私は、今高校生ですが、留学をしたいと考えています。
大学でしか留学するチャンスはないと思っているので、大学を選ぶ際にかなり幅が狭まりました。
しかし・・・大学を卒業してからも留学はできるのでしょうか?
もしできる場合、できるが、費用が高くなったりと、デメリットなどはあるのでしょうか?
教えてください!!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

どの年齢でも留学は可能ですが、大学を卒業してからだと、


「社会人になる前に1年間外国に遊びに行った人」見なされる場合が多く、
就職で大きく不利になります。
外国で視野が拡がったなどと評価してくれる企業はまだまだ少ないです。
休学して行った方が、まだマシかもしれません。
良いことばっかり聞いてしまうかもしれませんが、この現実は重く見て下さい。
たかだか数年のために、人生収入が大きく下がる可能性が高いです。

ですから、徹底的に専門を突き詰めて、外国でなければ学べないことを学んできた
と言えるような状態になっていないといけません。
語学が出来る...というのも、通訳レベルにならないと、さして評価されません。
大学を選ばれるなら、外国に行けるから...という理由ではなく、専門性の高い分野を目指された方が良いと思います。
専門性の高い分野であれば、社会人になっても、外国に出るチャンスは結構掴めます。
    • good
    • 3

大学から派遣される交換留学は、概ね1年間の期間限定です。


留学先も限定されていますが、選考試験に通れば学費等が補助されて格安で留学できる場合が多いです。

一方、私費留学は、在学中であろうと卒業後であろうと、いつでも可能です。
海外の大学は年齢が問題にされないため、社会人として働いた後や引退後に、大学や大学院へ戻る人は大勢います。日本人でも日本の大学を卒業後に海外の大学院に入学したり、または在学中に編入する人は多いです。

しかし、私費留学は、自分で全費用を準備しなければなりません。行く国にもよりますが、1年間200~300万です。
また、私費留学では、自分で調べて行うか、高額の手数料を払って業者に頼むかして、自力で学生ビザや入学手続きをする必要があります。

語学学校への語学留学なら、手続きは簡単で、自力で申請することも容易です。
語学を勉強したいだけなら、大学在学中に休学するか、卒業後に1年間の語学留学すればいいでしょう。
http://www.ryugaku.co.jp/
http://www.alc.co.jp/
また、30歳までなら、語学学校にも通えるしバイトもできるワーキングホリデー・ビザもあります(学生ビザでの就労は禁止されている国が多いです)。
http://www.wh.assoc.jp/
卒業後の語学留学のデメリットは、既卒扱いになって職歴・技能がなければ正社員の就職が見つけにくいかもしれないという点です。
1年間の語学留学の語学力は、就職活動の「売り」にはなりません。
会社によっては「遊学」扱いされて不利になります。

大学や大学院への正規留学がしたいのであれば、たとえ1年間であろうとも、規定のTOEFL・IELTSの点数や推薦状などの必要書類を揃え、入学・編入用の願書と一緒に提出して、正式な入学許可を得る必要があります。
正規留学の入学許可を貰うのは、学校同士で提携している交換留学より面倒ですが、行きたい学校を自由に選べるというメリットがあります。
反面、海外の大学を卒業すると、時期的・地理的・大学の知名度的に就職活動が不利になる危険性があります。

もし語学だけでなく、大学の授業を海外で勉強したいのであれば、大学の交換留学が手続き的には最も簡単です。そして、単位が認めて貰えるため休学する必要がなく、自分の大学に戻れることがメリットです。

皆さんの仰るとおり、まずは留学して何をしたいのか、自分の目標を決め、それに沿った情報を集めることから始めましょう。
    • good
    • 1

アメリカに38年半住んでいる者です。

 私なりに書かせてくださいね。

留学したい、と言う事はどういう意味でしょうか。 それによっていろいろな事が変わってくるでしょう。 何をどこで勉強したいのか、まずこれははっきりさせないようではすべての事がデメリットですよ。 100行でも200行でもかけますよ。 

しかし、この「何をどこで」をはっきりさせる事でその行数はかなり減る事になります。 日本ではだめなのか、どのくらいの期間を行くつもりなのか、目的は卒業証書? それとも実力? 文化的なものを身につける? 英語に強くなりたいえだけ? それとも日本の大学で習った専攻をその国でより確かなものにする? 将来の就職への武器にする? もっともっと考える事はたくさんあるはずです。

こちらでは誰でも大学へいけます。 それもいつでも、です。 夜や週末もです。 勉強して自分の実力のひとつにしたい人はいつでも学校へ行けるのです。 受験もありません。 しかし、勉強をさせられます。

このカテの質問を初めから読み直す意欲はありますか?  確かに質問がばらばらなので体系付けられた参考書のような「読んで分かったつもりになる」ありませんが、参考書にはとても書かれていない事がたくさん書かれているはずです。

「留学して勉強したい」のであれば、まず、自分の事について勉強し、留学について勉強してみてください。 人はこれを下調べ、なんていう言い方をしているようですが、私はこれは留学をメリットの多い、デメリットの少ないものにするための勉強(身につける)と考えています。

どうせするならデメリットが少ない方がいいですね。 だからこそこのご質問を立てたのですよね。 

と言う事で、どうやったらデメリットを極端に減らしメリットを自分のために使うかを中心に回答させてもらいました。 人がメリットと呼んでいるものが自分にとって本当にメリットとなるのかは自分自身がそうなるように自分を持っていかなくてはただの「他人の成功話」になってしまいます。

私の留学は2年間のはずだったのが今ではもう少しで39年の留学になりつつあります。 デメリットはまだまだたくさんあると感じています。 しかし、毎日が自分のためになっている事は確かな事だと断言できる「留学」をしていますし来年の留学への勉強もしています。

これでいかがでしょうか? 分かりにくい点がありましたら、補足質問してください。 
    • good
    • 5

>目的は・・・外国で1年間勉強したい!



 catscats22さんのアドバイスにもありますように、しっかりとした目的は持ったほうが良いと思います。 
 
 留学が将来のステップアップの礎になるよう、十分に検討してください。
    • good
    • 0

日本の大学卒業後にイギリスの大学院に留学した者です。


一番重要なのは、留学の目的です。語学留学なのか、大学への留学なのか、大学院なのか、専門学校のような所なのか、という事を色々と調べて、何を勉強したいのかを明確にしましょう。期間は勿論ですが、留学先の国によっても物価等の面で大きく費用が変わると思います。また、例えば、アメリカでMAを取るには2年かかりますが、イギリスでは1年で取れます。勿論、語学力に問題なく、すぐに入学出来る場合ですが・・・。奨学金の制度があるプログラムがあったりもするので、そういうのを調べてみるのも良いでしょう。選択肢の幅は広いです。
もし、大学や大学院への留学を考えているのであれば、日本の大学の先生の推薦状がものを言います。仲良くしておきましょう。大学での交換留学を考えているのであれば、特に何ら問題はないでしょう。
    • good
    • 0

>大学卒業後の留学は可能か?!



外資資本企業に勤めている者として、一言アドバイスを。

・ どの年齢でも留学は可能です。 費用については、留学の目的や留 学先に左右されるのが一般的です。
 
 ところで、留学の目的はなんですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!!!
目的は・・・外国で1年間勉強したい!
今はただそれだけにとどまっています。

お礼日時:2007/05/19 16:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報