神谷悠先生の『霧迷宮』で記憶が戻ったハジメ=西条小太郎は2度目の選択で12年間、愛して共に生きてきた筈の家族の許を去り、元の家族の許へ還りました。

 気になるのは彼が「西条小太郎」のままだという事ですが、これは戸籍の事を意味しているのだとしたら、「西条小太郎」のままである筈はないと思うのですが。ハジメという名にしているけれど、戸籍は「西条小太郎」のままなのだとしたら、まどか達や警察に分からない筈はないのでは?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 こんばんは。


 ご質問ですが、私も久しぶりに引っ張り出してきて考えました。
 それで、結論としては、[解らないだろう]でした。
 上嶺一家は小太郎さんを身元不明者として届け出ていません。
 ですので、二人が結婚したと周囲が言っていても、あくまで
事実婚だったのでは?と考えます。小太郎さんはあくまで
上嶺一家が「届け出たけれど該当者なし」と言ったのを信じて
いたのだと思います。

 では、ユキはどうやって上嶺に来たのか?と考えても
単身者でも里親になれる事ですし、問題は無かったのでは?
上嶺一家は土地では有力者ですし。
(それに47pに自筆で「まだ養子縁組はしていない」と
書いています)
 
 以上ですが、如何でしょう?素人考えで申し訳無いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/14 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q神谷悠さんの迷宮シリーズ

神谷悠さんの迷宮シリーズを愛読しています。
気のせいか最近本屋さんで同書が並んでいないようなのですが、何かあったのでしょうか? 他の出版社に移ったとか?
ご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

白泉社から出ているシリーズですよね?
書店で仕事をしておりますが、今日も欠品のチェックをしました。普通に問題なく扱われてますよ。なかなかよく売れてます。
うちはコミック文庫のものを扱っていますが、11月か12月に白泉社から送られて来たばかりのリストにもきちんと載っていましたから、大丈夫だと思います。

Q銀魂の桂小太郎 ヅラ って養子なんですか?

お世話になります。
銀魂の同人小説がネットでいろいろ見られますが、原作で桂は養子なんですか?あと、晋助より年上なんですか?そこら辺のエピソードが載った訓があれば、教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そういう事は原作では一切書かれていません。
ただ、実在の幕末の人物をモデルにして書かれている漫画なので、
同人を書かれる方はどうしても、漫画に描かれていない部分を想像する際、
モデルになった人物の情報を勝手にミックスして書かれる方が多いようです。
つまりは、その二次創作を書かれた方のマイ設定です。

桂が養子で高杉よりも年上、というのは実在の歴史上の人物(桂小五郎と高杉晋作)のお話で、銀魂の設定ではありません。

Q頭の中に迷宮を作り出す。

うろ覚えなのですが、
主人公ではなく、一回きりの登場人物で
イタリアのどこかの島の出身で、頭の中にダイダロスの
迷宮を作り出す能力を持っていて、
人を閉じ込めてしまう。
そんな話があったのですが、なんと言うマンガだったでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「ミキストリ」
巻来 功士(作)
集英社
にそんな話があったような気がします。
コミックを手放したのでうろ覚えですけども・・・
コミックは現在絶版のようです。

Q3月のライオン 宗谷名人 耳が聞こえない筈

将棋漫画の3月のライオンで、宗谷名人は耳が聞こえないハンデがあった筈です。ばれないように旨くやるとか、カバーしてやっていくとか持ち時間使い切るまでに勝てば良いとか言ってました。ところが最新刊では土橋との対戦後、感想戦をしたり、後日二人で研究する事になってます。

・ストーリに矛盾がない?
・耳が聞こえないのは現実の棋士として致命的なハンデになりますか?

Aベストアンサー

1の方が仰るとおり、完全に聞こえないというわけではありません。
時折聞こえなくなる突発性難聴だそうです。

特にパーティ会場など騒がしい場所で聞こえないような描写だったと思います。

Qヒロインの名前がリラだった筈の作品

 こんばんは。いつもお世話になっています。
タイトル通り、ヒロインの名前がリラという
名前だった筈の作品を探しています。
確かその作品で、リラとライラックは同じものという
知識を得たのですが、覚えているのはその程度なのです。
30年くらい前の少女漫画だとは思うのですが…
ご存知の方いらっしゃいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

太刀掛秀子(たちかけひでこ)さんの
「ライラックの花のころ」ではないでしょうか。

主人公はリラという女の子で、彼女と知り合って淡い思いを抱いた少年がその名前からリラとライラックは同じものと知る、という部分が
あったように思います。

単行本「P.M.3:15ラブ・ポエム」に掲載されていましたが、
下記リンクによると現在、絶版の様です。

記憶のみで書いているので違っていたらごめんなさいm(__)m

参考URL:http://www2.plala.or.jp/eiko/hideko/c-listrmc.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報