日本人は外国人に比べると信仰が薄い民族だと思いますが、例えばアフリカでは、宗教的活動や行為が厳しい社会問題に直面した時にどのような精神的、肉体的、環境的に利点があるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

アフリカのケースについて特にお答えすることは、私の知識不足でできないのですが、一般的に考えた場合、宗教は例えば以下の機能を果たしていると思います。



・厳しい現実の中で生じる「どうしてこんなに辛い思いをして生きなければならないのか」という問いに対して、一つの回答を与える。
・同じような思いや考え方をしている人を結びつけ、行動させる。
・新しい事態に直面し、どう対処して良いかわからないときに、対応の一つの基準や考え方を示唆する。

 最初の機能は「個人的経験としての宗教」とでも言えるでしょうか。愛する者の突然の死、自分の身に降りかかった辛い出来事、孤独感など、自分が生きていることの意味がわからなくなったようなとき、宗教はそれに対して一つの回答を試みようとします。

 次の機能は「社会的経験としての宗教」とも呼べるでしょう。「宗教団体」と言うとなんだか胡散臭い響きがありますが、たとえば私がアメリカで訪れたことがあるキリスト教バプティスト派の教会では、黒人の信者の方ばかりが集まる教会だったのですが、地元コミュニティのために様々なボランティア活動をしていました。先に述べた「個人的経験としての宗教」に対し、こちらは人々を結びつけ、社会に働きかける存在にするという機能を持っています。

 最後は「文化的・政治的経験としての宗教」と呼べるでしょうか。最近の「インドネシア味の素事件」では、製品の生産工程でイスラム教で禁じられていた豚の酵素が使われていたことが大きな問題となりました。人間は様々な集団を作り、それぞれ独自の文化を発展させてきましたが、その文化を継続しながら新しい時代へと発展する中で出会う「未知の出来事」に対し、常にそれまでの文化に基づいた解釈を求められます。そのときに一つの判断基準となるのが宗教と言えます。もっとも、例えばアメリカなどでいまだに盛んに取り上げられる「妊娠中絶の是非」の問題など、人々の数だけ宗教もあり、その分解釈もあるわけで、宗教が万能のルールブックであるとは限りません。

 いろいろ書きました。私は特定の宗教を持っておりませんが、人間を考える上で宗教を切り離すことはできないと考えます。はたして動物に宗教はあるだろうか? と考えると、おそらく無いだろうと思いますので。宗教は非常に人間的なものである、と考えております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。>「人々の数だけ宗教もあり、その分解釈もあるわけで、宗教が万能のルールブックであるとは限りません。」まさにそのとおりだと思います。

お礼日時:2001/01/20 07:19

そもそも、宗教というのは人間的だけではなく、人間が神様とのつながりを作る、簡単にいうとコミュニケーション道具です。

その他に、人間が間違っていることを行い、罪を持つ。その罪から許されるように(神様に)それから死後に天国に行けるように行いをする。その行いが宗教です。
ですが結局人間が行なうことによって、罪をなくすことが出来なく、神様にしか頼れないのです。ですから利点というのは結局、個人的にしか分からない。そのため、自分の宗教が正しいとかの考えで、けんかになったりすることが最近多くなります。が、論理的に考えると神様ってひとつしかないだろう。
    • good
    • 0

私自身は特に宗教を信じていませんが、家は浄土真宗です。


難しいことは分かりませんが、宗教を信じることに何か利点はあるのでしょうか?
マハトマ・ガンジーは「犠牲なき信仰」は「社会的罪」だと言ってるくらいですし・・・ただ、信じることで精神的には何か利点があるのかな。すいません、回答になりませんでした。
    • good
    • 0

私は南部アフリカに関してしかわかりませんが、アフリカ全土的に大体の国がキリスト教かイスラム教を主としていると思います。

 南部アフリカにのみ話を絞りますと、南アフリカ共和国をはじめ、ナミビア、ボツワナ等いわゆるSADC加盟国はキリスト教を主としていると思います。 これは旧宗主国の影響ですが、今でも人々は日常的に教会へ通い、結婚は教会で行い、葬式もキリスト教の方法に従って行われています。 完全に無いとは言えませんが、アニミズム的自然崇拝はあまりないと思います。 このように、アフリカでの宗教はヨーロッパでのそれと極端な異差があるとは思えません。 よって、宗教のはたす社会的な役割もヨーロッパのそれとそんなにかけ離れたものではないと思います。
    • good
    • 0

僕は神を信じていませんが、仏教を生活の規範にしています。


そのような僕の立場で考えたときに、思う点をいくつか挙げてみましょう。

アフリカの宗教については特に詳しいわけではありませんので、
あくまでも、推測でしかありませんが、少し考えてみましょう。

アフリカなどでは、信仰の対象はおそらく、いわゆる土俗信仰というやつ、
であろうかと思うわけですが、まず、考えうる利点としては、


1)自然を神としているために自然破壊に繋がるような指向に結びつきにくい?

2)部族の今までの歴史的背景が色濃く信仰に結びついているので、
知らず知らずのうちに、部族の歴史的背景を学ぶことになり、
家族や部族内での精神的結びつきを強める?

3)最低限の倫理観を共通の認識として持つことができる?

4)その倫理に賛同するにしろ、しないにしろ、ひとつの
社会に対しての考えるきっかけになりうる?


おそらく、利点として考えうるのはこんなところでしょう。
よく考えてみればこれはおそらく、土俗信仰の場合でなくとも、
一般的な宗教全般に当てはまる事例のように思いますが。

まぁ、利点ばかりとも言えないわけで、
例えば宗教が不要な呪縛として人間の自由を奪うようなことも
ままあるのですが。


ただ、言えることは、日本のような信仰心の薄い国の人間よりは、
ある倫理をもっているわけで、そういった点では、例えばオウムのような
カルトに簡単に入ってしまうこともないのではないかと思います。

例えば、僕個人としていえば、仏教を研究し、規範とする人間として、
オウムのようなカルトに入信することはあり得ないわけです。
ちょっと知っていればあれが仏教としては、
大きく間違ったものであることは簡単にわかることですから。

宗教に対するある程度の理解はそのような効果をもたらすところもあります。

ただ、民族間の争いと宗教の争いが結びつき、
それが権力者に利用されたりすると、今日の中東情勢のような
危険な緊張を生み出したりもするわけで、必ずしもよいことばかり
ではないのでしょう。

ただ、一致団結して戦争にむかっていける程に強い団結を
生み出す一因にはなっていますね。間違いなく。

こういった、エネルギーがよい方向に向かえばいいのですが。


話がとっちらかったので、まとめましょう。
僕としては、あくまで想像の範囲ですが、
日本人のようにほぼ儀式的に、宗教を利用するというのは、
ちょっといかがなものかと思います。
宗教とは、神の存在を信じるか、信じないかという点に
重要な点があるのではなく、法律や科学のない時代にできた、
哲学であり、生活の規範であると。そこが重要だと考えています。
ゆえに、それについて考えるきっかけとなることとして、
宗教について肯定的に考えることはとてもいいことであり、
前向きなことであると思うわけです。
ただ、そこで気をつけるべきなのは、その内容や行為に
盲目にならないようにという意識を常にもつことではないかと思うのです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肉体的苦痛と精神的苦痛、どっちが体罰?

運動部の指導と称して、生徒をたたく教諭・顧問・コーチは後を絶ちません。

これらの事件は一部マスコミ報道され処分されるk人もいます。

しかしながら、精神的苦痛となる言葉をかけた教諭が処罰される例は
極めて少ないと思われます。そのケースにおいてでも
「死ね」「学校に来るな」「カス」
とかいう子どもの喧嘩レベルの罵りの場合だけで、心に重くのしかかる
言葉の暴力はほとんど処罰の対象となりません。

医学の世界では、肉体的暴力より精神的暴力の方が後遺症が
大きいという話もあるようです。

なぜ精神的暴力をふるう教師らに処罰はないのでしょうか?

Aベストアンサー

精神的体罰には録音が効果大です。
録音してマスコミに出せばおおやけになります。

体罰は隠し撮りがいいでしょう

Q宗教以外で信仰できるものを知りたいです。

最近、思ったことがあります。

それは、「何かを信じることがパワーになるのなら、何かを信じることもありなのか」ということです。

別に宗教じゃなくても良いのです。他に何かあれば。

しかし、これといって他のもので信じれるようなものがありません。
※別に皮肉ってるわけではありません。

親を敬うという気持ちもありません。
尊敬する先輩もいません。

宗教の信者のことは、よくわかりませんが、信者になれば教会や施設に行って祈るんですよね?
正直、時間の無駄ではないかと思います。
また、月額いくらなのかも気になります。新聞代と同じくらいなら有りかもしれません。

たぶん私は、安易な合理的な考えしかできないのかもしれません。

しかし、合理的なことがわかっていても、合理的に物事を行うことは、自分との闘いでもあり、難しいです。

だから宗教以外で、何か信仰できるようなものがあれば、それを力にしたいのです。
もうやめましたが、覚醒剤の力を利用したこともありました。破綻しましたが・・・・・・・・

こんな質問ですが、なんでも良いのでアドバイスを下さい。

Aベストアンサー

イエスさんは聖書の中で「お前らは奇跡を見ると信じるけど、見ないと信じないのな。動機が不純だよ」と嘆いておられました。「見たから信じる」ではなく、「見えなくても信じよ」といったのです。

信仰の本質というのは、自分自身内面との対話だと思うのです。そこをはき違えて「信じてお金を払えばなんとかしてくれる」って考えちゃうからおかしくなるのです。「祈るのは時間の無駄」といいますが、それは「自分自身と向き合うのは時間の無駄」といっているようなものですよね。ただし、物質至上主義、現世至上主義なら自分自身と向き合う?ハァ?だと思います。求めるのは全て自分の外部ですから、自分の中身なんてどうでもいいことです。
また逆に自分の中身をとことんまで突き詰めたら、外部の世界は関係なくなります。禅宗の修行僧なんてそんな感じかもしれないですね。達磨さんはコミュ障でお友達が作れなかったので、ひたすら壁に向かいました。禅を極めたから偉大な人になってるけど、そうじゃなきゃ単なるアブない人です・笑。

他の人も指摘していますが、外的なものにパワーを求めてそのパワーでなんとかしようってのは本質的な解決にはなりませんやね。でも、そのほうが楽といえば楽ですよね。今日なにを食べようかと毎日考えるのってかったるいじゃないですか。それなら、出されたものに文句つけずに食べたほうが気楽ですよね。私も偉そうなことをいいますが、食事に関しては出されたものを食べたほうが楽だと思います。要はその辺のバランスですね。

イエスさんは聖書の中で「お前らは奇跡を見ると信じるけど、見ないと信じないのな。動機が不純だよ」と嘆いておられました。「見たから信じる」ではなく、「見えなくても信じよ」といったのです。

信仰の本質というのは、自分自身内面との対話だと思うのです。そこをはき違えて「信じてお金を払えばなんとかしてくれる」って考えちゃうからおかしくなるのです。「祈るのは時間の無駄」といいますが、それは「自分自身と向き合うのは時間の無駄」といっているようなものですよね。ただし、物質至上主義、現世至上...続きを読む

Q少数民族・先住民族について

 以前ベトナムのサパという街に行った時に、周辺に住んでいるモン族という少数民族に会い、その民族衣装と村の棚田を見て感動しました。ですが彼らは貧しいようでしたし、地元の人達から差別的な視線で見られているようでした。


 彼らのような少数・先住民族の文化や生活を守り、かつ彼らが幸せであるためには、どうすればよいと思いますか?

 また将来そのような活動に関わりたいと思ったら、どんな事を勉強すればよいのでしょうか。

Aベストアンサー

すでに社会人とのこと、失礼しました。

仕事として考えると、難しいのは確かですね。
日本に拠点をおいて関われる仕事といえば、NGOの事務局ですが、採用数は多くなく、収入も低く不安定。JICA職員という手はありますが、そこで本当に少数民族の人を助けることができるのか、という大問題もあります。
現在お仕事をお持ちで多少なりとも時間が割けるのならば、NGOにボランティアとして関わるのが一番だと思います。そうしながら勉強することもできます。開発系では日本福祉大学に通信制の大学院があります。そうこうしているうちに専門知識が加わり、そこで一気に飛び出す、というのもいいのではないでしょうか。
参考までに、以前私がお答えしたものもご覧下さい。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1232914

Q世界一優秀な国の民族は民族の血を重んじる国?

過去に朝鮮戦争の勃発で多く朝鮮の方が戦火を逃れる為に
密入国で、日本にいらっしゃった事は有名な事実として認識
されていますが、戦争は1953年に休戦に至り、既に半世紀以上
経ちますが、密入国されてきた方達は未だにお帰りに成らない
成れないのは『未終結 戦闘のみ停止』の状態の為にお帰りに
成れないのですか?

また、日本に在住され続け、あまりにも時が経ち過ぎている為に
既に2世3世4世とご子孫が生まれ日本生まれの日本育ちで
朝鮮語も喋れないが韓国籍の方や北朝鮮籍の方が多いと
お聞きします。国籍を日本に帰化されないのは、いずれ本国に
お帰りに成る為でしょうか?

また、日本に在住される韓国の方や朝鮮の方は日本人との結婚を
民族の血が汚れるという理由で反対される方が多いとか!!
これは、いずれ朝鮮戦争が最終的に終結を見た時の為に、本国に
お帰りになる時の為の混血は極力防ぎたいとの行動でしょうか?
 だが、韓国はベトナム戦争の戦地下で韓国軍人が多くのベトナムの
の女性を強姦し今、国際的にも大問題とされる韓国人とベトナム人
との間に生まれたライタイハンと呼ばれる混血児(3万人以上)が
いらっしゃいますので韓国では混血種は面倒を見なくて済むなら(金を出さないなら)
決して悪い事として考えないのでしょうか?

余談:
しかし、日本に嘘や妄想でタカリまくってる国は、自分らの犯した真実には
見向きもしね~んだなw

過去に朝鮮戦争の勃発で多く朝鮮の方が戦火を逃れる為に
密入国で、日本にいらっしゃった事は有名な事実として認識
されていますが、戦争は1953年に休戦に至り、既に半世紀以上
経ちますが、密入国されてきた方達は未だにお帰りに成らない
成れないのは『未終結 戦闘のみ停止』の状態の為にお帰りに
成れないのですか?

また、日本に在住され続け、あまりにも時が経ち過ぎている為に
既に2世3世4世とご子孫が生まれ日本生まれの日本育ちで
朝鮮語も喋れないが韓国籍の方や北朝鮮籍の方が多いと
お聞きします。...続きを読む

Aベストアンサー

>>◇決して悪い事として考えないのでしょうか?

韓国は、「世界一」ではなく「宇宙一」の国ですから、韓国人の考えることは、われわれの思考の圏外ですね。
われわれの思考を超越しています。
日本に対して、「『歴史を直視しろ』と言いながら、ベトナムでの韓国軍の暴虐には知らんふりか?」という批判は、あくまで、地球内での論理ですから、宇宙規模の思考様式を持つ韓国人には、通じません。
また、「ライタイハンには頬かぶりしているのに、日本に対して『歴史を直視しろ』と言うのは、ダブル・スタンダードだろう」という批判は、宇宙一の韓国に対して失礼になりますので、言ってはいけません。
もし、そんなことを言う人がいたら、その人は、韓国人に、お尻ペンペンされます。
気をつけてください。ヾ(・◇・)

【画像の説明】
 宇宙一の韓国人が住む、地球という惑星
 太陽系に在ると言われている

Q企業が直面している問題について教えてください

直面している問題なら何でもいいです。なぜその問題が生まれたのか、そして解決策など教えてください。

Aベストアンサー

 やはり「資金繰り」だと思います。バブルの崩壊によって、従来は担保物権が無くても信用で貸していた場合もありますが、崩壊以後は、担保物権を提供しなければ、運転資金も融資をしてくれません。

 小さな会社の場合は、新規の担保物権もありませんから、今までは運転資金の融資によって、潤沢に経営をしていて金融機関へも約束どおりに返済をしていたのですが、その運転資金の融資が受けられなくなったことによって、仕事の量に変化が無くても会社の経営が出来ない状態になります。仕事が減ったことによって会社が倒産をしたのなら、社員も理解が出来ますが、仕事は今までどおりにあったのに会社が倒産という現実が待っています。

 又、公共事業に依存していた会社の場合は、公共事業が減少して行きますので、直面している大きな問題でしょう。

 解決策は・・・、そのような原因を作ってきた、国民全体の責任もあるでしょう。1個人1会社の努力だけでは解決できない、大きな構造的な問題も含んでいます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報