「野球狂の詩」の水原勇気や「剛球少女」の麻生遥等、紅一点の選手が活躍する野球漫画のヒロインは「左投げの美人軟投派投手」が定番です。
何故右投げ、不美人、剛球投手、野手であってはないのでしょうか?
何か「野球漫画の法則」みたいなものがあるのでしょうか?
詳しく分析可能な方は教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

紅一点が出てる漫画はほとんど読んでいませんが、「もし自分が女性が主人公の野球漫画の作者」だと思って考えればある程度の回答は出るのではないでしょうか?



まず「何故投手?」という質問は思うに「単純にキャラが動かしやすい」「設定の肉付けがしやすい」という利点があるのではないでしょうか?
もし野手にしてしまった場合、例えば打って走れて守れるスーパーウーマンを創ってしまうと…男の立つ瀬がありません。
「野球はあくまでも男のスポーツ」と言う概念も邪魔して女性よりも打てない、走れない、守れない そんな男ばかり3人も4人も作って物語がスムーズに進行しないのではないでしょうか?
これがテニスのように個人戦ならそれも許されるかもしれませんが、あくまでも野球は団体競技です
たった一人の超人を作ったせいで他の8人の個性をつぶしてしまう、それではまったく意味がありません
逆に打てない走れない守れない女性選手…はなから戦力として論外です

それに例えばそんなスーパーウーマンを創った以上「それに至る過程」が整わなければそれはただの絵空事になるのではないでしょうか?
それは豪腕投手が作りづらい理由と同じです
例えば巨人の星の飛雄馬の剛速球は「大リーグボール養成ギブス」によって作られた、と言うエピソードのようにある程度読者を納得させる裏づけ(ある種の才能)がなければいけません。
それを女性に当てはめると…例えば筋力でも男の劣るはずの女性がどうやって剛速球を?となりませんか?
それを裏付ける設定を創るのに、やはり納得のいく回答を用意しなければいけません
それよりは女性の体格的な利点(女性の方が関節は柔らかいという事実)を使ったほうが裏づけは作りやすいのではないでしょうか?
野手だとしても、ひょろっとした女性よりも筋骨隆々の男の方が間違いなく長打が期待できます。
まあそのギャップを克服できればより面白い作品になるのかもしれませんが、やはり確固たる裏づけがないと誰も納得しません
作者の自己満足な作品で終わってしまいます

キャラとして創りやすい投手にすれば「投手」として有利な点をつけるために「左ききで変則投げ」にするのはある意味では時間の問題ではないですしょうか?
勿論当然美人、ジャイ子みたいなのが主人公ならまったく人気がでないでしょうw
それに現実世界、野球の女性人口で「美人」と言われる人間はきっと何人もいないかと思いますから、そう言った憧れを空想してもいいのではないでしょうか?
    • good
    • 0

マンガではなく現実世界に、野球の紅一点ヒロインがいます。


あの欽ちゃん球団ゴールデンゴールスの片岡安祐美選手です。彼女は右打ちの二塁手です。

しかし、その野球の実力はまあお世辞にもレギュラーレベルとはいいかねます。監督が欽ちゃんで、芸能界を知り尽くした欽ちゃんが話題作りのために起用しているのは明らかです。確か打順は8番だったと思いますし、二塁手なのも一塁に近いからでしょう。遊撃手や三塁手、あるいは外野手なら肩の強さが求められますからね。

投手なのは当然でしょう。「巨人の星」の昔から、野球マンガの主人公は投手と決まっています。まあ、あぶさんとかドカベンとかありますけどね。野球をマンガにすると基本的に「投手対打者」でストーリーは展開しますよね。打者が主人公だと1試合で4回しか打席が回ってこないのでストーリー展開が難しいですね。けれども、主人公が投手なら出てくる相手打者が誰でもストーリー展開が楽ですよね。主人公の前にすごい打者を次から次へと出してそれと対決させる、というのは盛り上がりますけど、主人公の打者を打ち取るために次から次へと相手投手が変わる、ってちょっとストーリーに無理がありますよね。

剛球じゃないのは、だって可愛い女の子から150キロの剛速球だったら主人公は男でいいじゃないですか。例えば、リア・ディゾン主演で野球映画を作ると想像してください。彼女が160キロの剛速球を投げる設定と七色の変化球を投げる設定と、どっちのほうが世間ウケすると思いますか?柔道マンガのヤワラだって彼女は軽量級の設定だったでしょ。もし彼女が100キロ級の設定だったらあんなに人気になっていたと思えないでしょ。

左投げなのは、野球の世界では右より左のほうが有利といわれているからでしょう。主人公を(球界全体で少数派である)左投げにすることで個性を強調できるという理由だと思います。
    • good
    • 0

野球は非常に良く知られたスポーツですから、いくら漫画とはいえ、あまりに現実味がない設定ではストーリー的に厳しいのではないでしょうか。

野球は他のスポーツと比べてかなりルールも複雑ですし、野球を知っている人でないと意外と書き辛い題材と思いますが、知っているからこそ、あまり現実味のない話は書けないのかも。

投手
野手の場合、主人公になるにはパワーを必要としますから(目茶苦茶足が早いというパターンはありえますが)、ちょっと女性には向きません。

左の軟投派
豪速球もパワーと関係しますので女性には厳しい。となると軟投派。
しかも左のサイドスローやアンダースローは実際の野球の世界でも非常に少ないタイプですから、剛球が投げられない女性投手でもひょっとしたら相手に嫌がられるかも、という点では現実味があります。

美人
野球漫画の読者は大体男ですので。
    • good
    • 0

だって不美人&剛球だったら別に女性じゃなくて男性(もしくはオカマ)でいいってことになっちゃいますよ。



「主人公を女性にしよう」と決めた時点で、自然に「美人」に設定する流れになっていくものでは?

この回答への補足

回答有り難う御座います。

それでは「左投げ」「投手」についてはどう考えられるのでしょうか?

補足日時:2007/05/14 19:18
    • good
    • 0

作者側のひとたちがこれで売れると思えばそんなマンガも出来るでしょうが、


結果 作者側のひとたちはそう思っていないからないのでしょう。
    • good
    • 0

水原勇気のキャラクターを作るときに、水島新司さんは


知り合いのプロ野球選手に可能性を聞いて回ったという話を聞いたことがあります。
その結果、ある程度現実的な設定になったらしいです。

>何故右投げ、不美人、剛球投手、野手であってはないのでしょうか?

・「右投げ」
「さわやか万太郎」の松平五月は野球編で投手をやっています。右投げでした。

・「不美人」
これはないと思います。人気が出ないでしょうから(笑)

・「剛球投手」
剛球というほどではありませんが、上記の五月は速球派投手だったと思います。
漫画ではありませんが(でもアニメ化はされた)梅田香子さんの「勝利投手」に出てくる国政克美投手(彼女は左投手)もどちらかといえば本格派だと思います。

・「野手」
そもそも野球漫画で野手を主人公にしにくいと思います。
(その意味で「ドカベン」「あぶさん」は特異なケース)
主人公ではありませんが、吉森みき男さんの「アリンコ球団」に出てくる
アリンコチームの二塁手は女の子でした。

>何か「野球漫画の法則」みたいなものがあるのでしょうか?

というわけで、私のイメージする限り特になさそうな気はします。
    • good
    • 0

右投げでもいいでしょうが


女性で豪腕は不可能ですので剛球も不可能でしょう
野手はボールが飛んできたときにしか話にならないので要らないでしょうし
不美人?主人公がブサイクでは誰も読まないでしょうな
現実的にプロ野球で女性投手が活躍できない事を考えると
スピードが遅いですからね、まんがでは魔球を駆使しないと勝てない
ともいえるでしょう
定番といってもまだ2例しかないですよね?
2回くらいで定番といえるのかどうか
または全員女性で野球マンガ書いても面白いのかどうか、、
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qお勧めの野球漫画を教えてください

野球漫画を買おうと思っているのですがお勧めの野球漫画を教えてください
条件としては
まだ完結していないもの
恋愛が少々あるもの
です

Aベストアンサー

「おおきく振りかぶって」アフタヌーン連載中
現在一番おもしろい野球マンガです。新刊がめちゃめちゃ楽しみでしょうがないです。感動できて熱くなります。まだ5巻ですので恋愛の要素はないんですが、幼なじみやマネージャーなど出てきて期待できます。
「MAJOR」サンデー連載中
熱いです。恋愛要素は待ちに待ったって感じのが55巻56巻あたりにあります。そのあとの展開は微妙ですね自分的には燃え尽きました(^_^;)ただ、小学校編、中学校編、高校編は文句なしに熱かったです。

連載中の野球マンガで思い当たるのはこの二つなんですが、No.1さんも挙げられていますがあだち充の「クロスゲーム」は私も微妙に思います。たぶんあだちなんで野球は才能あふれる主人公が人並みに努力してライバルに勝ち、あとは幼なじみとの恋愛を超スローペースで書いてくと思います。
自分はあだちマンガは大好きなんで「タッチ」、「H2」とも傑作だと思っています。恋愛が3割以上占めますし、ただ、今回のは以前見たことあるシーンや展開が多くて、まだ2巻なのでなんともいえませんが、今までのあだち漫画を超えられそうにないです。

駄文を長々すみません。とりあえず「おお振り」は最高なのでぜひ買ってみてください。ハマります^^

「おおきく振りかぶって」アフタヌーン連載中
現在一番おもしろい野球マンガです。新刊がめちゃめちゃ楽しみでしょうがないです。感動できて熱くなります。まだ5巻ですので恋愛の要素はないんですが、幼なじみやマネージャーなど出てきて期待できます。
「MAJOR」サンデー連載中
熱いです。恋愛要素は待ちに待ったって感じのが55巻56巻あたりにあります。そのあとの展開は微妙ですね自分的には燃え尽きました(^_^;)ただ、小学校編、中学校編、高校編は文句なしに熱かったです。

連載中の野球マンガで思...続きを読む

Qプロ野球選手(野手、投手両方)で、もっと注目すべきタイトルがあると思うのですが?皆さんの考えを教えて下さい。

昨今、注目されるタイトル(数字)は、野手では言うまでもなくホームラン、打点、首位打者。つぎにゴールデングラブ賞。まれに盗塁王くらいで、投手は防御率、勝利数くらいですよね。

もっと注目されるべき数字(タイトル)があるはずと思うのですが、数字が出ていてもみんなが注目しないと言うか・・・・。

あなたが注目する数字(タイトル)とかを教えて下さい。

もっとも、どこで調べてもわからないものもありますが・・・・・・。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

ANo.#6です。
何年か前、フジテレビの「プロ野球ニュース」で、「チャージポイント」というのを記録してたと思います。
記憶が定かじゃないんですが、内野安打1点、二塁打2点、三塁打3点、二盗2点、三盗3点、本盗5点といった感じで、年間で最も合計ポイントの多かった選手を「チャージ王」として番組が表彰したと思うんですが、不評だったのかどうかはわかりませんが、一年限りだったと思います。
こういうのがあってもいいんじゃないかと思うんですけどね。

Qなぜ野球漫画の主人公は皆ピッチャーなのですか?

なぜ野球漫画の主人公は皆ピッチャーなのですか?
全部の野球漫画を読んだわけではないのでわかりませんが、大体の
漫画では主人公がピッチャーでした。
やっぱり、一番出番が多くてかっこいいからでしょうか?

Aベストアンサー

まあ、はっきり言えば目立つからです。
目立つポジションと言えばピッチャーか4番バッターですから自然とそこらへんが主人公になることが多いのはある意味当然のことです。

じゃあ、4番よりもピッチャーの方が多い理由はというと、そもそも野球は7割はピッチャーで決まると言われるくらいにピッチャーにかかる比率が大きいこと。
また、高校野球などのアマチュア野球の漫画の場合、ピッチャーでかつ4番(もしくはそれに近い打順)の選手にすることも可能なため。(こうすれば、攻撃、守備両方で目立てる)
主人公を4番で野手にした場合も、結局エースピッチャーにいい選手を配置しないといけない(そうしないと主人公のチームが勝てない。結果的にその選手が主役並みに目立つ。下手すると主人公を食っちゃうので、活躍させづらい)
などの理由でしょうかね。

ちなみに主人公がピッチャーじゃない漫画で知っているのを挙げておくと
ペナントレース山田太一の奇跡
主人公の山田太一は4番ショートです。(後に中継ぎピッチャー兼任になりますが)
弟の泰二がエースピッチャーで活躍していますが。

キャットルーキー
2代目主人公の四方二三矢はクリーンナップでセカンド
3代目主人公の寅島球地は9番キャッチャーです。
まあ、これも初代主人公の雄根小太郎と3代目主人公のもう1人三ヶ月心は投手ですが。

他には有名どころで、
ドカベン
キャプテン
あぶさん
などでしょうか。

まあ、はっきり言えば目立つからです。
目立つポジションと言えばピッチャーか4番バッターですから自然とそこらへんが主人公になることが多いのはある意味当然のことです。

じゃあ、4番よりもピッチャーの方が多い理由はというと、そもそも野球は7割はピッチャーで決まると言われるくらいにピッチャーにかかる比率が大きいこと。
また、高校野球などのアマチュア野球の漫画の場合、ピッチャーでかつ4番(もしくはそれに近い打順)の選手にすることも可能なため。(こうすれば、攻撃、守備両方で目立てる)
主...続きを読む

Q野球の投手は低目を狙って投げれば打たれないのか

野球のピッチャーは、ストライクゾーンの低目に投げていれば、
打たれることはほとんど無いのでしょうか。

Aベストアンサー

低め外角と
バットから遠いコースは基本、打ちにくいです。
ぶっちゃけた話、全部低めに集められるコントロールがあれば
相当な確率で抑えられますよ。

当然、力を抜いた投球じゃ意味無く
しっかり腕を振り抜かなきゃだめなんですけど。
それで全部低めに集めるのは難しいです。

低目を狙って高めに抜けた球は
当てただけで相当飛ぶ抜け球になるので。

ゾーンすれすれの低めならヤマ張ろうが安打にするのは難しく
同じコースに投げ続けると目が慣れたりタイミング合いやすくなるので
コース散らすんですけど、基本は低めです。

ちなみに、一番球速が速い球は真ん中高めだったりするので
とにかく速度重視の投手は、あまり低めに集められないですね。

Q紅一点選手が活躍する野球漫画のヒロインが「左投げの美人軟投派投手」なのは何故?

「野球狂の詩」の水原勇気や「剛球少女」の麻生遥等、紅一点の選手が活躍する野球漫画のヒロインは「左投げの美人軟投派投手」が定番です。
何故右投げ、不美人、剛球投手、野手であってはないのでしょうか?
何か「野球漫画の法則」みたいなものがあるのでしょうか?
詳しく分析可能な方は教えて下さい。

Aベストアンサー

紅一点が出てる漫画はほとんど読んでいませんが、「もし自分が女性が主人公の野球漫画の作者」だと思って考えればある程度の回答は出るのではないでしょうか?

まず「何故投手?」という質問は思うに「単純にキャラが動かしやすい」「設定の肉付けがしやすい」という利点があるのではないでしょうか?
もし野手にしてしまった場合、例えば打って走れて守れるスーパーウーマンを創ってしまうと…男の立つ瀬がありません。
「野球はあくまでも男のスポーツ」と言う概念も邪魔して女性よりも打てない、走れない、守れない そんな男ばかり3人も4人も作って物語がスムーズに進行しないのではないでしょうか?
これがテニスのように個人戦ならそれも許されるかもしれませんが、あくまでも野球は団体競技です
たった一人の超人を作ったせいで他の8人の個性をつぶしてしまう、それではまったく意味がありません
逆に打てない走れない守れない女性選手…はなから戦力として論外です

それに例えばそんなスーパーウーマンを創った以上「それに至る過程」が整わなければそれはただの絵空事になるのではないでしょうか?
それは豪腕投手が作りづらい理由と同じです
例えば巨人の星の飛雄馬の剛速球は「大リーグボール養成ギブス」によって作られた、と言うエピソードのようにある程度読者を納得させる裏づけ(ある種の才能)がなければいけません。
それを女性に当てはめると…例えば筋力でも男の劣るはずの女性がどうやって剛速球を?となりませんか?
それを裏付ける設定を創るのに、やはり納得のいく回答を用意しなければいけません
それよりは女性の体格的な利点(女性の方が関節は柔らかいという事実)を使ったほうが裏づけは作りやすいのではないでしょうか?
野手だとしても、ひょろっとした女性よりも筋骨隆々の男の方が間違いなく長打が期待できます。
まあそのギャップを克服できればより面白い作品になるのかもしれませんが、やはり確固たる裏づけがないと誰も納得しません
作者の自己満足な作品で終わってしまいます

キャラとして創りやすい投手にすれば「投手」として有利な点をつけるために「左ききで変則投げ」にするのはある意味では時間の問題ではないですしょうか?
勿論当然美人、ジャイ子みたいなのが主人公ならまったく人気がでないでしょうw
それに現実世界、野球の女性人口で「美人」と言われる人間はきっと何人もいないかと思いますから、そう言った憧れを空想してもいいのではないでしょうか?

紅一点が出てる漫画はほとんど読んでいませんが、「もし自分が女性が主人公の野球漫画の作者」だと思って考えればある程度の回答は出るのではないでしょうか?

まず「何故投手?」という質問は思うに「単純にキャラが動かしやすい」「設定の肉付けがしやすい」という利点があるのではないでしょうか?
もし野手にしてしまった場合、例えば打って走れて守れるスーパーウーマンを創ってしまうと…男の立つ瀬がありません。
「野球はあくまでも男のスポーツ」と言う概念も邪魔して女性よりも打てない、走れない、...続きを読む

Q野球の投手は、カーブの次は直球を投げるのでしょうか

野球のピッチャーは、カーブの次は必ず直球を投げるのでしょうか。

Aベストアンサー

そんな風になげるのはカーブは球速が遅くストレートが速いからです
遅い球の後に速い球を投げることを緩急をつけるといいます
球技はほとんど緩急をつけます
それは相手が対応しにくいからです
それと前者さんの言うとおり必ず投げるというわけではないんでそこらへんは勘違いしないようにしてください
あくまで相手のタイミングをずらすためです(野球の場合)

Q野球漫画で。。。

野球漫画でメジャー・ショーバン・巨人の星・タッチ以外に最近の漫画で面白いのってありますか?皆さんは何読みましたか?

Aベストアンサー

最近で言ったら 絶対 
   「おおきく振りかぶって」
これしかないな。 かなり気に入った漫画しか買わない自分が買ってしまいました。

特徴としては、ほかの野球漫画と違い、
ピッチャーは主人公なのですが唯一違うのは キャッチャー目線からの視点で進行していること。

他の野球漫画と違った目線から見ることができてとても新鮮味がありました。

良作ではないのでしょうか・・・。

Q自分は某高校の硬式野球部の左投手なのですが... 投げる際にかなりのクロスステップになっています。

自分は某高校の硬式野球部の左投手なのですが...
投げる際にかなりのクロスステップになっています。
先輩には体に負担がかかるからやめた方いいとと言われていて、コーチには体を切る反動で投げている。と言われたのですが監督や他の先生にはそのままでいいと言われています。自分の中では違和感はありません。これからの事をかんがえて直した方が良いのですか?

Aベストアンサー

数少ない特徴の左投手、さしたる球威も無い感じながら、FAで目出度く業界最高給のチームに引き抜かれた事はご存知でしょう?左打ちの選手が益々増える時代、あのサイドスローにしてかなりのクロスステップ、有力な武器と思えます。
手首と指先を鍛えて、スピンの利いたストレート・ツーシームで上を目指す、というのはどうですか?私が父親なら絶対そつちを勧めますね。
私の子供ですか、二人・女・せめてソフトボールを、と色々揃えて口説いたのに親の心子知らず、でテニスとバレーボールに行かれ、孫二人に迫って水泳とテニスに逃げられました。(涙)

Qおすすめの野球漫画

女なんですけど、熱血!スポ根!なノリが好きで、少年漫画読んで育ちました。特に父親の影響で野球漫画が大好きです。
現在も気に入った作品がたくさんあるんですが、もっといろいろ読みたいな~と思って質問させていただきます。

今まで読んで面白かった作品は「キャプテン」「プレイボール」「第三野球部」「ルーキーズ」、今読んでいる作品は「ドラベース」「あおい坂高校野球部」「おおきく振りかぶって」です。
コレが好きならコレもいけるんじゃない?というノリで、オススメの野球漫画がありましたら教えて下さい!

ええと、ただし「ミスターフルスイング」「ミラクルボール」「あだち充先生の作品」は読んだけど私はイマイチでしたので(好きな人ごめんなさい)、それ以外でお願いします。

ではでは、お暇なときにでもお答えくださると嬉しいです^^

Aベストアンサー

「逆境ナイン」島本和彦
映画は駄作だったけど、漫画は異常なまでに面白い。
おバカ野球漫画なので本格派の野球漫画を読みたいのなら×。
でも、面白い。

「ライトニング」中原裕
ビッグコミックスピリッツで連載中です。
戦術重視の高校野球漫画で元名門野球部だった野球部を立て直すお話。
「野球」好きなら楽しめます。

「アマチュアスラッガー」緒方てい
野球漫画の中でも珍しい草野球漫画で楽しい雰囲気なのが特徴。
イマイチパンチ不足の感はあるけどそこそこ面白いです。
オースーパージャンプで連載中。

あまり参考になれたかわかりませんが、いかがでしょうか?

Q野球の投手が投げる時の「うおおおー」という客の声

日本のプロ野球で投手が投げる時に客が「うおおおおおおおおー」という声をあげますが、


Q1.バッター側のチームのサポーターが叫んでるんですか?
※ 私はずっと投手側のサポーターが球に凄味を出そうという目的のものかと思ってました。

Q2.どのチームでもやるんですか?特定のチームの応援形式ですか?

Q3.個人的にあの「うおおお」をどう思いますか?


※ 私はあまり野球に詳しくありません。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>野球の投手が投げる時の「うおおおー」という客の声

     ↓
草野球や大相撲等、他の競技でも起こりますよ・・・

◇投手の気迫が伝わり、自然発生的に起こるドヨメキ。

◇野球でも相撲でも、ボクシングや柔道、サッカーや陸上競技でも時に起こる、一人一人の期待感や感動の押し殺した息遣いと言葉にならない声が重なり響き合い同調増幅された独特な空気感や唸りのような物ではないでしょうか?

◇また、声援・叱咤激励をシンプルに集約すれば成文化されたような意味のある言葉でない、歓声orブーイングに成るのでは?


Q1.バッター側のチームのサポーターが叫んでるんですか?
※ 私はずっと投手側のサポーターが球に凄味を出そうという目的のものかと思ってました。

野球の場合ですと、攻守[1塁側や3塁側]どちらのファン席からも、まらバックネット裏で両軍のファンが入り混じった席からも発せられ聞こえて来ますよ・・・
その大きさや、多さは、球場のファンの入場者数やゲーム展開で異なりますし、局面で声援や期待感かor悲鳴や不安の歓声とか応援とかドヨメキの要素が包含されており、個々には色んな感情や心理があるが、それが集約され全体として「うおおお」というような空気感の強弱・トーンに変わるのではないでしょうか?

Q2.どのチームでもやるんですか?特定のチームの応援形式ですか?

どのチーム、球場でも起こる。
特定チームの私設応援団の掛け声や選手への応援コール&マーチとは違うと思います。

Q3.個人的にあの「うおおお」をどう思いますか?

自然発生的な迫真の感動のプレーへのドヨメキ&歓声は、私にとってはBGMや効果音の場合が多く、球場での盛り上がりやテレビ&ラジオ観戦でも気にならないですし、臨場感や一体感の中では気付かない時が多いです。
むしろ、私設応援団のゲーム展開を無視した一方的で半強制的な贔屓チーム&選手&プレーへの声援と相手チーム&選手への罵声というスタイルや言葉での応援強要やヤジ合唱は、試合をファインプレーを期待し味わいたい者にとって、煩く下品で興醒めです。

>野球の投手が投げる時の「うおおおー」という客の声

     ↓
草野球や大相撲等、他の競技でも起こりますよ・・・

◇投手の気迫が伝わり、自然発生的に起こるドヨメキ。

◇野球でも相撲でも、ボクシングや柔道、サッカーや陸上競技でも時に起こる、一人一人の期待感や感動の押し殺した息遣いと言葉にならない声が重なり響き合い同調増幅された独特な空気感や唸りのような物ではないでしょうか?

◇また、声援・叱咤激励をシンプルに集約すれば成文化されたような意味のある言葉でない、歓声orブーイングに...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報