こんにちは。
いつもお世話になっております。

近年の医療情勢に関する質問です。
診療報酬改定や償還価格改定などにより、大半の医療機器や医療材料における保険点数や償還価格が引き下げられて、医療機関の経営が困難となっているのが実状であると思われます。

厚生労働省では、諸外国の医療情勢や国内の卸売業者と医療機関における医療器材の購入・販売実態をリサーチし、保険点数や償還価格を改定しているものと思われます。
各医療機関では、医療器材の購入価格を少しでも安価にしようと考え、入札などを行い安価な医療器材を購入していると思われますが、結局のところ、厚生労働省が各卸売業者から医療器材の販売価格を提示させ、無作為に医療機関を抽出して医療器材の購入価格を提示させており、それらのデータを基にして保険点数や償還価格を設定しているため、価格競争を促せば促すほど、医療経済は逼迫していくのではないでしょうか。何だか悪循環に陥っているような気が致します。

また、医療機関の中には、医療器材ごとの値引率を示したガイドラインを設けていると聞いたことがあるのですが、値引を要求すればするほど首を絞めることにつながらないのでしょうか。
近年の医療経済における見解を頂けたらと思います。
宜しくお願いします。

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ほとんどの公的病院が赤字であるとは以前から常識です。


また厚労省が常日頃からワメいてる「医師の数は足りている」とするデータベース自体が間違っていることも今春から明白になりました。

アメリカほかは、後発品メーカーと保険会社が日本に入り込もうとしているので、日本の医療制度が崩壊してくれた方が都合がいいんです。

言いがかりをつけて医者バッシングを続けたために、医療現場では皆、モチベーションを失ってしまいましたし。
ま、カネもない、精神力もない、となったら、太平洋戦争末期と同じで敗戦ですなぁ。

参考URL:http://blog.livedoor.jp/ikarusuyo2/archives/5080 …
    • good
    • 0

>医療機関の中には、医療器材ごとの値引率を示したガイドラインを設けていると聞いたことがあるのですが、


>値引を要求すればするほど首を絞めることにつながらないのでしょうか。

これはならないでしょう。
同じ医療材料でも高くて駄目なら安い別のメーカーへ切り替えますからね。
ただし、その医療材料を使うDrがお気に入りのメーカだと難しいですね。
購入先を決めるのは病院だけどそれを使うのはDrです。
値引きを交渉することで首を絞められることはないと思いますが、
病院の経営状態が改善されていくか否かはわかりませんね。
    • good
    • 0

現時点で経済的に余裕のある医療機関はほとんどないと思います。


3年後5年後の利益を考えて行動はできません。 今期、今月を
どう乗り切るのかが優先課題です。 どうしても目先の差益を
考えざるを得ません。 将来のことを考えて行動するために医師会
のような存在がありましたが、現時点での政治に関与する力は
以前に比べて弱くなっています。 (これがよいことであるかどうか
は別として) 医療機関の収入をある程度以上減らすことは、医療の
質を下げることにつながります。 現時点で医療の質が下がって
いるのかは判断がつきませんが、日本における医療情勢は変化を
始めているように思います。 この変化が、再編であるのか、崩壊で
あるのか、まだ判断しきれません。 ここ1年の間に経営できなく
なって売買された病院がいくつあったか知られたらびっくりされると
思います。 国民がそれを実感し、どこに責任があるのか考え、
改善を要求するまで、この状態が続くのか、それより前に政治的な
意思転換があるのか見守るしかないと思っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q医師ですが、医療翻訳者として働けますか?

こんばんは。
私は医師(内科)をしているものですが、この度ある分野(直接医学とは関連がない)で大学院に海外留学しようと思っています。
英語力はTOEICでは900点以上ありますが今まで「医学英語」を(日常業務であまり必要ないため)知る機会はありませんでした。ただ単語さえ調べて分かれば英語文献を読むのに苦労はしません。
さて、海外留学の一年ほど前より準備で仕事を止めようと思っています。その間、医師としてのアルバイトもできないわけではありませんが、できれば自宅で英語に触れる機会も増えるし翻訳業務などできればいいなあと漠然と考えています。
実際仕事で求められるレベルが分からないので、ある程度の目安を教えていただきたいのです。
ただ、今述べたように、英語のままで理解できるのと日本語に訳すのは違うということは分かっています。
翻訳経験のない私のある程度の英語力と医学知識(主に内科)で、いきなり翻訳の仕事はできるでしょうか?やはり研修(の様なもの)は必要でしょうか。
まとまりのない質問になってしまいましたが、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

> 翻訳経験のない私のある程度の英語力と医学知識(主に内科)で、いきなり翻訳
> の仕事はできるでしょうか?

できると思います。実務の翻訳に携わっている人のすべてが、1.専門知識 と 2.語学力 の両方を高いレベルで兼ね備えているわけではありません。
どちらかが相当高いレベルなら、もう片方もそこそこのレベルであることが前提ですが前提ですが、仕事はあります。
とくに、1がかなり高度なものをお持ちなら(英語での知識でなくても大丈夫)、2は、おそらくお考えになっているほどのレベルでなくても仕事はあります。

> ある程度の目安
翻訳に必要な語学力のすべてはTOEICのスコアではわからないので、これは皆さん答えにくいと思います。しかしそこがお知りになりたいのでしょうから、異論もあるでしょうけれども、目安を書いてみます。

まず和訳(日本語への翻訳)ですが、これは高度な専門知識があることが前提ですし分野にもよりますが、最低ラインとしては800点レベルの英語力でも可能です。

もちろんこれで十分といっているのではありません。
文献によっては文章の意味が取れないこともまれにはあるかもしれません。
しかし十分な専門知識があれば多くの場合正しく類推できるので補える範囲だと思います。
fabulous75さんの場合、仕事は、はじめのチャンスさえ見つかればやっていかれるのではないでしょうか。

ですが、読んでわかる日本語訳を書けることは大前提です。ふつうに日本語を書けば大丈夫でもいざ翻訳となると、原文の意味はきちんと理解できていても、読みやすい文章には仕上げにくいものです。
(まさにそれが翻訳ですよね。)

英訳の場合には、私が思うには和訳以上に慣れが重要なので、TOEICのスコアなどによる目安はさらに示しにくいところですが、これもあえて書きますと、英語を書き慣れている人ならという条件付きで、最低ラインとしては800点台のかなり後半のスコアがあればなんとか仕事はあるでしょう。
これもある分野での専門知識が十分ある人の場合です。

しかし一方で、900台でも英語を書き慣れていない人というのは世の中に大勢いて(わたしも900台ですがそうでした)、そういう人なら900点~930点あたりのスコアでもすぐには難しいと思います。とはいえこのレベル(900点~930点)の基礎的語学力があれば、仕事の依頼があったときに断らないで、積極的に引き受けていけば、あとは積み重ねでなんとか普通に訳せるようになると思います。

> やはり研修(の様なもの)は必要でしょうか。
私は必要ないと思いますが、正直なところ、私も経験がないのでそういった類のものがどれほど有用かわかりません。それを補うべく、私は文章のスタイルのルールブックのような本は読みました。とくに英訳の場合には読んでおかれると良いと思います。たとえば、行頭にはアラビア数字は書かない(1ならoneと書く)、とかそういうようなルールです。

こんなところです。思ったよりハードルが低いと感じられたかもしれませんが、ピンからキリのピン側の人たちのレベルのお話しではもちろんなく、ご質問への回答でした。

> 翻訳経験のない私のある程度の英語力と医学知識(主に内科)で、いきなり翻訳
> の仕事はできるでしょうか?

できると思います。実務の翻訳に携わっている人のすべてが、1.専門知識 と 2.語学力 の両方を高いレベルで兼ね備えているわけではありません。
どちらかが相当高いレベルなら、もう片方もそこそこのレベルであることが前提ですが前提ですが、仕事はあります。
とくに、1がかなり高度なものをお持ちなら(英語での知識でなくても大丈夫)、2は、おそらくお考えになっているほどのレベルでな...続きを読む

Q翻訳学校に通ったことが、翻訳者になるのにつながったと思われている方いら

翻訳学校に通ったことが、翻訳者になるのにつながったと思われている方いらっしゃいますか。

将来在宅翻訳者になりたいので、翻訳学校に行くか迷っています。

Aベストアンサー

つながったと思っていない派なんですが、勉強にはなりました^^;
大学でも翻訳と貿易英語の講義は受けていましたが、それだけでは
実践に足りない感じだったので…。

卒業して いきなり在宅翻訳者というのは、たぶんかなり難しいと思うので
まずは就職して修行時代を過ごしながらツテをつくることになると思います。
希望する専門学校に現状で就職先があるかどうか聞いてみてはどうですか?
学校によって得意な分野とか過去の就職状況とか違うと思いますし。

目指すのは、何の分野ですか?
私の場合、友人の父親が機械系の翻訳をしている会社にツテがあり、
「本気でやりたいなら紹介してあげる」と言ってくれたのですが、
一人暮らしをするには初任給が安く食べていけないのでやめました。
実家が近ければ就職してたかも。ちなみに専攻は機械でした。

Q自動翻訳ソフトが翻訳者にとって代わる日がくる?

現在、翻訳家を目指して勉強しているものです。
つい、さきほど、ある翻訳関係の掲示板で、
「翻訳会社は、自動翻訳ソフトがもっと改良されれば、
必要なくなる(つまり翻訳者は必要なくなる)」といった
書き込みをみて、唖然としました。

近い将来にでも、本当に、翻訳者のいらない世界というのがきてしまうのでしょうか?

現在の翻訳ソフトの実用性とこれからについて、詳しい方がいらしたら、ぜひ、教えていただきたいです。

Aベストアンサー

アメリカでコンピュータ技術者兼技術翻訳をやっています。 翻訳する側からはすでに多くの回答が寄せられていますので、ソフトサイドからの立場で考えてみます。

コンピュータが置き換えることができる世の中のしくみは「1. ルールがしっかりしていること」「2. シュミレーション(先読みをしてどの答が最適であるかを事前に予測すること)可能であること」の二つが必要条件です。例えばチェスやオセロのプログラムはこの両方を満たしているので、人間の名人でも苦戦するほどです。

 ところが語学の世界ではこの両方が不明確です。文法や語法はもちろん、書き手と聞き手の教育レベル、言語の背景にある文化など、ほとんどのことがルール化することができないものばかりです。 なぜならこれらのことはどんどん変わってくるからです。チェスのルールが場所や相手、状況によって微妙に変わるならばコンピュータはあんなに強くなれないはずです。

 コンピュータはいろいろな可能性を秘めていますが、「複雑で気まぐれな人間世界」と渡り合って行くにはまたまた100年は足らないと思います。 なぜ? だって人間自体が完璧じゃないからです。 もちろん言葉もですよ。

 というわけで、少なくとも翻訳者の仕事がなくなることは当分なさそうです。

アメリカでコンピュータ技術者兼技術翻訳をやっています。 翻訳する側からはすでに多くの回答が寄せられていますので、ソフトサイドからの立場で考えてみます。

コンピュータが置き換えることができる世の中のしくみは「1. ルールがしっかりしていること」「2. シュミレーション(先読みをしてどの答が最適であるかを事前に予測すること)可能であること」の二つが必要条件です。例えばチェスやオセロのプログラムはこの両方を満たしているので、人間の名人でも苦戦するほどです。

 ところが語学の世界で...続きを読む

Q映像翻訳者になるためには

映像翻訳者になろうと思っています。フェローアカデミーの通信講座で勉強しようと思っていますが、実際に翻訳の仕事についている方はどのくらいの割合か知りたいのです。以前通訳学校に通いましたが 能力の限界を感じてあきらめてしまいました。やはり翻訳者になられた方の体験を読むと成功例のみが書いてあるので、すぐになれてしまうような錯覚に陥ります。それが通訳学校に通った失敗でした。。。 仕事へのサポートが強い学校で翻訳の勉強をしたいと思っています。 お勧めの学校、翻訳者になるためのアドバイスをお願いします。
教えてください!

Aベストアンサー

映像翻訳者

参考に

参考URL:http://trans.kato.gr.jp/translators/language_list.cgi?lan=0

Q翻訳者・通訳者の専門知識

翻訳者または通訳者になりたいと、漠然と考えています。
英語に関しては、留学経験あり、TOEIC920ですが、強みになるような専門分野は特にありません。
大学では教育を専攻し、現在は電気業界で貿易関係や、海外営業の補佐的な仕事をしています。
語学を勉強するのがとても好きで全く苦にならず、英語を使って何かをするよりも
英語自体を中心にプロとして仕事ができないかと思い、翻訳、通訳の道を考えます。
また、文章を書くことも好きで、日本語を書くことも得意です。
しかし、調べるうちに翻訳・通訳の場合、例えば医療関係などの深い専門知識が必要とされる、と知りました。
翻訳・通訳の勉強や仕事をしていく中で、その際に必要な他の専門分野の知識を得ていくことも勿論できるとは思うのですが、実際のところ、どうなのでしょうか。語学が好きという理由で、翻訳・通訳の道を目指すのは甘いでしょうか。
また、英語以外で(得に少数言語で)これから需要が高まる言語はありますか。
中国語、韓国語が重要視されているようですが、堪能な方がたくさんおられると思います。
少数言語で翻訳者・通訳者が少ないが、これから重宝されるだろうという言語があれば教えてください。
宜しくお願い致します。

翻訳者または通訳者になりたいと、漠然と考えています。
英語に関しては、留学経験あり、TOEIC920ですが、強みになるような専門分野は特にありません。
大学では教育を専攻し、現在は電気業界で貿易関係や、海外営業の補佐的な仕事をしています。
語学を勉強するのがとても好きで全く苦にならず、英語を使って何かをするよりも
英語自体を中心にプロとして仕事ができないかと思い、翻訳、通訳の道を考えます。
また、文章を書くことも好きで、日本語を書くことも得意です。
しかし、調べるうちに翻訳・通...続きを読む

Aベストアンサー

お話から察するに、産業翻訳をやりたいのでしょうか。
翻訳業界には大きく分けて以下3つのカテゴリーがあると思っています。

(1)産業翻訳(ビジネス翻訳)
(2)文芸翻訳
(3)映像翻訳

(1)をやる場合には、その業界の専門知識が当然必要です。コンピューター、医薬、法律、などの知識です。知識がないと翻訳できません。

(2)は、ある意味もっと大変です。例えば、登場人物にコンピューター技師と薬剤師と弁護士が出てきたら、彼ら(彼女ら)が話している内容それぞれに対して調べる必要があります。また、当然訳文に対する文芸的な要求も出てきます。

(3)は、(2)で挙げた項目に加えて耳の良さが要求されます。

いずれにせよ、大変な職業だと思います。ただし、外国語に苦痛を感じず日本語も得意なのであれば、非常に向いているのではありませんか。

それから心得ていていただきたいのは、翻訳者は肉体労働です。翻訳の仕事は一般的に、「何ページ訳したから何円」という物量換算です。質にお金をもらえるのは、極一部の有名翻訳者だけです。

翻訳だけで暮らすには、相当な苦労が伴いますよ。

お話から察するに、産業翻訳をやりたいのでしょうか。
翻訳業界には大きく分けて以下3つのカテゴリーがあると思っています。

(1)産業翻訳(ビジネス翻訳)
(2)文芸翻訳
(3)映像翻訳

(1)をやる場合には、その業界の専門知識が当然必要です。コンピューター、医薬、法律、などの知識です。知識がないと翻訳できません。

(2)は、ある意味もっと大変です。例えば、登場人物にコンピューター技師と薬剤師と弁護士が出てきたら、彼ら(彼女ら)が話している内容それぞれに対して調べる必要があります。また...続きを読む

Qフリーの翻訳者さんへ質問です

今までの知識と経験を活かしてフリーの翻訳者を目指そうと考えています。 

実際に翻訳者として実務翻訳をされている方の翻訳(日->英、英->日)のスピードは一般的にどのくらいでしょうか? また、翻訳会社が翻訳者に求めているスピード(納品期間)はどのくらいが一般的なのでしょうか? それから、初めて翻訳の仕事をする方はどのくらいのスピードで、どのくらいの経験を積むと一般的なスピードに達するのでしょうか? 

試しにトライアルを受けてみましたが、細かく調べたりしていると1枚あたり2時間もかかってしまいました。 できれば最初は採算性よりも実際に翻訳をしながら成長したいので翻訳会社に登録しようかと思っていますが、納期に余裕があるような仕事(このペースだと1日5枚以内)はあるものでしょうか?

品質や内容にもよるので「一般的」というのは一概に言えないと思いますが、実際に経験されている方のご意見を伺えれば嬉しいです。

Aベストアンサー

フリーで翻訳を5年程やっています。最初は、翻訳速度と納期のことは気がかりですよね。

>また、翻訳会社が翻訳者に求めているスピード(納品期間)はどのくらいが一般的なのでしょうか?  
一つの目安として実務翻訳ですと、英日で一日2000w、日英で6000文字と言われていますが、あくまで目安にしかならないと思います。

>納期に余裕があるような仕事(このペースだと1日5枚以内)はあるものでしょうか?
あると思います。納期は、本当にまちまちだと思います。お客様の中には、とにかく早くと言われる方もいますし、ゆっくりでもいいからしっかり調べて欲しいと言われる方もいます。翻訳会社はそのへんのところはよく分かっていますので、cous_cousさんの実力が認めてもらえれば、後者のようなお仕事をまわしてもらえると思いますよ。

>それから、初めて翻訳の仕事をする方はどのくらいのスピードで、どのくらいの経験を積むと一般的なスピードに達するのでしょうか?
今は、便利なツールがたくさんありますので、そういったものを使いこなすことでも、格段に速度はあがりますよ。下記のサイトはご存知ですか?これから在宅でお仕事をしていかれるのなら、色々勉強になると思います。こちらのサイトには初心者からベテランまで、様々な翻訳者の方がおられます。特に、ベテランの方は親切にアドバイスして下さいますので、在宅で翻訳をやっていく上で生じる色んな問題の解決に役に立つと思います。よろしければ、ご覧になってみてください。実際に仕事を始めると、レートを聞かれて自分で決めないといけないこともありますし。

頑張ってください。

参考URL:http://trans.kato.gr.jp/

フリーで翻訳を5年程やっています。最初は、翻訳速度と納期のことは気がかりですよね。

>また、翻訳会社が翻訳者に求めているスピード(納品期間)はどのくらいが一般的なのでしょうか?  
一つの目安として実務翻訳ですと、英日で一日2000w、日英で6000文字と言われていますが、あくまで目安にしかならないと思います。

>納期に余裕があるような仕事(このペースだと1日5枚以内)はあるものでしょうか?
あると思います。納期は、本当にまちまちだと思います。お客様の中には、とにかく早くと言われ...続きを読む

Q翻訳者自身に「師」という肩書きは不適当か

翻訳書の文中に翻訳者本人が登場した場合、僧職にある翻訳者の敬称を「師」と訳すのは不適当でしょうか?

ある翻訳書で、著者による日本語版への前書きに、関係者への謝辞があったのですが、お寺の住職である翻訳者の名前が「○○○○師」と表記されていました。

この点について、あるブログの書評では、訳者自身が自分に「師」という敬称をつけていることになるのでおかしい、という趣旨のことが書いてありました。

http://metal.velvet.jp/black/?p=126

これっておかしいでしょうか?
「氏」ならいいんでしょうか?
大学の先生の場合で、「プロフェッサー」を「教授」と訳すのは可? 「先生」は不可?

Aベストアンサー

 原文通りに訳したかどうかの問題でしょう。ブログの筆者は、翻訳者が勝手に書き加えたと解していますが、原文に当たったと書いていないので、証拠不十分の疑いが残ります。

Q翻訳者の報酬を教えてください。

翻訳会社に日→英の翻訳を依頼して、1ワード26円で請求が
来ました。この場合、相場としてで良いのですが、
翻訳会社から翻訳を請け負っている翻訳者は
1ワードいくらで仕事をしているのでしょうか。

Aベストアンサー

私には難しいご質問ですが、参考になればと思って書いてみます。

日英では日本語の字数で言う場合と完成英語のワード数で言う場合で単価が異なりますので注意が必要です。専門技術分野を持つフリーランサーなどの和英翻訳者の取り分は一般論として日本語の1字あたり推定4-8円でしょうか。競争社会ですからさらに下の数字もあると思います。ワード単価に翻訳するには日本語の400字はおよそ英語の170-180ワードに相当するようですから、9-18円/ワードといったところでしょうか。難しい仕事の割には報酬は安いものです。

翻訳者の報酬は基本的には翻訳者と会社との個別契約で(会社の方針や翻訳者の実力で)決まるようですが、顧客に提示する価格のベースになるので、優秀だからと報酬設定を高くすると仕事が取れなかったり、会社の方針で安くすれば低品質になったりするでしょうから難しいところですね。

会社側ではネイティブチェックを入れたり、翻訳漏れ・誤訳などミスのチェック作業が入ったり、依頼者とのやり取りを行ったりしますので、経営コストが価格に上乗せされます。翻訳者の翻訳をそのまま受け取る形にすれば上乗せ分は最小限になるでしょうし、オプションを入れれば高価になっていくでしょう。過剰品質ということもありますし、オプション上乗せが常によい方に働くとは限らないと私は思うのですが。

私には難しいご質問ですが、参考になればと思って書いてみます。

日英では日本語の字数で言う場合と完成英語のワード数で言う場合で単価が異なりますので注意が必要です。専門技術分野を持つフリーランサーなどの和英翻訳者の取り分は一般論として日本語の1字あたり推定4-8円でしょうか。競争社会ですからさらに下の数字もあると思います。ワード単価に翻訳するには日本語の400字はおよそ英語の170-180ワードに相当するようですから、9-18円/ワードといったところでしょうか。難しい仕事の割には報酬は安いもの...続きを読む

Q在宅翻訳者になるには

企業内で2年間翻訳者として働いていましたが、辞めてからもう3年のブランクがあります。事情により外で働けないため、在宅翻訳者になるべく数ヶ月前に登録したアメリアを通して現在までのところ8社のトライアルを受けました。ですが…全滅です。そこで現役の在宅翻訳者の方に質問です。トライアルに合格し仕事を受注している皆さんはやはり元々経験豊富だった方々たちなのでしょうか?私は自動車関連の翻訳をしていましたが、専門ということもなくたまたまついた職がそれだっただけです。今は分野を絞らずいろんな案件に挑戦して何でも身につけていきたいという姿勢で取り組んでいます。そこがいけないのでしょうか…。8社も不採用という結果をいただき、さすがに自分の翻訳に不信感を抱くようになりました。競争率が高いのか、まったくの畑違いな上に翻訳者としての経験が少ないからなのか、はたまた私の翻訳が下手すぎるのか。。原因究明をしてみようと思うのです。

皆さんは何社くらいまたはどれくらいの期間を経て採用通知をいただきましたか?数ヶ月がんばった程度で取引先が見つからないのは普通なのでしょうか?参考までにお聞かせ願えればと思い投稿しました。

よろしくお願いします。

企業内で2年間翻訳者として働いていましたが、辞めてからもう3年のブランクがあります。事情により外で働けないため、在宅翻訳者になるべく数ヶ月前に登録したアメリアを通して現在までのところ8社のトライアルを受けました。ですが…全滅です。そこで現役の在宅翻訳者の方に質問です。トライアルに合格し仕事を受注している皆さんはやはり元々経験豊富だった方々たちなのでしょうか?私は自動車関連の翻訳をしていましたが、専門ということもなくたまたまついた職がそれだっただけです。今は分野を絞らずいろんな...続きを読む

Aベストアンサー

専門分野があるのなら、専門分野に絞るべきだと思います。

アメリアについてはよく知りませんが、取扱い分野が広く、新人にも間口が広いという印象があります。そういう中で抜き出るのは難しいかと思います。

私の友人は経験のある分野に絞り込み、その分野を専門にしている翻訳会社3社のトライアルを受けました。トライアルにはすべて合格し、そのうちの1社からコンスタントに仕事をいただいているようです。

翻訳を外注する立場にもいたことがありますが、やはりその分野の知識がある翻訳者にお願いしていました。技術的な知識があるので誤訳が少ないですし、タームの蓄積もあるのでチェックが非常に楽でした。翻訳後のチェック時間が少なくて済むというのは非常に重要です。

また、トライアルがうまくいかないというのは、もしかしたら何か原因があるかもしれません。トライアルの問題というのは「引っかけ」がある場合が多く、それに引っかかってしまっているのかもしれません。きちんと原文の意味をとれているか、不明点はわからないままにしていないか、など気をつけてみてもいいかもしれません。

専門分野があるのなら、専門分野に絞るべきだと思います。

アメリアについてはよく知りませんが、取扱い分野が広く、新人にも間口が広いという印象があります。そういう中で抜き出るのは難しいかと思います。

私の友人は経験のある分野に絞り込み、その分野を専門にしている翻訳会社3社のトライアルを受けました。トライアルにはすべて合格し、そのうちの1社からコンスタントに仕事をいただいているようです。

翻訳を外注する立場にもいたことがありますが、やはりその分野の知識がある翻訳者にお願い...続きを読む

Q翻訳者のためサイト「アメリア」http://www.amelia.ne

翻訳者のためサイト「アメリア」http://www.amelia.ne.jp/userTop.do

について教えてください。


在宅翻訳者になるには、このサイトは役立ちますか。少し、利用料が高いので
登録するのにためらっています。


経験者の方のご意見が聞きたいです。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

経験者ではありませんが、仕事探しに会員料金を取る会社は一般的には心配です。

ここは翻訳学校(翻訳の専門校フェロー・アカデミー)が経営の基本となっているようです。つまり授業料で儲ける教育機関であって、学校を出れば(教員の顔などで)仕事を紹介するみたいな姿勢は見せているかもしれませんが、不透明で、必ずしも保証はないと思います。

ご利益があるならそれほど「高い」とも思えませんが、英語に自信がある方ならお金を払わないで仕事探しを進めてみる方がよいと思います。でも経験のある方のご意見が聞きたいところですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報