人気マンガがだれでも無料♪電子コミック読み放題!!

長文で失礼いたします。

今実家には今年受験生となる弟がいるのですが、どうやら早慶を目指すか阪大を目指すかで悩んでいるらしいです。もちろん受験はまだ先ですし先の結果のことなどわかりませんが志望校はそろそろはっきりさせたいとのことらしいです。

弟は文系で経済・経営学部方面を目指しています。つまり阪大なら経済学部、慶應なら経済か商学部、早稲田なら政治経済か商学部ということになります。大学で勉強する意欲はかなりあるようですが公認会計士などの資格を目指すつもりはないとのことでした。

実家は田舎で阪大にしても早慶にしても下宿は間違いありません。学費のことは親が気にしなくていいと言ってくれたそうです。彼は三つの中なら直感で特別にここがいいというような希望もないようです。

ここで質問なのですが、就職力と勉強する環境という点において最も優れるのはどの大学でしょうか?もちろん最終的に個人の意志と努力次第になることは明白ですが、ご回答お願いいたします。また就職力に関しては大阪で就職する場合と東京で就職する場合とに分けてお答えいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

勉強する環境という点では、阪大>慶應>早稲田でしょう。


基本的に、私大よりも国公立の方が、学生は真面目に勉強してますし、少人数教育ですから。特に阪大は、「単位取得が厳しく、学生が真面目」で有名ですので。
私大の文系学生は遊んでる人が多数派ですが(偏差値に関わりなく)、慶應の経済は結構、厳しいらしいです。
早稲田は御存知の通り、「自由気まま大学」の代表格ですので、特に資格などを目指していなければ、理工学部以外は遊んでますね。他の私大と同じく。「ワセダ」というだけで女の子にモテルので、他の私大よりタチ悪いかも(笑)。
冗談はさておき、文系の勉強は、トピ主様が仰る通り「本人次第」です。3大学とも日本有数の名門大学ですから、いくらでも勉強出来ますよ。

就職に関しては、大阪なら阪大有利、東京なら早慶有利というところでしょう。
首都圏以外の名門大学は、地元では圧倒的な存在感がありますが、地元を離れるとパワーダウンしますから(京都大学だけは別ですけど)。
早慶は「全国区」という点では阪大以上なので、早慶の方がツブシが効くと思います。

勉強・就職以外でも、東京の方が様々な経験を積み易いですし、馴染み易いのではないでしょうか。東京は日本全国から人が集まってきますが、大阪だと地元の人が多いですから。
関西の方でないのであれば、東京の大学をお薦めします。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

そうですか。ありがとうございます。確かに早慶の方がネームバリューもありつぶしがきくかもしれませんね。

お礼日時:2007/05/15 13:36

阪大と同じく地方旧帝大の卒業生である小生のこれまでの経験から、敢えて断言致します。


「名を取るなら阪大、実を取るなら早慶」です!

世の中の中心であり、いろんな意味で世間の最先端に敏感になり、世の厳しさをも実感できるが東京です。今や地方都市である大阪での経験は
東京とは比較しようもないレベルだという認識が非常に重要です。

大学4年間での影響や刺激は、その後の人生に大きな意味を持ちます。大阪の生ぬるさは、人生経験として決してプラスになるとは言い難い。
また、就職は東京の会社である可能性が高いでしょうから、卒業後の人脈の面でも東京の方がはるかに有利。
そもそも人数的に少なくて学閥が希薄である国立大であり、地方大学でもある阪大の人脈など無きに等しいと断言できます。

世間は人と人とのつながりで動いています。単に同窓生だという理由でどれほど色んな可能性が広がるか、一言では言い表せないと感じます。

正直に言えば、かつての帝大である阪大の学歴は、早慶よりはるかに価値のあるブランドだということは間違いないところだと思います。
しかし、このことは本人のプライドを満足させても、それだけで終わってしまう可能性が大であることを認識せねばなりません。

以上のことは、偏差値の面でそれ程の格差があるわけでもない、東大と京大の差に顕著に現れていると感じます。
世の中で活躍している有名人で京大卒の人間がどれほどいるのでしょうか?
東大は偏差値で最難関である以上に、「東京の大学」であることが、はるかに重要な意味を持っていると考えるべきです。

ですから、ご質問に関しては迷うことなく「早慶」で決まりです。

只、一つだけ付言すれば、就職に当たっては、人数が半端でなく多い早慶は、どこの会社においても多数の同級生との競争を強いられます。
ですので、その競争に勝ち抜くだけの何かを4年間で身に付けることが何より肝要です。
早慶のブランドを得たことで満足し、のほほんと過ごせば、他の同級生との比較において、むしろマイナス評価になることは肝に銘じるべきです。

早慶に入学した後は、受験勉強以上に頑張ってこそ、報われることもまた無限に多大であると言えるのではないでしょうか。
    • good
    • 9

大阪大学を卒業しました。

今も阪大の大学院生です。
阪大のことをお伝えできればと思います。

>弟は文系で経済・経営学部方面を目指しています。つまり阪大なら経済学部、慶應なら経済か商学部、早稲田なら政治経済か商学部ということになります。大学で勉強する意欲はかなりあるようですが公認会計士などの資格を目指すつもりはないとのことでした。

基本的に、阪大は理系の大学ですので、理工系・医歯薬系ならば阪大を推します。人文系も大阪外大と統合することもあって、ここも悪くないと思いますが、社会科学系は、パッとしないというイメージがあります。公認会計士とか司法試験とか目で見える評価をみても、そんな感じです。ただ、真面目な学生がかなりいるので、勉強はみっちりできると思います。学費も安く少人数制ですし。でも、慶応でも経済や早稲田の政経となると、おおーすごいってなります。

>ここで質問なのですが、就職力と勉強する環境という点において最も優れるのはどの大学でしょうか?もちろん最終的に個人の意志と努力次第になることは明白ですが、ご回答お願いいたします。また就職力に関しては大阪で就職する場合と東京で就職する場合とに分けてお答えいただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします。

就職ですが、阪大は、関西での就職は「敵無し」でしょうが、東京就職に関しては否めません。ただ、東京往復を根気よくするなら、早稲田慶応に大差がつけられることはないと思いますが。ただし、マスコミは早稲田慶応の圧勝だと思います。
勉強面は上述しましたが、阪大だと思います。学費、少人数制ですしね。

ただ、阪大にいける偏差値があって社会科学系学部志望なら、もう半歩頑張って一橋に行くほうがベストかもしれません。立地・学費・教育環境面ともに、阪大・早慶のデメリットを解消できますから。

ちなみに、阪大の体育では水泳は必修ではありません。また、「独語とかの単位取得に厳しく」とありますが、語学は須らく厳しいですよ。鍛えられますねw
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。弟も一橋大学も考えたらしいですが、どうやら試験問題が相当に難しく、しかも社会が二次試験にも必要だということがかなりに負担になるようです。確かに阪大は理系のイメージがありますね。文系では神戸大学が充実してるとも最近聞いたのですが、阪大の文系と比べると、就職面ではやはり苦しいでしょうか?

お礼日時:2007/05/19 22:31

阪大は独語とかの単位取得に厳しく


体育実習も水泳がある
そういう話は確かに聞いたことがあります
国家1種とかに行く人もいますが
早稲田はサークル活動で他大学、女子大は勿論、東大とも交流があるケース
があるようです
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。見るところみなさん早慶の方が若干ですが評価が高いようですね。弟も勉強する意欲はあるようですが、大学に入ると環境の変化で考えが変わることも無きにしも非ずですから、早慶の方がよいかもしれませんね。もう少し考えさせてやろうと思います。

お礼日時:2007/05/15 13:40

最近の事情はよくは知らないのですが


慶応に起業関係の学部があるようです・・・まあこれは関係ないようですが
昔は早稲田の政経はマスコミ関係就職と言われたようです
慶応の経済は 大手証券などに印象が良い模様です
阪大の経済から日銀とかにも行く人がいるようで・・・
就職を重視するなら東京の大学が情報、人脈で有利かと・・・
勉学の環境は・・・刺激がそれほど強くなく 遊ばないという面では
大阪の方が良い そういう気もしますが・・・・
大阪で就職すると言うのは・・・大手の中心企業は東京に移りましたので・・
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。弟はどちらかというとマスコミ系にきょうみがあるようでしたので早稲田の政経などはいいかもしれません。

お礼日時:2007/05/15 13:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪大学と早稲田大学ですが…

大阪大学(経済)早稲田大学(政治経済)ではどちらの大学を卒業した方が将来的に有利になるでしょうか?就職者数を見ても早稲田大学の方が多いですが、個人的には大阪大学の方が国立大学なので有利なような気がします。。どうなのでしょうか??
また偏差値は早稲田74大阪68なので大阪大学方がレベルは低いのでしょうか?
一生に関わることなので、この2つの点のアドバイスお願いします!!

Aベストアンサー

No4の者です。今はどうか知りませんが、一昔前の早稲田には「科目履修制限」というものがありました。何かと言うと「1年間で履修できる科目数に上限がある」というものです。

この制度によって、「1年生の時に大量に単位を落とした結果、2年生に進む前に留年が決定」する哀れな人がたまにいました。早稲田の場合、5年生とか6年生という呼び方になるので、大学を卒業するまでに5年以上かかることが1年生の時に確定してしまうということです。

たいていの大学では、「履修制限」なんて非情な制度はないので、1年生の時にたくさん単位を落としても、2年生以降で頑張れば挽回して4年で卒業できる(可能性がある)はずです。あるいは、3年まででたくさん単位を取り、4年生の時はゼミに出て論文を書くだけ、という状況にできます。

早稲田では、3年まで全優の人であっても、例えば4年の時に試験前に交通事故に遭って入院すれば、単位不足で留年する恐れがあります。(やむを得ない事情があっても、学校に行って試験を受けなければ普通は単位を取れませんから)

今の早稲田に「履修制限」制度があるのかどうか知りません。ただし、この制度は「学生が多すぎるから」設けられたものでしょう。早稲田の学生が校舎や教員の割に多すぎるのは他の方が指摘されるように「早稲田の伝統」なので、「履修制限」が現存していても不思議はないと思います。

また、他の方も指摘されるように学生が多すぎる早稲田では、学年の3~4割?の学生はゼミに入れず「ゼミなしっ子」になり、就職に不利になります。この段階で「勝ち組・負け組」に分かれると言って良いでしょう。誰も、入学時には自分がゼミに入れないなんて思わないわけですが、ゼミの総定員が学生数より明らかに少ないので、ゼミなしっ子は確実に発生していました。考えてみればとんでもないことです。

「履修制限」「ゼミなしっ子」、いずれも入学してから知って「ウソだろ!」と驚愕することです。早稲田のパンフレットには一切書いてありません。

なお、早稲田が阪大に勝るのは「学生の多様性」「大都会の刺激」でしょう。大学時代にいろんな人と接して人生経験を積みたいのなら、阪大より早稲田です。まあ、そんな変な人生経験は積まない方が安全かもしれませんし、変な世界に走ってしまうウブな学生も毎年一定数います。

No4の者です。今はどうか知りませんが、一昔前の早稲田には「科目履修制限」というものがありました。何かと言うと「1年間で履修できる科目数に上限がある」というものです。

この制度によって、「1年生の時に大量に単位を落とした結果、2年生に進む前に留年が決定」する哀れな人がたまにいました。早稲田の場合、5年生とか6年生という呼び方になるので、大学を卒業するまでに5年以上かかることが1年生の時に確定してしまうということです。

たいていの大学では、「履修制限」なんて非情な制度はない...続きを読む

Q大阪大学工学部か慶應義塾大学理工学部か迷っています

先日慶應義塾大学理工学部に合格した高3生です。
25&26日に行われた第一希望の東京大学(理1)の二次試験は、まったく満足な手ごたえも得られず、結果を待つまでも無く不合格がわかっています。
後期で大阪大学工学部(以下「阪大」と呼ばせてもらいます)を受験する予定ですが、もし、阪大にも合格した場合、慶応とどちらに行くべきか、迷いが出てきています。

それぞれの学校の卒業生から間接的(親経由など)にも話が入ってきます。
自分なりに要約すると
・慶応(工)は縦横のつながりが密なので、就活においても、OBのいる研究室(や企業)への引っ張り(推薦?)などがある
・阪大は、慶応に比べると全国的な知名度が低いので、関西以外での就職には、慶応に比べると不利
・設備は阪大のほうが充実している
・将来他の(国立)大学で大学院生となるには、国立大学(=阪大)からのほうが、私立大学(=慶応大)からよりも入りやすい(?)

ちなみに、阪大ですと、自宅通学は可能です。
親は、もう一度東大にリベンジすると言う手もある、と、言うのですが、今の自分の心境としては、浪人してまでも東大再チャレンジはしたくないです。
慶応大生となって下宿することに関しては、確かに金銭的な親の負担は、阪大とは比べ物にはなりませんが、その件に関しては、特に親はなんとも言っていませんし、親は、どちらかというと、慶応に魅力を感じているようです。

阪大でも慶応でもどちらでもやりたい学問があるだけに、本当に迷っています。

もちろん、阪大後期も駄目なら、後は、慶応(工)に行くか浪人するかしか選択の余地はありませんが、阪大合格発表後慶応の授業料の振込み締め切りまで日が無いので、先走っての質問となりますが、それぞれの大学の在校生やOBの方々からコメントがいただけると嬉しいです。

どうよろしくお願いします。

先日慶應義塾大学理工学部に合格した高3生です。
25&26日に行われた第一希望の東京大学(理1)の二次試験は、まったく満足な手ごたえも得られず、結果を待つまでも無く不合格がわかっています。
後期で大阪大学工学部(以下「阪大」と呼ばせてもらいます)を受験する予定ですが、もし、阪大にも合格した場合、慶応とどちらに行くべきか、迷いが出てきています。

それぞれの学校の卒業生から間接的(親経由など)にも話が入ってきます。
自分なりに要約すると
・慶応(工)は縦横のつながりが密なので、...続きを読む

Aベストアンサー

一般的には、大阪大学 だと思います。
>慶応(工)は縦横のつながりが密なので、就活においても、OBのいる研究室(や企業)への引っ張り(推薦?)などがある
・・・それは文系での話だと思います。工学系ならOBよりも指導教授が企業とのパイプのある、力のある人かどうかが重要かと。阪大ならそこらへん問題ないでしょう。

>阪大は、慶応に比べると全国的な知名度が低いので、関西以外での就職には、慶応に比べると不利
・・・就職現場では阪大は決して知名度低くありません。低いと思われるのは「世間的な」知名度です。
例えば、東工大(国立大)などは阪大よりも世間的な知名度の低いといわれている国立大学ですが、就職では東大京大にも勝るとも劣らない強さを誇りますよ?
旧帝大の一つである阪大が知名度低いなら、一体どれほどの国立大学が知られているんでしょう?

>設備は阪大のほうが充実している
・・・設備の他にも重要なのが教員一人あたりの学生の数です。それが国立大では私立大に比べて圧倒的に少ないという利点があります。
つまり、国立大理系では私大よりも少人数教育がなされ、研究室でも教員と学生が密接であるとも言えるでしょう。

>将来他の(国立)大学で大学院生となるには、国立大学(=阪大)からのほうが、私立大学(=慶応大)からよりも入りやすい(?)
・・・国立か私立かというのは阪大と慶應大のレベルではあまり関係のない話でしょう。入りやすくなるのは、大学と同じ院に進む場合です(つまり、阪大→阪大院のような)。阪大も慶應も外部なので大差ないでしょう。
外部から入る場合は、院で専攻したい科に密接な関係のある学科なのかどうかが重要だと思います。大学で学んだ内容が直接、院試や研究に関わってくるわけですからね。

一般的には、大阪大学 だと思います。
>慶応(工)は縦横のつながりが密なので、就活においても、OBのいる研究室(や企業)への引っ張り(推薦?)などがある
・・・それは文系での話だと思います。工学系ならOBよりも指導教授が企業とのパイプのある、力のある人かどうかが重要かと。阪大ならそこらへん問題ないでしょう。

>阪大は、慶応に比べると全国的な知名度が低いので、関西以外での就職には、慶応に比べると不利
・・・就職現場では阪大は決して知名度低くありません。低いと思われるのは「世間...続きを読む

Q慶応と大阪大どっちが良いでしょう?

初めて質問させていただきます、息子の大学選択の悩みなのですが慶応法学部(合格済み)大阪大学経済学部(息子曰くセンターの出来でほぼ合格)の2校でどちらに入学するべきか悩んでおります。父親である私は地方の3流大卒なのでレベルが違いすぎてアドバイスしようにも説得力がありません・・・卒業後の就職状況などどちらの大学が有利なのでしょうか?もしもOBの方々でお暇なかたがいらっしゃればアドバイス頂きたいと思います。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 お住まいが関西なら阪大、それ以外なら慶應でしょうね。
阪大は関西では絶大な知名度を誇りますが、その他の地域
では「 旧帝大のひとつ 」という扱いになります。すなわち
東北大や名古屋大と大差ないのです。

 それに対して慶應は日本中どこでも高い知名度があり、
卒業生のネットワークも日本中に広がっています。ただ
関西圏での就職と評判は、阪大に少し劣るでしょう。

 卒業後の就職状況は似たようなものですが、慶應のほうが
バリエーションが豊富です。マスコミや流通、小売業などの
就職も強いです。阪大は慶應より公務員が多いのと、わりと
重厚長大企業が多いです。たとえば大阪ガスや関西電力には
阪大出身者がたくさんいますが、慶應出身者は少ないですね。

 なので就職は阪急や関電、もしくは住友というのであれば
阪大のほうが少し有利ですが、そういうこだわりがないのなら
慶應のほうが広い世界を見ることができるでしょう。

Q旧帝大ってどんくらいすごいですか?

旧帝大ってどんくらいすごいですか?
私の祖母はめっちゃ旧帝大信者です
姉が私立大なのですが 実家帰るたび嫌味を言われていてかわいそうです
信者はうちの祖母の世代に限るんでしょうか?
皆さんは「旧帝卒」って聞くとどう感じますか?
教えて下さい

Aベストアンサー

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地方(なぜか中四国にはないんですよね)にあります。
特徴としては総合大学として、文学部、商学部、法学部、理学部、工学部が必ずあり、各分野の進歩を担う人材の育成を目的としています。
要は、「研究者」つまり「学者」を養成することが大きな目的です。

対して私立大の両雄、早稲田、慶応の例で書くと、これらは、社会に実際に役立つ人材を広く育成することが目的で、「実学」(実際の社会活動に役立つ学問)を教えることが主になります。
たとえば、建築の話ですると、
旧帝大は建築学の権威を育てたいと考え、私立大は優秀な建築家を育てたい、と考えているわけです。

ここでのポイントは、学者さんと技師さんとで、どちらを尊敬するか、ということですね。
昔は多くの人は中学にも行かずに職人や商売人になりました。職人は技師と同じ職場にいますし、経営者も商売人と直接関わる間柄になりますよね。技師さんや経営者さんは大学を出ていても身近な存在なんです。大学を出たばかりの設計技師さんよりも、現場で腕を磨いた頭領の方が優秀なことも多かったでしょう。
でも、身近に学者さんはいなかったでしょう。

で、回答になりますが、「旧帝大卒」と私が聞いた場合、研究者になるための一通りの作法を学んだ人だ、という認識を持ちます。実際に研究者になっていなくても、学んだ、つまりそういう考え方を習ったというところがキーになります。お茶の師匠になっていなくても、その作法を習った人は、茶道とは、というところを知っているだろう、というのと同じです。

これ、言い換えると、「私大卒」と私が聞いた場合、社会に実践的に役立ついろいろなことを知っている、身についている、と思います。

上下がある話ではなく、社会に貢献するやり方の違い、だという認識です。

国立大の話をすると、各県に教育学部と医学部が必ずあります。学校の先生とお医者さんは、各県に必ずいる大切な職業で、しかも高等な教育が必要だから、地元に養成機関を作ったんですね。また、ほとんどの県で、工学部か農学部、希に水産学部があります。これも地元の産業を担う人材を育てたい、ということですね。
旧帝大は、これら各県の枠では収まらない優秀な人材を集めて地元の産業の枠を超えた、国として産業や学問を発展させよう、という研究機関となります。北海道、東北、関東、中部、近畿、九州の各地...続きを読む

Q大阪大学(阪大)文系について

阪大文系ってレベル的にどれくらいの大学だと思いますか?
私は、文系では、東大>京大>一橋>>慶應=早稲田>阪大など地方帝大>その他、だと思っていました。
就職だけでなく、研究面についても例えば、COE件数をみるとこんな感じでした。

4件 東京大学 一橋大学
3件 神戸大学 慶應義塾大学
2件 東北大学 京都大学 早稲田大学
1件 北海道大学 政策研究大学院大学 大阪大学 東京都立大学 日本福祉大学 同志社大学 関西学院大学

しかし、2ちゃんねるなどで阪大の業績が誇らしげにアピールされていて、早慶よりいいのかな、という感じがしてきました。しかし、東京人の私や周囲の話を総合すると、阪大って本当に知られていません。私も受験期のあいだすら理系のイメージしか知らず、文系があることもよく分かりませんでした。関西といえば京大、立命館、同志社ぐらいかな、と。

阪大文系と早慶ってどちらがレベル高いですか、研究&就職面で。
なぜかというと、いま法学部か経済学部に興味があり、今の大学から他大の編入試験を受けてみようかと模索していたところ、阪大が編入を受け入れていることを知り、興味が湧いています。

阪大文系ってレベル的にどれくらいの大学だと思いますか?
私は、文系では、東大>京大>一橋>>慶應=早稲田>阪大など地方帝大>その他、だと思っていました。
就職だけでなく、研究面についても例えば、COE件数をみるとこんな感じでした。

4件 東京大学 一橋大学
3件 神戸大学 慶應義塾大学
2件 東北大学 京都大学 早稲田大学
1件 北海道大学 政策研究大学院大学 大阪大学 東京都立大学 日本福祉大学 同志社大学 関西学院大学

しかし、2ちゃんねるなどで阪大の業績が誇らしげに...続きを読む

Aベストアンサー

No.2回答者さんに同意見です。
後発の旧帝国大というのは、具体的に戦前文系を持たなかった大阪、名古屋、北海道の3つをさしますが、このうち名古屋は旧制の名古屋高商を包括しましたので、経済・経営系の学者と設備は早くからそろえられました。逆に北海道は地理的にハンディから教授陣がなかなか揃わず、昭和40年代頃までは隣りの二期校の小樽商大と両方合格したら伝統の古い小樽に入る学生も多かったと聞いています。(敗戦直後のインフレ期に暖房用燃料も満足に手に入らない極寒の北海道で、急造したバラック建ての木造校舎と貧弱な官舎で、学会ひとつ行くにも自費で満員の鉄道に揺られるありさまでは、優秀な先生が集まらなかったのも当たり前ですね)
その点、大阪は地理的に便利であることから、よりよい研究環境を求める全国の地方国立大、京城、台北などの外地の旧帝大の研究者などを引き抜き、急速に充実しました。神戸が自校生え抜きが中心であるのに対して、近代経済学を中心に全国から優秀な研究者が集まったのが特徴です。その後もマクロ経済学の中谷巌先生(一橋出身)をはじめ、マスコミの露出の高い教授も続きました。こうした事情から、研究者になりやすいということでは、いろんな大学にアンテナがある(弟子を送り込める)という点で、早慶よりも上ですね。
本来ならこの地でもっともストックを持っている大阪市立大(旧商大)が、杉本町キャンパスを進駐軍にとられて追い出され、焼け残りの小学校に仮住まいを余儀なくされていたこと、マルクス経済学中心であったことなどから、反米左傾化し、関西財界の受けが急速に悪くなりましたから、それにとってかわるかたちで、関西系の企業を中心に就職状況はいいです。

No.2回答者さんに同意見です。
後発の旧帝国大というのは、具体的に戦前文系を持たなかった大阪、名古屋、北海道の3つをさしますが、このうち名古屋は旧制の名古屋高商を包括しましたので、経済・経営系の学者と設備は早くからそろえられました。逆に北海道は地理的にハンディから教授陣がなかなか揃わず、昭和40年代頃までは隣りの二期校の小樽商大と両方合格したら伝統の古い小樽に入る学生も多かったと聞いています。(敗戦直後のインフレ期に暖房用燃料も満足に手に入らない極寒の北海道で、急造したバラック...続きを読む

Q阪大受験滑り止め 早慶と同志社

今、大阪の私立高校3年のものです。
第一志望は大阪大学の法学部です。その滑り止めに早慶か同志社で迷っています。将来は法曹ではなく一般企業を考えています。
阪大模試では数学と国語は偏差値70でしたが、英語は38しかないほど英語が苦手なので、そもそも私立はセンター利用でしか受けるつもりはありませんでした。(センターレベルの英語は85%ならとれるので…)

しかし、受験は緊張するから練習したほうが言いと周りから言われ僕も納得したので、早稲田法学部を一般併願で受けようと考えています。科目は英国社なのですが、過去問を解いたところ、6点最低点に足りませんでした。
また、数学教師に京大の問題がそのまま出たこともあるほど練習になるから進学は別として同志社の数学は絶対受けたほうがいいと言われました。

でも同志社の法学部が優れていることはよくわかっているつもりですが、個人的に阪大に落ちた時のことを考えると、早慶には行こうとは思うのですが同志社に行こうとは思えないのです。浪人するかは悩みどころですが…(親には同志社はもったいないと言われました)
早慶のセンター利用のボーダーが90%なら、受かるかどうか微妙な所です。また阪大二次に集中したい気持ちもあります。
以上を踏まえて次のうちどれがいいのか教えてください。

(1)浪人覚悟で早稲田だけ
(2)浪人防止&合否微妙な早慶を避ける(無駄な遠征費用)&数学の練習のため同志社だけ
(3)阪大対策と思って両方受ける。(できれば避けたいのですが)
(4)その他

お願いします。

今、大阪の私立高校3年のものです。
第一志望は大阪大学の法学部です。その滑り止めに早慶か同志社で迷っています。将来は法曹ではなく一般企業を考えています。
阪大模試では数学と国語は偏差値70でしたが、英語は38しかないほど英語が苦手なので、そもそも私立はセンター利用でしか受けるつもりはありませんでした。(センターレベルの英語は85%ならとれるので…)

しかし、受験は緊張するから練習したほうが言いと周りから言われ僕も納得したので、早稲田法学部を一般併願で受けようと考えています。科目...続きを読む

Aベストアンサー

 戦略
(1)阪大のみに的を絞る
 英語の強化のみに重点を置く。つまり、英語を今から試験直前まで勉強し偏差値つまり実力を上げる。ただ、他の科目も偏差値を保つために大学二次試験過去問を解く事。英語は基本から見直し、中学校三年分からやり直し、高校三年分を総復習、そして大学センター試験レベルまでやり直すとか。とりあえず、英語強化型戦略のポイントは、デメリット(極端に弱い科目)を補完して安定型にする。でも、その戦略は他の偏差値がかなり高い場合のみにできる。だから、全科目総崩れの人は絶対にしてはいけない戦略。

(2)浪人する覚悟で早稲田だけ
 自分に妥当できる人間のみ有効。早稲田に入学してから後悔しないというならいい。自分の今の実力レベルをそのまま使う。でも、挑戦しようという考えではなく、楽な道を選びますか。そういう現状維持型は大抵の戦略では失敗する。それは、自分の能力を高めなくても、相手は倒せると思ってナメて、実は相手は相当努力して勉強しあなたより実力が上回って浪人する。そんな、最悪シナリオも考えられます。
 まず、そんな戦略ではなく後期試験の勉強をすると思いますが、上の大学に入れるなら天空を目指しましょう。でも、諦められるなら早稲田の二次試験だけに力を入れなさい。

(3)同志社のみを受ける
 (1)と全く逆の戦略。数学と国語の偏差値や実力を上げる。つまり、国語と数学の超難関問題を解けるような実力を付ける。つまり、東大や京大の過去25年分シリーズの国語や数学の本を買いなさい。その問題を解く勉強に専念しなさい。つまり、国数のみの偏差値の高さで苦手科目を補完する方法。そういう戦略は全滅型の人に有効で、得意な科目や将来実力が付きそうな科目に的を絞り強化し、生き残る戦略です。つまり、部門の削減や撤退の戦略です。

(4)両方受ける
 一番、無難な戦略。一方が落ちても片方が受かればいい。その戦略で最悪シナリオをなくす。つまり、併願としてする方法。でも、その戦略は滑り止め戦略ですよね。まず、その戦略の方法は2校の大学の二次試験の勉強をする。つまり、(3)と同じ戦略で勉強するでいいのでは?どうせ、第一志望へのいい勉強になるでしょう。

(5)その他
 神戸大学法学部の前期試験や後期試験を受ける。阪大の滑り止めは神戸大学や一橋大学では。その少し偏差値の低い国立大学を受けることで、合格しても国立大学出身のメンツは保たれる。どっちも旧七帝大に及ばないけど、無難な戦略だと思うよ。神戸大学や一橋大学や筑波大学に受験する事を勧める。
 戦略は(1)と同じ苦手科目補完戦略が基本。英語を強化し、国語や数学も強化する。つまり、三教科強化戦略で全科目最高レベルの実力を目指す勉強をする。そのため、国英数の全てが上の実力になれば、オールマイティで攻められます。そうすれば、いいのでは。

 戦略
(1)阪大のみに的を絞る
 英語の強化のみに重点を置く。つまり、英語を今から試験直前まで勉強し偏差値つまり実力を上げる。ただ、他の科目も偏差値を保つために大学二次試験過去問を解く事。英語は基本から見直し、中学校三年分からやり直し、高校三年分を総復習、そして大学センター試験レベルまでやり直すとか。とりあえず、英語強化型戦略のポイントは、デメリット(極端に弱い科目)を補完して安定型にする。でも、その戦略は他の偏差値がかなり高い場合のみにできる。だから、全科目総崩れの人...続きを読む

Q早稲田政経受験の選択科目について。数学か世界史か。

4月から受験生になる者です。
大学受験の選択科目について、数学か世界史でどちらにするか悩んでおり、
皆様のご意見を参考にしたいので相談させていただきます。
志望学科は経済学科なので英社国または英数国での受験となります。
また、今のところ世界史以外の地歴公民は考えていません。
(地理・政経:受験できない大学・学部がある。日本史:比較的世界史の方が好み。)

第一志望は早稲田の政経です。
当然それ以外の学部や大学も受験しますが、
科目・勉強計画を決定においては「早稲田政経」に主眼を置きます。

私の高校は年に数名早慶に合格するくらいの偏差値60前半の公立校で、
中高一貫校のような上位大学の入試を想定した授業は受けられないので
入試レベルの勉強は予備校と自習が中心となります。

一応これまでの私の学力の目安としては
全主要科目ともに校内では1位~10位(230人中)をうろうろする程度ですが、
所詮進研模試と定期試験の順位なので入試レベルではなく基礎的なことに限った話です。
数学なら教科書傍用問題集や青チャートの例題は解けるレベル、
世界史なら教科書に載っている重要用語は答えられるレベルという感じですね。
(高校の世界史Bの授業は教科書全体に対してコマ数が全く足らず一部分しかやりません)

現時点では両教科とも合格点に届きませんが、やりたいと思っているのは数学です。

というのも、早稲田の歴史科目では論述は1~2題、
あとは細かい知識を問うものが大半を占め、
特に重箱の隅をつつくような正誤問題をちまちま解くことに嫌気が差しそうです。
歴史自体は嫌いではなく歴史小説や大河ドラマ等は大好きなのですが、
教科書の流れから外れている、背景も語られない細々とした用語を詰め込むのはただの苦痛です・・
教科書の本流ばかり出題しては満点が続出してしまうのもわかりますが、
ならばいっそのこと全問題論述にして差をつけてくれた方が勉強のし甲斐がありますよね。
受験者数が多い私大では採点の都合もありましょうが。

その点数学は解けない問題を解けるようにすることに楽しさを感じられますし
入試も全て記述で回答する形式なので単なる知識で終わらないやり甲斐もあります。
もう一つ、私の場合は英語・国語の勉強をして文を読むことに飽き気味な時でも
数学ならば集中力が落ちにくいという利点もあったりします。

しかし、私文専願で数学を選択するのはマイナーであること。
現状、中高一貫組に対し演習量が圧倒的に不足していること。
歴史科目に比べ、努力に比例して成績が上がるとは限らないこと。
同じく、本番の出来による振れ幅が大きくハイリスクハイリターンであること。
などにデメリットを感じています。

武器にできたときの大きさ、モチベーションや集中力の維持という点では数学。
確実性の点では世界史といったところでしょうか。

もちろん、モチベーションが維持~などと言っている数学にしても
毎日長時間の努力を1年間継続し続けることが大変なことであるのは承知しています。
イメージとして定期試験前の猛勉強を1年間、間違いなくしんどい道程です。
ですが、「大変」には面白さ(funnyではなくinteresting)を含む大変と
ただひたすらに苦労する大変があるとも思っています。

英国で高得点が見込めるのなら比較的安定する歴史を推奨!
みたいな判断基準もあるのかもしれませんが、
現時点で正確な予想はできないので英国は合格ラインを少し超える程度と仮定してください。

以上、どちらを選択するべきか。
難易度、入試における有利不利、継続のしやすさ、成長の確実性、どのような観点からでも結構です。
ぜひ皆様のご意見をお聞かせください。

長文乱文、失礼しました。

4月から受験生になる者です。
大学受験の選択科目について、数学か世界史でどちらにするか悩んでおり、
皆様のご意見を参考にしたいので相談させていただきます。
志望学科は経済学科なので英社国または英数国での受験となります。
また、今のところ世界史以外の地歴公民は考えていません。
(地理・政経:受験できない大学・学部がある。日本史:比較的世界史の方が好み。)

第一志望は早稲田の政経です。
当然それ以外の学部や大学も受験しますが、
科目・勉強計画を決定においては「早稲田政経」に主...続きを読む

Aベストアンサー

元塾講師です。私自身は早稲田に合格経験があります(政経ではありませんが)。また、受験科目はメインが英数国で、(センターや慶應商学部で必要な)社会は地理で受験しました。

 結論を書くと「数学がおすすめ」です。
 確かに数学では大問の最初の方で躓くとそれ以降の問題を答えられず大幅な減点になりますが、それは「単なる実力不足」であり、そうなることは運ではなくそうした問題を対策(勉強)しなかった準備不足に他なりません。これは世界史などでも「やらなかった時代・内容(芸術史など)」が出題されて全然できないことと同じです。数学で受験生が解きにくい分野は多くの受験生が勉強していない要素なだけで、合格している人はしっかりと得点し合格しています。
 これは早稲田に限ったことですが、早稲田の歴史は「運」がモノを言います。確かにやらなかった範囲で得点できないのは受験生のせいですが、早稲田の歴史の問題にはそうしたものでは説明できない「教授の趣味」のような問題が多く存在し、それらは受験生の実力で得点が出るものではなく、合否にその運が影響を及ぼしていることも事実です。講師は受験後に受験生が持ってきた入試問題の解答を作成しますが、数学に関しては解けない問題はほぼありませんが、世界史は講師のお頭にない知識を問う問題も存在します。もちろん、受験は満点を狙うものではありませんが、開始の時点で持ち点が少なくなっているのが早稲田の歴史です。こうしたことから、私の印象では「早稲田の歴史は一定の実力者の中から運で合格者を選んでいる」と考えています。問題全体の6割程度は実力で解ける問題であり、そこをしっかり取れない人間は問題外で、そこを通過した人間の中から残り4割の問題を運でどれだけ取れたかで合格者を選ぶということです。浪人生が多かった受験戦争時代には、受験生の優劣を実力差だけでは判定できず、運で合否を分けていたこともあります。そうした運に翻弄された(教授になった人は運がいい方のはずですが)経験を受験生にも経験させたいとする「教授たちの自分勝手な理由」もあるのでしょう。
 また、合格最低点に関しても歴史と数学では大差はないようであり(むしろ歴史の方が高めではないかと推測されます)、その点を考えても数学がお勧めです。
 歴史の方が運に左右されるので、実力がない人が逆転を狙う科目として使うのはいいですが、しっかり合格したいならお勧めできません。

 受験生としては、やった分の成果がすぐに出る歴史はやりがいがある科目ですが、そうした科目の特性上受験生は多く、早稲田の社会ではかなりのハイレベルの争いになります。それに比べ数学は(社会ほど短期ではないという意味で)初期の成績上昇はゆっくりですが、しっかり伸び始めるとそこまで落ちませんし、入試時に「悪問」で不合格にもなりにくい問題です。
 
 また、あなたが早稲田を第一志望とすることなので書きますが、(これも入試問題や早稲田出身の友人の話などから考える持論ですが)早稲田は「自分たちは○○と主張する」ことを大学の存在意義にしていることです。
 入試問題を見ればわかることですが、(特に政経・文・法学部の歴史・現代文は)「入試問題を優秀な人間選抜を最優先目的としていない」ことがあります。あれは「私たちはこうした文章が読める人だけを求めている」と主張しており、受験生集団の中の優劣を決めるより「自分たちの水準を満たすのはどれくらいか」という関心に主眼が置かれているということです。ただ、結果としてある人数までは合格者を出さないといけないので、ギリギリ合格の人たちは「問題の求める水準には達していないが、集団の中の順番が上だったので合格できた」ということになります。先程書いた「運」というのはこのことで、合格者の大半は運で決まっているということです。
 受験生の学力と問題の学力の差が大きいと適正な判断ができないのは当たり前で「小学1年生にセンター試験を解かせたら、学力差が反映されることはなく、運で順位が決まる」のは理解できると思います。つまり、そうした差がある入試を作成している時点で「優秀な人間の選抜」よりも「早稲田による早稲田の自己主張」が優先されていると考えるべきです(偏差値が低い大学では古文がないところが多いですが、これは「偏差値が低い大学を受験する人は、そもそも勉強していないから古文を出したら、その問題は運の問題なるから」現代文だけにしているのです。)。
 他にも、現代文の文章もかなり古めの文章を使い、どこか現在を見ていない感じがします。過去の研究をするのは構いませんが、今の高校生が現在の現代文の演習をし、さらにそうした古い文章の演習を求めている時点でも、高校生の現状を考えていないことがうかがえます。私立トップなのでそうした差が「私立トップとそうでないところの差」とも言えますが、これが続くようでは「早稲田の凋落」に歯止めがかけられないと自覚してか、新設学部の問題は新しい文章使われています。
 上のような早稲田批判(のようなもの)を書いたのには理由があり、「こうした周りの状況を考えないものはいずれ廃れる」ということがあるからです。看板学部があのような時代錯誤の問題を作り続ければいずれ、国際教養学部等が看板学部になるような変化も起きますし、早稲田大学そのものがそうした凋落をたどる可能性があるとも言えます。現に早慶では最近は慶應の圧勝ですし、以前は偏差値が高めだった学習院や國學院は時代の変化に対応できず人気が低迷しています(学習院は変化できず、皇族が進学しない現象が起きています。ICUに奪われるのはその象徴ともいえます)。
 現時点で早稲田は最高峰であり、その中でも政経はトップです。ただ将来のことを考えたうえで、志望校の判断をすることをお勧めします。あなたの文章を見る限り、しっかり物事を考えられる人だと思うので書きました。
ご参考までに。

元塾講師です。私自身は早稲田に合格経験があります(政経ではありませんが)。また、受験科目はメインが英数国で、(センターや慶應商学部で必要な)社会は地理で受験しました。

 結論を書くと「数学がおすすめ」です。
 確かに数学では大問の最初の方で躓くとそれ以降の問題を答えられず大幅な減点になりますが、それは「単なる実力不足」であり、そうなることは運ではなくそうした問題を対策(勉強)しなかった準備不足に他なりません。これは世界史などでも「やらなかった時代・内容(芸術史など)」が...続きを読む

Q名古屋大学と慶応大学

名古屋大学と慶応大学の両方に合格しました。
本命は名古屋大学だったのですが、慶応にも合格して正直迷っています。
学部は工学部の化学系です。愛知県ですので名古屋大学なら通いでいけますが、東京にもあこがれます。
大学の魅力としては慶応でしょうが、研究施設などは国立大学である名古屋の方が充実しているような気がします。
贅沢な悩みかも知れませんがいいアドバイスあればお願いします。

Aベストアンサー

文系なら慶応有利ですけどね。
理系でしたら研究費は地帝レベルなら国立の方が良いような。問題はお金でしょうね。文系なら国立私立の学費は近似してきていても理系は未だに差がありますしね。
大学に求めるもので違うでしょうね。社会人になっても愛知県を中心に生活していくなら名大。
東京への憧れがいつまでもつかも問題ですね。東京への憧れと云う理由だけで慶応を選ぶと後悔するかもしれないですから。他の魅力を見出せれば全然違うでしょうね。

Q大阪大学の文学部と早稲田大学の文学部

私は私費留学生で、今両方の大学に合格し、とても迷っています。
気持ち的には早稲田に偏っていますが、ランキングや費用などを考えると、阪大にしようかとも考えています。
早稲田は私の母国では阪大より有名ですが、阪大と比べると、四年間の学費や生活費はかなり差が出るし、早稲田は留学生が多いので奨学金がもらいづらいとも言われています。
皆さんのご意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

大阪大学と早稲田大学はかなり性質の異なる大学です。どの側面に注目するかで、その評価は大きく異なります。

大阪大学文学部は、哲学、言語学、美学など、どちらかいうと地味な分野でコツコツ研究をする人には非常によい環境です。学生の研究活動がとても活発で、学会の全国大会においても、大阪大学の大学院生の活躍は目立っています。また、学部3年になると大学院生といっしょに授業を受けることができます。そこでは、現在進行形の最先端の研究を学生と一緒に進め行くというスタイルの授業も多く、教員たちも研究者の養成を意識しているように思います。

一方、大阪大学には卒業後、作家やアーチストとして活躍する人はあまりいません。その点、早稲田大学は作家など文化人として活躍する人物が日本一多い大学といえるでしょう。評論家、言論人、マスコミで活躍する人も多数います。もちろん、研究者として優れた人も多く輩出しています。

まとめますと、地味にコツコツ研究を続けるような学者をめざすなら、大阪大学。文化シーンで華やかに活躍する人物をめざすなら早稲田大学です。

Q神戸大か名古屋大か

来年受験するものですが、志望校を神戸大か名古屋大かで迷ってます。
志望する学部は経済学部です。
今までは神戸を第1志望にしていたのですが、やっぱり旧帝大の名古屋がいいのかなと最近おもいだしました。偏差値はどちらもほとんど同じです。神戸の経済は大変有名ですが...

Aベストアンサー

関西では昔からある「京阪神(京大阪大神戸)」というくくりと、

定番「旧帝」というくくり(有力私大を擁する関東関西では希薄で
実際にはその他の地方に根強い概念だと思います)のどちらを優先するか。

というより、どちらを信じられるか、という「信仰」みたいなものでしょう。

幼いころからの刷り込みというのは大きなもので、あなたが神戸にお住まいであるなら、
街で見かける塾などの看板にも「京阪神」の名が踊っているでしょうから、神戸で
いいのではないでしょうか。あなたにとって後付け概念の名古屋を選ぶと、神戸に
進んだ複数の友人と比べて「隣の芝生が青く見えてしまう」こともあるかも。

「京阪」あるいは「東大一橋」という「神戸より上」を狙わない限りは「横移動」の
うまみはほとんどないと思います。

ちなみに私は福岡の出身ですが、その高校では一定の学力帯の大多数が九州大学を
選択するのに対し、毎年パラパラと神戸と北大には(ときどき筑波あたりも)抜けます。

神戸や札幌は、大学が、というより街自体が魅力的に感じられるようです。
名古屋や東北(仙台)にはまず行きません。九大で充分だと思うみたいです。

関西では昔からある「京阪神(京大阪大神戸)」というくくりと、

定番「旧帝」というくくり(有力私大を擁する関東関西では希薄で
実際にはその他の地方に根強い概念だと思います)のどちらを優先するか。

というより、どちらを信じられるか、という「信仰」みたいなものでしょう。

幼いころからの刷り込みというのは大きなもので、あなたが神戸にお住まいであるなら、
街で見かける塾などの看板にも「京阪神」の名が踊っているでしょうから、神戸で
いいのではないでしょうか。あなたにとって後付け概念の名古...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング