歩道から横断歩道を渡ろうとした自転車Aと、車道を走って来た自転車Bとの衝突ケースです。横断歩道は青信号でしたが、自転車Aは車道上で駐車中の車の前を通過して横断歩道を渡ろうとしました。それは、車道を(駐車1台分、歩道から横断歩道へ向かって斜めに)右側通行しかけたことになります。車道を走っていた自転車Bは左側通行は守っていましたが、赤信号(歩行者は青)を無視して横断歩道を通過し、駐車していた車のカゲから出てきた自転車Aの前輪に衝突しました。横断歩道上の衝突ではなく横断歩道から駐車車両1台分離れた所での衝突事故なんですが、この場合、自転車AとBの過失割合を教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

文字による書き込みだけでは、安易に過失うんぬんをもうしあげることは出来ません。


当事者同士 それぞれに言い分はあるでしょうが警察には届出していますか?
自転車も車両 判例集には自転車同士の事故についての過失相殺はありませんが、車両同士の事故例を準用して判断するしかないですね。

示談は話し合い お互い譲歩して折り合う姿勢で妥協点を見いだす努力をしなければ自損自弁ということにもなるでしょう。
大抵は保険加入もないでしょうから、当事者同士の話し合い 人間性による力関係も過失割合に大きく左右される懸念もありますね。
個人賠責に加入しましょう。
金額的には損害額もたいした金額にはならないでしょうから意地の張り合いで、感情的にならないよう 周りの付き合いのある保険担当者 専門家に相談されたらどうですか・・・?

この回答への補足

幸い、双方ともケガなく済んだので、この件は私がその場で一方的に罵倒されただけで大事には至らなかったのですが、私は交通ルールにも法律にも無知だし、何か問題があると反射的に謝ってしまう性分なので、今後、相手によってはソコにつけこまれて「一方的で不当な」過失責任を押し付けられるかもという危惧を感じました。上記の状況説明で過失割合の判定のために不足な点があったら御指摘お願いします。交通ルールと法律上、このケースでは大体これくらいという割合比率を教えていただきたいのです。尚、この事件をキッカケに、あらためて安全運転を肝に銘じて、保険についても検討したいと思いました。御助言ありがとうございます。

補足日時:2007/05/25 10:05
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング