ダービー、”アドマイヤオーラで、どうやって巻き返そうかと考えていたところでしたが、オーナーサイドから「岩田に代えるから」と連絡があり、あっけなく騎乗馬がいなくなってしまいました。”と武豊が日記に記してましたが、他の騎手ならよくありますが彼にこんなことが起きるとは珍しい事なのですか?ごく最近は安勝も乗れてない感じだし。競馬オーナーサークルにはガラの悪そうなのが目立つとの記事も見たし(何日か前のスポニチの牧さんのコラム)。健全な競馬界であればいいのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

かなり珍しいですよね。


こんな事がまずなかったのはこんな事があるからだと思います。

(1)騎手と調教師は信頼感が重要だから上位騎手なら下さない
一般社会でも人と人との繋がりは重要ですが、勝負の世界である競馬界はよりその繋がりを重視する所です。
普通なら調教師はこれ程のレベルであれば「乗って貰っている」という意識があるでしょうし、自分が優位な立場(調教師が騎乗依頼してくれなければ騎手は仕事が出来ないという意味で)であろうとも「頼んでも乗ってくれない恐怖感」があるでしょうから、こんな直前に勝てる可能性のある馬から下ろすなんて事をオーナーから進言されても、なんとかそれを阻止するでしょうから、こんな事は滅多にないのです。

(2)そんな事は言っても馬はオーナーのもの
馬の所有者は馬主、厩舎に預託して預託金を払うのも馬主ならば
どのレースに出走させて、どの騎手を乗せるかも決めるのも馬主
(後者は調教師に任せっきりの人も居るでしょうが)なのです。
普通の馬主であれば、いくら調子が悪かろうが武豊程の騎手であれば
そうそう下ろすような事は考えないでしょうし、下した時に「乗ってくれない恐怖」を考えればそういう決断もしないでしょう。
ただし今回の馬主は一大勢力である「アドマイヤ」の近藤オーナー
多数の有力馬を所有していますし、彼らに乗るチャンスが無くなるとなれば武豊とて痛いのは必然、当然馬主としての存在感と力は大きいのです。

(3)今回の決定から生ずる結果の予想
被害者である武豊は調子が悪かろうと、リーディングトップでなかろうと「日本を代表する騎手」である事に変わりはありません。
そんな彼にプライドが無い訳はありませんから、今回の一件で
少なくとも「アドマイヤの馬には乗らない」という事になるでしょう。
一方の馬主とて、ダービー程のレースでこんな決定を下す程ですから
余程の事があってでしょうし、既に心の内では自分の馬に乗せない事を
決めている、もしくは断られてもしょうがないと思っているでしょう。
ある意味被害者となったのは調教師の先生。
結果として降板を伝えたのですから、彼の持ち馬への武豊の騎乗も減ってしまうでしょう。

大きなカネの動く世界となってしまった日本競馬、馬主自身のガラが良かろうと悪かろうとこういう小さな事から少しずつ、ファンを置き去りにしていってるのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

近藤氏の真意を聞いてみたいものです。
しかし安藤の成績が急に下がりだしたのも気になります。

お礼日時:2007/05/19 22:03

おそらく有力馬から武豊騎手が降ろされたのは初めてだと思います。


ただ騎乗停止や怪我以外で大レースでの1週間前での乗り代わりはどの騎手もここ10年聞いた事はないです。
とても松田博調教師・近藤オーナーと武豊騎手との間に何かあったとしか思えないのです。
実際に松田博調教師の管理馬にをアドマイヤ以外の馬には乗っていないですから。

水曜日のスポニチの新聞の競馬面で松田博調教師が騎手が未定だとおっしゃっていたので何かあるか、オースミダイドウが先約にあったのかわからかったです。数時間後にこのニュースを知りました。
ここ近年、アドマイヤ・近藤オーナー関連(リンカーンやヴィクトリーなど)のG1級馬は武豊騎手で多数のぞむがありましたし、(アドマイアムーンの時は二歳の時は本田優(現調教師)騎手が騎乗して三歳から武豊に乗り変わっています)

ダービーでタスカータソルテにすぐに騎乗依頼が来たので頑張ってほしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり何か確執でもあるのでしょうかね。
アドマイヤオーラの弥生賞辛勝後に近藤氏がいってましたね。
”もっと差をつけてかたないとだめだ。豊は寝不足か”と。
しかし岩田はあっさりとタスカータソルテを捨ててもよかったのでしょうかね?

お礼日時:2007/05/18 14:32

私たち仲間内でも武の降板は驚きです、騎乗ミスで乗り代わりは多々ある事ですか武=アドマイヤと言う鉄壁の連携が今まであっただけにこれからアドマイヤー冠名馬の騎乗が武で無くなると余程の事があったとしか思えませんね。

しかし武のコメントの「乗る馬無くなっちゃいました」って所からも開き直ってるみたいに思います。武も頭に来てるのでは無いでしょうかね、ここ一発の武ですダービーではねらい目かもしれませんね(笑)今年のGIは何が起こるか分かりません^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね。ダービーに関しては今時点で能力的に?のアドマイヤよりこの投稿返信のno3さんも言ってるようにアドマイヤよりタスカータのほうが期待はもてるかもしれません。近藤氏の真意はわかりませんが、私の感想としては武豊は依然として断然日本NO1騎手だと感じてますので期待したいです。

お礼日時:2007/05/17 23:29

確かに、珍しいですね。

最近の豊は調子が悪い、方や岩田はリーディング。馬主側としては、ダービーということもあり乗り代わりを希望したんだと思います。ただし、私は長年競馬を見ていて、武、岩田ともに毎週のように見ていますが、岩田は明らかに、左回りの競馬場が苦手なような気がしてなりません・・・東京競馬場で騎乗すると、関西にいる時とは明らかに勝ち鞍が落ちます。それにこれは見ていれば分かると思いますが、彼は左利きなのかわかりませんが、右ステッキの時は全然迫力ある追いかたができません。私はダービーでは岩田は本線で買わないつもりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう癖があったのですか。参考になりました。
確かに岩田は特にすごいという感じはないですよね。でもリーディングはトップですが。私もダービーではアドマイヤは軸にはしないつもりです。馬にも何かひとつたりない気がしてます。

お礼日時:2007/05/17 23:20

ユタカが腰痛だからじゃないんでしょうかね?


まあ今度豊が乗る馬のほうがオーラよりはよさそうですけどね。

あとアドマイヤキッスのこともあるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何年か前に腰痛を患ったようですが、完治はしてないのですかね?
去年後半も東京ダートで強烈に吹っ飛ぶような落馬(というか馬がこけた)も何か影響が残ってるのかもしれませんね。
確かにアドマイヤはG1勝つには今ひとつですよね

お礼日時:2007/05/17 14:14

そうですよね、私も初めて耳にしました、武騎手からの乗り代わりなんて。


珍しいのではないでしょうかね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドマイヤ...は去年も牡牝でクラシックを武豊でだめだったので
騎手を代えてみようとしたのかもしれません。しかし去年も今年も
アドマイヤはレース数日前の馬体診断(スポニチ)では低評価だったので気の毒な気はしますが。

お礼日時:2007/05/17 14:08

珍しい、といえば、珍しいでしょうね。


武豊騎手が乗っていたけれども、大レースで他の騎手に乗り代わり…ということはあります。ただ、その場合の多くは、武豊騎手が騎乗している馬が複数いて、武豊騎手の側が選んで…というものが多く、反対にオーナー、調教師の側が武豊じゃダメだから…というのは少ないと思います。
ただ、。今年の武豊騎手は確かに例年の彼と比較すると状態が悪いものでしたし、アドマイヤオーラの騎乗についても逃げたヴィクトリーを完全に意識していなかった結果によるものでミスがあったのは確かでしょう。

勝負の世界ですから、ミスをすればその馬を下ろされる、というのは当然のこと。別に、武豊騎手がおろされた、ということ自体はおかしなことでも何でもないですし、むしろ、健全な証拠だと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

新山記念で勝ってるし、
今回は岩田で試してみようということですね。
リーディングもトップに立ちましたし。

お礼日時:2007/05/17 14:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q武豊の不調について

JRA騎手の武豊さんって、最近不調ですよね。あんなに勝ってたのに、何か理由があるんでしょうか。

Aベストアンサー

他の方々の回答にある大御所の馬主さんたちとの関係は
憶測にしかならないので書きませんが・・・。

年齢的な”衰え”は多少はあると思いますが、同年代の
エビショーさんやノリさんの勝ち星を見ると、
そうはいってられないと思います。

年間200勝とかしてたときと比べると、競争は
ホントに激しくなってるとおもいます。
一番変わったのはやっぱり地方のトップジョッキーが
相次いで移籍してきたことでしょう。

笠松の安藤勝己、園田の岩田、小牧、そして大井の内田・・・
移籍してきたこの4人だけでどれだけの勝ち星を吸い取ってるか・・・

外人騎手も、前より2,3人多くなった分身元引き受け馬主の
有力馬はそっちにいくでしょうから・・・

ユタカさん的に痛い現状なのは懇意にしてもらってる
メイショウさんの馬が絶不調なことや、
(G1はおろか重賞を勝てる馬がホントにいなくなりました)
運の悪いことに、よく乗っけてもらってる非社台の馬主の
トップどころの馬で”お手馬”になってるのが
スマートファルコンだけで・・・
(ノースヒルズの2トップは藤田さんとテツゾーさんで
 エイシンフラッシュは内田さんかルメールで・・・)
しかも、スマートファルコンは中央走ろうとしないしw

いまはほとんどなくなりましたが、少し前までは
誰が見ても”不可解”としか思えない乗り方をするときがあって
スタートして、とりあえず後方に下がってそのまま走り、
4コーナーで大外回してまくるんですが全然届かず・・・
というレースをどの馬主、馬の脚質関係なしにやってて・・・
あれで相当信頼を落としたと思います。

いまは、一頭の馬に何十人もの馬主が出資している
”クラブ馬”全盛の時代ですから、少しでも信頼を失うと、
勝ち星はガクッと減りますね。ただ、ひとたび信頼を得ると、
去年の田辺Jのように、若手でないにもかかわらず、一気に勝ち星が
増えるというケースも出てきます。彼のようなケースは
めずらしいのでは!?彼にはぜひリーディングを獲ってほしいものです。

ユタカさんの腕自体は去年後半の2ケタ人気を立て続けに
G1含む重賞で掲示板に持ってきてたことからも落ちてないと思いますが・・・。

あと、いまはJRA全体の騎手会長ですよね!?
前任のヨシトミ先生は会長になってから、成績がガクッと落ちたので
(先生は怪我があったりもしたけど)
会長職がちょっと負担になってるかも!?
(過去の騎手会長の会長時の成績見てるとそれほど影響はないみたいですが)

他の方々の回答にある大御所の馬主さんたちとの関係は
憶測にしかならないので書きませんが・・・。

年齢的な”衰え”は多少はあると思いますが、同年代の
エビショーさんやノリさんの勝ち星を見ると、
そうはいってられないと思います。

年間200勝とかしてたときと比べると、競争は
ホントに激しくなってるとおもいます。
一番変わったのはやっぱり地方のトップジョッキーが
相次いで移籍してきたことでしょう。

笠松の安藤勝己、園田の岩田、小牧、そして大井の内田・・・
移籍してきたこの4人だけでどれだ...続きを読む

Q武豊が嫌がるジョッキー

森田駿輔 『殴る騎手・JRAジョッキーたちの裏舞台』(東邦出版)の中で、
武豊に「この騎手と同じレースにでるのは嫌」と言われているらし関東のジョッキーって誰のことでしょうか?

Aベストアンサー

僕もこの本を持っていますが、「イニシャル K」、「関東に所属」、「ローカルによく行く」、「ベテラン(武が○○さんと言ってるので少なくとも彼よりは上の年齢かと)」というのが情報でしょうか。
そこで関東所属のイニシャルKで武より年齢が上のジョッキーを、今現在ですが挙げてみると、
木幡初広
加藤和弘
の2人くらいなもんじゃないかと思います。(一応1年前まで遡ってみましたが同じでした)
今となっては両騎手とも関西にはほとんど乗りに行かず、新潟、福島では必ず見ますが、文章を読むと昔からあまり上手な騎手ではないイメージが強いので、僕は木幡初広騎手ではないかと思います(加藤和宏騎手ホウヨウボーイなどで活躍しているので)。また顔を見ても、ちょっとぼーっとしてる感じがしなくも、、、ない???どうでしょうか。

ただこの本。僕は話半分で読みました。一応「栗東トレーニングセンター厩務員」とは書いてあるもののプロフィールを見るとなんか非常にふわふわした感じがしたので。(「関西の某県出身」って本名出しておきながらなんでそこを隠すんでしょう?)パート2は違う人で出版されたし。
ま、楽しかったからよかったんですけど。

僕もこの本を持っていますが、「イニシャル K」、「関東に所属」、「ローカルによく行く」、「ベテラン(武が○○さんと言ってるので少なくとも彼よりは上の年齢かと)」というのが情報でしょうか。
そこで関東所属のイニシャルKで武より年齢が上のジョッキーを、今現在ですが挙げてみると、
木幡初広
加藤和弘
の2人くらいなもんじゃないかと思います。(一応1年前まで遡ってみましたが同じでした)
今となっては両騎手とも関西にはほとんど乗りに行かず、新潟、福島では必ず見ますが、文章を読むと昔か...続きを読む

Q三浦皇成 武豊の記録更新 じゃあ、その前は?

「本日(10月25日(土))、福島競馬1Rで
16番アドバンスヘイロー号に騎乗し第1着となった
三浦 皇成騎手(美浦・河野 通文厩舎)は、JRA
での勝利数が70となり、1987(昭和62)年に
武 豊騎手が記録した69勝を上回る、JRA新人年
間最多勝記録を達成しました。」JRAホームページより

久しぶりの明るいニュースですね。
当方も応援の意味を込めて、このレースの単勝馬券を買った一人です。

まさか武豊騎手を超えるジョッキーが出現するとは…、

ところで、武騎手が20年以上保持していた記録。
まず破られないと言われていましたが、その前は?

つまり、武騎手が当時破った記録は、
どの騎手の何勝だったのでしょう? 気になります。

詳しい方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

加賀武見氏の58勝がその前の記録です。
1960年のこの記録を、武豊騎手が1987年に更新しました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%A0%E8%B3%80%E6%AD%A6%E8%A6%8B

競馬関係者の子弟が多い中、三浦皇成騎手は一般家庭の出身だそうですね。
これからも活躍を期待します。

Q武豊の騎手免許。

 武豊の騎手免許の事なんですが、平地とダートと障害ってのがあるみたいなんですが武豊はダートの免許持ってないっていうのは本当ですか?

Aベストアンサー

他の方の回答にもありますが、JRAの騎手免許は平地と障害の2種類ですので、ダートの免許を持っていない、ということ自体がありません。

ただ、中央競馬と地方競馬で免許が異なります。地方競馬は、盛岡以外ではすべてダートですので、それと勘違いされたのかも知れません。
武豊騎手…というか、中央競馬の騎手は地方競馬の免許を持っていませんし、反対に地方競馬の騎手は中央競馬の免許を持っていません。
武豊騎手が地方競馬に遠征したり、地方競馬の騎手が中央競馬に遠征することはありますが、これは、中央の競走馬が地方に遠征するとき、地方の競走馬が中央に遠征するときは、その日に限って他の馬にも騎乗できる、というルールによるものです。安藤勝己騎手や小牧太騎手らが中央の免許を取得していますが、彼らは地方の免許を返却しています。

Q武豊が52kgでハンデ戦に乗りますが。

9月19日(土)の中山10Rダート1800mハンデ戦に、52kgで
武豊が乗りますが、なぜ、どうして…?

騎乗馬のワールドブルーはハンデ51kgの馬の一つ上です。
57kgがトップハンデです。武豊はテン乗りです。
この馬は、地方交流線で大井と門別で各1勝していて、佐賀で3着。
中央は中山のダート3着と東京の芝10着で走っています。
武豊騎乗の経緯としてはどんなことが考えられるでしょうか?
1.調教師(森秀行)との関連で、馬に競馬を教えてもいらいたい
  と依頼があった。
2.調教師は武豊に乗ってもらえば、いい線(3着以内)位まで
  いけるのではないかと思った。
3.武豊もこの馬に、何かの将来性を感じて引き受けた。
4.たまたま武豊に依頼したら、52kgまでだったら乗れますよ
  ということで、たまたま引き受けた…深い考えは無い。
5.何らかの理由で、武豊の方から騎乗を依頼した…因みに
  この馬には、三浦皇成、川田将雅、戸崎圭太などが過去に
  乗っています。
6.いずれでもない…ほんとのことはよくわからないというのが
  正解なんでしょうが…それでは、面白くもなんとも無いので
  皆さんのお考えを、敢えて大胆に推理してみてください。

  宜しくお願いいたします。

9月19日(土)の中山10Rダート1800mハンデ戦に、52kgで
武豊が乗りますが、なぜ、どうして…?

騎乗馬のワールドブルーはハンデ51kgの馬の一つ上です。
57kgがトップハンデです。武豊はテン乗りです。
この馬は、地方交流線で大井と門別で各1勝していて、佐賀で3着。
中央は中山のダート3着と東京の芝10着で走っています。
武豊騎乗の経緯としてはどんなことが考えられるでしょうか?
1.調教師(森秀行)との関連で、馬に競馬を教えてもいらいたい
  と依頼があった。
2.調教師は武豊に乗って...続きを読む

Aベストアンサー

今週は2会場3日間の開催日程なので、ユタカさんが中山へ行くのは
自然な流れだと思います。
あと、52kgの斤量は夏の小倉でも良く乗っていたので問題ないと
思います。
肝心の馬ですが、これはなかなかな馬だと思いますよ。
時計のかかる地方のダートコースで最後の直線が平坦とはいえ
良馬場で1800mを1分54秒7・・・いいタイムだと思います。
門別はコースが広いですからこのタイムだと中山で激走しても
おかしくないと思いますよ!
ただ、馬体重が20kg以上プラスとかだったら勝負気配は
ないと思いますけどね・・・
それと、台風が来ているようなので当日は不良馬場が予想されます。
先週は500万条件、重馬場で1分52秒切ってましたから、
あまり時計が速くなるとって言う未知の部分はあると思いますが・・・

森厩舎は地方での交流レースをうまく使うことで有名ですから
わたしは軸にしても十分いけると思います。
森先生とユタカさんっていえばシーキングザダイヤ、アグネスワールド、
たしかエアシャカールも!?っていう名コンビで・・・
駄馬には乗せないはず・・・当日はおそらく1,2番人気では!?

今週は2会場3日間の開催日程なので、ユタカさんが中山へ行くのは
自然な流れだと思います。
あと、52kgの斤量は夏の小倉でも良く乗っていたので問題ないと
思います。
肝心の馬ですが、これはなかなかな馬だと思いますよ。
時計のかかる地方のダートコースで最後の直線が平坦とはいえ
良馬場で1800mを1分54秒7・・・いいタイムだと思います。
門別はコースが広いですからこのタイムだと中山で激走しても
おかしくないと思いますよ!
ただ、馬体重が20kg以上プラスとかだったら勝負気...続きを読む


人気Q&Aランキング