人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

炭酸カルシウムと塩酸の反応と、マグネシウムと塩酸の反応について詳しく教えて下さい。
molについても教えて下さい

このQ&Aに関連する最新のQ&A

塩酸」に関するQ&A: 塩酸と硫酸の判別方法

A 回答 (4件)

 いづれも基本的な事ですので,教科書をご覧になった方が良いと思うんですが,過去にも類似質問がありますので紹介しておきます。



> 炭酸カルシウムと塩酸の反応
 QNo.166845 化学IB
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=166845

> マグネシウムと塩酸の反応
 QNo.170605 化学IB
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=170605

> molについて
 QNo.181270 高校で教えるモルの概念について
 http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=181270

 その他にもトップページ(↓)で「炭酸カルシウム 塩酸」,「マグネシウム 塩酸」,「モル」で検索すると多数ヒットします。

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/index.php3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/28 18:02

>詳しく教えて下さい。


簡単な内容は既にあるので省略して大学程度の内容ですね。最近の若い人はご存知ない用なので

炭カルもマグネも考え方は同じです。
室温程度で.融点よりも結構離れた温度の場合.結晶格子内へ陰イオンの進入がありません。したがって.結晶格子から沖合いへのイオンの移動を考えます。
融点近くなると.結晶格子に緩みがあるので.沖合いから結晶格子内へ陰イオンが進入し反応が進みます。
一方.0度K程度の低温の場合.結晶格子の振動がすくなく.こうしから移動はほとんどなく.界面程度で反応は停止します。金属と固体塩酸の反応です。

molは.重さの単位というか.個数の単位というか.どちらともつかないような意味合いがあります。定義については.適当に本を読んでください。

化学反応は.1個1個の分子・原子・活性基でおこります。だからたとえば2000個の反応が起こったとかの話しになります。ただ.0度C1気圧22.4リットルの気体には.約600000000000000000000000(0の数間違えたかも)個の気体の分子または原子(希ガスの場合等)が含まれているので.1個10個なんて.少ない数では取り扱いが面倒です。そこで.6かける10の23上個を1モルとして取り扱います。1モルの空気の平均の重さは約29グラムなんて話しです(平均分子量の内容はご存知ですね)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/28 18:03

弱酸塩と強酸の反応では、弱酸と強酸塩ができます。


 CaCO^3 + 2HCl → CaCl^2 + H^2CO^3

水素H^2よりイオン化傾向の大きな金属は、酸と反応して水素を発生します。
 Mg + 2HCl → MgCl^2 + H^2

モルとは、便宜的に取り決めた単位です。約6.02×10^23の分子や原子のまとまりです。

参考URL:http://www.geocities.com/yoshihitoshigihara/ionk …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/28 18:04

こんばんは


高校生ですか?
ヒントだけ教えますね。
炭酸カルシウムと塩酸の反応は塩の性質を調べて下さい。
弱酸と強塩基との塩に強酸を加えると、電離度の違いにより、弱酸が遊離することになりますよね。そうするとどのように反応が進かを考えて下さい。
強酸と弱塩基の塩に強塩基を加えると同様に反応し、弱塩基が遊離します。
例えば塩化アンモニウムにNaOHを加えた場合
炭酸マグネシウムも弱酸と強塩基との塩ですから同様の反応が起こります。
マグネシウム(金属)に塩酸を加えると水素が発生しますが、これは酸化還元反応です。
molについては基礎中の基礎ですから教科書を良く読んで理解してね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2002/06/28 18:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q炭酸マグネシウムの溶解

炭酸マグネシウムを溶かすには、どれくらいまでphを下げれば良いのですか?

Aベストアンサー

 直接の回答ではありませんが,第11改正薬局方の「炭酸マグネシウム」には次の記載があります。

【確認試験】
 本品1gを希塩酸 10 ml に溶かし,・・・

【純度試験】
(2)重金属
 本品 1.0 g を水 4 ml で潤し,希塩酸 10 ml を加えて溶かし,・・・
(4)ヒ素
 本品 0.40 g を水 1.5 ml で潤し,希塩酸 3.5 ml を加えて溶かし,・・・
(5)酸化カルシウム
 本品約 0.6 g を精密に量り,水 35 ml 及び希塩酸 6 ml を加えて溶かす。

【定量法】
 本品約 0.4 g を精密に量り,水 10 ml 及び希塩酸 3.5 ml を加えて溶かし,・・・

 なお,ここで言う希塩酸は,塩酸(特級)23.6 ml に水を加えて 100 ml としたもの(10 %)です。


いかがでしょうか。お役に立ちますか?

Q化学の授業で、塩酸と炭酸カルシウムの反応の実験をやりました。

化学の授業で、塩酸と炭酸カルシウムの反応の実験をやりました。
炭酸カルシウムを加えていくと、塩酸が真っ白になったんですけど、その後どんどん加えていくと、塩酸の色はどうなるんですか?真っ白のまま変わらないんですか?それとも、もとの無色透明に戻るんですか?
あと、その理由も教えてほしいんですけど。
わかりにくくてすいません。m(__)m

Aベストアンサー

塩酸(HCl)に炭酸カルシウム(CaCO_3)を加えると、炭酸カルシウムは塩化カルシウム(CaCl_2)というものに変わり、同時に二酸化炭素(CO_2)が発生します。

2HCl + CaCO_3 = CaCl_2 + CO_2 + H_2O

二酸化炭素は気体ですので飛んでいってしまいますが、塩化カルシウムは白色の固体です。
塩化カルシウムは水溶性があるのである程度は水に溶けるのですが、あまり溶け易い物質ではないので白色沈殿となって塩酸を白濁させたのだと考えられます。

また、加えている「炭酸カルシウム」は水に溶けない白色固体ですので、過剰に加えると塩酸を白濁させるだけです。

塩酸と炭酸カルシウムの量的な関係がありますので、一概には言えませんが、炭酸カルシウムを過剰に加えると行き着く先は白濁しかありません。

ただ、この実験で大切なのは、塩酸の白濁ではなく二酸化炭素の発生だと思いますよ。


人気Q&Aランキング