今、すごい勢いで歯医者に通っています。小さな虫歯を見逃さない歯医者さんだったので、とにかく治療、治療、です。でも状況説明は納得いくまでしてくださるし、虫歯の治療の最中にも、手鏡を渡されて、今どうなっているのか、どこまで虫歯がひろがっていたのか、を見せられます。その分、その歯医者さんを信頼することもできたし、治療すること自体に不満はありません。ただ・・治療費が高くて。治療は、虫歯をきれいにとりのぞき、金属などで埋めています。お金がないということは伝えてあり、どうしても金属でなければならないという個所以外は保険の範囲内でやってもらっていますが、それでもどうしても金属の歯がすでに4本(金属以外は)1本の治療につきだいたい5万円以上かかります。4万5千円+金属代ということでした。その4万5千円というのは基本料金ということなのでしょうか?とにかく、今支払っているこの治療費はどこの歯医者さんでもだいたい同じような値段なのでしょうか?高いですか?妥当ですか?

A 回答 (3件)

今の歯科治療ではよほど特殊な場合を除いて保険の治療が可能です。



インレー(詰め物)ですと、大きな詰め物に白い物(セラミックやハイブリット)を要求したり、特殊な金属(金合金や金-プラチナ合金等)を使わない限り保険内での治療が可能なはずです。
質問者様がそれらを要求し、歯科医師から自費で治療を行う旨の説明があったのでしたら概ね妥当な金額かとおもいます。

しかし保険治療を要求した上でこの金額を取られたとしたら、これはもはや保険の治療費とは考えられませんので大いに疑問がある治療、と言う事になります。

現在の治療が保険か自費か、それは自身が要求した事かどうか(自分は保険を希望した事)、その辺を今一度確認されたほうが良いと思いますが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。自費治療費の分の金額ですので、やはり妥当ということですね。説明はもちろんあり、同意の上です。ただ、今年に入ってから半年間の間に全部で8本治療し、そのうち、4本を自費治療でやっています。詰め物のかしょがあまりにおおきく、これを金属の加工、歯との密着性、強度、腐食などの面から考え、金、金-プラチナ合金などを入れる必要性を説明されました。隣接する小さな虫歯は保険の範囲内で、どうしても必要な部分だけに限って自費でやっております。長持ちするなら、とはじめのうちは簡単に了承したのですが、そのあと、あまりに何本も入れることになるので、正直、お金がついていかず、質問させていただいた次第です。

お礼日時:2007/05/23 14:37

自費の治療ならば高くは無いです

    • good
    • 0
この回答へのお礼

自費の治療費です。文章がわかりにくくてごめんなさい。その際、金属代は5~6千円(大きさによる)でしたが、基本料金の4万5千円に何が含まれているのかがよくわからなかったのです。

お礼日時:2007/05/23 14:29

高いと思います。

保険ではそんな価格になることはありえません。保険の金属を使ったばあい、型を取るのに1000円~1500円くらい。金属をはめるのに1500円~2000円くらいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。質問を書いたあと読み直したらとてもわかりづらい文章でした。ごめんなさい。4万5千円+金属代は、自費診療です。それ以外は保険でできる範囲でやってもらっています。

お礼日時:2007/05/23 14:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q歯科医師によるインレー装着の精度

現在、インレーを(金属)交換しようと歯医者を探しています。
元々装着したときの歯医者には通っていません。

レジンを使った治療では先生の腕の良し悪しが出るというようなことを聞いたことがありますが
インレーの装着(正確には虫歯の治療として歯を削って型を取るところからですが)で先生の腕(技術面のみ)の良し悪しがでますでしょうか?

インレーそのものは歯科技工士が作成するようですが装着時に歯にフィットさせるために
以前、若手の先生が何度かインレーを削り、装着し、外してまた削るという調整作業を繰り返されたことがあり少し不快な経験がありました。もちろん、それで精度が高くなるのなら良いのですが結局はこれが上手な治療だったのか今でもわかりません。
また、同じ歯科医院で一発できっちり装着してもらったことがありますがこの時は年配の院長でした。

職人さんのような感じでやはり年配の歯科医師の方が技術精度が高くなるものでしょうか???
それともインレーの装着はたやすい作業で医師によって技術精度なんて殆ど差がないものでしょうか???

Aベストアンサー

>インレーの装着(正確には虫歯の治療として歯を削って型を取るところからですが)で先生の腕(技術面のみ)の良し悪しがでますでしょうか?

良し悪しは、歯科医の技術差、プラス、インレーを作成する側(主に歯科技工士)の技術差が影響すると思います。

虫歯になっている部位の形成とか型の取り方が悪いと、仕上がったインレーがピッタリおさまらないこともあり得ます。

インレーを作成する側の技術が劣る場合、出来上がったインレーの噛み合わせに問題があったときは、質問文中にある「先生が何度かインレーを削り、装着し、外してまた削るという調整作業を繰り返されたことがあり」という事態に遭遇するでしょう。
噛み合わせの調整のため、何回も装着・取り外しを繰り返すと、インレーの辺縁を傷つけることになり、精度に影響を与えることも考えられます。

>職人さんのような感じでやはり年配の歯科医師の方が技術精度が高くなるものでしょうか???

手技を伴う作業です。一概には言えませんが、歳を召されておられる歯科医に技術精度を期待するのはキツイと思います。

窩洞にインレーを一発で装着できるのが一番良いのですが。
技能の良い歯科を探し当ててください。

>インレーの装着(正確には虫歯の治療として歯を削って型を取るところからですが)で先生の腕(技術面のみ)の良し悪しがでますでしょうか?

良し悪しは、歯科医の技術差、プラス、インレーを作成する側(主に歯科技工士)の技術差が影響すると思います。

虫歯になっている部位の形成とか型の取り方が悪いと、仕上がったインレーがピッタリおさまらないこともあり得ます。

インレーを作成する側の技術が劣る場合、出来上がったインレーの噛み合わせに問題があったときは、質問文中にある「先生が何度かインレ...続きを読む

Q自分は今 すごく 大きな虫歯で 歯医者に通って 今日で20回目くらいになります、ですが 治療中の 歯

自分は今 すごく 大きな虫歯で 歯医者に通って
今日で20回目くらいになります、ですが 治療中の
歯が痛みます (神経の治療)をしています いまは、
治療をして 歯医者さんで 削った穴にフタをしています 治療とフタの繰り返し3目くらいになります!
歯の神経の治療中は、痛むものなのでしょうか??
歯医者の医師にも まだ 聞いていなかったので 知識のある方 教えてください。ちなみに よく歯医者に行くと
削った穴に 何かを 入れて ギコギコ 医師が しています
、それは 何ですか?

Aベストアンサー

恐らく神経の治療ではありません・・・・最初は神経が残っていたのかもしれませんが、恐らくはすでに神経は壊死していて 周囲の骨にまで感染が及んでしまった状態なのでしょう。
こうなると治療はかなり長引きます。20回はおろか、ヘタすりゃ数年間かかっても治癒しないケースもあり得ますねぇ~ もちろん現在は何もしないでもズキズキと痛むと言う事は無いと思います。
ほとんどのケースでは、噛むと痛い・響く・叩くと痛い等の 軽微な痛みが慢性的に続いていると思います。こういう痛みは神経や歯その物の痛みでは無く、周囲の歯周組織・特に歯根膜の感じる痛みであって「歯根膜炎」と呼ばれる事が多いですねぇ~
こういう場合の治療法は、まずその歯の負担をできるだけ軽くする事です。すでに 上下の歯は噛みあわない状態に削り込んであるはずです。さらに 感染根管治療と言い、虫歯でできた穴の中や 神経のあった穴の中を リーマやファイルと呼ばれる細い針金で それこそ丁寧に少しずつギコギコと削り込んで行きます。これは 歯の中の感染した部分をできるだけ機械的に取り除き その穴から消毒薬を歯や周囲に拡散させるための治療です。従って何度も何度もしつこく繰り返します。今の歯科医学では 痛みが続く場合には まず最初に徹底的にやるべき治療なんです。
ただ まれにではありますが、この作業中にチクッとした痛みを感じる事があります。これは神経の微弱な取り残しがあったり 根の先で細かく枝分かれした神経が残っている場合にみられ、その神経を取り除くためにも 少しずつ針で穴を削っているわけです。さらに問題なのは、このチクッとした刺激が、歯の根を通り越して骨の中まで針が刺さってしまった場合です。これは 年齢の若い方に多いのですが、歯の根の先端部がまだ幼弱で完全に封鎖されていないために 針が突き抜けてしまう刺激による物です。こういう場合には、針を突き抜けないように根の先端部を削り込んでから薬剤等を用いて先端部を封鎖する事になるのですが・・・・・口で言うほど簡単な事ではありませんねぇ~ どうしても時間と回数がかかってしまいます。
その他にも いわゆる難治性歯根膜炎と呼ばれる場合がありますが、最近ではなかなか痛みが取れない・通常の治療では治りづらい症例に対して様々な治療法が考えられています。
先制鎮痛法・ステロイドによる疼痛管理・3Mix等の抗菌剤の応用・レーザー高周波治療・ニューロパーシー性疼痛に対する心療内科的アプローチ・マイクロスコープによる根管治療・・・・等々。
そうなると、根管治療の専門家の分野になりますから、大学病院等を今の歯医者さんに紹介してもらうのがベストになるでしょう。いずれにしても もう少し様子を見て 再度歯科医師に治療回数などを相談してみて下さい。根管治療の専門家の事も その際には聞いてみるのも良いと思います。

さて 他の方の解答にもあるようですが・・・・・根治の治療回数が増えると言う事は 歯科医師にとっては非常に困りものです(ーー;) なんせ1回の治療でもらえる収入は 400円程度。
その中から材料費・薬剤費・電気等の経費・スタッフの給料等々・・・・ほぼ確実に足が出ます。歯科治療の中で最もお金にならないのが この根管治療なんです。
一時間やっても400円ならば 経費のかからない分 コンビニでバイトした方がマシなくらい。従って やればやるほど経営的には損をしているのですよ~~(;>ω<)/
ちなみにアメリカでは 1回で2万円。1本の歯の治療が完了すると20~30万円ですか・・・・1回の治療で数時間かけでも採算が取れます(^o^;... 日本だけなんですよ~ これほど根治が安く抑えられているのは。
まぁ そういうわけですから・・・・・世間知らずのいいがかりには注意して下さい。皆さん信じないように!×2

恐らく神経の治療ではありません・・・・最初は神経が残っていたのかもしれませんが、恐らくはすでに神経は壊死していて 周囲の骨にまで感染が及んでしまった状態なのでしょう。
こうなると治療はかなり長引きます。20回はおろか、ヘタすりゃ数年間かかっても治癒しないケースもあり得ますねぇ~ もちろん現在は何もしないでもズキズキと痛むと言う事は無いと思います。
ほとんどのケースでは、噛むと痛い・響く・叩くと痛い等の 軽微な痛みが慢性的に続いていると思います。こういう痛みは神経や歯その物の...続きを読む

Q歯科の保険外治療(インレー)の価格について

現在、治療のために歯科に通っています。
保険のインレー(銀色)が外れ、軽く虫歯になっていたので、少し削りました。
そして今後の治療について、保険内で今までのような銀色のインレーにするか
保険外で白い物にするか、という選択をしなければなりません。

保険外での価格は、インレー(小)で11,000円、インレー(大)で13,000。
ちなみに、クラウンの場合、1歯60,000円でした。
セラミックとかオールセラミックとか、そういう表記はなく、この3種類だったのですが・・・
今まで色んな歯医者さんで聞いてきて、インレーは安くても2~3万していたので
この価格に驚いています。

こういう価格設定の歯医者さんもあるのでしょうか。
みなさんのご意見をお願いいたします。

Aベストアンサー

保険外のインレーの材質とどのくらい保障してくれるのか聞いてみてはいかがでしょうか?

保険で使用する金属が高騰して保険点数では赤字になる事が多いので保険外の価格を下げているのかもしれません。ハイブリッドコンポジットレジンを使用して15,000円前後の歯科医院はあります。

保険でコンポジットレジン充填という方法もありますが型を取って作った方が適合が良いと思います。

Q銀歯(インレー)にした歯の中が虫歯になりました。治療法をどうするか迷っています。

本日、いきつけの歯科で一ヶ月、二ヶ月おきに実施している定期診断に行ってきました。

まず、最初にレントゲン撮影を行いました。

3年前くらいだったかな?に撮影したレントゲンが古くなったためです。

そして、いつもとおり歯の状態やクリーニングを行いました。

最後に、医師から新しく撮影したレントゲンを見せられました。


結果は、左下奥から2、3番目の歯の銀歯(インレー)の中が虫歯になっていました。

医師の説明は、「神経までいってるかもしれないですね~」、「様子をみながら根の治療をしていきましょう」との事でした。

そして、会計のときの次回の予約は、2ヶ月後でした。

ということから考えた私の予想ですが、「どうせ神経抜く治療をするから別に急がなくてもいいでしょ」といった考えだろうと思いました。

ちなみに、この歯科では夫婦揃って医師のため二人で治療されています。

そのうちの一人の医師といろいろ話していて「歯を治療する際に神経残すと痛いよ」と発言されていたので、基本的な方針は歯の神経をなるべく残すような配慮はないと感じていました。

私は、歯の神経を抜いた経験がありませんし、抜きたくありません。

そこで、神経を残すことができる3MIX-MP法を採用している歯科で治療すべきかを悩んでいます。

3MIX-MP法が、4年くらい前にテレビで取り上げられた際に、この治療法はよいと思い、家から一時間くらいところまで行って薬を入れてもらったことがあります。

薬を入れてから一週間経過したら、いきつけの歯科で歯を削るよう言われた。

最近は、近場に3MIX-MP法を採用している歯科を見つけました。

ということで、何が知りたいかは以下のとおりです。

①3MIX-MP法は、認可されておらず、安全も保障されていません。
 しかし、神経が残せる点や再石灰化などは魅力は多いと思います。
 実際に治療された方はどのような感じか、治療後の問題を教えていただけないでしょうか?
 もちろん、医師によって薬の調合などの腕の差はあるでしょうが、それが知りたいです。
 私は、神経を除去して歯をミイラにするより良いかとは思っています。

②歯の神経を残して治療してくれる歯科はあるのでしょうか?
 歯科にとっても、リスクがあるように思うのですが。

歯の神経が絡んだ治療はかなり不安です。
たぶん、私だけではないと思うのですが(泣

以上、ご教授願います。

本日、いきつけの歯科で一ヶ月、二ヶ月おきに実施している定期診断に行ってきました。

まず、最初にレントゲン撮影を行いました。

3年前くらいだったかな?に撮影したレントゲンが古くなったためです。

そして、いつもとおり歯の状態やクリーニングを行いました。

最後に、医師から新しく撮影したレントゲンを見せられました。


結果は、左下奥から2、3番目の歯の銀歯(インレー)の中が虫歯になっていました。

医師の説明は、「神経までいってるかもしれないですね~」、「様子をみながら...続きを読む

Aベストアンサー

まず、1-3ヶ月おきに定期検診しても3年後にレントゲンで虫歯を発見、しかも神経が残せるかどうか・・・その検診って意味ありあすかね?極論ですけど毎回レントゲン取っていれば早期発見早期治療が出来たはず。だったら定期健診を年一回にして毎回レントゲン取ったほうがよくないですか?放射線の蓄積なんて考えるまでもなく「ありません」から。
それによく「名医だから混んでいて3ヶ月待ち」という人が居ますけど、虫歯が3ヶ月放置すれば神経を取らねばならなくなるし、神経まで言ってれば抜歯するまでになりかねません。一例ではメチャクチャな上体の患者さんが完全に治療を終えて、歯磨きを一回もせずに3ヵ月後には治療前に戻ったと言うのがあります。
普通の歯医者に行けば詰めるだけだったのに、名医に行くために3ヶ月待って神経取るんじゃ意味ないと思いますけどね。

では②から答えます。
神経を取るべきかそうでないか、それは実際に見なければ分かりません。
レントゲンでもある程度わかりますが、金属の向こうは見えないので、あけてみなければわからないんです。
で、保存できれば保存できるし神経取らねばならない場合は取るしかないと言う事です。

で、神経保護処置は保険でもちゃんとあります。しかし神経保護処置では必ず結果を確認し、神経が生きていればそのまま治療を行い、神経が死んでいれば根の治療をせねばなりません。その期間は状況によって歯が残って居れば1週間、そうで無い場合は1-3ヶ月必要になります。
でも多くの歯医者がこれを行なわず、痛みが無い=良好と判断して治療しています。
所がコレが怖い、神経が死んでいても痛みはナイのですから。これは3mixでも同じですよ。

まずは相談で治療方針を決めてから治療を受けましょう。口の中を見て直ぐ削ろうとする歯医者は敬遠すべきです。

①通常の歯髄保護処置でも経過観察が必要なのに経過観察して居ない歯医者が多い、ましてや神経保護でもOK,神経が死んでいても有効だと言っている3-mixでは、聞くと思い込んでいるから経過観察などしないと思って間違いじゃないでしょう。
実際にうちに来た他院で3-mix施術患者の全てが神経が死んでいました。まぁ違和感があってきたのだから当たり前でもありますけど、半数は痛みがあったけど一時的だといわれて薬を処方されたり我慢させられたと証言、つまりそのときに神経が死んだと判断できるわけです。
それ以外の人も痛みが出ないまま死んだ、或いは施術時に死んでいたと言う事になります。

神経を取ると歯はミイラ化しません。ミイラ化と言うのは虫歯(神経に届いていない)や治療などで神経が死んだ状態をいいます。
根の治療をすれば根の中は密閉するのですが、ミイラ化した場合は組織に腐敗菌が付着すれば腐敗をはじめ、膿がたまったりガスが発生して痛みが出たり腫れたりします。
つまり3mixを含め歯髄保護処置は全て神経を取るよりリスクが高いのです。だから確実な治療をするために経過観察が必要なのです。

3mixで再石灰化なんておきませんよ。そもそも薬剤で歯面を覆ってしまったら再石灰化は阻害されます。再石灰化から見れば薬剤は不純物ですからね。だから再石灰化がおきたと言う人がいたら「薬剤として役に立って居ないものだった」と自白しているようなものですから。

と言うことで、はやく直ぐ診て貰える歯医者に行って相談してください。

まず、1-3ヶ月おきに定期検診しても3年後にレントゲンで虫歯を発見、しかも神経が残せるかどうか・・・その検診って意味ありあすかね?極論ですけど毎回レントゲン取っていれば早期発見早期治療が出来たはず。だったら定期健診を年一回にして毎回レントゲン取ったほうがよくないですか?放射線の蓄積なんて考えるまでもなく「ありません」から。
それによく「名医だから混んでいて3ヶ月待ち」という人が居ますけど、虫歯が3ヶ月放置すれば神経を取らねばならなくなるし、神経まで言ってれば抜歯するまでになり...続きを読む

Q詰め物(インレー)についての質問(歯科)

【要点・質問】
昨日、左上奥歯の親知らずから数えて、3番目の歯のインレーが取れてしまいました。そこで、次に詰めるインレーの素材に何を使うのが最も良いのかを探しています。しかし、探せば探すほど混乱してきました。ホームページによって、最も良いのはセラミックだ。というページがあれば、貴金属というページや、コンポジットレジンが最も優れているなどどれが一番良いのか分からなくなってきました。
私が、重要と考えている点は、インレー素材選択をすることで、二次治療(虫歯の発生やインレーが外れること)の発生を最大限抑えたい。これに尽きます。外れるたびに、少し削っていると、いつか歯がなくなりそうで怖いです。
是非、どのインレーが優れているのか、ご教示宜しくお願い致します。

【この質問をした経緯など】
私は、子供の頃のトラウマと、歯は再生することができないことから歯については真剣に考えています。
昨日、左上奥歯の親知らずから数えて、3番目の歯のインレーが取れてしまいました。
そこで、現在できる最も優れた治療法を調べていると、
◆痛くない治療法
◆インレー(詰め物)の選択
この2点を抑えることで満足のいく治療が受けれると判断しました。
そこで、伺いたいのですが、痛くない治療には、
(笑気)+表面麻酔+電動注射器+レーザー治療で詰め物が取れた箇所を削れば無痛で治療ができると考えています。
しかし、2番目のインレーについてですが、
金、セラミック、アマルガム、コンポジットレジンなどいろいろあり、調べれば調べるほど、どの素材のインレーが最も良いのか分からなくなってきました。ご存知の方、ぜひ、ご教示宜しくお願い致します。また、私の調べた中で抜けている部分やアドバイスがございましたら、是非、是非とも、ご指摘、ご教示のほど、宜しくお願い致します。

【要点・質問】
昨日、左上奥歯の親知らずから数えて、3番目の歯のインレーが取れてしまいました。そこで、次に詰めるインレーの素材に何を使うのが最も良いのかを探しています。しかし、探せば探すほど混乱してきました。ホームページによって、最も良いのはセラミックだ。というページがあれば、貴金属というページや、コンポジットレジンが最も優れているなどどれが一番良いのか分からなくなってきました。
私が、重要と考えている点は、インレー素材選択をすることで、二次治療(虫歯の発生やインレーが外...続きを読む

Aベストアンサー

インレーの材質で私が一番いいと思うのは、
2の方のご意見と同じく ゴールドです。

理由は、第六大臼歯なんて 噛む力がまともにかかる歯です。
金属以外の材質なら 割れる可能性が
格段高くなってきます。

金属は展性やら延性があります。
力を加えると パキッと割れるのではなくて、
延びたり 広がったりする性質の事です。
ゴールドは最も 展性 延性に優れています。
なので、歯に優しく封鎖的目的もやや果たせるのでは
ないかとの考え(虫歯になりにくい)も
あるようです。
私は 結局はお手入れを怠ると
虫歯にならない材料なんてないと思っています。

金属の次に良いと思う材料は
ハイブリッドレジン ですね。
セラミックよりは硬度は落ちますが、
その分脆度に優れ(割れにくさ)ます。
セラミックインレーは 変色がなく
見た目が綺麗という利点はありますが、
まともに噛む大臼歯に使われる症例は
ありそうで あんまりないのが現状でしょう。

私が勧めるなら、
金属>ハイブリッドレジン>セラミック の順で、
金属では
ゴールド>金パラ(保険の銀歯)>銀合金>その他ニッケル等非貴金属
ハイブリッドでは
グラディア、エステニア>ハーキュライト>アートグラス
(個人差ありますが、私はこの順でいいと思っております。)
セラミックなら
エンプレス2>エンプレス>フィネス等>普通のセラミックインレー
  このような順でしょうか。
アマルガムは現在使われておりません。

外れる・外れないは材質よりも
やはり歯の削りかたの影響が大きいと思います。
削った底に丸みがあり なだらかな感じだと
比較的とれやすいように思います。

角張った感じで、(凹←こんな感じ)
側壁が平行で、底も角いと 割と取れにくいです。

痛くない治療については
専門外ですのでお答えできません。

インレー、保険でも十分優れた材料だと思いますよ。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ちなみに それなりの技工士の口の中を
無理に見せてもらったら、
90%の人がゴールドインレーで治療してました。

ハイブリッドレジンについて。。
コンポジットレジンは直接口腔内で詰めて
重合するレジンです。これが改良されて
ハイブリッドになったものと、
口腔外で製作される 硬質レジンが改良されて
ハイブリッドになったものと、
2種類あるんです。

インレーの材質で私が一番いいと思うのは、
2の方のご意見と同じく ゴールドです。

理由は、第六大臼歯なんて 噛む力がまともにかかる歯です。
金属以外の材質なら 割れる可能性が
格段高くなってきます。

金属は展性やら延性があります。
力を加えると パキッと割れるのではなくて、
延びたり 広がったりする性質の事です。
ゴールドは最も 展性 延性に優れています。
なので、歯に優しく封鎖的目的もやや果たせるのでは
ないかとの考え(虫歯になりにくい)も
あるようです。
私は 結局...続きを読む

Q前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が

前歯の4本削り今は仮歯です。虫歯の治療中で、歯の神経は残ってます。今年は歯医者に行けないので、仮歯が欠けてしまい、残ってる仮歯も取れそうです。すぐに歯医者には行けないので取れたらどう対処すればいいでしょうか?教えてください!

Aベストアンサー

仮歯は折れやすい物です。時間を作って歯科にいくことです。
どうしても何回も行けないのであれば仮歯を作ってもらってください。
また、仮歯の間は前歯では柔らかい物しか食べない要注意が必要です。

Q先日歯科金属アレルギーについて質問させていただいたものです。保険内インレー、レジン詰め物について。

https://oshiete.goo.ne.jp/mypage/history/question

以前の質問のURLです。

補足させていただきます。
皮膚科に診察していただいたところ、以前の5、と、14にくわえ、
1,2、4、7、11、12、13、もアレルギー反応と診断されました。
そして、その後に歯科医に行ったところ、上の歯の、左側6番7番の歯が、
保険内でできないので、保険外のインレー(詰め物)で、ハイブリッドセラミックス(3万)か、オールセラミックス(5万)を
入れるかと言われたのですが、
またその際、書類を出せば保険内でやれるかもしれないみたいなことをおっしゃっていたのですが、
どういうことでしょうか??
金属アレルギーの症状、診断をいただいているから、その申請をすればみたいなことでしょうか???

また、下の歯の4番、6番(確か)は、コンポジットレジンで保険内で白い詰め物でできるということでした。

保険内でできるできないの判断は、歯の位置(番数)状態で違うということでしょうか???
すべて保険内のなにかで、(レジンが可能ならレジン、保険内でハイブリッドセラミックできるなら)
収まるようには不可能でしょうか???

https://oshiete.goo.ne.jp/mypage/history/question

以前の質問のURLです。

補足させていただきます。
皮膚科に診察していただいたところ、以前の5、と、14にくわえ、
1,2、4、7、11、12、13、もアレルギー反応と診断されました。
そして、その後に歯科医に行ったところ、上の歯の、左側6番7番の歯が、
保険内でできないので、保険外のインレー(詰め物)で、ハイブリッドセラミックス(3万)か、オールセラミックス(5万)を
入れるかと言われたのですが、
またその際、書類を...続きを読む

Aベストアンサー

2016年春から金属アレルギーを有する人に対しては大臼歯(奥歯)でも保険で白い歯(CAD/CAM)冠を入れることが可能になりました。
しかし様々な条件があります。
患者さんは医科に行って歯科用金属にアレルギー反応があることを確認してもらい「情報提供書類(紹介状)」を出してもらわねばなりません。

方法:
歯科でCAD/CAMを取り扱っているのはあらかじめ届け出を出している歯医者に限ります。
情報では「国の指定」とか認可などと言っていますが別に特別なものではなく、歯科医院と作成する技工所が都道府県に届け出を出せばいいだけです。つまり届け出を出さなければ同じものでも自費扱いになるわけです。

患者さんはあらかじめ通う歯科医院に対し、CAD/CAMの保険治療をしていますかと確認をとってください。
通う歯医者が決まったらアレルギーの情報提供書類を歯科医院宛に書いてもらってください。
それを持参すれば、あとは歯科医院で保険診療として奥歯にCAD/CAMの治療をします。

ちなみにすでに犬歯の後ろ二本(小臼歯)はアレルギーの診断が無くてもCAD/CAMの届け出をしている歯医者なら白い歯にできます。
CAD/CAM冠は自費を含めた他の多くの冠と異なり、粉を盛り上げて成型するのではなくブロックを削り出して作りますから寸法変化がなく、ムラがないので丈夫なものができます。

2016年春から金属アレルギーを有する人に対しては大臼歯(奥歯)でも保険で白い歯(CAD/CAM)冠を入れることが可能になりました。
しかし様々な条件があります。
患者さんは医科に行って歯科用金属にアレルギー反応があることを確認してもらい「情報提供書類(紹介状)」を出してもらわねばなりません。

方法:
歯科でCAD/CAMを取り扱っているのはあらかじめ届け出を出している歯医者に限ります。
情報では「国の指定」とか認可などと言っていますが別に特別なものではなく、歯科医院と作成する技工所が都道府県...続きを読む

Q歯の治療中… 最近虫歯の治療のために歯医者に行っているのですが、歯を削ってもらってる時に、腰のあたり

歯の治療中…

最近虫歯の治療のために歯医者に行っているのですが、歯を削ってもらってる時に、腰のあたりがムズムズして、たまにビクッと体がしなってしまいます。
これってどうやったら耐えられますか?
みんななりますか?
すごく恥ずかしいので教えてください。

Aベストアンサー

原因にはいくつかあります。で、直接的な刺激じゃないので予防法はありません。顔の向きをちょっと変えてもならなくなったりしますし、むずむずするあたりエレキバンみたいのを貼って別の刺激を与えて治る場合もあります。治らない場合もあります。いろいろ試すしかありません。
お尻ポケットに分厚い財布入れるだけでも止まる人も居ます。そして中には性感として感じている人も居ます。昔の歯医者ならそういう知識もありますけど、もう知っている人は高齢になってるでしょうね。知っていれば知らん顔しますよ。

Q詰め物(インレー)についての質問(歯科)その2

【質問・要点】
今回、インレーが外れたため、ゴールドを入れようかと思っているのですが、よくよく、考えると、私の歯の近くに他の銀歯があります。そのため、イオン化傾向により、

銀歯の銀が解けたり、電気を感じたりする可能性が心配なのですが大丈夫でしょうか?
今の銀歯の状況は、親知らずを含めて奥から数えて、左上の3(今回外れた)と4番目、左下の、3と4番目に、多分、銀歯が入っていると考えられます。

【これを考えるにいたった経緯】
ご返答いただき本当にありがとうございます!!
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=896172

ご教示、何卒、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

異種金属が直接触れ合うと、やはりあまりよくないです。
隣どうしなら そんなに問題はないと思いますが、
噛みあう歯同士、
つまり 噛みあう上下の歯の金属が それぞれ違うのは
やはり避けた方がいいと思います。

ですので、下の奥から3番目(親知らず含まれてます?)
と 上の3番目は、 金属を統一した方がいいと思います。

Q歯医者で虫歯治療してしみるから、麻酔しました。 麻酔きれてから、歯茎が痛いです。 歯医者に電話したら

歯医者で虫歯治療してしみるから、麻酔しました。 麻酔きれてから、歯茎が痛いです。
歯医者に電話したら、麻酔したせいかもしれないからと、様子見るようにと言われました。
で歯肉炎にもなっていて痛いのかなって思ったりもします。
前回も虫歯治療してしみるから、麻酔打って麻酔きれてから歯茎が痛かったです。
麻酔打ったせいですか?

Aベストアンサー

おそらくそうだと思います。
痛み止めは処方されていませんか?
今晩は様子をみて、明日になっても痛みが引かない場合はもう一度受診しましょう。

お大事に


人気Q&Aランキング

おすすめ情報