ベンゼンに混酸を反応させ、ニトロベンゼンの合成を行ったのですが、
反応温度を70度以上にあげてしまったために、m-ジニトロベンゼンの副生が予想されるのですが、混酸とニトロベンゼンを分液するときに、m-ジニトロベンゼンは混酸の層にあるのでしょうか?
m-ジニトロベンゼンは水に難解なため、ニトロベンゼン層にある気もしますが、比重が硝酸よりも大きいのが気になります。
知っていたら、教えて下さい。

A 回答 (1件)

>混酸とニトロベンゼンを分液するときに、m-ジニトロベンゼンは混酸の層にあるのでしょうか?


違います。

>m-ジニトロベンゼンは水に難解なため、ニトロベンゼン層にある気もしますが、比重が硝酸よりも大きいのが気になります。
ニトロベンゼン、ジニトロベンゼン等が混ざった状態になり、その密度が混酸(の残骸?)の密度よりも大きければ下に沈み、小さければ上に浮くということです。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
ニトロベンゼンとジニトロベンゼンは一緒にあるんですね。
昆酸と分液したあと、水酸化ナトリウムで洗浄したのですが、そのときもジニトロベンゼンはニトロベンゼンから分離しないですか?

補足日時:2007/05/24 19:36
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qニトロペンの効力時期はどのくらい?

妻が心筋梗塞と判定され発作が起こったときの治療薬をペンダント式薬携帯器に入れたまま同じ薬を携帯しています。
ここ数年症状も無く、喜んでおりますが、使用しないまま数年経過したニトロペンの効力時期(交換・破棄)はどのくらいか教えてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
ニトロペンの場合、銀の個別包装シートに使用期限が印字されていると思います。
期限が切れていたり、使用期限が間近な場合は交換の必要が有ります。
狭心症の症状がでた場合に出来るだけ速やかに使用できるように、期限が切れる前に必ず交換をしてください。

印字が見当たらず、使用期限がわからない場合は、処方された病院か、薬局にお持ち頂き、使用期限を確認してもらうか、新たに処方してもらう必要が有ります。

字が小さいので、見にくい時は薬剤師か看護師にお声をかけて頂ければ、見やすく大きな字で包装に記載させていただきますので、気軽にお声をかけてください。

また、長期間の保管による包装シートの破損などがないか、定期的に確認をされる習慣を持つ事をお勧めします。
(ペンダントに入れているのであれば、破損の可能性は少ないですが、期限の確認のためにも、月に一度は必ずみてください)

また、患者様の中には、すぐに速やかに服薬できるように、包装から出して、密閉容器に保管されている方がありますが、絶対に使用するときまで包装から出さないでください。効果が得られなくなります。

数年経過されているのであれば、そろそろ主治医の先生に新しい薬を処方して頂いた方が良いかもしれませんね。
どうかお大事に。

はじめまして。
ニトロペンの場合、銀の個別包装シートに使用期限が印字されていると思います。
期限が切れていたり、使用期限が間近な場合は交換の必要が有ります。
狭心症の症状がでた場合に出来るだけ速やかに使用できるように、期限が切れる前に必ず交換をしてください。

印字が見当たらず、使用期限がわからない場合は、処方された病院か、薬局にお持ち頂き、使用期限を確認してもらうか、新たに処方してもらう必要が有ります。

字が小さいので、見にくい時は薬剤師か看護師にお声をかけて頂ければ...続きを読む

Qベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記

ベンゼン環へのニトロ基の導入はベンゼン環の反応性を低下させる。という記述は正しいのですか?

Aベストアンサー

「何の」反応性なのかがありませんがまあ概ね正しいのでは.
「求電子置換反応に対する」反応性は低下します.
「酸化反応に対する」反応性も低下します.

Qニトロを常備

家族が心筋梗塞で入院、幸い救命されました。これから先、緊急時に備えて、ニトロは手放せません。ニトロを入れた物を首からかけるのがいいと思い、ピルケースを探しています。これから先一生必要なので、女性ならアクセサリーのつもりで、実用とファッションをかねて、多少奮発してきれいなピルケースを購入で良いと思うのですが、患者は60代の男性。
ニトロを常備している方、どのようにして持ち歩いていますか? 教えて下さい。

Aベストアンサー

こんばんは。
好みデザインについては自信なしです。

ですが、
硝酸薬錠剤(ニトロ系錠剤)錠ですが、アドバイスとしては、出来るだけ包装から出さないで収納するタイプのピルケースがふさわしいと思います。
硝酸薬錠の場合、包装から出して、裸のままピルケースに入れて置くと、揮発して効果が低くなったり、錠剤がケース内部にくっ付いて取れなくなったり、また、錠剤同士がくっ付いて固まってしまう場合があり、危険です。

デザインは良くても、ガラスで封入し、シリンダーに収納するタイプもありますが、お勧めしません→(http://www.isi21.com/shopping/healthgoods/ginmukupendant.html)

機能性、安全性、デザイン、総合的に考えると、ネックレスタイプなら、包装から出さないで装填できるタイプがよいのではないでしょうか?

沢山のショップから売り出されています。
参考ですが、下記のショップの場合、錠剤の包装、剤型に合せて様様なサイズがあるようです。
http://kenwest-jp.com/jshop/pill001.htm
http://kenwest-jp.com/index.htm

お大事にしてくださいね。

こんばんは。
好みデザインについては自信なしです。

ですが、
硝酸薬錠剤(ニトロ系錠剤)錠ですが、アドバイスとしては、出来るだけ包装から出さないで収納するタイプのピルケースがふさわしいと思います。
硝酸薬錠の場合、包装から出して、裸のままピルケースに入れて置くと、揮発して効果が低くなったり、錠剤がケース内部にくっ付いて取れなくなったり、また、錠剤同士がくっ付いて固まってしまう場合があり、危険です。

デザインは良くても、ガラスで封入し、シリンダーに収納するタイプもありま...続きを読む

Qニトロベンゼンの合成

ベンゼンと混酸の混合溶液を加熱し、反応後下層の混酸を取り除きます。ここに希炭酸水素ナトリウム水溶液を加えるとビーカーの底に粒状のニトロベンゼンが沈殿しますが、この沈殿を下層、希炭酸水素ナトリウム水溶液を上層と呼んでもよいのでしょうか?上下の区分は明確ではないと思うのですが…

Aベストアンサー

何十年も前ですが高校の化学でニトロベンゼン→アニリン→アゾ色素まで実験しましたね。あの臭いが懐かしい。

普通は次のような手順で行うはずですが・・・
>ベンゼンと混酸の混合溶液を加熱し、
 ベンゼンに濃硝酸を加え、さらに濃硫酸を加えて振ると自然発熱して
>反応後下層の混酸を取り除きます。
>ここに希炭酸水素ナトリウム水溶液を加えるとビーカーの底に粒状のニトロベンゼンが沈殿します
 試験管内ではニトロベンゼンは上層
 水を入れたビーカーに注ぐと、ニトロベンゼンが「油滴」状に沈む。
参考
 ニトロベンゼンかわいい(*´∇`*) - 写真共有サイト「フォト蔵」( http://photozou.jp/photo/show/1680309/89665038 )
 260 ニトロベンゼン合成法 ( 化学 ) - 化学のはてな? - Yahoo!ブログ( http://blogs.yahoo.co.jp/chemy1i/37165888.html )

>上下の区分は明確ではないと思うのですが…
 この質問の意味が分からない。上下は分かりますよね。だとすると粒状の物を層と言って良いか否かと言うこと??
 試験管が小さいとそう(駄洒落)でしょうが、大きいと、底の粒状でしょうね。

何十年も前ですが高校の化学でニトロベンゼン→アニリン→アゾ色素まで実験しましたね。あの臭いが懐かしい。

普通は次のような手順で行うはずですが・・・
>ベンゼンと混酸の混合溶液を加熱し、
 ベンゼンに濃硝酸を加え、さらに濃硫酸を加えて振ると自然発熱して
>反応後下層の混酸を取り除きます。
>ここに希炭酸水素ナトリウム水溶液を加えるとビーカーの底に粒状のニトロベンゼンが沈殿します
 試験管内ではニトロベンゼンは上層
 水を入れたビーカーに注ぐと、ニトロベンゼンが「油滴」状に沈む。
参考
 ...続きを読む

Qペンダントの収納の仕方についての質問です。

ペンダントの収納の仕方についての質問です。

ペンダントのチェーンは雑に置くと絡まってしまうので、からまらないように収納したいです。

数が多いため、ペンダント用のアクセサリーケースに収納すると場所をとってしまうし、アクセサリーケースにあまりお金をかけたくないので・・・。

添付した画像の中身(ゴムがついてる部分)だけ買うことが出来るととても便利なのですが、売ってるところありますか?


皆さんはどうされてますか。

いい方法があったら教えてください。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ペンダント用のアクセサリーケースは、場所を取り、収納できる数が少ないので使っていません。

お値段的に良い物は、画像のケースにしまってまとめてあります。やはり保存状態を良くしておきたいので。買った時についていた物はそのまま使います。

日常的に使うネックレスの収納には、無印良品の5段クリアケースに、ガーゼかメガネふきのような布を敷いて、重ならないように入れてあります。1段に結構収納可能ですよ。
クリアケースで引き出しなので、中も見えますし、チェーンを伸ばしてなくても、特に絡まったりもありません。
値段も手頃ですし、どんな部屋のインテリアにも合うので、私は学生時代からずっとこの収納方法をしています。

あと、使う頻度が高い時期は、飾ってあるぬいぐるみにかけて置いています。

Qジベンザルアセトンの合成(アルドール反応)の副生成物の除去方法

ジベンザルアセトンの合成(アルドール反応)の副生成物の除去方法

ベンズアルデヒドとアセトンを2:1で塩基性条件でアルドール反応させると、
ジベンザルアセトンが生成しますが、このとき、1:1で反応してできた
ベンザルアセトンも副生成物として出てくると、知りました。
もし、このような副生成物を系から除去したい場合は、どうすればいいのか
考えています。
 水に溶かした水酸化ナトリウムにエタノールを加えたもの…A
 ベンズアルデヒドとアセトン2:1の混合物       …B
として、Bの半分をAに加え、15分反応させてから、
残りのBを加えるという操作で、副生成物の生成を防げるのだろうか、
とも考えましたが、いまいちよくわかりません。また、予防策のほかに
事後対策も考えています。
ご指導のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お示しの方法では副生成物の生成を完全には防ぎきれないと思います.半量ずつ加えてもあまり意味がないように思いますが、

ベンズアルデヒドを若干過剰に使用する
反応をTLC等でモニターし、ベンズアルデヒド、モノベンジリデンアセトンの消失を確認するまで反応を継続する

などで制御できるのではないでしょうか.設備によりますが、80-90%くらいの収率で合成できると思います.

あと、目的物を精製して、副生成物を除く、という操作を反応後に行うべきだと思います.再結晶で目的物だけをきれいに結晶化できるはずですよ.

Qニトロ基の保護

ベンゼンからm-ニトロアニリンの作るのに、
(1)ベンゼンのニトロ化→ニトロベンゼン
(2)ニトロベンゼンにfum.HNO3,H2SO4,100℃→1,3-ジニトロベンゼン
(3)1,3-ジニトロベンゼンにNaSH,CH3OH,加熱→m-ニトロアニリン
というのがあったのですが、
(1)ベンゼンのニトロ化→ニトロベンゼン
(2)ニトロベンゼンのニトロ基の保護
(3)メタ位にニトロ基つける
(4)メタ位のニトロ基をアミンにする
(5)ニトロ基の脱保護
みたいな経路は可能ですか・・?
ニトロ基の保護というのは聞いたことがないのですが・・・

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず無理じゃないかと。
「ニトロ基の保護」の方法は聞いたことがありません。
それにその合成経路では保護・脱保護している意味が全くありません。

Qニトロベンゼンの合成について

先日、スモールスケールにてベンゼンからニトロベンゼンの合成実験をしました。実験方法としては、
(1)乾いた大型試験管にベンゼン4mlをいれ、濃硝酸4mlを加える。
(2)濃硫酸を注意深く少しずつ加え、よく振る。
(3)下層の混酸をピペットで吸いだし、中和処理して捨てる。
(4)水10mlを加え、よく振り、静置する。下層のニトロベンゼンを含む有機層を別の試験管に移し、収量、収率を求める。

ここで、教えてほしいのですが、
a,(2)で濃硫酸を少しずつ加える理由はなぜでしょうか。
b,実験は一回しか行っていないのですが、収量が5.28gで、収率が、95%となりました。これは信用できる値なのでしょうか。
c,芳香族のニトロ化では副反応のジニトロ体の生成が考えられるが、通常の実験条件ではほとんどジニトロ体はできない理由を教えてください。

Aベストアンサー

分かる範囲で。

a:
ニトロベンゼンの合成反応も、酸を混ぜる反応も発熱反応です。
反応が激化して危険なのもありますが、収率を上げる目的もあります。
よく50~60度と言われますが、
70度以上になるとm-ジニトロベンゼンが副生しやすくなります。
この辺適当にやると黄色っぽくなるあれが副生物ですね。
でもあんまり下げすぎると反応が進まないから面倒だったり。

c:
HONO2 + 2H2SO4 <-> NO2+ +2HSO4- + H3O+
混酸中にニトロニウムイオンができてこれが反応するわけですが、
ニトロ基が結合すると、ニトロ基中の窒素の酸化数が大きい(=電子が不足)ため、ベンゼン環の電子はそっちの方へ吸い出されてしまいます。
するとベンゼン環上の電子密度が低くなるので、これ以上置換反応は起こりにくくなります。
逆にアルキル基なんかだと炭素原子が電子を環上に押し出すのでさらに置換しやすくなるわけです。

Q「o-ニトロフェノールは分

「o-ニトロフェノールは分子内で水素結合がはたらくので、分子間で水素結合をつくるp-ニトロフェノールより分子間力が弱くなり、融点が低くなる。」とあるのですが、o-ニトロフェノールも分子間で水素結合が働く気がします。p-ニトロフェノールより分子間力が弱くなるというのはおかしいのではないでしょうか。

Aベストアンサー

その「他のニトロフェノールのフェノール性水酸基の水素」だって自分のニトロ基と水素結合してるかもしれませんよ.

水素結合は構造上どうしても水素が必要だから, 同一分子内で水素結合するとその分分子間の水素結合は減ってしまう.

Qニトロベンゼンの合成

ベンゼンからニトロベンゼンを合成する際に,収率を上げるにはどうすればよいでしょうか?

Aベストアンサー

#1rei00さんもおしゃっていますが、実験条件がわからないことにはなんとも回答しにくいですが、ベンゼンのニトロ化反応には一般的に硝酸の他に触媒として硫酸を用います。これによってニトロニウムイオンが共役塩基となり効率よく生成します。

これ以外に、硝酸-無水酢酸、硝酸-酢酸を用いる方法もあるようです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A