ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

休業損害証明書について教えてください。
3/17日に運転中に事故に遭い、現在治療中です。
治療が長引きそうなのでとりあえずと思い、会社に休業損害証明書を書いてもらいました。
内容についてよく判らないことがありますので教えてください。
私は勤続25年の正社員で、通常の月ですと本給250,000円、付加給20,000円です。
昨年11月末から今年の1月末まで、病気で休職しており、社会保険から傷病手当を受給していました。
やっと復帰したと思ったら、運悪く翌月に事故に遭ってしまいました。
会社から届いた休業損害証明書の差引支給額を見ますと、休職中の手取り(12月:158,000円、1月:-31,238円、2月108,772円)が書かれており、稼働日数には私が出社した日数でなく、会社自体の稼働日数が書かれています。
通常の月から考えれば差引支給額×3か月÷90日で、日額は約7,000円となるのですが、会社から届いた休業損害証明書を見ますと、事故前3か月分の差引支給額が235,723円となっています(休職していたため)。
これを単純に計算すると235,723円÷90日で、日額は2,619円となってしまい、通常時の本給とはかけ離れた額になってしまいます。
会社の書いた休業損害証明書の書き方に誤りはないでしょうか。
もし、会社の書き方であっているとしたら、まだ仕事ができる状態ではないのですが、このままでは生活できなくなるので、ムリをしてでも出社して通常のお給料をもらった方がいいのではないかと考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的な原則では給与所得者の休業損害算定は


事故前3ヶ月間の収入を基準としますが
個人事業主や自由業の場合は
前年の確定申告で算定します。
去年1年間の源泉徴収票を元に算定するように
交渉してみましょう。
交渉が決裂・失敗しても日額2,619円になる事はありえません。
低所得の場合は日額5,700円が必ず認められます。

この回答への補足

ありがとうございます。
5,700円は認められるというお答えを見て、ホッとしています。
保険会社の担当者がどう答えるか判りませんが、源泉徴収票からの算定を交渉してみようと思います。
あと、病気休職したときは、休職期間中の社会保険や厚生年金は復帰した後にもらうお給料から引かれてしまうので、復帰後すぐのお給料は手取りが無い状態が何ヶ月かあったのですが、交通事故で休職の場合も同様になるのでしょうか。
事故だから免除とはならないのでしょうか。
復帰後の生活も心配なので、ご存知でしたら教えてください。

補足日時:2007/05/24 21:24
    • good
    • 1

休業損害証明書の書き方。


1.上記の者は自動車事故により・・・と言う項目に何日から何日まで仕事を休んだと言う日付を書く(遅刻・早退した日を含む)
2.上記期間中の内訳を書く(例・欠勤30日等)
3.貴方の休んだ日を表に書き込む
4.休んだ期間の給与の支払状況を書く
5.事故前3か用間に支給した月例給与(貨与は除く)を下表に書く
6.社会保険等の支給があれば書く
7.前年度の源泉徴収票を左上に貼り付ける

この様な感じとなります。
書き込みを見ると勘違いされている所が見受けられます。
例えばですが、
1.休業損害の日額は貴方の場合、9000円となるはずです。
休業損害は前3ヶ月の総支給額÷90日です。
貴方の場合は(本給250,000円+付加給20,000円)×3か月÷90日です
2.稼働日数ではなく休んだ日数を書きます。

前3ヶ月の給与が事情により安い場合は、左上に貼り付ける前年度の源泉徴収票を基に計算します。

運転中との事ですが通勤途中・業務中であれば労災にも請求可能です。
また、相手からの賠償金より人身傷害保険の支払い基準で計算した方が金額が大きくなる場合があります。
そのような場合は人身傷害保険に請求すると差額が支払いされます。
搭乗者傷害保険にも請求が可能です。
    • good
    • 1

過去3ヵ月の支払い実績を記入するのですから、会社の書き方に問題はありません。


ご質問者のような特殊な事情がある方は3ヵ月÷90日ではなkて、年収を365日で割る等の計算方法にしてもらったほうが良いかと思います。個別の事情になるので、あとは保険会社に相談し、挙証書類を提出すれば対応してもらえると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
年収から割り出す方法もあるのですね。
少し安心しました。

お礼日時:2007/05/24 21:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q休業損害証明書の記入方法について

会社で労務管理を担当しております。
休業損害証明書には過去3ヶ月に支給した給与を記載する「本給」「付加給」「社会保険料」「所得税」「差引支給額」と記入欄が続きますが、この「差引支給額」は(「本給」+「付加給」)-(「社会保険料」+「所得税」)ということで良いのでしょうか?法定控除には他にも「雇用保険」や「住民税」などがあると思うのですが、これは加味しなくて良いのでしょうか?経験が浅いもので恐縮ですが、どなたかご教授ください。

Aベストアンサー

(「本給」+「付加給」)-(「社会保険料」+「所得税」)
ではありません。
本当の差引支給額です。

(「本給」+「付加給」)-(「社会保険料」+「所得税」)
であれば差し引き支給支給額は書かせることもなく保険屋
で計算できるじゃないですか。

さらに法定控除には「雇用保険」や「住民税」もあります
が会社独自で、団体保険料や組合費を引いているところも
あります。
ですから、
(「本給」+「付加給」)-(「社会保険料」+「所得税」)
では意味がありません。

そう理解したということで書いても平気ですよ。
だって用紙渡されただけなんですよね。
書き方が解らなければrinshinさんの解釈で平気
です。

問題は「付加給」です。
交通費を半年に1回支給している会社では付加給に
交通費を+するのかどうか。
休業損害証明書を提出した本人にしてみれば交通費も
+してもらったほうがありがたいですが。

だから書き方が解らない以上は、書く人の見解で書
くしかないと思います。(保険屋に聞くのが面倒で
あれば・・・・)

(「本給」+「付加給」)-(「社会保険料」+「所得税」)
ではありません。
本当の差引支給額です。

(「本給」+「付加給」)-(「社会保険料」+「所得税」)
であれば差し引き支給支給額は書かせることもなく保険屋
で計算できるじゃないですか。

さらに法定控除には「雇用保険」や「住民税」もあります
が会社独自で、団体保険料や組合費を引いているところも
あります。
ですから、
(「本給」+「付加給」)-(「社会保険料」+「所得税」)
では意味がありません。

そう理解したということで...続きを読む

Q社員から休業損害証明書を頼まれました

会社の総務課に勤務しているものです。
6月1日に信号停車中に後ろから追突され、相手保険会社より
「休業損害証明書」を渡されました。それを総務に提出してきた
のですが、書き方で3点ほど疑問点がありましたのでよろしく
お願いいたします。

1、「3.上記について休んだ日は下表のとおり」とありますが、
  これは事故を受けた日から診療を終えた日までの期間で
  よろしいでしょうか?

2、この間、通院の為早退をしているのですが、早退した日にも
  ○印を入れるのでしょうか?(早退分の給与控除は特別に
  ありません)

3、「事故前3ヶ月間に支給した月例給与は下表のとおり」と
  ありますが、3月・4月・5月分の支給額で事故とは全く無関係
  に本人が欠勤したため、欠勤控除が発生しております。
  3月は欠勤が無いのですが、
  4月に3日、5月に5日欠勤しております。この場合、本給の
  部分で欠勤控除を含めた額を記入すればいいのでしょうか?
  ちなみに本給90,000円で欠勤控除は1日4,090円。
  4月の場合
  「90,000-(4,090×3日)=77,730」
  で良いのでしょうか?

会社の総務課に勤務しているものです。
6月1日に信号停車中に後ろから追突され、相手保険会社より
「休業損害証明書」を渡されました。それを総務に提出してきた
のですが、書き方で3点ほど疑問点がありましたのでよろしく
お願いいたします。

1、「3.上記について休んだ日は下表のとおり」とありますが、
  これは事故を受けた日から診療を終えた日までの期間で
  よろしいでしょうか?

2、この間、通院の為早退をしているのですが、早退した日にも
  ○印を入れるのでしょうか?(早退分...続きを読む

Aベストアンサー

俺も事故で休業損害証明書書いてもらっています。

俺は月単位で書いてもらっていますよ。
なので事故した月から治療が終わった月までです。

通院のために早退するとなると、給料減額されま
すよね。その減額分払ってくれますから、早退は
早退で解りやすくしてあげると親切です。

欠勤控除といいますが、元になる金額は手取りで
はありません。支給額です。残業を加算した支給額
で3ヶ月の平均ですから、欠勤の為の控除や財形の
控除などは加味しませんから控除は記入しなくても
平気です。
また通勤手当も本給に加算しても問題なさそうです。
4月半年分の定期で支給したのであればその交通費も
4月に半年分計上してもおそらく平気です。
それで何か問題があれば保険屋から会社に確認の電話
がはいって事情を聞かれるだけです。

いずれにしても、anhei-kisamayaさんが書かれた
報告書と源泉徴収票を見て保険屋が妥当性を調べて
府におちなければanhei-kisamayaさんに確認の
電話が入って、それで保険屋が独自に調整して
補償しますからanhei-kisamayaさんがそう深く
悩む事はありません。

俺も事故で休業損害証明書書いてもらっています。

俺は月単位で書いてもらっていますよ。
なので事故した月から治療が終わった月までです。

通院のために早退するとなると、給料減額されま
すよね。その減額分払ってくれますから、早退は
早退で解りやすくしてあげると親切です。

欠勤控除といいますが、元になる金額は手取りで
はありません。支給額です。残業を加算した支給額
で3ヶ月の平均ですから、欠勤の為の控除や財形の
控除などは加味しませんから控除は記入しなくても
平気です。
ま...続きを読む

Q休業損損害証明書について

従業員から休業損害証明書の発行を頼まれました。
そのなかに「本給」「付加給」を書く欄があります。

うちの会社には基本給、扶養手当、住宅手当、役職手当、通勤手当、時間外手当、深夜勤務手当などがあります。

どれを「本給」として計算すればいいのか、またどれを「付加給」として計算すればいいのか教えていただけませんか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

うちの会社でも依然ありましたが 本給はあくまでも基本給のみと言われましたよ、あとの物は付加給になります! 先月の事ですから間違いないと思います

Q休業損害証明書の休んだ期間の給与について

社員より休業損害証明書の記入を依頼されました。
事故のため、H19.6.2~H19.8.20までの期間37日間欠勤しています。

そこで、記入表の「4.上記休んだ期間の給与は」
ア.全額支給した。 イ.全額支給しなかった。
ウ.一部 支給・減給した。

とありますが、この記入方法についてどなたかお願いいたします。
当社では21日から翌月20日の締めになっています。
6月度給与の場合、被害者の社員は6月2日~20日までの間に6日間欠勤しています。
7月度給与の場合、被害者の社員は6月21日~7月20日までの間に8日間欠勤しています。
8月度給与の場合、被害者の社員は7月21日~8月20日までの間全て欠勤しています。
この時、イ.の全額支給しなかった。に○をつけてもいいのでしょうか?
それとも、ウ.一部減給したに○を付け、欠勤控除額を記入したほうがいいのでしょうか?

「上記休んだ期間の給与は」
とありますので、6月度、7月度、8月度の給与を指しているのか、
それとも休んだ日1日に対して給与を支払っているのかいないのかを
指しているのか見当が付かなくなってしまいまして・・・
日給月給制ですので、基本給に対してのみ欠勤控除があります。
基本給を22で除し、それに欠勤日数を掛けます。

欠勤ですので、もちろん給与の欠勤した日は給与の支給はありませんが、
6月、7月の場合は出勤した日もあり、営業成績によって業績給が加算されますので、
たとえ6月で6日、7月で8日欠勤したとしても、業績給がしっかり
ついています。

すみません、支離滅裂な文になってしまいましたが、急ぎで書きましたのでお許し下さい。
どなたかよろしくお願いいたします。

社員より休業損害証明書の記入を依頼されました。
事故のため、H19.6.2~H19.8.20までの期間37日間欠勤しています。

そこで、記入表の「4.上記休んだ期間の給与は」
ア.全額支給した。 イ.全額支給しなかった。
ウ.一部 支給・減給した。

とありますが、この記入方法についてどなたかお願いいたします。
当社では21日から翌月20日の締めになっています。
6月度給与の場合、被害者の社員は6月2日~20日までの間に6日間欠勤しています。
7月度給与の場合、被害者の社員は6月21日...続きを読む

Aベストアンサー

たしか1枚の用紙に3ヶ月分かけるようになっていますよね。
となれば6月7月8月と丸々休んでいないならウですよ。

で、休んだ日に○なりをすればいいんです。

交通費はどうするの?という問題もあります。
支給しているのならとぼけて付加給に加算しても平気ですよ。

いずれにしても不明点あれば保険屋から電話かかってきます
から社員の事を思うのであれば、交通費も加算して書いてあ
げた方が親切です。(減額された給料分だけ保険屋からもら
えるので、まるまる一ヶ月休まない限り交通費うんぬんの影
響はないですが)

なのでanhei-kisamayaさんがこう理解したっていう書き方
で平気ですよ。あとは保険屋がやってくれます。
anhei-kisamayaさんが気にするのは社員に損させないこと
ですね。

Q休業損害証明書の書き方

「上記休んだ期間の給与は、」の欄についてですが、
有給を使用した場合、
有給であるが故、「ア.全部支給した。」でいいのでしょうか?
「イ.全額支給しなかった。」で良いとする意見もありますが・・・。

Aベストアンサー

退職予定ですか…
相手の保険会社との交渉してみては?過失割合によっては請求できるかも知れませんし、通院した日を請求ということもできるかも知れません。

退職予定と言わなければそのまま通るかもしれませんしね…

Q休業損害証明書の書き方で分からない事があります。

休業損害証明書の書き方で分からない事があります。
事故当日から休業した場合は復職するまでの全日が休業の対象になると聞きました。
この場合、証明書の記入欄には欠勤したのは通常出勤日を記入するのでしょうか?
それとも、事故当日からすべての日を書くのでしょうか?

Aベストアンサー

休業損害証明書の様式:http://www.baobab.or.jp/~ggmx/ppp.pdf

欠勤日の記入は、3.の欄で表の数字は1日~31日まで暦日に対応しています。

欠勤のあった月を左端の空欄に記入し、欠勤日に該当する日に○印を記入します。

欠勤日には無休で欠勤した日のほか、労基法39条に定められた労働者が休暇の使途を制限されず。いつでも自由に取れる有給休暇を含みます。
逆の言い方をすれば、夏季期間に限定して取る夏季休暇や、親族の葬儀等の特別休暇、女性の生理休暇などは欠勤日に含めることはできません。
また、休日出勤等の振替休暇・代休は、勤務先所定の休日となります。

勤務先所定の休日とは、シフト表などにより交替で勤務・休暇が指定されている場合は、被害者があらかじめ休みの予定であった日をいいます。
もし、事故による長期欠勤でシフト表が変更された場合は、事故がなかったとした場合のシフト表に基づき出勤日・休日の判定を行います。
この勤務先所定の休日には×印を記入します。

仮に、事故が7/15朝で当日から欠勤し、勤務先所定の休日が土日・祝日であったとして、7/15から連続欠勤し、8/9に職場復帰できたとすると、

7月 1~14は無印、15・16○印、17~19×印、20~23○印、24・25×印、26~30○印、31×印
8月 1×印、2~6○印、7・8×印、9以降は無印

となります。

○印と×印が連続している場合は、×印も含めて欠勤日数と数えますので、欠勤日数は24日です。

もし、7/28に出勤したが、7/29から再び連続して欠勤し、8/9に復職した場合は、○と×が連続するのは7/15~7/27までの13日間なので、7/29以降は○印の日数だけを数え、欠勤日数は13+7=20日となります。


なお、休業損害証明書は、勤務先の給与担当者が作成し、勤務先の責任者が確認して証明の社印を押印します。
被害者が作成することはできませんし、社印押印後の書類に加筆・修正すると、有印私文書偽造罪に問われます。

休業損害証明書の様式:http://www.baobab.or.jp/~ggmx/ppp.pdf

欠勤日の記入は、3.の欄で表の数字は1日~31日まで暦日に対応しています。

欠勤のあった月を左端の空欄に記入し、欠勤日に該当する日に○印を記入します。

欠勤日には無休で欠勤した日のほか、労基法39条に定められた労働者が休暇の使途を制限されず。いつでも自由に取れる有給休暇を含みます。
逆の言い方をすれば、夏季期間に限定して取る夏季休暇や、親族の葬儀等の特別休暇、女性の生理休暇などは欠勤日に含めることはできません。
また、休日...続きを読む

Q休業損害証明書の書き方

3月1日から4月4日の期間の休業損害証明書のについて教えて下さい。

3月1日~20日までは仕事を休み、
3月21日から4月4日までは1日フルで出勤した日と
通院のため早退した日があります。
(時給で働いています。)

休業損害証明書の4番に
「上記休んだ期間の給与は、」という欄がありますが、
今回の場合、ウ.一部支給で、
本給の欄には1日フルで出勤して発生した給与と
早退した日に発生した給与を足した額を
書いてもらえば良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 もう一度整理してご説明致します。
1)休んだ期間は3月1日~4月4日まです。
2)は上記の期間の内訳です。
3)○を付けるのは治療の為に早退・遅刻を含んで休んだ日に成ります。勤務先の休みの日は×印を付けます。(期間内で1日フルに働いた日は○を付けないこと)
4)休業の期間で遅刻や早退をしたが賃金が支払われた場合の金額を記入します。
休業損害は3ヶ月分の支給額を90日で割って一日分として休業期間を休日を含めて(出勤して給料が支払われた日は抜いて)通して休業損害として支払い、その間で遅刻や早退の日に賃金が支払われた分を差し引く事に成ります。

Q休業損害について教えて下さい。

通常、休業損害を頂けるのは欠勤した場合に給与が減った場合(つまり、事故後仕事ができなくて給料が通常よりも減った場合)や有休休暇等を使用した場合に頂けるということは勉強したので知っています。

只、その他にも会社によっては疾病休暇や病気休暇と言って有休休暇と同じく基本給だけは頂けて有休休暇も減らない休暇も会社によってはあるようです。
但し、この休暇を使うと賞与査定されるそうですけど・・・

ここで私が聞きたいのは、通常であれば疾病休暇や病気休暇を使用した場合は休業損害の対象外だと思うのですが実際、私の友人の勤めている会社では疾病休暇や病気休暇は有休休暇と同じ扱いとのことで休業損害証明書には有休休暇として日数のカウントをし実際に友人も休業損害として相手保険会社からお金を頂いたそうです。

一応、友人の勤めている会社は社会人であれば誰でも知っている一流と呼ばれる会社なのですが、そんな事をしても良いのでしょうか?

Aベストアンサー

 ご質問の件ですが、自賠責保険の休業損害証明書では有給休暇○日と記入する場所がありますので、その項目で処理致します。会社で有給休暇欄に記入されれば会社を信用して補償いたします。仮に疾病休暇を交通事故の治療に使った場合に、実際にご本人が病気になった場合には疾病休暇が残っていなくて、通常出勤日を休むことになり給与に影響するも知れないからです。これは会社を休んだ場合にも減給されない会社の場合でも有給休暇を使った場合は補償いたします。有給休暇はご本人に与えられて権利ですので、それを交通事故により消化してしまえば交通事故での不法行為による賠償責任が出てくるのは当然です。また交通事故で休んだ為に賞与に影響した場合は、その会社の「就業規則」「賞与減額規則」「労働組合との協定書」などいずれかの証明書類を添付して「賞与減額証明書」を作成して請求した物を確認して認定致します。

Q休業損害証明に調査は入りますか?

先月の中頃に追突事故に遭いました。医師の診断では安静1週間と言うことで仕事も1週間は休みました。しかし体の痛みも1週間ではひかずデスクワークではない私は「もう少し休みたいと」上司に相談しましたが「忙しいから、何とか出てきてくれないか・・・」と言われ、そのかわり「復帰後もしばらくは欠勤扱いにして証明するから」と。私も悩みましたが1週間で仕事に復帰しました。が、いざ証明になったとたん「調査が入るからタイムカードでばれるぞ」と言われてしまいました。でも何だか納得いかずにいます。すでに、必要書類は揃っており、事業主の印も貰ってあります。休んだ日を1週間に上乗せして出してしまおうかと善からぬことを考えているのですが、調査は必ず入るのでしょうか?会社のために無理して頑張っていたのに悔しいんです。どなたかアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

調査が入るかどうかはわかりませんが、保険金詐欺になりますからやめましょう。
実際に調査に入らなくても、休業証明書のほかにタイムカード、賃金台帳の写しを
要求されたらどうします?

バレなきゃいいという問題では済まされませんよ。

Q休業損害証明書について

初めて参加させていただきます。
会社の従業員が交通事故にあい、保険会社から「休業証明書」を提出するようにと言われました。
「月例給与」の欄の記入の件です。
「支給金額」の中の「支給」と「付加給」で「付加給」は交通費と言うことですが、弊社は交通費は3か月分の定期代を3ヶ月ごとに支払っています。
3分の1ずつ記載すればよろしいのでしょうか?
また、添付書類は源泉徴収書、賃金台帳、出欠簿、雇用契約書のすべて提出しなくてはならないのでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

俺も事故で休業損害報告書書いています。

あくまでも俺の担当の保険屋の話ですが、
書き方は会社に一任されています。その
金額が妥当なのかどうかは源泉徴収票か
らみて判断しています。

なので3等分しないでありのままで平気で
すよ。どのみち補償は3ヶ月の平均になっ
てしまうのですから。

うちの保険屋は源泉徴収票の添付だけで平
気です。なんにち欠勤したのかは会社に一
任です。

保険屋によって違うかもしれませんので
ご心配なら直に聞いたほうがいいと思います。


人気Q&Aランキング