物理の半導体関連のERP Paradoxというのは何ですか?
ネットで調べたのですが、よく分からず、お手上げ状態です。
知っている方、関連した本等を知っている方、どうか、教えてください。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

Einstein-Podolsky-Rosen のパラドックス。


電子回路というよりも量子論の基礎的な問題であり、分野としては「量子力学における観測の理論」です。

 量子力学の標準的解釈では
S:「観測(測定)がなされるまでは状態は決まっておらず、観測された瞬間に、ある状態に決まる」
という考え方をします。これに対して「そりゃあおかしいんじゃねえの?」という反論として提案された「思考実験」がこのパラドックス。

反論:もしそういう解釈が正しいのであれば、以下のようなことが起こる
(1) まず、二つの量子A,Bの状態を絡み合いにさせます。一方がスピン上向きならもう一方は必ずスピン下向きである、というように。だから、Aのスピンを測ってみれば、Bのスピンも分かる。言い換えれば、Bのスピンを測る方法として「Aのスピンを測る」というやり方もある、というわけです。
(2) でも、まだ測定は行いません。そして、二つの量子をうんと引き離します。たとえば1光年でも。この時点では、それぞれの量子はスピンが「上向きである」という状態と「下向きである」という状態、その両方が「重ね合わせ」られた「混合状態」にあります。どちらとも決まっていません。
(3) さて、量子Aの状態を計測します。この瞬間、量子Aはスピンが上向きであるか、下向きであるか、どちらかに確定します(純粋状態)。するとその瞬間に、他方の量子Bも自動的にスピンが上向きであるか、下向きであるか、どちらかに確定してしまう。

 でも、二つの量子は1光年離れているんです。これって、情報が一瞬にして(光速を越えて)伝わったってことにならないでしょうか?(EPRのパラドックス)。それは不可能だ。だから、解釈Sは間違ってる!!

 最近になって、この実験を実際に行えるようになりました。そして、驚くなかれ、まさにこのような事(3)は起こる、と実証されました。一瞬にして、AからBへ、変化が伝わるんです!!それで、今ではEPRパラドックスとは言わず、EPR実験と呼ばれています。

 じゃあ、これで超光速通信が可能になったの? 残念ながら、このやり方では実質的な情報は送れません。((3)の場合なら、Aのスピンがどっち向きかは測ってみるまで分からない。ですから、Bの方が確定したからといって、両方で情報を伝えたことにはなりません。)いろんな工夫が試みられたけど、ダメです。

 自然はなんと旨くできていて、かつ不可解であるか。そして、量子力学は何と正確であることか...と思ってしまいます。

 EPR実験の方法と意味についての易しい解説は、多分ブルーバックスあたりにありそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な分かりやすい回答を頂きまして、本当にありがとうございました。

(3)は起こる(!)と実証されたってすごいことですね。
どうしてこんなにうまくできているのかすごく不思議です。

ERP実験に関してもいろいろと調べてみようと思います。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/01/20 20:57

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q塾の先生お手上げの物理基礎

水平と(θ<45°)をなす粗い斜面上に物体Aが静止している。
θを次第に大きくしていって、θ=45°になった瞬間、物体Aは斜面をすべりはじめるときにおいて。


45°になる直前、まだ物体は静止しているから力はつり合っている。そして、45°になって一瞬物体は最大静止摩擦力が働いて力は()。そして一瞬をすぎてから力はつり合ってない状態となる。

()の中には。

つり合っているorつり合ってもつり合っていなくもないorつり合っていない

のうち何が入りますか?


因みに、塾の先生にはわからないといわれました。


物理の初心者なので、出来るだけ詳しく、分かりやすい回答お願いします。

Aベストアンサー

> つまり、最大静止摩擦力が働いているときは釣り合っているってことですか?
そういうことになりますが、
この出題者は、「静止摩擦」と「最大静止摩擦」が別物のように考えていると思いますが、そんな区別があるわけではありません。
「静止摩擦」は、かかる力と同じ大きさの摩擦力になる(吊り合っている)ので、かかる力が変わると、「静止摩擦」も変わってきます。そのなかで最大の値のことを「最大静止摩擦」と呼んでいるだけのことで、特別な現象をさすのではありません。

そのため
> ”一瞬”物体は最大静止摩擦力が働いて
という表現はおかしくて、
静止摩擦が徐々に増えていって、ついにその値が最大静止摩擦を超えたとき、滑り始める。
という形の書き方にしないといけないわけです。

なお、この問題とは関係ありませんが、つねに最大静止摩擦が動摩擦より大きいわけではありません。たとえばアルミとアルミの摩擦では動摩擦のほうが大きいそうです。

Q2質点が万有引力で引き合っています。お手上げ状態です・・・

力学の問題が解けません

質量がm1とm2の2つの質点が、最初、直交座標で(-l,0,0)および(l,0,0)の地点にあり、お互いの万有引力だけを受けて運動する。それぞれの初速は(0,2V,2v)および(0,-V,v)である(Vとvは速さの定数)。

という問題において、
全運動エネルギーはどのような時に大きくなり、どのようなときに小さくなるか。
という問題と
重心に固定した座標系で表現したとき、質点の運動が定常的な円運動になるためのvに対する条件は?
という問題が解けません。

とりあえず運動エネルギーの時間変化を調べるべく
運動エネルギーを求めて時間微分しようとしたのですが、わからないんです。
お手上げ状態です・・・

どなたかわかりやすく教えてもらえないでしょうか?

Aベストアンサー

>x-y平面からちょっとz軸に軌道面がずれた感じの・・・
そこまで要求されているのですか?
問題を読まないとわかりませんが、同心円を2つ描いて、位相がπ
ずれて同じ回転方向に運動する様子を描いただけではダメかな?

私もだいぶ勉強になったので、引用整理させていただきました。
ご了承お願いするとともに、参考になりましたら。
http://www14.atwiki.jp/yokkun/pages/36.html

>よければわかりやすい参考書を教えていただきたいのですが・・・
私は学生ではありませんが、学生時代は怠学傾向の物理学徒でした。
むしろ卒業してから物理のおもしろさを実感し、学び直しています。
そんなわけで、参考書をおすすめできる立場でもありませんが、
おもしろいと感じたテキストを易しい順に3つあげておきます。
(1) ファインマン物理学 「力学」  ファインマン
(2) 「力学---新しい視点に立って」 バージャー、オルソン
(3) ランダウ-リフシッツ理論物理学教程 ランダウ、リフシッツ

Q半導体物理に関して高度なことが書かれている本を教えて下さい。

http://www.amazon.co.jp/dp/4563032999/

半導体について書かれている本で上記のものは非常に高度だということをネットで調べていて分かったのですが
更に発展的なことを勉強したい場合他にどのような本があるのでしょうか?
出来れば日本語で書かれている本でお願い致します。

Aベストアンサー

御子柴先生の本は他の学部生向けの本より少しつっこんだ話が書いてあり、私も学部生の時に読ませていただき、いい本だと思いました。

しかしこの本は大学4年生向けだと思いますので、この本が非常に高度だとお感じならば、次の大学院生向けの本はさらに難しいのでお薦めできないかもしれませんが、
1)吉岡書店、ジーガー著「セミコンダクタの物理」(上下)
2)共立出版、川村著「半導体の物理」
  渋めだけど難しい。廃版になっているかな?
3)シュプリンガー東京、ユー、カルドナ著「半導体物理の基礎」
バンド理論でなくて、化学結合から半導体を記述した
4)吉岡書店、???「半導体結合論」
5)???、ハリソン「???」

Q塾の先生お手上げの物理基礎

水平と(θ<45°)をなす粗い斜面上に物体Aが静止している。
θを次第に大きくしていって、θ=45°になった瞬間、物体Aは斜面をすべりはじめるときにおいて。


45°になる直前、まだ物体は静止しているから力はつり合っている。そして、45°になって一瞬物体は最大静止摩擦力が働いて力は()。そして一瞬をすぎてから力はつり合ってない状態となる。

()の中には。

つり合っているorつり合ってもつり合っていなくもないorつり合っていない

のうち何が入りますか?


因みに、塾の先生にはわからないといわれました。


物理の初心者なので、出来るだけ詳しく、分かりやすい回答お願いします。

Aベストアンサー

つり合っている に 一票

静止摩擦は「かみあい」です。つまり滑り始める瞬間
微細な何かが「壊れ」て「外れ」るわけです。その瞬間まで
つり合ってます。

QP形半導体の正孔密度と温度の関連性について

半導体(外因性半導体)に関して、キャリア密度の温度特性について勉強しています。
n形半導体の電子密度と温度の関係においては、低音から温度を上げていくと3領域からそれぞれ密度の上昇率が変化するということは理解できたのですが、
これがP形半導体と正孔密度に関する事となると、正孔がそもそも仮想的な概念ということからうまく説明がつかなくなってしまいます。

この正孔密度の場合についてもやはり温度帯域によって密度は変化するのでしょうか?
どなたかP形半導体の正孔密度と温度依存性に関してご教授して頂けると助かります。

Aベストアンサー

こんばんは。
一応、半導体関連の元開発技術者です・・・というわりには大した回答ができませんが、

N型、i型、P型 は、それぞれ、
酸性(酸)、中性、アルカリ性(塩基)
にたとえることができます。

常温では、濃度積[H+][OH-]= 10^(-14) (mol/L)^2
中性のときは、
[H+] = [OH-]
つまり、[H+] = 10^(-7) なので、これを中性(pH=7)と言います。
酸を混ぜたとき、たとえば、[H+]が10^(-7)から

濃度積は、温度が上昇するにつれて、大きくなっていきます。
これらのことから、
[H+]+[OH-] ⇔ [H2O]
は、対消滅と解離が絶えず繰り返されている熱運動であることを示唆しています。


さて、
半導体でも、溶解度積と同様に、
[n][p] = 温度に依存する定数
という式が成り立ちます。
なぜならば、
ホールというものの実体はないにしても、
電子とホールは、対消滅と「解離」ができるペアだからです。

p型半導体では、[n]よりも[p]のほうが著しく大きいですけれども、
あくまでも、
[n][p] = 温度に依存する定数
の関係は保たれます。
つまり、n型と同じことが起こることは、自然と類推されます。

「温度帯域」については知りません。

こんばんは。
一応、半導体関連の元開発技術者です・・・というわりには大した回答ができませんが、

N型、i型、P型 は、それぞれ、
酸性(酸)、中性、アルカリ性(塩基)
にたとえることができます。

常温では、濃度積[H+][OH-]= 10^(-14) (mol/L)^2
中性のときは、
[H+] = [OH-]
つまり、[H+] = 10^(-7) なので、これを中性(pH=7)と言います。
酸を混ぜたとき、たとえば、[H+]が10^(-7)から

濃度積は、温度が上昇するにつれて、大きくなっ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報