マンガでよめる痔のこと・薬のこと

野球が好きでCS・BS放送でよく野球中継を見ますが、生中継といっても若干のタイムラグがありますよね。
このズレってアンテナやチューナーの性能で違うものなのでしょうか?
また今後、現在の地上波のようにタイムラグをなくすことは可能なのでしょうか?
それと、ケーブルテレビでCS・BSの番組を見た場合はどうなのかも知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

タイムラグですが、


アナログTV放送の場合は
中継現場→放送局へのタイムラグ 約0.3秒(ただし音声と映像では異なる)
が支配的です。

TV局によっては、音と絵を合わせるために、更に遅延している場合もあります。

BSでは、これに
地球→衛星→地球 のタイムラグ 0.5秒が加わります。

ここまでは、アンテナ、チューナーを変えても変りません.

問題はCSで、これは、デジタルエンコ-ド、デコードの作業による
遅延が支配的です。Riskさんがご存知のとおり
CSはものすごく遅れます.
デジタルBSも遅れます.放送局からチューナーまで
2.2~2.7秒かかっています。
時間に幅があるのは、直接アップロードする局と
何回もデジタル伝送線を通る局があるためです。

これは、ケーブルテレビでも変りません.

エンコーダ、デコーダ共に、DSPの性能が上がると
多少速度は上がりますが、
基本的には、バーストエラー(連続した受信不良によるエラー)
対策で、並べ替えと呼ばれる処理をしていて、これが遅延の
原因ですから、そんなに処理は早くなりません.

たぶん、到達までの時間はラジオが一番速いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

具体的に述べていただきありがとうございました。
バーストエラー対策が遅延の原因だったのですね。
いい勉強になりました。

お礼日時:2001/01/22 06:41

タイムラグはチューナー、アンテナなどために起こっているのではありません。


衛星放送用の静止衛星は約3万6000キロ離れたところにありますので電波が往復するのに単純計算だと0.24秒掛かります。この時間差はBSと地上波のNHKのニュースなど同じ内容の物を見ていると特に分かりやすいですね。この時間差はケーブルテレビでBS,CSを見ても当然あります。

将来的にイリジウム衛星のような地上780キロぐらいに浮かんだ衛星を複数個切り替えながら中継するようなシステムが出来ればまた時間差は少なくなるかもしれませんが、今の所そういった計画は無いようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございました。
将来的にはどうなのか気になっていたので参考になりました。

お礼日時:2001/01/22 06:43

こんにちは。



まず結論から申し上げますと、
このタイムラグは、アンテナ、チューナーとはほとんど無関係です。

実はこのタイムラグ、地上波でも起こっているのです。
これは野球の生中継についてのご質問ですので、
中継元である球場が放送電波の発信源となります。
一方その電波を受信するのは家のテレビのアンテナです。
電波が伝わる速度はほぼ光の速度と同じと考えてよく、
地上波の場合、球場と家の距離はせいぜい数千kmですから、
人間にはタイムラグと感じないだけのことです。

これが衛星だと、途中で通信衛星を経由しないといけませんから、
距離は比較にならないほど伸びます。
当然伝わるのにも時間がかかる訳です。
これが「タイムラグ」の正体です。

そして、電波の伝わる速度が受信装置によって変わることはないので、
地上波レベルのタイムラグで視聴するのは、
アンテナ、チューナーを変えただけではムダです。

ただし、アンテナやチューナーに原因があってのタイムラグである場合は、
その限りではありません。

おわかりいただけたでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすい回答ありがとうございます。
ずっと気になっていた事でして、非常に参考になりました。

お礼日時:2001/01/22 06:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q衛星中継の声の遅れはなぜ?

いっこくどうさんが腹話術でネタにしていますが、衛星中継で映像と音声がずれるのはなぜでしょう。

カメラで音声と映像を記録して、それを電波に乗せて中継するのですから、ずれないと思うのですが。それとも映像と音声は中継する方法が違うのでしょうか。たとえば音声は電話回線で映像は衛星中継とか。

知っている方、そんなに詳しくなくてもいいですから何となく納得できる程度に教えてください。

Aベストアンサー

音声は電話回線で映像は衛星中継とか。
ご名答当たりです

映像は衛星にて地上36000Km位置にあります
往復で約80000km斜めに通るので場所によって違う
では音声は地上回線(海の中にある光ファイバーを通ります)
仮に地上回線の距離が10000kmとすと
約70000km差ができます
電波、光は1秒間に300000kmですね
よって 差ができきる訳です

Q地上波デジタル放送の時間遅れ

昨日、TVを見ていて地上波デジタル放送の時間遅れに気付きました。
どういうことかと言うと、(多分というか本当に)生放送で、電気店の
TVコーナーを取材していて、客とか店員にインタビューしてたのですが、
売り場なので(多分)地上波デジタル放送対応TVがバックに映っていて、
私が見ていたのと同じ番組を映していました。その映像が、1テンポ、、
1-2秒遅れるのです。つまり、店員がアップになると、ワンテンポ
遅れてバックに映っているテレビで店員がアップになるのです。
うちのテレビはアナログです。つまり、アナログとデジタルで
時間差があるということです。

この遅れはどこから来るのでしょうか?
(1)テレビ電波(デジタルのみ)が送信される時点で送れている。(そうだ
とすると、時報も遅れてしまうから、そんなことない?)
(2)電波は定時なのだが、受信して画面に出力する際に、遅れてしまう。
(それでも、時報も遅れてしまう、、、)

(3)そもそも、アナログの場合でどの位の時間遅れがあるのでしょうか?
電波がある距離を飛んでくるのに要する時間以外に。
、、、ということはBS放送は衛星までの距離を往復する時間は遅れる
訳ですね?

すみません。わかりにくいかもしれませんが、例えば、番組の中で衛星中継
とかで、時間遅れはよく目にしますが、そうではなく例えば、「1時の時報」
を考えた場合に遅れがどうなるのか気になったのです。

よろしくお願い致します。
以上

昨日、TVを見ていて地上波デジタル放送の時間遅れに気付きました。
どういうことかと言うと、(多分というか本当に)生放送で、電気店の
TVコーナーを取材していて、客とか店員にインタビューしてたのですが、
売り場なので(多分)地上波デジタル放送対応TVがバックに映っていて、
私が見ていたのと同じ番組を映していました。その映像が、1テンポ、、
1-2秒遅れるのです。つまり、店員がアップになると、ワンテンポ
遅れてバックに映っているテレビで店員がアップになるのです。
うちのテレビはアナログです...続きを読む

Aベストアンサー

asahi.comの記事が参考になると思います。

■ 消える時計形式の時報 NHK、デジタル放送で
http://www.asahi.com/special/broadcast/OSK200309230007.html

参考URL:http://www.asahi.com/special/broadcast/OSK200309230007.html

Q衛星放送中継での音声遅延の理由

衛星放送中継についてです。

よくニュースで、日本からの声が、現地側に遅れて伝わっています。
(現地リポーターは、ワンテンポ遅れるがゆえの沈黙がみられる)

しかし、現地側からの声は、日本側に遅延がありません。
(現地リポーターの口ぱく動きが見られず、すぐ伝わる)

どうしてですか?

Aベストアンサー

3番回答者です。申し訳ありません。完全に誤回答でした。
誤って覚えていました。良く確認もせず投稿、深くお詫び致します。
こちらにきちんと説明が記載されています。
http://www.jubako.com/bn/index.php?588

Q地上波放送は何Mbpsですか。

アナログ、デジタル(12セグ)の各地上波をMPEG2(現在の通常DVDを想定)で通常に録画した場合、最大何Mbps(これ以上高い値で録画しても意味が無い値)になるのでしょうか?
以上、ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

概ね#1,#2さんの通りなんですが、話の整理上被る部分もありますが合わせて参照下さい。

以下の整理になります。

1)放送される番組の映像ビットレートについて
◆地上デジタル放送
SD番組(解像度720×480)は概ね8Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080)は15~17Mbps
◆BSデジタル放送
SD番組(解像度720×480)で概ね12Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080で1920は若干のみ)では24Mbps
◆CS放送(現在はデジタルのみ)
SD番組(※1)で2~8Mbps、HD番組(解像度1920×1080)では15~20Mbpsで、SDもHDも番組やチャンネルによりかなりバラつきがある。
◆注記
 ※1:CSの場合、解像度に関しては、狭帯域CS(スカパー!)は480×480のものが殆んどで720×480のチャンネルは若干。広帯域CS(110度CS+α)では狭帯域CSに比べて720×480のチャンネルが多少多くなっている。スカパー!とスカパー110との比較で、同じ提供チャンネル番組でも、使用衛星によるサービスの違いで解像度や圧縮変換レートが異なっており、スカパー110の方が若干画質が良いと言われるのはこの辺りの運用上の差異に因るもの。

◆アナログ放送(地上波もBSも):元々が圧縮映像データを前提としていないのでビットレートの概念はありません。
(厳密にいえば、サイマル放送開始以降はアナログ放送に流すソースもデジタル映像ソースが元になっているものもあると思いますが、それが全てではないので基本的には無関係です。)

2)録画について
質問で「DVDでのMPEG2録画」と書いてあるので、TS録画にビットレート設定の概念が関係ないのはご存知かと思われますのでそこの説明は省きます。

で、DVDビデオ規格(VR,Video両規格)への録画という観点で説明します。
放送されている映像の圧縮ビットレート以上で録画することに意味があるかどうかは、正直明言・断定できません。

少なくとも原理としては、どんな高レートで製作された映像ソースでも、TS録画ではない限り、レコーダー側で再エンコードをする事になります。再エンコードである限りは、オリジナルより必ず劣化する事になります。どんな高レートに設定してもです。
異なるのは、高レートにするほど劣化の程度が低く抑えられるという事です。

劣化の程度や、低く抑えられる程度は、エンコーダーの性能その他により千差万別です。ご自分で実際にやってみての判断・満足・妥協、その他になります。理論(理屈)だけは説明してあげられますが、他人が押し付けられる事ではありませんので。(どれくらい美味しいとか、どれくらいまずいかとか、痛いとか痛くないとか、綺麗か綺麗じゃないかとか、全部主観ですから。)

概ね#1,#2さんの通りなんですが、話の整理上被る部分もありますが合わせて参照下さい。

以下の整理になります。

1)放送される番組の映像ビットレートについて
◆地上デジタル放送
SD番組(解像度720×480)は概ね8Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080)は15~17Mbps
◆BSデジタル放送
SD番組(解像度720×480)で概ね12Mbps、HD番組(解像度1920×1080、但し、現状は殆んどが1440×1080で1920は若干のみ)では24Mbps
◆CS放送(現在はデジタルのみ)
SD番組(※1)で2~8Mbps、HD...続きを読む


人気Q&Aランキング