人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

私の勤める部署の上司?(男性。33歳)がよくメールで、派遣社員である私たち(女性5名)に対して「貴君」、または「諸君」という言葉を使います。「貴君」という言葉自体が、敬意をあらわす言葉であることは理解していますが、違和感を感じます。
見下されているような感じなのですが、私の思い過ごしなのでしょうか?
また、最近は「貴君」という言葉自体あまり聞かないように思うのですが、皆さんの「貴君」という言葉に対する感覚を教えていただけませんでしょうか・・・

ちなみに、その上司?は部署内の社員では一番下の役職で「派遣社員の支援を行う」という位置づけであり、派遣社員への仕事の指示は基本的には部長から直接されるということになっていることから、上司?としました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

ANo.1、2、3 の方の仰るように、「貴君」は敬意を含んだ呼びかけではありますが、


女性に対して使う言葉ではありませんね。

広辞苑にも下記のように書いてあります。
「(書簡などで、対等以下の男性の相手に対して尊敬の気持をこめて
用いる)あなた。貴兄。」

「貴君」という言葉は、私自身(男性)もあまり使いませんが、
友人や後輩(勿論、男性)に宛てたやや改まった手紙やメールでは
使うことがあります。
ですから、本来は決して見下した感じはないのですが、今回のケース
では使い方の誤りに加え、その「上司」の優越感的地位を誇示したい
気持ちが無意識の内に表れているためのようにも思われます。
他の方の云われるように、その程度の人と思って気にされないことでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど。貴君とは、「対等以下の男性に対して敬意をこめた」呼び方で、使い方が正しければ、決して見下した言葉ではないこと理解しました。

今回の上司?のケースは、その程度の人間と思って気にしないことにします。わかる人が見ればわかりますものね・・・

ありがとうございます!

お礼日時:2007/05/23 19:24

No.1さんの言われる通り、同輩又は、後輩に呼びかける言葉で、丁寧な言葉ずかいです。


あなたは、国会中継などお聞きになった事があるでしょうか?
議長が、発言者を指名する時に、相手が、男性であろうが、女性であろうが、○○君!と言って指名していますね~
ちっとも可笑しくないですよ!
ただ、最近では、一般に使われなくなったので、違和感を感じるだけでしょうね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

そうですね。国会中継では○○君!という表現確かに聞きますね。
使わなくなったから違和感を感じるというのも確かにあるように思います・・・

お礼日時:2007/05/23 19:26

親しみを込めたあだ名ですね。


ただ、女性に対して使うのは少し違和感を感じます。
いずれにしてもあまり良い印象は無いです。
~さん、が一番無難かなと個人的には思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり○○さんの方が無難ですか。

印象が良くないというのは、個人的な感覚ではなく賛同される方がいて、自分の日本語の知識不足かとも思ったのですが、聞いてみてよかったです。

ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/23 19:28

「貴君」はあなたがお感じの通り


一応敬意を持って接している言葉ではありますが
目下に対する言葉ですねぇ
適切かどうかといわれれば適切とは言い難いです。
固有名詞+「さん」が妥当・無難ですね。

諸君というのも同輩又は目下に対する言葉なのですが
まぁその方の格好付けもあるので
目くじらを立てずに大目に見てもよろしいかと。
仕事上支障がなければ指摘する必要も無いでしょう。
自らの品格を落としている事に気が付かない人なんですから
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり○○さんが無難ですか。
自分が感じていた違和感が解けた感じです。
「自らの品格を落としていることに気がつかない人」という言葉、確かに・・・その通りな人なので、やはり気づく人は気づくのだなっと思いました。

ありがとうございます。

お礼日時:2007/05/23 19:31

言葉の違和感って話として受け取ります。



貴君ってのは、同輩に対する丁寧な言い方です。
あなたってのは、漢字で書けば貴方です。
主(ぬし)や汝(うぬ)と言われるより良いと感じます。

因みに、貴様もてめぇも元々尊敬語です。お前もです。これらは、代々を経る度に侮蔑の意を持つようになりましたが、元々は尊敬語です。今でもその意は変わりません。

メールってのは、一種の手紙です。手紙ならば受け取る人に対し、敬意を表した文面であるべきです。よっぽどあなた方などと言われる方が、その人の見識を疑いたくなります。でも、逆に侮辱している様にも聞こえますから、難しいですね。やはり日本語は難しい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本語ってどんどん変化するのですね。そして、使い方や使う時代によって意味や捉え方が違う・・・本当に日本語は難しい。

ありがとうございました。

お礼日時:2007/05/23 19:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q貴君って使いますか?

こんにちは
質問内容はタイトル通りそのままなんですが、『貴君』という言葉を使用しますか?というものです。
特に、匿名のネット上でという前提でお願いします。
『貴殿』や『貴兄』はどうでしょうか?

ちなみに、私の大嫌いな部長がメールで送ってくる時には必ず『貴君』を使うのでアレルギーになっているのかもしれません。

Aベストアンサー

 
  辞書的な意味は別に、わたしは使用しますし、大体、辞書の意味か、または実際に使用されている場合のニュアンスに近い意味で使っているはずだと自分では思います。
 
  貴君、貴兄、貴殿、また、貴方、貴男、貴女などは、どういう「文体」で、どういう関係の人と、どういう内容の文章等で使うかで、意味やニュアンスや感じ方・受け取り方が違ってきます。これらの言葉を使ったので、ただちに、どういう意味だとはならない、かなり使いにくい単語です。日本語の人称代名詞の使い方の難しさを象徴しているような言葉です。
 
  わたしはこのサイトで、回答する時、相手を呼ぶ時は、普通「貴方」を使います。わたしの過去の回答履歴を見られると、実際、かなり多数使っています。そして「わたし」は何時も「わたし」で、「私」や「ぼく」や「うち」などにはなりません。ときたま、ごく稀に「わたくし」になっている場合があると思います。
 
  相手のハンドル・ネームを使うこともありますが、珍しいでしょう。これは、相手を匿名の相手として、儀礼的に丁重に二人称で呼ぶ時、「貴方」になるためです。ハンドル・ネームをあまり使わないのは、使うと、本文に記録され、検索にかかることと、もう一つ、回答は、「匿名の誰か」にしているので、具体的個人にしているのではないというスタンスがあるためです。よく見るハンドルの人でも、初対面の人と同じ調子で回答を記します。
 
  そういう話は前置き的な話ですが、「貴君」の使い方とも関係してくるのです。つまり、相手とわたしの「関係」を表示する時、二人称を使う場合、使うとして、何と呼ぶのか、こういう判断を行って使うのです。
 
  「貴君」と相手を呼ぶ場合は、年下の相手ではなく、年長か同年齢か、または知識的な意味で対等関係にある相手に対しわたしは使います。年下の相手や、知識的に対等でなく、わたしが上にある相手に対しては「貴君」は使わないというのが、わたしの使用法です。
 
  「貴君」というのは、冷静に、距離を置いて、相手を見下ろしているというスタンスを示すために使用するのです。年下等に使用する場合は、「侮蔑」の意味が非常に強くなります。しかし、重要なことは、相手と自己は、どういう関係かということです。父親とか、会社の上司などが息子とか部下に対し、文章で使う場合は、これは「侮蔑表現」ではなく、「君」に当たる、普通の年下の者に対し使う人称代名詞の意味になると思います。父親が息子を「貴君」と呼ぶのは、特殊なケースではないかと思います。この場合、「おまえ」というのを、丁寧に言っているのだと思います。
 
  「貴君」が「軽侮」のスタンス表明になるのは、これが「丁寧語」だからです。丁寧語でなければ、「軽侮表現」にはならないのです。つまり、相手を「貴君」と慇懃無礼に呼ぶことで、丁寧に言いつつ、見下ろしているのが「貴君」なのです。会社の上司が、部下を「貴君」と呼ぶ場合、何か恨むところとか、腹に含むところがある場合、「軽侮」の表現ですが、普通は、「おまえ」とか「貴様」と言うと思います。部下に「軽侮」表現するのに「貴君」のような丁寧語を上司は使う必要がないからです。
 
  文章で議論する場合、「貴兄」「そちらさま」も、使い方では、「軽侮」表現になります。つまり、人称代名詞が「貴君」か「貴兄」かより、文章に書いてある内容が問題になるのです。「貴兄」とか「そちらさま」「**様」と書いて、しかし、「軽侮表現」にすることもできるのです。
 
  以上は一般論で、「匿名のネット上」でという条件を付けると、このサイトではわたしは使わないということを既に述べました。もっと誹謗中傷などのあるバトル・ボードではどうかというと、恐らく場面によって稀に使うことがあると思います。しかし、それは、バトル・ボードのバトルの時、それも特殊な場合で、一般には「使いません」。匿名のネットの世界ではです。
 
  貴殿や貴兄については、このサイトでないボードの場合、相手が、男性の場合には、使う可能性があります。しかし、普通、匿名の場合は、性別不明乃至確認できない場合が多いので、使わないのが原則でしょう。わたしは、考えてみると、このサイトだけでなく、ネットのどこでも、相手を呼ぶ場合は「貴方」か「あなた」でした。
 
  あるいは男性の人は、男性だと分かっている人に、尊敬の意味で「貴兄」とか使う可能性があるような気がしますが、それは、少し個性的な人だと思います。尊敬の意味でなく、単に相手を呼ぶために「貴兄」を使う人も少数派ですがいる可能性があります。ごく少数のサンプルで、そういう表現を見た記憶があります。
 
  しかし、ネット上では、二人称を使わないのが原則のようです。「貴方」を使うわたしなどが少数派だと思います。
 
  普通相手を呼ぶ場合は、ハンドル・ネームを使うようです。ハンドル・ネームを使わないわたしは、「貴方」を使うのでしょう。
 
  なお、ネットではなく、手紙やメールなどでは、「貴方」「貴女」「貴男」は、わたしは使います。これは或る程度親しい人の場合です。親しくもない人に、貴男や貴女は使いません。「そちらさま」が普通です。
  
  日本語は、自己や相手、三人称の人をどう呼ぶかが、それぞれの「関係」や「状況」で、標準的な形が決まっていて、この形からずれると、何か「含むところがある」のだろうか、となります。相手が自分を、何か丁寧に呼ぶ時、相手が、誰に対してもそうである場合は、そういう言葉を使う人なのだですが、サンプルが少なくて分からない場合は、普通、あまりよく知らない相手で、よく知らない相手から、「過剰に丁寧な表現」で呼ばれるのは不審だ、慇懃無礼だということになるのでしょう。
  
  日本語は、丁寧・尊敬の二人称代名詞が、実際の用法で、意味下落する言語のようです。「あなた」は「遠いところにおられる高貴な人」というようなニュアンスだったのが、いま普通の意味です。「君」は「主君」であったのが、他人を呼び捨てにする言葉になりました。「貴様」は、江戸時代初期頃は、最上級に近い二人称呼称だったのが、たいへん下落しました。「御前(おんまえ→おまえ)」も「御前(ごぜん)」と同じぐらい格調高い言葉だったのが、「おまえ」とは親しい者への呼び捨て語です。「君」に「貴」を付けた、「君」以上の丁寧な語も、いまや、慇懃無礼の疑惑の目で見られ、それは「軽侮表現」の時に使うなどと、断定しているわたしなどがいる状況です。
  

 
  辞書的な意味は別に、わたしは使用しますし、大体、辞書の意味か、または実際に使用されている場合のニュアンスに近い意味で使っているはずだと自分では思います。
 
  貴君、貴兄、貴殿、また、貴方、貴男、貴女などは、どういう「文体」で、どういう関係の人と、どういう内容の文章等で使うかで、意味やニュアンスや感じ方・受け取り方が違ってきます。これらの言葉を使ったので、ただちに、どういう意味だとはならない、かなり使いにくい単語です。日本語の人称代名詞の使い方の難しさを象徴して...続きを読む

Q先生はなぜ教えっ子に「貴兄」や「大兄」を呼びますか

 日本語を勉強中の中国人です。ある敬称のことについてお伺いします。男性の先生は普通年下の男性の教えっ子(卒業済み)のことを何と呼ぶのでしょうか。「君」でないのでしょうか。「貴兄」という言い方を見かけました。以前、「大兄」という呼び方も見かけたような気がします。相手が年下で生徒だし、なぜ「兄」扱いされたのでしょうか。

 また、質問文に不自然な表現がありましたら、それも教えて頂ければ幸いです。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本語では基本的に、目下に対してはその人の「名」で呼びます。

「貴兄」「大兄」という言葉自体が現代の日常ではあまり目にしませんが、これらは親しい同輩や目上に使う代名詞のようです。
それをわざわざ目下に対して使ったのには、その人ならではの理由があるはずです。例えば、その教え子がみんなからそう呼ばれて慕われていたから、先生もその呼び名を使っているとか・・・「貴兄」「大兄」自体があまり耳にしたない言葉なので、あだ名のようなものだと考えてください。
あるいは、今は「元教え子(立派な一人の大人?)」ということで、あえて「今は上下関係は無い」というスタンスでそれらの敬称を使った・・・とか。
これらはあくまで憶測ですが。


質問文ですが、
 >ある敬称のことについてお伺いします
「ある敬称についてお伺いします」か「ある敬称のことでお伺いします」くらいにした方が自然かもしれません。

 >教えっ子
→「教え子」

 >卒業済み
間違いではないですし意味もわかりますが、「卒業生」とか「元教え子」とした方が慣用的で自然です。

 >「君」でないのでしょうか
この場合は「君ではないのでしょうか」。
ただ、これが難しいところなのですが、「○○ではないでしょうか」と言うと場合によっては「『君』でしょう」「私が正しいでしょ」という主張にも見えてしまいます。確実に純粋な「質問」と見せたいなら、「『君』でないのはなぜでしょうか」とか「『君』は一般的ではないのでしょうか」等といった、主張的ではない別の言い方をするのも1つの方法です。

 >相手が年下で生徒だし、なぜ「兄」扱いされたのでしょうか。
「だし」は口語的。「ですし」とした方が文章語的です。
もっと言うなら、「相手は年下で生徒なのに、なぜ兄扱いされたのでしょうか」とか「相手は年下で生徒なのにも関わらず・・・」等とした方が、言いたい意図としては的確だと思います。

日本語では基本的に、目下に対してはその人の「名」で呼びます。

「貴兄」「大兄」という言葉自体が現代の日常ではあまり目にしませんが、これらは親しい同輩や目上に使う代名詞のようです。
それをわざわざ目下に対して使ったのには、その人ならではの理由があるはずです。例えば、その教え子がみんなからそう呼ばれて慕われていたから、先生もその呼び名を使っているとか・・・「貴兄」「大兄」自体があまり耳にしたない言葉なので、あだ名のようなものだと考えてください。
あるいは、今は「元教え子(立派な...続きを読む

Q「初め」か「始め」どちら?

「社長さまをはじめとする職員の皆様には・・・」

この文章のなかの「はじめ」を漢字にすると
「初め」でしょうか?「始め」でしょうか?

Aベストアンサー

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多くの中で、主となるもの。また、先に立つもの。「校長を―、教師全員」「米を―として食品の多くが」」
  …
「◆ふつう345は「初め」と書くとあります。つまり、5の文例は「初め」を慣用とするとしているようです。

岩波国語辞典では、
「はじめ【始め・初め】」としているだけで、特にどちらを(が)用いる・用いられるかは明確にしていません。ただし、副詞に限っては「初め」としています。

新明解国語辞典
「はじめ【初め】」として、末尾に「「始め」とも書く」としています。

Windows付属のIMEでは、
始め: [一般的][物事に関して][動詞的]
初め: [時間に関して][副詞的]
としています。

IMEだけは、はっきりと「校長を始めとして」と用例をあげています。しかし根拠は ? です。

漢字の由来としては、
「始」は「終わり」に対する「始め」の意味だけです。
[始皇帝、終始、始終、始末、始めは処女のごとく後には脱兎のごとく]
ま、大辞林のとおりですね。

IME他、時間的な始まりと物事の始まり、という分け方をしているものを時々みかけますが、どうでしょうか。
「並んでいる一番目」「第一の」というようにとらえれば「初め」になるようです。初恋、初陣、初夜などは時間とばかりはいえないでしょう。

少なくとも、「社長をはじめ、職員の…」であれば「はじめ」は動詞・連用形と考えられるので「始め」になります。
しかし、「社長をはじめとする職員の…」となると「ははじめ」は名詞ですから、やはり ? です。

歯切れのいい回答にならず申しわけありません。

かなりややこしい問題です。はっきりと正解・間違いかと答えられる人がいるのでしょうか、と感じるくらい難しいことのようです。(使っている言葉のあとから漢字をあてはめているのでしょうがないといえばそれまでしょうか)

大辞林では、
「はじめ 【初め/始め】
とくに漢字表記については明確化されていません。
ただ末尾に〔普通、順序の意には「初」、開始の意には「始」を用いる〕」とあります。

大辞泉では、
「はじめ【始め・初め】
5 (「…をはじめ」「…をはじめとして」の形で用いる)多く...続きを読む

Q貴殿と貴台の使いわけについて

貴殿と貴台では、何が違うのでしょうか?
また、文書では、どちらを使えばいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#2です。お礼欄でちょっと気になりましたので。

>貴殿を使っていたのが、貴台に直された…

【貴殿】より【貴台】のほうが、より丁寧な印象を受けると思います。

>送り手の男性女性によって、かわるのですね。(ちなみに私は女性です)

おそらくビジネス文書であると推察しますが、
○○株式会社△△部☆☆課
山田 花子
というように、発信者欄に担当者名まで書かれるのであれば、【貴台】は使われない方がよいでしょう。しかし、発信者欄が社名のみ、あるいは担当部署名のみで終わっているなら、書いた人の性別まで詮索する必要はなく、【貴台】でよいと思います。

>貴台は貴職と同じ意味だと言うことも聞いた…

これは少し、いや、だいぶ違うでしょう。【貴台】は個人に対する敬称、【貴職】は役職名に対する敬称です。会社に対する敬称なら【貴社】ですね。

Q求人応募してきた方への断り方

会社で事務職の募集をかけていて何名か応募はあったのですが、中に募集している年齢層より20歳くらい上の方からの応募がありました。上に相談したところ即ダメだと言われお断りすることになったのですが、どういう風な文面で断ればいいのか思いつきません(返事はメールです)。
周りは年齢オーバーなんだからそのまま言えばいいじゃんと軽く言いますがそれは相手の方に対して失礼ですし、なにか別の言い回しがありましたらアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、先日は弊社の募集に際し、ご応募頂きましてありがとうございました。
 さっそく慎重に選考を重ねました結果、遺憾ながら今回は面談を見送らせて 
 頂くことになりました。
 誠に不本意な結論かと存じますが、あしからずご了承下さいますようお願い 
 申し上げます。
 末筆ながら、今後のご健勝をお祈り申し上げます。
                                  敬具

上記のような内容で良いと思います。

Q始めとする、初めとする どちらが正しいのでしょうか?

日本をはじめとするアジア諸国は。。。
のような使い方をする際の「はじめとする」は
「始めとする」と「初めとする」のどちらの表現の方が正しいのでしょうか?
日本語に詳しい方がおられましたら教えていただきたくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらでもOKです。
NHKではこうした揺らぎのある表現については
ひらがなが望ましいとして、ニュースの字幕など
ではそのように取り扱っています。

Qクリスマス休暇とは

欧米の人達は20日頃からクリスマス休暇に入るらしいです。
これは大体どのくらいの期間になるのでしょうか。
 
また、日本では年末年始が休暇になりますが、
欧米では1月1日とかは普通に勤務するのでしょうか。

 

Aベストアンサー

米国でもクリスマス休暇ありますよ。いろんな意味で。

まずコアなクリスマス休暇は今年の場合12/24~27です。クリスマスイブとクリスマス当日を土日に絡めて4連休くらいドンと休みにします。どちらかが土日と重なってしまったら、The day after Christmasとか、The day before Christmas Eveなどと銘打って4連休にします。今年はクリスマスが土曜日なので、月曜日の12/27がThe day after Christmasで休日になるのだと思います。米国だと非常に多くの会社がこの4連休をとるんじゃないでしょうかね。

これをどこまで拡張するかは人それぞれです。この時期は寒いし最近は景気が悪いので、長期の連休をとる人は少ないように見受けられます。会社が違う人同士でスケジュール調整するときは相手がChristmas休暇をとることを前提に連絡し合います。ボクも12/28~30の間に打ち合わせの予定を入れようとしたら、相手から「え!?働くの!?」と言われました。

クリスマス休暇の拡大解釈で一番大きいのは11/20~1/1だと思いますね。11/20はThanksgivingの週で、ここから後はずっとホリディムードが漂っており、ショッピングの季節となります。
実際に休むのはThanksgivingの前後と、Christmasの4日間だけと言う人がほとんどかなと思います。そんなに遊んでいられません。

1/1は会社によって休んだり休まなかったり。ちなみに来年の1/1は土曜日なので出勤日にしている会社はほとんどないと思います。

米国でもクリスマス休暇ありますよ。いろんな意味で。

まずコアなクリスマス休暇は今年の場合12/24~27です。クリスマスイブとクリスマス当日を土日に絡めて4連休くらいドンと休みにします。どちらかが土日と重なってしまったら、The day after Christmasとか、The day before Christmas Eveなどと銘打って4連休にします。今年はクリスマスが土曜日なので、月曜日の12/27がThe day after Christmasで休日になるのだと思います。米国だと非常に多くの会社がこの4連休をとるんじゃないでしょうかね。

これをどこ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング