人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

今、主人の方の両親から主人に、山林の相続について話があっています。(万一両親が急に倒れたときのためと言うことです)
主人は山育ちの長男です。
主人の実家は農家ですが、主人は跡を継がず、実家から離れた街に住み会社員をしており、将来も農業をする予定はまったくありません。
はっきりしたことが良くわからないので何とも言えないのですが、相続するかもしれないのは小さい山みっつ分らしいです。(こんな表現ですみません。主人が「先祖代々の土地だから・・・」と多くを話したがらないのでよくわからないのです)

我が家にお金がたくさんあれば良いのですが、我が家も小さい子供がおり生活は楽ではありません。
これからかかるであろう教育費を貯蓄するのに精一杯です。

私も「先祖代々の土地」を主人の代で手放すのは気がひけますし、もしできることなら相続してもいいと思っているのですが、土地の管理のことはよくわからないだけに大変不安ですし、費用がとても心配です。
また、山林は固定資産税や維持費がかかるし、相続しない方が良いと聞いたことがあります。
土地の広さにもよると思うのですが、固定資産税や維持費等、いったいどれくらいかかるのでしょうか?

また、もし主人が相続せず、主人のきょうだいも誰も相続しなかった場合、その山林はどうなるのでしょうか?
わからないことだらけなので、教えてくださると非常に助かります。
どうぞよろしくお願いいたします。

A 回答 (5件)

山林の固定資産税は、非常に安価です


ちょうど、固定資産税の納付書が送付される時期ですから、所在地・地目・面積・評価額・税額を確認なさるとよろしいでしょう

市街地の近くで宅地開発の可能性の高い場所以外は信じられないような額です

関東地方の山岳地で市街地から車で30分程度の場所で
山林1ヘクタール(1万平方メートル)の評価額が20万程度、固定資産税はその2%弱です

手入れに要する費用は、所有者の姿勢で 0~数百万です
手入れをしないと、竹と葛がはびこります
それから、ごみの不法投棄の被害、山火事の被害です
細かいことを気にしなければ 全く手入れをしなくてもそれなりに維持されます

手入れをしていたのは、先々代程度までで、今では実際の場所が確認できなくなっていることなど珍しくありません
場所が判っても境界がはっきりしないことは、さらに多くあります

父上が、場所をご存知なら、できるだけ早い機会に、場所を確認しておかれることがよろしいです
それと、登記簿を確認なさることが必要です
地域の人たちとの共有や、祖父や曽祖父名義のままになっていることも良くあります

全員が、相続を放棄すれば、国有財産になります(山林だけを放棄することはできません、放棄する場合全財産です)
    • good
    • 25
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>全員が、相続を放棄すれば、国有財産になります(山林だけを放棄することはできません、放棄する場合全財産です)

義妹が結婚せず田舎の両親と暮らしているので、全財産放棄はできません。ということは山林の相続放棄はできないということですね。

固定資産税が非常に安価と言うことで、ひとまずホッとしました。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/17 12:26

課題は山林の維持が大変なことです。

友人が相続したミカンなどの山を手伝った経験はありますが、友人は手放したようです。ただし、外国人の投資家なども日本の山を買いあさっていると聞きます。固定資産税が重く負担にならないのであれば保有して日本の資産をお守りください。
    • good
    • 13

専門家紹介

木村正人

職業:ファイナンシャルプランナー

FP1-オフイス21 代表
[ エフピ-ワン-オフイスニジュウイチ ]
あなたの人生のアドバイザーFP1!
家庭のいち専業主婦から世界のトップ企業様までアドバイス!
これが誰にもひらかれたエフピーワンの心意気です!

詳しくはこちら

お問い合わせ先

073-402-5035

※お問い合わせの際は、教えて!gooを見たとお伝えいただければスムーズです。

専門家

県の機関に相談して、森林法の保安林に指定してもらいましょう。


登記簿の地目が”保安林”であれば、固定資産税は永久に免除です。
    • good
    • 47

固定資産税については、これまでに回答のあったとおりだと思います。



山林を相続する時に相続税かかりますが、今では相当な山林を持っていなければ大丈夫だと聞きます。

維持費は、山林の樹種、林齢によって異なります。

スギやヒノキの人工林で、ちゃんと成林していれば、将来的に立木を売ることもできます。
全てを売ってしますと、山が裸になり、もう一度植林しなければならないので、お金がかかります。森林の状態を維持しながら、一部を木材生産する「択伐」と言う方法があります。
山林も若い時はお金がかかりますが、成林してしまえば稼ぐこともできます。

スギやヒノキの人工林で、これまでにあまり手入れがされていないと、間伐を行う必要があります。そうすると出費となりますが、林業事業体によっては木材の販売代金で、間伐経費を賄うところもあります。

現在、国では森林経営の団地化を促進しています。森林組合を含む林業事業体に経営・管理を任せる方法もあります(所有と経営の分離)。
    • good
    • 33

 山林・畑・田などを相続したものですがその中でも山林は税金及び維持管理費が一番安価のもです。


 固定資産税はおのおの市町村が毎年評価額から定率で算定しています。安いです。 
 毎年の経費はせいぜい森林組合費程度でしょうか。 相続してもほとんど負担にはならないでしょう。

>主人のきょうだいも誰も相続しなかった場合、その山林はどうなるのでしょうか?
 山だけ相続を放棄するということは出来ないでしょうね。 一旦相続してから寄付すれば良いでしょう。 そんなことをするよりは第三者に譲渡すれば多少の金は残ります。 どちらにしても相続はあなたには全く関係ないこと、口を挟むべきことではありませんのでご主人に任せるべきことです。
 はっきりいって一切の口出しはしないようにしてください。
なお相続とは被相続人が亡くなって初めて発生するものですから今回の場合は当てはまりません。 生前贈与になります。 
 その場合は金額がどの程度になるかは詳しくわかりませんが山を処分しないとご主人が自腹を切ることになります。
 
 当方は兼業農家ですがほとんど農業はしていません。 農協をつうじて小作してもらっています。随時山を含めて処分してます。 農業をやらない以上自分で管理するには限界がありますし先祖の財産を守りましょうなどという考えは全くありません。
 土地とは個人名義ですが本来は国のものです。固定資産税などというものは一種の借地代を払っているようなものです。
 自分とか先祖とか・・・に固執する必要性のないものです。 無いほうがかえってサッパリします。(無い人はほしいと思うんでしょうねえ。) 

 まあ取りあえずは生前贈与についてはいろいろと諸問題があるはずですよ。 農業後継者でなければ税は軽減されないはずです。そのまま受ければまったく他人に譲渡したのと同じ税金がかかるかもしれません。
 ようくようく・・弁護士さんとも相談したほうがよろしいですね。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
質問文の書き方が悪かったかもしれませんが、生前贈与の話ではありません。誤解なさっているようなので。

>どちらにしても相続はあなたには全く関係ないこと、口を挟むべきことではありませんのでご主人に任せるべきことです。
 はっきりいって一切の口出しはしないようにしてください。

私もできれば主人に決めて欲しいです。
主人も私に詳しいことは話してくれず、(というよりわからないようです)「話し合いには連れて行くからお前が決めろ、やりくりするのはお前なんだから」と私に振ってくるので質問いたしました。
山を持っていても、私たち夫婦はアウトドアでないのでまったく使わないし、お金がかかるだけなので、できることなら他の兄弟に相続して欲しいです。

お礼日時:2007/05/17 13:41

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q友人が山を2-3個相続しましたが価値が分かりません

質問させていただきます。
先日友人のご家族がおなくなりになり、その友人が山を2-3個?(山を何て数えるかわからないので・・・)相続しました。私が時価でいくらくらいなの?って聞くと分かんないっていっており、大体も本人は分からないようでした。
 場所は新潟で山の多分斜面を2-3面所有していてそれを相続することになったようです。
現在は雑木林のようになっておりなにか手が入っているということはないということです。
友人の相続した山っていくらぐらいの価値があるのでしょうか?

Aベストアンサー

> 山を何て数えるかわからない

 一筆、二筆と数えるようです。

> 現在は雑木林のようになっておりなにか手が入っているということはないということです。

 まず、所有している山林の境界がわかっておられるかどうかが心配されます。山林の境界は、『境界石』が入っているなんて事は稀?で、なんとも表現しにくいのですが、“変な木”が生えているのです。土地の古老にしか判らないような代物です。自分で所有している山林については判っていますが、実際、義父が亡くなった時に貸したお金の担保に取ったらしい山林が相続物件として“現れ”ましたが、未だにハッキリは判らず義母が相続していますが、困るでしょうね。

 手入れも、昭和の30年代くらいまでは雑木を燃し木として利用していましたので、それを手当てに?手入れしてくれる人もいましたが、今では全て人件費ですからかなりかかるようになってしまいました。

> 友人の相続した山っていくらぐらいの価値があるのでしょうか?

 生えている木やその樹齢や道路付けによっても変わってきますが、今の材木の相場や人件費から考えれば実際の価格は、失礼ながら、大したものではないでしょう。
 一時は『担保山』などと呼ばれて担保物件として山林が持て囃された?時代もありましたが、今はそういう時代でもありません。

 ただ、相続となるとその価値が“半端じゃなく”評価され酷いものです。義父の場合、保安林にもかかわらず800万の評価でした。税務署に相談に行くと「他人に譲ればその評価で贈与税がかかります。一番良いのは国に寄付することでしょう。」ってふざけたアドバイスでした。

 一昔前までは“山持ち”というと田畑を持っている農家とは一線を画した金持ちの別称のようなもので田舎では別格でしたが、今は困っていると田舎の“山持ち”さんが零していました。

> 山を何て数えるかわからない

 一筆、二筆と数えるようです。

> 現在は雑木林のようになっておりなにか手が入っているということはないということです。

 まず、所有している山林の境界がわかっておられるかどうかが心配されます。山林の境界は、『境界石』が入っているなんて事は稀?で、なんとも表現しにくいのですが、“変な木”が生えているのです。土地の古老にしか判らないような代物です。自分で所有している山林については判っていますが、実際、義父が亡くなった時に貸したお金の担保に取ったらしい...続きを読む

Q畑、田んぼ、山の固定資産税

かなり安いですよね
路線価とか関係あるんですか?

Aベストアンサー

No.1です。

>市街化区域の農地は高いのですか
高いです。
市街化区域の農地は宅地の転用が簡単にでき、誰もが買うことができます。
調整区域の農地は簡単には宅地にできませんし、誰もが買うということもできません。
なお、調整区域から後に市街化区域になった農地は、いっぺんに高くならないように調整されます。

Q田んぼ 70坪の税金はいくらでしょうか。

こんにちわ。
よろしくお願いいたします。
当方の親が、その親から田んぼを相続して、それをその兄弟が以前は、田植えをして、今は、農協か、なんかに、まとめて預けてるようなのですが、自分の親は、その固定資産税を、その兄弟が払ってくれていると思ってます。
大体、納付書も来ないですし、ただ、田んぼ、で普通の感覚ではないかも知れなし。
私としては、ウチの親はなんでも自分の都合の良いように
考えるので、もし、違っていれば、知りたいです。
私としては、納税額に達しないのではないかと思っているのですが。
2つ教えて頂きたいのです。
田んぼの固定資産税。(70坪ぐらいです。)
また、納付書が来ないことがあり、他が払っていること
この場合、兄弟か、田んぼを借り受けているところですが。
よろしくお願いいたします。
親戚には、聞けないので。

Aベストアンサー

免税になる30万円は、土地の所在の市町村ごと、それから、納税義務者ごとです。
たとえば○○市に、Aさん名義の課税標準額20万円の土地と、AさんBさんの共有名義の(A外1人というケース)20万円の土地、さらに××市にAさん名義で20万円の土地、AさんBさんの共有名義で20万円の土地、と4筆を所有している場合、合計の課税標準額は80万円になりますが、それぞれが30万円未満のため固定資産税は1円もかかりません。

課税標準額の合計の1000円未満は切り捨てます。ついでに書くと、さらに税率をかけてから100円未満も切り捨てになります。
あとは、1000円未満は請求しないというのは延滞金が該当しますね。延滞金は計算した結果が1000円以上になって初めて加算されます。

Q山の土地(祖父名義)手放したい

父方の祖父の名義になっている山の土地があります。

固定資産税は父が払い、祖父の住んでいた建物は100万かけて
壊してあります。
30坪程度の小さい土地ではありますが、
放置すると荒地になるので、
隣に住む隣人に、手入れを手伝っていただきながら
自給自足野菜を作ってます。
まるで、隣に住む家の庭の様な感じで、農作業の物置場と化してます。

父も定年になり、年金暮らしになったので、
祖父の土地の固定資産税も負担になってます。

祖父名義の土地の相続人は、父以外に他県に3人兄弟がおります。
健在ですが70過ぎになるので、
そろそろ、祖父名義の土地を相続人でなんとかしてもらいたいと思ってます。

売るにも売れそうにない土地です。
名義を父の名義にしてもらい、隣人の人に売るか
国に返すかして欲しいですが、
国に返すのにかかる費用はどれぐらいでしょうか?

どんな手続きが必要となりますか?
また、返すにもお断りされてしまったら、
永遠と、固定資産税をはらいつづけなければならないのでしょうか?

父が亡くなった時、私は祖父の土地の代襲相続人になると思います。
祖父の土地のみ放棄し、父の相続(家と土地)を相続する事は可能ですか?

まず、今しておくべき事がなんなのかわかりません。
教えていただけると助かります。

父方の祖父の名義になっている山の土地があります。

固定資産税は父が払い、祖父の住んでいた建物は100万かけて
壊してあります。
30坪程度の小さい土地ではありますが、
放置すると荒地になるので、
隣に住む隣人に、手入れを手伝っていただきながら
自給自足野菜を作ってます。
まるで、隣に住む家の庭の様な感じで、農作業の物置場と化してます。

父も定年になり、年金暮らしになったので、
祖父の土地の固定資産税も負担になってます。

祖父名義の土地の相続人は、父以外に他県に3人兄弟がおります。
...続きを読む

Aベストアンサー

都合のよい話はありませんよ。

まずは、あなたの世代になる前に、お父様のご兄弟などで解決してもらいましょう。
その土地名義を誰にするか、今後どうするのかを話し合いをしてもらうのです。
お父様が長男ということで解決しようとするのであれば、実際の手続きは高齢では厳しいと思いますので、あなたがたが協力することしかないでしょう。

相続放棄はもう期限が経ち過ぎており、難しいでしょう。
ですので、固定資産税負担が厳しいことから、他の兄弟姉妹で引き取ってくれる人がいないかを考えるのです。
人によっては、親の財産を残すのが子供の義務と考える人がいれば、引き取るかもしれません。そして売却を考えるにしても、共同で売却するのか、誰かが相続したうえで売却するのかも重要でしょう。
可能であれば、今まで税負担を長期間してきたお父様が相続して売却し他方が良いようにも思います。しかし、お金が得られることを一人だけにすることを不満を感じる人もいるかもしれません。その場合には、共有名義などにして売却するとか、売却などの一切合財を任せてしまい逃げることができるとしてあきらめるかなどは、お父様次第でしょう。

現在の状況は、登記簿上の名義は祖父であるが、法律上の権利者はお父様を含めた相続人全員の共有状態となるでしょう。このままでの売却は難しいため、名義を確定させるのです。
お父様がすべてをということと反対者がいるというような状態であれば、時効取得などを含めた裁判所の介入が必要でしょうね。

今までの隣地の協力等を考えれば、無償で隣地所有者に渡してしまうことを決めても悪くないかもしれません。だって、隣地所有者からすれば所有や管理する人が変われば、今まで通り自由にできないわけですからね。

売却できなければ、どこかへ寄付するとかを考えなければなりません。しかし、役所も利用用途がない土地の寄付は受けないことでしょう。あなた方と同様にタダでもらっても、維持費用を考えればもらっても困るという判断をすることでしょう。となれば、次の所有者を頑張って見つけるしかないのです。
土地のある場所の近隣の不動産屋などにも相談されることですね。もしかしたら、その土地の周辺の区画整理等が予定されていれば、買い手がつくかもしれませんからね。現状だけで判断もできませんからね。

このまま、お父様が亡くなるようなこととなれば、相続の相続(代襲相続ではない)として、あなたも権利者の一人となり、解決するためには叔父叔母などと交渉する立場になってしまうことでしょう。親族関係の問題で上下関係のある間柄では、交渉もしづらくなることでしょうね。
お父様の相続で土地の権利だけを放棄するようなことは認められません。放棄するのであればすべての財産を放棄するしかありませんからね。

不動産登記・相続の問題でしょう。ですので、司法書士や弁護士が専門家となります。
それぞれの考えなどをまとめ、手続きが必要な話です。さらに売却が絡めば第三者とのやり取りもあります。専門家に相談の上で、みなさんが納得できるように計画を考えるべきでしょう。

持ち続ける限り、固定資産税の負担が必要です。ただ、お父様だけが負担しなければならないものではありませんので、よく相談されるべきでしょう。

都合のよい話はありませんよ。

まずは、あなたの世代になる前に、お父様のご兄弟などで解決してもらいましょう。
その土地名義を誰にするか、今後どうするのかを話し合いをしてもらうのです。
お父様が長男ということで解決しようとするのであれば、実際の手続きは高齢では厳しいと思いますので、あなたがたが協力することしかないでしょう。

相続放棄はもう期限が経ち過ぎており、難しいでしょう。
ですので、固定資産税負担が厳しいことから、他の兄弟姉妹で引き取ってくれる人がいないかを考えるのです。
人...続きを読む

Q売れない土地の固定資産税を滞納しています

(詳細は話してくれないのですが)父が地方に土地を持っていて、複数年固定資産税を滞納しています。すでに「催告書」が届いておりますが、手放したくても売れそうもないような(クズ)物件のようです。当初、税務署の方と話して「分納」をしながら公売ができないか、と話していたのですが、どうも公売は差し押さえ物件に対して行うもののようで、(担当者が言葉を濁すのでよく分からないのですが)分納すると支払い能力があるとみなされてしまうようなのです。完済しても、売れないままの物件に対して毎年固定資産税を払い続けるのかと思うと・・恐ろしいです。
(1)このまま滞納している税金を払わずに、差し押さえてもらって公売にかけてもらえるのか、(2)売れない物件であれば土地が差し押さえにならず、他の財産が差し押さえ対象(父母の持ち家があります)になってしまうのか、何か良い方法があればぜひアドバイスをよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 o24hiです。

 追加でご質問の件ですが…

>両親は2人とも「後期高齢者」で、収入は年金のみです。

・年金も差し押さえの対象になりますので,留意が必要かと思います。

>土地の名義は(たぶん)父ひとりの名義だと思いますが、父の財産は自宅(両親の共同名義)くらいで、現預金は(他の負債に支払ったため)ほとんどないはずです。
この場合、母との共有名義の自宅も差し押さえの対象になるのでしょうか?

・共有名義の場合は,お父様の持分についての差し押さえが可能です。
 つまり,お父さんの持分について抵当権設定されることになります。

・もし,ご自宅について,差し押さえられたお父様の持分について公売が実行され,それを買った人が現れ「共有物分割の訴え」を起こされますと,原則としては,お母様か共有持分を買った人のどちらかが相手の持分を買い取る「代償分割」か,当該家屋の共有持分の全部を売って代金で分ける「換価分割」(民法258条2項)が命じられる事になります。

・民法258条
(裁判による共有物の分割)
第258条 共有物の分割について共有者間に協議が調わないときは、その分割を裁判所に請求することができる。
2 前項の場合において、共有物の現物を分割することができないとき、又は分割によってその価格を著しく減少させるおそれがあるときは、裁判所は、その競売を命ずることができる。

>初めて税務署の方と(電話で)話したとき、土地を手放したいので公売ができないか、といった相談をしました。その時、私の勘違いだったようですが,「まず分納するための手続きをして、滞納金の返済(私は全額返済と理解しましたが、担当者は少しずつでも分納返済を示唆していたようです・・)していただければ公売ができるかどうか、こちらでも前向きに検討します」といった言葉を受けて、てっきり滞納分を全て払えば公売に向けて話が進むのかと考えていました。ところが「全額払ってしまうと公売にはならないのでそのまま土地は保有することになります」といったニュアンスのことを言われ、それならこのまま滞納し続けて土地を差し押さえてもらったほうが公売にもっていけるのか、なんて安易な考えになってしまいました。

・滞納分を支払ってしまわれますと,差し押さえ自体ができませんから(する必要がありませんから),当然,他人の土地を勝手に公売することはできません。

・前回も書かせていただきましたが,固定資産税の滞納が固定資産の差し押さえで解消されるとは限らないです。

>売れない物件と分かっていても、まずは分納誓約書を提出して、少しずつでも分納していったほうがいいのでしょうか? それとも滞納し続けて差し押さえてもらったほうがいいのでしょうか?

・延滞金は,この低金利の時代に年14.6%です。
 ただし,延滞金に延滞金は付きませんので,消費者金融のように複利計算になるわけではないのが救いではあります。

・私でしたら,年金や自宅が差し押さえられるリスクを考えますと,分納でも支払うと思います。
 分納すれば,支払う意思があるものとして,当面は差し押さえが執行されることは避けられると思います。

 悩ましい土地ですね…

 o24hiです。

 追加でご質問の件ですが…

>両親は2人とも「後期高齢者」で、収入は年金のみです。

・年金も差し押さえの対象になりますので,留意が必要かと思います。

>土地の名義は(たぶん)父ひとりの名義だと思いますが、父の財産は自宅(両親の共同名義)くらいで、現預金は(他の負債に支払ったため)ほとんどないはずです。
この場合、母との共有名義の自宅も差し押さえの対象になるのでしょうか?

・共有名義の場合は,お父様の持分についての差し押さえが可能です。
 つまり,お父さんの...続きを読む

Q山林の土地を放棄したいの教えてください。

義母が若いころ(バブル時代)に、将来購入しておくとリゾート開発で良いお金になりますよと言われ、購入した土地が軽井沢にあります。しかし、今現在、ただの山林で買い手もつかない土地になってしまいました。毎年、固定資産税と都市計画税を徴収されています。義母が、毎年税金で出費が重なり返済が厳しくなりどうしてよいか分からないと相談がありましたが、自分もどうしてよいか分かりません。権利放棄でも構わないと話しているのですが。良い知恵を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

以前私も質問者様と同じような事で、調べたことがあるのですが
”土地買い取り業者”とネットで検索しますと買い取り専門(仲介ではなく)
の業者さんが沢山出てきますので、なるべく沢山の業者さんに
現在の状況をメールで説明し、その中でご自分が納得できる業者さんに
分からない事など質問して見てはいかがでしょうか?
買い取り業者さん選びにつきましては、義母様の所有されている物件の近くでなくとも
中には日本中何処でも買い取ってくれる業者さんもあるので
処分の条件を考えた時に、折角義母様が購入した土地なのですから、処分価格ではなく、
少しでも高く買い取ってもらえる業者さんに、当たってみるとよいのではないかと思います。
積極的な業者さんは、直ぐ義母様の所有している土地を調べて、返事をしてくれます。

因みに、私が所有している土地もまだ手放してはおりませんが、調べた時
”なぜ買い取り業者さんはこのような誰も買い手が付かないような土地を買い取るのか?”
と素朴な疑問を投げかけましたら
”世の中には森が好きで買う人も居る”との回答でした。

少しでも、参考になればと思います。

以前私も質問者様と同じような事で、調べたことがあるのですが
”土地買い取り業者”とネットで検索しますと買い取り専門(仲介ではなく)
の業者さんが沢山出てきますので、なるべく沢山の業者さんに
現在の状況をメールで説明し、その中でご自分が納得できる業者さんに
分からない事など質問して見てはいかがでしょうか?
買い取り業者さん選びにつきましては、義母様の所有されている物件の近くでなくとも
中には日本中何処でも買い取ってくれる業者さんもあるので
処分の条件を考えた時に、折角義母様が購入した...続きを読む

Q固定資産税の課税通知が来ない

他県の田舎に土地が200坪ほどあるのですが、
固定資産税の通知が来ません。地目は山林です。
課税標準価格が低いからなのでしょうか?
通知が来ないので、そのままにしているのですが、
このまま放っておいていいのでしょうか?

Aベストアンサー

今年だけでなく、以前から通知がないということでしょうか?

4月1日より、ちょうど固定資産税の縦覧がはじまっていますので、役所の窓口に行けば15年度の課税台帳を見ることができます。土地の場合は所有している物件の課税標準額(複数物件の場合はその計)が30万円未満であれば免税点未満で課税されません。

また、他県なので出向くのが難しいのであれば、手数料がかかりますが課税標準額の掲載された証明書(公課証明だと思います)を郵送で送ってもらえるよう請求するもの一手かと思います。

いずれにせよ、役所の担当課に問い合わせてみるのがいちばんです。

Q北海道の原野を相続し困っています。

北海道の原野を相続し困っています。

以前こちらで亡くなった父親の借地権と家について相談した者です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5809418.html
父親と私の二人家族で母親と兄弟はいませんでした。その父が亡くなり、借金があったので相続放棄も検討しましたが、結局家を売ってなんとか借金は済ませました。
しかし今になって司法書士事務所の人から、亡くなった祖父が持っていた北海道の土地12000坪が僕の父親の名義に変更されていなかったようで、その土地は結局僕が相続しなければならないと言ってきました。
その土地は山深いアップダウンの激しい原野(山林?)なので価値は全く無く、売る事もほぼ不可能で、仮に売っても二束三文な土地なのですが、でも路線価格や固定資産税から計算すると8000万円になるそうです。
売れるなら問題は無いのですが、不動産屋さんが言うには、家も建てられないし、荒れている上に雑木林なので牧場にするには費用がかかりすぎるし、もちろん畑も無理な土地で、200万円でも買う人はいないだろうと言う事だそうです。
固定資産税も長年滞納されているうえに、相場から考えると相続税の対象となるので、滞納税金と所有権の変更とか土地の調査とか、全てを計算すると費用と納税で400万円ほど必要だそうです。
僕としては納得いかないのですが、二束三文の土地とはいえ遺産の調査で抜けていたし、相続放棄ももう出来ません。物納も拒否される可能性が高い土地だそうで、400万円を都合しなければならないと言う事です。
僕の手取り給料は20万円以下です。とてもそんなお金は用意できませんので、税務署と相談して分割する事になると思うのですが、でも今頃言われても正直困ります。

一番納得できないのが、実際は二束三文の土地なのに何故税務署は8000万円もの評価をつけるのでしょうか。これは交渉の余地はあるのでしょうか。税務署の人は実際の土地を見ていないので、見せれば間違っている事を証明できますか?
あるいは、なんとか土地を400万円以上で売る方法は無いでしょうか。もしくは遺産調査のミスを司法書士さんに訴える事はできるのでしょうか。何か方策はありませんか?正直パニくってます。

北海道の原野を相続し困っています。

以前こちらで亡くなった父親の借地権と家について相談した者です。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/5809418.html
父親と私の二人家族で母親と兄弟はいませんでした。その父が亡くなり、借金があったので相続放棄も検討しましたが、結局家を売ってなんとか借金は済ませました。
しかし今になって司法書士事務所の人から、亡くなった祖父が持っていた北海道の土地12000坪が僕の父親の名義に変更されていなかったようで、その土地は結局僕が相続しなければならないと言ってきまし...続きを読む

Aベストアンサー

木材を扱っている会社に勤めています。

場所にもよるのでしょうが、原野より山林になりますと立木が売れます。

木の種類・年数によってはすごい値段が付く木もあります。

森林調査簿があればどんな木があるのかというのと木の年齢もわかります。

土地ごと買い取ったり立木だけ買い取ったりと色々あるのですが・・・。

どんな原野?なのかきになりましたので回答になっていないかもですが
・・・。

Q農地から原野に変わると 固定資産税は

農地を所有していますが 数年前から耕作を放棄していて現在は原野の様になっています 耕作放棄地の税金は農地と比べて高くなるのですか
 立地は センターラインが無い割と広い農免道路と山林の間で 道路の反対は圃場整備済みの田んぼと農家がポツポツと在る様な田園風景です 別に圃場整備済みの田も在ります 地価マップで一番近くの宅地価格を見ると 私より1キロメートル程度街寄りの所で5000円となってました 売ろうにも売れそうな場所ではないし もしかしたらもらい手も無いかも 面積が2ヘクタール位有るので 税金が上がると大変な事に 詳しい方 お願いします

Aベストアンサー

私の経験から言いますと、農地は「埋め立て」をしないかぎり、固定資産税上の「課税地目」は変わらないと思います。

課税地目には「農地」「雑種地」「宅地」とありますが、「雑種地」というのは「農地」を埋め立てて、その使用目的がはっきりしない場合に適用されます。

埋め立て後、家を建てたり、駐車場にすることが、はっきりしたら「宅地」になります。

「農地」と「雑種地」の固定資産税の額は、かなりの開きがあります。

税額は「農地」<「雑種地」<「宅地」ですが、農地は安いです。なんだか農地の保有者が「馬鹿にされてる」みたいぐらい安いです。

農地は「埋め立て」しないかぎり、いつでももとの「農地」に戻せますから、どんなに荒れても「農地」だと思いますよ。

Q田舎の土地を手放したい

田舎に土地があり、草刈りなどの手入れが大変です。

何も無い村で過疎化が進んでおり

若い人が家を継ぎ放置状態で草の塊になったり、田んぼや畑を放置して雑草が凄い事になってます。

私の場合も例外では無く

今は両親が手入れをしてますが
私の代になれば、とても面倒などみれません。


周りの親戚に話しをしても
田舎の土地は誰も欲しがらないそうで
売れないとの事

田舎なんで資産税はたいしたことありませんが
雑草などの維持ができません

使ってない田んぼや畑は少額ですが
お金を出して使ってもらっています。
その方が周りに迷惑がかからず
安上がりなんです。


両親が土地を大切にしているのは先祖からの遺産を大事にしてるのも有るみたいですが、自分は生活で手一杯でとても無理です



私の代になり、周囲の人に迷惑を掛けないように手放したいと思ってます。


国は引き取らないという話しを聞いています。


村の人たちも土地が余ってるので
いりません

どうすれば手放せるでしょうか?

Aベストアンサー

>どうすれば手放せるでしょうか?

未だ手に入れていない(=現在はお父様所有の)土地を手放す算段をするのは早とちりですよ。

まず、不要な土地を相続しないことを考えましょう。

遺言書で第三者に相続させる方法や、相続税が発生する方の場合は物納などいろいろな方策があります。

しかし、一番確実な方法は法定相続人として相続放棄の手続きを取ることです。
相続放棄の場合は、土地以外の相続財産も放棄することになりますので、お父様が土地以外の財産も保有している場合は、生前贈与を実施し、お父様の相続財産から消しておくことをお勧めします。

つまり、土地だけを残して死亡していただき、その時点で相続放棄をするという作戦になります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング