最新閲覧日:

ペンタトニックスケールについてお聞きしたいのですが、例えばCのペンタトニックスケールは四七抜きの「ドレミソラ」の5音階で構成されていますが、他のD・E・F・G・A・Bのそれぞれについてはどうなのでしょうか?

DのペンタトニックスケールはCとは違って四と七を抜いた音階では無いと聞きました。

C・D・E・F・G・A・Bそれぞれのペンタトニックスケールを教えてください。

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

No.1の方のおっしゃるとおりです。



どのスケールに行っても「4、7抜き」は変わりませんよ。
DのペンタはDからスタートするメジャースケール(いわゆるドレミ・・)の
4度と7度を抜いたものになりますし、他のスケールも同じ事です。

ただ、ドレミソラと言う言い方は、どのキーのドレミソラを言ってるのか
伝わらない事があるので(キーC のドはCだけど、キーDのドはDでしょ)
メジャーペンタトニックスケールは、1、2、3、5、6度の音、
マイナーペンタトニックスケールは、1、♭3、4、5、♭7の音と
憶えた方がいいよ。

あと、ペンタトニックの5音階はどこから初めても使える便利なスケールなんで
CペンタのCDEGAをDEGACとやってもGACDEとやってもOK。
この場合、Dから始まるDEGACもC のペンタトニックスケールなんで
これと、Dのペンタトニックスケールを混同してるのかな・・・とも
思ってみたりしました。

ペンタトニックスケールは、ロックギターフレーズの代表選手なんで
教則本やネットでの情報もたくさんあるので探してみるといいよ。
    • good
    • 0

スケールに関しては、その構成音はトニックに対して相対的に定まるもので、度数で考えた場合にはその度数に関してトニックの移動で変更があるということはありません。


Cのメジャーペンタトニックスケールにおいて各構成音の度数はP1st(C)・M2nd(D)・M3rd(E)・P5th(G)・M6th(A)というようになり、4thとM7thが含まれません(四七抜き)。このスケールのトニックを移動させた場合でも、トニックが移動したのと同じ分だけすべての構成音も移動し、結局スケールの構成音同士の相対的な配置は変わりませんので、トニックがどの音程でもメジャーペンタトニックスケールである限りは、スケールに含まれる音程はP1st・M2nd・M3rd・P5th・M6thの5つです。実際の音名については、トニックの移動に伴って相対的に変わりますが、C以外のメジャーペンタトニックスケールが「四七抜き」ではなくなるということはありません。

仮に、トニックがCではないメジャーペンタトニックスケールに関して、それらの構成音をCを基準として度数で表したりすれば、四七抜きではないように見えるかも知れませんが、通常スケールの構成音などの度数表現はそのスケールのトニックを基準としますので、DペンタトニックスケールであればDを基準として音程を読み、P1st=D・M2nd=E・M3rd=F#・P5th=A・M6th=Bとなります。四と七を抜いた音階ではないというのは誤りです。
他のメジャーペンタトニックスケールについても同様に考えれば良いでしょう。それぞれの音程をまとめれば、

トニック:P1st・M2nd・M3rd・P5th・M6th
C:C ・D ・E ・G ・A
D:D ・E ・F#・A ・B
E:E ・F#・G#・B ・C#
F:F ・G ・A ・C ・D
G:G ・A ・B ・D ・E
A:A ・B ・C#・E ・F#
B:B ・C#・D#・F#・G#

のようになります。

参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報