒していますよね。

Q振とう培養と静置培養の違い

バチルス菌を振とう培養と静置培養の2つの方法で培養しました。

すると、静置培養の培養液(フィルター済み)には坑カビ性があったのですが、振とう培養の培養液(フィルター済み)にはありませんでした。

バチルス菌は好気性菌なので振とう培養のほうが坑カビ物質をよく出しそうだったのですが、そうはなりませんでした。

理由が振とうによるせん断力しか思いつかないため、他にあったら教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

まず、生育に適した条件と代謝産物が増える条件は、必ずしも一致しません。

振とう培養と静置培養の大きな違いは、菌体周囲の培地が動くか動かないかです。振とう培養では、常に新鮮な培地が菌体に供給されるため、生育には好条件です。逆に静置培養では、菌体の周りは自らの放出した酸等の老廃物で徐々に悪条件になっていきます。
抗カビ物質というのは、菌体にとっては自分の生育条件を守るために放出する物質ですから、悪条件下の方が産生能が高まることも考えられるのではないでしょうか。

Qコンタミ菌

コンタミ菌という菌について教えてください  というのは 当店で造っている 豆味噌の袋詰めが なぜかパンパンに膨らんでしまい 返品の山になり 困っていたところ コンタミ菌 というもののしわざでは・・ということを聞き質問しました 今まで1度もこのような事はなかったのですが 今後 出荷する味噌も 同じように膨らんでしまうのかと思うい 出荷を控えています どのような対策をしたらよいのでしょうか?よろしくお願いいたします   

Aベストアンサー

自信は無しですが…。

コンタミ菌というのは聞いたことありませんけど、
一般的に無菌状態であるところに雑菌などが混ざることを
コンタミネーション(汚染する)といいます。
良くわからないのですが、味噌を出荷する時は一度熱して
発酵をとめたりしますか?
普通は加熱によって酵母を殺して発酵をとめていると思うのですが、
そこに菌が混ざると菌は増殖する時に呼吸しますので
二酸化炭素などが大量に放出されて、結果、袋が膨張する、という
可能性が(多分…)考えられます。

今までなかったということですが、今までと今回で
操作が何か変わったところがありませんか?

Q培養細胞へのトランスフェクション時の培養ボリューム

ヒトの培養細胞を使ってsiRNA実験(メーカーによりすでに効果が確認されているコントロールsiRNA)を行っているのですが、96穴プレートでは効果が低い(40~50%減)のですが、48穴プレートでは効果が高い(70~80%減)傾向があります。おそらくトランスフェクション効率の問題だと思うのですが、培養ボリュームによって差が出ることってあるのでしょうか。培地、試薬、細胞数は同じロットのものをウェルの培養面積の変化と同じ割合で量を変えています。プレートのメーカーは違うのですが表面加工は同じです。トランスフェクション後48時間で見てます。細胞はHepG2です。そんなに使いにくい細胞ではないと思うのですが。

また以前に行ったルシフェラーゼアッセイのプラスミドを入れる実験でも同じように培養ボリュームでトランスフェクション効率が変わるような印象をもっています。このときもHepG2ですが。

おそらくどこか実験系にミスがあるのだろうとは思うのですが、どこをどうしたらよいのかわかりません。

培養ボリュームの違いによる結果の違いについて、同じような経験をされた方、聞いたことがある方、何かご存知でしたら教えてください。

ヒトの培養細胞を使ってsiRNA実験(メーカーによりすでに効果が確認されているコントロールsiRNA)を行っているのですが、96穴プレートでは効果が低い(40~50%減)のですが、48穴プレートでは効果が高い(70~80%減)傾向があります。おそらくトランスフェクション効率の問題だと思うのですが、培養ボリュームによって差が出ることってあるのでしょうか。培地、試薬、細胞数は同じロットのものをウェルの培養面積の変化と同じ割合で量を変えています。プレートのメーカーは違うのですが表面加工は同じです。トランス...続きを読む

Aベストアンサー

もう回答も複数寄せられているようですので、私も思いつくことをいくつか。
ポイントになるのはやはりトランスフェクション効率、というか細胞密度が原因だと思います。
実験をしていると感じていると思いますが、96-well plateで均一に細胞をまくことは結構難しく、どうしても中心に寄ってしまうからです。
siRNAを行う際、検体数の多いときは私も96-well plateを予備実験に使うことはありますが、本データは6-well plate以上の大きさでやっています。理由は96-wellでは均一にまくことが難しく、細胞密度が高くコンフルエントな中心部分ではトランスフェクション効率が下がり、結果がばらつくからです。もちろん、コストも飛躍的に上がりますが(笑) どうしても、多穴プレートでやる場合は、wellの外周部分にピペットで滴下するように細胞をまき(中心部にはまかない)、揺らさないようにするのが、コツといえばコツでしょうか。何回かやってみるとある程度は改善されますが、やはり10cm dishのような均一さを出すのは難しいです。

また、トランスフェクション効率そのものを確認したいのでしたら、蛍光のついたsiRNAなんかを購入してトランスフェクションするのも一つの方法です。細胞をばらして顕微鏡で観察すればどの程度の細胞に導入されているかが視覚的に確認することができます。

もう回答も複数寄せられているようですので、私も思いつくことをいくつか。
ポイントになるのはやはりトランスフェクション効率、というか細胞密度が原因だと思います。
実験をしていると感じていると思いますが、96-well plateで均一に細胞をまくことは結構難しく、どうしても中心に寄ってしまうからです。
siRNAを行う際、検体数の多いときは私も96-well plateを予備実験に使うことはありますが、本データは6-well plate以上の大きさでやっています。理由は96-wellでは均一にまくことが難しく、細胞密度が高...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報