今日のニュースで(あまりよく見てないので詳しくはわかりませんが)アメリカ?で自分の子供を他の人に売ると言うようなことがやっていたんですがこれは人身売買にならないんでしょうか?
ちょっと気になったので知っている人がいたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

今回の場合は、違法だが違法じゃない、という結論です。


個人的には、そんなこと認められない!とこのニュースを見た途端から今でも思ってますが、法律上は微妙なんです。

今回のお金を「商品代金」として捉えるか「手数料」として捉えるかの問題です。
今回の場合「HPのあるサイト(自分のでも他人のでも)に自分の子供の写真を載せ、養子縁組をするサイトがあり、載せてみた。そうしたら世界中からその子供を養子に欲しい、との希望があり、子供を養子に出す際に養親からお金をもらった。(金額はどのように決定されても良い)」
ということになります。
この場合、あくまでお金は「養子縁組した際の諸費用」という考え方となり、即違法とはなりません。金額が客観的にみて異常に高額であれば、人身売買として捉えられますけど。FBIの捜査に注目です。
違法性を問うなら、子供の実の両親(お金を受け取った方)に対する詐欺罪となります。もちろん2回目についてはその時点で実の親のほうに人身売買を禁止した法律の違反に問えます。
ただし、養親に対しては違法性を問うのは難しいようです。
これは、2組の夫婦とも子供が欲しいために養子縁組のサイトを見て応募した「善意の第三者」であり、その人達は被害者となるからです。
したがって、これについては当事者同士の話し合いで解決するしかありません。
もっとも、どちらの夫婦も子供が欲しいのに出来ないというカンジですので、解決は長引きそうですけど。
最後に。あなたとしては「絶対許せない!」という回答を期待してたと思います。私のことを冷たい人間と思うかもしれませんが、それが法律なのです。
ま、子供を使ってお金をもらおうなんて親はいて欲しくないですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございました
法律のことはよく知らなかったので勉強になりました
疑問に思ったのですが(私が言えることじゃないですが)養子をあっせんする業者は必要なんでしょうか?
手数料と言うのが理解できません国やボランティア団体では不可能なんでしょうか?
世の中のことはよくわからないのであまり言えませんが・・・
また私はfansさんは冷たい人とは思っていません

お礼日時:2001/01/20 23:00

アメリカでは養子をもらうときにその親に対してお金を払うという習慣があるという話を聞いたことがあります。


日本でもテレビで見た子役の女の子を気に入ったアメリカ人夫婦が
その子を数千万円払って養子にしたいと申し出たという話を新聞で読んだ記憶があります。
もっとも20年近く前の話なので今は州法や連邦法も変わっているかもしれませんが・・・。
子供をお金でやりとりするなんて個人的にはかなり許せないですね!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もそう思います。
人を人としてじゃなく物扱いしていると思います。
人権も何もない

お礼日時:2001/01/20 12:28

james007yyさん、こんにちは。



ちょっと、うろ覚えなんですが・・・
本人は売ってなどいないと主張していますね。(限り無く疑わしいが)
本人曰く、里子に出したようなもんだそうです。で、間に入ったコーディネート会社が勝手に値段を付けて売ったんだ!と主張していますね。
で、そのコーディネート会社が、本来イギリスの夫婦に70万円で売るはずが、アメリカの夫婦から140万円の提示があったので、前のイギリス人夫婦を勝手にキャンセルしアメリカ人夫婦に売っちゃった・・・というのが顛末だそうです。
ところで、当のお母さんはこの双子の父親とはとうに離婚し、新しい男と一緒になるそうで、その際前父との子であるこの双子が邪魔になり、今回のような事件今で発展してしまったようです。
このお母さん今は子供を取りかえしたいと言っているようですけど、このお母さんの元ではこの双子は幸せになれないと思います。
嫌な話ですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もそう思います。
他の夫婦と一緒に暮らす方がいいと思います。
又インターネットの新たな「人身売買の手口」として注目を集めており、米連邦捜査局(FBI)も捜査に乗り出している。とtubutubuさんが教えてくれたサイトで
載っていましたが調査するまでもなく人身売買だと思いますがね~

お礼日時:2001/01/20 00:08

ここにそのニュースについて書いてありますので、参考にして下さい。


人身売買ではないかと調査に乗り出すようですよ。

参考URL:http://cnn.co.jp/2001/WORLD/01/19/internet.twins …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました
いろいろと詳しいことがわかりました。

お礼日時:2001/01/19 23:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q近所で水が売られています。 近所の人、地元の人に売る金額と、他県からき

近所で水が売られています。 近所の人、地元の人に売る金額と、他県からきた人では販売価格が違います。地元の人に売る金額のほうが安いです。
少し不自然な気がしますが、商法的にいかがなものでしょうか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

価格など人の顔色を見て決めるものです

誰にいくらで売ろうがそんなことは売る人間の自由です

公共扱いとされるものは勝手に金額を変えることはできません

(たとえばバスやタクシーの運賃)

Q人身売買?

はじめまして。都内で小さな人材派遣業を営んでおります。
今回、現在当社に在籍している従業員さんを対象に「紹介キャンペーン」というのを行ってみようと思います。同業他社さんの受け売りなのですが、当社の派遣従業員さんが知り合いを紹介してくれたら、紹介した派遣従業員さんに当社から現金を支払うというものです。しかし知り合いから、「人身あっせん」となり違法なのでは??と忠告され実施できなくなっています。これは違法なのでしょうか?「現金」というのがダメなのでしょうか?現金ではなく商品券ならOKなのでしょうか?誰か教えてください。

Aベストアンサー

ちょっと検索してみたのですが、
テンプスタッフでは紹介実績に応じて商品券などを付与していますので
やり方によっては違法とならないようですね。

労働問題に詳しい弁護士や行政書士、経営コンサルタントに相談してみてはいかがでしょう。

派遣事業には、仕事を求める人にニーズに合った派遣先を紹介して
双方が納得できる労働環境を構築できる可能性があると思います。
派遣事業に対する風当たりは強いですが、現場の努力でよりよく発展していくものだと信じています。

参考URL:http://www.tempstaff.co.jp/personal/know/kn_friend.html

Qどこから人身売買になるのか。

例えば赤ん坊を売買すればそれは確実に人身売買です。
でも精子や卵子の売買は普通に行われていると聞いたことが
あります。

代理母にしても子宮を貸した女性には報酬が払われており
これを上記の卵子売買と絡め、女性の卵子を売り、同時に
子宮も貸すとすれば脱法になるのでしょうか?

いったいどこまでは売買してよくて、どこから売買しては
いけないのかご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

いずれにしても日本国法で人身売買に該当するのは出生後の人間についてです。

出生前の卵子や精子の売買について日本国法では特段の規制は無いから、原則として自由です。捕捉に書かれているように、個別具体的な態様によっては外形的にその他の法律に違反する場合が「無いとは言えない」ということになると思います。

具体的にこのような行為を行ったけれどもそれが違法かどうかというご質問でしたら、より具体的な状況を書かれてご質問なさった方がよろしいかと思います。
具体的な事情を書くことに支障がないのなら。

Q遡及効による他人物売買

詐欺取消等の遡及効により、前提となる売買契約が無効になった場合に
は、転得者である第三者は他人物売買の買主になりすが、この場合の他
人物であることへの善意悪意は単に他人物であるとことを知らなかった
かでなくて、遡及的に取消されることについての善意悪意と考えるので
しょうか?
詐欺等の場合はそうだったと思うのですが、詐欺に限らずに遡及効のあ
るものについては普遍して考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは

私が質問者様の問題の所在について、勘違いしていました

最初の質問を変えるに


A所有の不動産が、AからB,BからCへと所有権を移転し、登記も経由した後に
AB間の取引が詐欺等取消し事由のあるもので、取消された場合、
第三者Cの保護につき、民法561条によってBに損害賠償をする際の
<契約の時においてその権利が売主に属しないことを知っていたときは>
とは、どういう意味か?また、561条によって損害賠償を出来ない場合で、
415条によって請求できるのはどういう場合か?」


ということでよろしいでしょうか?

であるならば、おっしゃるとおり
取消し事由のあることを知っていたことです。
取消し事由の種類によって、ほかの解釈をすべき、とする学説・判例は
聞いた事がありません

なお一回目の補足で
「詐欺の事実を知っていた第三者が、他人物売買につき売主から
損害賠償を請求することが出来るのはどうかと思われます。」
とありますが、損害賠償の範囲は信頼利益に限られます

取消し事由のあることを知っていた場合でも、判例では、
415条の債務不履行に基づく損害賠償ができると言われていますが、
どこまで賠償されるかについては、個別具体的に考える必要があります


>この場合には「契約のときにおいてその権利が売主に属しなくなること
となる詐欺等の事実について知っていた」と修正しないとまずいのでは
ないかということでした。

民法は1000条少々の条文で、私法の一般法を規定しているので、
条文自体で、すべての事例を個別具体的に規定しているわけでないし、
出来るはずもないです

なので、「解釈」が重要になるとよく言われるわけです

こんにちは

私が質問者様の問題の所在について、勘違いしていました

最初の質問を変えるに


A所有の不動産が、AからB,BからCへと所有権を移転し、登記も経由した後に
AB間の取引が詐欺等取消し事由のあるもので、取消された場合、
第三者Cの保護につき、民法561条によってBに損害賠償をする際の
<契約の時においてその権利が売主に属しないことを知っていたときは>
とは、どういう意味か?また、561条によって損害賠償を出来ない場合で、
415条によって請求できるのはどういう場合か?」


ということで...続きを読む

Q他人物売買についてです。

売主が他人の権利を売買の目的とした際に、売主がその権利を取得して買主に移転できない場合、売主に責任があれば、「善意の買主」は担保責任に基づく損害賠償請求と債務不履行責任に基づく損害賠償請求ができると思うのですが、どちらを適用することになるのでしょうか。
ご教示よろしくお願いいたします。
【参考】
第四百十五条 債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。
第五百六十条 他人の権利を売買の目的としたときは、売主は、その権利を取得して買主に移転する義務を負う。
第五百六十一条 前条の場合において、売主がその売却した権利を取得して買主に移転することができないときは、買主は、契約の解除をすることができる。この場合において、契約の時においてその権利が売主に属しないことを知っていたときは、損害賠償の請求をすることができない。

Aベストアンサー

そもそも移転すらしていないのなら単に債務不履行だと思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報