「 乾電池は、温湿度の高い環境に置かれると自然放電して寿命が短くなります。
寿命を長くさせるには、ポリ袋などに入れて冷蔵庫で保管するといいそうです。」
という記述をあるところで目にしたのですが、低温環境も電池をダメにするのではないかと思うのですが。
車のバッテリーあがりは冬に多いことから、経験的にも納得いきません。

どなたか、科学的な根拠をもとに乾電池の正しい保管方法をお教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

科学的な根拠といえるかどうかは難しいところですが



一般に、変質をおこさない範囲においては
化学反応は低温では鈍くなり、高温では良くなります。

で、乾電池は化学反応で起電力を得るものですから
無駄な反応を抑えるために保管時には低温が良いのです。

バッテリーだけでなく、乾電池も、使用時には
化学反応が活発になる高温が適します。

スキー場にトランシーバーを持っていくと
温度が低すぎて電池の性能が出ない場合も多々あります。
    • good
    • 0

皆さんの回答に一点だけ補足します。


いくら低温保存がいいといっても凍結はさせないでください。
乾電池の中身は、薬品を水で練り合わせたものをつめて紙などで極板同士を接触させないようにして、作ってあります。この練ったものが凍らせると分離したり、あるいは紙などのセパレータが凍らせることでふやけて弱くなったりして、だめになったり寿命が縮む可能性が高いです。保存するときも冷凍室はさけましょう。
    • good
    • 0

既に答が出ているのでポリ袋に入れて冷蔵する場合の事について。



低温の方が理屈的には自己放電は少なくなります。
ということは、起電力自体が小さくなるので、寒い所では電池が
すぐ使えなくなるという事なので、冷蔵庫から出したら常温に戻
るまで“ポリ袋に入れたまま”室内においておきます。そうすれ
ば袋は結露しますが電池は平気です。

ちなみに、joshuaさんご紹介のように、私も極端に暑いは避けて
涼しい所に保管しておけば最近の電池は平気だと思います。
引き出しに入れっぱなしだった期限切れ後3年の電池もちゃんと普
通に使えましたから。(笑)
    • good
    • 0

専門家ではないですが・・・


下のURLは、松下電池の「電池のQ&A」です。
結論から言うと、「今の電池は自己放電も少なく、常温保存で充分。逆に冷蔵庫で保管すると弊害もある。」とあります。
ただ、理屈だけで言えば、低温・乾燥状態で保管する方が活性化が抑えられて、より良い保存状態を維持できるとは思います。当然上記Q&Aにある弊害(取り出し直後の起電圧・結露の問題は考慮の必要があるでしょう)

車のバッテリーに関してですが、冬場は気温の低下によって、バッテリーの起動電圧の降下や起動容量の不足が生じ、また機械系のフリクションも増加することにより、エンジンが掛かりにくくなる(または掛からない)事は確かにあります。
(ただ、これはご質問の保管状態と使用時がごっちゃになっていると思います)

この事を「バッテリー上がり」というかはさておき、バッテリーのみに限れば、気温が低いほど活性化が押さえられている事の、証明に他ならないのでしょうか?
極低温の所で電池を使用する場合、懐に入れておいて温めるのはよくあることです。

また「車のバッテリー上がり」ですが、私が思うには、需要と供給の関係が崩れたり(充電量より消費量の方が多い)、寿命により、所定の電圧・容量を維持できなくなった状態を言う事で、冬場の起動しにくい時でも、ぬるま湯でバッテリーを温めれば起動できることもありますから、これを「上がり」と言ってしまうとバッテリーが可哀想な気もします。

参考URL:http://www.mbi.panasonic.co.jp/bf/qa/button.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qポリ酢酸ビニルからのポリビニルアルコールの合成

ポリ酢酸ビニルを加水分解(けん化)して、ポリビニルアルコールを合成したら重合度が原料のポリ酢酸ビニルよりも低下してしまいました。これは一般によくあることらしいのですが理由がわかりません。ポリビニルアルコールの一部が水に溶け出したのでしょうか?どなたかご助力お願いします。

Aベストアンサー

ポリ酢酸ビニルの構造は
(-CH2-CH-)_n
    l
   OCOCH3
(nは下つきです)
ですが、この
OCOCH3のメチルの部分にラジカルが生じることがあります。(というか生じてしまいます)
つまりOCOCH2・
となってここからも成長が始まってしまいます。
すると
(-CH2-CH-)_n
     l
    OCOCH2(-CH2-CH-)_n'
               l
               OCOCH3
などという構造になります。(こう書いてしまうとすべてのOCOCH3がほかの酢酸ビニルと反応してしまうみたいに見えますね・・・。実際はどうなのかよく自分も分かりませんが)
まぁそれはともかく・・・。
これが酢酸ビニルの実際の構造です。つまりこれをけんかすると
(-CH2-CH-)_n
     l
     OH

HOOC-CH2(-CH2-CH-)_n'
             l
            OH
になります。
このようになるためポリビニルアルコールの重合度が減少します。

・・・なんか分かりにくい説明ですいません。

ポリ酢酸ビニルの構造は
(-CH2-CH-)_n
    l
   OCOCH3
(nは下つきです)
ですが、この
OCOCH3のメチルの部分にラジカルが生じることがあります。(というか生じてしまいます)
つまりOCOCH2・
となってここからも成長が始まってしまいます。
すると
(-CH2-CH-)_n
     l
    OCOCH2(-CH2-CH-)_n'
               l
               OCOCH3
などという構造になります。(こう書いてしまうとすべてのOCOCH3がほかの酢酸ビニルと反応してしまうみたいに見...続きを読む

Q【乾電池を100円で作れる理由を教えてください】アルカリ乾電池が100均で売られています。 アルカリ

【乾電池を100円で作れる理由を教えてください】アルカリ乾電池が100均で売られています。

アルカリ乾電池の原材料は陽極にオキシ水酸化ニッケル、陰極にカドニウムの金属板をミルフィーユ状に重ねて水酸化カリウム水溶液で浸してその周りを鉄で覆ってさらにプラス極側には出っ張りをプレス加工して付けてマイナス極も接点が当たりやすいようにサークル状の切れ目を入れて作られています。

どう考えても原材料代だけで100円オーバーしてますよね?

さらにラッピングして輸送してってどうやって利益が出ているのでしょう?

プラスチックの合成樹脂で乾電池型のプラスチック小物入れと同じ100円ですよ。凄くないですか?

Aベストアンサー

回答No.10への追記です。

プラスチック小物入れと比べて「凄くないですか?」と言っていますが、プラスチック製品は材料費は安くても、それを成形する金型はメチャ高いんです(超簡単な金型でも数百万円はします)。それにプラスチック小物入れが売れる数はアルカリ乾電池よりも桁違いに少ないので、アルカリ乾電池ほどの量産効果は出ません。

仮にプラスチック小物入れが10万個売れるとしても、1個あたりの金型償却費は50円とか60円にもなってしまいます(注:何台の金型で作れるかも原価が大きく違ってきます)。
それとプラスチック小物入れでは、必ず手作業(バリ取りなど)が必要で、アルカリ乾電池のような完全自動化で製造できません。人手がかかるんです。

Qポリアクリル酸の濃度測定法方法を教えてください。

電位差滴定以外でポリアクリル酸の溶液中での濃度を測定する方法を探しています。できれば低濃度領域(10~300ppm)での濃度測定をしたいと思っています。もしご存知の方がいらっしゃれば教えてください。

Aベストアンサー

電位差滴定ができるということは、何らかの溶媒に溶けるということですね。
そうであれば、液体クロマトグラフィーで測定できるかもしれません。
比較的分子量が低い(数千)ポリマーであれば、質量分析計を検出器に使用すれば、相当高感度に検出できます。
分子量が高ければ、サイズ排除クロマトグラフィーで測定できます。
その際、RI検出器で検出できないようであれば、誘導体化試薬を用いてUVラベル化を行えば結構高感度にUV検出器で検出できます。
誘導体化についてはインターネットで”誘導体化””UV試薬”等で検索してみてください。
また液クロメーカーのホームページや試薬メーカーのホームページでも参考になる資料があります。

Q【住友化学の環境ホルモン農薬「プロシミドン」が話題になっていますが、なぜ環境ホルモンを農薬に使うんで

【住友化学の環境ホルモン農薬「プロシミドン」が話題になっていますが、なぜ環境ホルモンを農薬に使うんですか?

国産苺が環境ホルモン漬けでEUの農薬基準値を超えているとか。

どれくらい食べたらヤバいんでしょう。

何がヤバいんでしょう?

妊婦が食べると流産するくらいに危険?奇形児が産まれる?

Aベストアンサー

>奇形児が産まれる?
そこまで行くと切られますが、日本における規制は緩すぎるようです、これは農林水産省が農業団体に弱いために起きます、アメリカで言えば農業ロビーですが、米国はほとんど議員立法なのに対し日本では政府提出議案が多いためずれます。環境ホルモンという嫌な言葉は、環境に有って特定の働きをするホルモンを、修飾して強度を上げたものがほとんどです。
古い話ですが多分今も続いているでしょう。私が米国留学したときボスが「日本の果物は絶品で、包装は宝物のそれの様、傷一つ無いが、高価でなかなか食べられない」と言うので、高級スーパーで見たら、マスクメロンは当たり前、これが白桃かと言う程大きく、巨峰も粒が揃い傷一つ無い、梨も林檎さえ高価。そりゃあ当たり前だろう、桐の箱の中にビロードに包まれて、婚約指輪と間違えて居るとしか思えない。
つまりもう半世紀前から米国は農産物、特に米穀の輸入圧力をかけ確かもう直ぐ関税は最低レベルに下がる、通常関税は互恵なのだが、北の国と南の国は売りたい物が違うのでそこは交渉をする。巨大農場を持つ米国の米が入ってこられると、昔から選挙区が米農家だから必死に抵抗したが無理、で昔から定評のある果物に眼を付け、超高級果実の売り込みに成功した。今回もその一端だと考えられる。
全部を信用してはいけないが、こういう意見もある。
http://www.mynewsjapan.com/reports/2012
なお米国のお米は水稲では無く陸稲・おかぼ、それだけで安心する人は米国米を食べたことがないのだ、水稲の最高級品に匹敵する。だが水稲と陸稲には大きな差が有る、水稲は天然水で育てられるから分けの分からないミネラルなども補給される、一方陸稲は水源に大きく依存してしまう。なお米国でも日本人が充分美味しいと言う米は「古宇田農場・国宝米」ただ一種。関係無いけど一度だけ輸入されたロング・グレインのパサパサ米はスープカレーには最高なのに、なんで日本人はグチャグチャ・ベタベタのカレーを食うのだ。(怒)

>奇形児が産まれる?
そこまで行くと切られますが、日本における規制は緩すぎるようです、これは農林水産省が農業団体に弱いために起きます、アメリカで言えば農業ロビーですが、米国はほとんど議員立法なのに対し日本では政府提出議案が多いためずれます。環境ホルモンという嫌な言葉は、環境に有って特定の働きをするホルモンを、修飾して強度を上げたものがほとんどです。
古い話ですが多分今も続いているでしょう。私が米国留学したときボスが「日本の果物は絶品で、包装は宝物のそれの様、傷一つ無いが、高価...続きを読む

Q充放電サイクル

メソポーラスカーボンのリチウム電池における負極の充放電サイクルについて記述している文献を読んでいるのですが、分からないことがあるので教えてください。

充電をする際に電圧を下げていくと容量が増加していきますが、なぜ電圧を下げると容量が増加するのでしょうか。
また文中に、cutoff voltageとありましたが、これは何を指しているのでしょうか。

質問の意味が分かりにくいかと思いますが、もしよろしければご教授願えないでしょうか。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

リチウム電池の内部抵抗ですね・・・・
温度が高くなると・・内部抵抗が増えるのです
したがって、充電電流が減れば・・・当然充電による発熱量が減ります
その結果、電池の内部抵抗が下がり・・・使える実質容量が増えるように見えるのです

別に内部容量が増えてる訳では無いです
電流を放電さすと・・実際には・・負荷に流れる容量+電池の内部抵抗で食われる容量ですから




cutoff voltage 充電終電圧です 通常はデルターピークで見る方法が多いです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報