たびたび、申し訳ありません。

 Solaris8のインストールにおいて、皆さんからのアドバイスで
 ミニルートからの起動まで行きました。
 ただ、起動後正常ですとシステム情報収集の開始画面がでるはず
 なんですが、画面には×印のカーソルだけで何の画面も表示され
 ません。

 これより先に進むためにはどうしたら良いのでしょうか?
 機種はCompaq Proliant800です。
 
 ご教授の程、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

多分グラフィックカードがあっていない所為じゃないでしょうか。

Soft1/2からブートして、途中でKdmconfigをパスすれば3枚目までテキストでインストールできますよ。3枚目までインストールが出来たら、XサーバーをXFree86かAccelXに差し替えれば上手くいくと思います。
    • good
    • 0

Sparc版の記憶からいくと、mini root がインストールされた後、勝手に再起動されてインストーラが立ち上がり インストールが継続されるんですが、そこまで行かないわけですね?


再度、format command を実行せずに(すでに、Solarisの領域は確保は済んでいる訳ですから)最初からインストールし直すとどうなるのでしょうか?やはりだめでしょうか?

それがだめなら、Cunstom Jumpup Start に挑戦してみましょう。FD1枚必要になりますがDOS FormatのFDで大丈夫です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QSolarisが起動しなくなった・・・

こんにちわ。
今までSolarisを使用しメールサーバ等の運用をしておりました。かなりの年数が経っており寿命かなと思っておりましたところ、動かなくなってしまいました。
私が作業をしたわけではありませんので、詳しい状況はわからないのですが、再起動をしました。
しかし、その後は何度も何度も再起動の繰り返しで起動ができない状態になっております。使い慣れてるわけでもなく、スキルもないのですが、なんとかファイルを取り出したいと思っております。
WindowsでいうところのSafeModeなるものは存在しないのでしょうか?
お願いいたします。

Aベストアンサー

No.3において、誤りがあります。

>再度、システムをモニターモードで立ち上げて、
ok boot disk 0

ok boot disk0
です。

モニターモードでの診断は、ハードウエアの診断が主体ですので、ブートシーケンスについは、診断は出来ません。

1.モニターモードでの診断手順
ok > setenv auto-boot? false
ok > setenv diag-switch? true
ok > setenv diag-level max
ok > reset

ここで、システムは一度、リセってされて、その後診断結果が表示されます。その中に、何かエラーメッセージが表示されていないか。

単独に、
ok > show-disks
としたときに、Boot Device ........
に、エラーが無いかを確認します。

ブートイメージは、ハードディスクのスライス0から読み込みますので、ここで、エラーがある場合は、ブートは出来ません。

ok > test-all
全てのハードウエアテストを行ないます。同様に、エラー表示が無いかを確認します。

確認が終わったら、
ok > setenv auto-boot? true
ok > setenv diag-switch? false

ok > boot disk0 → 多分、ハードディスクは1台なので"0"だと思います。この部分で、再起動が始まる時は、ハードディスクのスライス0が、損傷をおこしていると思われますので、これ以上は、いかんともしがたいです。

繰り返しになります。
2.どうしても、データを吸い上げたいのであれば、スライス0以外は、損傷を受けていないことを前提に、このハードディスクを、正常なSparc Stationに組み込んで、マウントしてデータを取り出します。

3.今どき、SCSIインターフェイスの外付けのCDドライブはないとは思いますが、あれば、接続し、CDROM(バージョン7以降であれば、2枚目からブートします。)からブートします。

ok > boot cdrom -s

で、シングルユーザモードでログインして、ハードディスクをマウントして、データを取り出します。

データの取り出しは、cp(copy)、dd(disk dump)コマンドでも、そのほかのアーカイブコマンドのいずれでも可能です。フロッピーでも、ハードディスクでも、テープでも、いずれでも可能です。

最後に、アドバイスも、ネットでのやり取りでは、残念ながら、これが限度です。それと、ミッションクリティカルな業務でご使用であれば、テープでのバックアップは最低でも必要かと思います。解決をみることが出来なかったこと、お許しください。

No.3において、誤りがあります。

>再度、システムをモニターモードで立ち上げて、
ok boot disk 0

ok boot disk0
です。

モニターモードでの診断は、ハードウエアの診断が主体ですので、ブートシーケンスについは、診断は出来ません。

1.モニターモードでの診断手順
ok > setenv auto-boot? false
ok > setenv diag-switch? true
ok > setenv diag-level max
ok > reset

ここで、システムは一度、リセってされて、その後診断結果が表示されます。その中に、何かエラーメッセージが表示...続きを読む

QSolaris8(intel)の画面が白黒・・・直すには?

初心者です。よろしくお願いします。

今、練習用としてノートPC(Vaio PCG-887)に
solaris8Freeを入れることに挑戦しています。

一応動いたのですが画面が白黒&英語のみです。
画面の設定をちゃんとしたカラー画面に変更できないでしょうか。

インストールディスクは一枚目しか使ってないので、
二枚目と、日本語環境を入れるために使うらしいCDが
一枚まだ残っています。

また、インストール中に、ビデオの設定などを聞いてくる
画面があり、本来は「NeoMagic256AV」を選ぶべきと
分かっていますが、名前が無いのでとりあえず
「16color standart」と名前がついた名前を選択しています。

他のものだと、画面が真っ黒になったり、意味不明な
文字の羅列が現れてフリーズするようです。

回答、あるいは補足等のアドバイスをお待ちします。

Aベストアンサー

誰も答えていないようなのでちょっと失礼します。

まずチェックするもの
www.sun.co.jpから手繰れる情報としてHCL(Hardware compatibility list)
これでビデオカード(チップ)の情報を確認してください。

ざっと見たところ標準ではNeomagicは対応していないようなので特に驚くにあたらない動作だと思います。

Xが使いたい場合の対応策としては
1. Openwindowsを捨てる
2. SunのドキュメントにあるようにXFree86-4.0.3のビデオドライバを組み込む
の2種類があるようです。

私自身は昔(Solaris2.4 x86のころ)に使っていた時は2のような方法は無かったのとOpenwinは嫌いだったのでさっくりとXFree86をインストールしていました。

ただし、Openwin依存なアプリケーションやCDEを使いたい場合はがんばって2の対応策をとる必要があるでしょう。

2の対応策はintel版solarisのところに英語で説明があるのでがんばってやってみてください。

誰も答えていないようなのでちょっと失礼します。

まずチェックするもの
www.sun.co.jpから手繰れる情報としてHCL(Hardware compatibility list)
これでビデオカード(チップ)の情報を確認してください。

ざっと見たところ標準ではNeomagicは対応していないようなので特に驚くにあたらない動作だと思います。

Xが使いたい場合の対応策としては
1. Openwindowsを捨てる
2. SunのドキュメントにあるようにXFree86-4.0.3のビデオドライバを組み込む
の2種類があるようです。

私自身は昔(Solaris2.4 x...続きを読む

Qsolaris8でtomcatの自動起動

solaris8でのtomcatの自動起動を考えています。
そこで/etc/init.dにrcスクリプトを置こうと思っているのですが
中身をどのように書いたらいいかわかりません。
apacheやqmailのスクリプトを参考にしてみても
どうもうまくいきません。
特に環境変数の設定をどうすればいいのか・・・。
どなたかsolaris8でのtomcatの自動起動に
成功されている方、アドバイスを頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんな感じでどうでしょうか?
パスは環境に合わせて変えてください。


#!/bin/sh

JAVA_HOME=/usr/local/j2sdk1.4.1
CATALINA_HOME=/usr/local/jakarta-tomcat-4.1.7
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export JAVA_HOME CATALINA_HOME PATH

case $1 in
'start')
if [ -f $CATALINA_HOME/bin/startup.sh ]; then
echo "Starting the tomcat service."
su - -c "$CATALINA_HOME/bin/startup.sh"
fi
;;
'stop')
echo "Stopping the tomcat service."
su - -c "$CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh"
;;
*)
echo "Usage: $0 {start|stop}"
;;
esac

こんな感じでどうでしょうか?
パスは環境に合わせて変えてください。


#!/bin/sh

JAVA_HOME=/usr/local/j2sdk1.4.1
CATALINA_HOME=/usr/local/jakarta-tomcat-4.1.7
PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
export JAVA_HOME CATALINA_HOME PATH

case $1 in
'start')
if [ -f $CATALINA_HOME/bin/startup.sh ]; then
echo "Starting the tomcat service."
su - -c "$CATALINA_HOME/bin/startup.sh"
fi
;;
'stop')
echo "Stopping the tomcat service."
su - -c "$CATALINA_HOME/bin/shutdown.sh"...続きを読む

QSolaris7(SPARC版)起動時のエラーについて

Solaris7(SPARC版)にてマシンを起動し、デスクトップにログインすると
以下のメッセージがコンソールに表示されます。
どうすれば、解消されるのでしょうか?
clover sendmail[208]:unable to qualify my own domain name (clover) -- using short name
ここで、cloverはホスト名です。
ホスト名は2文字以上であればOKだと思うのですが…。

Aベストアンサー

メッセージを出さないようにする簡単な方法は、
ホスト名の後ろに「.」つきのホスト名を追加することで
でなくなります.

例)
192.168.1.1   clover   clover.

自ホストがドメインに含まれていないからです。
「.」を追加することによってドメインに参加していると
認識されます。

QSolarisが起動しなくなりました。

いつもこちらで大変お世話になっております。
昨日からなのですが、Solarisが起動しなくなりました。
原因としては、昨日Solarisが固まってしまって仕方なく電源を落としてしまいました。
その後電源を入れても必ず
Type Control-d to proceed with normal startup
(or give root password for system maintenance):
というメッセージが出てrootのパスワードを入れると#のプロンプト画面になるのですが、その後どうすればよいか検討がつかず困っております。
ちなみにWhoコマンドを打つと一人ユーザーがログインしてしまったままのようです。
終了もうまいこといきません。
Shutdownコマンドを打つと
/tmp/sh930:cannot create
というメッセージがでます。
Solarisは最近かじり始めた程度なので、本当に初心者です。
ご存知の方いらっしゃいましたらどうか教えてください。

Aベストアンサー

>Type Control-d to proceed with normal startup

CTRL-Dは入れてみたことはありますか?
特にシステムに問題がなければ通常どおり起動するように思いますが。
fsckなどでディスクのエラーチェック、ファイルシステムの復旧などで、通常よりははるかに時間がかかるような気はしますが、これで起動して使えるようなら問題ないでしょう。


>(or give root password for system maintenance):
ここでルートのパスワードを入れるのは、
シングルユーザーモードでのルートログインになると思いますので、通常の状態とは異なります。
特に他のユーザーやデーモン等にじゃまされず、復旧作業等が行えるように、
ルートのみログイン状態にしているわけです。

あと、シングルユーザーモードでは通常はshutdownは使わないと思います。マルチユーザーモード時に使うものだったと。
logoutしてマルチユーザーモードに移行するか、
haltするかだったのような・・・。

マルチユーザーモード,シングルユーザーモード、ランレベル等について調べてみてください。

>Type Control-d to proceed with normal startup

CTRL-Dは入れてみたことはありますか?
特にシステムに問題がなければ通常どおり起動するように思いますが。
fsckなどでディスクのエラーチェック、ファイルシステムの復旧などで、通常よりははるかに時間がかかるような気はしますが、これで起動して使えるようなら問題ないでしょう。


>(or give root password for system maintenance):
ここでルートのパスワードを入れるのは、
シングルユーザーモードでのルートログインになると思いますので、...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報